5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

リリカルなのはクロスSSスレその8

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 15:04:28 ID:7JK6NxYO
ここはリリカルなのはのクロスオーバーSSスレです。

ガンダム関係のクロスオーバーSSは新シャア板に専用スレあるので投下はそちらにお願いします。
オリネタ、エロパロはエロパロ板の専用スレの方でお願いします。
このスレはsage進行です。
荒らし、煽り等はスルーしてください。
次スレは975を踏んだ方、もしくは475kbyteを超えたのを確認した方が立ててください

前スレ
ttp://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1184393091/

過去スレ
ttp://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1183637309/
ttp://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1182871170/
ttp://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1182002145/
ttp://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1180901290/
ttp://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1179746193/
ttp://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1177202668/

まとめサイト
ttp://wiki.livedoor.jp/beast0916/d/

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:15:44 ID:MZye+KY0
>>236
そういうのは黙ってスルーするのが大人

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:15:49 ID:Evvx2wIA
>>238
ウルトラマンやタロウがスーパーサイヤ人みたくなった漫画?

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:16:40 ID:7DKcf2JE
いっそのこと、管理局側に防衛隊役(ガイズのような)をやってもらうとか、
メインキャラが、変身するとか(スバルだけアイアン……)
後者の場合、平成ではネクサスが適役だろう。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:25:35 ID:0CDn3QbZ
>>240
超闘士激伝だな。
最初期の闘士とすら戦ったらリミッターなし六課が全員でぶつかっても瞬殺されてしまうわ。
コンセプトがウルトラマンでドラゴンボールと聖闘士星矢だからインフレが凄まじい。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:33:29 ID:Evvx2wIA
>>242
スーパーサイヤンモード入ったら宇宙が白くなるからな
いくらなんでもインフレしすぎw

そういや、3期目まったくみてないけど
どんぐらいの強さなんだ?DBZ終了時点の孫悟空ぐらい?

244 :通常の名無しさんの3倍:2007/07/24(火) 20:34:31 ID:Rkazu5oE
>>242
そんなに強かったんだ。知らなかった。OVAみたいのでメフィラスが頑張ってたのを
おぼろげに覚えてるくらいだから強さは知らなかったよ。
たしかに、ウルトラマンの身体ポテンシャルでドラゴンボールや聖闘士星矢の技を使われたらキツイわな。
下手したら聖闘士星矢のデスマスクにもなのは隊長達負ける可能性もあるからなぁ。光速で動くなんて反則だよ。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:44:22 ID:0CDn3QbZ
>>244
とりあえず初代マンやタロウとかの超闘士は拳を握るだけで惑星を破壊するだけの力が発生する。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:44:48 ID:yThY7T7e
>>242
記憶が正しければ、スペシウム光線で星一つ砕ける威力があった様な。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:50:23 ID:mBKHq7+F
バルタン星人は通常は人間サイズじゃなかったかな。
まあ通常時だろうが六課では勝ち目まるで無いけどな。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:50:50 ID:Rkazu5oE
>>245
スゴッ!!究極の握撃ですね。
>>246
本当のスターライトブレイカーじゃないか・・・

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:54:58 ID:0CDn3QbZ
六課でどうにかなるのは僕らのゾフィー兄さんが限度だな。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:58:06 ID:MZye+KY0
>>244
言っておくが、黄金最弱はカミュというのが、星矢スレでの定説だぞ

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 21:04:35 ID:0CDn3QbZ
エピソードGを視たら黄金連中の凄さに唖然とするぞw

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 21:06:08 ID:ofpvdllH
あれが本当の黄金連中なんだよ

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 21:12:38 ID:0CDn3QbZ
>>209
バーチャロン世界なら管理局がタングラムをロストギア扱いして奪取しに来る方が自然だな。
まあバーチャロン世界の連中がそれを黙って見ているなんてしないだろう。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 21:58:51 ID:qkB97dBk
超闘士激伝
4000パワーで銀河の1つや2つを破壊できる。
初めて超闘士になったウルトラマンは60000パワー
スペシウム超光波を撃ったときは95000パワー
OVAのツイフォンって銀河破壊の20倍以上の攻撃を吸収したから、
それを一撃で消滅させた宇宙神話伝説の秘宝のデルタスターの力は凄い。
充分に最強の一角に名を上げられる。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 22:06:40 ID:4VbCLA7p
>>254
管理局局員全員でかかっても傷一つつかねぇよww

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 22:13:04 ID:LrEZxic3
規模が宇宙超ヤバいレベルの戦いだからしょうがねーよ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 22:29:39 ID:n9+n2npk
スプリガンとかアームズのクロスオーバー考えているんだが
ロストロギアはオーパーツ扱いでいいんだろうか?
ナノマシンは超科学の分野だと思うが。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 22:36:03 ID:0wG5bQFb
>>257
闇の書みたいに別次元の超科学が突然やってくるみたいなのだったらオーパーツ認定されそうだ
時代と技術が遭わなければオーパーツの定義にきっちり当てはまると思うよ

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 22:38:53 ID:0wG5bQFb
しかし、スプリガンとかアームズのオーパーツの定義を知らんから迂闊なこと言ったかも

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 22:47:37 ID:qHtwrOGB
ARMSにオーパーツは出とらん。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 22:54:52 ID:ffJy5Nen
両方とのクロス?スプリガンは知らないけど、ARMSならそんなに違和感はなさそう。
しかし、強さ論議で上を見出したらきりがないよなぁ。結局は調和や完成度の問題だし。
バトルが全てって訳でもないし。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:22:59 ID:9CvB6Xu/
主人公組は幸せモードに入ってるので、
ここはやられたはずのキースホワイトさんと高槻崖が気がついたらミッドチルダにいる方向で。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:28:09 ID:Rkazu5oE
>>262
なんか、ろくな事が起きそうに無いよ。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:28:11 ID:yThY7T7e
>>262
キースホワイトはいくらなんでも強すぎないかw
奇跡で勝った様なもんだし。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:33:52 ID:T3TtSNgx
>>263
まあ一般的ないいことをする人じゃないよなwww

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:38:40 ID:0wG5bQFb
キースと聞いてキースロイヤルを思い浮かべてしまった

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:43:20 ID:a9MdS/Ek
変態執事がいたら管理局が壊滅するぞ
色々な意味で

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:53:23 ID:ofpvdllH
>>267
むしろ執事養成機関となります。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:58:30 ID:9T2fp3BS
女性は?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:02:25 ID:Jr2sbM/f
敵は海賊とのクロスなども読んでみたいな。パワーバランスもちょうど良さそうだし(ラジェンドラとカーリーを除く)。
問題は、ラテルたちからしてみれば時空管理局は海賊以外の何者でもないということだが…

