5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【らき☆すた】こなた×かがみPart6【こなかが】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:24:51 ID:gQ+DXbau
          /: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ---、
     /::了弋___: : : :/: : : : : : : : : : :.〉: : : : : `ヽ.__ヽ___,
  /::::/ 7::::::::{: :`>': : : : : : : /: : : : :/ト、: : : : : : ヽ---rイ´
  {:::::::: | /::::::::::::∨ /: : : : : : /: : : : :/:.:| !: : : : : : : : \:::ヽl
  ヽ::::: |.!:::::::::::: /: :{: : : : : //: : : : ,イ: :/ |:ト、 : : : i: : : : ヽ::::〉
    \|l::::::::::::/: :,イ: : : : ィ7ー-、 / |: / |:.! ,X: : :}: : : : : :.V
     /l、::::: / / |: : : :/ イ: : /  !/  l:.|´ ∨ |: : :i、.: : !
.    l: :l ̄ |/r‐、l: : :.//|/      |/__ ,ィ.: :|: : :|ヽ: : :!
    l : :!: : :.:.{ ヽ.|:.:.:/ヤ乍牙气     斤ァ/ハ:|: : :l  \|
.   | : :!: : :.! ト、_.l/  {:辷.ソ       辷/{: :∧!: :/
.    | : :l: : :.l≦ミヽ ヽ ,,¨ ̄     ,.    }/:.:!:.∨|
   l : : ! : /    \\\ .____(^ーァ____,. イヽ:.!: :.:.:|
    | : : l:.:,'     ,.ヘ_と}_}_}_]≧、  `ヽー┴‐-、:|
    | : : l:.|    '"´       ヽヽヽヽ- 、      }!
    | : : l:.{                {:.:{:.:{:.{  〉      {--―ァ
    |: : :.l:.|ヽ、             }:.:}.:.}.:}ィノ____〉<´
    |: : :.:/ /\_______,. -‐一'¨´i ̄¨´:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    |: : / /:.:.:./:.:.:./:.∧:.:./:.:.:.:,イ:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.丶:.:\.:.:.:.:.:.:.\
    |: :.{  {:.:.:/:.:.:./:.:(__):!:.:.::./ |:.:.:.:.:.: ∧:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽー----ゝ
    |: :.l/ !:.:.!:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.、l:.:.:/ .!:.:.:.:. /  ヽ/:.: i:.:.:.:ヽ
    |:.:/  .|:.:.!:.:.:.l:.:.:.:.:.:../「:メ、__,|:.:.:.:/ 、_/ ヽ:.:.:.|:.:.:.:.:.i
    l:/   |:.:.! :.:.!:.:.:.:.:/ |/_ |:.:./  ____ ∨:|:.:.:.:.:.|
    |{   |:.:.!:.:/!:.:.:./|≡≡≡ .!./   ≡≡=.ト、ト、:.:.:.:|
    |: >、___|:.:从_|:.:./: |            ’|:.:.|:∧:. |
    |/  /|:/:.:.:!|:/:.:.:.! xxx    __    xx ノ:.:.l/ ∨

こなたとかがみの百合っぽさに全力で萌えるスレです。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:26:31 ID:gQ+DXbau
過去スレなど

【らき☆すた】こなた×かがみ【こなかが】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1184759923/
【らき☆すた】こなた×かがみPart2【こなかが】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1189132797/
【らき☆すた】こなた×かがみPart3【こなかが】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1190590116/
【らき☆すた】こなた×かがみPart4【こなかが】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1191854895/
【らき☆すた】こなた×かがみPart5【こなかが】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1193126126/l50

SS保管庫
ttp://www39.atwiki.jp/konaxkagamatome/


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:31:15 ID:y8HrIDBs
>>1
乙っちゃったね。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:31:50 ID:0oA7HrKJ
               /} ))
             /   !____
     | ̄`ヽ、_/  〈: : : : : : `: . 、 ))  。
   ((  |   - Y     }ニニ=、: : : : : \  ・ o っ o    _____
    , オ    r'`t---': : : :.ヽヽ: :   ヽ/〃/ , "       ==- ____
   //{   /:∧:ヽ: :ヽ: : : : : : ! : :.:.l. . :;ゞ______________,.へ   ____
 / /:/: :レ': : /| ヽ:.{\:.\: : : :|: : :.:|. . l:ミ::::::::::::::::::::::::::| |////////|    ヽ ==−
.  /:/: : : : {: :l ヽ  \ `ニ弌ヾ| : :.:.|::./::《〜〜〜〜〜| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ア  /     ──
  /:,イ: : : : :.l: :|/          l: : : |/ :.:ミ` ────┘____   / /
  |/ {: : : : : |X|          / |: : :.|⌒i : ` 、ヾ・、  ==-   /  /      
   | : :l : : |.          ≠─┼: : |_ノ :.\ っ  o       /  /      |\
   | : :l : : |ヽ -─‐ァ        |: : :.|x: :∧  。 ゚           |  {         j  ヽ
((.. |: /l : : |::.ヽ /       xx|: : :.l^}/                ',  `ー――‐"  ノ
   |/ !: :ト:.::八 xxx   o .ィ'´|: :./ ̄歹                ` ----------‐´ ____
.     c ヽ|:.:.:∧`:.ーr:t.7T 「/ ノ/   <__}{.|               ==─
.         |:.:/ V:.:∧l./ | / /         | , -‐┐
.   ((.  ∨  ∨ /  /  l        |'´ : : :.:}    これは刺さってるんじゃなくて
               /) V   !  / , '´  ! : : : : :|    >>1 乙なんだからねっ!
           〈¨ /    |  //     |: : : : : }
           / ヽ|──┴.ァ      |: : : : ./
            /   !: : : : : /         ! : : :.〈
             /   l: : : : ./         |ヽ、: :.',
         /     !: : : /       _  \_ノ
          lヽ     |─/      く } { ノ    ヽ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:32:31 ID:rVsELw8B
>>1
乙!
そのAA好きだ。身長差萌えを改めて実感出来るw

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:34:48 ID:Ji2Rzqno
>>1
乙っす!

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:38:37 ID:yHV1jnTd
>>1
乙!
気づいたらもう6スレ目か。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:39:37 ID:G6UlNL7P
>>1
乙です。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:41:56 ID:TocoGeIg
>>1おつ
相変わらずのペースだな。

そしてまた前スレ>>1000
こなたがどんな意地悪をするのかも
楽しみの一つだ。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:45:40 ID:4rbLsIgO

レス”プレイはぁはぁ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:50:14 ID:+Y92Fkku
>>1
いいよいいよ〜w

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 00:51:43 ID:A9stEK23
>>1乙です

13 :4-870:2007/11/05(月) 00:59:48 ID:A9stEK23
>>1のAAのシーン(何話だか忘れた)見て描いたこなかが。
友達の誕生日にあげました。

http://pict.or.tp/img/28865.jpg

光の加減で色がおかしかったりますがorz
なんだか思うように描けない…やはりここの絵師さん達を尊敬してしまいます><

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 01:38:08 ID:ONtaLn5Q
ニコニコ動画のこなた×かがみリスト
ttp://www.nicovideo.jp/tag/%E3%81%93%E3%81%AA%E3%81%9F%C3%97%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%81%BF?sort=f

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 01:43:03 ID:QMxdb6I9
>>1乙ッス&>>13GJッス!!
自分も絵心が欲しいッス。
でも、絵心がないのでSSでも投下してみるッス。

16 :"dislike":2007/11/05(月) 01:46:15 ID:QMxdb6I9
私はこなたの事がキライだ・・・。
・・・いや。正確いうと、時々もの凄くキライになっちゃう時がある・・・。
例えばこんな時・・・。

『べ、別に、こなたくんの為なんかじゃないんだからね!!勘違いしないでよ!!』
『・・・ありがとう。俺、すごく嬉しいよ。柊からこんなプレゼントもらえるなんて・・・』
『な、何、言ってんのよ、バカ・・・』

「むっふっふっ。素直にデレれば良いのにのぅ・・・」
「・・・・・・・」

折角、私が遊びに来ているのに、こなたは私の事をほったらかして一人でゲームに熱中している。
プレイしているのは勿論、ギャルゲー。
しかも、主人公に自分の名前をつけて、私と同じ苗字のキャラクターを攻略している。
まったく。悪趣味ったらありゃしない・・・。
こういう事を平気でするこなたが、私はキライだ。
ついでに言うと、ゲームのキャラに嫉妬している自分自身も・・・。

「はぁ・・・アンタねぇ。そんなゲームの何処が面白いのよ・・・」
「ん? そりゃあ・・・・・・まぁ、かがみんには理解できないだろうねぇ・・・」

こんな風に私を除け者にするこなたもキライ。
私だってこなたと色んな事を話したいから、教えてくれれば少しくらいは勉強するのに。

「はなっから決め付けかよ。まぁ、私も理解したくないし・・・」

こうやって本心を隠して強がりを言ってしまうのもキライだ。
私はもっとこなたの事、理解したいと思ってるのに・・・。

「うーん・・・でも、わざわざ自分の名前で、かがみんと同じ苗字で、同じツンデレキャラを攻略しようとしている意図は解って欲しいかな?」
「・・・それってどういう意味よ・・・」
「かがみんの事が大好きって事だよ。あっ、勿論、"Like"じゃなくて"Love"の方ね。これ、恋愛シミュレーションだから」
「な、何、言ってんのよ、バカ・・・」

こうやって人の気持ちを見透かしたみたいに、恥かしい事を平気で言ってくるこなたがキライだ。
そんな風に言われたら、もっとこなたが好きになっちゃうじゃない・・・。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 02:13:11 ID:wvWUXUlZ
>>16
このスレは俺を糖尿病にするつもりですか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 02:13:16 ID:YKf7+q/l
                          刀、           , ヘ
                  /´ ̄`ヽ /: : : \_____/: : : : ヽ、
              ,. -‐┴─‐- <^ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
               /: : : : : : : : : : : : : :`.ヽl____: : : : : : : : : : : : : : : : : : /
     ,. -──「`: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :\ `ヽ ̄ ̄ ̄ フ: : : : :/
    /: :.,.-ァ: : : |: : : : : : : : :    :\: : : : :: : : :ヽ  \   /: : : :/
    ̄ ̄/: : : : ヽ: : : . . . . . . . . . . .、 \=--: : : :.i  / /: : : : :/
     /: :     ∧: \: : : : : : : : : : ヽ: :\: : : 〃}/  /: : : : :/         、
.    /: : /  . : : :! ヽ: : l\_\/: : : : :\: ヽ彡: : |  /: : : : :/            |\
   /: : ィ: : : : :.i: : |   \!___/ ヽ:: : : : : : :\|:.:.:.:/:!  ,': : : : /              |: : \
   / / !: : : : :.ト‐|-    ヽ    \: : : : : l::::__:' :/  i: : : : :{              |: : : :.ヽ
   l/   |: : :!: : .l: :|            \: : : l´r. Y   {: : : : :丶_______.ノ: : : : : :}
      l: : :l: : :ト、|         、___,ィ ヽ: :| ゝ ノ    '.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
      |: : :ト、: |: :ヽ ___,彡     ´ ̄´   ヽl-‐'     \: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ
        !: :从ヽ!ヽ.ハ=≠' , ///// ///u /           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      V  ヽ|    }///  r‐'⌒ヽ  イ〉、
              ヽ、______ー‐‐' ィ´ /:/:7rt‐---、       こ、これは>>1乙じゃなくて
                  ィ幵ノ ./:/:./:.! !: : : : :!`ヽ     ポニーテールなんだから
              r‐'T¨「 |: | !:.∨:/:./: :| |: : : : .l: : : :\   変な勘違いしないでよね!
               /: : .|: :| !:.!ィ¨¨ヾ、:.:/ !: : : : l: : : : : :.\

     _,-,ニ二ニヽ、
        //
       //
      //__ゞ`、
     ヾ`ニ´ : : : : ゝ:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V   これは乙とかじゃなくて、
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/       アホ毛だからね‥‥
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 02:31:35 ID:1ZrNhcFs
早口言葉考えた!
かがみはいささかごきげんななめ!

