5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

水彩絵具による色塗りのコツと科学2

1 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/10/05(金) 18:43:02
水彩絵具による色塗りのコツと科学について、語り合うスレです。
テンプレートは吟味して考え、>>2以降に入れます。
みなさんが、役立つであろうテンプレートも各自よろしくお願いします。

2 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/10/05(金) 18:45:48
過去ログのまとめサイトは、こちらです。
http://tegakide.ojaru.jp/

「手描きによる色塗りのコツ」の過去ログも、まとめてあります。

透明水彩についての詳しい情報が載っているhandprintは
http://www.handprint.com/HP/WCL/water.html

W&N
http://www.winsornewton.com/

3 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/10/05(金) 18:46:52
水彩絵具メーカー(日本)

 ・クサカベ - http://www.kusakabe-enogu.co.jp/
 ・ターナー色彩 - http://www.turner.co.jp/
 ・ニッカー絵具 - http://www13.ocn.ne.jp/~nicker.c/
 ・ホルベイン - http://www.holbein-works.co.jp/
 ・まっち美術館 - http://www.alps.or.jp/match/
 ・文房堂 - http://www.bumpodo.co.jp/

水彩絵具メーカー(海外)

 ・Daler Rowney - http://www.daler-rowney.com/index.asp
   クサカベ:デーラー・ラウニー - http://www.kusakabe-enogu.co.jp/products/rowney/rowney_water_lst/rowney_water_lst.html
 ・Maimeri - http://www.maimeri.it/index_en.asp
 ・Royal Talens - http://www.talens.com/
   ターレンスジャパン - http://www.talens.co.jp/product/index.html
 ・Schmincke - http://www.schmincke.de/data/content/uk/uk_index.htm
   丸善美術商事:シュミンケ ホラダム - http://www.maruzen-art.co.jp/arts/paints/horadam/frame.html
 ・Winsor&Newton - http://www.winsornewton.com/mainEN.php
   バニーコルアート:ウィンザーアンドニュートン - http://www.bonnycolart.co.jp/bonnyFiles/winsor/winsor.html


4 :スペースNo.な-74:2007/10/05(金) 23:49:05
おじゃる乙
ところでおじゃるって水彩以外はつかってるの?

5 :スペースNo.な-74:2007/10/07(日) 08:44:50
>>前スレ998

菊皿は少量の絵具をたくさん混色する時に便利そう。
梅皿は、円形にくぼんでいて溶いた絵具が溜まりやすいから、
多めに溶く時に向いてそう。

6 : ◆ye8GqOAt0Q :2007/10/07(日) 19:48:55
テスト

7 :スペースNo.な-74:2007/10/07(日) 20:06:07
http://www.google.com/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=SUNA,SUNA:2006-02,SUNA:ja&q=%e2%97%86ye8GqOAt0Q

8 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/10/07(日) 21:45:49
>>4
他には、パステルやオイルパステルなどですね。
コミック描きではないので、使い方がちょっと違うかもしれませんが。

9 :スペースNo.な-74:2007/10/07(日) 23:12:22
前スレで教えてもらった硬質色鉛筆、やっと手に入れたので試し描きしてみた
こりゃいいわ(゚∀゚)
かなり細くかけるし水のばしても全然にじまない
末永く愛用していきます
教えてくれた人、ありがとうー

10 :スペースNo.な-74:2007/10/08(月) 10:58:39
>>7
幸福のコツと科学

11 :スペースNo.な-74:2007/10/08(月) 21:30:36
水彩の教則本でお勧めのものを教えてください

12 :32 ◆PO2PR774kU :2007/10/08(月) 22:39:25
12色入りの缶には耐光性の顔料を使ってありますから、変色、褪色の心配がありません。って書いてあるけど、
実際のところ、紫・緑・黄緑・橙・ピンクは耐光性に難があるので、保存性を重視するなら気をつけて。
赤と黄色も少し不安、黒、茶色、青、水色、白は安全。
あの色鉛筆は製図・デザインなんかに使うことを想定しているみたいだから、
マーカーやカラーインク、水性ペン等の染料インクに比べれば耐光性は良好って事なんだろうね。
まぁピンクとか緑はあんまり水彩と合わせる線に使うような色ではないから、そこまで気にしなくてもいいかも。
鉛筆のように使えるので、筆記用にもいいね