>>259
神話上のアイテムや現代科学を凌駕する魔術の産物(ラーマの鏡・バースバベル・聖櫃など)もオーパーツ扱いだよ>スプリガン

271 :悪魔砲少女 対 生機融合猫 12:2007/07/25(水) 00:02:26 ID:dw8oDGoj
『さぁ仕切り直しだ! 第四ラウンド行って見ようかぁ!?』
デビルアースラから再び冷静さを取り戻したデビルの声が響き渡るが、
次の瞬間デビルアースラにピンク色の魔砲が着弾し、大きく揺らいでいた。
『うおわぁ!?』
「今まで良くも私の身体を好き勝手弄ってくれたね!? 許さないから!!」
それはなのはの魔砲だった。しかしそれだけに終わらず、合体クロミーの重火砲が続く。
「オラオラ!! デビルの相手はオイラ達だって言ってるだろうが!!」
「と言うかあの戦艦に乗り移った状態の方が弱く無いか!?
それとも何か!? あの戦艦は一人の女の子の力にも劣るのか!?」
デビルなのはの強さと比較した際のデビルアースラの弱さのギャップに
合体クロミー内のミーくんも呆れていたが、デビルアースラにはまだ手があった。
『ならば見せてやる!! デビルアルカンシェルを!! 良くて北海道が吹っ飛ぶぞ!!』
「な!! ここでアルカンシェルを使うつもりか!?」
「おい! そのあるかん…? って何だよ!!」
「アースラに搭載されたアースラ最強の武器だよ!! あれはハッタリじゃない!
発動地点を中心に百数キロメートル範囲の空間を歪曲させながら反応消滅を起こさせる魔導砲…。
アルカンシェルにはそれだけの事が出来る威力があるんだ!!」
「おお! 何か良くわからんがとにかく凄いって事は分かった!」
「とにかく核とかメガトンミサイルとかより凄い兵器なんだね!?」
かつて起こった闇の書事件にて闇の書の防御プログラムを完全に葬ったのもアルカンシェルだった。
その時は宇宙空間で使用されたから良い物の…、それが地表に向けて放たれたら
どうなるか分かった物では無い。ましてや今のアースラはデビルの力によって
異形の物へと変貌しているのだ。当然デビルアルカンシェルにも恐ろしい力があると見て間違い無い。
そしてデビルアースラはデビルアルカンシェルのチャージを行いながら上昇した。
着弾時の爆発に巻き込まれるのを防ぐ為に宇宙空間から発射しようと言うのであろう。
『グギャギャギャギャ!! これで終わりだなぁ!!』
「こ…この状態…どうすれば…。」
「せっかくなのはを取り戻す事が出来たと言うのに…。」
なのはとユーノは絶望して跪いた。流石にアルカンシェルが相手ではどうにもならない。
が…合体クロミーは違った。
「まだ方法はあるぜ?」
「え?」
「簡単な事じゃねぇか。もっとすげぇ大砲ぶっ放して奴の攻撃ごと吹き飛ばしちまえば良いんだ。」
「あのね〜猫さん…。そういう事簡単に言うけどね〜…。」
なのはとユーノは呆れた。余りにも短絡的過ぎる思考だと。
しかし、合体クロミーは構わずになのはからレイジングハートを取り上げていた。
「あ! 何をするの!?」
「ちょっと借りるぜ!」
今度は合体クロミーの内、胴体部にあたるミーくんの頭部からアームが伸びて
周囲に転がる粗大ゴミを集めて行く。そして悪魔のチップの機械融合能力によって
レイジングハートを中心にした巨大なマシンを作り上げて行き、
なんとまぁ超巨大なレイジングハートが出来上がってしまった。そして
その巨大レイジングハートの上にクロとミーくんの頭部がちょこんと乗っている。

272 :悪魔砲少女 対 生機融合猫 13:2007/07/25(水) 00:04:23 ID:dw8oDGoj
「わぁ! とんでもない物が出来ちゃったの!」
「言うなればジャイアントレイジングハートって所かな?」
「どうだ!? コイツをぶっ放せばあのデビル戦艦の艦砲だってどうにかなるだろ!?」
「でもこんな大きな物持てないよ〜!」
ジャイアントレイジングハートの大きさは既に数十メートル単位の代物になっている。
確かにこれだけ大きければ破壊力はあるだろうが…いくらなんでもなのはにこれを
持つ力などあるわけが無い。
「その辺もっと良く考えてよ猫さん!」
「所詮猫知恵か…。」
「おいこらそこのイタチ野郎! 今さり気なく酷い事言いやがったな!?」
「だってそんな持てない物を作ったって意味が無いじゃないか!」
「二人とも喧嘩はやめてよぉ! それどころじゃ無いでしょ!? でも…この状況一体どうすれば…。」
なのはも呆然と空を見上げる事しか出来なかったが…その時だった。
「それならワシに任せろ。」
「え?」
突如として皆の前に巨大な影が現れた。緑色で一つ目の変な巨大ロボット。
これこそ剛が作った巨大ロボット「オーサム」。そして頭部の操縦席には剛の姿があった。
「剛くん無事だったんだね!?」
「オーサムを引っ張り出してくるのに時間がかかったわい。」
そしてオーサムはジャイアントレイジングハートを楽々持ち上げたのである。
「この大きなレイジングハートはそこのロボットが持つとして…私は何をすれば良いのかな?」
「何言ってるんだ! お前にはこの大砲の生きた動力源と言う重要な役割があるじゃないか!」
「えええええええええええ!?」
「これは酷い爆弾発言だよ!」
「でも事実だろ? これにはエネルギー増幅装置が別に付いてるけど、まずそのエネルギーの元に
なる物が無いと意味が無いからね。さぁ早く乗り込んで!」
すると、ジャイアントレイジングハートの方にもコックピットの様な物が現れ、
しぶしぶなのはは乗り込まされた。おまけにユーノの分もあったりする。
「う…う…私をただの動力源扱いにするなんて…酷いよ…。まるであれじゃない…
随分前にいたじゃない…あの…女性は子供を産む機械とか言った政治家…
あれみたいなもんだよ!! うう〜…。」
「おいおい悲しんでる場合じゃないだろ! 北海道の存亡がかかってるんだぞ!」
とにかく今は悲しんでいる時では無い。ちょっとプライドが傷付こうとも
北海道の存亡には代えられない。だからこそなのははスターライトブレイカー発射準備に入る。
アルカンシェルに対抗出来るのは周囲から魔力を集めて放つ集束魔砲スターライトブレイカーしか無い。
そして周囲に存在する魔力がジャイアントレイジングハートに集められ、エネルギーがチャージされて行く。
「おお! 物凄いエネルギーだ!」
しかもこのエネルギーをジャイアントレイジングハート内の増幅装置がさらに増幅させて行くのである。
「よし! それじゃあ照準を付けるぞ!」
「おお! 正確に頼むぞ剛!」
剛の操縦するオーサムがゆっくりジャイアントレイジングハートを持ち上げ、
既に北海道上空の宇宙空間にまで昇っていたデビルアースラに対し狙いを絞る。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:06:25 ID:DxG5VBBM
前半でクロノに「次元世界全てに関わる」とかそれっぽい事言わせておきながら
結局「北海道の存亡」にまで大きくスケールダウンしてスンマセン

>>217
メタビーのキャラが良いです。メダロットを視聴していた
当時を色々と思い出させてくれました。

>>リリカル・パニック氏
ちょくちょく時間なども書いていた事になんとなく
リアルっぽさ(?)を感じました。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:09:23 ID:AenGuBmE
GJ!
オーサムキター!海から帰ってきたのか?

>女性は子供を産む機械とか言った政治家
さりげに時事ネタktkr!
爆笑させてもらいました

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:13:59 ID:DxG5VBBM
>オーサムキター!海から帰ってきたのか?

オーサムはコサムと親子セットになっている方と、
空母と戯れている方の二体が存在するのですけど、
一応後者って事でお願いします。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:17:22 ID:kC48CKKU
母親と空母でサーフィンしてた奴って別個体だったの?