20 :2-716:2007/11/05(月) 02:33:41 ID:Cbfpa5rQ
どうも、このスレにも神が増えてきて嬉しい2-716です。
久しぶりに投下してみようと思いますよ。

21 :『こなた庇護計画発動』:2007/11/05(月) 02:35:28 ID:Cbfpa5rQ
 ヴェルレーヌも詩ったように
 秋というものは、人をセンチメンタルな気持ちにさせる。
 揺れて舞い散る落ち葉の、悲しげな舞踊のせいか。
 纏うものを無くした木々の、哀愁漂う立ち振る舞いのせいか。
 はたまた、食欲の秋を布石として生まれる、余分な脂肪からか。
 個々によって原因は違うにしろ、その気持ちを紛らわすために、人々は温もりを求める。
 そしてそれは、異性同士にばかり言えたもの、というわけでもない。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『こなた庇護計画発動』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




「はぁ……」
 意味もなく大きな溜息をつくのは、薄紫色の髪を頭の両端で結ったツリ目の女の子。柊かがみだ。
 首を回して窓の外を見ては、視線を前方に戻して溜息をついていた。
 すれ違う生徒達はいずれも笑顔で、並んで歩く友人と他愛もない話をしている。
 かく言うかがみもそれは変わらず、隣には少し不釣合いな身長の少女が付き添って、楽しそうに話していた。
「ねぇかがみぃ、少し歩くの早いって」
「え? あ、ご、ごめん」
「何かあったの? 溜息までついて」
「……いや、別に。なんでもないわよ」
 そう言いながらも目は泳ぎ、隣の少女はどうにかしてその視線を捕らえようと、体を傾けて追いかける。
 こっち向いてよ、という青髪の少女、泉こなたの言葉に、1度は目線を交えたものの、すぐにまた反らしてしまう。
「悩み事なら私が聞いたげるよ?」
「……言えたら苦労しないっての。まったく、誰のせいだと……ブツブツ」
「?」
 普段ちょっとした相手の変化には鋭いこなただが、自分のこととなるとこれでもかと言うほどに鈍感になる。
 かがみの悩みの原因が自分だとは、気づきもしないようだ。

 2人して前を向かずに階段を下りる。危険だと言ってくれる人は近くにいない。
 そして案の定……
「むぅ、教えてよぉ……気にな、ひゃぁあ!?」
「こなた!?」
 残り7段ほどのところでこなたが足を踏み外し、転げ落ちてしまった。
 かがみが真っ青な顔をして駆け寄る。
 うつ伏せになってプルプルと震えているこなた。
 スカートが捲れて、可愛らしいショーツが丸見えだ。
「ぱ、パンツ……じゃなくて!! だ、大丈夫!? こなた!!」
「いったぁ〜……大丈夫大丈夫。いやはや、私としたことが」
 やっちゃったよぉ、と軽く言うのはかがみに心配させないように、という気配りからなんだろうが
 痛々しく膝から滲む血と、既に青あざになりかけている脛が、かがみを追い込んだ。

22 :『こなた庇護計画発動』:2007/11/05(月) 02:37:11 ID:Cbfpa5rQ
「ひぃ!? こなた……こなたぁ!!」
 目尻に涙を溜めながら、こなたに抱きつくかがみ。
 突然のかがみの豹変に、こなたはあたふたして背中をさすってあげている。
「お、落ち着いて? 大丈夫だから、ね?」
「ぐすっ……あ、ごめん」
「もぉ、いきなりどうしたのさ」
「いや、その……すごく、びっくりしちゃって」
 こなたはポケットからハンカチを取り出して涙を拭いてあげる。
 かがみは赤くなりながら、されるがままだ。
「なんかこれは逆じゃないのかな?」
「そ、そうかもね……」
 怪我をしたこなたが泣いて、それをかがみ受け止めてあげる、というのが普通だろう。
 かがみを慰めるこなたは、そこに密かに萌えていたりした。

「まぁいいや、取り敢えず保健室行ってくるね」
「え!? わ、私もついてくわよ!!」
 当然の反応だ。友人が目の前で怪我をしているのに『わかった、いってらっしゃい』なんていう人はいないだろう。
 しかも心配性のかがみのことだ。ついていくだけじゃなくて、そのあとも付き添ってずっと面倒を見るとか言い出すだろう。
 それを分かっているからか。
「かがみは教室戻りなよ。もうすぐで授業始まるよ?」
 こなたはかがみに、教室へと戻るように言った。
「で、でも……心配で」
「大丈夫大丈夫♪ 膝擦り剥いただけで大した痛みもないし、1人でいけるよ」
「でも……」
 やたらに助詞を連発するかがみを制しながら、ゆっくりと立ち上がるこなた。
 大丈夫大丈夫とかがみに言い聞かせながら、一歩踏み出した。
 ところが……
「……っ!!」
「こなた!?」
 足首を押さえながら蹲ったこなたの肩に手を置いて、しゃがみこむかがみ。
 しかしこなたは、何事もなかったような笑顔をかがみに向けている。
「な、なんでもないよ」
「……こなた」
 かがみはさっきと打って変わって、怒ったような顔をしていた。
 コロコロと表情の変わるかがみに、こなたはついていけず戸惑っている。
「な、何?」
「右足見せなさい」
 疑問でも願望でもなく、命令。相手の返事を必要としない、確認としてのその言葉を言い放ったかがみは
 こなたの右足を、脹脛を掴んで自分の方に近づけると、ソックスを優しく下ろした。
「やっぱり……」
「えっと……かがみ?」
 外気に晒されたこなたの足首は、真っ赤に腫れ上がり、ピクピクと痙攣している。捻挫しているのかもしれない。
 かがみは意を決したように、こなたの背中と太ももに手を回して持ち上げた。
「ちょ!! か、かがみ!? だから大丈夫だって!! 私一人でも」
「何言われても、連れてくからね!!」
「う゛……は、はい……」
 かがみのあまりの剣幕に、こなたはもう何も言わずにお姫様抱っこされている。
 あまりこなたに負担をかけないように、かがみは保健室へと向かった。



「こなた、痛くない? 揺れとかで」
「ん、大丈夫」
 体勢上、2人の顔はかなりの至近距離にある。
 自然と顔が上気してしまう。
 すると、珍しくこなたの方から目を反らした。

23 :『こなた庇護計画発動』:2007/11/05(月) 02:39:36 ID:Cbfpa5rQ
「どうかした?」
「え? いや、その……」
 言い淀むこなた。いつもズバズバ言葉を発して、かがみを赤面させるこなたにしては珍しいことだった。
 そのためか、かがみも少し強気になっている。
「何よ、気になるじゃない。……言いなさいよ」
「……え? いや、その……かがみ、なんかかっこいいなって……思って」
「っ!?」
 不意打ちの嬉しい言葉に、かがみの顔はみるみるうちに真っ赤になる。
 まるで熟れたトマトのようだ。
 何か言いたいけど言葉が見つからない。そんな状況に、口をパクパクさせている。
「やっぱりかがみ、私より体……おっきいんだね……なんか安心する」
 そう言葉を紡ぎながら弱弱しく体を授けてくるこなたに、ついにかがみは理性が崩壊してしまった。
「……」



 保健室のドアを荒々しく足で開ける。
 どうやらふゆき先生はいないようだ。
 『一番奥のベッド』へとこなたを下ろしてから、足首と足を弾性包帯で固定し、氷嚢を作って患部に当てた。
「冷た!!」
「当たり前でしょ。……はい、ここに足乗せて」
「はーい……でも、こんなにしなくても大丈夫だよかがみ」
「だーめ、もしも捻挫だったらどうするのよ。捻挫は骨折よりも怖いんだからね?」
 右足を台の上に乗せて、心臓よりも高い位置にする。
 これが一般的に知られる家庭医療だろう……と思う。
「さて、これ以上のことは先生に任せるとして」
「うん、ありがとかがみ。もう戻っていいよ」
「何言ってるのよ。他に怪我した場所を確認するに決まってるでしょ」
「えぇ!?」
「取り敢えず膝と脛のところは確認できたわね……他にも怪我してるかもしれないわ。というわけで脱いで」
「なにおぉ!?」
 然も当たり前のように力強く言うかがみ。
 流石のこなたも、この言葉には首を全力で横に振った。
「あ、ごめん、カーテン開いてたら恥ずかしいわよね。今閉めるから」
「ちょ!! 違!!」
 こなたが言い終わる前にカーテンを閉め、洗濯バサミでしっかりと止めた。
「あぁ……逃げ道が……」
「脱がすわよ」
「かがみ、積極的すぎ……うわ!!」
 あっという間に下着姿にされたこなたは、恥ずかしさでもじもじと身動きをした。
 かがみはその様子を凝視している。
「……」

「あの、かがみ?」
「あ、あぁ、それじゃあ怪我見るわね」
 そう言いながら、こなたの肌に手を沿わせるかがみ。
 ここは? じゃあここは? と痛いところを探っているみたいだが
 明らかに触るところがおかしい。胸やお尻の周辺ばかりだ。
「かがみ、同じところ触ってるんだけど」
「あら、そうだった?」

24 :『こなた庇護計画発動』:2007/11/05(月) 02:40:49 ID:Cbfpa5rQ
 やっと理性が戻ってきたのか、触る掌が妙にプルプル震えている。
 まるで豆腐か何かを、崩れないように触っているようだ。
 とてもじゃないが、痛いところを見つけようとしているとは思えない。恋人のそれを触るような手つきだ。
「か、かがみ、他のところは大丈夫だよ。痛むところもないし」
「そ、そうね。じゃじゃじゃじゃじゃじゃあ、服着て」
「動揺しすぎだよ」
 完全に理性が戻り、自分の行為の恥ずかしさを実感しているかがみを尻目に、こなたは制服を着始めた。
 すぐにふゆき先生が戻ってきたが、なんとか服を着終わることができたようだ。