>11
定番だけどグラハムおじさんの風景画教室
ただ、著者はニュートンの絵の具を使ってるけど、
複数の顔料で作られた色は特にメーカーごとの差が大きいから、
他社の製品を使う場合は、同じ名前だから同じ色で同じ性質とは限らない。
ついでにマンガニーズブルーは現在日本で手に入るメーカーの製品は
いずれもフタロシアニン使った代替品に切り替わってるから、
色合いは近くても混色したとき早く沈む、定着しにくいとった性質は持ってないよ。

13 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/10/08(月) 23:27:56
>>11
ペン線画への水彩だったらば、草野 雄さんの「ペンと水彩」がわかりやすいと思います。

14 :スペースNo.な-74:2007/10/09(火) 04:24:13
>>9
前スレがもう見れないので硬質色鉛筆についてkwsk教えて頂きたい><

15 :スペースNo.な-74:2007/10/09(火) 05:04:52
>>14
>>12で32さんが言ってくれてる鉛筆のこと。
三菱硬質色鉛筆でぐぐると通販してるサイトがいくつかひっかかるとです。
12色セットの缶入りとバラとあるけど大して高くないし
とりあえず使える色確かめたかったので自分は12色入りを買った。
使った感じ主線に良いと思ったのはとりあえず茶色、藍色、黒色の三色。
試してみようと思ってるのが赤色、紫色(耐光性は微妙みたいだけど)。

とがらせて描いたら普通のやらかい油性色鉛筆より細い線が描けて、アルシュ相手でも
だいぶにじまない(普通の鉛筆だと水で粉が流れてえらいこっちゃになる)
細く描けると言ってもシャーペンよりは太いが、
色鉛筆なのに水彩紙の凸凹のへこみの底にも色がのるのが有り難い。
自分は0.3のシャーペンで線を描いた後に練り消しで叩きまくって
粉を極力落とした後でペン入れするかのように硬質色鉛筆で線入れた。
鉛筆主線大好きな自分にはアルシュに描くのにこいつはもう手放せない。

16 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/10/09(火) 07:16:06
前スレを、過去ログ倉庫に入れました。
http://tegakide.ojaru.jp/

17 :スペースNo.な-74:2007/10/09(火) 23:52:44
貧乏学生なのですが、趣味で水彩画を始めました。
今までスーパーで売っているナイロンの安い筆を使っていましたが、
水ふくみの悪さに嫌気が差し、ちょっとばかり良い筆を探しています。
安価で良い筆を探していたところ、まっちのネオ筆シリーズが
いいかもしれないと分かりました。
お使いの方、いかがですか?使い心地、教えてくださると助かります。
お願いします。

18 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/10/10(水) 08:34:40
>>17
わたしはその製品を持っていませんが。
所詮合成毛だから、天然の獣毛には較べようもないレベルだと思いますよ。

安くて水含みがよく先端のそろいがいい筆だったらば、ラファエルのリス毛の丸筆8354が圧倒的にオススメです。
http://www.kawachigazai.co.jp/item/K096.htm

19 :スペースNo.な-74:2007/10/12(金) 16:38:02
絵具の含み・筆離れの良い筆が欲しかったら、素直に獣毛の筆を買った
ほうがいいと思う。
この点でナイロン筆(獣毛混合も含む)と獣毛の筆は一線を画す。

20 :32 ◆PO2PR774kU :2007/10/12(金) 22:45:40
NSの6号持ってる。
他のナイロン筆と比べれば多少良いけど、600円という値段を考えると
コストパフォーマンスはかなり悪い部類になると思う。あれはあくまで、多少良いナイロン筆。
後述するけど、水含みが合成毛と別世界のラファエルの8354もその程度の値段で買えるからな……
あれ以下の価格帯でしか買いたくないと言う人には、ネオセブロンが良いと思う。
合成毛(とそのブレンド)なら、も少し高くなるけどホルベインの350Rの方がずっと使いやすい。

