5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ルイズが聖杯戦争に殴りこむスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 12:58:49 ID:FpqlTr17
ゼロ使×型月を語るスレ。

関連スレ
あの作品のキャラがルイズに召喚されました part42
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1187750126/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 16:24:18 ID:BwKvQL5K
??????????????????????????????????


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 00:36:57 ID:lu2l5QGU
おまいらのスルー力に感動した
でも書き込む

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 19:34:28 ID:hJo3a/UJ
ルイズ「か、勘違いしないでよね!聖杯なんていらないんだからね!!」
士郎「わかった、協力しよう」
ルイズ「(かかった、バカめッ!おっちねよなァッ!!)」

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 22:41:40 ID:0raoWgPY
誰も書き込んでないのなwww

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 22:42:52 ID:1mGqe9yP
ゼロ使×型月で一番好きなのはゼロ最強の使い魔


更新停滞中・・・・

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 08:51:46 ID:5Tghm7ji
呼ぶのか呼ばれるのかまずはそこから決めよう。

・・・第二魔法はなしよ?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/06(木) 15:58:32 ID:tShxVA3w
士郎が召喚された後で、士郎が令呪でセイバー・ランサー・ギルガメッシュを
呼び出す話(「Fate/zero servant」)の設定が好き。
とはいえあの話、設定は好きなんだが、
サーヴァント達がゼロ使世界のキャラとほとんど関わってないのが勿体ない。
あそこまでやるならもっと楽しい展開がいくらでもあるだろうにと。

士郎が召喚されて、少しあってセイバーもハルケギニアにやってきて、
士郎を巡ってルイズとセイバーがドタバタする、みたいな話を読んでみたい。

>>6
「最強の使い魔」はアーチャーが強いだけじゃなく
ルイズの魔力がどんどん成長していくのも見てて楽しいね。
このところ目に見えて更新頻度が落ちてるのが勿体ない。
今年中に次の更新があるかなぁ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 20:25:47 ID:jzkuCcCa
晒しage

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 21:23:11 ID:iEcmkg+4
ルイズが真アサ召喚なんてネタを考えたことがある
風除けの加護でワルドが悲惨なことにw

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 22:03:48 ID:qamF6zeq
ってか今でも隔離されるほど型月ってヤバイの?
昔の名残で隔離とかって言う落ち?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 22:44:35 ID:LGIkA6Br
>>11
そのとおり
色々と過剰反応する馬鹿がたくさん居るのです
型月の信者よりもアンチのほうがヤバイと思おう
というか、あの作品のキャラがルイズに召喚されましたスレ住人になってから
型月に限らずアンチ連中が大嫌いになりました
信者にはまだお目にかかってないから好き嫌いはない

というか嫌いならスルーしておけと
作品を潰すな、荒らすなと
死ねばいいのに

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 23:18:56 ID:2in8GzSN
したらばの型月板にでも行ってみるといいお
そんでもって高CQスレとか最低スレもみると更に完璧だお
原作ないがしろにした作品群の前に心が折れるからwwwwwwwwwwwwwwwwww

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 00:29:00 ID:RnrAgKvq
>>11>>12
あのスレから追い出されたのは型月作品そのものが叩かれてるって言うより、
月厨およびアンチ型月による荒らしをおそれたからじゃないか?
実際分離後でさえ型月ネタ出してくる奴もいるし。
型月作品自体に責任はないとしても荒れる原因にはなるから、
部外者が警戒するのは仕方ないと思う。
(いっとくが俺は儲の方だ。月箱もフェイトもアトラクシアもドラマCDももってるし、
ジョジョクロススレの住人だしな。)

ま、逆に考えれば、専用スレを与えられたわけだ。
過去を振り返るより、SSネタを考えてたほうが建設的じゃないか?

俺としてはあえて変則的に、ルイズがキャスターとして召還されるのとか見てみたい。
ディスペルで契約破りとか強そうだ。

ルイズが召還するパターンだとサーヴァント側の動機が問題だな。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 00:54:15 ID:LGmuVdWv
そういやルイズとサイトがイリヤに召還されるss無かった?
他にシャナと劉鳳とキャロが召還されてわけわからんカオス状態のやつ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 03:06:03 ID:bkMFSWBV
>>15
理想郷のヤツかwwww
あれの感想みたほうがいいwwwww
あれは希に見る超絶駄作。

17 :スコッパー:2007/09/12(水) 03:25:37 ID:xzGNoCrw
そういわれると逆に読みたくなってくるわ。

18 :スコッパー:2007/09/12(水) 03:32:22 ID:xzGNoCrw
鯖メンテかよ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 04:01:25 ID:NyIuetb3
>>13
別段クソな内容でも関係ないよ
こらダメだと思ったら読まずにスルーするだけだ

というか最近高CQなものでも楽しめるようになってきたんだけどwwwwww
中途半端なのはダメだがww
特に無意味なニコポナデポ
まだ受け入れられるのとダメなのがあるんだけど自分でもその基準が良くわからないww


>>14
いわんとしてることも解るんだけどね(´・ω・`)
アンチ共うざいし
それに付け込んだ嵐もうざいし

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/13(木) 15:51:38 ID:nQ5KukT+
俺は切り離したのは 正解だと思うよ
設定に間違いあったりするとすげー長文で指摘する困ったちゃんも多い
設定命だからなのか議論に及びやすい
興味ない人から見ればウザいことこの上ないだろうからな
型月結構好きだから勢いのあるとこで見られないのは残念だけど

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/13(木) 19:46:50 ID:4mk7kUKU
俺もFate好きだけど、型月厨の設定議論は確かにうぜぇ。
リアルの知り合いにいるんだが、飯を一緒に食ってるときにひたすらどっちが強いだの、ヤツが最強だの、死途27祖がどうだの、英霊がどうだのと、どうでもいいことをぐだくだと、うぜぇことこの上ない。
奴らは気楽に作品を楽しむと言うことを知らない。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/13(木) 20:26:06 ID:4166oCyy
設定厨はクロスものの天敵だからな。
そりゃ確かに仮面ライダーしん王みたいにこれは問題外だろって感じのも
あるにはあるが、どんなに上手く合わせたとしても「型月側の持ち味が出てない」
とか「士郎ヘイトだろこれ」とか言われるとドン退きする。
「こいつらを合わせたら色々と変わりました」がクロスオーバーじゃねーの?!

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/13(木) 21:42:02 ID:69T/MFRu
>>15-16
見てきた。
あまりにも豪快だけど、バーサーカーとマスターを誰にするのか気になるぜ。
あとキャロはサーヴァントじゃなくてマスターだったよ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 20:59:25 ID:FJlD58tk
で、このスレは型月クロススレに利用するのか

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 22:58:15 ID:ePHnrkdt
この流れで誰か来るかね

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 02:56:30 ID:9o/oPesz
>>25
SSを初めて書く上に、Fateを一回づつしかプレイしてない上に、かなり前なのでうる覚え。
どちらかといえば剣や魔法よりも銃が好き。
ゼロ魔をテキトーに流し読み。

そんな俺でもいいのなら書いてもいい。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 13:16:01 ID:0ikpPxsh
なら止めとけ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 13:40:15 ID:xr5X1lfM
今すぐ原作両方熟読して投下だ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 13:47:11 ID:ZQOzsioS
>>26
まずはゼロ魔の原作を全部買って読むんだ。
次にFateをコンプするんだ。
そしたらフライパンで炒飯を作って寝ちまえ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 22:57:38 ID:AOPxhwCr
>>26
創作に誰かの許可は要らないですよ。
書きたいと思ったら書けばいいと思います。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 23:06:10 ID:n9Bppxee
まあこんなすれだし。思い切って書いてみれば?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 23:24:08 ID:ZWqFMab+
>>26
後学のために是非投下を。
ただ二つの魔術・魔法原理がぶつかることになるから、心持ち独自の解釈を
加えた方が若干読みやすくなるかも知れません

33 :26:2007/09/17(月) 04:22:57 ID:fLnBsVsu
明朝から細かく作っていくから。
とりあえず寝るわ。

34 :26:2007/09/18(火) 17:28:52 ID:rRImDYSF
ネタが思いつかない。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 16:45:15 ID:LP3fgaNw
おいwww

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 17:49:34 ID:AyQ9U+2w
桜ルートからの召喚が意外と面白そうだと思う。
例えば、慎二。
殺され(かけ)たことやら魔法が使えないコンプレックスやらでドロドロとした展開。
または、士郎。
ラスト体から剣はやした状態で召喚される。
普通に記憶とかとんでて誰かを守らなきゃいけないって事だけ覚えている。
力使うたびに死にかける士郎を待っている誰かの所へ帰してあげようとするルイズ達。
みたいな。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 18:56:55 ID:hmJu/7ge
なかなか面白そうだな

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 19:46:32 ID:r/OJJj30
逆にゲートに引きずり込まれて平賀家に居候することになってしまい、ひとまず
協会の庇護の下ハルキゲニアに帰還(第二魔法の「上」に到達)するために聖杯戦争へ・・・

というのはやはり難しいだろうな。ルイズのレベルがガチでゼロだしエクスプロージョンも使えないし。
最悪封印指定じゃあ・・・

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 21:08:46 ID:obBNN1M5
ゼロ魔世界には直死持ちのカモの食らっても死なないからよけない
タイプのキャラが少ないから困る
風石は宝石魔術の触媒になるのだろうか

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 00:42:46 ID:pT8eUwy8
ゼロ魔世界の魔法使用有りでいいのと思うが。
ルイズのサーヴァント召還ssもサーヴァント普通に魔法使ってるし。


ルイズの場合ディスペルあるからキャスターの天敵にはなりそうだ。
それ以外のサーヴァントにはてんで弱いけど

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 03:11:15 ID:N5Hqgiso
ゼロの世界でルイズ召還を何度も失敗→ルイズ涙目&錯乱
ついでに辺りに煙が充満、で間違って召還の鏡をくぐってしまう

同じ時(?)士郎が家で襲われ土蔵のなかで召還が発動し、ルイズFate世界に士郎の使い間として召還される
しかし、ルイズ混乱していて目の前に士郎が現れたと勘違いし、藁にもすがる気持ちで契約する
士郎、ゼロの世界のルーンが刻まれる

で、ランサーは土蔵の中にあった包丁などのガラクタでルーンを発動させ追っ払えたらいいな…

ってな感じで誰か書かない?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 22:44:53 ID:ULWkAOy5
いくらガンダールヴでも包丁ではさすがにランサー追い払えないだろ。
ゲイボルグとのリーチが違いすぎる

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 22:47:37 ID:Q6cijIdQ
アンリエッタがセイバー召喚

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 23:33:11 ID:ULWkAOy5
ゲイボルグって書いて、エルフの先住魔法くぐりぬける刺し穿つ死棘の槍幻視した。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 04:49:27 ID:LCEwOwsX
>>44
反射がどの程度まで返せるかにもよるけど、槍の特性だけで考えれば理論上は可能なんだよなそれ。
間にあるもの全部すっ飛ばして心臓を貫くって事実を先に作るわけだし。
英霊と精霊の力関係で考えたら本当にできそうだから困る。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 07:48:29 ID:9PDYB3W/
>>45
型月的には精霊≧英霊ぐらいだろ。(アルクと鯖)
それにゲイボルグは「槍の魔力を上回る純粋な防御」で防げるそうだぞ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 08:18:14 ID:rpxYGfq/
つまりは「何をしても貫けない」防御力があれば「心臓を貫く結果」そのものが生じないわけか。
これくらいなら俺でもわかるぞ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 12:30:44 ID:El6Lks0K
>>46
防御(DEF)じゃなくて幸運(LUK)じゃなかったっけ?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 15:47:33 ID:svBHdrci
ところでこのスレはスレタイを見る限り
fate←ゼロ魔なのか?
俺としてはゼロ魔←型月全般が希望なんだが

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 20:25:44 ID:6yqA7FR1
好きなほうを>>49が書いてくれれば問題ない

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 21:05:57 ID:SY33fSPY
ルイズが召喚するとして、だれがいいかな。
なんか士郎だとありきたりだし。
言峰?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 21:08:13 ID:r8mIMptf
素直にセイバー

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 21:21:16 ID:j8VJ1VFn
赤いあくまで

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 21:34:24 ID:6yqA7FR1
型月でメイド繋がりな翡翠か琥珀さんで

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 21:45:18 ID:j8VJ1VFn
つORT

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 23:07:09 ID:dxy4jhKe
ルイズがUBWでアーチャーに殺された直後のキャスターを召喚して、
紆余曲折の後にキャスターが殺された直後の葛木を召喚。
幸せになるってのはどうだろう。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 00:44:37 ID:olbEu6VA
此処は何処?私は誰?
肉体が構成され意識が覚醒した直後の軽い心身喪失状態から抜け出すと
視界に映るのは青空と地平線まで続く草原
遠巻きにして見守るマント姿の少年少女の集団と
目の前で目を見開きあんぐりと口を空けて立ち尽くすピンクの髪の少女
(おーけー落ち着きましょうメドゥーサ、あなたはやれば出来る子です。
こうして自我があるということは今回はサーヴァントとして召喚されたようですね、
恐らくこの少女に。それにしても聖杯のバックアップが無いとはどういうことでしょう?
これでは自分の“クラス”も分かりません)
数多の英雄・怪物が活躍するギリシャ神話の中でも下手したらヘラクレスよりメジャー
なんじゃないかという女怪メドゥーサ
その名も高きゴルゴン三姉妹の末娘がなんか変だなー?と考えていたその日その時
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは軽くテンパっていた
なにしろやっとこさ召喚に成功したと思ったら表れた使い魔は露出過多の
ボン!キュッ!ボン!でそのうえ眼帯+オデコマークの超美人
敢えて言おう、怪しさ大爆発だーっ!!
とはいえ呼び出してしまった以上契約は完遂せねばならない
人間−ホントは英霊なんだけど−を呼び出したうえビビッて契約出来ませんでした
なんてことになったらどんだけ馬鹿にされるか
周りからゼロと呼ばれる屈辱に比べたら痴女の一人や二人ナンボのもんじゃい!
ルイズは半ばヤケクソ気味に目の前のグラマーさん−隣室の赤毛のビッチすら凌ぐ
ナイスバディを見ているとムラムラと敵愾心が湧いて来た−を睨みつけると偉そうに
言った
「貴方、私の使い魔になりなさい!」
「私は一向に構わんッ!!」
「は…?」
あまりに拍子抜けな答えに一瞬呆けるルイズ
漫画なら顔が“へのへのもへじ”になっているところだ
「というか貴方が私のマスターでいいんですよね?」
大丈夫かコイツ?といった声音で聞いてくる痴女(ルイズ主観)
こうして後世に新たな伝説を残す虚無の魔法使いとその使い魔の物語はなんかgdgdに
始まった

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 00:49:04 ID:efMfAl5D
何かきた支援

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 01:02:23 ID:B2lJfmyp

そして呼び水になってくれることを願う

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/22(土) 07:52:45 ID:p+oigYiM
>>57
GJ!
ライダーもルイズもコンプレックスもちの三女だし、相性いいかも。
>「私は一向に構わんッ!!」
ここでふいたw
ライダーさんは姉と同じようなちっさくてツルペタには弱いからなw
いつかルイズを食いそうだが(性的に)w

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 06:22:41 ID:I/yKSRgi
ライダーって寡黙だけど、はっちゃけているイメージしか持っていない俺は異常か?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 10:03:30 ID:f+FMvSZR
なんか黙ってても頭の内ではなに考えてるかわからんイメージ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 13:14:25 ID:OxDJxatc
とりあえずライダーの下着は黒、もしくは無し。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 15:25:15 ID:BfIPMXH5
ライダーは履いてない、それが俺のジャスティス!

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 17:54:58 ID:MiGIV+ZJ
>>63
本命 黒
対抗 紫か青
大穴 白

こんな感じじゃね?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 18:03:31 ID:eKVIpKiQ
違う いちごパンツだ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 18:06:31 ID:mJ74aWPA
マエバリって選択肢はないんだ…

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 19:02:34 ID:OxDJxatc
>>67
その発想は無かった。
お前の妄想力に脱帽。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 19:09:59 ID:WUTrNd1k
絆創膏がいいな・・・

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 19:48:32 ID:f+FMvSZR
ここは大穴ウサギさんで

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 20:08:08 ID:D4uYxF3f
やっぱり流れ的に褌と書かなきゃいけないだろうか

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 20:21:26 ID:S4e2ZbuB
ボディペイントという裏技が

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 23:37:56 ID:T2czSqsh
トランクスだろ?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 17:46:48 ID:t+bRh1dc
履いてないと同義なスケスケという選択肢は…

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 18:26:22 ID:reUiRKt8
見当違いもはなはだしいですね。
ブルブルと震えるナニを押える黒いラバーのあれをはいてるんですよ?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 21:20:56 ID:Jrb8TbPn
遅ればせながらGJ!!期待してます。

>>48
運以外の防ぎ方として防御力があるらしい。桜ルートの剣士対暗殺者あたりででてきた。
軌道を捻じ曲げることはできても、貫通力そのものは槍のままってことじゃないか?
(相手の装甲の隙をつくよう軌道を曲げるとかはできるかもしれんが)

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 23:06:50 ID:mP+yTgRd
その日一日メドゥーサはルイズの前に姿を見せなかった
メイドイベントも
ミス・シュブルーズ爆殺イベントも
青銅聖闘士瞬殺イベントもすっぽかして
そして夜になってようやく部屋に戻って来た使い魔はしれっとした顔で言ったものだった
「ルイズ、お腹が空きました」
「キャラが違うでしょ!」
電光石火のロシアンフックを軽くスゥエーしてかわすメドゥーサ
「なかなか良いモノを持っていますね、丹下拳闘倶楽部で三年も修行すれば世界を狙えますよ」
「私はボクサーじゃなくってメ・イ・ジ!それより今まで何処行ってたのよ!!」
「ちょっと結界の基点を探すのに手間取ってしまいまして」
「結界?」
「ハイ、時間はかかりましたがその甲斐あって学園全体を覆う結界宝具鮮血神殿
(ブラッドフォード・アンドロメダ)を展開することが出来ました。後はマスターの
御命令さえあれば発動した結界の効果で中の人間はあっという間に原形質のスープ
れっつごー人類保管計画(はあと)」
「なっ?!何だってそんなコト!!」
「何も言わなくてもいいんです。マスターがご学友に対して『魔法が使えないのが
そんなに滑稽かよ!』とか『今すぐ死ね!氏ねじゃなく死ね!!』とか思っている
ことはちゃーんと……っとマスター、ツンデレも結構ですが照れ隠しに椅子を投げつける
のはどうかと」
「ちーがーうっ!いーからさっさとその結界とやら解除してきなさい!!」
眼帯をしていてもはっきりと分かる愕然とした表情を浮かべたあとみるみるうちにシュン
としてしまうライダー
「申し訳ありませんでした……」
力無く呟く使い魔の様子を見てあら、ちょっとキツく言い過ぎた?と密かに焦るルイズ
「己がマスターの属性を見誤るなど使い魔として許されざる失態。マスターが、ルイズが
ご学友から『ゼロ』だの『無能』だの『貰われっ子』だのと呼ばれて快感を憶える真性の
ドMだったな……」
「エア・ハンマー!」
べっどがふっとんだ
「ファイヤーボール!!」
かべがふっとんだ
「ライトニング・クラウド!!!」
へやが−ルイズとメドゥーサごと−ふっとんだ
“ああサクラ、刻(とき)が見えます……”

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 23:18:08 ID:t+bRh1dc
エア・ハンマーとかファイヤーボールとかライトニング・クラウドとか全部…
失敗魔法で爆発してるんだよなwww

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 00:50:16 ID:40igbhUB
命令もないのにいきなり結果はんなよww

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 09:43:10 ID:D4Ja9nJW
>>79
本当はルイズを視姦する仕掛けを張っててたんじゃねw?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 00:13:01 ID:1PeQ3ZyM
保守

82 :テケトーに日守秋星:2007/09/28(金) 00:53:56 ID:cfYNhyMh
「アーリっカくん!あっそぼーぜー!」
「………………」
いつものように、呼びもしてねーのに秋星サンがやって来た。
「お邪魔しますねー!」
言うまでもなく、窓からである。 ちなみに四階。
「眠いんで帰って、むしろソッコー帰って」
しかし、秋星サンには効かない。
「ほーら、差し入れもあるよー、ってなにこれ!?鏡?さらに浮いてるし!半重力推進ミラー?」
うん。完全にラリッているようだ。
「いまさら気付いたんですか?」
秋星サンは鏡に視入りぶつぶつと、スゲーよ科学スゲーよ、でもチョー意味ねー、と呟き俺に視線を移した。
「で、アリカ先生、これ何?凄くね?」
「……いや、全然ワカンネーです。十分前位に突如出現したんですよ。あと帰れ」
秋星サンは興味が沸いたようで、正面から見たり、裏から見たり、天井に張り付いて上から見たりしていた。
「アリカ先生、これ触ったりしたりしました?」
「いや、眠いんで明日にしようかな、と……」
「えいっ!」
言葉を言い切る間もなく鏡に手を突っ込む秋星サン。
「アンタ何やってるんですか!?」
「いやー、なんとなく……えーと、先生?」
「……何ですか?」
「貫通しました。あと手が抜けませーアッー…

83 :テケトーに日守秋星:2007/09/28(金) 00:58:04 ID:cfYNhyMh
そして秋星サンは鏡に吸い込まれ、鏡と共に消えた。
「……まあ、いいか。どうせすぐ帰って来るだろうし」

おやすみなさい秋星サン。異世界とかで頑張ってネ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 20:27:35 ID:SMefEFOL
よくわからんからググッたらDDDってやつか
そんなのあったのね

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 00:12:54 ID:DNwh8SON
フォーマルハウト期待

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 22:12:02 ID:xvry+ZiM
ここでアオアオ召喚ですよ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 20:46:20 ID:U1XI0QaM
ディルムッド希望

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 02:51:18 ID:gmdyM96E
赤ザコを

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 00:34:17 ID:LVYO9p9i
虚無つながりでアヴェンジャーとか

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 03:50:09 ID:NmADN/0v
アベンジャーはヤバイ
人に対して無敵

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 22:53:28 ID:ba69Cdhw
アンリなら正しく犬だな。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 17:30:15 ID:VeBAWpWi
ギル様だしといたらそれでOK

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 23:03:55 ID:LigIuo+O
昨日寝る前に有彦召喚を妄想してたが・・・
どう考えてもINUIです本当にありがとうございました

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 17:54:14 ID:1n4jabcb
ほしゅ


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 18:15:40 ID:yizsVpVy
もういっそのこと、タイガー出しといたらいいんじゃないか?
絶対ギャグものになるが

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 20:39:55 ID:vtezSk+f
ワルドの偏在は相手の手札を覗くことができるぞ!

97 :タイガーとイリヤのコント:2007/10/08(月) 20:31:34 ID:9zoA8XaM
タイガー「なぜだ!!なぜクロスものだと私の出番が少ない!!」
弟子一号「はーーい、それはきっと師しょーがでたらよけいにイロモノな内容になるからでありまっす!!」
タイガー「めーーん!!」
弟子一号「痛いっすよ師しょー!!暴力反対っすよ!」
タイガー「これは暴力ではない!愛のムチだ!そんなことより私の出番増えないかな?」
弟子一号「それは無理っす!月姫2が発売されるくらいの奇跡っすよ」
タイガー「はぁー、やっぱりサーヴァントとしてルイズちゃんによんでもらうしかないってこと?」
凛?「まあ、それが無難でしょうね、けど、タイガー召喚する前に慢心王か腹ペコ騎士王とかがよばれちゃうのがおちでしょうけどね」
タイガー「ショック!!こんな出番のない世界に絶望した!!」
弟子一号「あ、先輩!!オッス!!」
凛?「所詮はサブキャラ、フラグ以前の問題さ」
弟子一号「さっすが先輩!よくわかってらっしゃる」
タイガー「ガオォォォーーーー!!うるさいなーーもう!!そんなことは百も承知!!こっちには秘策があるんだからね!」
弟子一号「おおーー!!秘策があったとはさっすが師しょー!!」
タイガー「見直したでしょ」
凛?「で、その秘策とは?」
タイガー「そんなわけで誰か私が大いに活躍する二次小説を書いてください」
弟子一号「結局他人任せっすか…」
凛?「やはりそんなことだと思ったわ」



98 :タイガーとイリヤのコント:2007/10/08(月) 20:33:40 ID:9zoA8XaM
桜?「続く?」

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 03:47:02 ID:Ich8+ZPz
>>タイガー
ゼロと絡ませ無かったら書けたのに。とても残念だ。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 07:47:47 ID:F7dQYBjk
どうせわざとだとは思うけどあの作品の(ryスレに型月がらみの話題を持ち込む
人見るとこっち過疎?なんだから来いやと言いたくなるな

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 08:34:40 ID:8SnX/+Jj
青子「いい?ルイズ。聖人になれなんて言わない。貴女は貴女が正しいと思う大人になればいい」

そういってあの人は風のように去っていった。短い間だったけれど、とても大事な事を教えてくれた
人であったのだと思…

コルベール「ミス・バリエール。モノローグ中にすまないのだが、サモン・サーヴァントで呼び出した
使い魔とは契約しなければならないのは…覚えていてくれてるだろうか…?(汗)」

ルイズ「……(゚∀゚)……え?」

…ルイズ嬢が召還した使い魔を月蝕まで探し続ける羽目になったのかどうかは
さだかではない…







102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 09:36:25 ID:D2x7VzgD
アオアオ〜

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 22:22:10 ID:aZLSrkrM
>>100
同意。なんかもう荒らしとしか思えない。

104 :魔眼の使い魔(3):2007/10/13(土) 21:48:10 ID:AFJqdnI2
鼠は慎重に前進していた
息を潜め
足音を殺し天井を支える梁の上を
地雷原を進む歩兵のように
じりじりと進んでいく
その姿はあまりに人間的すぎた
まるで女性の入浴シーンを盗撮する変質者のように
「いや、これは規格外の使い魔の正体を確かめるため、
断じてやましい動機からではない」
鼠と視覚を共有する老人が言い訳じみた独り言を漏らす
緩みきった顔を見る限り説得力ゼロだが
やがて目的のポイントに到達した鼠が
通風孔からそっと顔を出すと
湯煙の向こうに女神がいた
黄金率を具現化したかのごときプロポーション
豪奢な紫銀の髪
白磁の肌
そして四角い瞳孔を持つ水晶の瞳
入浴していたのはメドゥーサだった
入浴中なので当然服は着ていない
もちろん下着も着けていない
そして

眼帯も外していた

翌朝
突然の全校集会でオールド・オスマンが自分探しの旅に出たとの発表があった
そして宝物庫の収蔵物に学院長そっくりの石像が加わったのだった

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 23:59:53 ID:oK6EsSy6
オスマン!君の命懸けの行動に!僕は!敬意を表する!

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 19:07:29 ID:rtAai/gQ
ルイズが四次バーサーカーを召喚する話。
あらゆる武器を使いこなし、戦闘機をも自在に乗りこなす最強の使い魔を従えたルイズは
数多の戦場を駆け抜け、虚無の魔術師として成長していく。


……本編からラブコメ成分を抜いただけになってしまった。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 19:18:12 ID:7jDOQDTz
>>106
いっそシリアス一辺倒で行くのが良いかもしれん。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 13:05:15 ID:76x5dpV7
人いねええええええええええ

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 13:57:54 ID:KwU1t8ss
人いないな

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 02:05:08 ID:QJ7jKziE
>>106
ランスロットにガンダールブなんてw
セイバーだって勝てねえ。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 03:42:37 ID:J+ZXQvrv
1巻読んで2巻と3巻積んだまますっかり忘れてたがランスロットだったのか?
てっきりパーシヴァルだと思ってたが。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 04:26:32 ID:zu7xTlBL
>>110
さり気なくネタバレかますなwwwww

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 14:08:57 ID:LakMJNow
4次バサカってベイリンじゃ無かったの?


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 02:01:00 ID:CdGQD69x
モードレッドだと思ってた…。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 03:49:37 ID:U23AcELT
>>110
ガンダールブの効果=GENKAITOPPA
だったら素でそこまで行っている英雄とかだとあまり変わらないかも?

ランサーだと槍を投げる時と同じ精度で(武器の性能差は別)
ナイフを投げたり弓を打てる感じ



116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 01:49:38 ID:FtE6VVQp
みんなセイバーの騎士だとは思ってたのねw
セイバー人望ナサス(・ω・)

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 22:52:34 ID:l4IOZiLR
さっちんをルイズが召喚

どう考えても召喚されたその場で灰になります本当に薄幸でございました

118 :セイバー:2007/10/23(火) 23:14:47 ID:7/6FESfb
八頭身のモードレットはキモイ

1 :セイバー:2007/08/22(水) 12:58:49 ID:FpqlTr17

キモイです。超嫌いです。





119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 00:14:02 ID:xOmjH+T2
>>117
度重なる召喚失敗に休憩しろとコッパゲに言われる
→夜に召喚再開。成功してさっちんが出てくる
これであとはさっちんが日が昇らないうちに吸血鬼であることを説明出来れば日光問題はどうにか

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 07:34:41 ID:UXplPI/P
奇妙なみたいに本物の太陽じゃないんだよ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 09:07:43 ID:UERaz/eC
>>116

だって要所要所でセイバー見ると過剰反応の描写あったやん。
詳細画面を紙にしてたのあったけど、そこを解読しようとした勇者達
の話でも、どうもセイバー関係者らしいという意見も多かったし。

何より伝説が耀くのにあわせて影もパワーアップとかいうのなら、
セイバー関係者と思うのが妥当かと。狂化してるわけだから、幾等かは
弁護も出来るだろうが、セイバー憎しはデフォだろうな。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 23:49:22 ID:kQXo8xhS
そういやそもそも型月の吸血鬼っつーか死徒ってどうして太陽に弱いんだっけ
真祖は普通に昼出歩いてるよな
あれか、コピーはオリジナルに敵わんのか

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 07:08:16 ID:pyXO2tLU
死徒になると急速に遺伝情報が崩壊していくから、それを防ぐため吸血によって同種の生物の遺伝情報を取り込む。
んで、日光が弱点なのは日光を浴びると遺伝情報の崩壊が加速するためだとかなんとか。
何で遺伝情報の崩壊が加速するのか?(´・ω・)知らんがな。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 08:49:10 ID:HNN2JKYS
紫外線に弱いんじゃない?
ほら、紫外線を浴びすぎると体に悪いみたいだし

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 12:01:04 ID:a8YzWJc1
なるほど
紫外線の少ない波長の光を出す恒星系なら平気なんだな

もっとも紫外線が少ないせいで環境にどんな影響が出るか知らないがw

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 14:48:27 ID:H2mShgsY
ルイズがランサー兄さん召還とかって需要あるでしょうか?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 14:52:48 ID:BehekPA0
ある

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 15:27:16 ID:yC89lkfK
ある。が、まずは召喚という字を誤字らないようにしてほしい。


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 16:26:10 ID:H2mShgsY
>128
ゴメンなさい。教授にも誤字が多いって怒られたばっかなのに
卒論の気分転換に書いてるのでかなりペース遅い上、Realta しかプレイしてない私でもよければ書いてみます

きのこのえらい人よりは誤字が少なくなるよう努力します...

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 17:47:48 ID:HQ4ahNva
ランサーの兄貴で書くのであれば、出来ればホロウもプレイした方が良いかもしれない。
18歳未満だったらすまん。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 23:14:36 ID:3/ttMQ3D
>>122
あれだ。きっと太陽光には『生』の概念があると思うんだ。
吸血鬼って死んでるし。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 23:50:44 ID:K4KRZH5P
ランサーはランサーでも第四次のは駄目だろうなぁ…。
いや、あの泣き黒子のおかげで修羅場エンドを迎える風景しか想像できん。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 01:16:26 ID:qNnYthH7
兄さんは呼ぶと女の子たちが大変なことに(ry

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 02:00:49 ID:rb/jcJyP
魔法が使えないというコンプレックスがあるルイズの目の前に

 あ の まじ狩るステッキが召喚されたらどうなるだろう?

きっととんでもなくノリノリで掴んで、事が終わった後に部屋の隅で膝を抱えることになるなwww



135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 02:15:56 ID:9vbduqfr
平行世界といえば、
シエル先輩はロアのいない世界で世界の修正って受けるの?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 12:22:26 ID:VulXfQx0
>>134
猫アルクと一緒に呼んでギャグワールドに…

猫「君の胸を大きくするなんてそれは聖杯でも適わぬ望み…」

137 :129:2007/10/26(金) 13:38:40 ID:uW4foeq8
>>130
18以上なんですが、ウチのパソコンは家族共用なんでホロウはちょっと無理っぽいです。
アンソロとかで何となく雰囲気はわかったつもりですが....