「捻挫ね」
 ふゆき先生がこなたの足首を診て、すぐにそう言った。
「あぁー、やっぱり」
「えぇ、今日はもう帰って、病院に行ったほうがいいわ。捻挫は怖いからね」
「あ、それかがみも言ってました」
 氷嚢を足首に当てながらこなたが言う。
 さっきよりも赤く腫れて、中心の部分が紫がかっている。
 とても痛そうだ。
「でも軽い捻挫だから入院はしないと思うの。それで、普通に学校これると思うんだけど
学校で面倒見てあげる人が必要なのね? だから」
「はい!!」
 いままで生きてきて一番元気なんじゃないか、とすら思えるほどに元気よくはっきりとした返事をするかがみ。
 その目はらんらんと輝いている。それとは正反対に、少し不安そうな目をしているこなたがいた。
「あら、引き受けてくれるのね。じゃあお願いするわ」
 そういい残すと、泉家に電話してくるといって、ふゆき先生は保健室を後にした。
 残されたのはこなたとかがみ。
「大丈夫なのかな……かがみで」
「な、なんでよ」
「だって……不必要に面倒見そう。おしっこしてる時までトイレの個室の中で待ってたりとか」
 具体的でピンポイントな指摘に、かがみは顔を真っ赤にした。
 その反応にはいったい、どのような意味が込められているのだろうか。
「そ、そんなことしない!! ……と思う」
「……やっぱり不安だよ」
「……こなたは……私に世話されるの……いや?」
 少し涙目になりながら悲しげに言うかがみにこなたは、突き放す言葉を言えるわけもなく……
「……そんなわけない。うれしいに……決まってるじゃん」
「こなた……」
「治るまでお願いね……かがみ……んっ」
 そう言って、かがみの頬にキスをした。
 当のかがみは、頬を紅潮させながらも満面の笑みを浮かべて……
「任せなさい!!」
 かがみは何か悟ったのか、こなたまで元気にさせてくれるような笑顔でそう言った。
「そういえばかがみ、悩み事は?」
「ん? あぁ、あれね……なんかもう吹き飛んじゃったわよ……だって、ね」
「え?」
「ふふ、なんでもない♪」
 意味深に微笑んだかがみは、ぎゅっと愛しい人を抱きしめて、その唇に自分の唇を重ねたのだった。



 ちなみに、うまく身動きを取れないこなたが、かがみにいいようにされてしまうのは

 ――また、別のお話


【 fin 】

25 :2-716:2007/11/05(月) 02:44:17 ID:Cbfpa5rQ
以上です。
それからおまけで、『Kiss』ってな感じの絵を1枚

つ【http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4b/8e/7e71bfe0d19644b7bb2088d92d5e102c.jpg

ちょっと手抜きですんませんね。
スキャンしてRGB変えただけなんですよ……塗るの苦手で

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 02:45:54 ID:gQ+DXbau
(# ゚Д゚) フォオオオオオオオオ
GJ!


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 02:49:56 ID:KQxqkRBd
ぐあああああああああああああ

糖分過剰摂取で逝きそうです
グジョーブ!!

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 04:00:44 ID:tx9pEYLH
グブフっっ!!!こ、こいつぁ・・・なんつー桃色キッス!!!!
GJすぎますサー!!!

29 :2-907:2007/11/05(月) 04:13:59 ID:5F3gb77r
新スレに早くも神が降臨されていい仕事をされておられる。
これは良いこなかがスレ。早くも悶え死にそうだ。



どうも。名前出しての書き込みは、お久しぶりです。(名無しではひそかに書き込んでるけど)
ようやく新作が書き上がったので投下したいと思いまふ。

・前作の後日談です
・ちょっと会話文多目で誰の発言かわかりにくいかも
・今回は"ががみ"とは書いてませんよ? orz

では、10レスほどお付き合い下さいまし。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 04:15:48 ID:zn74RlQo
こんな時間にリアルタイム遭遇

31 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:15:57 ID:5F3gb77r
お昼休み。いつものように4人でお弁当を広げていた。
うん、お弁当。今日はチョココロネじゃないのですヨ。

「もぐもぐ・・・」
「どう、こなた。おいしい?」
「おっ、また腕を上げたね。とってもおいしいよ、かがみ」
「よかった〜、味付け不安だったけど、大丈夫だったみたいね」
「よかったね、お姉ちゃん」

わたしの心からの即答に、神妙な面持ちだったかがみの表情が明るくなった。

そう、今日のお昼はかがみお手製のお弁当。
わたしとかがみがお互いの気持ちを伝え合った────恋人になったあの日から
しばらくして、時々作ってきてくれるようになった。
当初はチョココロネばかりじゃ栄養が偏ってよくない、とまぁかがみらしい言い訳をしてたけど、
最近はそんなこと言ったのを忘れてるくらい入れ込んでるみたい。

もちろん、わたしにとっては嬉しいことだったし、拒む理由は微塵もない。
味のほうはまだまだ普通なんだろうけど、腕が上がってきてるのは確かだし、
かがみん補正でどんなもんでも美味しく感じちゃう。わたしも染まってるなぁ〜。

32 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:17:09 ID:5F3gb77r
「お姉ちゃん、最近がんばってるもんね。
突然、料理のこと教えて、って言われたときはびっくりしたけど」
「まぁね。このままずっと下手のままでもいいかって思ってたくらい、料理に興味なかったし」
「だよね〜。あのかがみがね」
「何か言ったか?」
「イエイエ、気のせいですヨ?」
「よっぽど泉さんのこと想っていらっしゃるんですね。ほら、想いは人を動かすといいますし」
「うんうん、特に料理は心込めて作るのが一番だよ」
「ちょ、ちょっと。みゆき、つかさぁ・・・」
「こなちゃんも嬉しそうだね〜」
「愛情いっぱいの手作り弁当、そして照れるかがみん、なんて萌えるシチュエーション」

とうっ! 箸をおいてかがみんへダイブ。

「こら、抱きつくな! 場所わきまえろって……。ほらほら、
馬鹿なことやってないでさっさと食べなさいって。なんなら私が代わりに食べてやろうか?」
「あぁん、そんな殺生な〜」

言われなくともっ、と席に戻りほおばる。って、なにじーっと見てるんですかかがみさん。
つかさにみゆきさんがなんとも生暖かい目で見てるよ。

「微笑ましいですね〜」
「そうだね〜」

教室は今日も騒がしい。以前とちょっと変わったわたしたちの掛け合いも
周りからは相変わらずの風景と思われてるようで、とりたてて気にかける人もいない。

33 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:18:17 ID:5F3gb77r
相変わらずといえば、つかさとみゆきさん。
二人とも、わたしたちの関係を知っても同じように接してくれる。
今みたいに、ちょっとひやかされたりもするけどね。


────それは、少し前の放課後。


めずらしくみゆきさんに、「どこかでみんなでお茶しませんか?」と誘われたので、
4人で学校近くの喫茶店へ。
注文を一通り頼むと、みゆきさんが口を開いた。

「実は……その、ですね。泉さんとかがみさんにお尋ねしたいことがありまして。
個人的なことですし、もしかしたら勘違いでとんでもなく失礼かもしれないのですが……」
「ん〜、なになに? どんと聞きたまへ」
「みゆき、どうしたの?」
「えっと、ですね……」

目をそわそわさせて、なにか躊躇ってたみゆきさんだったけど、
意を決してわたしたちのほうをみて続けた。

「その、お二人は……お付き合いをなされてるのでしょうか」
「えっ? ええええええっ!!」

一番びっくりしたのが図星を突かれたわたしたちではなく、
突拍子な話をいきなり聞かされたつかさだったのは、まぁなんというか。
とりあえず落ちついてください、とみゆきさんに宥められてる。

苦笑しながらかがみと顔を見合わせる。

「あはは、流石みゆきさんだね」
「ふふ、そうね。やっぱり気づいちゃってたかー」

本当はしばらく隠すつもりだったけど、やっぱ後ろめたい気持ちもあり、
どうしようかとかがみと悩んでた矢先だっただけに、
みゆきさんが先手を買ってでてくれた形になった。

34 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:19:22 ID:5F3gb77r
「あまり詮索するのはよろしくないと思ったですが、何かよそよそしいというか、
私とつかささんに遠慮されている感じがしまして……」
「そっかぁ。普通を装ってたんだけど、それがかえって変だったかな」
「まぁこなたが普通って、ある意味変だし」
「……容赦ないね、かがみん」
「結構前から薄々はそんな気はしてましたよ。お二人が一緒のときはとても嬉しそうでしたから。
でも、最近の異変に気づいたのはつかささんなんですよ」
「へっ、つかさが?」

ちょっとびっくり、という感じでつかさを見た。うん、とうなづきながら、

「最近のお姉ちゃん、お家で難しい顔してることがあったし、
こなちゃんも学校でぼーっとしてること多くなかった?」
「そういわれると、そうねぇ。どうしようか考えてたりしてたから」
「わたしの場合はただの寝不足な気もー」
「あんたは……」
「寝不足だったら、こなちゃん我慢しないで眠りしちゃうでしょ。
それとは別に、おきてるんだけど授業中とか外眺めてたりとか」
「へぇ〜。あんたでもそんなセンチメンタルな気分になるのね」
「ひっどぉ〜わたしを何だと思いかっ」
「ごめんごめん、こなたのそんな姿ってなかなか想像つかなくてっさぁ」

ぷぅー、とふくれてるわたしをかがみがよしよしと撫でてくれる。きもちいいなー
つかさがニコニコしてこっちみてる。

「ほんとうに仲いいよね〜。よかったぁ。
まさかとはおもったけど、ケンカとかしちゃったのかなって。
それでね、ちょっと心配でゆきちゃんに相談乗ってもらったの」
「それはいくらなんでもないっしょ。意外なことは気づくのになー」
「まぁ、つかさなりに心配だったんだろうけど。私とこなた、いつも一緒にいたでしょうに。
ケンカしてる相手と四六時中いるほどお人よしじゃないわよ?」
「あはは、そうだね〜。でもお姉ちゃんとこなちゃんが付き合ってるなんて、
ゆきちゃんも言ってなかったし、びっくりだよぉ〜」

やっぱつかさはつかさだなぁ。鋭いのかやっぱり鈍いのかよくわからないヨ。

35 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:20:26 ID:5F3gb77r
でー、とかがみが改めてみゆきさんのほうを見て、

「つかさに相談されて確信した、と」
「えぇ。確信はあったのですが、やはり万が一ということもありますし。
お二人から話してくださるまで私の心の中に留めて置くつもりでした。
でも、つかささんではないのですが、改めてお二人の様子を見ると私も心配なってきてしまいまして。
すみません、答え難いことをお聞きしてしまって……」

みゆきさんがとても申し訳なさそうにしてるので、あわてて答え返した。

「いやいや、謝らなくていいよ。いずれは話すつもりだったし、
むしろ切っ掛けを作ってくれて感謝、って感じかな。ね、かがみ」
「そうね。どう切り出したらいいものかずっと悩んでたし。気にしなくていいわよ、みゆき」
「そうですか……ありがとうございます」
「心配かけちゃってごめんネ、二人とも」
「いえ、予感はいい方向で当たってたましたから。お二人とも幸せそうで何よりです」
「うんうん。おめでとう、お姉ちゃん、こなちゃん」

…………って、あれ?