で、水含みが良いという条件なら自分もラファエル8354は買っておいて損はないと思う。
リス毛だからコシはかなり弱いし、毛も軸も他のシリーズに比べ多少安い感じはするけど、
ラファエルの筆としてはこのシリーズだけ破格に安くて、でも穂先の作りはしっかりしてるし、
水含みはナイロンの比ではなく、また毛質が柔らかいから非常に長持ちする。
筆全般に言えることだけど、一度だけ太くて堅い毛が混ざってるの引いたことがあるから、
現品を見て選んだ方が良いかな。

それから8404は自分もよく勧めるけど高いから、そこまで筆にお金出せなければ他社の製品でもいいと思う。
コリンスキーセーブルの筆は先の8354と比べると水含みは落ちるけど、コシがあって非常に扱いやすい。
高いけど、1本で塗りから線描までばっちりこなせるし、思うがまま絵の具がコントロールできる。
1本のセーブル筆は10本のナイロン筆より価値があると思うよ。
ラウニーの40、奮発してダイアナ、他にピカビアあたりならどれ選んでも失敗は無いはず。
あんまりに安いのだとコリンスキーとは名ばかりの糞筆って事もあるから、
ラウニーの34やピカビアより安いのは避けた方が無難かも。

21 :17:2007/10/13(土) 12:14:18
皆さん、アドバイスありがとうございます。
やはり質は価格に比例するのですね。
ナイロンはやめて、獣毛にします。
おじゃるさんおすすめのラファエルのリス毛の丸筆8354と
それから、線描も必要なのでコリンスキーセーブルの筆を
買おうと思います。


22 :スペースNo.な-74:2007/10/13(土) 13:42:34
隈取筆って使ってる人います?
削用はたまに聞くけど、隈取は日本画で使うのが主でしょうか。

23 :スペースNo.な-74:2007/10/13(土) 14:44:41
削用の話がよく出るのは、ピシッと線が決まってかつ面も塗れると言う点が
コミックイラスト描くのに便利だからじゃないでしょうか。
日本画用筆はどれも水彩に使えると思いますよ。
隈取はボカシに便利だそうですね。使ったことないけど。

24 :スペースNo.な-74:2007/10/13(土) 16:54:04
日本画の筆だと則妙筆も使いやすいお

25 :スペースNo.な-74:2007/10/13(土) 18:58:24
>>22
隈取筆を使うことありますよ。柔らかめの羊毛で出来ているのは、彩色筆みたいに通常の色塗りにも便利。
穂丈が短いから、レスポンスがよくて気持ちいいです。
硬めの鹿毛で作られたものは、先をばらけさせてごしごしやっても耐えられる腰を持っているので、ドライブラシなどに重宝します。
隈取で、まんなかにイタチ毛を使って、先がビシッと揃うように出来ている隈取もありますが。
これは、豪快に使える削用筆として、非常に使いやすいです。

削用は、洋筆のセーブルの代わりに。則妙は、洋筆のリス毛の代わりに。といった位置づけで考えていいんじゃないかと思います。

26 :スペースNo.な-74:2007/10/14(日) 17:35:25
22です
レスありがとうございます。
隈取筆の別名ってぼかし筆っていうくらいだから、よっぽどぼかしがやりやすいのかなと
興味があったんですが、地元で見つけた隈取筆がちょっとお高めですぐには手が出なかったんで
どんな感じかここで聞いてみたかったのです。
隈取っていっても、色んな毛のものがあるんですね〜。使いごごちが大分違いそうですね。

27 :スペースNo.な-74:2007/10/15(月) 04:38:19
色塗りする時、ペンで描いた輪郭線に色を重ねると
そこの線が薄くなってしまい、インクの黒がぼやけちゃうんですが…。

やっぱりペン描きの輪郭線には色を重ねないようにするしかないんですかね?