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:18:25 ID:AenGuBmE
>>275
了解です

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:18:26 ID:8v5IwPrp
同じはずだ
最終決戦でもオーサム達は大活躍だし

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:24:59 ID:DxG5VBBM
同じなんですかね?
親子セットのオーサムは海の底で静かに暮らす道を選んで、
後のコタロー初登場回に登場した空母と戯れるオーサムは
普通に剛くんの秘密基地にあったからただ同型なだけの
別機体だと考えてたんですけど

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:25:56 ID:AenGuBmE
まあどっちでもいいさ
矛盾しない設定を各自で脳内補完しとけばいいのさ

281 :魔導師クロノ無謀編?:2007/07/25(水) 00:30:37 ID:SSBX+HDP
キース「魔術師殿おおおおお」
クロノ「魔術師じゃないと何度いったら分かるんだ。魔導師だ」
キース「そんなことはどうでもいいのです。いえ、どうでもいいかもしれません!」
クロノ「なんで曖昧になるんだよ!?」
キース「それよりも魔術師殿、今日は重要なお知らせがあるのです」
クロノ「なんだ?」
キース「実は・・・・・ああいけません。このような不躾なことをこの場で言っていいものなのでしょうか?」
クロノ「いいから、早くしろ。このあと娘と息子に桃缶をご馳走する予定なんだ」
キース「いいんですか?本当に言っていいのですか?魔術師殿」
クロノ「そこまで言われたら聞くしかないだろ」
キース「ではお話しましょう。実は貴方の奥さんが先ほど・・・・・
     あーっと、いけません。もうこんな時間ですか?ドロシー様のお茶の時間です。それでは魔術師殿、失礼します。」
クロノ「おい、エイミィがどうした!?最後まで言えよ!」

――――しばらくして、あるスーパーで・・・

クロノ「あああああ!?特売の桃缶が売り切れてる・・・orz」
キース「魔術師殿、いい教訓を得ましたね。些事に気を取られ大局を見失うのでは本末転倒ですよ」
クロノ「お前のせいだあああああああああ」

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:37:56 ID:lgHpAykB
逆に考えるんだ。缶詰じゃなく、天然の桃を買って帰れば良い、と

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:40:19 ID:i9T0028x
もとネタはわからんが
盛大に吹いた!


しかしキースと聞くとどうしても

【 超進化戦隊 キース・レンジャー 】を連想してしまう!

(ちなみにレッドが一番弱いらしい)

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:41:05 ID:008TsPFd
>>273
規模の小ささがまたいいですね。北海道ってw
なのはついに生体動力扱いか・・・

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 00:48:28 ID:kC48CKKU
>>283
ARMSクロスだとアザゼルがロストギア扱いなのかな。
一応天然の珪素生物だけど。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 01:02:28 ID:008TsPFd
そうなると主人公達のオリジナル・アームズも回収しようとするのかな?
人道的に考えるとしないと思うけど、ジャバウォックの反物質生成能力は危険だし。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 01:14:43 ID:iCDkhqTZ
ロストロギア扱いになりそうなのといえばハナのいた世界とともに消滅したはずゼロライナーとか?
もっとも、誰かがひそかに回収してあのツンアホに渡したらしいけど


288 :リリカルエスパニアン ◆brRU.h37Jw :2007/07/25(水) 01:47:17 ID:a1cI1Pfn
プロトカルチャーの生み出したロストロギアとして
先進科学惑星の遺跡から『エビル・シリーズ』を回収しようとして乗っ取られる管理局


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 01:53:57 ID:iCDkhqTZ
箱舟ヤマトを回収しようとして空亡の起こす時空の歪みに巻き込まれる管理局
、、、なんか火事場ドロボウって印象が強くなってきたなw


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 01:58:45 ID:9RniDuUE
ダメだ!何度戦闘をシュミレートしても六課がキースホワイトを倒す方法が出てこない、
ARMS殺しなしはキツイ。
空間の断裂すらノーダメージだからアルカンシェルも効かんし。
逆になのは達の攻撃を取り込んでドンドンパワーアップしていってしまう…

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:01:13 ID:008TsPFd
まぁ次元世界を守るってのも建前とまでは行かないが、命かけて次元世界の問題を解決
してるんだから、ロストロギアもらってもいいよね?答えは聞いてない状態になるのはしょうがない。
利益がなきゃ国としてそういう組織は作らんと思うし。


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:05:53 ID:iCDkhqTZ
>>291
介入された結果、悪化したんですが…
という文句が来たら泣けるでえ
少なくとも某クマのような猪突猛進型バカは勘弁

もらってもいいよね?というより本来所有してる連中は滅んでること前提だし
次元世界をまたにかけたトレジャーハンターにちかいな
どちらかというと遺跡荒らしのようにも思えるけどw

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:12:39 ID:aFcEXqK2
神の卵状態だとARMS殺しも吸収すらするから効かないけどな
倒すには命をかけた魔弾で神の卵にヒビいれないとダメージすら与えられやしない
しかも全方位攻撃の魔弾タスラム、水の心なしだと知覚出来ない魔剣アンサラーも覚えてるし・・・
やっぱ隼人、バイオレット、ブルー、ブラックの四人でやっと倒せたのは伊達じゃねぇ

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:19:36 ID:59RM0JTt
魔弾でひび入れたというかブルーがブラックに働きかけたお陰だな。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:27:58 ID:JwRmSYxf
>>281
GJ!!
まさかのオー○ェンネタktkr!!!

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:31:43 ID:008TsPFd
>>292
次元世界を守る墓荒らし・・・なんかかっこ悪い。
まぁ自分がミッドチルダの人間で経済が潤うのだったらいいぞもっとやれって思うけど。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:34:22 ID:kC48CKKU
ARMSクロスだと
なのは達総攻撃で暴走ジャバウォックを追い詰める→止めにSRB発射
→ジャバウォックがSRB吸収・完全再生→カウンターで反物質砲発射
という悪夢が…

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:41:41 ID:U5PtTOMc
段々ミッドチルダがアメリカっぽくw

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:43:13 ID:008TsPFd
高槻パパが高ランク魔導師を倒すのが見たいぜ。


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 02:47:43 ID:iCDkhqTZ
>>298
某メタルウルフみたいな人がトップならまちがいなく支持するんだがなw
逆らってもぶっ潰されそうだしw

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 07:03:50 ID:DxG5VBBM
「いいですいいです持って行ってください」ってむしろ厄介払い的に
管理局に持って行ってもらうパターンもあったりするんじゃないかなと思った。

302 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 08:19:53 ID:0pPvTKwo
オリジナルARMSを、なのは世界へ飛ばすなら巨大ジャバウォック突入とかで
異世界へ突入した時とかならARMS停止前だし良いかも。
キースシリーズだと……スカリエッティと組んで管理局を潰してしまいそうだ……
ARMS世界になのは達を行かせると、人死にまくりな世界だから落ち込みまくるかも

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:40:34 ID:f0IZwHSc


 こんなことは、あり得ない。



「ッッ……!!あ、あああぁぁぁっ!!」
 戦意を咆哮で揚げて、姉妹が駆ける。
 既にその時点でおかしい。人間ではない我々が、わざわざ声を上げて戦意を奮い起こさ
 ねばならない事態など、常識的にあり得ない。
 この身は戦闘機人。戦うために生み出された、魔法と科学技術の結晶たる人型兵器。
 それぞれのベクトルに特化している節はあれど、並みの魔導師ならば身体能力はもちろん、
 魔力においてもまず遅れをとることなどあり得ない。
 ましてや、魔導師でもない存在など、人であろうと、あるまいと。

「あぐっ!?」
「ディード!」

 ならば。
 目の前に立つこれは何なのだ。
 振り下ろされた末妹が武器、赤熱する双剣・IS:ツインブレイズを易々とかわし、妹の腹部に拳を突

き込んだこれは。
 50からなるガジェットドローンの群れ、その全てを潰し、引き裂き、妹ウェンディをそのIS:エリア

ルレイヴの防御ごと沈めたこれは。
「………ッ!!」
 障壁を張ることさえ許されずに一撃を受け、くず折れる末妹には最早目も向けず、その男が歩いてく

る。
 気楽な足取りではないが、気負うところもまた無い、自然な足取りで大柄な体を進めてくる。
 チンクとノーヴェに目をやる。
 二人とも呑まれてはいない。後ろのセッテも同じはずだ。……いや、少々ノーヴェが血を上らせてい