「いやいやいやまてまて。その前に疑問はないのか?」

かがみもおかしいことに気づいたらしい。

「え、なんでしょう?」
「いや、だからその、わたしたち女の子同士で付き合ってる訳なんだけど」
「うん、そうだね〜」
「それが、どうかしましたか?」
「あー……うん。つかさがそんな反応しそうなのはわかるんだけど」

36 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:21:32 ID:5F3gb77r
こなちゃん、さりげなぐひどいこといってる、とつかさが抗議してるがとりあえずおいといて。

「みゆき、本当に変だと思ってないの?」
「ええ」

一呼吸置いてからみゆきさんがつづけた。

「お二人の恋愛がこの国で必ずしも祝福されるものとは言えないのは承知しています。
それでも頑張ってる方はいますし、世界に目を向ければ決して稀なことでもありません。
もちろん、茨の道ですし、厳しい事が多々待ち受けてると思います」

うん。決して手放しで喜べる関係じゃない。
お互いがどうしてもあと一歩踏み出せなかったのも、これが理由の1つなのは違いなかったし。
もちろん、それだけじゃなかったけど。

「でも、お二人でお決めになさった事ですし」

それでも、勇気を出して告白しあったんだよ。

「泉さんもかがみさんも、心からお互い好き合っているのですよね?」

想い、通じ合えたよ。

わたしの思ってるが読み取れたのか、いつものほんわりとした表情で
みゆきさんが応えてくれた。

「それなら、私は親友として、お二人を影ながら応援させて頂くまでですよ。
つかささんもそうですよね」
「うん! 難しい話はあまりよく分からないけど、お姉ちゃんとこなちゃんに
幸せになって欲しいな。」

つかさも持ち前の笑顔で言ってくれた。

37 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:22:39 ID:5F3gb77r
「つかさ……みゆきさん……」
「ありがとう、二人とも」

様子を察して心配してくれて、うまれたての、でも女同士という奇特な恋、
それでも祝福してくれるふたりに胸の奥がほっこりする。
はは、ちょっと視界が曇っちゃたヨ。ここは一つごまかすために……

「あー、かがみん涙目〜」
「な、何いってんのよっ。あんたこそ普段ありえないくらいうるうるさせてるじゃない」
「気のせいだヨー」

しばらく見合ってたけど、あまりにベタ過ぎて、おもわず笑い出してしまった。
つられてかがみも、様子を見てたつかさとみゆきさんも笑い出した。

「そうだ、ふたりとも」
「はい?」
「な〜に、こなちゃん」
「これからも、今までどおり接してもらえるかな?」
「周りにあまり感づかれないようにですか?」
「んーん。変に気使われるのも恥ずかしいしさ。それに、この4人での空気は大事にしたいなぁ、って。
かがみは一番大事だけど、それに負けないくらいつかさやみゆきさんも大切な友達だからね」
「そーゆーこと。改めて言うのも変だけど、これからもよろしくね」

わたしたちからのお願いに、二人は顔をちょっと見合わせてたけど、すぐに答えてくれた。

「言われずとも、もちろんですよ。これからもよろしくお願いしますね」
「うん、当然だよ。嫌だっていっても一緒だからね?」
「あ、もちろんご用事の際は遠慮なく言ってくださいね」
「そうそう、お邪魔しちゃ悪いからね〜」

快い回答とともに表情はちょっとニヤニヤしてる。や、やるなー……
まぁ、これぐらいは親友の特権ということで。

またどこからとなくわたしたちの間に笑いがおこる。和やかな空気。
この空気を壊さずにすんでよかった。

ありがとう、つかさ、みゆきさん。

38 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:23:42 ID:5F3gb77r
────かがみの"手料理"をたべながら、ふとこないだのことを思い出していた。

「そういえば、あんた今度の休み、暇?」
「んー?」

呼ばれて、我に戻って返事をする。

「もしよければ買い物に付き合って欲しいんだけど。あ、嫌ならいいのよ」
「ほうほう、デートですか〜」
「で、デートってそんなんじゃぁ・・・」
「えぇっ、ちがうのー? これってデートのお誘いだよね、つかさ、みゆきさん」
「そうですね。泉さんとかがみさんは恋人同士なんですし、デートだと思いますよ」
「そうだよー、お姉ちゃん。素直になろうよ〜」
「ほらほら、二人もこう申しておりますヨ」

集中砲火でかがみがゆでだこよろしく真っ赤。
ツンデレっぷりもさえてるし。ほんとかわいいなぁ。

「うっさい!・・・んでどうなのよ、いけるの?」
「かがみとならどこでもばっちこーい。あ、でも今度の休みは確か先約があった気が……」
「あらまぁ」
「残念〜」

いやいや、かがみが残念がるなら分かるけど、なぜそこの二人もそんなに暗くなってるの。

「あんたが用事とは珍しいわね。また何かのイベントか?」
「ん〜・・・あ、思い出した。ネトゲ仲間との約束だった」
「ちょ、ネトゲかよっ!」
「いやね。ここんとこかがみとの時間を大事にしてたから、休みとかもあんま繋いでなくてね。
わたしはそれでも全然かまわなかったんだけど。
こないだ久々に入ってたらさ、たまにはどーよ、と。まだ特に用事もなかったし」
「まぁ先約じゃ仕方ないわね」
「でもいいや、あっちはキャンセルするよ。わたしもかがみといるほうが楽しいしさ」
「いいわよ無理しなくっても。それにいくらゲームといっても相手に悪いじゃないの」

39 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:24:50 ID:5F3gb77r
と口ではいってるけど、がっかりしてる感がみえみえデスヨ、かがみさん。
そこまでツンデレなくていいって。

「ううん、かがみ様が最優先事項だヨ? リアルが最優先、みんなそうだしね。
ついこないだまで逆だったわたしが言うのもなんだけど。それに……」

耳元で、かがみにだけ聞こえる小さい声で────

────なにいってんのよ、馬鹿……

「お姉ちゃん、顔真っ赤だよ〜。こなちゃん、なに言ったの?」
「それは、秘密です」

どっかの誰かのような口真似でごまかしたけど、わたしの顔も多分真っ赤だ。
こんな台詞、かがみ以外には聞かせられないヨ。

「そゆことで、かがみんにお付き合いするよ〜」
「ほんとにいいの?」
「もちっ」
「ふふっ。ありがと、こなた」

かがみとっても嬉しそう。わたしもしあわせな気分になる。
すると、目で合図してきたので、もちろんとうなずく。

「で、つかさとみゆきも一緒に行かない?」
「えっ、お姉ちゃん達デートじゃないの?」
「そうですよ、お二人のお邪魔したら悪いですし」
「いいのいいの。私達は一緒にいられればそれで十分だし」

うん。心が通じ合ってるから、それだけで幸せになれるんだよ。

「どうしても二人っきりでどっか行きたい時はわざわざ人前で言ったりしないわよ。
それこそただの惚気じゃない」
「さっきまでのも十分のろけだと思うよー」
「そ、それは……その……」

つかさがどんだけー、といいだけだ。図星つかれてかがみんたじたじ。

40 :『変わるものと変わらないもの』:2007/11/05(月) 04:26:01 ID:5F3gb77r
「かがみははっきりデレるようになったからねー。
わたしは以前とあまり変わってない気がするんだけどネ」
「泉さんも変わられましたよー。以前は結構茶化してごまかすこととか多かったですし。
最近はきちんとかがみさんの気持ちに応えてあげてますしね」
「うんうん、こなちゃんのほうが変わった感じするよ。ほんと、お姉ちゃんのことが好きなんだね〜」

うぉっ、地雷踏んだか。みゆきさん、表情はニコニコなのに発言えぐいデス。
つかさも追加攻撃してくるし。
じゃれあうのは慣れてるけど、こういうのはとても恥ずかしいヨ。

「ヒヒヒ、たまにはこっ恥ずかしい思いしなー。んで、二人ともどうする?」
「それじゃ、せっかく誘っていただいてますし。ご一緒させてもらいます」
「うん、私も行くよ〜」
「よし、んじゃ今度の休みは4人でパッーと遊ぶかっ」
「らじゃぁー」
「それに、お姉ちゃん達見てると楽しいし。ね、ゆきちゃん」
「そうですね〜」
「今度はどんな惚気を見せてくれるのかなー」
「私達はオチ対象かっ! こなたも何か言ってやんなさいよ」
「えー、わたしは別にかまわないし〜。かがみんは照れ屋さんだもんネ」
「さっきまで真っ赤にしてたヤツの台詞か!!!」


今日もいつもと同じように時が流れてく。
いや、やっぱちょっと変わったかな。

わたしとかがみの関係がちょっと変わったように、
お昼ごはんがチョココロネからお弁当に変わったように、
わたしたち4人の関係もすこし変わったかな。ずっと同じままなんてありえないしね。

でも、親友であることは変わらないし、これからもずっと変わらないと思う。
みんながそう望んでれば、きっと大丈夫だよね。

そして、かがみの恋人であることも、ずっと。
あ……でも、こっちは変わってほしいかな。もっとより進んだ関係に、ネ。

41 :2-907:2007/11/05(月) 04:31:29 ID:5F3gb77r
以上です。

書き始めて3週間かかった・・・相変わらずの遅筆っぷり。
文章書くのはやはり難しいね。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 05:00:00 ID:zn74RlQo
     , -‐-、
 /^Y lイ、ハムヽ
  ̄|,ヘ(リ゚,,ヮ゚ル']) <
   ,くl_Hl_M_
  爪 U、ゞ・`'`┐
 / | \〃) ~| ̄
<^^^Y^ヾi H |
   ̄、_ノUUU

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 05:04:14 ID:HKwKTQJc
>>40
ジャストオメ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 06:14:27 ID:ye8JrRXp
>>1
乙なのですよー

>>25
ぐ…たった今仕事から帰ってきたばかりなのに、
前スレの残りを見て吐血し、さらにそのイラストで吐血しちゃったじゃないかorz
甘すぎて溶けそうだょ・・・

前スレ>>955
「かがみ、昨日のこと覚えてる?」
「昨日?」
「…やっぱり覚えてないんだね。酔い潰れて、私が家に連れて帰ってきてから凄かったんだよ」
「凄かった?」
「すっごく甘えてきてね〜♪普段のかがみからは想像できないようなこと言ってきたり」
「…」
「こなた…のませて…?とか、すきだからして…とか」
「…っ!」
「あいしてるよぉ…とかも言ってくれたよね。そういうのはシラフの時に言ってくれたほうが私も嬉しいんだけどな」
「思い出したからそれ以上言うなあああああああ!!!!!!」

…とかですか。
…正直まともに書いたことないから糖分がまるで足りてないorz
精進します…

45 :465:2007/11/05(月) 06:31:32 ID:2l1jOJiS
>>1乙!
そして2ゲットだぜ!