どうやったらペン描きの濃い黒を綺麗に残せるんだろう。

28 :スペースNo.な-74:2007/10/15(月) 09:42:17
>>27
耐水性の黒インクを使っているんだよね?
色塗りは、透明水彩だよね?
だったら、ぼやけるようなことはないと思うけどな。

耐水性じゃない黒インクだったらば、上から水彩のせるとにじんじゃうし。
ガッシュなどの不透明水彩だと、下の黒い線が見えにくくなってしまうけど。
不透明水彩だったらば、線にかぶらないように色を塗るか。
色を塗り終わってから、ペンで黒い線を入れるようにする方法もあるよ。

29 :スペースNo.な-74:2007/10/15(月) 11:38:59
>>28
透明水彩なんてのがあるんですね。使ってみます。

耐水のインク使ってるのにおかしいな−と
思ってたんです。


ありがとござました。

30 :スペースNo.な-74:2007/10/15(月) 13:20:59
耐水性があろうがなかろうが、隠蔽力の強い絵具で上から塗りつぶせは、
下に描いたものは消えるのはあたりまえだ。

31 :32 ◆PO2PR774kU :2007/10/15(月) 16:41:33
最初読んだときはインキが溶け出してくるって事かと思った
くっきりとした黒い色を出したいなら、アートカラーの純黒漫画インクがおすすめ。

で、27氏は小学校や中学校で使うような学童用の絵の具かポスターカラーでも使ったのかな。
ポスターカラーはもちろん、学童用の絵の具も下地をある程度隠せる方が扱いやすいため、
意図的に透明度が低くなるよう(あと安く作れるよう)混ぜものが加えられている。
透明水彩は逆に不透明度を増やすような混ぜものをなるべく加えないようにして、
顔料の粒子を細かく砕いて作られた、透明性と伸び、発色を重視した絵の具のこと。
色によって透明度に差があって、また透明度の高い色でも白を加えたら不透明になるけどね。
あと買うならカドミウムと名の付く色は避けた方がいいよ、透明度低い色の代表だから。

32 :スペースNo.な-74:2007/10/15(月) 20:39:05
>>31
なるほど、ありがとうです。
今まで人物デッサンなど美術系の絵だけ
描いてきて漫画にシフトしたのは最近なんで…。

勉強になりました。

33 :スペースNo.な-74:2007/10/15(月) 21:42:14
>>27
耐水性のインクは、セラックやアクリルの樹脂が固まるまで時間が必要だから、
塗った直後、まだ皮膜ができてないときに上から塗れば、やっぱり流れる。
使ったペンや筆についたインクが、水洗いで落ちる程度しか時間が経ってなければ、
とうぜん、紙の上のインクも「生乾き」。(厳密には、乾燥というより、油絵やペンキの塗りたてに近い)


34 :スペースNo.な-74:2007/10/16(火) 10:37:36
>>32
ペン入れしてから、別の次の下絵を描いたり
ペン入れ前まで進めておきつつ放置乾燥させとくと無駄がないよ。

35 :スペースNo.な-74:2007/10/16(火) 11:10:20
>>34
いつもそんなに次々に描くのん?

36 :スペースNo.な-74:2007/10/16(火) 15:27:14
描くよん。

37 :スペースNo.な-74:2007/10/16(火) 18:22:08
スネーゲ

38 :スペースNo.な-74:2007/10/20(土) 11:00:50
バーミリオン


ひゅ〜〜〜〜〜〜〜

39 :スペースNo.な-74:2007/10/31(水) 20:46:34
過疎すぎワロタ

保守。

40 :スペースNo.な-74:2007/11/06(火) 04:52:02
過疎

41 :スペースNo.な-74:2007/11/08(木) 05:12:14
W&Nの透明水彩で、モーブとパーマネントモーブって、色は似てるんでしょうか?
両方持ってる方いらっしゃったら、教えていただけると嬉しいです。

似てないのでしたら、どう混色したらモーブに近い色が得られるのか知りたいです。
または、他社のもので構わないんで、近似色あったらご紹介ください。

42 :スペースNo.な-74:2007/11/08(木) 06:20:08
>>41
モーブってW&Nコットマンのやつですか
それともだいぶ昔に製造中止になったW&Nアーティストのモーブですか?

43 :41:2007/11/09(金) 01:39:17
>>42
W&Nアーティスト の方です。
コットマンにもあったのは盲点でした。両方からなくなったものだと思っていました。
同じような色なんでしょうか?