るか。
 相手の腕力からして近接型のノーヴェが冷静さを失うのは痛いのだが、仕方ない。
 二人に目を合わせ、駆け出す。ノーヴェが先行し、私がそのわずかに後ろ。
 隆々とした体躯を黒いコートに覆う標的まで、後17m。コートの下は装甲と確認。
 12。アイカメラで標的の熱量変化確認。発熱部位は人間と異なる。
 10。チンクのナイフが横を抜けてゆく。
  7。ノーヴェが構える。標的が最初に到達したナイフを手で弾く。能力修正には値しない。
  5。ノーヴェが仕掛ける。標的が最後のナイフに手を伸ばす。――IS、発動。

 衝撃。金属音。標的内部より、軋み。

「………チ!」
 見えていなかった。
 見えていなかった、はずだ。
 一瞬で背後に回りこんだ私の一撃は、かろうじてだが男の左腕、その装甲に防がれていた。
 私のライドインパルスは高速移動を可能とするIS。他の姉妹のように特定の武器はないが、それを不

要とせしめる
 スピードこそが武器となる。AAAランク魔導師といえど、対処は困難を極める。
 それを辛くとはいえ、男は防いでみせた。魔力も持たずに。……可能だろう。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:41:39 ID:0yNgnTAw
>>301
ストームブリンガーとか。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:43:45 ID:f0IZwHSc
「成る程な、反応が妙だと思えば……ご同類か。だが、魔力を使用していないということは旧式か?そ
れとも、技術者の腕が悪かったか?」
「……いかんな。高速機動隊の相手などし慣れたつもりだったが、時を空ければこの様か。やはり鋼の
身といえどなまるものらしい」
「………!!」

 こちらの挑発に乗る気は無いらしい。外見どおりの壮年の声が自嘲の響きを込めて自戒する。
 ……実際にその年齢かどうかは怪しいものだ。
 人間が魔力強化もなしに、今なお押し込もうと力を込めるノーヴェの腕を掌で受けて無事なはずが無
い。私の速度に反応できるはずが無い。
 何より、人と異なる熱源反応。先ほどの金属音。軋み。

「……貴様、戦闘機人だな」
「少々違うかもしれんがな。だが凡そにおいて、『こちら』ではそう呼ばれるらしい」

『こちら』?
 ミッドチルダ以外の出自ということか。魔力もなしに我々と渡り合えるということは、科学技術はミ
ッド以上の世界なのだろう。
 そしておそらく、戦闘経験においては我々はこの男に大幅に差をつけられている。
 男のコートの裾から覗く体は、首から下は無骨な機械の装甲が剥き出しで、まるで人間のふりをする
つもりが無い。
 魔力強化のおかげで通常の人間女性と変わらぬ体型の我々とは違いすぎるその体は、戦闘ないしは経
年劣化による細かい傷が目立ち、ろくな整備を受けていないことと、相当長い間戦闘を繰り返してきた
ことが垣間見える。
 先ほどの私の一撃を防いだのも、体のスペックよりも経験によるものだろう。我々にも戦闘経験はあ
るし、そも作られた際に無数のそうした記憶を与えられているが、それでもこの男には届くまいと思え
た。

「魔法の無い世界の出身か。異世界は初めてか?ならば歓迎しよう。貴様のボディに、ドクターは大層
興味をお持ちになるだろうからな」
「あいにくとこちらに来たのは『新兵器』との戦闘の結果でな。そこの浮遊する機械に興味を持っただ
けで、特に用は無い。観光もつまらんし、早々に帰らせてもらうつもりでいる」
「そうでもない。お前達の世界ではあり得ぬ光景が目白押しだぞ。それだけの性能だ、ドクターに魔力も
扱えるパーツを組み込んでもらえばより強くなれるだろう。見たところその体、各パーツに大分ガタが来
ているようだし、オーバーホールが必要ではないのか?」
「断る。どこの誰とも知れぬ輩に、この体のどのパーツも無碍に扱わせる気は無い」
「そうか。それは、残――」

 台詞の途中で跳ぶ。
 私は標的頭上の天井に着地、背後にはセッテが入り込む。
 標的も予想はしていたのだろう、ノーヴェの右手を逸らし、セッテを右手、ノーヴェに左手に体を向
ける。
 ――そう、それでいい。
 会話をしたのは、情報が欲しかっただけではない。和解のためでもない。
 魔力を持たない機械の体。
 魔法の無い世界。
 そんな世界の出自なら。
 『魔力を感知する機能』など持ち得ないだろうから。
 経験を武器とする戦士は、全く経験したことの無いものには反応が遅れるから。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:46:05 ID:0yNgnTAw
ドラッケン部隊キター!
彼らとナンバーズとでは『覚悟』が違いますよ。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:46:39 ID:f0IZwHSc
「だあありゃああぁぁぁぁっ!!」

 ノーヴェの左手が強く輝く。
 標的は先ほど右手で受けたようにそれを左掌で受け――その左掌に罅が入り、腕にまで侵食してくる
様を見て初めて驚きを見せた。
 同時に、セッテが双剣を別角度から斬り込む。私が頭上から急襲する。


 ―――そして、虚空から現れたチンクのナイフが、標的を全方位から襲う。


 気付けるわけが無い。
 標的に魔力感知機能が無いのなら。
 私との会話の途中から、各自それぞれが行動を起こしていたことを。
 ノーヴェが右手を押し込みながら、左手に魔力を集中させていたことも。
 セッテが自身のISの出力を上げ続けていたことも。
 チンクが光学迷彩を施したナイフを誘導し、標的と我々の周囲に山ほど配置していたことも。
 光と音を出さぬようにすれば、気付かれるわけが無かった。



 だから。


「すまんな、ロイス。こんな異世界で別れとは」




 こんなことは、ありえないのだ。


 ノーヴェが胸部を貫かれ、宙に吊り下げられていることも。
 セッテがスローターアームズの片方を叩き切られ、自身も袈裟に斬り捨てられていることも。
 私が左手足を落とされ、標的の後方にて地に伏していることも。
 チンクのナイフの大部分が叩き落され、突き立ったものも装甲に阻まれたものだけであることも。

 それら全てを成した、四本の鋭爪を備えた鋼の触手が、標的の背中から生えていることもだ。

「罠は、獲物がかかるその瞬間が最も脆い。猟師は、獲物に照準を合わせたその瞬間が一番無防備だ。
 どのような罠とは見抜けずとも、『意』は読める。ならば、最も脆いそのときを待つだけでよかった
……背負っているものが違うのだよ。機能の有無、性能の高低など何の意味もない」

 ……まずい。
 読み違えた。戦闘経験の差が、ここまで戦況に響くとは!
 あの四本のアームとて、通常に不意打ちで出されれば対処はできたはずだ。
 こちらが完全に攻めに転じさえしなければ。
 いやせめて、それぞれがわずかに時間をずらして攻めていれば、ここまでは……!
 