小ネタ『かがみのラブソング』

こなた「ここが私達の新しい愛の巣かあ……」
かがみ「あんまりソワソワしないの!」

こなた「見て見て〜、ベッドがキングサイズだよ!
それ、突撃〜♪」
かがみ「あんたはいつでもキョロキョロしてるんだから……」

こなた「お風呂も広いね〜。
これならかがみと一緒に……むっふふ〜♪」
かがみ「余所見をするのは止めてよ……」

こなた「かがみ?」
かがみ「わ、私が誰より一番なんでしょ!?」

こなた「ごめん、好きだよ」
かがみ「…………好きよ」

こなた・かがみ『好き……』

こなた・かがみ『うっ……ぁふぅん!』

以上、投下終了。

さあ、始まるザマスよ?

46 :465:2007/11/05(月) 06:36:01 ID:2l1jOJiS
……あるぇ!?

最初1しか表示されてなかったから2ゲトーとか書いたのにぃ!

……そんな都合のいい事は無いか……orz

こ、これが、孔明の罠なのか!?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 06:54:59 ID:FW3BnpTq
>>25
イラスト見た時思いっきり叫んじまったじゃねーかw
お前は俺を殺す気かwww
>>41
GJ!
>>44
ラブソングってそーゆーことなのか?w

48 :465:2007/11/05(月) 07:21:59 ID:2l1jOJiS
>>47
そういう事です(笑)

通勤の間ヒマなんで、突発的に浮かんだネタ投下。

つかさ視点↓

「お姉ちゃ……」
「…………」

カリカリカリカリ

(凄い、お姉ちゃん。
周りの声が聞こえないくらい勉強に集中してる……。
うわ、六法全書!?
法律の勉強してるんだ、お姉ちゃん……)

カリカリカリカリ

かがみ視点↓

(こなたの似顔絵にキツネの耳を付けて……子ギツネこなたん♪
きっと鳴き声は『コンコン』じゃなくて『かがみん♪』なんだ……。
それで、普段は小さいんだけど夜になると大きな体になって、私はこなたんを抱き枕代わりに抱き締めて眠るんだ……)

カリカリカリカリ

つかさ視点↓

かがみ「うふ、うふふふふふ……」

つかさ(凄い! 法律の勉強しながら笑ってる!?
きっとお姉ちゃんは法律を覚えるのなんて余裕なんだね!
私も頑張って勉強しないと……!)

(結論:単なるかがみの現実逃避でした)

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 09:54:44 ID:CPvi6yo9
>>48

暗記のコツは、関連づけて覚えることにある。
その点柊かがみは、ラノベで鍛えた妄想力によって、条文を読むだけで頭の中にイメージが浮かぶのだ!

かがみ
(ドロドロの修羅場ばっかり思い浮かぶのはなんでだろう……)

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 10:38:06 ID:Ji2Rzqno
>>44
あれ?私いつの間に続きを…?
十分甘いですGJ!
ちょっと後日談考えてたけど満足してしまいましたw

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 13:34:37 ID:cRaYCtd+
なあ、俺おかしいんだ。
この前かがみのキャラソン聞いた後に、修学旅行の回見てみたんだよ。

それ以来、かがみが

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 13:44:49 ID:Cbfpa5rQ
ここで>>51の日記は途切れている

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 13:50:27 ID:2y/yRadJ
体があつい おもいだすだえで
おれ どうな て

こなた
かが

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 14:41:43 ID:eK7ABSHC
>>25
SSと絵・・・・・・ずるいよね、両方できるのってなんかずるいよね(鼻血吹きつつ

いままでに俺が見た中で最高のキス絵をありがとう。


あれ?
この絵柄もしかして・・・

こ な フ ェ チ の 人 か !?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 15:50:31 ID:S2LLVdyn
>>25
ぐはぁっ!(*´Д`)・∵.
あ、貴方は俺を萌え殺す気だなっ?!糞ッ、そうに違いない!

それにしても絵とSS両方ともこのクラスとは・・・
ししょーって呼んでもいいスかね?(ぁ

>>41
GJっス!
いい話ですね・・・こなたとかがみ、この二人の関係はもちろん大切なんだけど、
それと同じ位にこの四人の絆も大切なんだよな・・・
ってか皆本当にいい子達だなぁ

後みゆきさん、貴 女 は 聖 人 君 子 か

>465氏
また貴方は・・・
一体何回俺を萌え殺せば気が済むんですか?w

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 15:50:37 ID:0xi0sjx6
>>53
落ち着け。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 16:21:18 ID:/L0uFbha
>>1乙 帰宅したら新スレ立っていてワラタw つか、しょっぱなから凄い勢いだなオイ !!

>>25
GJ ! 絵まで描けるとは恐れ入った !

>>41
GJ ! どんどん職人さんがこのスレに集ってくれて、本当に嬉しい !

>>44
すまん、元ネタわからん。ググってみるわ。orz

新スレ早々書き込みが既に60近くか・・・。こなかがは、かなり市民権を得てきたようだな !

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 19:48:05 ID:fFxlD2iT
こなかがは友情でも恋愛でもいいなぁ
このスレって男の人だけでなく女の人もいる気がする

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 20:08:49 ID:hSfYkVdw
気がするっていうか比率は5:5でもおかしくはないよ
こなかが求めてブログ漁りしてると女のこなかが派も頻繁に見かける
ここで話題に上る同人誌も女性作家の書いたものが多いしな

こなかがは百合萌えというよりもカプ萌えに近いのかもしれない

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:00:07 ID:FW3BnpTq
>>59
だな。ssだって書いてる人の性別まで見える訳じゃないし
自分も百合カプで好きになったのはこなかがくらいだ、
カプ萌えっていうんだな。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:35:54 ID:ttzPNkA0
カプ萌えか・・・
すんげー納得
レズは大嫌いだけどこなた×かがみはガチな俺って一体・・・と思っていたが、その一言で全て片付いた

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:42:22 ID:Dt0TFxfb
レズとかエロとか性行為とか関係なく、純粋にこの二人は本当に仲が良いという事を実感できると幸せな気分になってくる。
俺はただそれだけだ。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:46:16 ID:3lwXI4Zl
自分は百合スキーで、こなかがみたいなちょっと不器用なCPが好きだから
お邪魔させていただいている。

あと、ここは職人さんが凄いのと住人の人が礼儀正しいとこも好きだ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:46:44 ID:dvclv3id
百合とかレズとか大好きだが、ここまではまったカプは久しぶりだな


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 21:52:49 ID:ANPcP6dd
レズ大嫌いでこなかが好きってのもなんか矛盾してる気がするが
なんて思う百合好きの俺

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 22:18:43 ID:/L0uFbha
俺は、百合好きなわけじゃないけれど、こなたとかがみは純粋にお似合いカップルだと思う。
多分カップル萌えしたのは、こなたかがみペアが初めて。
なんていうか・・・見守ってあげたい、後押ししてあげたい、お節介焼いてあげたい (笑) みた
いな感じ。ええ、保護者入ってます (笑)
赤の他人なのに、世話を焼いてあげたくなる魔力が、このカップルには存在するように思うw

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 22:24:29 ID:Ji2Rzqno
私も百合とかレズはちょっと苦手だったんだけど、こなかがはすんなり受け入れられた。
…なんで?
今でもやっぱり、百合自体にははまってないけどこなかが病は確実に進行してる…。

これがカプ萌えか!!

68 :1-472:2007/11/05(月) 22:27:53 ID:yHV1jnTd
お久しぶりです。
一週間くらいスランプに陥ってた1スレ目の472です。
もはやこれまでかと思ってたんですが、コンプエースのあのアンソロジーのおかげでなんとか立ち直れました。

早速ですが、SS投下しますね。
今回も自重できずに長くなりました。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 22:29:47 ID:TocoGeIg
スレ始まったばかりなのに良作でまくりだね。

>>25
絵も文も激しくGJ
やはり恋人同士のちゅーは良いなあ(*´д`)
今後もまた糖分多目の作品を投下してください。

>>41
こちらもGJ
愛妻弁当はやはり貴重なイベントだよな。
そしてみゆきさんはやはりというか
みんなのお姉さん的な役が似合うぜ。


70 :1-472:2007/11/05(月) 22:29:52 ID:yHV1jnTd
『磁石の両端』

顔を上げる。
目の前は机で、その上には問題集とノート。
三日後からは中間テストがあり、今はそのための勉強をしている。

でも……。
はぁ、と溜息を一つ。
ノートの上にシャーペンを転がして、大きく伸びをする。

時計を見ると八時半で、勉強を始めてからまだ一時間くらいしか経っていなかった。
最近遅くまで勉強してるから眠いし、今日はあまりやる気が出てこない。
集中しないといけないのは分かってるんだけど、どうしても別のことが頭に浮かんでくる。

今日の放課後のこと。
何度でも、蘇ってくる。

はっきりと、正確に。

――「かがみ〜、勉強教えて〜」
放課後になった途端、教室にこなたが入ってきた。
こなたは半ば泣きそうな顔で、私のところにふらふらと寄ってくる。
表情を見るからに、本当に絶望の淵に立たされているようだ。

でも、クラスも違うのに、なんで私なんだろ。
「別に私じゃなくても、みゆきに教えてもらえばいいじゃない。
 クラスも一緒なんだし、みゆきの方が頭いいんだし」

するとこなたは肩を落としてから、首を左右に振って、
「いや〜、みゆきさんはテスト勉強で忙しいからね。頼みづらいというか、迷惑な気がして……。
 その点かがみなら私も気が楽なんだよね」

ふーん。
それはつまり、
「私が勉強してないって言いたいわけ?」
腰に手を当てて、威圧するように。

「いや、その、なんというか……イメージ?」
……どういう意味だそれは。
確かにみゆきは一生懸命勉強してるようなイメージがあるけど。

私だって、私だって……。
「私だって、ちゃんとテスト勉強してるのよ。あんたに勉強教えてあげるほど暇じゃないわ。
 他の人に頼みなさいよ」
「え?」


71 :1-472:2007/11/05(月) 22:31:16 ID:yHV1jnTd
こなたの表情が一気に曇る。
ふんと鼻を鳴らして、顔を逸らす。心外だった。努力をけなされたような感じだ。
視界の隅に映るこなたは、しばらくこっちを見てから、今にも泣きそうな顔で、