44 :42:2007/11/09(金) 14:22:56
>>43
私の持っている中からしか言えませんが、
ホルベインのパーマネントバイオレットが一番近いかと思います。
モーブより若干青寄りですので、正確を期すならパーマネントローズを少し混ぜるといいでしょう。

W&Nのウインザーバイオレットでもいいのですが、こっちはホルベインのものよりもう少し青味が強く、発色も若干地味です。

W&Nのパーマネントモーブは粒状性が強く不透明感の強い全く使い勝手の違う絵具で、色も赤みが勝ってパープルに近く、モーブとはまったく違う色です。

W&Nコットマンのモーブはワインレッドに近い色です。

45 :41=43:2007/11/10(土) 01:57:31
>>42=44
ありがとうございます。
ホルベインなら、地元の品揃えの薄い画材屋でも買えるので嬉しいです。

W&Nのパーマネントモーブは、似てるのかな?と思って買ってみたんですが、
想像してたのと違ったんです。それで伺ってみました。
やっぱりあれは、モーブと比べて赤いんですね。

46 :スペースNo.な-74:2007/11/12(月) 22:05:23
貧乏人なんでアルミホイルとサランラップで形作ってハーフパン作ったんだけど
今それを収めるパレットを探してます
お菓子のプラスチックのトレーがいいかなと思っとるんですけど
入手しやすくて12個くらいの凹があってできればトレーが白色のお菓子何かないですかねー
暇なエロい人教えてくだされ

47 :46:2007/11/12(月) 22:09:31
トレーの色は黒のほうがいいかもです
アーモンドチョコとかでいいかな…もう何年も食べてないので分からん;

48 :スペースNo.な-74:2007/11/12(月) 23:08:23
>>46
ハーフパンは固形水彩絵具(を入れる器)の大きさの規格の呼称

ホールパン(Whole pan) 一番大きい器(もっと大きいのもあるけど)
ハーフパン(half pan) ↑の半分の大きさの器
クォーターパン(quarter pan) ↑そのまた半分

まじで、ハーフパンのサイズで器を作って、それに絵具を流し込んで
固形化したなら、100円ショップとかで適当なサイズのケース買ってきて、
絵具の器の裏に両面テープを貼って固定するのがいいんじゃないの?
どんな器に入れるにせよ、なんらかの方法で固定しておかないと、
絵具を溶かすとき、使いにくそうな気がする。

一週間(あるいはそれ以上)に区分けしてあるピルケースにハーフパン
容器を入れて使っている人は結構いるっぽい。
あとは、ちょっと大きくなるけど、製氷皿とか。蓋付きのがやはり100円
ショップで買える。
缶ペンケースなんかも、結構使われてるっぽい。
いずれにしても、絵具を溶いたり混色したりするスペース(パレット)は、
別途用意するような使い方になりそうだけど。

絵具の収納スペースと混色スペースを有して、ハーフパン容器を収納
可能なケースが欲しかったら、既製品を買うのが一番良い気がする。

黒いのは、ちょっとわからないや。でも、黒は使いにくそうな気が。
絵具を入れておく容器としてだけなら問題ないのかもだけど。

49 :スペースNo.な-74:2007/11/12(月) 23:14:13
説明不足だったけど器なしでただ絵の具をW&Nのハーフパンサイズにぎちっと固めただけの状態なんだよ
色を作るパレットはホーローのでかい四角いの使ってるから別々でいいんだけど
100均のピルケースかー!お菓子買うより安いし使いやすそうだねありがとう

50 :スペースNo.な-74:2007/11/12(月) 23:19:27
ところで固めてて思ったけど絵の具って新しいのと古いのとで量自体が全く違うのね
新しいのはすごいトロトロで素直にたくさん出てくるけど古いのは固いし何より
新しいのに比べて量が三分の二ひどいので半分しかなかったよ

51 :スペースNo.な-74:2007/11/13(火) 15:08:30
>>50
時間が経って沈殿したんだよ、顔料だからな。

52 :スペースNo.な-74:2007/11/13(火) 20:45:39
虚数空間にでも沈殿していったんでつか

ただ水分が飛んだだけでしょ

53 :スペースNo.な-74:2007/11/15(木) 18:50:55
ホルベインで真っ赤な色を欲しいのですが、どれを買えばいいでしょうか?
表示の色だと分かりずらくて。
宜しくお願いします。