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:47:51 ID:f0IZwHSc
「チンク!逃げろ!」
「とはいえ、ガシュレー並みの拳を繰り出せる奴がいるとはな。もう少し慎重になるべきだった」

 半壊した左腕に一度目をやると、標的は無傷のチンクに向かって駆け出した。
 同時に、立ち上がろうともがいていたセッテにノーヴェを投げつけ、吹き飛ぶ二人を尻目にチンクと
の距離を縮める。

「IS―――」
「させん!」

 チンクのIS:ランブルデトネイター。奴の装甲にナイフがまだ刺さっている状態ならば、十分に逆転
はありうる。
 だが、たかが20m程度など戦闘機人やそれに類するものにとってどれほどの距離か。
 IS発動を途中でキャンセルして身をそらし、その首があった場所をアームが裂く。あのまま続けても
、IS発動をみることなく首を落とされて終わりだっただろう。

「くぅっ――」
「無駄を!」

 チンクが後退―――間に合わない。
 倒れこみながら投げたナイフはことごとくアームに弾かれ、地に落ちる。
 敵前で尻をつくという無様を晒したチンクの頭蓋を砕くべく、標的の右腕が振りぬかれる。

 空を切って。

「「なに!?」」
「あっぶな――ひゃいいいぃぃっ!?」
「IS:ホワイトカーテン!!」
「ぬっ!……む!?」

 驚愕は、チンクと標的が。
 チンクを引き倒し潜り込もうとしたセインが、降りかかるアームを見て悲鳴を上げる。
 眼鏡をかけた妹が標的の真横に現れ、引き裂かれて消失、同じ姿が無数に標的の周りに現れて手をか
ざし、標的が回避姿勢をとり、だがその手からは何も放たれず、代わりに巨大な魔法陣が辺りに広がる

『損傷重大。システム保全のため、機能休止状態へと入ります』

 や れやれ。紫 の転移魔 法の光に身 を任せて、どう謝 礼すべき かと わ タしは

『システム休止状態へと入りました。システムチェックを実行しています……』
 

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:56:34 ID:f0IZwHSc
改行間違エターーーorz

はいごめんなさい。明らかにヨハンさんらしくないですね。
緑と戦闘中に空間の断裂が暴走、飲み込まれたってことで。
一人称はトーレです。駄目だよドラッケンに喧嘩売るなら最低亜音速超えてないと。

実際キースシリーズどころかクラークでもステエキじゃ勝ち目ないですね。
意外とデューイ>スカリエッティかもしれません。


310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 09:31:47 ID:lNZ0DpMH
つまらん
ARMSは好きだが、単に俺TUEEEがやりたいだけの駄文には何も見るべきものが無い

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 09:36:56 ID:/HTMy92d
GJ!
ヨハンさんとはおたく渋いねぇ。
さすがヨハンさん、ミナガー世界の住人だぜ!
まあ、魔法はないけどARMSとか超能力とか改造人間とか数々の特殊能力は存在しているんだがな。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 09:41:12 ID:8kS/08ZP
ところで魔法には非殺傷設定があると言っても
実際に魔力の無い生き物が魔法(非殺傷設定)を食らうと
怪我はしないが拒絶反応でショック死するとか
着弾時の衝撃やそれにともなう発火による火事、
建築物等の崩壊の発生までは防げないというのは本当なのだろうか?
だとしたら結構改良の余地があるな。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 09:47:02 ID:8y/noZZQ
そういや、なのはさんが「気絶させる」とか言ってた事があったけど空飛んでるやつを気絶したら非殺傷意味ねーな

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 09:48:55 ID:ElS25wjC
>>312
本当だよ小説で出てきた。
非殺傷てのはあくまで物理的な傷がつかないだけで眼に見えないダメージはあるから、
魔力のない人がくらうと受け止める魔力という壁がないから身体に大きい負担がかかって致命傷になる。
それに衝撃もしっかり発生する。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 13:38:05 ID:lXj6JPi8
次元世界介入ものSDガンダムフォースがあったな
あのジオングの攻撃力は出力1%のビームでも次元破砕するほどだったな
管理局と真っ向から対立しそうな機械生命たちだな
キャプテンたちは管理局に協力してそうだけど

316 :ヴィヴィオが拉致された後の展開:2007/07/25(水) 14:16:27 ID:xMRhhxYw
ナンバーズ「そら、もっと苦しめ!ゴキィッ!(踏みつけていたなのはのあばら骨を砕く)」
なのは「あぎゃあああああああ!!!」
フェイト「ば・・・万事休すね・・・」

だがそのとき!!

ナンバー「な・・・なんだこの強大なパワーは!!」
ナンバーズの視線の先には、怒っている様子のヴィヴィオが
ヴィヴィオ「ひっく・・・ひっく・・・」
ナンバー「は・・・発揮値1307万・・・!?馬鹿な・・・」
ヴィヴィオ「ひっく、ママをいじめるなーーー!!!うわーん!」
ヴィヴィオはナンバーズに突進攻撃。致命傷を与える


しょうもねえネタだったな・・・・


317 :17話のギンガのシーンで何があったか:2007/07/25(水) 14:20:39 ID:xMRhhxYw
ナンバーズ「せいぜい楽しませてね、はぁぁぁぁぁ・・・・」
姉「うう・・・だ・・・大地が揺れている」
ナ「まず一匹!!!」
姉、ナンバーズの攻撃をガードするが、腕がちぎれる
姉「うおおおおおお・・・!!」
ナ「ふん、もろいやつね」

腕がちぎれたのはこういう経緯があったのだろう
このシーンDVDでは追加してほしいな


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 14:21:36 ID:8v5IwPrp
なのは    孫悟空
フェイト    ピッコロ
ヴィヴィオ  孫悟飯
ナンバーズ ラディッツ

か……

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 15:30:17 ID:lXj6JPi8
管理世界といってもいろんな世界にいろんな管理者がいるよな
アマラ宇宙を生成管理してる無尽光カグツチとか、超大型の次元連結システムで輪廻を管理してる梵天
トランスフォーマーとかだとプライマスか?
きっと、敵対してる世界もあれば中立な世界もあるんだろうな

世界創世できる連中は管理局とかとどういう関係なんだろうな?
EAT-MANとか遺跡の亡霊黒騎士とか人修羅とか

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 15:31:40 ID:H6q/Ke8l
単に管理局の勢力圏ってことじゃね?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 16:22:20 ID:008TsPFd
>>309
GJ!!ARMS世界の科学は世界一ィィィ!!

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 16:30:08 ID:z0iXzAxg
>>308
胸を貫かれたノーヴェさんはどうなったんですかーーーー!!!

323 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 17:05:08 ID:5tGtPE56
>>309
おお〜ARMSとのクロスが来ましたかぁ!
投下前にwordでチェックするか、携帯なら……がんばって読み返してみて!

やっと書き上げた。1チーム3部構成なので、まだまだ続くOrz
投下しても宜しいかね?

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 17:09:52 ID:mwqFrhCz
カモーン

325 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 17:14:39 ID:5tGtPE56
リリカルスクライド//G.U.
スクライドの世界に派遣される魔法少女達の冒険

最終話「優しく君は微笑んでいた」


 粉雪がチラつく人気の無いビル街で一人の男が歩道にうつ伏せで倒れていた。
 その男の名は劉鳳。絶影を操るアルター使いだ。
 「う……ここは?」
 無常矜侍が起こした思われる行為により突如吹き飛ばされた後、どのくらいの時間気を失っていたのか分からない。
 目覚めた時には、冷たいコンクリートの上で倒れていた。
 着ているホーリーの制服に若干雪が積もっている。
 その雪の量から、眠っていたのは5分ぐらいだと考えた劉鳳は舌打ちをした。
 あんなモノで気を失ってしまった自分の不甲斐無さに腹が立つからだ。
 そんな事を考えながらも、周囲の景色を見まわす劉鳳。
“人が住んでいる気配が無い……無常が作り出した空間か?もしくは、フェイト達が扱う魔法の類か……まぁいい”
 劉鳳は傍らに落ちていたゴミ箱を分解し再構成させ、己のアルター絶影を呼び出す。
「無常!聞こえているか!?小細工などせず、俺を倒しに来い!逃げも隠れもせん!!」
 遠くまで聞こえるように声を荒げる劉鳳。
 しかし、奴からの返答らしきことも起きず粉雪が淡々と降り続くだけだ。
 劉鳳は、仕方なく敵がいないか調べるため歩き始める。