「あ〜ん、ごめんなさい、かがみ様〜。私を見捨てないでー」
私にしがみついてきた。

え? え? どういうこと?
予期せぬことに、頭が混乱してくる。
こなたが、私に……。

ようやく現状が分かってくる。
少しずつ、柔らかさが伝わってくる。
それから、こちらへと注がれる周囲の視線に気付いた。

「ちょ、ちょっとやめてよ。皆見てるじゃない」
こなたを引き剥がそうとするけど、こなたは上目遣いで、
「教えてくれないの?」
……うわ。

なんでそんな表情で、そんなことを言うのよ。
哀しそうな目で、怯えた小動物のような姿勢で、心に訴えかけてくるような声で。
もう、こんなの見たら、断れるわけないじゃない。

「……わ、分かったわよ。教えてあげるから」
「本当? ありがとうかがみ〜。やっぱり持つべきものは親友だね」

親友……か。
なんでだろう。その言葉が何故か頭に引っかかる。私とこなたは親友で、
だから何もおかしくはないんだけど……。

そしてこなたは今にも跳びはねんばかりの笑顔で、目を輝かせて、
「じゃ、ここでやるのもあれだから、図書室に行こうよ」



隣同士の椅子に並んで座る。
私が右側で、こなたが左側。私は左利きだしね。
「それで、何を教えてもらいたいの?」

思い返すと、元々忙しくて教える暇はないなんて言ってたのに、結局教えることになってしまっている。
本当に、私もテスト勉強しておきたいんだけど、
こなたの為だもの。仕方ないよね。
親友の頼みを断って、自分だけ勉強して、それで成績が良くても嬉しくないし。


72 :1-472:2007/11/05(月) 22:32:35 ID:yHV1jnTd
「数学だよー。最近授業中眠くて、気がついたら全然知らないところをやってたんだよね」
そう言って、頭を掻きながら照れ笑いを浮かべる。
ほんとに分かんないのかと思ってたら、聞いてないだけだったのか……。
私は大げさに溜め息をついて、
「それはアンタの自滅でしょ。やっぱり自分で何とかしたら?」
「えー!?」

微笑の表情が一気に愕然としたものになる。
「お願いだから教えてよー。今度からはちゃんと授業聞くからー。テスト切り抜けたらケーキとか奢ってあげるしさー」
しきりに私の腕を掴んで揺さぶってくる。

それは親におねだりをする幼子のようで、
断ることに罪悪感みたいなものを覚える。
元々断るつもりなんてないんだけど。

ただ、こうやってこなたの反応を見てるのが楽しいというか、
子供みたいで、動作の一つ一つが、本当に可愛い。

でも、これ以上するのはさすがに可哀想かな。

「あー、分かった分かった。でも、今回だけだからね」
自然と顔は笑みになる。

「おー、さすがかがみん。心の、友よ〜」
今度は嬉しさに満ち溢れた表情で、私に抱きついてくる。
こんなところで、恥ずかしいわよ。
再び刺さってくる、周りからの視線が痛い。

でも、何なんだろうこれ。
全身がきーんと震える感じがする。
ちょっとだけ、気持ちがいいような、変な気分。

……こなたは抱きついたらどんな感じなんだろ。やっぱり、柔らかくて温かいのかな。
でも、背も体つきも私の方が大きいから、不釣り合いかもね。
私には、似合わないかな。

それに、心の友……か。
やっと私にも言ってくれたね。
あの時はネタだっていうのは分かってたけど、結構哀しかったのよ。

でも、今の私は、その言葉を求めていたのかな。
ほんの一瞬、お腹がギュッと痛んだ。
……とにかく、このままでいるわけにはいかないから、
「ほらほら、時間もないんだし、早く始めるわよ」
そっと、こなたを椅子の上に戻す。


73 :1-472:2007/11/05(月) 22:33:38 ID:yHV1jnTd
こなたは不満そうな顔だけど、渋々とカバンから教科書とノートを取り出した。
ページを開いて、私の前に置く。
「こっからなんだよー。ほら、この問題とか意味分かんないし、この公式も何がなんだか分かんないし……」
「ああ、これね」

シャーペンを出して、左手に握る。
こなたがノートを開いて教科書の横に置く。
ここは授業を聞いていても難しいと思ったところだ。それなのに寝ていたんじゃ、いくらこなたでも分からないだろう。
……教えてあげないとな。

「これはね、例えば……」
ノートに自分なりの解説を書いていく。
こなたは口をへの字に曲げて、いつになく真剣な眼差しで、ノートを、私が綴っていく数式を見つめている。

書いて、口で説明する度に、こなたはふーんとか、へ〜とか、なるほど〜とか、色んな感想を、色んな表情で呟く。
驚いたような顔。納得したような顔。理解できて嬉しそうな顔。
その全てが、とてつもなく……。

私が、分かった? とか、分かる? って聞くと、うん、と元気な、そして嬉しそうな声で頷く。
私の目を見て、大きな動作で。
そんなに大げさに返答されると、私もなんだか嬉しくて、くすぐったい。
こなたに勉強を教えているだけなのに、それだけで不思議と楽しくなってくる。

とりあえず解き方の説明は一通り終わらせたし、こなたも分かってくれた感じだ。
「じゃ、ちょっとこの問題解いてみて」
「うん」

教科書に載っている練習問題。これが自分の力で解ければ、この範囲は理解できたことになるだろう。
教科書とノートとシャーペンを渡す。
こなたはシャーペンを握って、問題に取り掛かる。

顔をものすごくノートに近づけて。
……それじゃ、目が悪くなるわよ。
あー、でも集中してるみたいだし、声かけるべきじゃないかな。

こなたは数式を書いてはシャーペンを止め、むーっとうなってから、また書き始める。
どんどん座る位置が椅子の奥の方になり、机に顎が当たるくらいに体が傾いていく。


74 :1-472:2007/11/05(月) 22:34:56 ID:yHV1jnTd
机の端にちょこんとかけた右手。制服の上からでも分かるほどほっそりとした体。
もっと自己主張してもいいのにと思うほど控えめな胸。
スカートから伸びる、すらっとしていて、弾力のありそうな脚。
緩やかな背中をさらさらと流れる、青色の煌くような髪。
ぽこんと飛び出したアホ毛と、綺麗な曲線を描いてノートへと垂れる、織糸のような前髪。
しだる青の合間から見える頬は、焼きたてのパンのようにふっくらしていて、搗き立てのおもちのように柔らかそうな肌色で、
そのすぐ横には、猫の口のようにくるりんと丸まって、ぷにっとしていそうな、唇。

――こなたの唇って、どんな味がする
「わぁぁぁぁ!」
慌てて机を叩いて立ち上がる。
机は机でも、私の部屋のものだ。

ようやく我に返って、現実世界に戻って、
……なんで私はこなたのことばかり見てたんだろ。
なんで私はこなたのことばかり考えてるんだろ。

時計を見ると、どういうわけか九時を過ぎていた。今日の時計は絶好調らしい。
落ち着いてきたから、また椅子に座りなおす。

なんでかな。こなたのことが頭から離れない。
勉強しようとしても、頭に浮かぶのはこなたの姿。

あの目と鼻と頬と耳と髪と首と胸と腕と手と指と腰と脚と、それから、唇。
それははっきりと私の瞼の裏に焼きついたイメージ。
もちろん動くし、喋る。

そしてそのこなたは言葉を紡ぐ。
私が求めている台詞を。
赤らめた顔で無理矢理作ったぎこちない笑顔で、私を見つめて。
「かがみ……、あのね。私、かがみのことが……だいs
「うわぁぁぁぁ!」

頭を抱えて、机に肘を突き、手で髪を掻きむしる。
わ、わ、私、何考えてるの?
落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け。
……とりあえず、そうだ、勉強。勉強しないと。

ノートに転がしたシャーペンを拾って、
数学の問題集のページをめくる。
問題を解いていく。

……そういえば、こなたもこのシャーペンを使ったのよね。

そっと、両手で握り締めてみる。
こなた……。


75 :1-472:2007/11/05(月) 22:36:49 ID:yHV1jnTd
私にとって、こなたは何なんだろう。
友達、いや、親友……なのかな。
でも、私はあの時、こなたの言葉を、どう感じたんだろう。
親友、心の友。それは結局、友人という枠を超えてない。
だけど、私たちは女同士だし、友人じゃなかったら、何だっていうのよ。

あー。
何やってんだろ、私。
ちょっと頭を冷やそう。

椅子から立ち上がって、ベッドにうつ伏せに倒れこむ。

――こなたは教科書の問題も無事に解き終えた。
やっぱり理解力は高いのよね。一夜漬けだけである程度点は取れてるし。

そして図書室を出る間際、振り返って、私を少し見上げるようにして、
「ありがと、かがみ。やっぱりかがみは優しいね〜」

面と向かって言われて、恥ずかしかったけど、でも、嬉しかったな。
それから、二人で並んで帰った。
途中色んな話をしたけど、あんまり覚えてない。
あの時は、一緒に帰れるってだけで、幸せだったから……。

――こなたは今何してるんだろ。
ゲーム……はないか。いくらこなたでも、さすがに今日は勉強してるわよね。

……ちょっと電話してみようかな。
また分からなくて困ってるところがあるかもしれないし、
それなら私が教えてあげないといけないから。
これは、こなたの為なんだから。

携帯で、電話をかける。
コール音が耳に鳴り響く。一回、二回、三回、
「もしもし、かがみー?」
ノイズがして、それからこなたの声が聞こえた。

「あ、こ、こなた?」
「どうしたの、そんなに慌てて。何か急用でもあるの」
「え、えと、さっきまで何してた?」
あれ? なんでこんなに緊張してるんだろ。何を焦ってるんだ私は。
吐息の音が漏れないように、携帯から離れたところで深呼吸をする。
……少しは落ち着いてきたかな。


76 :1-472:2007/11/05(月) 22:38:05 ID:yHV1jnTd
でも、こなたはあくまでゆったりとした声で、
「勉強してたんだよ。そろそろやっておかないと、大変なことになるからね」
やっぱりなー。
「どう? 今日教えてあげたところはちゃんと分かった?」
電話口から元気な返事が聞こえる。
「うん。ばっちりだよ! これもかがみのおかげだね〜」
言うなら今だ。それで、
「え〜……それで、他にも分かんないところとかあったりする?」

もしあるって言ったら、明日こなたの家にでも行ってみっちり教えてあげないとな。
私も勉強しないといけないけど、それもこなたの家で、こなたと一緒にやればいいか。
それなら、いつでもこなたに分からないところを教えてあげられるしね。

そう。これはこなたの為なんだから。
こなたが勉強の内容を理解できるように、私が教えてあげないといけないから。

「う〜ん、別にないよー。分かんないのあれだけだったし。後は自分で出来るよ」
こなたの、機械を通して少し変わった声が耳に届く。
え……。

「そ、そう、なんだ」
それは、良かった……のかな。珍しく、頑張ってるみたいだし。
でも。こなたが自力でやれるって言ったんだから、嬉しいはずなのに、
どうして私の心は、こんなにも暗くて寒くなってるんだろ。
ぽっかりと開いた穴から、色んなものが零れ落ちていくような感覚。

それに、自分で出来るってことは、
……一緒に勉強する必要もないってこと。
お腹の奥から、零れ落ちたものが混じった息を吐く。全身から力も緊張も期待も、全てが抜けていく。

だけどこなたは私のことを気にする素振りもなく、
「うん。今日もかがみに時間を割いて勉強教えてもらったし、もうこれ以上迷惑かけるわけにはいかないからね。
 明日からは私のことなんて気にしないで、勉強頑張ってね」
そうじゃなくて……。どうして、分かってくれないの?