54 :スペースNo.な-74:2007/11/15(木) 20:15:26
>>53
毒性があってOKなら、カドミウムレッドディープあたりだと思う。
毒性を避けるならパーマネントレッドか。ただし耐光性に不安が。

もし、クサカベの透明水彩が選べるなら、プライムレッドがいいと
思う。

55 :スペースNo.な-74:2007/11/15(木) 20:40:54
>>54
ありがとうございます。
両方買ってみます。

ホルベインしか選択肢がないのですが、いつかクサカベを見かけた時に買いたいと思います。

56 :スペースNo.な-74:2007/11/15(木) 23:26:27
俺はパーマネントレッドがおすすめ。ニュートラルで使いやすく鮮やかな赤だから。
一番最初に買った赤だからか知らんけど、その他の○○レッドよりこれが一番使いやすい。
カドミウムレッドディープはけっこう黒ずんでるし、日本人好みのいわゆる赤より黄味が強いよ。
プライムレッドはパーマネントレッドより若干青みが強く、また多少黒ずみがある。
パーマネントレッドを耐性を理由に避けるならディオキサジンもプルシャンブルーも、
鮮やかな方のPV19(パーマネントローズ)も使えなくなっちゃうよ

57 :スペースNo.な-74:2007/11/16(金) 05:24:10
ホルベインはhandprint.comでも、「褪色しやすい顔料も見境無しに使ってて商業原稿commercial repro art向き」という評価だから、
「寿命のあるもの」と割り切って使うのが吉かと。オペラとか、パーマネント(笑)なんたらとか。


自分は、アースカラーとウルトラマリンはホルバイン、原色系はファンゴッホの単一顔料、と使い分けている。
PV19にβーキナクリドンとγーキナクリドンの区別があることに、最近気づいた。

58 :スペースNo.な-74:2007/11/16(金) 09:09:57
>>57
ホルベインは・・・でくくるのは大雑把過ぎだよ
アースカラー以外でも強い色も弱い色もある、
ホルのような玉石混交のメーカーにこそ正確な知識が必要

俺の判断ではパーマネントレッドは「玉」の部類だよ、おすすめ

59 :スペースNo.な-74:2007/11/16(金) 09:16:24
宮崎駿のパレットの使い方知りたい? 別にいいか。

60 :スペースNo.な-74:2007/11/16(金) 13:05:10
>>59
三鷹で読んで来たから別に良い

61 :スペースNo.な-74:2007/11/16(金) 20:10:31
お寿司食べる時に、醤油皿の代わりに使うって言ってたよ。

62 :スペースNo.な-74:2007/11/16(金) 20:28:06
>>56-58
ありがとうございます。
カドミウムレッドは黒ずんでいるのなら少し混色して影に使えそうですね。



63 :32 ◆PO2PR774kU :2007/11/16(金) 20:55:07
あら、俺以外にもパーマネントレッド好きな人がいた
補足しておくと、ナフソール・フタロシアニンは大体そうだけどパレットや筆を染めやすいから注意な。

あとhandprintの数値だけ見て耐光性を語るのはそろそろやめた方がいいんじゃないか。
そんなのはあのページ見れば誰でもわかることで、
皆が皆あのページを情報ソースにしたらその手の話題は全てhandprint見れ終了ってなるでしょ。
何より、俺はあの8段階表記って比較的短期の保存に関してはアテにならんと思うのよ。
特に混合された色は、照射された紫外線エネルギーに対してリニアには変わらない。
例えばオペラはhandprintだと(5,6)だけど、直射日光あてりゃ1日で色変わるよ。
PR122と混ぜてるから、BV10が褪せきったら(夏だと2・3日でほとんど褪せ切る)あとの変化はゆっくりになる。
でも、その時にはもうキナクリドンマゼンタの色だけになってるんだよな。
言い方を換えれば、オペラとしての色を保てるのは直射日光下で1日以下ってとこだろう。
800+を経てどれだけ変色したか、というテストも長期保存の上では大いに参考になるけど、
期間に限らず、様々な条件次第でhandprintの800+と大幅に違った結果も出うることは忘れないでほしい。
耐光性試験をもし3日間で行ったら、オペラやルミナスバイオレットといった蛍光モノだけが
ナフソールやアリザリンをぶっちぎって最低の評価になる。パーマネントローズは例外としてね。