 劉鳳が闇雲に敵を探している頃、彼と同じ空間に放り出されたフェイトは瞬時に飛翔魔法を使い地面への墜落を回避していた。
 そのため劉鳳のように気絶すること無く、周囲の状況を調べていた。
 粉雪が降る中、空から見たこの空間は半径4kmほどの都市。
 バルディッシュ・アサルトで周囲に魔力反応が無いかサーチしてみたところ、八咫とパイの反応と正体不明の魔力反応が3つ発見した。
「胸騒ぎがする……行くよ、バルディッシュ」
『Yes.Ser』
 


326 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 17:15:57 ID:5tGtPE56

 粉雪が降る中、対峙する者たちの姿があった。
「……目の前に居る者は何だと思うかね、パイ」
「見た目だけでの正確な判断は出来ませんが……モンスターと言っても差支え無いかと」
 八咫とパイの目の前には、ウサギと人を混ぜたような容姿に蝙蝠の翼を備えた全身を金属のようなもので覆った者が浮かびながら腕組みをしている。
 二人は、相手が何を仕掛けてくるか分からないためデバイスを出現させる。
 八咫の取りだしたデバイスは、扇型の二つのアームドデバイス『其ハ声ヲ預カル者』。
 パイの両拳に装着された翼の形をした手甲型のアームドデバイス『緋ニ染マル翼』。
 得体のしれない相手は、二人が武器を構えた事を確認すると同時に翼と背中と足にある噴射口らしき場所から何かが噴出すると、
一気に上空へ飛びあがる。
 身構える二人に対して上空から急降下し、突撃してくるモンスター。
 凄まじい速度で突撃してくる相手に対して瞬時に危険だと判断した二人は、元居た場所から後方へ飛び相手の突撃を回避する。

「何と言うスピードなの!?八咫様、私が先行して迎撃します。サポートをお願いします」
「了解した」
 ウサギの化け物は、パイ達が立って居た道路を粉砕し小さなクレーターを作るほどの衝撃があったのにも関わらず傷一つ無く立ち上がってきた。
 パイは、化け物が立ち上がろうとしている隙を突いて接近し己が得意とするマーシャルアーツを使い接近戦を挑んだ。
「はぁぁぁっ!虎吼転身撃!!」
 手甲型デバイスに魔力を込め、その拳を次々に化け物のボディへ叩きこんでいく。
 スバル並の格闘センスを持ったパイによる連撃が化け物の装甲を削り取り、最後に魔力を集中させたハイキックの連打を頭部に叩き込み吹き飛ばす。
 その後方で扇を広げ足下にミッド式魔法陣を展開した八咫は、己が持つ最大攻撃魔法を発動する。
「アンゾット!」
 吹き飛ばされた化け物は、何とか態勢を立て直すため左手を大地に突き刺し勢いを消し止まって見せるが突如真下に紫色の魔法陣が出現したと思えば、
突如吹きだしてきた黒い瘴気に包まれてしまう。
 後ろに飛び八咫の前に降り立つパイは、身構えたまま闇の瘴気によって溶かされていると思われる化け物の方を見つめる。
「……やったのでしょうか?」
「これで済めばいいのだが……む!?」
 突如化け物を包んでいた闇の瘴気が突風によって掻き消される。
 突風の発生源は闇の瘴気に包まれていた鈍い輝きを放つ金属のような装甲で覆われた大きな翼を背負ったウサギと人を混ぜたような化け物。
 その人外の者は、そのビー玉のような瞳でこちらを見つめてくるや否や話しかけてきた。

『なかなかの腕だが、人としての限界を超えていないお前たちでは我を倒すこともできん。ましてや、我らが主人にも勝てぬな』
 空中で腕組みをしながら二人を見下ろし罵る化け物に、問う八咫。
「質問しても良いかね?」
『ん?良いだろう』
「汝の名は何と言うのかね?」
『我の名はホワイトラビット。現在アリスから離れ新たな主に仕えるARMSだ……若干改良されているがな。
君たちの実力を調べることが任務なのでな。悪いが叩かせてもらう』
 聞き慣れない単語と我々を倒すなど言われ眉間の皺が寄る八咫。
 自分たちプロジェクトG.U.にも不明な言語がある事と、目の前の化け物に知性があるという事に目を細める。
“知性があるということは、脳もしくは人工知能らしき物が在るということか……敵対するには厄介な相手だ”
 そう考えた八咫は、パイに向かって念話を使い話しかける。
「(パイ。私が隙を作る合間にアバターを発動させ、奴を倒してくれ。今のままでは奴に勝てない)」
「(分かりました。八咫さま)」
 二人が念話で作戦会議をしているのを見つめるホワイトラビットの眼に映っている映像がある場所へ転送されていた。

 ある廃ビルの一室で椅子に座りながら3つあるTVの画面を見つめるソフト帽子を被ったサラリーマン風の服装をした男性。
 3つあるTV画面の一つには、タイの僧風の服装をした男と露出が多い服を着たピンク色のツインテールの女性が映っている。
「さて、お手並み拝見と行こうか。アバターの力を」


327 :リリカルスクライド//G.U.携帯:2007/07/25(水) 17:17:55 ID:dsXK7VoI
自ら支援

328 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 17:19:05 ID:5tGtPE56

 先に動いたのは八咫だった。両手に持った扇型デバイス其ハ声ヲ預カル者に装備された刃による斬撃の舞がホワイトラビットを襲う。
 だが、斬撃が当たる瞬間突如上空へ飛翔されたため斬撃の舞は空を切るだけだった。
『そんな動きでは、我を打倒すなど不可能。仕方がない……本気を出させてもらう』
 翼を大きく広げ、その翼の合間にある噴射口から圧縮空気が放出され凄まじい速度で八咫に目掛けて突進してくる。
 凄まじい速度による突進を何とか避けた八咫だったが、ホワイトラビットの音速を超えるかも知れない速度による突進はソニックブームを生み、
相手を凄まじい風圧により切り刻む。
 ソニックブームによる衝撃によって吹き飛ばされ固いコンクリートの道路に叩きつけられるも、
バリアジャケットによってダメージを軽減されたことで何とか立ち上がりデバイスを構える八咫だったが、足がふらついている。
「音速を超えるほどのスピードか。聊か対応するには骨が折れそうだな……しかし、時間稼ぎには成った」
 再び突進してこようとするホワイトラビットに不敵な笑みを零す八咫。
 突如ホワイトラビットの後方からピンク色の光が輝きだしたと思うと、巨大な影が映る。
 振り向くとそこには、手足が拘束され身体に杭が打ち込まれ左右に広がるヒビ割れた翼を持つピンク色のモンスターが浮かんでいた。
 そのモンスター……否『第七相 復讐する者 タルヴォス』から放たれた光の杭が加速をする前のホワイトラビットの翼や足を切り刻んでいく。
 不意打ちに近い技に反撃できず、残った噴射口を使い墜落せずに済んだが先ほど襲ってきた光の杭がホワイトラビットの周囲に5本展開している。
『喰らいなさい!』

“極刑の聖杭”