一応プロローグだけ出来たんですけど、こんな私の駄文を投下していいんでしょうか?
相当オサレになってしまったんですが

138 :129:2007/10/26(金) 15:21:34 ID:uW4foeq8
とりあえず、だれもヤメろと言わないので投下してみます。お目汚しかと思いますが失礼します

139 :Zero/stay night ランサールート:2007/10/26(金) 15:24:57 ID:uW4foeq8
prologue


薄暗い地下室を、激しく明滅する閃光が照らし出す。
閃光は、二人の男が繰り広げる剣戟の嵐によって起こる火花であった。
それほどの火花を引き起こす、人の理を逸脱した攻防は、実際には一方の男が相手の攻勢をかろうじて凌いでいるという、虐殺に近い内容。

虐殺を仕掛ける側の男は、黒い上下に、襟元にファーをあしらった白いジャケットを羽織るという、およそこの場で巻き起こる剣戟に似つかわしくない当世風の服装。
そのような出で立ちながらも、その男は薄暗い地下室にありながら金色に輝いて見えた。
プラチナブロンドの髪と、燃え盛るような深紅の瞳がそう見せるのか。否、それだけでなく、男から立ち上る強大な魔力そのものが金色を帯びている。
そして、男の背後にあるのは当然あるべき地下室の壁などではなく、その金色の魔力が具現した姿とも言うべき『門』だった。
空間一面に広がる『門』の内には数えることも愚かしく感じるほどの刀剣が現れ、目前の敵を百殺すべく降り注ぐ。
その無数の刀剣、降り注いだもの・降り注ぐべく『門』の内に現れ出るもの、すべて同じ物は一つとして無く、いずれもが一見して解るほどの宝剣宝刀。
金色の男はジャケットに手を突っ込んだまま、己が生み出した暴力の前に逃げ回るしかない哀れな相手を冷笑を浮かべて眺めている

その暴力に晒される男は、髪の毛から甲冑にいたるまで青、しかしながらその手にする長槍は相反する深紅という出で立ち。
青色の槍兵は、先刻から続く剣林刀雨に晒されながらも、
わずかな間隙を見出しては身を躱し、どうしても避けきれぬものは槍でたたき落として、何とかその攻勢を防ぎ続けている。
彼が身につける青色の甲冑は、一見して甲冑とすら呼べない軽装である。
身を守るための鋼鉄板を極力廃したソレは、その最低限度の装甲のみで相手の攻撃を防げるだけの技量が要求される。
彼は要求されるだけの技量を持っていたし、それ以前に彼に攻撃を届かせることのできる敵などまず存在しなかった。
だが、今や彼の体には無数の切り傷が刻まれ、頬からも一筋の血が流れ落ちている。
それでも、本来ならば串刺しすら生温く、人の形すら留めずバラバラにされる暴力をその程度のケガでかわし続ける彼こそ賞賛に値する。

140 :Zero/stay night ランサールート:2007/10/26(金) 15:29:24 ID:uW4foeq8
「ハ、なかなかにしぶといではないか」
金色の男も感嘆に値したのか、青色の槍兵に言葉を投げかける。
しかし、青色の槍兵は理解していた。目の前の男は明らかに決着を引き延ばして遊んでいる。
「チィ!」
それがわかっていながら、身を躱すのがやっと、攻勢に移るどころか憎まれ口の一つすら返せぬことに苛立ち、舌打ちを漏らす。
反撃の糸口があるとすれば、目の前の男がいまだ本気を出していないという事。
その慢心につけこんで、己の宝具である槍の『真名』を解放するだけの時間が取れれば、あるいは ――――
そうして、細い細い反撃の糸口を何とか手繰り寄せようとしていた彼に、


「だが」
冷笑を浮かべた口元を、さらにつり上げて作った酷薄な笑みを浮かべた金色の男が
「これで終わりだ、雑種」
そんな言葉と共に四方八方から繰り出した何条もの『鎖』を躱すことは出来なかった。

141 :Zero/stay night ランサールート:2007/10/26(金) 15:34:15 ID:uW4foeq8
「ぐっ!」
迂闊だった。正面から降り注ぐ剣の雨を躱し、愛槍を敵に届かせる事にのみ集中していたが、ソレこそが敵の狙い――
空間をねじ曲げて武器を取り出すのなら、己の背後からだけでなく、敵の側面・背後から取り出す事が出来るのも当然。
己の背後に槍襖を見せておく事で攻撃はその一面からと思わせておき、本命は四方八方からの鎖による奇襲。
「自分の実力を過信するバカかと思ったが、なかなかどうして戦上手じゃねえか」
そう憎まれ口を叩いておいたが、もはや完全に手詰まりだった。
先程から、槍を振るおうとしても、手持ちのルーンを発動させようとしても、全く力が出ない。

「フン、減らず口を叩くのがやっとであろう?
 その鎖は、かつて我を苦しめんが為に神が放った天の雄牛を束縛したもの。神を縛るための宝具よ。
 どこぞの光明神の血を引くキサマではもはや抜け出ること叶わぬぞ」
「!――――ハッ、大したモンだ。流石は人類最古の英雄王サマだなぁ、オイ」
笑みを浮かべてそう言い返すと、金色の男は酷薄な笑みをわずか収め、ほぅ、と声をもらす。
「フン、死ぬとわかって翻心を起こす愚昧でも、我の宝具を見れば流石に察するか」

142 :Zero/stay night ランサールート:2007/10/26(金) 15:40:51 ID:uW4foeq8
――――そう、この鎖こそが彼の宝具。今まで使い捨てた聖剣魔剣、そのいずれもが金色の男にとってただの武器に過ぎなかった。
かつて、あらゆる財を一手に収めた金色の魔人は、後の世で神話・伝承に語られる英雄の象徴たる宝具、そのすべての『原典』を所持している。
それはつまり――――

「では褒美だ。特別にキサマはこの剣でトドメを刺してやろう」
そう言って、金色の男は一本の奇怪な剣を取り出した。
その剣の刀身は、さながらドリルの様にねじくれており、およそ剣としての実用に堪えられるモノには見えなかった。
しかしながら、その剣を目にした途端、青色の槍兵は体全体が硬直し、浮かべていた笑みすら強制的に引きつらされる。
その剣は後に螺旋剣《カラド・ボルク》と呼ばれるモノ。余人には奇妙な剣でしかないが、ケルト神話最大の英雄にとって、ソレは己の敗北を意味する
「この剣の前では、キサマは一度負けなければならないという制約を背負っているそうだな。
 わざわざ使うまでもないと思ったが、手向けだ。受け取れ」
さも勿体つけて言いおいた後、金色の男が無造作に剣を投げる。
槍兵は、鎖と剣、二つの制約の前に指一本動かす事が出来ず、なす術も無くその身に剣を受けた。

143 :Zero/stay night ランサールート:2007/10/26(金) 15:47:58 ID:uW4foeq8

青色の槍兵は、光の粒子となって消えて行く。
もとよりこの世ならざる賓人の身、故にその消滅は必然の理。
「さて、何か言い残す事があるか雑種。今の我は機嫌が嘉い。恨み言でも聞いてやらん事もないぞ?」
消え行く槍兵に向かって、金色の男は余裕たっぷりにそんな言葉を垂らす。

そんな放言を聞いて、槍兵は僅か考える。
「そうだな....色々言いてぇ事はあるが....強いて言うなら」
そこで言葉を切って、ニヤリと不敵な笑みを浮かべると、
「次に召喚されるなら、気が強くて胆が据わった美人がいい」
と、今にも消え行く者とは思えぬ口調で、余裕たっぷりに言い放った。

金色の男は一瞬、呆けたような顔をした後、堪えきれぬといった風情で小さくない笑声を漏らす
「ク、ハハハハハハッ!そういえばキサマは自分の死の間際にもカワウソの貪欲を笑い飛ばしたのであったな。
 ッハハハハハハ!最期まで興じさせてくれるな、雑種。褒美に聖杯を下賜してやってもよいくらいだ。」
「うるせぇ。もともと聖杯なんざ興味ねぇっつっただろ。今のテメェのアホ面拝めただけで十分だ」
そんな槍兵の憎まれ口を受けて、金色の男はようやく笑いを収めた。
「フン、その無礼も許してやろう。ではな雑種。せいぜい呑まれた聖杯の中で、我が花嫁を迎える所を見ているがいい」
「ハン!テメェこそ、せいぜい騎士王サマに足下掬われないようにするこったな。次も慢心してると痛い目見るぜ」
そう言い返す槍兵の体はもはやほとんど消えかけており、金色の男が言い返す事も、槍兵がさらに言葉を紡ぐ事も無かった。

144 :Zero/stay night ランサールート:2007/10/26(金) 15:52:54 ID:uW4foeq8
そうして、槍兵の魂はかの万能の器の紛い物へと呑み込まれ、
槍兵の言いおいた通りに、彼が逃がした二人が金色の魔人とその主を打倒して聖杯を破壊した後は、
時間軸より外れた『座』の本体へと帰還する

はず、だった。


膨大な魔力の奔流が流れ込み、実体の無い彼の体に確かな存在を与えていく。
どうやら、また召喚されたらしい。
と、そこまで考えてハタと気づく。
(ちょっと待て、「また」って何だオイ)
彼らは一度『座』に帰還すれば、召喚されていた間の出来事は「経験」ではなく、そういうことがあった、という単なる「知識」として認識されるようになる。
ならば、たった今召喚された自分は実際に召喚されたのは「体験」としては初めてでなければならない。
つまり、今の自分は冬木の聖杯戦争を経験したままの自分なのであって、等と目まぐるしく錯雑と走らせていた彼の思考は――――


「アンタ誰?」
という、少女の声に中断された。


それが、アルスター伝説にその名も高きアイルランドの大英雄《クランの猛犬》クー・フーリンと
後にハルケギニア中にその名を轟かす《戦場の赤い光輝》ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールの出会いだった。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 16:00:47 ID:pcdOUjDk
GJ
これはなかなか面白そうだ

146 :129:2007/10/26(金) 16:03:18 ID:uW4foeq8
以上でプロローグは終了です。展開はアニメ版準拠ですが、召喚されたのはセイバールート後のランサーです。
そもそも螺旋剣はウェルターゆかりの者が使ったら負けなければならない、というモノのはずですが、
フツーにギル様が使っても効果あったぽいのでそのまま使ってます。

しかし、『座』だの宝具だのの説明を全くしてないのでFateしらない人には全くわけわかりませんね。
あと、本編ではもっとヤマグチノボルよりの文体を目指します。私にはカコイイ文章は無理っぽいので。
続きの投下は未定です。それでは乱筆乱文ゴメンください。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 16:06:21 ID:q6rsIeIw
OKOK
ここもようやく動き出したな。
思ってたのよりもずっと良いのが投下されたみたいだし。
ゆっくりで良いから続けてほしい

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 21:54:35 ID:qNnYthH7
GJ!
ついに来た!
しかも第一弾が兄貴とは!これは期待せざるを得ない。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 00:26:43 ID:RbtIIox3
兄貴GJ!

ところでスレタイの通りにルイズが聖杯戦争に殴り込むっつか鯖として呼ばれたら
「私はキャスターのルイズ。ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール!」とか声高らかに自分から正体とか真名宣言しそうだよな

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 01:17:59 ID:rxp0SY7d
真名わかっても誰も知らないから無問題。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 09:22:59 ID:qQLyzZgm
>>150

遠坂「当然知ってるわ。確かハリーポッターよね!」

…てな形でおかしな方向に流れちゃったりもあるかもねww

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:28:16 ID:VeA4iQnF
タバサがライダーとアサシン、サイトがガンダールヴなら剣槍と一応弓が可能として
あとはキャスターしか出来ないキャラばっかりな
イケメン坊主はライダーが出来ると睨んでいるがまだ未定だし

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 18:02:14 ID:p9wQ1GIB
いっそのこと8騎目のサーヴァントととして呼び出せば原作のキャラ消す必要もないな。
士郎と同じような感じでサイトがガンダールヴの能力ごとルイズを呼び出したりな

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 18:03:20 ID:X+6sk295
ワルどならキャスター、ライダー、アサシン、微妙だがセイバー

あとアベンジャーもできるか

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 20:26:19 ID:RbtIIox3
ハルケギニアのメイジを呼んだら場合によっては
サモンサーヴァント
コントラクトサーヴァント
の二つをスキルとして持ってる可能性があるな


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 20:31:51 ID:U666FoE4
ハルケギニアに呼ばれたキャスターがサモンサーヴァントで葛木呼ぼうとして
アサシンが来てしまう展開マダー?

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 21:11:57 ID:G6sNpQkT
>>156

最初はアサシンに八つ当たりするも、だんだんお昼のメロドラマ
の様な展開だと妄想を開始し、それを実現する為に再び召還にトライするキャス子。

だが、次に出ててきたのは真アサシンで、複雑な愛憎模様が展開するわけですな

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 21:56:51 ID:go6JRQvR
>>151

士郎「遠坂違うぞ。スレイヤーズだ」
桜「姉さん。カードキャプターさくらの登場人物ですよ」
イリヤ「何行ってるのリン。ネギま!よ」


誰一人として正解を答えられず、もっとおかしな方向に流れてしまうとか。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 22:43:26 ID:RbtIIox3
>>158
言峰「はて、三銃士にそのような名前を見かけた覚えがあるな」
金ぴか「たわけ、ゼロの使い魔に決まっておろう」
さりげなく混じって更に場を混乱させる言峰達。正解が混じってるのは誰も気付かない。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 00:14:37 ID:DoJbMirU
>>158

その流れだと、前代未聞の自らの出自を相手に細かく解説しようとするサーヴァントの誕生
とかもありそうやね。しかし語ったら語ったで、自らの出自を語るサーヴァントなどいないと
無駄にシリアスに反論されてしまったとかになりそうにも。

でも、そうなると「てめえ、どこの英霊だ?」とランサーに問われでもした際には、対決そっちのけで
顔をキラキラさせながら親愛を示してしまうとかいう出来事なんかも起きそうだ。

>>159(ちょっと変えるが)

言峰「ルイズ…はて聞いた事があるぞ。ふむ、巧妙に隠したものだ。この名はSAS出身の
考古学者にして保険の調査員について語られた物語にある」

遠坂「っ!今分かった!彼女の正体は平賀百合子その人ね!」

桜「…あの姉さん、それはルイズじゃなくてロイズ…」

金ぴか「たわけ、ゼロの使い魔に決まっておろう」

(気まずい沈黙の後、般若の形相で言峰を探す凛であったが、その時は影も形も…)

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 01:23:00 ID:2ZQsbO0R
ワルドは、右手を掲げると、人差し指を立ててみせた。
「まず一つはきみだ。ルイズ。きみを手に入れることだ。しかしこれは果たせないようだ」
「当たり前じゃないの!」
次にワルドは、中指を立てた。
「二つ目の目的は、ルイズ、君のポケットに入っている、アンリエッタの手紙だ」
ルイズははっとした。
「ワルド、あなた……」
「そして三つ目……」
ワルドの『アンリエッタの手紙』という言葉で、全てを察したウェールズが、杖を構えて呪文を詠唱した。

しかし、ワルドは二つ名の閃光のように素早く杖を引き抜き、呪文の詠唱を完成させた。
ワルドは、風のように身を翻らせ、ウェールズの胸を青白く光るその杖で貫いた。






いや、貫く、筈だった。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 01:26:32 ID:2ZQsbO0R
「な――――」
当惑で息が漏れる。
一体どうなっているのか、と。

杖を突きだした体勢のまま、ワルドは呆然と目の前の敵を見た。

「――――そん、な」
彼でさえ事態が掴めていない。
不意を突いて放たれた必殺の一撃。
それが止められた。
敵の胴体を貫く前に、何かに挟まれて止められている。

「――――膝と、肘?」
そんな奇跡が起こりえるのか。
彼の杖は、敵であるウェールズによって止められていた。

「―――――――」
無論、彼は知っている。
死角への反撃――――そのような技が存在することも、それを使う闘技者のことも。
それでも、これが歴戦のシュヴァリエとの戦いなら放心する事などなかっただろう。

だが事は暗殺。
敵はあくまでただの皇太子だ。
それが必殺の一撃、神速の杖を捉え、かつかつ素手で押し止めたなど、もはや正気の沙汰ではない……!

「――――侮ったな、ワルド」
それは、地の底から響いてくるような声だった。

「…………っっっ!!!!」
ワルドの腕が動く。
次の攻撃を打ち出そうとする。


その瞬間。
「がっ――――!?」
彼の後頭部を、正体不明の攻撃が襲っていた。



163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 02:53:09 ID:V+CmeOO/
普通にエア・ニードルとか使えよw

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 05:17:42 ID:OWwsMWpg
この作風、TYPE-MOON総合板のなんかのスレで一時期はやってたよな。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 05:50:41 ID:/73fPbSQ
etaF自重wwwwwww

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 15:36:26 ID:sW2Ymc7b
なんかもう、ダッシュばっかだなw

167 :Zero/stay night:2007/10/29(月) 13:48:07 ID:OdGjnr7m
バイトが急にお休みになってしまったので、書いた文が多少たまったのですけど、投下してよいでしょうか?
第一章は一度の投下にまとめようと思ってたんですが、思いのほか長くなってしまったので前後篇で投下したいと思います。
キリがよかったので今回は前編、槍兄を召喚するまでのルイズサイドを書きました。
なんだかんだ言ってまたオサレのうえ、ネタも入ってしまったんですが、よろしければ2時頃から投下します。

168 :Zero/stay night:2007/10/29(月) 13:56:15 ID:OdGjnr7m
よければそろそろ投下します。FateではルートごとにUnlimited Blade WorksとかHeaven's Feelとか、
「(英字タイトル)+(アラビア数字)+(章のタイトル)」だったので、名前欄もそれにならいたいと思います。
一応ランサールートのルートタイトルは「Geis」ということで

169 :Geis T  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/10/29(月) 14:00:46 ID:OdGjnr7m
その日、ルイズはさわやかに目覚めた。
何だかよくわからないが、今日の自分は絶好調だ。根拠の無い自信があふれ、実際に体の中から力が涌き出るようである。
いまなら、今まで一度も成功しなかった魔法だって成功する気がする。
そう、たとえ今日行われるサモン・サーヴァントだったとしても――――

ルイズはそこまで考えて、寝起きの妙なテンションが下がっていくのを感じた。
そう、今日は2年生への進級がかかった使い魔召喚の儀式を取り行う日である。
もしこれに失敗すれば、また一年生をやり直す事になる。
そう思うと、さっきまでの異様な万能感が一気にしぼんできた。

「いいえ、大丈夫、大丈夫よルイズ、素数を数えて落ち着きなさい。
 素数は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字。今の孤立無援な私に勇気をあたえてくれるわ」
なんか、落ち着いても別な方向に突き抜けてる感じである。まだだいぶ寝ボケているらしい。
「オーケー落ち着いた、私すごい落ち着いたわ。そうね、今更ジタバタしても仕方ないし、
 後はもう始祖様にでもおすがりするしかないわね」
もはや努力してどうなる状況でもない。こんな時最期に人が頼るのは洋の東西を問わず神様仏様である。
それは異世界でも共通らしく、ルイズはイソイソと身支度を整えると、朝も早くから始祖ブリミルに祈りを捧げるべく礼拝堂へと向かった。

170 :Geis T  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/10/29(月) 14:04:28 ID:OdGjnr7m
結局、祈りを捧げる間もワケのわからない思考が頭の中をぐるぐる回っていたせいで、ルイズは朝食をとりはぐれてしまった。
空腹のまま、使い魔召喚の儀式に行くための準備をする。
神頼みもしたし、後は当たって砕けろの精神よ!などともはや自棄をおこした特攻精神としか言いようの無い物騒なことを考える。
そして、いざ出陣!と机の上に置いてある杖を手に取ろうとした時、そのそばに置いてある二つの物が目に入った。

一つは、この魔法学院に来る前に一つ上の姉カトレアがくれた、ルーンの刻まれた小さなカケラ。
コレはもともと、父がカトレアのために買ってきた物である。
生まれつき病弱なカトレアは、色々な水メイジの治療を受けてきたが、全く原因が分からなかった。
そんなカトレアに、すこしでも支えになれば、と王都にいった際に父が買ってきた。
なんでも、土のメイジの鑑定によれば、少なくとも1000年以上昔のものであり、
材質も、現在では絶滅した幻獣の肩甲骨を使っているらしい。
なかなかうさん臭い品物であったが、カトレアはとても喜んで、首からかけられる様にして、いつも身につけていた。
そして、ルイズが魔法学院に入学するため実家を離れる前の晩、久しぶりにカトレアと一緒のベットで寝たときに貰ったのだった。
これから立派なメイジになる、ルイズをきっと守ってくれるから、と。
それ以来、この小さなカケラはルイズの宝物になっていた。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:06:16 ID:AJ7HRZTX
支援
……支援いるのか?ここ

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:08:47 ID:AJ7HRZTX
まあ規制かかってもらっても困るから支援

173 :Geis T  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/10/29(月) 14:09:18 ID:OdGjnr7m
もう一つは、ゴミにも見える、て言うかゴミにしか見えない、小汚いモノである。
話に聞く木乃伊とはこんなモノだろうか、などと思わせるソレは、長姉のエレノオールがくれたものだ。
エレノオールによれば、コレはハルケギニアで初めて脱皮したヘビの抜け殻だそうだ。
元来、このハルケギニアにはヘビという生物は存在しなかったらしい。
6000年前、このハルケギニアに始祖ブリミルが降誕した際に連れてきたのが最初であり、故にヘビは魔力の象徴とも言われる、云々。
入寮した次の日、まだ慣れない寮の部屋までわざわざ訪ねてきたエレノオールは、
これから魔法学院で学ぶにあたっての注意などを小一時間説教した後、最期にその最古のヘビの抜け殻(?)を取り出してそのような蘊蓄を垂れた後、
「た、たまたま来る途中で売ってたから買ってきただけよ。別にアナタのために前から用意してた訳じゃないんだから!」
などと聞きもしないのに一方的にまくしたてて、その小汚いモノを押し付けて帰っていった。
アカデミーで働く姉が以前から用意してくれたモノならば、まったくのマユツバものでもないだろう、とルイズは思って、一応大切にしていた。

さて、これ以上LUCKをあげようと思ったら幸運を呼ぶモノを身につけるしかないのだが....

  1、ルーンを刻んだカケラを持っていく
  2、世界最古のヘビの抜け殻を持っていく
 >3、いいえ、自分の実力を信じるのよルイズ!

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:11:09 ID:AJ7HRZTX
支援

175 :Geis T  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/10/29(月) 14:12:44 ID:OdGjnr7m
「そうね、ここまで来たら自分を信じるのよルイズ」
そう言って、私は杖だけを持つと召喚の儀式へ向かった。
正直、これで失敗して爆発でもしたら、自分は姉たちからもらった(一部うさんくさい)宝物のせいにするかもしれない。
ルイズは成功も失敗もあくまで自分の責任で行いたかった。


そして、結局ルイズは平民の使い魔すら召喚できず、留年する事が決定したのだった。

BAD END



                            タイガー道場はへんてこヒントコーナーです。
                                  自力でゲームをクリアしたい方、
                      本編のキャライメージを大切にしたい方はこ注意ください。

この先はタイガー道場です。アドバイスを受けますか?

 >1、はい
  2、いいえ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:13:10 ID:AJ7HRZTX
支援

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:14:35 ID:AJ7HRZTX
支援

178 :タイガー道場ハルケギニア出張版 その1:2007/10/29(月) 14:15:53 ID:OdGjnr7m
タイガ「タイガーーー道ーーー場ーーー!」
イリヤ「ハルケギニア出張ばーーーーん!」
ルイズ「って、何なのよここ!?てかアンタたち誰!」
タイガ「Ohー、ルイズガァール、その台詞、本編で聞きたかったなぁ、お姉さん☆」
イリヤ「ソレは無理ですよししょー。>>97の私も言ってたじゃないですか」
タイガ「だまらっしゃい!」ベシッ!!
イリヤ「伊達にして返すべし!?」ドグシャァーーー!
ルイズ「ちょっと、無視しないでよ!あとあの娘大丈夫なの?なんかすごい吹っ飛んだけど」
タイガ「めいびー大丈夫よ。それより質問に答ましょぅ。伝奇世界にやってきたらサクッと死亡フラグを立てちゃうルイズちゃんを救済するためのコーナー、
    それがタイガー道場!べ、別にココでしか未来永劫出番が無いからって割り込んでる訳じゃないんだからねっ!
    で、私がルイズちゃんを救いにやってきた美と竹刀の女神タイガ。あっちの吹っ飛んだのが我がしもべの炉弟無よ」
イリヤ「おもいっきし嘘ですししょー。あとこれ以上脱線するのはマズいでーす」
ルイズ「無傷?!てか嘘って何よ!本当のこと教えなさい!!」
タイガ「おお、ルイズよ。今はまだ真実を知るときではない。べ、別に脱線しすぎて話すスペースがなくなった訳じゃないんだから!」
イリヤ「ししょー、ツンデレはマリア様の庭でだけにしてください」
タイガ「あ、そういえばあの作品でもルイズちゃんの中の人はツンデレ役ね。いいこと?これからはタイガお姉様と呼びなさい!」
ルイズ「私のお姉様はあかいあくまの中の人でしょう!それよりやっぱり脱線してるじゃないの!」
イリヤ「そうっすね。ではさくさく解説いきまーす!今回は、召喚の儀式に何も持ってかなかったのが原因ね」
タイガ「しかしよく注意するのじゃルイズよ。金ピカルートはランサールートをクリアしてからでないと入れんぞ。
    その前に喚んだらエルフ耳の魔女と同じ末路をたどるのじゃ。心してやりなおせい」
ルイズ「なんでイキナリ仙人語なのよ....」
イリヤ「あと、2周目以降は何も持っていかないとライダーが召喚されるから、このタイガー道場を1週目で見ないとコンプできないっすー。」
ルイズ「じゃあ結局正解は一つしかないじゃないの!」
タイガ「そう、真実はいつも一つ!ジッちゃんの名にかけて!」
ルイズ「もう、何なのよコレ....」

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:16:22 ID:AJ7HRZTX
支援

180 :Geis T  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/10/29(月) 14:17:59 ID:OdGjnr7m
データをロードしました。

 >1、ルーンを刻んだカケラを持っていく
  2、世界最古のヘビの抜け殻を持っていく
  3、いいえ、自分の実力を信じるのよルイズ!

ルイズはカトレアからもらったルーンを刻んだカケラを持っていく事にした。
カトレアの優しさが自分を救うと信じて!!


...結果から言えば、数十回にわたってルイズは召喚に失敗した。
一緒に召喚の儀式に参加していた生徒はルイズをのぞいて既に全員召喚に成功しており、今や召喚できていないのはルイズだけになっていた。
他の生徒たちが心ない中傷を投げる中、ルイズは己の覚える違和感について考えていた。
(何故?何がいけないの?)
何かがおかしい。が、何が間違っているのかわからない。
先程から自分が行っているサモン・サーヴァントでは、全く自分の魔力が消耗される感じが無い。
無論、『爆発』は起こっているのだが、今までの失敗のでは一応魔力が消耗されていた、と思う。
しかし、何ぶん今まで魔法が成功した事もないので、その感覚もあやふやなのだが。
(いけない、考えがズレてきてる)
何とか自分がサモン・サーヴァントを失敗する原因のみに思考を集中させようとする。
だが、そんな事に意味があるのだろうか?今までだって、何千回も失敗の原因を考えた。それでも、自分は一度も成功させられなかった。
何度考え直しても、思考はネガティヴな方向に転んでいく。
これだけ努力しても報われない。始祖ブリミルも自分を見放したというのか。もう自分を支えてくれるものは何も――――
そこまで考えて、ふいに自分が持ってくる事にしたルーンを刻んだカケラの事を思い出す。
自分の努力ではなし得ない、神に祈っても届かない、それでも、
(ちぃ姉さま、私に力をください)
自分が立派なメイジになると信じてくれる姉のためにも、ここで引き下がる事などあり得ない。
そう、貴族とは、決して敵に背を向けたりしないんだから――――!