64 :スペースNo.な-74:2007/11/17(土) 02:14:21
>>59-60
ぜひ教えてください

65 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/11/17(土) 10:15:56
最近は、耐候性はよほどひどい最低ランクのものでもなければ、あまり気にしなくてもいいのかな?と、わたしも思っています。
耐候性の高いものにこだわるあまり、自分好みの色を使う機会を逸している方が、なんかもったいない感じがして。
最高の耐候性の絵具を使うことが、最高の絵を描く条件じゃない。とw
ホルベインのパーマネントレッドは持ってます。使うチャンスはなかなかないけども、好きな色です。

さすがに、ホルベインのパーマネントイエロー系や同じくホルベインのパーマネントローズ系を使うのは避けたいですが。

66 :スペースNo.な-74:2007/11/17(土) 19:06:55
カドミウムレッドにしてもプライムレッドにしても、「赤」といわれて自分が
最も赤らしい赤を挙げた。パーマネントレッドだと鮮やかすぎてうそ臭い
印象がある。正直、「日本人好みの〜」っていう部分も、ピンとこない。
まぁ、少数派なのかもしれないけど。

堅牢性に関しても同じ。「どこまでなら妥協できるか」と線引きは人それぞれ
で、パーマネントレッドじゃなきゃ駄目な理由が自分には無いので使わないし、
だから他人にも勧めないという感じ。

他に替え難い色で絶対必要と思うなら、額装しないなら、どんな色でも使って
もいいと思う。堅牢性に不安があるとは書いたけど、モノアゾ系とか蛍光染料
が入っているようなのと比べるなら「強い」と表現しても問題ないようだし。

自分自身は、アナログでは彩度(発色)以上に、物質としての確かさや、顔料
を溶いた時の粒子の感覚とかの、実在感みたいなものを感じられるものが
好み。

67 :スペースNo.な-74:2007/11/18(日) 00:31:46
>>66
>自分自身は、アナログでは彩度(発色)以上に、物質としての確かさや、顔料
>を溶いた時の粒子の感覚とかの、実在感みたいなものを感じられるものが
>好み。

激しく同意
お前となら美味い酒が飲めそうだ

68 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/11/28(水) 09:51:11
わたしは、黒や黒に近い色を作る時に黒の絵具を使わずに
ペリレーンマルーン+フタログリーンBS、バーントシェンナ+ウルトラマリン、
ブラウンマダー(トランヴェール)+フタロブルーorフタログリーン、マルーン(トランヴェール)+フタロブルー
などの混色をしています。(その時、その時で色々変わりますが)
これらの混色で、特に不満もないのですが。混色で黒に近い色を作っている人がいたらその組み合わせを、是非教えてください。

一時期、フタロブルー+インディアンレッドでも作ってましたが、強い色にはなるものの、あまりスッキリした色にならずやめてしまいました。

W&Nのインダンスレンブルー(ホルベイン・ロイヤルブルー)とバーントシェンナの混色も、いい色になりそうですが。まだ試してみていません。

69 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/11/28(水) 09:52:20
うわっ、2ch用のブラウザを変えたら、なんか横長になってしまいました。
スイマセン。

70 :おじゃる ◆8GPhyv3SnI :2007/11/28(水) 10:01:06
連投、スイマセン。よく頭の中を整理してから書き込めばよかったですが。
インディゴやセピアなどには、黒の顔料がメーカー混色で含まれているので、
とりあえず今回の質問からは、除外していただけるとありがたいです。

別に黒の顔料を仲間はずれにするワケではないのですが。
黒の顔料が入っている絵具で黒を作るのだったらば、最初から黒の絵具で塗った方がいいかな?と。

71 :スペースNo.な-74:2007/11/28(水) 11:59:59
>>68
 自分も黒が必要な時に黒を使わないけど……。
 混色する色は特に決まってません。
 黒く見えれば何でもいいと思ってます。

 黒を使わないのは、黒い場所に黒を使うと、厚みの無いべったりした画面になるから。深みが無いというか。
 黒い=暗い ではないしね。
 暗色=黒 ってわけでもないし。

 黒を使う場合は効果や演出としてどうしても必要な時ぐらいかな。

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)