 タルヴォス兼パイの雄たけびと共に光の杭がホワイトラビットの身体を突き刺して行く。
『ぐぉぉぉ!?』
 5つの杭が両腕、両足、そして左翼に突き刺さり悲鳴を上げるホワイトラビット。
 さらに追い打ちをかけるかのように薄紫色に輝き出す八咫。彼も己の内に眠る碑文、アバターへと変貌する。
 出現したアバターの姿は脚部が蓮の花のようになっており、上半身は合掌した仏像のような姿をしている。
 その名は『第四相 運命の預言者 フィドヘル』。その名の通り、世界の運命を予言することが出来る力を持つ。
『勝負は決した。ホワイトラビットよ……再起不能に成りたくなければ、我らをオーヴァンの下へ連れて行け』
 フィドヘル兼八咫は、この知性のあるモンスターから情報を得ようと現在の優位な状況へ持ち込むことを考え実行し今に至る。
 タルヴォスの5つの杭により串刺し状態のホワイトラビットだったが、傷ついた身体で立ち上がると杭を引き抜いて行く。
『ふ、この程度のダメージで我を軍門に落とせると思ったか碑文使いよ。我はARMS……意志を持った生命体だ』
 光の杭によって貫かれた箇所が次々に再生していく。
 その光景に驚くアバター達だったが、完全に再生される前に抑えてしまおうと動く。
 先に攻撃を開始したフィドヘルは、自身の周囲前後左右に浮かんでいる合計4つの円盤から光線を放つ。

“四輪滅光波”



329 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 17:20:20 ID:5tGtPE56

 凄まじい光線がホワイトラビットを撃ち貫こうとするが、瞬時に上昇し回避される。
 続いて上昇した白兎へ左右のヒビ割れた翼で本体を守るかのように閉じた状態から光弾を撃ち出すタルヴォス。
 次々に迫る光弾を巧みな動きで回避し続けるホワイトラビットは、タルヴォスの攻撃が止んだのを感じた瞬間に瞬時に己の形態を変化させる。
 蝙蝠のような巨大な翼が変化し、戦闘機のような巨大なスラスターとなり目標へ向けて突撃する。
 第二形態の白兎によるソニックブームは第一形態の比では無く、音速を超え更に機動性能も上った事で的確に相手へ衝撃波をぶつける事が出来る。
 凄まじい速度でタルヴォスの周囲を通り過ぎたホワイトラビットによって周囲の地形が衝撃波によって破壊されていく。
 タルヴォスも白兎のソニックブームによって、左右の翼を盾として防御するも近くにあったビルに叩きつけられてしまう。
『くっ、なんて早さなの。それでも、こんな所で立ち止まる訳にはいかない!』
 ビルに埋もれていたタルヴォスだったが、マスターであるパイの覇気によって這い上がると両手両足を封じている拘束具を解除した。
『タルヴォスの戒めを解除したのか……無茶をする』
 無茶な行動を取るパイに呆気に取られる八咫だったが、彼女のサポートをするためフィドヘルによる援護攻撃を開始する。


 魔力反応、恐らくプロジェクトG.U.の八咫とパイの二人だと思われる方向へ向かっていたフェイト。
 雲の上を金色の魔力光で覆われ音速に近い速度で移動し、目的地に近付くと降下。
 目線の先には宙を浮く2体の巨人と、ガジェットドローン弐型に似たモノが映る。
「あれは……アバターなのかな。バルディッシュ?」
『The giant of pink and orange is considered to be an avator( ピンク色とオレンジ色の巨人がアバターと思われます)』
 バルディッシュ・アサルトとの会話から、敵は金属のような配色の弐型風のモノだと判断できる。
 フェイトはデバイスを使い彼らに通信を入れようとした時、バルディッシュが急にディフェンサーを発動させる。
『Defensor』
 バルディッシュの自動詠唱による防御魔法ディフェンサーがフェイトの真後ろに振り下ろされようとした大きな爪を受け流す。
 ディフェンサーによる防御が発動したことに気づき、瞬時にその場から距離を取ったフェイト。
「誰ですか!?」
 フェイトの目線の先に映ったのは、ビルの屋上で引き伸ばした右腕を元に戻す悪鬼の姿。
 その相手の姿に悪寒が走るも、デバイスを構え臨戦態勢を取るフェイト。
 彼女の問いに答えることも無く、再び勢いをつけ右腕を伸ばしフェイトを襲う悪鬼。
「くっ!」
 ソニックムーブを発動させたフェイトは、金色に包まれた状態で雷の様なスピードを出し襲ってくる爪による攻撃を回避し、
相手の後ろを取り捕獲魔法を発動する。
「リングバインド」
 アルフなどがよく使うバインド魔法を使用し相手の手足を拘束する。
 フェイトのバインドによって、身動きが取れないのか無理やり解除しようと暴れ出す悪鬼。
「そう簡単にバインドは解けません。君は何故、私を襲ったの?あの無常矜侍の命令ですか!?」
 バルディッシュ・アサルトを相手に向け問い詰めるフェイトだったが、その悪鬼は首を回しこちらを見つめた。


330 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 17:21:39 ID:5tGtPE56

『この程度で、我を封じ込められると思うのか人間よ。我はジャバウォック。破壊の王…究極の戦闘生命体なり!!』
 バインドで拘束された両手両足に力を入れ人間で言う筋肉を強化しバインドを無理やり解除するジャバウォック。
『我に課せられた指令は、汝たち人間の戦闘能力を我が主に届ける事…さぁ、人間よ!その力見せてみよ!!』
 伸縮する両腕を振い大きな5つの爪をフェイトに向け振り下ろす。
 危険を感じたフェイトは、瞬時に後方へ飛び爪による攻撃を避ける。
 先ほどまで居た場所には、爪による引っ掻きによって大きく抉られた跡が残っていた。
“まともに受けたら致命傷になりかねない……接近戦は避けて遠くからの長距離戦でいく”
 一気に上昇したフェイトは、ジャバウォックに対しバルディッシュ・アサルトのカートリッジ2発消費し左手に魔力を集中させる。
「プラズマスマッシャー!!」
 電光を伴う純粋砲撃魔力攻撃がジャバウォックの胴体を捉える。
 電撃を伴う魔力攻撃を受け、その衝撃によってビルの屋上の柵を突き破り痺れながら地上へ降下して行く。
 魔力ダメージを与えて気絶させようと思い放った一撃が、予想外の結果を生んだため慌てて降下するジャバウォックを
 助けようと動くフェイトだったが、行き成り肩に何かが掠め後退する。
 フェイトを襲ったモノは、降下しながらも左手の爪をビルの壁に突き立て降下を押さえ残った右腕を変化させ砲身を作り、
取り込んだコンクリートを圧縮空気で砲弾として発射したジャバウォックの砲撃だった。
 力任せに伸縮する右腕をビルの屋上に投げつけ床に爪を喰い込ませ、伸縮を利用して屋上へ舞い戻るジャバウォック。
『なかなかの攻撃だったぞ、人間。だが、貴様の力はそんなモノでは無いだろう……さぁもっと力を示せ。
そうで無ければ、この場で死ぬだけだ!!』
 ジャバウォックは雄叫びと共に変貌し始める。
 肩が大型化し、肘の部分が尖るなどの形状の変化も見られ、さらに禍々しさが増した。
 フェイトも、この状況は危険だと感じバルディッシュ・アサルトの形態を変化させる。
「バルディッシュ、ザンバーフォーム」
『Zamber form』
 バルディッシュ・アサルトが巨大な剣の柄に形態を変化させると、雷の魔力刃を出現させる。その形はまさに斬艦刀と呼んで良い程のモノだった。
「こんな所で負ける訳にはいかない!アリシアとプレシア母さんに会うまでは、立ち止まれないんだぁ!!」
 フェイトはバルディッシュ・ザンバーを構え、より凶悪となったジャバウォックへ立ち向かう。