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:18:46 ID:3XyonHIv
ふいたww
支援

182 :Geis T  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/10/29(月) 14:19:18 ID:OdGjnr7m
願いを、決意を込めてルーンを握りしめる。
刹那、ルーンが輝き、ルイズの頭の中に見たことも聞いたこともない魔術様式が流れ込んでくる。

刻印・解読・染色・試行――――違う、今必要なのはそれじゃない。
そう、私が呼び出すのは『神聖で、美しく、強力な』使い魔なのだ。
通常のサモン・サーヴァントでは届かない。ならば、自分が求める使い魔を召喚するための、その魔術式を求めて、
さらに奥へ、奥へ、奥へ――――
脳髄の尽くが焼け落ちるような錯覚の果て、彼女はその術式に辿り着く。

――触媒による魔法陣
消去の中に退去、退去の陣を四つ刻んで召喚の陣で囲む。

その、意識に直接異界の術式を上書きされる負荷に、たまらずルイズは膝をつく。
それを、クラスメートたちは失意の表れと取ったらしく、中傷の声を収めて、ばつが悪そうにしている。
流石に気の毒に思ったキュルケが、声をかけようと近づいていく。
すると、ルイズはさっきまでの憔悴が嘘の様にすっ、と立ち上がる。
いぶかしげな皆の視線にまったく気づかないように、ルイズは何事かブツブツと呟き、次の瞬間、左手に持った己の杖で自分の右掌を貫いた!
クラスメートたち、とりわけ女生徒から小さく悲鳴があがる。誰もがルイズは気が触れたと思った。
たまらずキュルケが声をかける。
「ちょ、ちょっとルイズ!いくらサモン・サーヴァントが成功しないからって―――」
「?ああ、キュルケ。何?今忙しいんだけど」
「忙しいって、アナタ何を―――」
そう言葉を続けようとするキュルケを無視して、ルイズは杖を右手に持ち帰ると、血を滴らせながら真剣な面持ちで地面に何か描き始めた。
最初、周囲の生徒からは、なぁ、アレ止めた方がいいんじゃね?などと声があがっていたが、
流血しながら黙々と地面に杖でラクガキを続けるルイズに薄気味悪さを感じ、誰も近づこうとするどころか、声をかけることすらできない。
最後には、彼らはルイズを無視して、友達と自分の使い魔自慢などを始める。
皆、自分から関りたくはないため、もはやルイズを相手にしないことにしたらしい。
自分たちがルイズを追いつめた、ということを認めたくないというのもあるのだろう。

183 :Geis T  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/10/29(月) 14:20:32 ID:OdGjnr7m
だが、事態の異常さを正しく認識している者もいた。
教師であるコルベールと、生徒で唯二のトライアングル・メイジであるキュルケとタバサである。
ただ地面に何かを刻むだけの作業に、トライアングル・クラスの魔力を発している。
まだ未熟な他のメイジと違い、三人はルイズが地面に魔法陣を刻みながら発する強力な魔力を感じとっていた。
そう、ルイズが地面に刻んでいるのはデタラメなラクガキなどでは決して無く、確実に何かの意図のもとに法則性をもった紋様となっている。
何より、作業に没頭するルイズの目は気の触れた者のソレではなく、確たる理性の輝きを帯びたもの。
その危機迫る様子に、キュルケもタバサも、監督者としてルイズを制止すべきコルベールでさえも、他の生徒同様声をかけることができなかった。

そんな周囲の反応など眼中に無く、ルイズは魔法陣を描く作業に集中する
「閉じよ《みたせ》。閉じよ《みたせ》。閉じよ《みたせ》。閉じよ《みたせ》。閉じよ《みたせ》。
 繰り返すつどに五度。ただ、満たされる刻を破却する。」
知らなかった。四系統などという五元素魔術の紛いモノがはびこるハルケギニアでは、これほどの術式魔術は発達しなかった。
事前に知っていれば、魔法陣を描くための触媒も用意できたのに―――と、そんな自分の考えに頭を振る。
自分は『未だ』ゼロである。前もってわかっていても触媒など用意できなかっただろう。
だから、自分には自分の血液を使うしか方法は無い。だが、それでかまわない。
もとより、最初にルーンを得たオーディンは、世界樹ユグドラシルで首を吊ったうえ、魔槍グングニルで己を突き刺して
オーディン――すなわち自分自身――に捧げてルーンを会得したのだ。自分しか懸けるモノのない私が、己を捧げるのは当然のこと――――
って、オーディンって誰よ、等とツッコミを入れてたら、魔法陣を書き間違えそうになる。
いけない、集中しなければ。これに失敗すれば、もう一度召喚する余力は自分に残されていない。
「素に銀と鉄。礎に石と契約の大公。祖には我らが始祖ブリミル・ル・ルミル・ユル・ヴィリ・ヴェー・ヴァルトリ。
 降り立つ風には壁を。四方の門は閉じ、王冠より出で、王国に至る三叉路は循環せよ」
最新の注意と最大の魔力を注ぎつつ、ルイズは慎重に魔法陣を描いていく。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:20:50 ID:AJ7HRZTX
支援

185 :Geis T  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/10/29(月) 14:22:41 ID:OdGjnr7m
そして、遂に魔法陣が完成すると、ルイズは自分の魔力が最高潮に達していることに気づく。
あぁ、とルイズは得心する。今までの失敗は、私にこの瞬間に召喚を行わせるためだったのかと。
ならば、後は全ての魔力を注ぎ込み、私の『神聖で、美しく、強力な』使い魔を呼び出すだけ。

「―――告げる。
 汝の身は我が下に、我が名運は汝の剣に。
 聖杯の寄るべに従い、この意、この理に従うのなら応えよ―――!」

そうルイズが唱えると、魔法陣を中心としてあり得ないほどの膨大な魔力が渦巻き始める。
突然のことに、使い魔自慢をしていたクラスメートたちも、一様に驚いてルイズの方へ振り返る。
否、振り返ろうとした。しかし、ルイズの周りに渦巻く魔力はもはや肉眼で捉えることを許されるような、生やさしい者ではない。
その光ならざる極光に、誰もが顔を背けて目を塞ぐ。

「誓いを此処に。
 我は常世総ての善と成る者、常世総ての悪を敷く者。」
詠唱を続けながらも、ルイズは歓喜に包まれていた。
己の魔力が、確かな術式を成していく感覚は今まで、一度もスペルを成功させたことの無いルイズにとって
初めての体験であり、その確かな手応えは既に彼女の心を歓奮で埋め尽くしていた。
だが、最高潮に達していた魔力も、召喚に費やされることで早くも底をつき始めていた。
だが、今まで魔力を出し切るという経験の無いルイズにとって、その感覚すら心地好い。
(何、コレ?魔力を消費するのがこんなに気持ちイイなんて――――)
その充足感も、快感すらも魔力に変換して、ルイズは召喚の文言を唱え続ける。

186 :Geis T  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/10/29(月) 14:24:08 ID:OdGjnr7m
「我に従え。ならばこの命運、汝が剣に預けよう。
 汝三大の言霊を纏う七天、抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ―――!」

スクウェア・スペルすら軽く凌駕する暴風を巻き散らしながら、魔力の奔流が一点に収束していく。
その気配にその場に居合わせた者が一様に息を呑み、ルイズが成功を確信した瞬間――――


あたりを薙ぎ払う大爆発で、全員(ルイズ含む)が吹っ飛ばされた。


「ーーーッッッッ!ちょっとルイズ!あれだけ期待させといてまた失敗なワケ!?」
「う、うるさいわねっツェルプストー!私だって成功したと―――」
言い止して、ルイズも、周囲の皆も気づく。爆発の中心に、強大な魔力を持つ『何か』がいることに。

爆風が風に拭われていくと、その魔力を放つ何者かが一騎、どこか呆けたような顔をして突っ立っていた。
そう、呆けた表情をしていても、纏う空気・放たれる魔力、いづれも彼が強壮な『騎士』である事実を、見る者全てに問答無用理屈無用に理解させた。
騎士は髪から身につける物まで全て青、アクセントの様に銀がちりばめられた軽鎧は、見たことも無い材質である。
髪は側頭部では刈り上げられた短髪だが、後頭部は腰に届くほどの長髪。それを、銀の輪で束ねている。
そして、右手には深紅の槍。見る者が見れば、その槍自体も莫大な魔力を秘めていることがわかる。
「これは、どこかの騎士を呼び出したのか?」
「いや、槍もってるだろ。平民じゃねぇの?」
「バカ、あんな魔力を放ってる平民がいるもんか。近衛騎士隊は剣に模した杖を使うって言うぜ。」
「んじゃほんとに騎士様?ヤバいんじゃないの、それ」
などと、勝手な憶測をもとに喧々囂々、騒然とする周囲をよそに、ルイズは不機嫌な顔をしてツカツカと青色の騎士に歩み寄ると、
無い胸を張って、傲岸不遜に

「アンタ誰?」

と言い放った。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:26:18 ID:AJ7HRZTX
支援

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:28:11 ID:3XyonHIv
なんというwktk展開

支援

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:30:09 ID:yc3L6Bhy
支援

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:30:32 ID:AJ7HRZTX
支援

191 :Zero/stay night ランサールート:2007/10/29(月) 14:31:38 ID:OdGjnr7m
以上で前編は終了です。ご支援ありがとうございました。って、この言い方政治家みたいですね。
確かにここ支援なくても大丈夫かもですね。
ルイズが何で召喚術式がわかるのかとか、何でサイトすら召喚できなくてBAD ENDするのかとか、
一応設定はあるんですが、ネタバレなので今は秘密です。
タイガー道場は自分の趣味です。声優さんを「中の人」と呼称するのも嗜好ということでご容赦ください。
それでは乱筆乱文ゴメンください。

追伸 183の末尾、「最新→細心」です。さっそく誤字だしてしまってすみません

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 14:56:11 ID:v+P5TbVg
GJ!


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 18:56:06 ID:pYUC4WbH
タイガー道場不意打ち過ぎワロタwwwwww
これはwktkが止まらない

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 19:59:19 ID:+ISARmjR
すげぇ金ぴかルート見てぇ

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 20:28:39 ID:kkslKuBl
らららランサー♪君はようやく思い切り戦えるぞ!
満足できるかは知らんが。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 20:44:59 ID:v+P5TbVg
耐魔力あるしランサーだしデルフがいらない子に?と定番のネタを振ってみる

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 20:55:44 ID:rasdARBd
ガンダールヴは右に長槍左に長剣だから、ランサーは丁度いいな

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 20:58:26 ID:iGt19Kfg
>>196
槍と刀で二刀流すればまさに伝説のガンダールブ!

でも槍に関しては素で達人だからガンダールブになっても
これ以上変わらない気もする…

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 21:22:02 ID:m/7YjCj+
蛇の皮ってライダーかと思ったら金ぴかなのかw
叙事詩は読みにくくて途中で投げたから分かんなかった

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 21:29:25 ID:v+P5TbVg
金ぴかが得た不死だか若返りだかの薬を蛇が飲んじゃって
それ以降蛇が脱皮するようになったとか言う話だったはず

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 22:00:50 ID:HMn+0iU6
乙。

>>198
元から達人ならガンダールヴによる伸び幅は少ないかもしれんな。

>199
Fate/zeroで金ぴかがそれ使って呼び出されてる。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 08:28:03 ID:nBGMi2ih
>>187-190の皆様、投下終了の宣言が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
ご支援・ご褒詞をいただいておいて、失礼で返すような真似をしてしまいました。
平にご容赦ください。次回から改善するようにします。

ホントは一番ギル様ルートが書きたかったんですが、何ぶん初SS・初投下なのと、
Fate/Zeroの4巻を読了してからの方がいいかな、と思ったので槍兄で練習させてもらうことにしました。
金ピカルートは、回転する乖離剣が生み出す世界切り裂く螺旋力でハルケギニアに風穴をあける王と少女の物語になります(嘘)
これから今週末にかけてリアルが忙しいっぽいので、たぶん次の投下は早くても来週になると思います。

最後に、これだけは確定なんですが、
デ ル フ リ ン ガ ー は 絶 対 に 出 ま せ ん
                              朝から駄文を呈しまして失礼しました。

203 :デルフ:2007/10/30(火) 09:09:26 ID:AkuVslpo
>>202

あ、あんまりだぁぁぁぁぁぁぁぁ・゚・(ノД`)・゚・

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 09:51:05 ID:/ChpjC7n
最初から素人目にもすごい槍持ってれば武器屋には行こうとはしないか…
デルフは宝物庫に入っていたが錆びていたのでフーケにスルーされたと脳内妄想

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 11:16:07 ID:v+y6w2Zp
>.>203
エシディシ乙

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 11:35:18 ID:Fq/HMofN
>>204
デルフ「おい!そこの年増!俺をここから出せ!」
フーケΣ(−_−+)ピキッ


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 20:13:39 ID:Y7bkt32l
デルフからのSOS信号キャット!

208 :デルフ:2007/10/30(火) 20:35:13 ID:suyNZcqC
>>207

出番をキャットされちまった俺を使ってくれよぅ・゚・(ノД`)・゚・

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 22:36:16 ID:nlQcF6zT
だが型月にデルフを必要とするキャラがいるのか?
素手で充分か、超能力・魔術持ちか、すでに自前で強力な武器を持ってるかするだろ
魔法吸収とか体を操れるの加味しても、どう考えても要らない子

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 22:48:41 ID:2shwLjS1
ギルならレア物だし喋れるあたりも道化扱いしながら使ってくれそう
子ギルだとバビロンの肥やしです。本当(にry

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 23:46:30 ID:J8EA8cbK
兄貴召喚投下来てたー!
ゆっくりでいいので頑張ってください!! 待ってます!!!

>>209
デルフ? バーサーカーに持たせりゃいいじゃん。
唯でさえ簡単にへし折られそうなのに(下手すると握るだけでアッー!)暴走するとマジでやばい。
日頃からバーサーカーの魔力を吸収して暴走時に備える健気なデルフ大活躍の予感w

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 23:58:25 ID:u0h+4K7J
待ってろよー見知らぬ剣、今使いに猫が行く〜

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 00:25:21 ID:5oeKtLof
駄剣の分際で主人に逆らうなんて。去勢するところだわ、この早漏。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 01:23:01 ID:1jZEnlD/
衛宮士郎ならデルフ的にも満足じゃないか?
いざというときに対魔術用に大量に投影されて「「「おでれーた! おでれーた!」」」

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 01:27:00 ID:PUwGTEyQ
対魔力性能だけ評価されてローアイアスみたいな使い方をされるデルフ

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 01:43:59 ID:pDibHr+V
士郎とルイズがコンビをくんだらウザいってもんじゃないぞ
片割れは現実が見える奴じゃないと

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 06:59:24 ID:vV4+pW/O
>>216
ルイズも士郎も現実を見てるさ。
自分を分かってないだけで

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 11:12:22 ID:7OCbulyx
別のSSではアチャ男を以ってしてもデルフの投影は「生物を創る」に匹敵する難業、端的に言えば
不可能となっていた。使い魔の形でコピーしようにも歴史が深すぎるのかもな。

ルイズ式貴族作法はMr.無鉄砲にどこまで通じるか。自己満足しながら死にたい正義の味方はヒーローに
なれるのか、個人で書いてる人いないかな

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 11:42:32 ID:1jZEnlD/
『剣』だから出来るとして血とか色々吐きながらやってそのうえでワンランク落ちて対魔術性能だけの代物になるか。
多分インテリジェンスソードのインテリジェンスってとこが難易度跳ね上げてるんだろうからランクが落ちるとしたら真っ先にここ削ぎ落とすことになるかな
デルフって結構優秀なんだなあ

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 15:45:10 ID:asoXSfd8
複製に成功するも
何故か東北弁とか鹿児島弁になっているコピーデルフ
コピーデルフ「驚いたでごわす」
デルフ「こいつは俺だけど俺じゃない!」

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 19:03:29 ID:94j4yWay
6000年分の神秘もってるから最低でもギル様所有の原典級かな?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 19:11:26 ID:zNfcb1yr
ただし本人もすっかり忘れてるけどな

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 23:37:37 ID:tgqXV9XX
>>218
「ゼロの最強の使い魔」だっけ。
更新止まってるのが残念だ。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/01(木) 01:17:04 ID:Jt78OrWa
なつかしい。ゼロ魔SSの草分け的なSSだったな。
感想とかに「ゼロの使い魔は知りませんけど〜〜」が大量に湧いてたの憶えてる。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/01(木) 13:03:26 ID:adB+KJ4N
>>223
理想郷の奴だっけ?
今見れないんだよなあ・・・。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/01(木) 17:06:42 ID:rp9CYB1K
普通に読めるが。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/01(木) 21:50:40 ID:+qkrO308
ライダーがやられて逃げた先にバーサーカーが待ち構えていて
もう死ぬかと思った矢先にルイズに召喚されて
色々あって人間として大きく成長して最後に士郎や桜に謝るために現世に帰還したら
ほとんど時間が経ってなくて目の前には相変わらずバーサーカー、
という慎二の話を希望。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/01(木) 22:09:52 ID:pcmsirdj
ガンダールヴの速度で必死で逃げるんだ慎二!!!
え? 真正面から打ち合え? さすがにそこまでは自殺行為でしょう(笑)

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 01:17:46 ID:87IhUx9H
全くの異世界だと第二魔法でも帰ってこれるかわからんな
ゼロ魔の完結まてば普通に帰還方法わかりそうだが、どう考えても残留END

ルイズと慎二は、境遇は似てるっちゃ大分似てるんだよな
だが慎二は魔術使えないこと確定なのに、ルイズはまだ使えてないだけ
ルイズが虚無の魔法成功させた辺りでそれまでツンケンしながらも傷舐め合ってたのが
途端にギスギスしはじめる……という電波が
いや、最初から同族嫌悪バリバリか

そういやイザベラ様ともキャラ被ってるし、本当女だったら萌え記号の塊なのに

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 01:43:37 ID:xKDwo044
奴のコンプレックスは基本的に
「特別な筈の自分が実は特別じゃなかった」って所にある筈なのでルイズとはマジ微妙な関係になりそうな罠

ガンダールヴの力を手に入れたら案外調子に乗って有頂天になったり駄目な感じで余裕が出来たりするかもよ?
とりあえずまずは初期オチとして、多分ワルドに徹底的に凹まされる事でしょう

それを乗り越えた先にルイズの虚無が目覚めるのは三巻ラスト
それまでに二巻後半〜三巻中盤までで、いかにして双方共にデレるかが(以下略
最後の手段としてTV版第一期展開を混ぜるという反則業も(ry

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 01:56:52 ID:xKDwo044
ふと気付いた

猫かぶりツンデレのカンペキ超人かつ努力家の凛に振られて本格的にグレる
→グレた勢いで使い魔をけしかけて聖杯戦争で色々好き勝手やったら因果応報気味にバーサーカーに追い詰められ死に掛け
→すんでの所で、ツンデレかつ努力家で魔法の才能ゼロのルイズに召喚され自分が使い魔に

慎二の心境、複雑なんてもんじゃねーぞ!!!

232 :慎二:2007/11/02(金) 01:59:50 ID:JG1VFGxJ
死んだらどーする!!?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 02:59:12 ID:87IhUx9H
それよりいかにギーシュと差別化するかが問題だな

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 03:53:40 ID:xKDwo044
むしろギーシュと同属嫌悪が激しいと申したかw

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 06:04:02 ID:+4TUxTQd
ギーシュとは根っこが違う気がしないでもないが。

しかし型月作品かつ無事な状態で呼びやすいのはやはり凜と金ぴかな気がする。
きっとうっかりやらかして召喚ゲートに突っ込んでくれるに違いない。
まぁ呼びやすいのと話を続けやすいのは別物だが。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 09:58:15 ID:K5UEyyMS
慎二はギャグ以外では重い話になるな。
魔法使えないのは同じでも、知識の面で負けてるだろうからルイズにとってはマジできつい。
友人になったギーシュの視点で慎二とルイズの関係を書いたら面白そうではあるんだが……救いがなさそうなのがまた、ねえ。

アンリ召喚、バゼット召喚、イスカンダル召喚。
本腰入れれば面白い連中多いんだけどねw

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 11:30:54 ID:xKDwo044
お前ルイズの知識っぷりを舐めんなよ
奴は才能がない分勉学だけは人一倍で祈祷書の古代文字をあっさり素で読み解くほどだぞw

慎二の知識? 奴は知識や魔術実践なんてほとんどねぇよお
まあFateでなんか黒いの士郎に投げつけてた気もするけど

238 :タイガーとイリヤのコント:2007/11/02(金) 12:14:30 ID:OduwcD48
タイガー「過疎っていたと思ってたら急に人が増えて嬉しいぜベイベー!!」
弟子一号「どうしたっすか師しょー?」
タイガー「うむ、聞きたまえ弟子一号!ついにここのスレも人口密度増えてきたのだ」
弟子一号「それは嬉しい知らせっすね」
タイガー「フォッフォッフォ(両手をはさみの形にさせながら」
弟子一号「フォッフォッフォ(同じく両手をはさみの形にさせながら」
タイガー「ということはそろそろ私が召喚するものも…」
弟子一号「ありえねーっす!!(即答)」
タイガー「メーン!!!(竹刀で思いっきり頭を叩く)」
弟子一号「イ、イタイっす!!横暴っすよ!!暴力はんたーい!!」
タイガー「だまらっしゃい!乙女の心を引き裂くその発言には天誅でござる」
弟子一号「じ、事実を言っただけであります将軍!!」
タイガー「この虎印の虎竹刀が目に入らぬかーー」
弟子一号「へへーー」
凛?「お前らいつまでそんなことをやっている気だ」
弟子一号「あ、先輩オース!今日も元気そうでなによりっす!」
タイガー「出たな!この出番ばっかとってく貧にゅ『ゴス』バタン」
弟子一号「あーあ、タイガの癖に私よりさきに出番を作ろうとしたからこうなったのよ、フフフ」
凛?「そこ、邪悪な小悪魔的笑顔を浮かべるな。あとお前に出番が来る前に>>97でも言ったと思うが他のサーヴァントに出番が行くことを忘れるな」
弟子一号「うううう、世知辛いっすね」
凛?「まあ、その点私はヒロインだし出番はあるかもしれんがな。まあ、めげずにがんばれや」
凛?「それではあとは任した。トオ!!(ジャンプしてどこかに行ってしまった」
弟子一号「お達者でぇーー」
タイガー「(ムク)あれ?何で私こんなところで寝てるの?」
弟子一号「あ、やっと起きたっすね」
タイガー「あれ?私達何してたんだっけ?」
弟子一号「もー、ここが段々人が集まってきたなって話でっすよ」
タイガー「あー、そうだったそうだった!よし、弟子一号ここらでしめるわよ」
弟子一号「了解であります!師しょー!!」
タイガー&弟子一号「誰か私たちが出てくる物語を書いてねーーー!!!」

239 :タイガーとイリヤのコント:2007/11/02(金) 12:24:15 ID:OduwcD48
凛?「結局他力本願か」


金ぴか「我の出番はいつになったらくるんだーーー!!!!」
レッドな兄ちゃん「何を叫んでいる。それとこんなところで奇声をあげるな」
金ぴか「黙れフェイカー!貴様は他所でもでばんがあるであろう」
レッドな兄ちゃん「それはお前も同じはずだが」
金ぴか「違う!出番があっても微妙にギャグキャラだったりするであろう、その点貴様はシリアスなSSで出番が多いではないか!!」
レッドな兄ちゃん「ふ、仕方がないことだ」
金ぴか「えーい、今日こそ貴様を葬ってくれるは!!」
レッドな兄ちゃん「望むところだ、英雄王武器の貯蔵は十分か?」




桜?「続く?」

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 19:44:34 ID:sWw1+O3u
ふと思ったがガンダールブと士郎ってえらい相性よくないか?


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 19:50:27 ID:gif10zYM
武器としては振るえても、宝具の能力を解放するのはガンダールヴじゃ無理で
ミョズニトニルンの担当では?

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 20:32:18 ID:s2XFlqzw
ギルがミョズニトニルン。誰も止められねえww

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 20:48:33 ID:WgzNtJT/
そういうのは宝具次第だと思うけどな
例えば約束されし勝利の剣ならガンダールヴだろうし
騎英の手綱ならヴィンダールヴだろうし
全て遠き理想郷ならミョズニトニルンだろ?

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 20:58:51 ID:2h2/Ex8P
>>243
武器を振るうのと能力解放は別だろ?
でなければ士郎やアーチャーが投影した宝具の能力解放できるだろ

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 21:11:57 ID:K4DAzO1l
死徒連中だと祖クラスでないと昼間活動できないからクロスさせづらいな
そもそも人と共存は難しい種族だから最後はルイズと袂を分かつことに?
ハルケギニアには輸血パックないし…家畜を食わせればいい気もするが
牛や馬の因子取り込みまくったさっちんとかはどうも想像しにくいw

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 21:32:24 ID:WgzNtJT/
>>244
ガンダールヴの能力は武器の性質を把握して使いこなすことだと思っていたのだが違うのか?
武器系宝具に関しては能力開放までできないとゼロ魔設定的におかしいだろ
魔術師でないワカメなら魔力が無くて使えませんとかなりそうではあるが

あと投影した宝具の能力開放シーンが見たいならFateを最後までやってみるといいよ

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 22:41:24 ID:fVYuF1iH
ワルドはサイトとそれなりに渡り合っていた
&サイトはフェイントなどを使わない

武器の使い方は判る
身体能力が向上する

コレだけならサイトは「化け物じみた身体能力の素人」
コレならワルドが渡り合えたのも説明が付くかも?


>>246
案外「辞典で読んだ程度の武器に関する知識&肉体のリミッターを解除したような身体能力」
を与えるだけかも?


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 22:44:25 ID:xKDwo044
>>244
その振るう補正ってのがヤベェんじゃね?
ぶっちゃけ能力開放するだけなら投影したのでも彼はイケてたような気がするし
そこまで出来る彼がなんで器用貧乏なのかってーと
基本能力が才能無くてザコだからだった筈だし
それを補う形でのガンダールヴはマジヤバイ

そこいら歩いてる人生で荒事は喧嘩した程度の一般オタクが
戦闘のプロのメイジのスクウェアの人とガチでやって
心の震え次第で普通に勝てるとかヤバ過ぎる

後、宝具って使用者の魔力を吸いとっいて能力発動するのか
それとも周囲の魔力を吸い取って能力開放するのかどっちなんだぜ?

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 22:51:58 ID:xKDwo044
>>247
ワルドとサイトの第二回戦で、ゼロ戦でかました必殺・木の葉落としがある
アレ見る以上、ガンダールヴは使い方と戦い方は心の震え次第で普通に深く引き出せると思われ

って言うか地味にガンダールヴってゼロ戦を熟練の手つきで操れるんだよね、あまつさえその状態で戦闘行動も平気
そして地味に索敵をこなすデルフの助言機能が高性能すぐる

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 22:56:56 ID:xKDwo044
>>241
ミョズさんならきっと
能力発動に必要な魔力が全くゼロでペナルティ無しとか(エクスカリバーとかの燃費悪いのも不思議と撃ち放題)
能力発動から再発動への隙がまったくなくなるとか、何個も何個も同時発動が可能とか
相手の宝具を手に持ったら速攻使用可能とか
きっとそんな厨性能を発揮してくるよ、マジ許せねぇ

>>248
×:才能無くてザコだからだった筈だし
○:(超人である英雄とガチの肉弾戦挑むには)才能無くてザコ扱いだからだった筈(でも普通と比べれば強い方)だし

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 23:35:56 ID:MKWNRum0
…つまりガンダールヴのルーンは宇宙人がつくった兵器でも
触るだけで構造からそれを駆使する戦術まで理解できる可能性があるのか


マジにどんな性能なんだ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 23:39:19 ID:ljphs+8Y
>>248
確かエクスカリバーは持ち主(セイバー)の魔力を使っている描写があった
ゲイボルグは周囲から魔力を吸収してる描写あり
他は…よく分からない描写ばかりだなあ

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 23:45:26 ID:fVYuF1iH
>>249
木の葉落としに関しては知っている可能性も…

>>251
実はサイコメトリーが能力の正体で
武器に残っている作った人や以前の使い手の残留思念を読んで…

だから最初から「レプリカ」として作られたものだと使えない。
武器が歴戦の中古品ほど経験値アップ!

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 00:01:16 ID:fYGrNRPx
>>251

魔術道具以外の武具に関してのみ擬似神経を張れる能力
というのはどうだろう?

例えば、俺達は手足動かす。それは深く意識はして動かしてないだろ?
それと同じ様にガンダールブ能力が発動すると、武器に擬似神経が通って、
それが手足と同じになっちゃうというような感じ。

んで、体の一部になったからこそ、「その道具をどう使えば、いい結果が
でるんだ」というのが、何か分かっちゃうという様な理屈付けだといい線いくん
じゃないかと思ったんだが。

それなら心が震える=神経に刺激が加わるとして、より武器に擬似神経が巡って使い方が
より分かり腕があがるとなると出来るんじゃないかと。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 00:11:25 ID:0WIJPO1K
>>253
うん、辞書に書いてある程度の知識で零戦は操れないと思うんだ
木の葉落としとかのあんまり想定してない戦法とかを精密に再現できるってのはさすがに辞書レベルの知識じゃ無理なんじゃないかな?
むしろ、どんだけ精巧な辞書なんだよと言う話になる気がする

>>254
いや、擬似にしろ神経通ってたら破壊されたらダメージがあるんじゃね?
その割にはキュルケの買ってきた剣とか零戦とかダメージ入って破壊されても
普通に平気っぽいし

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 01:02:36 ID:0WIJPO1K
>>254
>俺達は手足動かす。それは深く意識はして動かしてないだろ?

神経が通っていたとしても、基本的に人間が胎児の段階では、自分単体で内臓を動かす事どころか生命活動の維持すら難しい
もっと分かりやすく言うと、赤ん坊とかはロクに自分の身体を自由には動かせない、目の焦点を上手く合わせらる事すら出来ないらしい

じゃ今ここに生きてる俺等がなんで深く考えなくても身体は動かせるし内蔵は動くしボケッとしてても生命活動を続けられるのかっつーと
今まで身体動かしてきた人生分+お袋の腹で育ててもらった経験の蓄積が、俺らの神経の中枢である脳と脊髄に備蓄してあるからなんだわ
つまり擬似神経として武装に通わせるにしても、結局大本の「それを操作する経験」はどっかからもってこなければいけないんだわな。


で、その「経験」をどっからもってくるのかっていうと「剣」であり「武器」からだわな?
つまり、擬似神経にこだわるとするなら、ここでにさらに擬似神経に「情報を集める機能」とかをつけねばならない
でもそれだとコンセプト的に本末転倒だろ?

自在に操る為に、まず神経を植えて「自分の思い通りに操作」しようとしてるのに
神経植えても自在に操作する為には「神経を通したものから情報を受け取って、思い通りに操作する為の経験を取得する機能を付け足さなければ」ならないなんて


それと、心が震えると強くなるのはむしろ原作の文脈からすれば、ゼロ魔の魔法使いの精神力によるものだと思う
明らかに物理的にありえない速度とか力出したりするわりに、その癖身体への反動は疲労以外はない
単純な神経強化とか身体のリミッターが外れるとかを超越して、原作でも物理的にありえない事をしている
これは擬似神経による強化というのでは説明がつかない
やはり、もっと直接的な神秘だと思うんだ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 01:06:02 ID:0WIJPO1K
そもそも擬似とは言え「神経」と言うなら、武器とかにすれば異物なわけで、
それが外部の武装に侵食するという事は、むしろ剣に対して自分の肉体じゃないという違和感が付きまとう筈。

その違和感が原作ではないということは、逆説的に考えるならもっと単純な理由があるのかもしれない
例えば「違和感を無くして“肉体を”順化させる」事こそが、ガンダールヴの効果のコンセプトなんじゃないか、とかね

ガンダールヴの機能は、
まず「擬似神経」とかそういう理論があって、そこからの副産物として自在に武器を操れるんじゃなくて

むしろ逆に 「 経 験 」 を ど っ か か ら も っ て く る 事と
 そ れ を 使 い こ な せ る よ う に 身 体 を 強 化 する事こそが
ガンダールヴの神秘の根本の効果というか、基本コンセプトなんじゃないか。
あの使い魔は、まさに武器を「使いこなす」事に特化してるわけだ


身体能力・知覚反射・察知能力の極端なブーストしろ
武器・兵器であるならどんなものでも使いこなせるようになる事にしろ
その癖武器自体は強化されない事にしろ

あくまでガンダールヴの効果の主体は「自分の肉体」を「合わせる」事にある
しかも任意発動じゃなくて基本的に自動発動で武器を手に握った、乗った、認識した時点で発動し始める
これはあくまでも「経験を肉体に順化」させる為の副産物でしかないんじゃないか

擬似神経によって経験を引き出し結果として強化されるんじゃなくて
経験を(どこからか)持ってきて肉体に順化させる、それを使いこなす為に身体強化がある
「そう始祖が作った」と言う事ではないか。


まあ、具体的なシステムは原作でも出てないから
現状は基本的には「武器なら何でも分かって使いこなせて身体能力も上がる謎機能」でしかないんですがね



それと神の左手ガンダールヴは別に魔術道具でも武具なら使いこなせた筈
そもそも自称ガンダールヴの左腕事デルフリンガー自体が超一級品の魔術道具の武具ですぜ
インテリジェンスソードでクソ頑丈で魔法を吸い込めて、しかも吸い込んだ魔法の分だけ
持ち主の身体を動かせる(身体がどう見ても重症でも動かせる)とか一級過ぎる
そんなのも素で武器として判定して発動するのがガンダールヴ


で、神の頭脳ミョズさんが魔術道具って言われるのは、むしろ素で>>251な卑怯特性を持ってるから
あれの原作におけるズルさは異常、高性能な魔術道具(先住だろうが関係ねぇ)さえあれば即座に最も効率的な使い方が分かる上に
持ち主じゃないと動かせない類の魔術道具でも自動で機能が立ち上がり
アホのように多い複数の道具を同時起動しつつ、なおかつ魔力が必要な筈の魔術道具を魔術無しに使い
なおかつそれらのペナルティ発生しないという
どう見ても反則級な特権持ちだから「ミョズは魔術道具」とか言われる訳

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 01:07:34 ID:91qUgsEn
聖杯戦争がらみだと、ガンダールヴの不思議パワーにもいろいろ説明が必要になるのかなあ。
不思議パワーってのが強みなのに、それが封じられてしまう気がする。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 01:08:00 ID:0WIJPO1K
×:で、神の頭脳ミョズさんが魔術道具って言われるのは、むしろ素で>>251
○:で、神の頭脳ミョズさんが魔術道具って言われるのは、むしろ素で>>250

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 01:14:42 ID:0WIJPO1K
>>258
別に「凄い神秘」でもいいと思うけど

そもそもがガンダールヴと言うか虚無の使い魔は
軒並み異世界における魔法技術とはいえ、伝承としても6000年前からの伝説級の産物の神秘だし
しかも、魔法がフツーに一般化して動作するような世界における神秘な上に
ブリミル信仰っつーハルケギニア世界の人類における一神教の伝承の、ある意味中核を成す使い魔のルーンだから
ある意味、これって型月的に見ても地味に超一級品の神秘だと思うんだ

え?デルフ? デルフはその時代からガンダールヴの左腕でしたよ
ちなみに先代の6000年前のガンダールヴは右手に槍持ってたらしい

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 01:56:10 ID:QEGtZ3Rm
>>240-244
ガンダールヴ
=剣技・戦闘技術を使いこなし身体能力が上昇
→魔術としての宝具運用・真名開放は無理だが身体能力のブーストが桁外れ
 ただし宝具であってもなくても、ナインライブズブレイドワークスとか鶴翼三連とか等の純粋な剣技・戦闘技術なら引き出せる?
 燕返しはどーなるか知らないが、あれが純粋な戦闘技術による物なら、物干し竿から引き出せるかも
ある意味、士郎の戦闘における最も脆弱な弱点をカバーするルーン
純粋に剣技が強くなり一回りも二回りも強くなるかもしれない

ウィンダールヴ
=魔獣・聖獣と交感し能力を最大限に引き出す
→性能的に天然の騎英の手綱もどき?
 とにかくマトモな描写が一度くらいしかない上に
 実はそれすらも作者のミスリードである可能性もある
士郎の行動の選択肢が広がるという点で有用かもしれないルーン
ただし、聖獣や魔獣が必要と言う点である意味最も壁は高いかもしれない

ミョズニトニルン
=知識・魔術道具であるならその特性を最大限使えるようになる
→魔術道具であるなら全てを使えるという特性上、宝具すらも真名開放まで使える?
 が、武器としての運用使用は出来ず、あくまでも魔術道具としての運用になるだろう
 その代わり運用範囲・運用数の多さと魔力消費がいらなくなるデメリットの消失は卑劣すぎる
士郎の弱点はカバーされないが、特性をさらに伸ばしてくれるルーン
投影さえ出来るなら、エクスカリバーを魔力切れ無しで連発とか普通に出来る、純粋に得意分野の手数が増える

つまり、こうですか? わかりません!!