「ねぇ、こなた」
「ん、何?」
一息。これを聞いてどうなるってわけじゃないけど、
「勉強には、集中できてるの?」
こなたは声のトーンを上げて、
「もちろんだよ。今までで一番の集中力かもね」
「そう、なんだ……」

やっぱり私みたいにはなってないよね。
当たり前、か。


77 :1-472:2007/11/05(月) 22:39:08 ID:yHV1jnTd
「それで、用事って何?」
「え?」
どういう意味だろ。考えて、
……あ、そうか。

こなたは、これを用事の前の雑談くらいにしか思ってないんだ。
「……な、なんでも、ないわよ」
「そう?」
沈黙。
数秒か、或いは数十秒か。無言の時間が続く。
そして、

「ほんとに?」
「ほんとだって! ちょっとこなたの声が聞きたかっただけよ」
あ。
「へ〜、私の声が聞きたかったの〜?」
「え、いや、違うわよ!」
こなたのニヤニヤした小悪魔のような顔が頭に浮かぶ。
思わず本心が漏れ……本心?

「かがみんは可愛いなあ。わざわざその為に電話してくれたの?」
「だ、だからそんなんじゃないって……」
恥ずかしくて、別に見られてるわけじゃないのに、布団に顔をうずめる。
「じゃあ、用事は何?」
「それは……」
言葉に詰まった。でも、さっきのことが本心じゃないって言うのは言い切れる。本当は……。

「や、やっぱりなんでもない!」
「ふーん」
こなたは急に声のトーンを落とした。
また、少しの沈黙。
そして見えないけど、多分真顔で。
「用事がないなら、もう切るよ? 今まで勉強してたし、今日は色々と忙しいからね」
「え……」
突き放すような台詞。
そうか。私は、私は……。
「うん……。ごめんね、勉強の邪魔して。じゃぁ、またね」

通話を切って、携帯を放り出す。
布団の中に上半身をねじ込む。

私は、こなたの邪魔をしてたんだ……。勉強を教えてあげるなんて大義名分を掲げて、結局は、こなたに迷惑をかけてただけ。
自分のことしか考えてなくて、こなたの都合なんて無視してたんだ。

ごめんね、こなた。


78 :1-472:2007/11/05(月) 22:41:14 ID:yHV1jnTd
変だってことは自分でも分かってる。
だけど、どうしても抑えきれない何か。

何でだろう。なんで私、こんなにこなたに会いたいんだろう。
それは――

横になっていると、徐々に睡魔が襲ってくる。
もう何も考えたくなくて、眠気に身を委ねた。
意識は、すぐになくなる。



どれくらい経っただろう。
何処かに飛ばしていた意識が戻ってきた。
何時だろうとか、勉強しなきゃとか、そんな思いが駆け巡る中、
目を開ける。

「え?」
いた。
こなたが。
目の前に。

まだ、夢を見てるの?

「おはよう、かがみ」
こなたはベッドのふちに両手をかけ、私のほうをじっと見つめていた。
「こなた……? なんでここにいるのよ」
これは現実のはず。なのに、どうして、どうして、
会いたかった人が、目の前にいるの?

「いや〜、かがみが私に会いたくて、恋しそうにしてたからね。
 ちょっと会いに来たんだよ」
何で分かったんだろう。私の、小さな願望が。
こなたは寝た姿勢のままの私と同じ目線で、
「かがみは嘘が下手だからね。話してるだけで、大体分かるんだよ」
それからニヤニヤと小悪魔のような表情を浮かべた。
「それにしても、携帯放り出して、上半身だけ布団に入れて寝ちゃってるなんて、私の態度が相当ショックだったんだね〜」

こなたは膝立ちになって、うつ伏せの私よりも背を高くして、
「私の言葉一つで落ち込んじゃうなんて、かがみんは可愛いなあ」
見下ろされながら、思いっきり頭を撫でられた。


79 :1-472:2007/11/05(月) 22:45:59 ID:yHV1jnTd
「な、や、やめてってば」
布団に隠れようとして、その布団がないことに気づいた。
「ふっふっふっ、かがみが潜り込んでた布団なら、こっちにあるよ〜」
こなたが自分の足元を指差す。
「布団が邪魔でかがみの寝顔が見えなかったから、ひん剥いちゃったんだよね」
……ということは。
「もちろんかがみの寝顔はばっちり観察させてもらったよ。やっぱり何度見ても可愛いねー」

今度は両手で髪を弄られたり、頬をつねられたり、色々と弄ばれる。
「や、恥ずかしいから、やめてよ……」
恥ずかしいし、やめて欲しいけど、何故だか立ち上がる気にはなれなかった。
じっとベッドに伏せたまま、こなたの成すがままにされる。
「う〜ん、愛い奴め、愛い奴め」

こうやって撫でられていると、なんだか気持ちがいいって言うか、幸せな気分になってくる。
やっぱりこなたに気にかけてもらいたいし……触れ合っていたい。だけど。
ツインテールを左右に広げられながら、ベッドを見つめながら、呟くように疑問を尋ねてみる。
「どうして、来てくれたの。こんな遅くに……」

こなたは一度私から離れて、少し静まった口調になった。
「それはね……、今日のお礼だよ。かがみも勉強しなくちゃいけなかったはずなのに、わざわざ私に教えてくれたから。
まあ、教わってる間ずっと、凄い視線を感じてたんだけどね〜」
「し、知ってたの?」
「当たり前じゃない。私のことをじーっと見つめてるんだもん。誰だって気づくよ」
「う……」
まさか、あれがこなたにばれてるなんて。言い訳のしようもないじゃない。

「私のことがそんなに気になるのー?」
頬を指で何度もつつかれる。
もうどうにでもしてくれ。
こなたの手の動きに全てを委ねた。

だけど、こなたはすぐに手をベッドのふちに戻して。
「でも、私が恋しくて勉強にも集中できなくなるなんて、かがみも一途だね〜」
「そ、それは……」
「違うの?」
答えられない。多分、こなたの言う通りだから。
こなたは私の無言を返事と受け取ったのか、言葉を続けた。
「かがみは、待てが出来ないんだね」
待て?
「……え、どういうこと」
いきなり変なことを言われて、思わず聞き返した。
こなたの言いたいことが分からない。待てが出来ないって私は犬か。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 22:50:04 ID:EIenkQ0A
あー、どっかでこなかがオンリーイベントとかやらないかな?
できれば都内がいい。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:01:50 ID:OOcFkq9+
なんという寸留め(泣)

連投防止カキコです。
一応規制(バイバイさるさん)がかかったら1時間くらいで解除されるみたいですよ。
あれは本当に不安になりますよね(汗)
自分も経験者なので今のお気持ちものすごく分かります(´・ω・`)

連投規制などに負けずにカムバックしてくるのをwktk全裸待機してますね!

82 :1-472:2007/11/05(月) 23:02:26 ID:yHV1jnTd
「だから、かがみはテストが終わるまでお預けされるのが耐え切れないんだよね」
「……ちょっとこなた、何のこと言ってるのよ」
テスト後に何かあったっけ? 思い出してみるけど、何も浮かんでこない。
確かにテストが終わるまで極力娯楽は我慢してるけど、そんなことじゃないだろうし。
「え? も、もしかして、覚えてくれてないの? かがみなのに」
こなたは目を丸くして、信じられないと言いたげな顔になった。

「覚えてないって、何が?」
「い、いや、覚えてないなら、いいよ……」
こなたは急に顔を赤く染めて、俯いてしまった。どうしたんだろう。
「何よそれ。気になるじゃない。ちゃんと言ってよ」
「な、なんでもないって。気にしないでよ」
顔を上げて、大げさに手と首を振る動作がますます怪しい。
問い詰めてやろうと、そう思ってベッドの上で膝立ちになる。

こなたの目の前まで行って、
「あんた何隠してるのよ。ちゃんと白状しなさい」
「そ、そんな大したことじゃないから……」
こなたは指で頬を触りながら顔を反らして、私と目を合わそうとしない。
それを見てると、何故だか顔が綻んでくる。
「こなた。白状しないと、もう絶対に勉強教えてあげないわよ」
「え、そんな……」
こなたは数時間前と同じような、今にも泣きそうな、愕然とした顔になった。
あ〜、可愛すぎる。

「あ〜あ、誰かさんに勉強教えてて自分の勉強が出来なかったから、今度の中間は成績が落ちちゃうかもね〜」
「う……。わ、分かったよ、言うってば」
やった。
不思議な優越感に浸って、こなたを見下ろす。

こなたは紅潮させた顔をほとんど真下に向けて、囁くようなか細い声で、
「えっとね、ホントに覚えてないの? テストが終わったらケーキ奢ってあげるって言ったの……」
あ、そういえば……。
口実だと思って適当に聞き流してたけど、確かにそんなことを言ってた。

頭部しか見えないこなたが、一段と小さく見える。
アホ毛も心なしかしおれているような気がする。
「そ、それで、かがみのことだから覚えてくれてると思ってて……。
 だから、私は勉強やっててちゃんと切り替えが出来てるのに、かがみは、
 その、えと、多分待ちきれないんだろうなって……」


83 :1-472:2007/11/05(月) 23:04:56 ID:yHV1jnTd
髪の毛しか見えないから、しゃがんで下から覗き込む。
こなたは上気して真っ赤になった顔で、目をしばたたかせていた。
でも、私と目が合うと、一度潤んだ目を大きく見開いて、わ、と言って斜め上の方に顔を向ける。
何故だか楽しくて、そして嬉しい。
「ふ〜ん。つまりこなたは、テストが終わったら私とケーキを食べに行くって、約束したと思ってたんだ〜」
「う、うぅぅ……。そ、そうだよぉ」
「へ〜。……あんたも結構可愛いとこあるじゃない」

さっきのお返しとばかりに、こなたの方を意地悪くつっついてみる。
ぷにぷにとした触感。
「や、やめてよかがみ〜」
こなたが悲痛な叫びをあげるけど無視。
今度は頬を引っ張ってみる。
おもちみたいにむにゅーっと伸びた。
「本当は、恋しがってたのはこなたの方じゃないの?」
こんな時間に私の家に来てくれるなんて。
……もちろん嬉しかったけどね。