331 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 17:22:57 ID:5tGtPE56
 フェイトが戦闘を開始した同時刻に粉雪が降り続ける中、劉鳳と左側の顔を装甲で覆い両手を拘束したアルター絶影が歩いていた。
 無常が言っていた話を思い出す劉鳳。
『あなた方には、これからある者たちと戦ってもらいます。あぁ、強制なので拒否権などありません。はい』
 そう、ここのどこかで奴の差し向けた敵がいる。
 無常の企みを正面から打ち崩す事を考えながら歩き続ける劉鳳だったが、遠くの方で爆発音を聞きつける。
「あの爆発は!?他の奴等と戦闘を開始したという訳か……ならば、俺も向かわなければならない!」
 戦闘が行われていると思われる場所へ移動しようと、絶影を再構成しようとした瞬間、真横から攻撃を受ける。
 咄嗟に、再構成前の絶影を盾とし攻撃を防ぐ劉鳳。
 しかし、鋭利なニードル状の砲弾をまともに受けた絶影のダメージがフィードバックし痛みに耐える劉鳳。
「くっ、何者だ!」
 割れたガラスが散らばった洋服店から現れたのは、鉄のような輝きを放つ甲冑のような装甲で覆われ、右腕自体が光り輝く錐型のランスになっており、
左腕は、剣と大型の盾に射出可能のニードルが一体となった形状をしている。

『我が名はナイト。主に仕えし騎士なり』
 突然現れた化け物に一瞬アルターかと考えた劉鳳だったが、相手がアルター使いならば気づくはずだと考え、
魔法もしくは別の何かで動いていると考える。
「貴様が何者かなど知ったことでは無い……だが、この俺を止めようとする壁となるのなら打倒していくのみ!……絶影!!」
 銀色に輝き再構成されていく絶影は、人の上半身と蛇の尻尾に似た下半身を持ったアルター『真・絶影』へと再構成される。
「行けぇ!絶影!!」
 残像を残しながら、凄まじい速度で動く真・絶影は下半身の尻尾による打撃をナイトへ叩きこんでいく。
 考えていた以上のスピードに対応できず、ボディやシールドに強烈な打撃を受け再び洋服店に吹き飛ばされる。
 店内へ吹き飛んで行ったナイトを見据えながら、己の近くへ真・絶影を戻す劉鳳。
 崩れそうになったビルの洋服店から現れるナイト。
『良いスピードだな。劉鳳、そして絶影……だが、その程度がお前たちの限界か!?本気で無ければ、我が槍ミストルテインがお前たちを葬り去る』
 下肢の膝から先のパーツから圧縮空気を放出し加速。一気に真・絶影の懐に入ると右腕のランスで突く。
 ギリギリで胴体へのダメージを避けた真・絶影だったが両脇付近に設置されたミサイル状のパーツの右部分を難無く突かれ破壊される。
 瞬時に迎撃に移った劉鳳は、真・絶影の耳にある紫紺の触手を使いナイトのランスと盾を捕獲し動きを止める。
「喰らえ!剛なる左拳、臥龍!!」
 凄まじい回転で発射されたミサイルこと臥龍は、ドリルのように回転しながら一直線にナイトのボディへ向かって行く。
 しかし、ナイトのランスが輝き出すと巻き付いていた列迅が紙屑の様に粉砕され、そのまま接近してきた臥龍も列迅と同じく粉砕されてしまった。



332 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 17:24:39 ID:5tGtPE56
『その程度の攻撃で我を打倒すなど笑止。我が『ミストルテインの槍』は、超震動を発生できる。生半可な防御では死あるのみ』
 超震動兵器であるミストテインの槍に触れるモノは全て、その震動によって分解されてしまう。
「……ふ、貴様を倒すには全力を出す以外無いという訳か。良いだろう、奴の手下である以上俺の信念は貴様を悪だと断定する!!」
 劉鳳は、真・絶影を分解し更に周囲の物質を分解し、虹色となったそれらを己へ集め紫紺の鎧へと再構成させる。
 これこそが、劉鳳の持つアルター絶影の最終形態である。
『それが、貴様の最終形態か……よかろう。我が槍と貴様の力、どちらが上か勝負!』
 光輝く槍を構えるナイト。
「断罪されるのは貴様だ!」
 両肩の尖った装甲を分離、再構成し鋭い紫紺の手甲へと変化させ右手へ装着する劉鳳。
 銀色の輝きに包まれた劉鳳は、残像を残す程のスピードでナイトの左耳付近の尖ったパーツを切断し相手の後ろを取る。
「遅すぎるぞ、そんなモノでは勝負は直ぐ着くな」
『貴様の力を試しているに過ぎん。今度はこちらからだ!』
 光輝く槍と紫紺の手甲が衝突し合う。
 その衝突による輝きは、鮮やかなモノだった。


 魔獣と金髪のツインテールをした魔女が、あるビルの屋上で対峙するシーンがTVに映し出されている。
 その横の画面には、特撮映画でもやっているかのような人外の戦いが映し出されている。
「ふむ、これがアバターと魔導師の力か……接近戦以外では対処法が無いな」
 そして、最後のTV画面を見た男は「ふむ」と何かを悟ったかのような顔つきになる。
「これは、鍛え上げがありそうな青年がいるな」
 彼の見る映像には、右腕が巨大なランスと化した騎士と戦う紫紺の鎧を纏った青年が映し出されていた。


333 :リリカルスクライド//G.U. :2007/07/25(水) 17:29:02 ID:5tGtPE56
以上で投下終了です。
あはは、ARMS出てきてますがオリジナルARMS本人ですので
高槻涼たちは、出てきません。
あと、ミストルテイン……あぁぁ
>>332
ミストテインになっとるOrz
ミストルテインに変更お願いします。

ああ、言い忘れてた。
超震動兵器にぶつかって破壊されてないのは、分解されながら再構成してる
劉鳳の力です。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 17:42:08 ID:uaU2Amgi
>>309
しゃああ!
ドラッケンのホルスト隊長キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

しかも渋カッコヨすぎです!
あ、あと書き込む前に一言入れると便利ですよ〜。
まあ基本は『書き込んだ』なら(略


そういえば念動力とか「不可視」の力って、フィールドとかで防げるんでしょうか?
ちょっと疑問に思ったんですがね。
「超能力者 VS 魔導師」 等で。
ちなみにアニメなのはの原作に『あたるとらいあんぐるハート』というゲーム(コンシューマで出せば売れますよ!)ではHGSと呼ばれる先天的能力者がおります。

>>333
マテマテマテマテマテ!
オリジナルARMSはヤバイって!
特にフェイト!死ぬなよ〜!

(でも前回と今回の終わりに出てきた単身赴任中のサラリーマンのセリフから察するに……いきなり反物質砲とかは出ないから安心かwww)





335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 17:49:35 ID:mwqFrhCz
>>327
なんとお茶目な

しかし、GJ
なんか色々やばいキャラが出てるけど
これはこれでありだ!

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 19:13:47 ID:008TsPFd
>>333
GJ!!オリジナルARMSが出るとは、どのメンバーも苦戦しそうですね。
ARMSの話で盛り上がってるときに2本も投下されるとは・・・ARMS祭りなのか?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 19:16:13 ID:DxG5VBBM
今TVでハリーポッターの特番やってて思ったんだけど
魔法界の連中からすれば管理局でさえマグルなんだろうかな?
とか思ってしまった

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 19:23:40 ID:mwqFrhCz
いやー、とりあえずリンカーコアがないと魔法使えないからマグル認定はされないんじゃ?
ただ起源が別の別系統の魔法という感じになりそうだけど

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1-10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
>>1-10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
>>1-100000000000:/test/read.cgi/anichara/1184997868/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)