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 02:09:02 ID:S6T9NmLV
>>246
別におかしくないだろ。
そのためにミョズニトニルンがいるんだから。

それに、Fate本編で士郎やアーチャーが能力解放できたのは相性の良い一部の宝具だろうに。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 03:07:25 ID:6rztjXS3
それよりも士郎とサイトが同時に召喚。
んで、士郎が投影した宝具をサイトが使うって方が燃える気がする。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 06:44:02 ID:fKkvbGZP
キャスターに捕まって魔術道具にされた士郎を召喚

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 08:24:11 ID:6scWaAos
>>263
使い手と担い手のコンビか
デルフ構えたサイトに「使え!」
とゲイボルグを投げる士郎
そして『神の左手ガンダールヴ 勇猛果敢な神の盾――』と例のアレがですね

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 08:38:46 ID:eo3R/0Cl
いい感じに月厨が増えてきた?
でもこんな空気もたまにはいい

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 11:07:22 ID:MHrt9A/3
上のランサーss読んでて疑問に思ったんだが、ハルケギニアに「魔力」って言葉あったっけ?
「精神力」が魔力と同等の力なんだろうけど、キュルケ達が普通に「魔力」って言ってるのに
違和感があるんだが。ルーンの石から情報を得たルイズはともかくとして。
まぁ、忘れてるだけかもしれないんで原作読み直してくるか…

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 13:19:25 ID:BZQ9XdXa
>>261
ガンダールヴは剣を持ってても剣技は使えるようにはならんぞ
身体能力上昇の所為で、切ったり突いたり払ったりの単純動作で普通に強いし
才人はアニエスに稽古付けて貰うまでそれで行ってた

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 13:36:21 ID:3SS7t1zA
基礎動作が普通に強いってある意味もっともやっかいだよな

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 13:58:05 ID:0WIJPO1K
>>268
剣技は使えてるのではないのだろうか
切ったり突いたり払ったりが出来る時点で剣技が使えてる証拠だし、零戦使いこなすと言う前例もある
それをさらに使いこなす「戦法」の段階で駄目だったんじゃないか?
戦技はあっても戦術面が駄目見たいな感じで

分かりやすく言えば
ほらよくあるじゃん、ゲームとかで強キャラつかって強力な技はキャラ性能で出せるんだけど
使ってる奴が素人なせいで全く見当違いな方に技を連射してたり、回り込まれてボコボコにされたりする奴、あんな感じではないか
で、その辺を熟練して自分のものにして強くなるのがガンダールヴの成長。


で、その結果として
ガンダールヴの効果が解除されても、基本ド素人の筈のサイトは
ガンダールヴの時点で蓄積した動きと鍛えた体があって
それ自体は中々の動きと言われている

ほんの数日だか数週間だかの特訓
(しかも、剣技とかを教わったのではなく間合いの取り方とかの戦法面を教わった)程度で
メイジ殺しに勝ってるくらいは奴自身の身体に剣技が叩き込まれてて
それを効率的に使いこなせるようになっただけで勝ててる
しかもガンダールヴ無しで

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 04:44:36 ID:3CEWrpjb
全然関係ないけど
「あの作品のキャラがルイズに召喚されました」スレ見てたら
体に666の使い魔を飼うゼロ・カオス(声:ジョージ)というのを思いついた。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 08:23:55 ID:azqugWLG
>>265
ゲイ掘る具はミョズの方が能力を引き出せるんじゃなかろうか。
ガンダーだと槍としての戦いは一線級だろうけど、心臓を貫くあれは引き出せない気がする。
それでミョズの場合はその辺を引き出せるけど、戦い自体はへっぽこと。
こう考えてみれば意外にバランスが取れてるように思える。
要はランサー兄さんだからこそ、あそこまで戦えてるってことで。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 12:47:30 ID:dsjcizqp
つまり、ゲイボルグ真名開放(対人バージョン)の「心臓を貫く呪い」はミョズさんじゃないと引き出せないけれど
その前段階であるゲイボルグの「渾身の一撃」は戦技としてガンさんのみが引き出せると言う事か

ううむ、大軍バージョンの方はどうなるんだろうか

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 13:03:09 ID:KO2NQtzL
というか、ふと思ったんだが
ゲイボルグって素のままでも凄い呪いの塊で
相手に刺すだけでも大葬な事になる槍だった気が……
使いこなすだけでも十分強くね?

大軍の方はホーミング機能無しの純粋な槍技だし

その上でホーミングかませるランサー兄貴マジバケモン

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 13:20:22 ID:H1+52QP3
>>274
そりゃあ英雄だからなあ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 13:33:26 ID:dsjcizqp
アニキとてただの英雄じゃない!!
アレで現地での英雄としての格は間違いなくアーサー王以上の大英雄様だぞ!!!

ほら、英雄といってもコトミーにぼこられたアサシンとか
自他とも認める最弱のアンリとかいるわけだし

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 14:11:31 ID:G8Y/mM0W
>>276

確か、知名度があんまし浸透していなかったり、
マイナーな英雄だと守護者扱いになるって話があったやん。

そうなると、英雄といっても、戦法次第でフルボッコに出来そうな
英霊は他にもいそうだな。だが英霊エミヤみたく、未来でブレイク
した奴とかも場合によってはあるようだし。

あんまり心当たりが無いから弱いとか思ってると、返討ちの恐れがと
いうのはあるだろうね。






278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 16:22:03 ID:cCwDQ8yO
知名度補正といえばギリシャ神話のテセウスは出身地のアテネが強大化するに
したがっていろんな伝説が付加されていったらしい。ちなみに我様並のうっかり
属性もちだったりお父さんがメディアの再婚相手だったり幼女(ヘレネ)さらったり
いろいろ尾鰭つきすぎだと思う。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 16:35:59 ID:uJpZkaNV
尾ひれと言うより
変な属性を後付されているエロゲの主人公みたいだなw

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 17:40:14 ID:dsjcizqp
>>277
ぶっちゃけFate作中のアニキ自体が「大英雄でもやり方しだいでかませ犬」を体現してるからな
ってか先代といい兄貴といい、ランサーと言うクラス自体何かそんな感じのかませ犬の呪いでもかかってるんとちゃうかと(ry

それよりも現状で、「流派・射殺す百頭」が使えないバーサーカーさんって、実は結構ハンデあるんじゃないでしょうか
だって他クラスで呼ばれててもゴットハンドは重複で持ってるんでしょ? その上武芸百般でどんな武器持たせても射殺す百頭が使える
明らかにバランスブレイカーな化け物さんじゃないですか

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 17:48:35 ID:dsjcizqp
>>277
お前そないな事いいなさったら我様なんて日本での知名度超低いですがな
守護者はそもそも伝説とかがないクラスの英雄じゃなかったっけ?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 19:15:38 ID:7jjcD7Rm
型月談義するんだったら、専門の板の方に行ったらどう?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 19:35:19 ID:TZ+0tpla
すぐこういう流れになるから叩かれるのよね
つか他所で散々語られ尽くした設定関係をここで語ることも無かろ

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 19:54:01 ID:Fc1WCkD5
まあSS投下でも待とうや

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 08:16:30 ID:DY6Y4mIr
>>280
大丈夫、バーサーカーの使ってる武器とかパクるなりコピるなりすれば
キチンと「流派・射殺す百頭」は多分ガンダールヴは使える

後、ゲイボルグ対軍バージョンも呪いじゃなくて基本的に槍術なので使える
だからアニキがかませだろうとアニキの槍術はガンダールヴが元は弱い俺武器持ってTUEEEの肥やしに出来る!!
ツバメ返しだって再現できるさ、技である以上は

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 15:03:19 ID:rYsklpFq
ガンダールヴは別にサイコメトラーじゃないから斧剣を自由に振り回せても
射殺す百頭は使えないと思うが
武器を使いこなすのと、射殺す百頭や燕返しみたいな特殊技を使いこなすんじゃ全然違う
衛宮士郎かアーチャーならまた話は別だがそれは本人の特殊技能であってだな
至るものは至るがそうでないものは無理みたいな領域の話だろう

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 15:43:02 ID:2rhY0TpN
>>286に同意
ガンダールヴって別にその武器や使い手の技、経験を引き出すんじゃなくて
武器として使いこなせるようになるだけじゃないのか、剣なら剣、槍なら槍で

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:13:41 ID:NSc9TC/S
>>285

剣や槍に必須な基礎要求+特化身体技能、後は操縦などの知識面のフォローくらいが
能力じゃん?技まで使用可能は無いと思うよ。だって、もしも剣技までどこぞの達人
クラスにまでレベルアップするというなら、アニエスとの特訓で成果があがる理由が無い。

日本人だから、時代劇くらいはサイトは確実に見てるだろ。漫画や、剣道の必修授業が
あった可能性なんかもあるが、そのあたりの男の子なら誰もが知ってる『なんちゃって剣術』
がサイトの今までだと思ってたが。

本来はこういったもんは、腰が浮いたり、手打ちになったりで軽いもんだが、能力が随時介入して
化物的な身体能力や適度な重心移動や足捌きといったもんを加えたからこそ、相応の形となり、それなりに
戦えてたというようなもんだと言い換えてもいい。

なんにせよ、斧剣や物干し竿で一応の攻防は出来ると思っておくくらいが妥当じゃね?


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:17:27 ID:JtUj23Vb
技なしというルールだと兄貴や小次郎、セイバーにも対抗できるくらいではないかな
それなりレベルではいくら何でも7万人につっこんで大将のところまでは無理だろう。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:39:42 ID:NSc9TC/S
>>289

三万人ほど斬殺しつつ進んだ的な描写じゃなくて、先方とのドンパチの結果、
混乱が生じて七万の足が止まったというような話じゃなかったっけ?そんなに
何回も熟読したわけじゃないから、細かい事は読んでもらた方が早いと思うけど。

それに、最後は実行者は瀕死の重傷だっただろ。あと、なんちゃって剣術といっても、
本来は練習で身に付けるはずの下地がくっついた上に、人外魔境な身体能力も付くわけだ。
まさか、たった一人だと思ってたら、魔法は吸い込むやら、化物みたいな動きはするやら
だったらパニックも起こるだろ。

階級上の奴を狙って、切りかかっていたとかいう話もあったようにも思ったし。だから主役補正に目を
瞑るとしても、運と戦法が物を言った度合いが強く、なんちゃって剣術+ルーンの底上げが、実質の戦力
というのに票を入れたいのだが。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 22:48:41 ID:DY6Y4mIr
結局ルーンの輝き次第だろ
唯一の技実行可能ソースである木の葉落としにしても通常以上に心が震えて
ルーンも凄い輝いてたはずだし

基本的にガンダールヴは心がいつもより震えると
ルーンが輝いて特殊な事やるんだよね

風系統かつスクウェアかつ軍人高速詠唱かつ遍在のワルド相手に純粋に速さで勝ったり
ヘキサゴンスペル直撃食らって重症なっても持ちこたえたり
木の葉落とししたり
他にも色々


後ふと思ったが、士郎が来る場合、物語のどのルートでも後半戦だと強すぎじゃね?
というか、投影を使える士郎の時点で強すぎ(ry

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:08:22 ID:DY6Y4mIr
間違えた投影はどの時点でも使えるんだった
宝具の投影を一度でもしてる時点の士郎だったら強すぎるんだった


使うとしたらセイバー召喚すらしていない素のままの士郎とかどうよ!!

呼び出した平民は、胸に赤い槍が突き刺さり〜死亡確定まで後数分〜
死ぬまでに契約しないと〜失敗判定留年確定〜
急げルイズ!! 契約した後に死んだのなら召喚やり直せるぞ!!!



もしくは、アチャ腕移植直後の士郎

死亡リミットまで〜10年〜
10年後までに死ぬ気で魔術回路鍛えないと死亡確定〜
しかもガンダールヴのルーンはアチャ腕に〜

使い魔判定:士郎本体じゃなくてアチャ腕
      しかも本体は地味に役立たずっぽい
うわ、こっちの方が素でルイズヤバくね?

いや、でも一度でも聖骸布解こうとすれば
10年前の火事以来麻痺してた恐怖の感情が目覚めるから
ある意味ちょうどいいのか?

一度でも投影使ったらはっきり言って自殺まっしぐらですが!!!
自殺まっしぐらなので解析とガンダールヴを主体で使います

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:23:33 ID:uRNcxa3+
>>291
そこで慎二召喚ですよ!!!

>>292
たまにはデルフリンガーの事も思い出してあげて下さい……

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:32:01 ID:JtUj23Vb
ここは視点を変えて、シエスタの曾祖父を士郎にしてみる。
相方に応じてシエスタの髪の色が変わります

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:34:38 ID:qmtxG1KC
>>294

2Pの色違いみたいなもんかと思ったw

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:44:41 ID:VGht7VZ/
>>292
つーか、召喚される側の都合も一応考えておこうぜ。
腕士郎になったとき召喚されたら台無しだって。
せめて聖杯ぶっ壊した後。
すさまじくスリリングな健康状態だけどね。

なんにせよ、腕士郎の場合ルイズは感覚の共有で擬似的に死ねるw

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:45:14 ID:DY6Y4mIr
>>294
やめてよね、その基準だと
あの隠れ巨乳(きやせオパーイ)の一族っぷりから判断してシエスタやジェシカは間違いなく桜ルート後に出来た子孫じゃない?
髪なんて不確かなモンじゃない、絶対的に越えられない壁で理解できたッ!!!

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:52:59 ID:JtUj23Vb
シエスタの黒さが当社比で3.8倍になりそうです。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:53:14 ID:DY6Y4mIr
>>296
ううむ、それなら聖杯戦争開始直前か終了後か……
もしくは士郎がバットエンドで死亡する直前に召喚とかかな?
基本的に召喚とかは死ぬ直前とかやりやすくていいかもね

ところで、各ルートの後の士郎って何ができるっけ?
なんとなくどのルートでも投影使えそうな気がしてたんだが
よく考えたら終了後にもルートごとに個性があるんだよね
なんとなくルートごとに曖昧なので教えとくれ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:56:03 ID:LrT2eRE3
なんという説得力……
これは間違いなく心が震える

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:02:20 ID:0VCKIiwF
>>298
いや、シエスタの性格はどう見ても彼女の子孫のものでしょう
最近は初期に比べても黒いし、って言うか黒さの増し方がそっくりだし
ジェシカの性質はどっちかってーと先祖の姉の方+士郎÷2っぽいので隔世遺伝か何かかもしれない
しかし性質は遺伝しても哀れ乳は遺伝しなかった模様

うひょークカカコココキイキイ!! 凄いぞーでっかいぞーマトウ人間の遺伝子!!!
しかしあの一族のデフォが黒髪なのはトオサカ人間の遺伝子も入ってるからなのかだぜ?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:05:52 ID:Is0ek8GN
序盤と比べると、今のシエスタの黒さは当社比で3.8倍に達すると申したかwww

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:24:50 ID:0VCKIiwF
>>299

Fate→強化が使える、宝具の投影も出来る
    カリバーンとアヴァロンを投影した、鞘が身体の中にない、回路のスイッチがある…だった希ガス


UBW→強化が使える、宝具の投影も出来る、アーチャーから投影技術と戦闘技術をパクる、回路のスイッチがある、鞘はまだ身体の中にある
    後、アーチャーとの戦いとギル戦で色々と宝具は見てるみたい、解析出来てるかどうかはしらんが
    固有結界の展開経験アリ、ただし魔力は一人では足りず


HF→グットでは死亡、トゥルーでは生存
  詳細不明、一度死んだ後に第三魔法HFで魂を具現化?して生き返った。
  存在的にはマスターがいなくても活動できるサーヴァントみたいなものらしい。
  ただ身体は素体で切られれば痛いし血も出る、さされれば死ぬらしい

  肉体は素体である今の士郎の身体は魔術回路が少ない、魔力の通りが悪い
  ちゃんと今から修行すれば固有結界を使いこなせるようになるという記述あり


こんな感じかな?
とりあえずアチャ腕士郎とHFトゥルー後士郎は性能が地味に違うんだ罠
後、UBW後士郎は地味に聖杯戦争後士郎の中で進んでる気がするぜ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:00:48 ID:0VCKIiwF
>>296
ルイズって感覚の共有できるのォ!!!?
そんな事したら最初っからクライマックスだぜ!!

まあ、胸にゲイボルグが突き刺さってる状態の士郎呼んでも
ルイズの痛みがストレスでマッハなんだがwww

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:39:48 ID:nQMyaWJ2
ルイズが危機の時に一方的に片目の視界を才人に送りつける機能はあったな
それ以外の共有はなかったと思う
だって生死の確認も出来なかったんだぜ?

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 02:19:18 ID:I2EtmCXz
型月的にはラインが結ばれたことになるから……呼ばれた状態によっては痛覚とか流れ込むんじゃね?
設定のすり合わせの問題だからなんともいえんが、ゼロ魔世界の契約って結構強力だと思うんだが……

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 02:50:10 ID:0VCKIiwF
ゼロ魔のサモンサーバントと聖杯戦争のサーヴァント召喚はまったく別の法則と術式によるものだからな
一概にラインが結ばれはしないと思うぜ、特に虚無の使い魔のガンダールヴは
他の虚無の使い魔は知らん、ミョズさんは時々電波で連絡取ってる描写あるし

あ、最初から設定的にサーヴァントをサーヴァント召喚した基準で物語を設定する場合は別な?
その場合はむしろ令呪が刻まれて「うはwwwゼロのルイズが使い魔呼び出すはずが逆に使い魔にされたwwww」
とか言われる未来が見える、見えるよ!!

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 07:57:43 ID:5W2vW7Uc
>ルイズが危機の時に一方的に片目の視界を才人に送りつける機能はあったな
それ以外の共有はなかったと思う
アレは詠唱中の盾と感覚共有したら痛みで詠唱に集中できないからなのかね?

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 10:11:46 ID:BLwZArCn
>>308

詠唱中の言うなれば用心棒がガンダールブなわけだしょ?

その用心棒をフルボッコにしたら、クライエントも痛みで悶えるなんて
特性があるとなったら、もはや用心棒の意味ナッシングのようなww

型月世界の様に、なんか拷問じみた魔術に耐性があったり、無痛症の人
だったりというヤバイ話が付与されてるのもいないし。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 17:50:09 ID:ejGIZpw9
ふと思ったがゼロ魔クロスに限った話じゃないけど弓腕士郎召喚は惨いな
話的には面白いかもしれないが、正義の味方捨ててまで桜の味方になったのに

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 18:03:39 ID:I2EtmCXz
記憶を無くした廃人を介護しつつ夢にでてくる少女のもとに帰してあげようと奮闘するルイズ。
フーケやワルド、レコンキスタ関係のイベントで負い目を作りまくり凹むルイズ。

悲惨か? かわいいルイズの物語じゃないかw

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 19:58:36 ID:59Uoc+ib
>>311

いやあ、おまい、罪悪感が凄い話にならん?(;´Д`)

ノーマルエンドの贖罪に生きながら、ただ、シロウの帰りだけを
唯一の願いとして、文字通り死ぬまで待っている映像が毎晩夢に
でてくるわけだ。

まかり間違えば、ギャグにも成りかねんが、「あれ?もしかして、私
思い切り空気読まずに、この子が待ってる人、つまりこの使い魔連れて
きちゃった?(汗)」ってな、事になった日には、もう色んな意味で全力土下座
したい気分になるんじゃないかなと。

新種の精神汚染プレイか何かとしかww

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 20:04:38 ID:bgEM5sIf
>>312
そして召喚のゲートから派生した空間転移魔法の研究者として大成するルイズ…


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 20:29:01 ID:b/zsm0Bs
のちのミッドチルダであった。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:07:30 ID:0VCKIiwF
>>312
いいじゃん?いいんじゃん?すげぇじゃん!!
逆境にしろ罪悪感にしろ、それらは人を成長させるので、むしろここは逆に考えるんだ「ヤッターこれは良い成長フラグ」と
そう考えるんだ

ただ、ゼロの使い魔はラインなんて最初から仕様にねぇよぉおお!!?状態なので
やるならそこのところで、上手くラインを繋げる展開にもっていきたいね
ゼロ魔原作と違って、分からないからせつないじゃなくて、逆に
分かってしまうからせつないってテーマになるので

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:31:43 ID:bawDn8iZ
ライン繋げる方法ってまさか性k(ry

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:40:59 ID:S3aWkfbA
>>315

>>手くラインを繋げる展開にもっていきたいね

まあ、Fateの原作でラインが繋がったから相手の記憶や思い出
が見えるという説明がされていたわけだが、あえてその辺説明しないのも
手と言えば手ではあるね。

それ以外では、アーチャーの手はどう表現するか考える所だが、元が霊体だし。
それに偶然触った際に、そこから記憶だかを見えるようになったとかでも良いんじゃない?
魔法使いや虚無の属性とか言ってるくらいだし。

特殊な霊体に触れた時に、何か異変でもというのは、それはそれでありなんじゃん?これなら
ラインで無くとも、話せそうにも。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:35:22 ID:gweE9xan
>>317
むしろ呼び出した士郎のアチャ腕(左手)の方を使い魔にしてしまい
それでオートでサーヴァント契約も同時履行してしまうことになるという無理やり展開でラインが通り
ルイズに令呪が刻まれます

ゼロ魔の虚無は型月の架空元素や虚数元素寄りの属性ではなく
むしろゼロ魔における四大属性の自然を大まかに改変する事よりも、
さらに微小な単位で自然を改変する業だとか
何で虚無なのかは知らん、微小な単位から塵も残さずぶっ壊すのかな?

問題はタバサが左手が士郎の幽霊のものだって知ったら
気絶するんじゃないかと言う事だなwww


>>316
冷静に考えて体液交換さえ出来れば微小でもラインは通るだろ型月的に……同一人物ならそれすら必要ないみたいだけど
それ以上を求めたから性交なわけで、この場合はキスくらいの体液交換でも十分じゃまいか

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 09:10:51 ID:y8ybpUc6
>>318

あー、すまん、言葉が足りんかったな。特に深い事考えてたわけ
じゃなくて、魔法使いだとか虚無だとか、そんな感じで妙な現象
起こせる能力がある世界なら、幽霊みたいなもんに感応する資質を
持ってる人でも探せばいるだろくらいの意味だった。

でも、まあ、アーチャー腕移植済みでHF後となると、死人確定並の
傷だしな。タバサにここでウッカリ幽霊の関連を匂わせたりした日には、
理解が伴うまで、なにやら珍騒動も出来そだね。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 09:13:36 ID:EdwOO/8u
やはり、ギルを召喚させて、ギルに世界を征服してもらいましょう(オイ
そんでもって、世界は平和に………、なんねーか。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 09:44:07 ID:mhqqdsza
>>320
征服させんならイスカンダルでもおk

そういや、腕士郎とラインつなげたら……やっぱ流れ込んでくんだろうね。
水道管内部の圧力がやたらと強く、蛇口が壊れてるからなあ。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 09:51:36 ID:y8ybpUc6
>>320

>>イスカンダルでもおk

キスから始まるー♪征服濃いのヒストリー♪

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 11:08:44 ID:Vr93h+zQ
イスカンダル召喚は面白そうだな。
ウェイバーは女の子だったら、破天荒な主人公に振り回されるヒロインのポジションとか言われているけれど、ルイズがマスターだったらまさにそれw
王としてのあり方とか、姫様にも大きな影響を与えそう。
 

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 12:17:44 ID:yWTN39jo
イスカ……ゼロ魔世界にはギーシュという(ry
まあ、ルイズが召喚するのが筋だろうけどさw

ギーシュ、フーケは笑いながら素手で、アルビオンでウェールズを同志に勧誘(誘拐)しつつゴルディアス。
ワルド?何それおいしいの?
対7万で王の軍勢を披露。世界に覇を唱える。

ジョゼフが相当がんばらないとワンサイドゲームになること間違いなしw

後、キュルケ、シエスタ、マチルダ、テファ、後はヴァリエールの母娘は喰われる。
性的な意味で。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 12:55:39 ID:y8ybpUc6
>>324

いやあ、アンリエッタさんがまず最初にヤバイのではないかと。
んでもって、トリスティンの国名がマケドニアに変わり、征服大河
浪漫の始まりに。

…悪役というか、敵役本当、どうしたらいいもんかね?ww
なんだか、ジョゼフ個人じゃ大王様に色んな意味で勝てる要素が
無いような…。金ぴか召還でパワーバランス調整を試みるしかないんかな?

あえて外の敵ではなく、中から問題が発生するとかでもやれそうではあるが。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 14:04:35 ID:gweE9xan
むしろジョゼフがイスカンダルを召喚して以下ずっと征服王のターン!!

327 :Zero/stay night ランサールート:2007/11/07(水) 17:04:05 ID:YIHu3EUd
誰も居ない、投下するなら、今のうち(季語なし)
前後編と言いつつ中編です。思いのほか会話が長引いてしまいました。
それから、今回の投下予告・投下終了の宣言で作者がグダグダ話すのはよくない、みたいな話が毒吐きPart10で出ていたと思いますので、
今回の投下終了の宣言から、タイガー道場に登場できないキャラのネタをやろうと思います。
お気に召さない場合は華麗にスルーして下さい。

328 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:05:55 ID:YIHu3EUd
膨大な魔力の奔流が、実体の無かった彼の体に確かな存在を与えていく。
どうやら、また召喚されたらしい。
と、そこまで考えてハタと気づく。
(ちょっと待て、「また」って何だオイ!)
英霊である自分は、一度『座』に帰還すれば、召喚されていた間の出来事は「経験」ではなく、単なる「知識」として認識されるはずである。
ならば、たった今召喚された自分は、実際に召喚された「体験」は初めてでなければならない。
つまり、今の自分は冬木の聖杯戦争を経験したままの自分なのか、等と思考を廻らせていた彼は、頭の中に書き込まれた『この世界』の情報を認識して驚愕する。
聖杯は、英霊に対して召喚された場所・時代の一般的な知識を一通り与えてくれる。
その書き込まれた知識を確認したところ、ここは『異世界』で、ハルケギニアと呼ばれる地域らしい。
文化の発達程度・様式などもわかるが、そんなことはどうでもいい。
(ってか『異世界』って何だ?!)
確かに、英霊として『座』に達したことで、時間軸からも解き放たれたとはいえ、異世界に召喚されることなどあるのだろうか?
何らかの精神改変を疑ったが、彼のルーンによる加護は全力展開では大抵の宝具すら防ぐことさえ出来る。
たとえ何らかの精神干渉が行われたとしても、干渉したことすら気づかせないなどあり得ない。
そもそも聖杯自体が『異世界』として此処を認識しているのか―――と考えていると、

「アンタ誰?」

と声をかけられた。
見ると、一人の少女が自分に声をかけている。

329 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:07:49 ID:YIHu3EUd
ルイズは不機嫌だった。
体中の魔力を使い果たして今は立っているのがやっとである。そんな状態になるまで全身全霊を振り絞り、
召喚の手応えも完璧(爆発したが)、だというのに召喚されたのは呆けた顔の人間。
(私は!神聖で!美しく!強大な!使い魔を召喚したかったのに!!何あのバカ面!)

しかし、ルイズの思惑とは反対に、ソレは間違いなくルイズの求めた使い魔である。
なんと言ってもケルト神話の光明神と一国の王女の間に生まれた子であり、その美丈夫ぶりは女神モルガンすらオトす程、
そのうえコノート率いる三国連合軍の前にただ一人立ちふさがって、7年間に渡って祖国を守った大英雄である。
これ以上ルイズの求める条件に合致する使い魔なんて、本スレを眺めてもそうは居ない。
だが、召喚に全魔力を使い果たした上、自分で貫いた左手がズキズキと痛んでいるルイズに、己の召喚した使い魔のスゴさに気づく余力はなかったのである。

周囲の人間は、召喚された使い魔の放つ尋常で無い魔力に気づいていた故に、ルイズの行動に胆を冷やしていた。
魔法を使ってもいないのにあれだけの魔力を放っている以上、スクウェアクラスのメイジに違いない。
そんなメイジを呼びつけておいて、あんな態度を取ってタダですむのだろうか?と。
無礼打ちにされてもおかしくない状況である。
一番危機感を抱いたのはコルベールである。
この場にいる人間で、唯一戦場を経験している彼は、召喚された者が『戦士』であることを感じ取っていた。
はっきり言って、自分では到底太刀打ちできない。
だが、たとえ自分の命を懸けてでも子供達だけは守らねば。
そう決意を固めてコルベールは杖を握りしめ、臨戦態勢を整える。
すると突然、青色の騎士はコルベールの方へ向き直ると、ニッと口元に笑みを浮かべて
「止めとけ止めとけ。アンタもそれなりに使えるみてぇだが、何の準備も無しじゃあオレの相手はつとまらねぇよ」
と声をかけてきた。
信じられない。長く実戦から遠ざかっていたとはいえ、かつては殺気すら相手に悟らせなかったというのに、自分が気構えを変えただけで気づいたというのか。
しかし、騎士の笑顔はどこまでも清開で、少しの邪気も感じられない。
その様子に、コルベールは僅か警戒を緩めると同時に、この男は自分とは違って颯爽と戦場を駈けるのだろう、と羨望と共に想像する。

330 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:09:36 ID:YIHu3EUd
自分の質問を無視してコルベールに言葉をかける使い魔(まだ契約してないが)に、ルイズはついにキレる。
「ちょっと、私が質問してるのよ!」
そう声をかけられて、ようやく気づいたかのように騎士はルイズに向きなおる
「あぁ、悪ぃ悪ィ。んで、お嬢ちゃんが俺のマスターなのか?」
「....ええ。アナタを召喚したのは間違いなく私よ。不本意だけど」
いや、そんな態度はさすがにヤバいだろ。とさらに青くなる周囲の人間をよそに、
騎士は大して機嫌を損ねた風でもなく、ルイズに問い返す。
「ん?じゃあ、お嬢ちゃんはホントは誰を召喚するつもりだったんだ?」
「そうね...どうせなら、ドラゴンとか大きくて強い幻獣がよかったわね」
それがなんでこんな、等と愚痴をこぼすルイズ。そんな放言をうけても、騎士はむしろ機嫌をよくしているらしく、豪快な笑声を放つ。
「ハッハッハ!いやぁ竜種ときたか!さすがにソイツは無理があんだろ。ん?―――あぁ、『コッチ』の竜ならあり得なくも無ぇのか?
 ま、オレを呼び出せただけでも大したモンだぜ?お嬢ちゃん」
「何よアンタ、私を馬鹿にしてるワケ!?」
「いんや。オレのマスターになろうって女だ、その位ぇ気宇壮大でなくっちゃいけねぇ....って、その左手どうしたんだ?」
「ああ、コレ?アンタを召喚するための魔法陣を描くのに使えるモノが無かったのよ」

331 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:11:18 ID:YIHu3EUd
その返事を受けて、騎士は驚いて問い返す。
「んで、自分の血を使った、と?」
「何よ、仕様がないじゃない。私には触媒に魔力を通すなんて真似できないもの。自分の血を使うしかないでしょ。
 ....ハァ、そこまでやったのに、何で人間、それも平民なんか」
いや、どう考えても平民じゃないから、と周囲が(心の中で)ツッコむ。
一方、騎士はルイズの言を聞いて一層感心した風にうなずくと、槍の実体化を解く。
目の前で長身の男の、その身の丈を上回る槍が一瞬で掻き消える怪異に一同が息を呑む中、騎士はそんな反応など意に介さずルイズへと歩み寄る。
「何か色々と勘違いしてるみてぇだが....ま、とりあえず手ぇ出しな」
そう言うとルイズの左手を取り、一言二言何事か呟く。すると、みるみるルイズ左手にあった傷口がふさがっていく。
「嬢ちゃんは魔力残ってねぇだろ?ま、半分はオレのせいみてぇなモンだしな。」
そう言って再びニッ、と人のよい笑みを見せる。
彼がルイズの手に施した治癒は、傷痕すらわからないほど完璧なもので、やはりかなりの使い手であることは間違い無い。
しかし、今の彼は両手でルイズの手を取っている。さっきの槍を消したのといい、尋常ならざる魔力といい、アレはもしや、先住魔法では...

誰もがその想像に息を呑む中、ルイズは落ち着いているどころか、少し、ほんの少し感心しただけ、といった様子で
「ふ〜ん、コレがルーン魔術なワケ?」
などと、余人には意味不明の言葉を口にする。
「そうだが...なんだ嬢ちゃん、ルーン魔術を知ってるのか?『コッチ』じゃあみんな四系統ってのを使うんじゃないのか」
「私も知らないわよ。でもさっき...って、アレ?」
と、ルイズは急に戸惑った表情を浮かべ、言葉を詰まらせる。
「ん?どうかしたか」
「いえ、さっきまで頭の中にイロイロ流れ込んできたんだけど....何か、よく思いだせないっていうか」
「流れ込んだ?どういう事だオイ」
怪訝そうに訪ねてくる騎士の言葉を受けて、ルイズはさっきまでの事を思い返してみる。
「えっと、召喚に何度も失敗して、みんなに馬鹿にされて、それでちぃ姉さまから貰ったお守りを握ったら...」
そう言って、握り閉めたままの左手を開いてみせる。
さっきまで光っていたような気がしたのだが、今は何の変哲も無いただのカケラに戻っている。
だが、それを目にした騎士の目つきが変わる。
「...ちょっと、ソレ見せて貰ってもいいか?」
「いいけど....気をつけてよ。ちぃ姉さまから貰った大事なモノなんだから。」

332 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:13:48 ID:YIHu3EUd
そう言ってカケラを騎士に渡してから、ルイズはこの男と自然に話している自分を不思議に思う。
本来の自分なら、こんな見ず知らずの男にちぃ姉さまから貰った大事な宝物を渡したりしないのに...
騎士はルイズの間近で、難しい顔をしながら自分の渡したカケラをためつすがめつしている。
しかし、さっきは呆けた顔をしていたので気づかなかったが、この男、かなりの美形である。
その上、(何だかよく覚えてないが)ルーン魔術なる強力な魔法も使えるのだ。
もしかしてコイツってかなりの当たりなんじゃ、ていうかさっき手握られてなかった?とそこまで思い出してルイズは顔を真っ赤にする。
(...まあ、使い魔なんだから、て言うかこの人が私の使い魔?じゃあこれから四六時中一緒にいて――――
 だ、ダメ!いけないわ、結婚前にそんな....でも、使い魔なんだし...)
などと、ルイズが的外れな妄想を駆け巡らしていると、騎士は嘆息と共に言葉を吐く。
「成る程な。コイツが聖遺物の代わりになってた訳か。
 しっかし、まさかコイツを使える人間が、よりによって『コッチ』に居るたぁ...」

その声を聞いて、ようやくルイズの意識が現実に戻ってくる
「へ?せ、せせせ聖遺物?ア、アアアアアンタそれが何だかわかるの?」
「?どうかしたかお嬢ちゃん」
「な、何でもないわよ!そ、それよりソレって一体なんなの?!」
「あぁ、オレたちみたいな英霊を召喚するにはソイツが生前使っていたモンとか、何か縁のある品物が必要なんだよ」
「じゃあソレって元々アナタのだったの?」
「いや、生きてた頃に師匠んトコで見ただけなんだが...コイツを使えるなんざ本当に大したモンだぜ、お嬢ちゃん」
「...アナタ、さっきから『生前』とか『生きてた頃』って言ってない?」
「おう。『ココ』の『今』が何時かイマイチわかんねぇが、前に召喚された時はオレが死んでから2000年近く経ってたな」
「...ってことは、アンタって...幽霊?」

その単語を聞いた途端、青い髪の少女が一人、ビクッと体を震わせたのだが、
それは周囲の驚嘆の波に呑まれて気づかれることは無かった。

「いや、そんな霊格の低いヤツと一緒にされたくねえんだが」
「そんなこと言われても解んないわよ。大体、ホントに幽霊なの?」
「だから違ぇっての。まぁ、霊体化は出来るが」
そう騎士が言った途端、スゥ、と騎士の姿が掻き消えるように見えなくなる。
いくら魔法使いが当たり前の世界と言えど、幽霊など一般に居る訳ではない。当然、騎士の霊体化を目にした彼らは大混乱になる。

333 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:15:47 ID:YIHu3EUd
「き、消えた〜!」
「落ち着け、素数を数えて落ち着くんだ!」
「魔法で消えただけなんじゃない?」
「ディテクト・マジックにも反応しないぞ!」
「じゃやっぱり幽霊?!」

その発言がトドメとなって、青い髪の少女は遂に卒倒する。
「タバサ?!ちょっとしっかりしなさい、タバサ!タバサ!!」
「うおぉ、あの沈着冷静なタバサさんが倒れた!」
「衛生兵!メェディイーッック!!」
「ああもう!早く医務室に!」

なんか大変な事になってしまった、とルイズは呆然とする。
気絶した生徒を他の生徒と共にキュルケが学院へと連れて行く。
そうして喧噪がやや収まった所で、再びランサーが姿を表す。
「やれやれ。こんなコトで動顛するたぁ、今どきの魔術師は随分と軟弱だな」
「今も昔も無いでしょ!幽霊が目の前で出たり消えたりしたら誰だって驚くわよ!」
「そうかぁ?第一、幽霊じゃなくて英霊だって言っただろ、お嬢ちゃん」
そんな、全くこちらの気を斟酌するつもりの無いかのような態度に、ルイズは再びイライラがこみ上げてくる
(あーもう、さっきのは一時の気の迷いね。大体なによ、さっきから黙って聞いてりゃお嬢ちゃんお嬢ちゃんって―――!)
「幽霊は幽霊でしょ!それに私も『お嬢ちゃん』じゃなくて
 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールって名前があるのよ!」

334 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:17:48 ID:YIHu3EUd
「ああ、そういやお互いまだ名乗ってもいなかったんだったな。悪かった、マスター」
騎士にあっさり謝られて、ルイズは気組みを外されてしまい、「わ、わかればいいのよ」とモゴモゴはっきりしない返事をする。
「オレのことは――――まぁ、ランサーとでも呼んでくれ」
「ハッキリしないわね。ランサーって『槍兵』って事でしょ?そうじゃなくって、アナタの名前は何なのよ」
先程までの自分を棚上げしてルイズは詰問する。
「いや、別に教えてもいいんだけどよ、オレたちはマスター以外には名前は名乗らないのがキマリなんだが....」
騎士はそこで言葉を切って、ルイズの後ろを見る。確かに、今はルイズの他に先生や生徒、多くの人間が居る。
「ま、まぁそれはいいとして、呼び方はランサー、でいいわけ?」
「ん、多分な」
その微妙な答えに、またもルイズの機嫌が悪くなり、自然と語気も荒くなる。
「何よ、アナタがランサーって言ったんでしょ!」
「いや、そうなんだが....ランサーってのは前に召喚された時のクラス名だ。
 英霊は召喚された時のクラスの名前を名乗るんだけどよ、さっきからソレが読み取れねえんだよな。
 クラスも4つしか無ぇみてえだし....まぁ、正式に契約すれば解るだろ」

335 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:20:40 ID:YIHu3EUd
そう言われて、ルイズは初めて自分がいまだコントラクト・サーヴァントを行っていないことを思い出した。
しかし、コントラクト・サーヴァントをするという事はキスするということで、幽霊とキスした場合ってカウントされるのかしら?
そんな妄想でルイズがぐるぐるしていると、騎士は虚空から現れた時に手にしていた紅槍を取り出す。
すわ無礼打ちか?と一同が息を呑む中、騎士は槍をルイズの前に平行になる様に臥せる。
「こういう事はちゃんとしとかねぇとな。じゃ、仕切り直しってことで...」
そうして、ルイズの前で片膝を付く。その姿は、ハルケギニアの人間から見ても、あくまで無謬、どこまでも優美な『騎士』の礼だった。

騎士―――今や一片の疑いも無く―――は、硬く、それでいて艶のある声で、朗々と誓約を謳いあげる。
「サーヴァント・ランサー、召喚に従い参上した。
 ―――これより、我が身・我が槍は御身が下に在り。
 我が名と我が誇りに懸けてここに誓約する」

その、予想外に立派で、優雅で、従順な騎士の仕儀に、ルイズは再び赤面してしまう。
いくら公爵家の娘とはいえ、このように騎士から忠を誓われることなどこれまでの人生で無かったのだ。
正直どうしていいかわからなくなってしまい、コルベールに助けを求める。
「先生!こ、ここここの場合どうしたら?!」
コルベールは少し思案する。どうやら彼は生きている騎士では無いようだから、たとえ使い魔にしても国際問題にはならないだろう。
加えて、彼は元々呼び出される用意があったようだし、現に彼女に忠を誓うと言っている。危険は無いと見ていいだろう。ならば――――
「契約しなさい。君が呼び出し、彼も答えると言ってるんだ。何も問題は無い」
「でも....」
ルイズは反論しようとするが、うまく言葉にできない。人だし、幽霊だし、カッコいい男性だし―――
(で、でも、もう召喚をやり直す魔力も無いし、とりあえず強そうだし、それにいつまでも跪かせておけないし)
し、仕方ないわよね!と、自分の中で正当化を終えたルイズは、彼に近づくと、コントラクト・サーヴァントを唱える
「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
 5つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我が使い魔となせ」
詠唱を終えると、いまだ騎士の礼を取り続ける男の顔を持ち上げて口づけをする。

336 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:22:44 ID:YIHu3EUd
(!!い、意外と柔らか―――――)「痛ッ!」
キスの感触の余韻すら感じる暇もなく、ルイズは左腕に灼熱するような痛みを覚えて悲鳴をあげる。
その様子に、コルベールは慌てて駆け寄ろうとするが、騎士は軽く手をあげてそれを制する。
「あー、お嬢ちゃん大丈夫か?」
「大丈夫じゃないわよ!なんなのよコレ!契約のルーンはアナタに刻まれるんじゃないの?!」
「ああ、コレのことか?」
そう言って騎士は左手を見せて寄越す。そこには確かに契約で生じたと思われるルーンが刻まれていた。
「しっかし、色々とえげつねぇ術式だなコレ」
「そ、それはコッチの台詞よ!なんなのよコレ!」
「ああ、ソイツは令呪っつってな。ま、簡単に言えば、英霊を制御するための強力な魔術式だ。3回しか使えねえから気ィつけな」
「なんでそんなモノ必要なのよ。普通の契約で十分じゃない!」
「そりゃあ決まってる。オレたち英霊がオマエら魔術師じゃ手も足も出ねえほど強ぇからだよ」
そう言って笑みを浮かべる自分の使い魔を見て、ルイズは早くも契約を後悔したくなってきた。

そんなルイズの内面など露知らず、コルベールはルイズとランサーの刻印を興味深げにスケッチしている。
「いやはや、幽霊との契約は前代未聞でしたが、やはり普通の契約とは大分勝手が違うようですな。
 これで契約は完了ですが...時に、お呼びする時はランサーでよろしいのですかな?騎士殿」
「あー、ソレなんだが、『ガンダールブ』って何だか知ってるか?」
「確か、始祖ブリミルの使い魔がそんな名だったような気がしますが」
「そうか....やっぱ呼び名はランサーってことにしてくれ。オレもその方が呼ばれ慣れてるしな」
「わかりました....それでは皆さん、全員の召喚が終わりましたので戻りますぞ」
そのコルベールの言葉を受けて、生徒たちは『フライ』を唱えて飛んでいく。

337 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/07(水) 17:24:48 ID:YIHu3EUd
その光景を眺めながら、半ばあきれた様にランサーがつぶやく。
「はぁー、アレが四系統魔術か、デタラメにも程があるぜ。で、マスターも飛べんのか?」
「う、うるさいわね!飛べないわよ....今は」
でもいつかは飛べるように、とルイズがごにょごにょ小声で言い訳するのを無視して、
ランサーはつかつかとルイズの側までくると、やおらルイズをお姫様抱っこの状態に抱き上げる。
「な、ななななな何すんのよ!!」
と激しく動揺するルイズをよそに、ランサーはすました顔で、
「いや、オレの召喚で魔力使い果たしちまったんだろ?だったらこの位はしてやんねぇとな」
そう言って、ルイズに微笑みかける。

そんな風に、抱き上げられた上に、ごく間近でそんな笑みを向けられてしまい、ルイズの動揺はさらに加速する。
(だ、だだだ抱き上げられるなんて!そんな私初めてでいえ小さい頃にはあったような気もするけど、このまま学院まで連れてってくれるのかしら?
 ていうか胸板とか腕とかすごくガッチリしてて安心できるって言うかなんていうか男の人の匂いが、って何考えてるのよ私は?!
 これじゃまるでヘンタ――――)

と、ルイズの妄想がかなりアブノーマルな方向に行きかけた時、
「よし、あそこまで行きゃいいんだな。それじゃしっかりつかまってろよ。お嬢ちゃん」
そうランサーは声をかける。ルイズがまた『お嬢ちゃん』呼ばわりされた事に抗議しようとすると、突然体全体に強烈な力がかかってルイズは目を閉じる。
直後、浮遊感と吹き付ける風を感じてルイズが目を開けると、地上十数メイルの高さを飛んでいる。
「あ、アナタ『フライ』が使えたの?!」
「?いや、ただジャンプしてるだけだぜ」
「へ?ソレって――――ェええええ?!」
ルイズが聞き返す暇もなく、二人は落下を始める。
ルイズが上に引っ張られるような感覚に慣れる間もなく、着地と同時にランサーは数歩走ると再び跳躍する。
その2度目の跳躍で先行していた生徒たちを追い越してしまう。
自分たちをポカンとして見ている彼らを見ながら、ルイズは意識を手放した。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:30:11 ID:bD4U3m0C
支援

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:41:21 ID:WmzXDMg2
GJ続き期待!!

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 17:43:26 ID:bvd8kPY8
今回はここで終わりか?
とにもかくにもGJだ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 19:09:39 ID:cZdGzhPO
おおう兄貴来てた! 乙!!
虚無の使い手とその使い魔が聖杯戦争に参加するって設定らしいですね。
他にサーヴァントが出るのか、ギーシュ喧嘩売られる前に逃げろw とか続きが楽しみです。

というか、連投引っかかったのかな?

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 22:02:40 ID:79GKfRb6
GJ!
>(ってか『異世界』って何だ?!)
そういえば型月的にはヘラクレスがケルベロス捕まえに降りていった冥府や
ランサーがスカアハの姐さんの元で修行した影の国ってどういう扱いなんだろう




343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 22:15:00 ID:J07ge0rr
ただの冥府や影の国だろ
たぶん

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 22:24:06 ID:feUNn1Q2
>>342
遠野家地下王国みたいなものじゃない?


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 22:43:11 ID:MhCacMri
>>344
そこまで異世界ではなかろう、流石に

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 22:48:43 ID:edX7yqQw
GJ! アニキかっこいいぜ! 
槍の名手でヘタなキャスターより強いルーンマスターなランサー以上の英霊は
そうそういないぞルイズよw 続き超期待!

>>303
素のスペックは確かにUBWの士郎が高いかもしれんがガンダールヴとしてはHFルート後の
士郎が一番向いているんじゃないか? あのルート後の士郎は一番感情を出している
(仏頂面な士郎が普通に笑えている)みたいだし、ワルド戦以降の力の伸びが一番大きいと思うぞ。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 00:31:14 ID:2Nl6Q1SF
>>342

ホロウの方で影の国について、強くなりすぎて人間超えまくっちゃったから
幽閉されただかとか何とか書いてなかったっけ?

英霊の座とは違うんだろうけど、ある基準を超えた人物を判別して閉じ込める
しまっちゃう叔父さんみたいな機能がある固有結界かなんかとかじゃね?冥府は
そのまんま冥府という解釈でも良い様な気もするけど。



348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 01:01:35 ID:GYY6w0bQ
昔は地球の中でも神秘が物質化してたけど
今は神秘が薄れて、神秘っぽいものは現実のものとして物質化してないって事なのか?
そしてさらに世界が進むと神秘どころか現実を維持する色んな基本すら枯渇して
地球が死にます、と

その死んだ地球上でも曲がりなりにも生きていく人類種テラスゴスwwww
まあ、明らかに世界の基本法則自体が違うよね、さすが俺等から見ても地味に異世界な型月ワールド、まさにゼロ魔世界から見ても異世界
例えるなら終わクロにおける他Gくらい物理法則が違うレベルでの異世界だわw

もう魔術とか銘打ってるけど冷静に考えて見たら明らかに別の何かだよね

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 02:23:15 ID:OmcmOKVk
>>346
素でスペック高いのは腕士郎じゃないの?
第三魔法のアレとは別に原作中、腕の侵食で
サーヴァント化してるみたいなこと言ってたよ

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 02:45:47 ID:GYY6w0bQ
サーヴァント化はしていないけど
腕の侵食で体とアタマが書き換えられてきてて体力その他が色々水増ししてる〜見たいな事書かれてるような気はする

その副作用で、書き換え切れなかった分は剣が内側に蓄積されていく
記憶意識が欠けていく、って形で不具合出てるみたいだけど
ただ腕士郎は、主に認知力その他が致命傷な所があるから…

技術と言う点においては応用まで含めてる分アチャ腕は基本・応用の戦闘能力で飛びぬけるとは思う
剣製の応用技(重装とか射殺す百頭とか鶴翼三連とか)が使えて、なおかつアーチャーに迫る身体能力も使えるって点で飛びぬける
オーバーエッジは使えなかったような気がするのでその点ではやっぱり劣るけど
ただ、投影に回数制限があるのと無限の剣製が使えないって点がUBW士郎に劣る点ではあるね、安定性と信頼性が致命的に足りない
お互いで遣り合ったら、素の身体能力と心眼スキルと投影の応用の差で
スパークスライナーハイの黒セイバー戦みたいにUBW士郎に勝てるような気もするけど
ガトリング投影されて、あっさり物量差に負けそうな気もする<アチャ腕士郎


後、士郎は何気にどのルートでも激情家ではあると思う
この場合ガンダールヴが反応する感情は、外に出す感情じゃなくて字の文で書かれてるほうの感情だと思うから
それこそ鉄心エンド後士郎や、アーチャーになる直前士郎でもない限り反応するとは思うよ

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 03:02:05 ID:GYY6w0bQ
Fate後士郎→鞘なしで投影はまだまだ力不足、でも助けを求められたら一番フツーに答えそうな士郎
UBW後士郎→鞘アリで投影は全体的に高水準で安定、助け求められたらフツーに答えるけど基本戻りたがる?士郎
HF後士郎→基本的にUBWとFateの間みたいな士郎、間違いなくもとの世界に返りたがる士郎

アチャ腕士郎→腕開放で意識とか身体とかと引き換えに力を使う士郎
        開放したら基本的に数日で廃人確定なので召喚するなら開放前に呼ぶしかない
その他、とにかく死ぬ間際士郎→デッドエンドで死ぬ間際、イベントで死ぬ間際、とにかく死ぬ間際の士郎を呼び出してみる


つまりこういうカテゴリですかわかりませ(ry

352 :Zero/stay night:2007/11/08(木) 08:52:56 ID:7uTuXwat
すみません。>>341の方のご指摘どおり、私はおサルさんだったようです....
ご支援いただくと嬉しい反面、緊張してしまうので誰も居ない時にコッソリ投下したんですが
やっぱり皆様のご支援をいただかないとダメみたいです。反省。
一応この後、>>337の下に付く筈だった嘘次回予告を投下しておきます。
次回更新も未定です。でも来週は軽く修羅場ってるので、再来週になってしまうかもしれません

それから、スレチかもしれませんが、hollowで兄貴が士郎に生前の話をしてるみたいなんですが、どの辺まで話してるんでしょうか?
概観でいいのでご教授ください。(どの逸話について描かれているか、等)...hollowがプレイできない自分がうらめしい。

353 :投下終了 次回予告(嘘):2007/11/08(木) 08:55:27 ID:7uTuXwat
さあ〜て、次回のランサーさんは?
ギーシュ「やあ、全世界30億人のギーシュファンのみんな!
     美しく咲く一輪のバラ。人、それをギーシュと呼ぶ!でおなじみの《青銅》のギーシュだ。
次回からボクの華麗な活躍がはじまゴブァ!って水が!水ガバァ!!」
モンモン「...私ってどの話でもたいていギーシュを折檻するだけのキャラになってるわよね。
     まあ、出番が無くなるよりはいいかしら。それでは次回は

      「教えて!ランサーお兄さん〜サーヴァント編」
      「クラス別能力 『使い手』:A」
      「保有スキル 家事:B+」

     の3本です。次回も見てくださいね。じゃ〜んけ〜ん....」
ギーシュ「ブハァッ!ちょ、ちょっとまってくれモンモランシー!まだボクのファンたち、主に可愛い女の子たちへの挨拶が!!」
モンモン「死ねぇ!」グシャ!
ギーシュ「あべし!!」
モンモン「ウフフフフフフ」

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 09:50:11 ID:QSKBigjt
ホロウに関してはあまり大きな声では言えないけどにこにこという手がある。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 10:29:01 ID:JLPldKDe
征服王がハルゲニアの王になっていくなとか考えた俺は負け組?

356 :槍の人やプレゼント:2007/11/08(木) 11:03:49 ID:2avC+sGf
1異名を授かった時のお話(例の番犬絞め殺しちゃった話)

2未来を決めるほど強力な占い師そっちのけで、他の子供達が占いに夢中になる間、
幼い自分は武者立ちの儀に参加。王様に「子供はまだダメ」と言われて逆ギレ。城中の
槍と戦車ぶっ壊して「これでもまだダメかYO!」と王様脅迫

3、とあるお姫様にラブ。「嫁になれ」と言ったら「名誉も何も無い子供のところになんか
いかないわ」と袖にされ、「そんじゃ腕を身に付けちゃる」と影の国へ修行の旅に。神様すら
槍で言う事聞かせる恐るべき人間の師匠現る。激スパルタ。遠坂の万倍怖かったとか。

4、影の国に攻め込んできたアイフェを師匠と兄弟子とで破る。アイフェに惚れて孕ませた。
師匠怒って石投げつけてきた。ゲイボルグ風味に。

5、修行終了後、姫様迎えに行ってその軍勢とガチバトル。その後、コノートとの戦いの一件。
幼年組の全滅や、兄弟子との対決(ゲイボルグ初使用。あの輝かしい学び舎でお前こそ我々の誇りだったの遺言)
吹っ切れてこそいるものの、相応の疼きにはなっていた模様。

6コンラとの戦い。コノ―トの女王とのファイナルバトル。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 23:00:28 ID:kJw5ML7E
>>356
>5
とりあえずスカアハは異常。石で刺しボルグと同じ効果出すしな。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 00:10:57 ID:6yil4hGJ
実際の所、ランサーが全力戦闘するとどのくらいの強さになるかが不明なんだよな。
令呪による制約かかった状態でセイバーと対等にやりあえたということは
制約が無けりゃセイバーを圧倒できた可能性もあるということだしルーン魔術って隠し玉もある。
第五回聖杯戦争ではバーサーカー除けばヘタすりゃ正面からの白兵戦では最強だったかもしれん。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 00:56:02 ID:NJXTIKJ4
セイバー曰く、ランサーではなくバーサーカークラスで登場しても不思議は無かったとか何とか。
本腰入れて出陣して来られると非常な難敵になるといったニュアンスの発言もセイバーから出てたような。
宝具合戦別にしたら、セイバー前後くらいの戦闘力くらいと見るのが妥当って感じかね?



360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 01:03:26 ID:ljPVU3QD
Fateルートでもあの狭い部屋の中なのにしっかりギル様足止めしてたしな。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 01:12:58 ID:F/YmAvGG
まあ知名度補正が普通にあればセイバーに引け取らないって話だから、
素の能力で見れば近いとこに居たんだろうな。
どのみち、元が人外能力だけに軟弱な少年を人外並に引き上げるルーン発動すると
笛的に言うところの1ランクアップどころじゃ済まなそうだが。

あと、マナ薄まって衰退した笛世界と違って、魔力豊富そうなゼロ魔世界だと
ルーン魔術も神話の時代と変わらないぐらい使いやすそうだなとか思ったり思わなかったり。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 01:13:51 ID:JN+OMbCi
そう考えると、もしバゼット&ランサーが普通に参加出来てたら
勝者になってた可能性が大きいな

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 01:38:06 ID:c/Xe0D8J
細かい条件とか言い出したらどこが勝ってもおかしくないだろ
聖杯戦争って

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 01:39:02 ID:FSD+gYiF
バセット+ランサーのコンビなんて
正直策を練っても油断してダメットモードの所をだまし討ちくらいしか勝ちようがねーぞ!!!

まあ、だからこそコトミーの手で即刻退場してもろたんでしょうね

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 01:49:31 ID:flOXqGnQ
大抵の相手にはゲイボルグ→相手が対抗した所でフラガラックで仕留められるからな。
倒せない可能性が有るのは幸運の能力値が高いギルや小次郎、蘇生能力を持つバーサーカーか。
バサカはともかく、ギルは常時切り札出しっぱなしのようなもんだから……うっかりが発動すると確実に逝ける。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 01:59:43 ID:c/Xe0D8J
アサシンの不意打ちやライダーの魔眼とかもあるし
セイバーやアーチャーにだって確実に勝てるとは言えないだろ

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 02:14:22 ID:F/YmAvGG
誰が誰に勝っても、誰が誰に負けてもおかしくないのが聖杯戦争だったけど、
流れ的には搦め手含めた可能性じゃなくて、普通の強さの話でないの?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 02:45:19 ID:FSD+gYiF
サーヴァントはやっぱ宝具と使い手コンビがチートすぎるが
しかし一年目前半の山場であるレキシントン号、中盤の山場である数万の敵兵を何とかできるかが問題だな
後半には山場はねぇからなぁ…ゼロも砲台として安定してきてるし。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 02:56:22 ID:F/YmAvGG
むしろどう絡めるかが楽しみではある。
7万の方は、ルイズの魔力残量に不安あること事前に王女に伝えとけば
イベント回避出来るんだよなぁ…

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 05:59:42 ID:7TB7qnH3
セイバー召喚でアルビオンの危機にかつての祖国を重ねて大奮戦…というのをちょっと考えたけど
どうやってもセイバーはデルフを必要としないのでどうにもなあと諦めました。


371 :Zero/stay nightのひと:2007/11/09(金) 08:37:47 ID:m1dFB/x1
>>354>>356の方、ありがとうございました。
にこにことかようつべ探したんですけど、
槍兄’sヘブン1〜3とか、ナンパとかVSバゼットはあるのに
肝心の兄貴の過去話がみつからない....絶望した!釣・ナンパ>英雄譚に絶望した!!
これが知名度による存在の劣化なんでしょうか?
過去話は独自解釈にするか否か...

あと、色々みてて思ったんですが、ルイズがアヴェさん喚んだら、
全身イレズミ毒舌で長耳胸革命な怨天大聖アンリー繭とか召喚されないかなぁ...

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 12:40:02 ID:On7IPXw+
補足説明するとコンラの話は前ふりとして息子ができたらこういう風に育ててコンラと名付けるよういう。
ある時、やたら強いガキが暴れたんで戦いゲイボルクを使わざるをえなかった。
んで、そいつの名前はコンラだった。


ネタバレ
アンリマユは誰の殻をかぶるかでキャラが変化するからな。
ホロウのアンリ士郎がキャラたってるが他はルイズの2Pカラーとかか?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 17:10:06 ID:2A2ltuxD
すなわちあの絶壁胸に僅かな布を巻いてるかモロだしな訳か。



ご褒美です。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 18:19:52 ID:yMF21vVa
そういや英霊って触媒無けりゃ召喚者に近いものを持ったのが喚ばれるんだよな……?

何故かタバサは弓かキャスター、ルイズはギルを喚べるような気がするんだ
……テファはライダーとか

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 19:07:27 ID:KQfaZFgF
>>374
やたらフリフリした衣装やゴスゴスした衣装でちょっと赤くなってるタバサと満足げなキャスターと申したか

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 19:26:03 ID:2A2ltuxD
タバサは不遇な人生つながりで、ルイズはうっかり&人類最古の英雄(の末裔)って事で似た者、になるか?
キュルケの場合は誰が出てきそうかと考えて三秒で征服王が出てきた。

>>375
……良いなぁ、それ。
だがキャスターさんはハルケギニアでは裏切りの魔女の汚名は無い代わりにエルフ扱い確定だろうからなぁ……。
世知辛いな、全く。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 19:47:14 ID:ZIongigf
ところでハルケギニアにサーヴァントを傷つける方法があるのだろうか?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 19:52:29 ID:KUzK0GSs
>>377
デルフか虚無の魔法辺り?
それとも普通に系統魔法でも傷付けられるんだろうか?

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 19:58:40 ID:2A2ltuxD
何らかの概念ないとダメージ受けないんだっけか?(うろ覚え
まぁ系統魔法でもちゃんと効果有る気はする。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 20:02:06 ID:1A951ZFj
>>377
ゼロ魔世の中は神話・伝説の時代の如く神秘に充ち満ちてるさ。
大昔は豊富だった魔力が薄れて魔術も廃れるわ皆さん世界の裏側に言ってしまうわで
神秘も廃れたって背景がある現代の型月世界じゃ考えられないぐらいに。
流石に大したメイジでもない相手にダメージ食らうって事もないだろうが。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 20:05:31 ID:KQfaZFgF
メンヌヴィルの鉄をも溶かす白炎で軽く皮膚を焦がしながらも平然と炎を払うシーンとか浮かんだ

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 20:13:41 ID:2YrASrqZ
対魔力B以上だと虚無かかなり上位の系統魔法じゃなきゃダメージ入らなそう。
Cでもドットクラスじゃ歯が立たんだろうな。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 20:23:31 ID:mMmknjPX
土メイジなんかゴーレムで殴るくらいしか攻撃手段を見てない気がするんだが
この場合魔法扱いされるかなぁ

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 20:34:14 ID:2A2ltuxD
>>383
魔力で形を成してるし大丈夫じゃないかな。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 20:35:19 ID:TntnrZ0L
月板の武道スレ見てると霊体状態じゃなければダメージは与えられないまでも
衝撃によって足止めぐらいは出来そうなきがするw

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 22:27:05 ID:efdlN/69
>>377

おまいが厨房の頃、俺に添削させたラブレターの没原稿を朗読してやる
とか言えば、サーヴァントといえど、傷付くのではないでせうか?( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 22:29:27 ID:S5aT0fF6
>>383
某大地の子の魔術理論みたいにゴーレムとかは実は魔力でヒトガタの力場を作り出し、土や泥で力場内部を埋める事で重さと硬さ、イメージのし易さを高めているとか…
これなら外郭=魔力だから英霊にだってダメージが!!

…………すまん無理有り過ぎだよな

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 22:42:01 ID:2YrASrqZ
>>379
何らかの概念が組み込まれたシロモノでないと例え核使おうとムダのはず。
逆に言うと概念が組まれたものならフォークやスプーンでも英霊に傷をつけれる可能性はある。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 22:52:14 ID:sIybC2I9
凛がキャスターをフルボッコにしてたのは何か概念があったのか?

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 22:57:33 ID:9sZFT67r
>>389
凛自体が魔術師で神秘を扱う者なんだから、そこら辺はなんとかなるんじゃねぇのかな?

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 23:01:25 ID:JN+OMbCi
しかもAランク魔術が即時発動可能な宝石を使って
強化の魔術使ってぶんなぐっていた訳だから効くだろう

…もしも先生が割り込んで来なかったらキャス子は凛に撲殺されてたのだろうか?

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 23:38:46 ID:mMmknjPX
素手で敵を殴り殺しかけたヒロインと投石で主人公を殺しかけたヒロインとのいる作品のクロスとか
なんて言うか、業が深そうだな

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 23:40:41 ID:KQfaZFgF
意外とやり方次第で鯖殺し達成出来そうな人間多いよな
出来そう、であって確実とは言わんが。
まあそういうのがゴロゴロしてるのがフェイトか

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 05:44:52 ID:a/TGZIn2
>>388
その概念の重みがすなわち神秘。
平たく言えば不思議な相手には不思議な物じゃないと通用しないって考え方だな。
ただ概念概念って言ってると、じゃあなんの概念さ?って話にもなるが。

>>389
ようはAランク魔術の拳だろ。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 09:37:15 ID:AJhJEw9j
>>389

センセもキャスターの魔術で拳強化した上でセイバーぶん殴ったりしてたわけだし。
事前に相応の魔術用意した上で張り倒せば、特に概念とか考えんでも大丈夫なんじゃね?

セイバーVS先生戦の時も、意識を刈取っただか、そんな場面まで詰めた様な所もあったと思ったが。
種が割れた上での決闘になったらセンセじゃ無理という話だが、意識を刈取れるいうなら、無い間に
接近して頭を割っちゃうのも、ありとも思う。

そして近接戦闘のセイバーにそういうことが起きるなら、接近戦はアウトなキャスターなら、もっとアウトにも。
凛が八極拳な猛攻開始した際、「魔術師なのに殴ったね!?」みたいに、随分狼狽してもいたし。畳み掛けたら
倒せたんじゃん?





396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 12:31:00 ID:yT0RbXvh
超スゴイ魔術=なんだか神秘=デカイ概念

つまりこういうことですか分かりませ(ry
じゃあ韻竜とかの不思議生物は何気に地味に神秘なんですかね

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 12:59:57 ID:nEFsgxQ3
作中きゅいきゅい逃げてな竜殺しの鯖って何人いたっけ?
ヘラクレスのラドン殺しくらいしかわからんのだが。フンババは竜種なのか?

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 13:39:14 ID:ClDAoZ2m
デルフって六千年の歴史があるから、五千年の神秘しかもっていない乖離剣より概念武装としての格は上なんだよな。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 13:48:40 ID:a/TGZIn2
なんで概念武装の格を他を無視して古さのみで決めるんだよw

>>396
アルクェイドの説明なんて分かりやすいぞ
Q.概念武装ってなんですか?
A.いわゆる魔法の武器のことよ。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 13:52:06 ID:WEy5vFpe
デルフはデルフで魔法の武器だしな。
たぶん、まだ何か隠し技があるだろうし

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 14:11:59 ID:z4RvEqjM
時を越えただけでスゴイ
ってのがあの世界の武器でしょ

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 14:19:08 ID:WEy5vFpe
後、メジャーさも影響してくるはず。
といってもマイナーもいいところの乖離剣がトップクラスの威力なんだから、時間経過は最重要なんだろうな。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 14:32:02 ID:a/TGZIn2
確かに古けりゃ格が上がるが、それとは別に込められた力の格もあるだろうよ。
時間だけで全てが決まるなら、より古いだけで一般家庭のナイフがエクスカリバーを越えてしまう事になる。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 14:39:00 ID:z4RvEqjM
別に超えてもいいじゃん

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 14:54:10 ID:GCNZc640
>>402
>>といってもマイナーもいいところの乖離剣がトップクラスの威力なんだから、時間経過は最重要なんだろうな。

つってもあれだよ?
「世界の始まりに天地を分けた」っつー規格外中の規格外だよ?
メジャーかどうか、時間経過が上かどうかも確かに重要だろうけどさ。
これだけでも明らかにエクスカリバーより上だと思うのは俺だけなのか?

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 14:59:58 ID:a/TGZIn2
>>404
お前の頭の中じゃ石器時代の日用品はおろか、
地球と共に歴史を重ねてきたそこらの石の方が宝具を遙かに越える概念武装ってことはよく分かった。
その日作られた最高ランクの魔術品より、前日作られた最低ランクの粗悪品が格上って考え方が基本な訳な。
よくそこまで原作無視できるものだと関心した。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 15:03:07 ID:GAFFxXg9
>>388
>何らかの概念が組み込まれたシロモノでないと例え核使おうとムダのはず。

…なぁ

「おとうさんとおかあさんをころしたやつがしにますように」とかいった子供たちの寄せ書きで
びっしり書き込まれた核弾頭なら死ぬって事だよな?

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 15:40:05 ID:dnxZBr7i
>>398
エアは世界が存在したときからある剣だぞ

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 15:58:01 ID:z4RvEqjM
>406
時間を閲した宝石や化石は優れた魔法具になると思ってるが、それがどうかしたのか?
使える人間が使えば、エクスかリバーを超えてもおかしくない
ありゃあ、エクスかリバーが凄いんじゃなくて、セイバーが凄いんだからな

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 16:08:56 ID:a/TGZIn2
重ねた歴史は大きな要素だが、同時に要素の一つでしかないわけで
なんでお前はさっきから要素の一つでしかない「時間だけ」が判断基準になってるんだって話だろ?

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 16:10:41 ID:a/TGZIn2
>ありゃあ、エクスかリバーが凄いんじゃなくて、セイバーが凄いんだからな
なんつーか、原作やり直せ

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 16:12:37 ID:WEy5vFpe
年月を重ねた一般家庭ナイフがエクスカリバー以上にならない理由は、一般家庭ナイフが強力な武器になるという幻想を誰も抱いてないから、あるいはその幻想を抱く人が極めて少ないからではないかと。


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 16:16:37 ID:z4RvEqjM
>410
込められた魔力も人間の幻想も要素のひとつにすぎないだろ
アホかお前は

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 16:26:47 ID:6AvJVFy0
その当たり前を分かってて、なんで上みたいな馬鹿の主張を繰り返してたのか理解に苦しむ。
最低限の読み取り能力と、考えてることを文字にする能力に不備があるとしか考えられんな。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 16:34:02 ID:cCrBABPX
いい具合に厨が増えてきたな

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 16:42:21 ID:GAFFxXg9
>>415
まさに月厨ホイホイw

 本スレから隔離した>>1の先読みはすばらしいなwww

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 16:46:20 ID:UkB9bn7X
まさに設定談義は鬼門w

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 16:58:04 ID:nEFsgxQ3
デルフは神格化された人物の使い魔が振るっていた武器だから
すごいんだけど比較するのに手ごろな神話が思いつかねえorz

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 18:28:49 ID:89kwD6Mi
>>407
ようは呪詛を込めてんだから案外効くんじゃないか?
つか純粋な子供の純粋な呪詛でリアルにやばいような・・・

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 18:32:07 ID:WEy5vFpe
>407
リアルにやばいだけでなくリアルに怖いわ

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 18:54:12 ID:GAFFxXg9
>>419-420
あぁやっぱり効きそうなんだ

この核にリトルボーイとかファットマンのようなニックネームをつけるなら
ピュアウイッシュってところか…

それはさておき

歴史があるだけで強い云々は暴言もいいところだと思うが
魔術のような系統だった式化されたものでなくても

こういった人の思いが染み込んだものでもサーヴァントには
効くって事かね

道端にある苔むしたお地蔵さんでぶん殴ったら44マグナムで
揺らぎもしなかった奴が昏倒したらそれはそれでギャグの様だがw

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 18:55:20 ID:TwKm+eo0
リチャード一世が自分の剣にエクスカリバーって厨な名前を付けなければ、
エクスカリバーの威力も半減してたのだろうか

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 19:18:25 ID:T1tjHG1i
>>421
地蔵系は子供の守護神みたいなもんだった筈なんで相手が子供以外には有る程度効くんじゃないか?

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 19:21:32 ID:WEy5vFpe
子供を守るという限定条件下ならむちゃくちゃ強いかも

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 19:36:18 ID:wZCYN+VF
つまり仏ゾーンの地蔵くんと型月キャラをルイズが同時召喚。

426 :当時の家臣より:2007/11/10(土) 20:05:57 ID:AJhJEw9j
>>422

おまいな、「物田斬男君」と二択でどっちか選べ言われたらしゃあないやろっ!・゚・(ノД`)・゚・




427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 20:32:31 ID:WEy5vFpe
>426
突然ブッタギレイヤーを思い出した。
昔の漫画で出てきた剣だが、どういう漫画家は覚えてない

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 21:39:45 ID:yT0RbXvh
デルフの立ち居地ををまじめに考えた場合
「初代イーヴァルディの勇者がふるってた剣」という人類の中で一番人気のある民間伝説の補正と
「あの世界における人類種の唯一神の四人の僕のうちの一人」がふるってた剣という人類の中最も広まった信仰による補正と
そして「まがりなりにも5000年間“現存”し続けた」という時間経過によって遺失しなかった現在進行形の伝説っつー補正
この三つの伝説がデルフにかかってくるからな……

地味にデルフに蓄積された伝説と神秘はシャレにならんと思うぞ
格の高さだけで言うならエクスカリバーやゲイボルグ級の伝説に勝るとも劣らん上に
剣自体が所属する伝説が、型月世界で言う聖堂教会を超える宗教組織における特級の秘蹟みたいなモンで
しかも、あの世界における民間伝説の頂点にランクインしてる奴の初代が使ってる剣っつー
地味にガンダールヴと合わせて、「お前等何処まで伝説にランクインするんだよwwww」と言わんばかりの伝説っぷりなんだから
本人(本剣?)が明らかに馴れ馴れしすぎるせいで印象がアレすぎるけどねwww

まあ、それを言うとガンダールヴ自体に込められた幻想もシャレにならないけど
だってお前あれだぞ型月の伝説補正がガンダールヴに付くと、例え事実がどうであれ尾鰭が付いた伝説のバックアップを受けて
途端に伝説の神秘的に地味に化け物級と化すぞアレ?

多分、人類種の放つ魔法は型月的ルールを当てはめると普通に伝説だけでデルフに無効化されるだろね虚無じゃない限り
でもキャスターさんの放つ魔術は防げないだろね、エルフ耳だからw
まあ、どの道魔術をデルフで受けないと意味がなけどねwww

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 21:45:29 ID:UkB9bn7X
まあ、鯖が伝説の中の住人ならハルケギニアは伝説の時代が現役な世界だからな。
派手でこそ無いが、ひけを取るってもんでもないだろう。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 21:51:22 ID:yPE6UC0h
反面始祖時代前の神話的な逸話が全然出てこないけどな。とくに創造神話。


431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 21:54:56 ID:SV3F0XHh
そりゃキリスト教と同じく狂信的なブリミル信仰者が意図的に削除したんだろ。
もしくはブリミル本人が忘却の魔法でもかけたか。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 21:56:08 ID:UkB9bn7X
先住民怖がって狭い地域に閉じこもってるからじゃね?

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 22:48:29 ID:AJhJEw9j
>>430

おまい、そっち方面を本気でピックアップしちゃったら平賀サイトならぬ平賀・キートン・太一先生が召還されちゃうじゃまいかww
ただ、真面目に話すなら431キュンの言うように削除されたか、改変されて消えちゃったとかになるんだろうな。エルフ側の歴史の話なんか
見るとヒントなんかありそうだね。


434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 23:32:28 ID:yT0RbXvh
そりゃあ、あの世界からすれば人類は別の所から渡ってきた民だからなぁ
人類の歴史以前は知らなくてもおかしくはないでしょう、最初から知らないんだよきっと

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 23:59:57 ID:AJhJEw9j
>>434

なんか、そっちもありそだね。知る必要も無いとかそんな感じかね。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 00:25:18 ID:02NOtyzJ
日本神話なんか、
世界は最初からありました、凄い神様沢山いました、と始まって
でもそんなの関係ねぇとばかりに国産み始めるからな

ところで地下水もそれなりに凄いんだぜ

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 00:49:54 ID:VfPiHmtQ
そりゃ大和神話体系は諸外国の神話とは一線を画す変り種と言われてるからな

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 01:14:31 ID:c3RiIVKg
地下水はちょっと聞くとデルフより有用そうな気がしないでもない。
原作デルフが真の力に覚醒とかやったら崩れるが。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 01:28:06 ID:cH7uZOo1
原作ではまだ右の長槍も出てきてないしな

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 01:29:13 ID:c3RiIVKg
どこまで引っ張るんだろうな、右の槍は。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 02:25:49 ID:L9he9Iwg
ラストに「サイトは、私の槍だったのですね。」で消化

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 07:32:22 ID:uBao2s5S
デルフがちらとでも右の槍の話してくれりゃあいいんだけどね。


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 12:11:37 ID:CgHHOoC1
どっかでみた地下水=槍の穂先説を投げて見る

……無いか

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 14:14:02 ID:ld0Pn0/g
右の槍はインテリジェント系のものではなかったような。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 16:15:16 ID:b6K8NmHR
そもそも槍の情報は原作でも無に近いし

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 17:05:33 ID:4GOtZO3K
四体目の使い魔の情報もないな。ガンダールヴと対をなす矛の役割ぽいが。
位置が心臓らへんだし不死身・狂戦士になる効果だろうか?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 17:19:06 ID:c3RiIVKg
正直、まだまだ稼げるうちはノボルが〆に入らないから
槍も最後の使い魔もそれまでお預けだな。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 17:21:17 ID:wXpdAUZF
ブリミル自身が砲台で、ガンダは防壁、機動力はヴィンの、ミョニさんてば後方支援っぽい
あと何が必要だ?

本スレだと、イチャイチャすると精神力が回復するんだけど、
そんな事は「記すのもはばかれる」んだって説があった

あとは、実は敵だったとか、制御できなくて殺したとか、無能だったとか

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 17:30:23 ID:31+tEBDA
むしろ敵はガンダールヴだろ
ブリミルを裏切ってエルフの聖者になってるみたいだし

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 17:37:46 ID:CgHHOoC1
実はガンダールヴこそが一人目にして四人目であるとか
なんかこう胸にルーンが現れてバーサークするんだよきっと

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 17:40:36 ID:r8sYfrQi
四人目は歌を作る時ですら忘れられる程気配を絶つのが上手い
つまり四人目はアサシンのサーヴァントってことだな
型月的に考えて


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 17:42:04 ID:c3RiIVKg
いや、人質に取られるの除いて話が本筋に入ると消えて無くなる藤ねぇが正体だ

453 :Black Coat Mahora ◆jqB.C.MTuw :2007/11/11(日) 18:04:07 ID:Z5DJx/E7
 そういえばキャスターの身体能力ってどれくらいなんだろ?

 他の連中はほとんど接近戦をこなせる連中ばかりで、
生前から平均を逸脱していただろうから、
劇中のような人間を超越した身体能力になっていても不思議に思わない。

 しかし頭脳派のこいつは、生前は恐らく並の身体能力だったろうし…

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 18:13:45 ID:c3RiIVKg
きのこにEランクって並の人間とくらべてどうなんですか?って聞くしかない。
まあ、生前特に力が人間離れしてたわけでも、そう噂されてた訳でもないのに変わってたら変だが。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 18:22:48 ID:myXzN0//
4人目は実はブリミル本人の心、経験、生命だ。
そしてデッキ上全ての虚無の使い魔を生贄にささげて
生前の自分自身を召喚、ずっとブリミルのターン!

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 20:07:41 ID:fxA/IDm0
>>451

復讐帳の人だったという説をプッシュww

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 22:18:35 ID:UAaHYjbN
>>450
初代のガンダールヴと聖者アヌビスが
同一人物であるかどうかは分からんぞ? アヌビスは二代目以降かもしれん
何せガンダールヴは、人間世界にイーヴァルディの勇者伝説を作り上げるくらいの頻度で
6000年もの間ハルケギニアに現れ続けているわけだからな

アヌビスが現れたのは災厄シャイターンが降りてきた後の話だし
時系列的には、ブリミルがエルフに多大な被害を与えた後の時代かも

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 23:22:40 ID:qPmA7mUb
担い手としての資質はあるけど始祖の遺品がなくて魔法が使えず
ガンダールヴだけ生まれて、その人物が勇者として話を残す
それを繰り返してイーヴァルディの勇者の物語が生まれたわけだ
それなら性別も年齢も主役が平民なのも納得いくな

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 23:26:27 ID:c3RiIVKg
恐怖!繰り返される平民拉致事件!?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 00:04:11 ID:UAaHYjbN
お前、あの世界は使い魔として呼ばれた連中が
「故郷よりも明らかに今の方が待遇がいいぜ!!!」と全員口を揃えて言うくらいに地味に危険な自然が満載の世界なんですぜ?
平民が数人消えたところで、それっていつもの事ですよ

っていうか、使い魔が主人になつくわけは
洗脳じゃなくて、単純に知識の水増し+主人への恩だったってオチですかそうですか

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 00:07:50 ID:y2q4mtrS
それは厳しい自然界から安定したペットの立場へ転職した野生動物の感想では

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 00:11:37 ID:Qr6oroEf
うん、だからあんな明らかにチートな性能持ってるサラマンダーとかジャイアントモールすら
今の方が良い!と言うメイジじゃなければ超危険(メイジでも時々ヤバイ)な上に平民の技術も発展してない超ヤバイ自然の世界
そんな世界なら平民の一人や二人が消えるなんて日常茶飯事だぜ!って事が言いたいンデ〜ス

463 :維新志士一同:2007/11/12(月) 00:17:15 ID:yYBhrZq+
日本もとい、ハルケギニアの夜明けはまだまだ遠そうですのう

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 00:18:32 ID:y2q4mtrS
それなら他の使い魔引き合いに出すより、
単純に文明レベル遅れてるから一人や二人人間が消えても
大して問題にされないと言った方が早いんじゃね?
チート能力と食住の安定性は比例関係にある訳じゃないんだし。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 00:28:10 ID:Qr6oroEf
もっと直接的に「あの世界での人間は他の生物から見て地味に食い物な世界」と言えと?
駄目駄目認めません! そんな直接的な事を言ったら夢が壊れてしまう!!

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 00:33:56 ID:y2q4mtrS
骸は野生か土に還るか、時には人が食ったりするかもな。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 02:15:01 ID:xYlZkq2F
まあ、才人なんて、あの辺の文化だと
都市に幾らでもいる農村からの出稼ぎという名の厄介払いを受けた次男坊以下って評価が妥当じゃないか?
それに明らかに異国人だし
問題はまず起きないだろうし、正直ルイズは大貴族の娘だから留年させるのもアレだし
そういう打算もあったとは思う

>>462
元がどんなところだったかはともかく、愛玩動物扱いに耐えればメシは出てくる
それにその為に必要な演技力=知能はルーンがくれる
技能習得があっと言う間に済んで、ほぼ何もしないで一生安泰が約束される職業なんて、オレが就きたい位

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 08:22:53 ID:E4gAEdrC
○○を野性に返す為の〜とか言うドキュメンタリーを見るたびに、
ちゃんと野生に帰れたのかすっげえ不安になるタイプなんで
使い魔になって食っちゃ寝して喜んでる動物のきもちはありだとおもう。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 09:11:24 ID:yYBhrZq+
>>468

おまいはきっと良いお父さんになれるな(;´Д`)ハァハァ

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 13:03:09 ID:6JiH4d2e
いっそのこと、アンリマユを召喚!!
絶対中身がカオスとかすな
もしくは、ネロ教授召喚
使い魔をかたっぱしから取り込んでいきそう

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 14:08:33 ID:6JiH4d2e
もし、ネコアルクを召喚したら
『お前も猫耳ななれーーー』
っていいそうだな

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 15:17:39 ID:f1+4EKsU
ルイズが大師父を召喚したら

・自力で帰っちゃう
・面白がって使い魔しちゃう
・何故か弟子にする
・老オスマンと一緒にマチルダさんにセクハラする

さあどれでしょう(笑)

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 18:30:57 ID:jdvXF3sM
>>472
間違いなく、ルイズに精神性の10円ハゲが出来る。

これは確定された未来だ。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 18:34:08 ID:VjnB35GT
>>472
道を作り自力で行き来出来るようにしたあと面白がって使い魔兼押し掛け師匠になって老オスマンと一緒にマチルダさんにセクハラするところまで見えた

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/12(月) 23:03:55 ID:Irf2hzL5
>>472
いや、全部だろ。
自力で帰っちゃう。でも面白いんで使い魔兼何故か弟子に。
帰る前に老オスマンと一緒にマチルダさんにセクハラする。
これで完璧。・・・だといいな

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 05:52:42 ID:rIuJLCtp
>>462
ドラゴンとかサラマンダーとかジャイアントモールは餌の確保が大変だと思う。

モグラは一日に自分の体重と同じだけの餌を食べる。
ジャイアントモールのパワーを考えるとやはり毎日数十キロ以上の蚯蚓や
高カロリーの餌が必要かも?


サラマンダー…燃えてるから無駄に基礎代謝に必要なカロリーが多そう…
鳥とかを炎で落として食べても
落とすための炎にかかったエネルギーの回収さえ大変…

餌を取るために大量のカロリーを消費して
またその大量のカロリーを摂取するために餌を探して…
のエンドレスループから

普段は飼い主の言う事を聞いていれば十分な餌が出て
用事が無いときは食っちゃ寝してて良い使い魔生活


>>571
ネコアルク「SOSキャーット!」
ギーシュ「なんかしょっちゅう平民の使い魔に凹されている気がするんだ…」
ネコアルク「平民に凹される君を救うのは聖杯でも適わぬ望み…」



477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 09:02:47 ID:8gCOP74z
>>471
むしろカオスの方をだな…


あー、もしもしソウちゃん?
悪いんだけどちょーっと来て貰えないかなぁ?

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 12:10:44 ID:SkKQIsZ+
やっぱり、タイガー召喚した方がよくない?

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 12:22:51 ID:FRFPY5jQ
何、高校生タイガーを召喚せよと!?

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 14:35:51 ID:SkKQIsZ+
違う、タイガー道場のタイガーだ!!
あと、おまけでブルマを

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 14:45:22 ID:vQt01rtr
>>477>>480
なんというカオスw

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 22:08:28 ID:mkS1WFDc
ヤクザ仕様ぎんぎら虎柄振袖と日本刀で頼む

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 22:15:33 ID:cPxjy0Va
式のパクリかよwww

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 23:10:41 ID:EjZ7NtyQ
革ジャン着てないから別だろう

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 23:49:51 ID:FRFPY5jQ
虎も出番が欲しくて必死なんですwww
その辺察して生暖かくスルーしてあげましょう
もしくは優しく慰めてやる、俺が

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 23:58:14 ID:EjZ7NtyQ
そこまでにしておけよ藤村

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 01:23:05 ID:c1owsNtK
なんだこの流れwwwww

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 03:15:09 ID:jSumGiWX
タイガーの自演か

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 07:42:11 ID:neSWD7Ny
シエルを召喚するもカレーが無いことに先輩ブチ切れ
(スパゲッティ?何ソレ?)

とか

某ルートの特に活躍もせず生き残ってニート化したセイバーを召喚…

居場所が微妙な事と自分がニートで有る事にショックを受けたセイバー
そしてニートを脱出しようとしたところに現れる召喚ゲート
「ちょっと働いてきます」と軽い気持ちで潜るセイバー


490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 08:15:37 ID:YP4APWOa
給料? 出ないわよ、そんな物。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 09:51:05 ID:3GpMnJYH
>>489
逆に考えるんだ。
そこでカレーを再現するため、使い魔そっちのけでカレーの研究をするんだよ。

んで、後の世でなぜか「カレーの王女様」と語り継がれるんだよ。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 14:02:03 ID:c1owsNtK
>>489
セイバーとか最初の食堂イベントで黒化しかねんw

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 18:24:39 ID:YNlOPEFb
ニート王モードじゃなければ大当たりだと一目で分かりそうだがな、セイバー。
現界終わった後ならば騎士として頑張ってくれそうでは有る。
ルイズも向こう見ずな娘さんだから、士郎を思い出して苦笑してそうだけど。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 18:30:08 ID:LX2CSoPF
剣持ってるから平民=ハズレでそのように応対して、折檻コース一直線

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:02:11 ID:o/zQ8Kqx
剣たって、風王結界付きの見えない剣だしな。
すげーマジックアイテムでただ者じゃねー、となるような気もする。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:03:32 ID:YNlOPEFb
その前に何も持ってないと思われるかもしれん。
風のメイジとかだと何か握っているのに気が付く可能性高いが。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:11:27 ID:x0SEpMX/
コッパゲがディテクトマジックを使えば一発さ!
怪しいオーラのようなものは感じるんじゃないかなあ。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:20:58 ID:neSWD7Ny
魔力が上手く供給されないセイバーなら
魔力節約としてデルフにも出番が…

そしてここぞという時に仕舞われて涙目のデルフ


セイバー「魔力の供給が無いので食事で補う必要が有ります。おかわり!」


499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:30:10 ID:dDH6ZrV1
>>498
あの世界って、魔力満ち溢れてるんじゃないのか?
エクスカリバー連発でもしない限り、枯渇の心配は無いと思うけど。
・・・つまり、デルフは初めっからいらない子だったんだよ!!

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:36:35 ID:YNlOPEFb
サーヴァントとしての枠にくくられない場合は対魔力:Aがないからデルフにも日の目が!

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:38:52 ID:ludyCzUC
なにも持ってないとナメられないように
剣を買いにいってデルフを購入すればよし。
ただし魔力放出したらデルフがどんどん喰ってしまうかもしれんから
セイバーとは相性は悪そう。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:38:59 ID:NgmpBRkE
>>499
満ち溢れていてもそれを魂喰い以外では体内に取り込めないのがサーヴァントじゃなかったか?
と思ったが、セイバーは一応魔力炉持ちなんだっけか。魔力炉の性能ってどういうのだっけ

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 19:41:06 ID:neSWD7Ny
>>500
でもエクスカリバーとか風王結界だと
大抵の魔法は問答無用で掻き消してしまいそう…



504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 20:21:40 ID:neSWD7Ny
>>502
ド○えもんの動力炉みたいに
食べた物を魔力にするとかじゃない?

ライダーは食事の必要はないとか言っていたような気がする…


魔力炉なし…食べても意味無し 食事の楽しさを味わえるだけ
魔力炉あり…食事で魔力回復


505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 20:31:34 ID:1vuyk5ii
呼吸すると自然に魔力が溢れてくるってあったような。

俺理論では空気中の魔力を超効率よく吸収・濃縮・増幅する器官だと考えている。
ハルキゲニアの空気中に神代並みの魔力があれば聖杯戦争以上の強さになるだろう。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 20:57:18 ID:eXZuhGKO
>>魔力炉

生前は無尽蔵だったんだろうが、サーヴァント時は別じゃないか?
サーヴァント時も無限生成だったら、シロウの魔力量の少なさでアップアップ
してた理由が無いし。

生前は505タソの言う空気中の魔力を超効率よく吸収・濃縮・増幅する器官として
機能し、後半はマスターからの魔力を超効率よく吸収する器官として働いてるってとこじゃん?



507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 21:00:51 ID:neSWD7Ny
>>505
となると食事の必要性が…
1 体内に取り込んだ物全般(食べ物とか空気から)魔力抽出 食べた方が魔力回復は早い
2 食べるのはただの趣味 精神的な意味で必要 セイバー「食事のない生活など耐えられないのです!」

1だと大丈夫っぽいが2だとハシバミ草とか食堂イベントで黒化するね…

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 21:08:08 ID:neSWD7Ny
>>506
現代日本の大気中の魔力が少ないからかも?

恐山とか将門の首塚とかに行けば凄い速度で回復するかも?
変なもの取り込んで黒化するかもしれないけど…

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 22:07:20 ID:tT08jjLY
平民扱い云々についてだけど、
サーヴァントって世界が歪む感じがするほどの魔力を持ってるんだよな?
魔力感知が出来るならおかしいことに気づきそうだけど……
つーか、ゼロ魔世界って魔力について言及されてたっけ?
ディテクト・マジックでわかるのかもしれないけど、ルイズはどうなんだろ。


510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 22:08:51 ID:o/zQ8Kqx
読んだかんじだけど、魔法もなにも使わない状態ではわからないみたい。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 23:20:33 ID:tT08jjLY
>>510
えっと、相手が魔法を使ってない状態だと魔力は感知出来ないってことかな?

気になったんで何冊かパラ読みしたんだがようわからん。
ルイズが虚無に目覚めたときもレコンキスタ側は事前に感知することなくやられたから、
ゼロ魔世界には“何という強大な魔力”的な感覚はない……とも思えるが…………う〜ん。
設定のすりあわせが難しいな。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 23:23:35 ID:NgmpBRkE
普通の状態で常に世界が魔力によって歪んで幻想種とかもてんこ盛りだから
サーヴァントの一人や二人来た所でもう住んでる人の感覚が麻痺しちゃってぜんぜん感知とか不可能

と言う理屈ならどうだ!!!

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 23:28:24 ID:tT08jjLY
そっち系の可能性もあったかw
つか、よく考えたらアルビオンやらもやたらと魔力放ってそうだしな。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 23:32:51 ID:neSWD7Ny
>>509
周囲に魔力が少ない状況だと
余剰魔力が噴出すからそれに気がつく

しかし周囲に魔力が満ちていると
サーバント周辺との「魔力圧」の差が少ないから感知が難しいとか

>>513
アルビオンなんて神秘の塊



515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 23:40:49 ID:LX2CSoPF
>>512
そういうのはあるかもな

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 00:17:52 ID:lSy3AqBW
とりあえず契約した後で実は王様でした〜で大騒ぎが目に見えるな。
そしてふと思う。
5次バーサーカーで理性ありの状態で呼ばれたら男性陣やばいな。
性的な意味で。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 00:19:29 ID:vLqd4JWM
バーサーカーは強いね。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 00:30:33 ID:NZbr/LLL
バーサーカー(ヘラクレス)に振り回され力任せに叩き付けられ
「壊れる〜!」とデルフ涙目

フーケゴーレムにも真正面から叩き壊します。
やはりデルフ涙目「相棒 強いのは判ったからもう少し手心と言うかなんと言うか」
ルイズ「痛くなければ覚えませぬ」
デルフ「俺は犬神の名前を持った刀じゃない!」

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 00:55:08 ID:2W3k/DHy
>>518
意識あったら、剣より弓がメインになるんじゃないかな。
だって、ナインライヴスあるし。
デルフは弓の補助的な役割になりそうな・・・・・・?

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:00:40 ID:NZbr/LLL
>>519
バーサーカーですから基本的にルイズのいう事を聞く以外曖昧です。

命令があれば雄叫び上げて大暴れ
ワルドからルイズを救ったついでに城を囲んでいた連中も壊滅させそうだが…

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:02:43 ID:J8I3gBtJ
>>519
流派・射殺す百頭は、武器を選ばない万能の技の宝具らしい
どんな武器でもその武器を使いこなしてその武器なりの射殺す百頭を再現する反則技とかなんとか
エミヤは固有結界が宝具認定されるように、ヘラクレスはその技が宝具認定されてるらしい

弓を使えばホーミングで着弾するドラゴン状の光の矢(多弾)を放ち
剣を使えば神速でナインライブズブレイドワークスに準拠すると言う化け物ぶり。

デルフを使えばナインライブズブレイドワークスの本家を放ってくるし
その辺から弓を持ってきたら多弾ホーミング竜弾が襲い掛かり
槍を装備したらまた違う射殺す百頭を放つ、そんな理性有りヘラクレス
しかも多分ゴッドハンドも持ってる
まさに化け物、死角なし

そんな化け物の攻撃面を支える宝具認定された技までコピるなんて
まったく本編のアチャ腕士郎は化け物級の反則技能持ちだぜフゥハハー

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:08:51 ID:NZbr/LLL
>>521
ゼロ戦に乗ればバルキリー並のマルチロックホーミング弾を撃ちそうだね…

ある意味ガンダールブである意味が無い…
どのルーンが刻まれても「武器を使いこなす! ガンダールブだ!」と誤認される…

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:09:33 ID:wuJhaRoZ
しかしヘラクレスで真に反則と言えばヒドラの毒。
アルビオン戦で水源地に垂らせば敵軍7万どころかアルビオンごと壊滅必死。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:09:49 ID:5bIEGMvm
もしかしてサーバントでアーチャーだけが平民?

と思ったけどアサシンも平民か、他は王族関連だったっけ?

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:13:19 ID:NZbr/LLL
>>524
歴史上英雄になるぐらい有名になると
平民出身者でも身分制度が有る国ならまず貴族とか王族になる悪寒…

三国志の関羽だって平民の塩の密売人っぽいし


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:28:32 ID:VmQhAer4
あの国は官か庶しかないですやん

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:33:40 ID:wuJhaRoZ
>>524
王族というか、他は神の子や孫だったり、竜の因子を持ってたり、
平民でも悪魔の腕を付けてる改造人間だったりで普通の「人間」だったのは弓だけ。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:34:09 ID:NZbr/LLL
>>526
士大夫と言う階級があるよ。

関羽は庶民階級出身の兵卒には寛容だったが
士大夫以上には厳しかった(&反抗的だった)そうで…


529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 01:53:29 ID:Y28qvMPu
>>527
アサシン(偽)もただの人だったような

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 02:01:56 ID:wuJhaRoZ
>>529
あっちもそうだけど、英霊じゃなくて亡霊だったんで
アサシンは正規の中の人の方で数えた。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 12:05:59 ID:J8I3gBtJ
>>527
アーチャーは人間の癖に魔術師だし
そのあり方も魔術回路と通常神経が癒着してるとか同一だとか=神秘が物質化してる上に、その魔術特性も固有結界とかいう
特性と性能の特異性からして悪魔や吸血種と同等かそれ以上の、自然発生型の規格外化け物人類が
英霊になりましたバージョンじゃないですか

そりゃキャス子さんもオリジナルの脳髄を引き出して魔杖にしたがるわ

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 12:13:28 ID:1PMpZOgb
召喚当時のアンリだけだろ>ただの人

533 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/11/16(金) 14:33:10 ID:VUF2qS4I
そもそも主人公がDQNな設定持ちなんて珍しくもない。

534 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/11/16(金) 17:55:26 ID:Wp9dnGRA
征服王とかよんだら早くない?(何が早いんだよ

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 18:00:19 ID:NZbr/LLL
>>534
呼ぶ縁を関連付けるのが難しそう…

普通に召喚された後のギル王なら「ついうっかり」ゲートを潜ってくれそうだけど…


キバヤシ「実は初代のガンダールブはついうっかりゲートを潜ってしまった生前のギル王だったんだよ!」
「なんだってー?」
なノリにして無理やり縁を作るとか…

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 18:13:31 ID:FLlpttEf
流れ切るがカプコンからFateの格闘ゲームがでるらしい(今週のファミ通より)
ナインライブズブレイドワークスみたいな映像化されていない技・宝具の
詳細な使用シーンがでそうだな。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 18:15:26 ID:sR5ZSFYl
>>534
サーヴァントはマスターと似た者が呼ばれる理論を適用するならキュルケだろうなー。
タバサなら……あー、えー、4次バーサーカーとか5次ライダーとかになるんだろうか。
ルイズ? うっかり資金使いきったりする辺り、英雄王一択ですよ。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 18:17:36 ID:NZbr/LLL
>>536
メルブラにキャラ追加したスト2商法だったりして…
Sボタンを押すとサーバンドが出てきます。

シロウ「セイバー!」 ジャキン!(セイバー登場)

ジョジョベースだとそれっぽくなりそう…

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 19:23:57 ID:N+NKGMSA
>>537
スキル・黄金率とスキル・浪費がガッチリ噛み合うわけだな

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 20:24:29 ID:0flNNNjB
>>539
一つの魔法しか出来ない繋がりでアーチャー無理かな?

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 20:25:48 ID:/O9hPPhJ
一つの、と言うか特殊な属性に特化と言う意味では似てるかもな

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 20:26:52 ID:XrOjdnjz
>>538
3D格闘らしい。
後、プレイヤーキャラとしてセイバー、士郎、アーチャー、凛、ランサー、バーサーカーは記事に載っている。


543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 20:27:14 ID:Wp9dnGRA
やっぱり、ルイズは慢心王以外ありえないか

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 20:32:40 ID:NZbr/LLL
>>542
一見まともすぎて不安だね…

>>543
少年化してルイズデレる→青年に戻ってルイズツン全開

ギーシュとの決闘の理由はモンモンとケティを両方少年王に取られたから…


そしてここぞと言う時には青年に戻ってうっかり発動
うっかりのお陰でキュルケとかタバサも空気になりません。


545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 22:18:12 ID:mC+hne+s
ルイズと属性が一番近いのは虚数属性の桜じゃね?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 23:18:41 ID:NqmVHBOv
>>545
幾らなんでもルイズに失礼
桜のは虚数というよりは影

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 23:25:05 ID:VmQhAer4
>>538
士大夫=官みたいなもんだよ
科挙制度が実施されてた以降も試験に落ちても、士大夫は地方官の秘書とて七品ぐらいの職に就けた

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 23:26:25 ID:VmQhAer4
ゴメ>>528

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 23:32:36 ID:NZbr/LLL
>>545
桜はタイガー道場でも絶賛されているぐらい「やれば出来る子」


550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 01:42:43 ID:uwKHzUSK
>543
俺的には
ルイズ=慢心王(これ以外無い位ピッタリ)
タバサ=弓(目的の為に自分を棄ててる所とか…)、キャス子(利用され属性的に)

こんなイメージが…

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 03:04:01 ID:aGCFLJSM
自分のイメージとしてはこうだな。

ルイズ=征服王
キュルケ=5次ランサー
タバサ=セイバー
フーケ=メディア
ワルド=弓
ティファニア=アンリ



552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 03:12:34 ID:A5M4t8RD
>>551
キュルケが女運ならぬ男運が無さそうだな。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 03:18:57 ID:PJk3Y2Vu
ルイズ=慢心王
キュルケ=征服王
タバサ=ゴッドハンド
おマチさん=新妻
テファ=ニート王



ジョゼフ=言峰


ワルド=ぞーけん爺ちゃん

かねぇ、個人的には。
ウェストウッドの村が鉄壁になりそうな組み合わせだが。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 03:41:10 ID:aGCFLJSM
鯖なしならこうだな。

ルイズ=ワカメ
キュルケ=綾子
タバサ=士郎
ギーシュ=凛
ジョゼフ=言峰
ジャン=キリツグ


555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 03:44:24 ID:mi+thRwP
ジャンとはワルドかコルベールか

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 03:57:40 ID:aGCFLJSM
⊃コルベール

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 04:12:50 ID:mi+thRwP
マジレスされちまった…

( ゚Д゚)ナンテコッタイ

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 09:46:10 ID:+gbDHH+/
俺にはID:mi+thRwPの意図が掴めない

559 :魔眼の使い魔(4):2007/11/17(土) 10:46:37 ID:LMmY4IDj
「なーんでわたしがこのようなーつらいつとめをせにゃならぬー♪」
「何よそれは?」
「水木しげる先生の『総員玉砕せよ』は漫画史に残る傑作です、ルイズも是非読んでくだ
さい」
ルイズのぱんつ(洗濯中)を打ち振って力説するメドゥーサ
「いや意味わかんないし」
「ところで何の用でしょうかルイズ、見ての通り…」
右手でルイズのぱんつを干しながら左手に実体化させた釘剣を投擲する
「ぐげっ!」
植え込みの陰に隠れていたマリコルヌを左手一本で引き寄せると懐に忍ばせたルイズの使
用済み下着を没収し鎖に雁字搦めにされた肥満体をグリグリと踏み躙る
「見ての通り大変忙しいのですが」
「洗濯終わったらアンタの服買いに行くからね」
ルイズは言った
マリコルヌの後頭部にサッカーボールキックをかましながら
「使い魔がそんな痴女みたいな格好じゃこっちが体裁悪いのよ」
蹴り足に更に力が籠る
ひょっとして照れてる?
「成程つまり私に腰元のコスプレをさせてお代官様プレイをしたいと」
「一回アンタの頭カチ割って脳味噌洗濯しようかしら?」
「ああルイズ、その辺で止めておいたほうが」
足元を指差すメドゥーサ
耳から血を流しながらマリコルヌがビクビクと痙攣していた
「お待たせしました」
校門前に立つルイズの元へ馬を引いて現れるメドゥーサ
「マリコルヌは?」
「手当てをした後で荒縄で縛って『この者下着ドロ』と書いたズバットカードを添えてヴ
ェストリの広場に晒しておきました」
「イマイチ良く分かんないけどまあいいわ、ところで…」
どこか神々しさまで感じさせる白馬をじっと見つめるルイズ
「こんな馬ウチの学園にいたかしら?」
「さあ、私は適当に選んだだけですから」
そりゃ無いよと言いたげな馬
「では逝きましょう」
「ちょ、逝きましょうってナニ!?!」
「レッツゴーラディカルグッドスピィィィィィィィード!」
「キャラが違うーっ!!」
ルイズとメドゥーサを乗せた白馬は地上の彗星となった

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 13:32:12 ID:g4/pepf3
まだか! 続きはまだか!!

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 17:27:46 ID:XC9ij2OH
これはもしかして普通の馬にベルレフォーン使っているのかw

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 18:45:22 ID:JJ+iKCNO
1 翼を隠したペガサス
ルイズの台詞とも辻褄が合う
スピードが出る乗り物を「適切かつ妥当に」選んだ

2 近所の山にいる野生馬の中で良さそうなのを捕まえてきた


563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 18:48:10 ID:Wi6kEM9d
まさか、妹みたいなものができて楽しくて仕方がない状態では

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 18:54:47 ID:Yk61ez8U
>>563
…………かもしれんw
このメデューサはキュルケとルイズいぢりについてアツく語り合って意気投合したりしそうだw
続きに期待してます、頑張れ魔眼さん!

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 17:39:43 ID:ncHzj5P8
何でだろう…どっちの原作絵でもなく磨伸絵で情景が浮かぶのはw

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 18:43:32 ID:Kqxa0Nlp
眼鏡、八重歯、デカ乳……どれも磨伸センセの御家芸だからさw
つかの>>565のせいで俺まで魔眼が磨伸絵で再生されるよーになっちまったじゃないか責任取ってくれww

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 18:48:14 ID:9TUznOKe
全然不都合はないな。

568 :マロン名無しさん:2007/11/18(日) 21:27:02 ID:rtgpY3ef
ギーシュとワカメって似てるな

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 22:26:00 ID:ncHzj5P8
>>566
まてwwおれのせいかよww

ネタの選択自体も磨伸チックだしなw
水木センセにスクライドに…

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 10:36:47 ID:DMS9E9Kq
それにしても来る人増えたな

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 18:33:46 ID:sUva5FO4
それは兄貴の力だよ!

572 :魔眼の使い魔(5):2007/11/19(月) 18:59:14 ID:kEm3AMoC
「で、服を買いに来たハズの私達は何故武器屋にいるのかしら?」
「大宇宙の大いなる意思(CV:水谷優子)の導きでしょう」
「何よソレは?」
「追求してはいけません、ナ■■ンが現れます」
「だから意味わかんないって…聞いてないしー!」
陳列棚から取り上げた白黒一対の中華剣を凝視するメドゥーサ
「店主、これは?」
「そりゃこないだ店に来たやたら押しの強い姉ちゃんが売りつけてったモンだよ、相方の
若白髪が何か言おうとするたびにどつかれてたんでよく覚えてる、ってどうしたねコメカ
ミ押さえてしゃがみこんだりして?」
「エラー、エラー、エラー、メモリー回路に深刻な障害が発生しています、強制終了のの
ち再起動してください。…ジーカリカリッ…ふう、ご心配をおかけしました」
「ちょっと、大丈夫なの?」
「はい、店主の言った二人連れに激しく慨視感を覚えたのですが気のせいでしょう、気の
せいにきまっています!気のせいだと言ってくださいっ!!」
「ちょ、まだ心の準備が!」
ルイズの肩をぐわしと掴みぐいぐいと顔を寄せるメドゥーサ
どう見ても恥らう少女の唇を奪おうとする痴女です、本当に(以下略)
「触らぬ神に祟り無し」
棚の隅で埃を被った長剣がボソリと呟いた
「さっきはようもナメた真似してくれたのう!」
武器屋を出たルイズとメドゥーサの前に現れたのは典型的なチンピラゴロツキオーラを纏
ったお兄さんがた1ダースほど
「誰だっけ?」
「気にする必要はありません、木曜洋画劇場なら真っ先にカットされる程度の瑣末なエピ
ソードです」
「ざけんじゃねえぞゴルァ!」
悲しいほどに小物!
「ブチ犯すぞこのアマ!」
滑稽なほど小物!
「とはいえここで騒ぎを起こすのもアレですし、ひとつ穏便に交渉といきましょう」
男達の輪の中に入りなにやら会話をかわしていたメドゥーサがルイズのもとに戻ってくる
「しばらくペガ…そこの駄馬と時間を潰していてください」
抗議の嘶きをあげる馬
「ジェノサイドは駄目よ」
「私が約束を守れば荒事にはなりません」
男達と連れ立ってケバい看板の建物に入っていくメドゥーサ
その建物の用途を理解したルイズは真っ赤になって固まった

二時間経過

「お待たせしました」
平然と現れるメドゥーサ
「え〜と、お疲れさま?」
リアクションに悩むルイズ
気まずい空気を何とかしようと慌てて言葉を続ける
「そ、そういえば一緒に入ってった男達が見えないけど?」
「死にはしませんが三日は口も利けないでしょう、当分はこの町も静かになります」
妖しい微笑を浮かべペロリと唇を舐めたメドゥーサの背後にお坊様を丸呑みする白蛇を幻
視したルイズは思わずぱんつを湿らせてしまうのだった

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 19:04:18 ID:/KEWQclI
赤い主従ちょっと待てww

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 19:24:11 ID:F499/bQr
>>572
お坊様を丸呑みにする白蛇……それ何て安珍清姫?w
とりあえずメドゥ姐さんの痴女っぷりに乾杯w

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 20:10:59 ID:xleaX8Fz
ゴメスの嫁(の半身)から監督、紅の守銭奴達に……

なんか色々吹いて腹痛い、、、、、
下手したら食堂で兄貴がバイトしてたりしそうなんだが

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 20:22:39 ID:rYtmYefA
まさかここでナベシ・・・
うわ引きずり込まれくぁwsでrふゅじこlp;@:「」

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 23:27:35 ID:jyC23qdJ
>>572
ホントに磨伸センセみたいになってるよwエロっぽいけどw
木曜洋画劇場とかもうねwwヴァンダムって動詞w

デルフが空気読みすぎて忘れ去られそうです><

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 01:04:37 ID:j4JQb7lU
ところで、ブサイクモザイク猫と真祖の姫が同じ声優さんだって信じられるか汝?

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 01:49:52 ID:zbAe+9mH
辺境の怨女やぶちまけ斗貴子さんもやってたんだぜ?

取り敢えずビーストの最終回は色んな意味で凄かった……

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 12:03:10 ID:tcGWy8jl
さつきを召喚するな
俺だったら
またしても、さっちんが不幸に…

581 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/11/20(火) 16:23:10 ID:ucFs63Wx
さっちんが幸せになるなど、聖杯でもかなわぬ願いぃぃいぃぃぃぃぃいっぃぃぃ!

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 17:38:49 ID:wiSofE9W
どつぼに不幸なさっちんと

生まれてから不遇扱いのルイズのコラボか


…小公女(金持ちの親戚未登場)の
飼い犬がフランダースの犬みたいに
すくわれねぇ話だw

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 18:13:36 ID:wFmtqULI
とりあえず、トリスティン吸血事件でおk?

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 18:58:05 ID:44XSKVwS
さっちんに血を吸わせようと指を少し切って血を垂らして、
それをさっちんが舐めとっているところをキュルケに見られて、
てんぱるルイズ

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 20:02:37 ID:jAO0m97j
>>580
日光どうしよう?

メルブラ後始祖レベルになって日光をも克服したさっちん
士貴をデートに誘おうと日中出歩くものの強い日差しでダウン寸前
朦朧としながら逃げ込もうとしたビルの隙間で待ち構える召喚ゲート…

本当はネコアルクが潜る予定でしたとさ…

とか?


586 :魔眼の使い魔(6):2007/11/20(火) 20:16:27 ID:naUpQUvj
「真夜中のお散歩ですか?」
「ま、真夜中のお散歩なのよ!」
「全部洗濯して着るもの無しですか」
「全部洗濯しちゃってスッポンポン…って誰が痴女よっ!!」
「ノリが悪いですねぇ」
説明しよう!時刻は草木も眠る丑三つ時、宝物庫への侵入路を捜して外壁をよじ登ってい
たミス・ロングビルこと土くれのフーケは屋根の上でメドゥーサと鉢合わせしてしまった
のだ!!(ナレーション:富山敬)
「あ、アンタは何してんだい!」
「もちろんコレです」
おもむろにアゴと口周りに付け髭を装着し屋根の上でバイオリンを弾くメドゥーサ
「ちなみに森繁久彌バージョンです」
「全然分かんないわよっ!」
一瞬にして作り出した巨大ゴーレムの、ご丁寧に鉄に錬金した拳でツッコミを入れるフー

だがゴーレムの拳が屋根を叩いた時にはメドゥーサの姿はフーケの頭上を舞う天馬の上だ
「種明かしするとこの仔の散歩の途中で壁を這い上がっているミス・ロングビルを見かけ
たので先回りして待っていたのです」
とカメラ目線のメドゥーサ
「無視するなー!」
「ではそろそろ決めますか」
胸の谷間から取り出した騎英の手綱を愛馬にセット
「FULL・CHARGI」
電子音声とともにCGっぽい魔力の渦がペガサスの周囲に発生する
「ちなみに発着音はクライマックスフォームでお願いします」
圧倒的な魔力の高まりを肌で感じてすっかり戦意喪失してしまうフーケ
(あんなのムリ…死んじゃう……)
「では倒しますがよろしいですね?」
「い、今からでも遅くないわ!私達きっと良いお友達になれると思うの!!」
「答えはきーてません」
「嫌ァァァァァァァァァァァァァァツ!!!」
フーケのゴーレムを一撃で破壊し、閃光の尾を引いて上昇するペガサス
「私の強さに全米が泣いた!」
巻き添えを喰らって崩壊する宝物庫を綺麗サッパリ無視して凱歌をあげるメドゥーサ
アニメの扱いがよほど不満だったらしい
天馬に咥えられ宙ぶらりんのフーケは異次元からの電波を受信中らしく虚ろな声で唄って
いた
「そーらーにーあおいりゅうーせーいーよるのうんーがーをーすべるよおーだねー…」

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 20:21:57 ID:hoaW4r2a
それにしてもこの痴女、ノリノリであるw
いーぞもっとやれww

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 21:47:58 ID:YejKw1J6
ライダー俗世に染まりすぎwww

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 21:49:28 ID:5VWWhr15
なんつーか某魔眼同盟を彷彿とさせるテンションだなw
そんなライダーさんは大好きだ、もっとやれー

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 22:13:23 ID:0vweIvEI
>>589
そんなヘイト系最低SSと一緒にされちゃ書き手も迷惑だろ

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 22:17:53 ID:wFmtqULI
あれってヘイトあったか?

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 22:43:55 ID:0vweIvEI
士郎に対するヘイト

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 22:55:51 ID:IEPnguRV
もうあんた磨伸センセ(偽)だよ

chargeのスペル違うってwww
それ含めてネタかwしかしこの元女神、バ○ダイ製のおもちゃ片手にノリノリでやりそうで怖い。
マチ姉さんは引き渡されずに玩具大好き痴女の餌になってしまうのか

>魔眼同盟
ヘイトって言うか最低系だよな

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 23:02:43 ID:jAO0m97j
>>593
日本語発音の「チャージ」を表現してるんだよ!多分

天然ボケっ子ならそれはそれで貴重。


そういえばオスマンはどうなる?
1 腐っても大魔法使いなオスマンは自力で石化を解く
2 ライダーか誰かが助けてくれる
3 現実は非常である このまま物語からフォードアウト


595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 23:06:46 ID:xuVIigXh
4:話数が進んだらいつの間にかセクハラしに復活→また石化のコンボ。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 00:51:32 ID:BFhj8PmH
さて、なりたい姿に変身できるマジックアイテム「真実の鏡」を前に
煩悶するメデューサさんはもう幾つ寝ると見られますか

あと、ルイズは痴女で露出狂。異論は認める

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 08:31:03 ID:JVCFRPS2
>>623
ツンデレ露出狂痴女がヒロインだと!ちょっくらゼロ魔立ち読みしてくる。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 11:37:18 ID:zTknPNff
>>594
あれ、そういえばオスマン、宝物庫に放置プレイだったような気がする。
ベルレフォーンで吹っ飛んでなきゃいいけどw

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 13:20:07 ID:gp2VBtVg
>>598
皹が入って中から割って出てきてオスマン復活!
…全裸で…

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 13:25:35 ID:orLfymzF
そしてライダーにナニを笑われる。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 13:58:56 ID:hspKgcoW
そして新しい趣味に目覚める

602 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/11/21(水) 15:07:59 ID:mNphIQ9r
おまいら、オスマンをなンだと思ってるのかねwww

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 16:57:40 ID:M7YbbvW+
>>602
エロ爺だろ、ただの。
・・・いや、ちょっと偉かったり、強かったりするのかも知れんけど。
間違いなくエロ爺。うん、そのはず。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 16:59:37 ID:7161tZv9
山の翁

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 17:31:44 ID:q0cc6blA
>>604
つまりこういう事か
ザヴァーニーヤ
妄想尻乳

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 18:42:20 ID:MpuhECkU
妄想乳尻 (ザバーニーヤ)

(前略)対象の『尻を触る』事に特化した『怪老の腕』(中略)
防ぐには耐久、魔力の高さではなく触らせないようにする敏捷(以下略)

607 :魔眼の使い魔(7):2007/11/21(水) 19:52:44 ID:SWjwXUz+
その日午前中の授業を終え寄宿舎に戻って来たルイズが見たものは二人の生徒を指揮して
大量の書物を自室に運び込んでいる自分の使い魔だった
「一体何事?」
「ああルイズ紹介しましょう、助手のジェイクとエルウッドです」
「マリコルヌとギーシュでしょ」
「やはり学院の制服では気分が出ませんね、どうにかして黒のスーツとサングラスを入手
しましょう。あとブルースモービルも」
「だから何の事だか、もういいわ…」
メドゥーサを追求しても無駄だと判断したルイズは矛先をマリコルヌとギーシュに向けよ
うとするも何も聞いてくれるなと背中で語る男二人
どうにも収まりのつかないルイズは足元に積まれた本を見て目を見張った
「コレって図書館の本じゃないの!生徒だって勝手に持ち出せないのにどうやって?」
「ああ、ソレは−

コルベールの実験室(二時間前)
「駄目ですな」
「どうしてもですか」
「なにぶん前例がありませんので残念ながらご期待には添いかねます。わかったらお引取
りください、私は倒壊した宝物庫から掘り出した学院ちょ…もとい石像の修復で忙しいの
です」
「そうですか、ところで昨夜はミス・ロングビルの■■■で何発抜きました?」
「なっ!?い、一体なんの話を…」
「恥じることはありません、健全な殿方が夢の中で意中の女性にあんなことやこんなこと
をしてしまうのは自然の摂理です。とはいえ真っ先に後ろの穴を使うとはなかなかにマニ
アックですね」
「アッー!図書館の蔵書の貸し出し許可でしたな!はいはいすぐ書類を用意します
ぞ!!」

−ということがありまして…おや、どうしたんですかルイズ真っ赤になって固まって。そ
れにジェイクにエルウッド、なに前屈みになってるんですか」
「…色々言いたいコトはあるけどとりあえずこの本どうするつもりなのよ」
「もちろん読みます、使い魔としてルイズの役に立つためにはこの世界の事象について理
解を深めなければなりませんから」
激しい(心理的)衝撃を受けてヨロヨロと後ずさるルイズ
「痴女がマトモな事を言ってる…これはアルビオン墜落の前触れ?」
「貴女も結構言いますね」
その後午後の授業の時間となりルイズは教室に向う
「留守の間に変なコトしないように」
「女神(アテナ)に誓って」
ルイズを送り出したメドゥーサは室内を見回し
「仕事場、アシスタント、そして資料は揃いました。後はリビドーの赴くままペンを走ら
せるのみ」
椅子に腰掛け机に広げた真っ白な原稿用紙に向き合う
「まずは原作に沿ってルイズ×シエスタから始めるとしましょう」

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 20:01:10 ID:MpuhECkU
続きktkr
やっぱり石像に被害出てたのね


何やってんだ痴女ーッwwコッパゲ先生まで毒淫夢にかかって…いや自ら突っ込んでいったのか

ってか作家するんかいwww
ジェイクとエルウッドに一体何が?

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 20:30:16 ID:1s3KmcDG
乙!

だが俺の食後のウーロン茶返せwwwwww

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 20:41:52 ID:TcXfFkbV
アテナに誓いやがった!
ルイズその誓いは絶対に守られないぞw

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 23:56:01 ID:M2dTiQkZ
一番のつっこみどころは、この痴女が『原作』を知っているところ。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 00:06:19 ID:cg3uz1rl
それは些細なことさ。それよりコッパゲがそれほど消耗した様子がないのが気になる。
ライダーもおっさんからは搾り取りたくはなかったのかw

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 02:00:26 ID:2CUc7mv7
コッパゲのおっさん意外と優良物件なんだけどねw

614 :Zero/stay night投下予告コント:2007/11/22(木) 17:08:21 ID:DW0UCY2E
キュルケ(カンペを出す)
 タバサ「この物語は、ランサーを召喚してしまったルイズの平凡な日常を淡々と描くものです。
     過度の期待はしないでください」
キュルケ(次のカンペを出す)
 タバサ「あと、部屋を明るくして、モニターから3メートルは離れて観やがってください」
キュルケ「....え〜と、タバサ?とりあえず台詞通りなんだけど、何か不機嫌じゃない?アナタ」
 タバサ「....本編の扱い」
キュルケ「ああ、確かにアナタって幽霊っぽいモノが出てくる話になると大抵気絶してるわよねぇ
     でもいいじゃない。アナタが皆から愛されてるって証拠よ」
 タバサ「そう?」
キュルケ「そうよ。原作でも独立短編が2冊も出てるし、ルイズじゃなくってアナタが他作品のキャラを召喚する話が沢山あるのもその証拠よ。
     ほとんどの作品で序盤のやられ役になってる人たちに比べれば遥かにいい扱いじゃない。
     それにホラ、今回召喚された彼はアナタの大好きな『英雄』でしょ?」
 タバサ「....はじまる」
キュルケ「え?何?本編の投下?」
 タバサ「二人の恋のヒストリー」
キュルケ「......え?」

615 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/22(木) 17:13:11 ID:DW0UCY2E
それが昔なのか未来なのか、それすらわからない時空の彼方
コノールという王様と、その妹でデヒテラという王女がいました。
ある日、二人は道に迷ってしまいます。そんな時、一軒の家を見つけました。
日も暮れてきたので、二人はその家に一晩泊めてもらうことにしました。
するとその晩、その家では男の子が一人、馬が二頭生まれました。
男の子はたいへんかわいらしく、デヒテラはたいそう男の子を気に入りました。
そして夜が明けると、不思議なことに一軒家はあとかたもなく消え去り、男の子と二頭の仔馬だけが残っていました。
そこでデヒテラは男の子と仔馬たちを連れ帰り、自分で育てることにしました。
ですが、悲しいことに男の子は間もなく死んでしまいます。
悲しみに暮れるデヒテラは、コップの水を飲むとき、一匹の虫が入っていることに気づかず、一緒に飲みこんでしまいました。
するとその晩、デヒテラの夢の中に光明神ルーが現れ、驚くべきことを教えます。
死んでしまった子は自分の子供であり、今デヒテラのお腹の中にいるというのです。
再び生まれてくるその子を育てるようにとルーが告げると、デヒテラは目を覚ましました。
そして、ルーの予言どおりに生まれた子供はセタンタと名づけられ、戦士として育てられることになりました。
この子供こそ、後に一騎当千の活躍を見せる、アルスターの光の神子、■■・■■■■....

そう、彼は生まれた時、否、生まれる前から英雄だった。
――――なら、彼を召喚した私は....


「目、覚めたか?お嬢ちゃん」
「んにゃあ......っひゃあ!」
目を覚ました途端、目の前に男の顔があることに驚いて珍妙な声をあげてしまう。
「うひゃあは無えだろ、うひゃあ、は。うなされてたモンだから、怖い夢でも見てるのかと思って心配してやったのに」
そう口では言いながらも、私の反応が可笑しくてたまらないといった様子でクツクツと笑い声を立てる男を見ている内に、頭は正常な状態に復帰する。
「―――思い出した、そう言えばアンタを召喚したんだったわね」
「お、やっと頭が回ってきたみてえだな。しっかし、アレくらいで気絶するたあ、まだまだだな」
「あ、当たり前でしょっ!魔力使い切った上に血流し過ぎてフラフラだったんだから!」
「あぁ、それもそうだな。悪かったよ、お嬢ちゃん」
「ーーーーッ!」

またも自分を『お嬢ちゃん』呼ばわりしてくる使い魔に癇癪を起こしそうになる。
が、何とか自分を落ち着けようと試みるオトナな私。
(ダメ、ダメよルイズ。ここは余裕のある態度で、主としての威厳を示さなくっちゃ)
何とか気持ちを落ち着かせようと、使い魔から視線を逸らす。
寝かされていたのは自分の部屋だ。窓の外には、美しい月が二つ――――

「って、もう夜じゃないの!」
「おう、お嬢ちゃんが気絶してから6・7時間は経ったかな」
そんなに気絶していたのか。残りの授業を全て欠席してしまったことに気づいて嘆息する。

616 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/22(木) 17:17:11 ID:DW0UCY2E
そうして現在、部屋の中には私と使い魔の二人きり、と。
アレ?ということは―――
「アンタ、ずっと側に付いててくれたの?」
「あぁ、この格好のままじゃあナンパにも行けやしねぇしな」
「ナンパって何?」
「何って、ガールハントだろ」
「がーるはんと?何それ」
「....ちょっと待て。まさか、『コッチ』にはナンパという習慣は存在しないとか言わねぇよな」
真剣な面持ちで質問してくる使い魔に気圧されながも、知らない、と頭を振る。

――――もっとも、二人は預かり知らないことではあるが、ここハルケギニアにもナンパという習慣は存在する。
しかし、それは都市生活者、なおかつ平民層に限られた習慣である。
貴族階級においては、あくまで社交の場における貴族同士の上品なやりとりが基本だ。
例外的に、平民や自分より位の低い貴族をライク・ア・マダムバタフライな感じに『食っちゃう』事はあっても、ナンパなんて事はしない。
よって、厳格な母に厳しく躾けられたルイズはそんな習慣について知っているはずもなく、
聖杯から与えられる知識を有しているランサーも、ナンパについての知識なんてモノは与えられてねぇのである。―――閑話休題

私の答えを受けて、使い魔は明らかに落胆した気配を見せる。
ドラゴンにも動じなさそうな使い魔の、その尋常ならざる様子を見て、慌てて声をかける
「ど、どうしたの?」
「いや、今初めて召喚されたことを少しばかり後悔している。
 ....そうだよなぁ、あの時代が普通じゃないんだよな」
そう言って落ち込む使い魔の様子に、なんだか自分が悪いことをしたような気になってくる。
そんな私の内面の推移など知る由もなく、使い魔はさっ、と感情の拘泥を棄却してしまう。
「ま、それはそれで仕方無ぇか」
当人はそれで済んでも、私はそんなランサーのすっぱりした切り替えに付いていけない。
「ちょ、ちょっと、それでいいの?何か大事なことだったんじゃないの?」
「あ〜、いいんだよ。別にソレが目的で召喚された訳でなし」
?何ソレ、その言い方だと―――
「じゃあ、アンタは目的があって召喚されたの?」
「おお、そうだった。なぁ、嬢ちゃんは使い魔召喚の儀式でオレを召喚したんだよな」
「ええ、そうよ」
「じゃあ、『聖杯』が目当てって訳じゃねえんだな」
「セイハイ?」

そして、使い魔は聖杯と、ソレをめぐって引き起こされる聖杯戦争について語った。

617 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/22(木) 17:20:39 ID:DW0UCY2E
――――聖杯戦争。
どんな願いも叶える力を持つ聖遺物、その聖杯に選ばれた魔術師は同じく聖杯を欲するサーヴァントを召喚し、
万能の願望機を我が手に得るため、サーヴァントを従えた他の魔術師達と殺し合う、という魔術儀式

「どんな願いも、か....」
ソレに願えば、もしかしたら自分も普通に魔法が―――、などと一瞬考えたりする。
だが、そんな理由で殺し合いをするなんて本末転倒、だって、私が魔法を使えるようになりたいのは――――

そうして、何か大事なコトを思い出しそうになった時、

「で、どうなんだマスター。マスターに選ばれるのは、何かしら聖杯に願う所の在るヤツだったりするんだが」
そう使い魔に声をかけられて、思考が中断される。
「ね、願い?!べ、べべべべ別に願いなんてないわ!」
内面の動揺を悟らせまいと急いで答えると、使い魔は何もかも見透かしたような顔で、はぁ〜ん、などと口にする。
「な、何よ!願いなんて無いって言ってるじゃない!」
「いや。アンタは願いを持ってる」
「だから―――」
「見てりゃ解るって。願いは持ってるが、ソレは自分の力で叶えるモノであって、他人を殺して叶えるモノじゃ無えってこったろ?」
結局何もかもお見通しだったらしい。それ以上言い返せず、使い魔の顔をにらんで、う〜、等とうなる。

そんな私を無視して、使い魔は話を続ける。
「まぁ、マスターがそのつもりでも、他のヤツはそうとは限らねえからな。
 マスターも一応、戦う覚悟はしといてくれ」
「?どういうコトよ」
「聖杯を欲しがる他のマスターから襲われるかも知れないってコトだよ」
「なんで?そんなの欲しい人が勝手に探して自分のものにすればいいじゃない」
だが、私の至極もっともと思われる意見に、ランサーは頭を振る。
「そうもいかねぇんだよ。他のマスターを排除するのは、まぁ表向きの理由としちゃあ、聖杯を確実に手に入れる為ってことだ。
 聖杯はサーヴァントと同じ霊体だからな。サーヴァントにしか触れねえ。だから他のサーヴァントを排除する、と」
「表向き?」
「ああ、実際は、聖杯を使えるようにするにはサーヴァントの魂が必要なんだよ。
 オレ達サーヴァントってのは膨大な魔力の塊だからな。死んだサーヴァントを聖杯が回収して、その膨大な魔力で願いを叶える。
 ソレが聖杯の正体だ。だから自分の願いを叶える為に他のサーヴァントを排除する」

―――気にいらない。
死んだ人の霊に殺し合わせてもう一度死なせた上、その霊を利用して自分の願いを叶えるなんて。
「バカじゃないの、そんなの貴族のするコトじゃないわ
 大体、そんな都合のいいモノ、本当にあるの?」
「それは間違い無えだろうな。
 サーヴァントは召喚された時点で、その時代・その場所の一般常識を知ってるんだが、それは聖杯から与えられるモンだ。
 オレにもちゃんとこの世界についての知識が与えられてるって事は此処にも聖杯はあるんだろうな」
「ふ〜ん、便利なものね」
それでイキナリ召喚されたのに、使い魔召喚の儀式だって解ったのか。
「...ってちょっと待って、今アナタ『この世界』って言った?」
「おう。聖杯に与えられた知識通りなら、ココはオレが在った世界の外みてえだな」
「違う世界から来たってこと?そんなの聞いたこと―――」
無い、と言おうとして、ハルケギニアでは子供でも知る故事を思い出す。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 17:21:12 ID:dogtK1Um
キタキタキター!!支援

619 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/22(木) 17:23:37 ID:DW0UCY2E
伝説に曰く、始祖ブリミルは『四体の使い魔を従えて、このハルケギニアの地にやって来た』のだと。
『やって来た』ということは、ハルケギニアではない何処かからやって来たという事である。
此処ではない何処か。今までは、別の土地とか、神々の世界だとかを漠然と考えていたけど、もしかしたらソレは異世界という事なのかも知れない。
そう考えれば、あながちあり得ない話でもないのだろう。
ならば、残る問題は―――

「で、結局英霊《サーヴァント》って何なの?すっごく強い幽霊ってことでいいの?」
「あ〜、乱暴な言い方だが的を得てる。だが正解ってわけでもねえな。
 大抵の英霊は生前の功業が語り継がれることで、精霊・神霊の域に祀りあげられた存在なんだが、
 中には人々の伝承だけで形づくられた、架空の人物も召喚されてたりするからな」
...要するに、多くの人々に伝説が語り継がれることで、英霊になるのか。
ならイヴァールディの勇者やら始祖ブリミルの英霊なんてのもいるのかしら?
じゃあ、コイツも人々にその名を語り継がれ―――って、そういえばコイツの名前、まだ聞いてない。
「ねぇ、契約する前、私だけには名前教えるって言ったわよね?」
「ああ、それなんだがなマスター。この場合、マスターにも教えねえ方がいいと思うんだが」
「なんでよ、私には教えられないって言うの?!」
「いやな、オレ達サーヴァントがマスターにしか名前を教えないのには理由があんだよ。
 英霊ってのはソイツにまつわる逸話が語り継がれてる。ソイツが何に苦戦したか、どうやって死んだかとかな」
「そっか。その英雄についてのお話を知ってれば弱点が解るってことね。
 ....でも、それと私に名前を教えないのがどう関係するのよ。私が秘密を言いふらすように見えるって言うの?」
納得いかない、という意思表示として使い魔をじ〜っとにらみつけてみる。
しかし、私の抗議など、使い魔には蚊が刺した程も効果がないらしい。それどころか

「んな顔すんな。怒ってる顔も可愛いが、お嬢ちゃんは笑顔のほうがカワイイと思うぜ」
なんて、言葉を口にした。

「なっ、なななな」
その台詞に動揺しきりな私を他所に、使い魔は勝手に話を進めてしまう。
「サーヴァントの中には魔術に長けたヤツらも居てな。ソイツらならマスターの思考を読み取れる。
 お嬢ちゃんには、思考を読み取る魔術に対する抵抗《レジスト》なんて期待できねえしな」
......確かに。
私はメイジとしては落ちこぼれだ。満足に呪文を完成させられず、初めて成功したのがサモン・サーヴァントだったのだ。
思考を読み取る魔法を防ぐなんて出来る訳が無い。

「......そういうことなら仕方ないわね。一万歩譲って、名前を教えるのは許してあげるわ
 それで、なんて呼べばいいの?ランサーだのガンダールヴだの言ってたけど」
「ランサーって呼んでくれ。前に召喚されてた時もそう呼ばれてたしな」
「判ったわ。それでランサー、アナタ私の使い魔をする気あるの?」
そう、ソレは確認しないと。コイツは聖杯を求めて召喚されたんだから、きっと叶えたい願いがあるんだろう。
聖杯戦争なんて興味のない私の使い魔を、おとなしく続けてくれるとは思えない。
そう、思ったんだけど――――

620 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/22(木) 17:27:09 ID:DW0UCY2E
「ま、マスターは聖杯戦争に参加するつもりも無えみてえだし、フツーに使い魔やるのも悪く無えか」
自称異世界人はこの調子だし。
「何よソレ。アナタも叶えたい願いがあるんじゃないの?」
「いんや。オレの願いは聖杯でなきゃあ叶わない願いでもないんでな
 こうして現世での実体を得られさえすれば、運がよければそのうち叶うさ」
......なんていい加減なのかしら。でも、結局ランサーの願いについてははぐらかされたみたい。
でも、言いたくないことの一つや二つ、誰にだってあるわよね。そこは余裕を持って許してやるのが主の度量ってものよ、うん。

そんなオトナな態度をランサーに見せつけるように、私は余裕たっぷりの態度で尋ねる。
「な、ならいいわ。で、アナタ、使い魔の仕事って何をするか判ってるの?」
「ああ、それについては聖杯からの知識で判ってる。まずは、知覚の共有だろ?」
そう、メイジは契約した使い魔の見たものを見ることができる。
コントラクト・サーヴァントは成功したんだし、私にもきっとできるはず
「じゃ、じゃあやってみるわね」
「んな緊張するなよ。パスはちゃんと繋がってんだから、問題無くできるハズだぜ」
「そ、そそそそう?わかったわ」
ランサーの言葉に動揺しつつ、教本どおりに意識を集中させる。
すると、ベットに半身を起こした桃色髪の美少女が見えてくる。
これは間違いなく私だ。と言うことは、ランサーが見ている私が見えてるってこと――――?!
「やった!見えた!見えたわ!!」
初めて魔法らしき魔法が成功した、その実感に思わずはしゃいでしまう。

すると、ランサーはあきれたような顔をして私の喜びに水を差す。
「だからんなモン当たり前だって。そんな大げさな事でもないだろマスター」
「う、うるさいわね!で、次よ次!
 使い魔は主の求めるものを見つけてくる!」
「ああ、魔術に必要なモノの入手な。まあ問題ないだろ。
 この辺の地理には詳しくねえが、ソレはおいおい覚えてきゃいい。ま、マスターの望みが聖杯だってんなら難しいけどな。」
「ふん、そんなモノ欲しくないわよ。で、最後、使い魔は主のことを守る!」

そう、コレが一番大切な使い魔の役割である。
メイジは様々な場面で戦闘を余儀なくされる。
戦争、人に害をなす亜人や幻獣・猛獣の討伐。領地を経営し、お城勤めをする貴族なら誰もが戦闘を経験することになる。
そのような場面で、自分の使い魔が役に立つか立たないかはメイジにとって重大問題である。
まあ、ランサーが強いのは間違いないだろう。よくわからないけど、強力な魔法が使えるみたいだし。

「おう、任せとけ。その為に召喚に答えたんだからな、オレは」
「ふ〜ん。で、具体的にどの位強いのよアナタ」
ソレがわかってないと私もどのくらいまでの事を任せていいかわからないし。
そう思って尋ねた所、ランサーは、ん〜と思案した後、何か思い出したように
「そうだな、ちょっと眼を閉じてくれるか?」
なんて言葉を口にした。


......オーケー、落ち着くのよルイズ。今の状況を整理するとこうなるわ。
時間は夜中。
場所は寝室も兼ねた私の部屋。
居るのは私(美少女)と使い魔(男)の二人きり。
そして私は未だベッドの上で起き上がったままの状態。
この状況から帰結される答えは、つまり――――

621 :Geis 1  GIRL MEETS SERVANT(T):2007/11/22(木) 17:31:48 ID:DW0UCY2E
「な」
「な?」
「なななななな何言ってるのよ、出会ったばかりでそんな!
 確かにアナタは強くてカッコいいかも知れないけど物事には順序があるっていうか私にも心の準備があるっていうかだからその―――」
混乱して一気にまくしたてる私に、使い魔は涼しい顔をして、
「別に痛くしたりなんかしねえって。ホラ、安心して眼ぇ閉じな」
等と言いつつベッドの側までやってくる。
ああ、もうダメ。私奪われちゃうわ。やっぱりファーストキスからは二人の恋のヒストリーが始まるのね―――
決心し、瞳を閉じる私。

すると、額に何か触れるのを感じる。
ああ、まずは額にキスなのかしら。でも契約の時はもっとこう、柔らかかったような―――
と思っていると、イキナリ

CLASS:ガンダールヴ
マスター:ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール
性別:男性
身長・体重:185サント・70キロ
筋力:B+   魔力:B+
耐久:C+   幸運:C+
敏捷:A+   宝具:B+
クラス別能力
  対魔力:B トライアングル以下のスペルを無効化する。
        スクウェアスペル、先住魔法を以てしても、傷つけるのは難しい。
『使い手』:A 武器であるなら、Aランクまでの宝具で最大用法が可能。
        全パラメーターに+を付加。武器を手にした時のみ発動、毎ターンMPを消費。
        MPが0になるとHPを消費、毎ターン判定を行い、失敗するとスキルの効果が失われる。
        ファンブルした場合、昏倒。クリティカルした場合、全パラメーターがランクアップする。
        契約者への好意判定が強制的に「良い」になる。
宝具:刺し穿つ――――

などという、映像が見えてきた。
「......何、コレ」
「ああ、見えたか?
 サーヴァントと契約したマスターには、サーヴァントの能力を数値化して捉える能力が与えられんだよ。
 ま、お嬢ちゃんはサーヴァントはオレしか見た事がないみてえだから、あまり参考にゃならねえかも知れねえけどな」
ああ、ナルホドね。どのぐらい強いか訊かれたんだから当然よね。当然だけど――――

「こ」
「こ?」
「こんの、バァカ犬ぅーーーー!!」
「なっ、何でその呼び名を知ってんだ?!」
「うるさいうるさいうるさーーーーい!ちょっとでも心ときめかせた私がバカだったわ。
 こうなったら、主に対する礼儀を徹底的に体に教えこんでやるわ!!」

そうして、かつて誰も聞いたことの無いであろう《クランの猛犬》の哀れな悲鳴が、異世界の夜に響き渡った。

622 :投下終了 ルイズとランサーの英霊通信:2007/11/22(木) 17:35:01 ID:DW0UCY2E
 ルイズ「ルイズと!」
ランサー「ランサーの」
   「「英霊《サーヴァント》通信」!」
 ルイズ「見た目はツンデレ頭脳は貴族!ルイズ・フランソワーズ・ド・ラ・ヴァリエールよ!」
ランサー「サーヴァントのランサーだ....って、何なんだよこのコーナー。
     思いっきり某執事アニメのパクリじゃねーか」
 ルイズ「うむ、問題無い。なんと言っても私とツンデレ富豪美少女は声優が一緒だからな」
ランサー「いや、声優とか以前に喋り方まで違ってますよねソレ?!」
  ナギ「うるさいうるさいうるさーーーーい!私がいいといったらプレステだって白なのだ!」
ランサー「んな無茶苦茶な、て言うか名前まで変わってんだろオイ!」
 ルイズ「気のせいよ。そんな事より、今回はパラメーターについて解説するわよ。ランクだけじゃどうもピンとこないから、
     サーヴァント最優と言われるセイバー(アルトリア)と数値にして比較するわ」

騎士王(あかいあくま):ランサー(ルイズ)
筋力   A   50<80  B+
耐久   B   40<60  C+
敏捷   B   40<100 A+
魔力   A   50<80  B+
幸運   A+ 100>60  C+
宝具   A++200>80  B+ 

ランサー「あ〜、こうして見ると反則的に強えな」
 ルイズ「これだけの主人公補正を受けても幸運と宝具が完全に負けてる辺りがアレだけどね」
ランサー「うっせえ。コレだけ強けりゃ十分じゃねえか」
 ルイズ「ダメよ。これから本編ではヴィンダールヴだのミョズニトニルンだの
     やっぱり反則的なスキルを付与された他の使い魔と戦うんだから」
ランサー「そこまで作者が書き進められれば、だけどな。
     それはそうと、さっきは何であんなに怒ってたんだ、お嬢ちゃん?」
 ルイズ「う、うるさいうるさううるさーーーーい!!
     そんなことより、予告、予告をしなさい!」
ランサー「へいへい。では次回予告どうぞ」

623 :Zero/stay night 激しく嘘次回予告:2007/11/22(木) 17:38:25 ID:DW0UCY2E
「が――――!」
吹き飛ばされる。
バーサーカーもかくやという一撃は、たやすくギーシュ・ド・グラモンの体を弾き飛ばす。

「――――」
なのに、踏みとどまった。
「ぁ――――はあ、あ、げ――――う............!」
錬金で造った剣を杖がわりにして、前に倒れ込む体を両手で押さえる。
その姿は、たとえようもなく無様だ。端から見れば、彼に土下座しているようにもとれるだろう。

「――――テメエの理想は破綻してんだ。
 他人より自身が大切だという考え、全ての女の子と同時に付き合いたい願いなんざ、空想のおとぎ話だ。
 そんな夢を抱いてしか生きられねえなら、抱いたまま溺死しな」

「............」
武器は崩れかけ、体は立っている事自体が無駄。
対して、彼は傷どころか呼吸さえ乱していない。

――――ここに勝敗は決した。
いや、そんなものは初めから決していた。
ギーシュ・ド・グラモンでは、英霊クー・フーリンに敵う道理などない。

......だが、それは間違いだ。
実力差がはっきりとしていたなら、こんなバカげた小競り合いになる事はない。
負けていたのは、ボクの心。
自分が間違っていると気付き、彼は正しいと受け入れた心が、弱かった。
負けていたのはそれだけだ。
なぜなら、ずっと――――

「......けるな」
「なに......?」

なぜならずっと――――この体は、オマエには負けないと訴えていた。

「ふざけるな、こんちくしょう......!!!!」
オマエがボクを否定するように。
ボクも、死力を尽くして、オマエという自分《ナンパ師》をうち負かす――――!

「―――― I am the bone of my bronze《体は、青銅で、出来ている》」
知らず、呟いた。
顔をあげる。
死にかけの体を奮い立たせる。
ごくん、と、喉につまった血の塊を飲み下す。
存在が希薄だった青銅の剣が確かな実像を帯びていく。

「テメエ、まだ」
「――――そうだ。こんなのが夢だなんて、そんな事」
とっくの昔から知っていた。
それでも、それが正しいと思うから信じ続けた。
叶わない夢、有り得ない理想だからこそ、追い続けた。
たとえ叶わなくとも。
走り続ければ、いつか、その地点に近づけると。

「――――オマエには負けない。女の子にフラれるのはいい。
 けど、自分《ナンパ師》には負けられない――――!」
最後まで、ギーシュ・ド・グラモンを張り続ける――――!

624 :Zero/stay night 今度こそ投下終了:2007/11/22(木) 17:41:40 ID:DW0UCY2E
「......じゃない」
頭を占めるのはそれだけ。
自分の思いは偽物。彼の言うとおり、全ての女の子と同時に付き合うなんて無理なのだろう。
ギーシュ・ド・グラモンはソレに憧れ続ける限り、付き合っていた女の子全員からフラれるという末路を辿る。

「......なんかじゃ、ない......!」
だが、美しいと感じたのだ。
相手の女の子の事より自分が大切なんてのは欺瞞だと判っている。
――――それでも。
それでも、そう生きられたのなら、どんなにいいだろうと憧れた。

「......、じゃない......!」
――――付き合えなかった女の子と、付き合えなかった自分がいる。
いわれもなく無意味にフラれていく思い出を見て、二度と、こんな事は繰り返させないと誓った。

「......なんかじゃ、ない......!」
それから、どれほどの年月がたったのか。
付き合えなかった女の子がいて、
フラれた女の子がいる。
付き合いきれず、フラれてしまう女の子は、いつだって出てくるだろう。
だから、これだけは忘れないように誓ったのだ。

――――全ての女の子の薔薇《味方》になる。

その言葉に籠められた願いを、信じている。
世界中の男に疎まれても、こうして自分《ナンパ師》に殺されても、それだけは――――

「......間違い、なんかじゃない......!」
頭にあるのは、それだけだ。
ギーシュ・ド・グラモンが偽物のモテ男でも、それだけはホンモノだろう。
全ての女の子と付き合いたいと。
その感情は、きっと誰もが想う理想だ。
だから引き返す事なんてしない。
何故ならこの夢は、決して。

「――――決して、間違いなんかじゃないんだから......!」

次回、Geis 2「unlimited bronze works《無限の華製》」

――――女の子を欲するならば、汝
自らのモテ力を以て最モテを証明せよ。

 ルイズ「......って、ホントにこんな話になるの?」
ランサー「いや、次回はオレがメイドをナンパする話らしいぜ」
 ルイズ「へぇ〜、メイドをナンパするの」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
ランサー「あの、マスター?ナンパの意味知らないはずなのに、何でそんなに怒ってるんでしょうか......」
 ルイズ「うるさーーーい!黙って死になさい、このバカ犬ーーーー!!」
ランサー「うぎゃああぁぁぁぁああ!」
                     ......続く?

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 18:06:45 ID:d930SlCV
ランサーの人GJ
本編も面白いがそれ以上に前座と次回予告が面白いから困るw

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 18:39:35 ID:ttTZfmgc
GJ!
ランサーよ、カッコよかった姿は何処にwww さっそくヘタレてるwww

627 :魔眼の使い魔(8):2007/11/22(木) 19:46:56 ID:Ah6DXYtI
その日午後の授業を終えたルイズが自室で見たものは怪しい動きでステップを踏みながら
声を張り上げる使い魔の姿だった
「何してんのよ?」
「ああお帰りなさいルイズ、明日の使い魔品評会に備えて持ちネタの“ミニー・ザ・ムー
チャー”の練習をしているところです。ハーリハリハリハァツ!」
「なんかいかがわしそうだから止めなさいソレ」
「何ということを、キャブ・キャロウエイを侮辱すると音楽板の住民が黙っていませんよ」
「とーにーかーくー!アンタは存在自体がインモラルなんだから!!品評会はアンタは病
欠ってことにしとくから明日は一日部屋から出ちゃダメ!分かった?」
「チッ…」
「わ・か・っ・た!?!」
「最高神(ゼウス)に誓いましょう」

翌日
使い魔達のデモンストレーションも残すはあと一人となりアンリエッタの前に進み出るル
イズ
「姫殿下、大変残念ですが…」
突然ギャラリーが天を指差し騒ぎ始める
「鳥だ!」
「飛行機だ!」
「ピップエレキバン!」
「いや、あれは痴女…じゃなくてルイズの使い魔だ!」
「あンのビッチィィィィィィィ!って…嘘……」
それは神話の再現だった
タバサの風竜を凌ぐ速度で縦横に天翔る純白の天馬
光り輝く天馬を駆るのは紫の髪を靡かせた神代の騎兵
矢のような急降下から地表すれすれで引き起こすと同時に鮮やかなバレルロールを決めて
着地したペガサスから飛び降りたメドゥーサは呆然と立ち尽くすルイズの隣りに並ぶとア
ンリエッタに向って優雅に一礼してみせた
「お初にお目にかかります姫殿下、私がルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・
ヴァリエールの使い魔です」

ルイズの部屋(三時間後)
「凄いわルイズ、こんな素敵な使い魔を召喚するなんて!やっぱり貴女はやれば出来る子
だったのね!!」
瞳を輝かせ、頬を上気させながらルイズを抱きしめるアンリエッタ
「は、はあ…」
普段のスチャラカな使い魔と先刻の颯爽としたペガサスライダーのギャップから未だにル
イズは立ち直れないでいる
次にアンリエッタはメドゥーサの手を取った
「貴女にも素晴しい出しものを見せてくれたお礼がしたいわ、何か欲しいものはあるかし
ら?」
「74年型ダッヂ・モナコ440、NYPDの放出品なら完璧です」
アンリエッタは凍りついた

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 22:27:13 ID:dJHLYM4X
エンジンもないのに無茶言うなw

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 22:32:33 ID:DPR7gaiu
>>628

乗り物好きは決して間違えじゃないんだからww

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 22:40:41 ID:PzYCdyX3
ペガサス本編より活躍してね?

631 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/11/22(木) 22:52:11 ID:fdqHuXmz
>>630
それ言っちゃらめぇぇぇぇぇぇぇえ!!!

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 23:15:33 ID:DPR7gaiu
あたる「高校生の頃、俺はモテ男に憧れていた」

ギーシュ「憧れていたってなんだよ?諦めちゃったのか?」

あたる「ああ、モテ男は期間限定でな。結婚してからも名乗ってると血を見るんだよ。
こんなこと、どうしてあれだけお仕置きされて気付けなかったんだろうな…?」

ギーシュ「しょうがないな、爺さんは」

あたる「ああ、しょうがない」

ギーシュ「しょうがないから、だったら僕がなってやるよ。モテ男に。僕なら大丈夫だろ?
じいさんの夢は、俺がちゃんと形にしてやるから」

あたる「ああ……うらやましい……」

それは月の夜。永遠の誓いをグラモンがした日のこと。

                    (槍の人の嘘予告十年前に捧ぐ)

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 00:37:34 ID:oY69iU7Q
可愛い女の子がいれば異世界に跳ばされても無問題と喝破したギーシュは本物だと思う
それが大したことなのかはわからんが

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 01:21:39 ID:s9jdQxMv
 言葉がない。
 なんでタバサが食堂にいるのか。
 なんでこんな毒の沼地みたいなハシバミ定食を食っているのか。
 それもすごい勢いで。
 顔面を硬直させて、肉などいらぬ、一度手を止めれば二度とさじが動かぬわ、という能面の如き表情。
 というか意地になってないかこいつ、食べる量が尋常ではないぞ。
 もしかしてまだ食うのか。あの苦味と痛みを百年間ぐらい煮込んで合体事故のあげくオレ外道ハシバミ今後トモヨロシクみたいな料理をまだ食うというのか。
 だとしたらまずい、タバサもまずいが俺もまずい。
 コレ、絶対言峰みたいな体質になっている。そうでなくても理解したくない。
「…立っていては話にならない…座ったらどう?…」
 食べながらタバサは言う。
「………………」
 用心しながら……いや、もう何に用心しているのか自分でもわからないが……ともかく用心しながら対面に座る。
「――――――――」
 じっとタバサの動きを観察する。
 ……凄い。ハシバミサラダ、残るは2皿のみだ。
 こいつ、本気でアレを完食する気か……と、喉を鳴らした時、不意にタバサの手が止まった。
「……………………」
「――――――――」
 視線が合う。
 タバサはいつもの死んだ魚のような瞳で、何の感情もなく私を見据えた後、
「食べる…………?」
「食うか――――!」


635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 01:46:45 ID:hmAlsiCd
>毒の沼地みたいなハシバミ定食

弁当がマップになってて、毒の沼地喰うと本当に毒に冒される、というネタを思い出した
グルグルだっけ…

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 01:52:07 ID:Lw0zuzzr
懐かしいなetaFスレ思い出したぜ。
SS投下を待つ間etaFネタやるのもいいかも知れん。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 02:10:16 ID:8I6PFJCO
蔵に逃げ込んだ士郎が手にしたのがデルフだったら
魔法を食らうデルフは聖杯、サーヴァント、魔術師の天敵
聖杯とサーヴァント&マスターだけでなく魔術師全てを敵に回し、
デルフを背負いキリツグの様に流浪の旅に出る士郎。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 02:45:38 ID:P6BqFFXP
誰か大決戦!(だっけ?)ネタやってくれw

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 03:00:58 ID:WKoVScFk
よし、君の作ったタバサとシルフィードでキビシスと交換だ。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 15:20:16 ID:u05aiMlQ
>>637
つまり、常時発動型のルールブレイカー(でもボロ剣モードだと効果弱い)みたいなモンか?
逆にデルフ自体の便利さを狙われるような気がするぜ!!

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 16:47:30 ID:DzELo41J
ロードブリッジ戦改変でやっちゃうとどいつもこいつも最高級にかっこよくなっちゃうなぁと思った。
やはり、サイトが帰るために天の階段を登っていってしまうのだろうか……

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 17:51:17 ID:HfpZfZ1i
やけっぱちでザコっぽい口調のサイト

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 19:36:51 ID:l/6f+iwk
>>637
>魔法を食らうデルフは聖杯、サーヴァント、魔術師の天敵
ゼロ魔もFateも2次創作しか知らんのか?
原作読んでからおいで。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 19:51:51 ID:b9Qcm1AZ
サーヴァントはいわばエーテル(魔力)の塊。
ってことはサーヴァントにデルフ刺したら吸収されるんだろうか?

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 20:01:21 ID:HfpZfZ1i
魔法を纏った杖のエアニードルの場合、吸われなかったのは何でだっけ?

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 20:37:26 ID:loiAC3L8
ギルの物理防御無視で魔力だけ吸う鎌をセイバーが刺されても別に消えはしなかったな

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 20:52:16 ID:HfpZfZ1i
まあ、ルルブレで鯖を限界させてる魔術を無効化するわけでもないのと一緒だな。

648 :魔眼の使い魔(9):2007/11/23(金) 21:06:55 ID:qK/rsm/k
「あんこーいりーぱ・すた・らーいす♪」
「き、今日はのっけからテンション上がりまくりね…」
「ああルイズ聞いてください、遂に見つかったんです」
「何が?」
「ブルースモービルです!」
「はぃい!?」
「あのあと口で説明しても理解できないようだったので−」
メドゥーサが取り出した原稿用紙には全盛期の松本零士にもひけをとらない精密なタッチ
でペン描きされた74年型ダッヂ・モナコ440(NYPDカラー)
「アンタって無駄に多芸ねホント…」
「−このイラストを見せたところモット伯なる人物のコレクションの中で見た覚えがある
と」
「あるのかよッ!」
「という訳で早速逝ってきます、マグマ大使ーっ!」
窓を開けて笛を吹く
当然飛んできたのはペガサスだがルイズは突っ込むだけ無駄だと知っている

翌日
「ではこの石を錬金してもらいましょう、ミス・ヴァリエール」
「一寸まったぁぁぁぁぁ!」
ミス・シュブルーズの授業の途中で窓をブチ割って乱入するメドゥーサ
「マスターがどの魔法を唱えても爆発しか起こさないことを知ったうえでのこの所業。イ
ジメですね、イジメに決まっています!」
「ちょ、何よイキナリ!?」
「止めないでくださいルイズ、ハイここから回想シーン入ります−

モット伯の屋敷
「あーご主人なら面会謝絶だよ、こないだ街でナンパしようとした女にボコられて全治6
ケ月、バレットとかダメットとかそんな名前だったな確か。え、コレクション?あのガラ
クタなら見舞いとか言って押しかけて金目のもの掠め取ってった親戚連中が全部処分しち
まったよ。」

−と言うわけでやり場のない怒りの捌け口が必要なのです、今スグ!」
「完璧八つ当たりじゃないの!」
「原作でサイトに八つ当たりしまくってる人に言われたくありません。ジェイク、エルウ
ッド、アイアンメイデン用意ッ!」
どこからかネズミ色に塗られたスチールロッカーを運んできたマリコルヌとギーシュがミ
ス・シュブルーズを中に押し込む。
メドゥーサはイイ笑顔で釘剣を振りかぶった

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 22:11:57 ID:aCGXAEX/
バゼットwwww

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 22:45:14 ID:KkPThhjN
シュブルーズ先生ッー!

先生既婚じゃなかったっけ?

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 22:51:42 ID:JVIb0kGU
ちょw リアルバウトのあれかwww


652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 22:57:06 ID:ffWGPXSd
流れぶったぎるけどゼロの最強の使い魔が更新されてるな

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 00:13:12 ID:0mSDvXhe
あんなオナニー作品読む気も起きない

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 00:22:59 ID:srsSZamE
下品なやつだな

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 00:30:19 ID:hurS4fDd
サイキョーの使い魔?「オヤジィィ!」という声が聞えそうでつねww

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 00:32:57 ID:srsSZamE
カタカナで書かれるとなんか埼京線の使い魔に見えた

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 03:35:16 ID:bhecvEvo
>>656
ランサーが埼京線に乗ってる所を想像して噴いた

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 08:50:36 ID:GebZqwc6
ゼロの彩京の使い魔で、ゼロガンナー召喚なら見たい気もする

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 09:28:03 ID:GVHbQ0lM
一瞬釘剣マジでぶっさしてリアルアイアンメイデンやるのかと思った俺orz

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 23:54:40 ID:uNWCBckV
保守

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 03:22:17 ID:gGL6OC3n
リアルアイアンメイデンがリアルアンアンメイドさんに見えた

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 00:22:52 ID:b3nO8hG/
>>661
武内さん何やってるんですか?

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 00:34:29 ID:f+U150eH
メイドと言いつつ白頭巾を書いた裏切り者め


水着のギャップは良かったけどさ

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 00:43:46 ID:5eTNy5Xh
スレがあり、住人があり、レスがある。足りないものは書き手だけだが――なに、私は生の改編が好みでね。脈絡の無いetaf(ネタ)の方が愉しめる

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 13:57:06 ID:4ttnm7y7
ギーシュ&イスカな作品妄想中

イスカをどうやって繋ぎ止めるかが問題だなぁ


666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 21:44:06 ID:m+itWSjd
単に面白そうだからで残りそうなんだけどな>イスカ

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 22:03:28 ID:yYj1ZnTb
確かにウェイバーとギーシュってキャラクターが似てそうな気がする。
今度はハルケギニアを征服しようと張り切りそうなんで大丈夫そうだが。

ルイズに召喚されたら、
偏在で5人に増えたワルドを王の軍勢使って数で蹂躙しそうな予感。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 23:37:02 ID:pL6QdaUT
妄想してたら思いついたんだけどよ
アンリがルイズの皮を被ったら虚無の魔法使えるのかなぁ


669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 12:15:01 ID:MvcR55xy
>>668
ホロウやった事ないんで分からんのだが、アンリが士郎の皮かぶった時投影や剣製出来たっけ?
出来たなら出来るだろうし出来なかったなら出来ないと思う。

さておき、ルイズの皮かぶったアンリかあ…………むしろシエスタやテファの皮をかぶってもr(ry

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 15:48:22 ID:M3Lelc+l
あれはどっちかってーと悪魔憑きらしいので
投影や剣製も士郎が表のときは使えたので、ルイズが表のときはフツーに虚無使えるでしょう

え? アンリが表のとき? 使えるわけ無いじゃないッスかwww
普通に役立たずですよ、サーヴァント設定に準拠するかそこいらの平民並み身体能力しかねーし
そこいらのメイジとかスクウェアのワルドさんの方が多分強いくらいにザコっぽく捨て鉢な動きでしかアクション無理だし
ただ、対人間の場合殺しはうまいとか

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 18:04:40 ID:vR048lIT
メイジを人と取るか人外と取るかで変わる訳ね
虚無使えないけど

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 20:20:19 ID:Oeoy2xN+
案外ルイズはバゼットの位置になるかもね
そして何度も繰りかえして話を進めていくとか

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 20:49:29 ID:tAtWAXvT
ジャンケン死ねー、と叫ぶルイズを幻視した

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 21:00:01 ID:Oeoy2xN+
ゼロのルイズからダメのルイズに・・・
アレ?何か虐めっぽいぞ

675 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/11/30(金) 22:31:25 ID:W+agFF+h
>>674
 虐めっぽいじゃなくて虐めそのものジャマイカwww
 いくらなんでもそりゃねーべ

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 23:37:53 ID:6sugQ/Dr
暇だからetaFネタやっていい?4次の小説読んでないからアタラクシアの改変だけど。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 00:07:52 ID:hHcB9glN
無論OK

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 03:38:23 ID:IuH2c4KK
>>667
ゴルディアスホイールで纏めて踏み潰しておわるんじゃね?
王の軍勢は対七万戦の時に決まってるだろう。
ガチ戦できるから、きっと皆大喜びだ。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 23:39:53 ID:k4uLiuVS
その7万には3万くらいは操られた友軍な罠
まあ征服王さまはなんの躊躇も無くアラライするだろうけど


680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 23:46:11 ID:anIz4XHk
そんなw大半が平民な軍隊と英霊達を比べたらいくらなんでもかわいそうでしょw

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/04(火) 04:14:12 ID:LzfsbgPJ
英霊なら誰でもハルケギニア無双状態

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/04(火) 06:01:50 ID:rK48PhJv
まあ、実際の戦争だったら
敵側の構成員が何であろうとどんな事情があろうと、一々気にしたりはしないしな。

257 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)