「う〜、かがみ様〜」
「えっ、ちょ」
こなたがいきなりベッドに乗り上がって、四つん這いになっていた私に飛びついてきた。
そのままに後ろに倒され、ベッドに仰向けになる。
「い、いきなり何するのよ」
密着するほど近くに、こなたがいる。しかも、ベッドの上で。
胸が本当にドキドキと脈打っている。体の芯が痺れてくるような感じ。

「うにゅぅぅ、かがみはあったかいなぁ〜」
私の腕に頬を摺り寄せてじゃれ付いてくる。
身長差もあるし、こうやって見てるとほんとに小動物みたいだ。
体が熱を持ち始めるのが分かる。
頭がぼーっとして、しばらく仔猫のように私にくっついてくるこなたを見つめていた。
「でもね、かがみ」
ふと、顔を上げてこちらを見たこなたと、目が合った。
「恋しがってるのは、かがみもでしょ?」

「それは……」
やっぱり、こなたの言ってた通り、そうなんだろうか。
無意識のうちに、こなたを求めるようになってたんだろうか。
いつの間にか、勉強してる時もこなたのことが頭から離れなくなっていた。
気がついたら、こなたのことをぼんやり眺めていることもある。
親友って言葉が心に引っかかったり、こなたの傍にいると変な気分になったり。
多分、私は……。


84 :1-472:2007/11/05(月) 23:07:03 ID:yHV1jnTd
こなたはどうなんだろう。
親友って言ってたけど、本当に、私たちは親友だって思ってるんだろうか。
今、私の腕の中でもぞもぞ動いているこなた。
「ねえ、こなた。私たちって、何なのかしらね」
そっと、こなたに聞いてみる。
「え?」
こなたは目を瞑ってしばらく悩んでから、少し笑って、
「何なんだろうね」
「親友?」
「う〜ん、そんなんじゃないと思うな」
「じゃあ、何?」
「そんなこと急に言われても、分かんないよー」
お手上げという風に両手を広げる。

だから、体を横に曲げて、こなたと向き合うような姿勢になって、逆の腕で抱きとめた。
「ほんとは分かってるんじゃないの」
「う……」
こなたははっとした顔でこっちを向いた。
その頬は、僅かに朱になっている気がする。
「そ、それはかがみも同じでしょ」
「え?」
思いもよらない振りに、思わず声を上げてしまう。

同じってことは、私の気持ちイコールこなたの気持ちってこと?
だったら、この感情を、こなたも持ってるのよね。
私と、一緒の思いを……。
私がこなたに対して抱いてる気持ちと、同じものを。

「ねぇ、かがみ。覚えてなかったんなら、もう一回言うよ」
こなたは熱を持った小さな身体を精一杯丸めて、私の両腕の中に全身を入れるようにして、
「テストが終わったら、一緒にケーキ食べたり、遊びに行ったりしよう」

上気した顔で、はにかんだ笑みで。
だから私も、それに応える。
「いいわよ。……それなら、テスト勉強頑張らないとね」
「うん。……でもね」
私の胸に顔をうずめてくる。
くすぐったいけど、じゃれつくこなたが可愛いし、気持ちがいい。
そしてくぐもった声で、
「まだ、今日は、終わってないから」


85 :1-472:2007/11/05(月) 23:09:01 ID:yHV1jnTd
今日? どういうことだろうと考えて、
あ……。
電話でのこなたの台詞が蘇ってきた。
それからこなたは、振り向いて、時計を見つめる。私もその視線を追う。
いつの間にか、もう十一時になっていた。
「ほら、後一時間くらいしかないけど、それまでは一緒にいられるよ」
「そう、ね……」

明日になったら、さすがに勉強しないといけないな。
その先には、こなたとの約束もあるし。気合入れて頑張らないと。
だけど、まだ今日は続いてるから……。

もやもやした気持ちで勉強したって集中できないし、
一方通行じゃないはずだし、
声にしてみよう。
「こ
「かがみ……、あのね。私……」
私が口を開くより早く、不意に両腕が首に回された。
それからこなたは私の顔の方に身体全体で近づいて、
囁き声で、私の耳元で、

頭の中で何度も何度も再生していたのと、同じ台詞を。

だから、

私も、

何度も何度も頭の中で紡いだ言葉を。

大好きな人へ。




86 :1-472:2007/11/05(月) 23:13:42 ID:yHV1jnTd
以上です。
投下した後で読み返したら、なんだかぼかしすぎてるような気がしてきた……。
アイデアだけは山ほどあるので、また新しいの作りますよ。

>>81
またもや連投規制にかかるとは、やはり自重して短くするべきだったかな。
待ってる間が本当に恥ずかしい……。
どうやら00分になるごとに解除されるみたいですね。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:17:01 ID:6DwNKf7Q
GJ
こいつは甘いぜ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:21:59 ID:18vVQCcP
あぁ、ほんとに糖尿病になりそうだ…。
そしてこなかが病は着々と進行中


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:34:36 ID:gFMTIn3P
>>86
GJ!!
最初でニヤニヤして、途中のシリアスで真顔になり、最後の方でまたニヤニヤさせていただきました。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:35:04 ID:ZhcvjpVK
萌え死にました
どう責任とってくれるんですか







つまり…GJ!!!

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:37:40 ID:Z++nKuVv
こいつぁーいいや!

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:38:51 ID:Z++nKuVv
こいつぁーいいや!

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:39:53 ID:Z++nKuVv
はずかしい2重カキコとか死にそう

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:51:01 ID:ANPcP6dd
これはいいニヤニヤ
GJ
ついでに>>93のドジっ子萌え

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:52:59 ID:rFtl741o
>>86
GJ!!!!11 ハマって見たよ。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 23:58:32 ID:+Y92Fkku
>>86
ノドの奥から、異常に甘いなにかがこみ上げてきましたw

完全に侵されてるわ、こなかが病。要するにGJ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:10:23 ID:COTZC30m
>>96の『〜甘いなにかがこみ上げて〜』の部分が
『甘いかがこな』に見えてしまった俺はもう手遅れなんでしょうか

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:12:05 ID:r9j9yOxJ
>>86
GJ!

スレ立って1日でもう100目前か。
こなかがの勢いは止まりそうにないな。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:15:37 ID:+T4HyQeC
>>86
GJ!
てか、恥じらうこなたって強力すぎだと思うんだ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:16:36 ID:xGFuBXMV
>>86
GJ
浪人生の俺も勉強せねばならんのに萌え死んだ。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:42:22 ID:GheStMDd
>>86GJ!
今までのSSの中で一番好きかもしれない
甘かったです

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 00:56:22 ID:OD29phEA
こなかがスレの勢い
 
part1  7/18 〜 9/7 (52日)

part2  9/7  〜 9/24 (18日)

part3  9/24 〜 10/9 (16日)

part4 10/8  〜 10/23 (16日)

part5  10/23 〜 11/5 (14日)

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:04:26 ID:CSgTSeo7
>102
これは・・・!

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:56:10 ID:zG83jqTi
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1097089

こなかが好きなら必見

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 01:57:35 ID:KgONfaPU
>>102
凄い勢いだなw

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 02:08:06 ID:sVrIU2Re
>>86
すごい大作ですね。GJ!

>>102
アニメ終了後から一気にkskしてますね

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 02:15:05 ID:WJyCcMl5
>>86
スクロールするのが勿体無くて1時間かけて読んだ
自分もこなかが病末期だと思うんだ・・・
とにかくGJ!ほこほこ暖かくなる超良作でした!!!

>>102
ひと季節しか経ってないのに6スレとはどんだけー

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 02:52:11 ID:w/Vj844S
>>86
ほんのりと甘めなこなかがGJ
自分もじっくりと時間をかけて読んでしまった。
個人的には次はもっと甘目がいいな。

>>102
2スレからいきなり加速しているんだ。
やっぱ放送終了と共に妄想が爆発しだしたか。
初代スレってどんな感じだったんだろ。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 02:59:36 ID:JXKR4rXk
>>50
こんな拙い文章で甘いと言ってもらえてめっさ嬉しいです。ありがとう。
構想のまま手がつけられてないSSもがんばってみようと思います。
こういうのがSS書きさんの励みになるのかな、と感じた今日この頃。

>>47
>>57
えっと…>>46の465氏と間違えていませんか…?
俺が>44で書いたやつは即興で書いたやつなので元ネタも何もないですし。
こんだけ亀で言うのもどうかとは思ったんだけど…。

>>86
悶え死ぬ直前まで逝ってしまった。どうしよう。どうしようもないね。
長さが全く気にならないくらい読み入ってしまった。
やっぱり上手い人の作品は凄い…。
かがみの気持ちはこなた一色ですなー。
読んでると自然と暖かい笑みが浮かんでくるよ
いずれこんな甘甘なの書ける様になりたい

>>102
Part1とPart2以降の速度差が凄いな…ひとえに愛の力かね

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 03:49:03 ID:eJr7k/Bd
>>86
神いわゆるゴッドジョブ!
いいですね、このなんともピュアラブ過ぎるのがたまりませんなぁ
>>109の言うとおり、かがみの気持ちはこなた一色だけど、きっとこなたの気持ちもかがみ一色でしょうなー

・・・あぁッ!なんか読んでるだけでやたらニヤニヤしちまうぜw

>>102
まさしく「愛だよ愛」ですなぁ

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 12:11:34 ID:uvkhwcKS
はこ×すた
ttp://www.lcv.ne.jp/~onakkey/index.html#yorozu
ttp://www.lcv.ne.jp/~onakkey/page039.html

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 12:29:50 ID:vHQ25bdc
これは良いこなかが

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 13:39:59 ID:6Mcz/Mdd
>>111
Nice konakaga.

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 13:40:36 ID:YnkTm4q6
・・・あまい

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 16:56:14 ID:EHo75cim
>>86
GJ ! 中盤の自分の気持ちを言い訳しているかがみの状態は、キャラソン二曲目の状態に近いと思う。願わくば、
本編は無理でもアンソロでのこなかがカップル定着が成りますように・・・。

>>100
勉強しろw

>>111
この人知ってるw 元々シスプリメインだった頃から。
らき☆すたにいつの間にハマったんだろう。しかも、こなかが派w めっちゃ嬉しいw
この人は、かなりぶっ飛んだ内容を好むから、これからのこなかがっぷりにも期待できそう !


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 18:15:24 ID:tjOhszdW
>>115
俺はしんこんメイデンから入ったw
この人の描くマンガは色々と壊れてる

だがそこがいい。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 19:00:30 ID:dbwmlCY4
甜菜
52 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2007/11/06(火) 12:47:36 ID:psxLZc3H
ttp://rainbow.sakuratan.com/data/img/rainbow59217.jpg

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 19:01:47 ID:dbwmlCY4
甜菜2
58 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:2007/11/06(火) 15:44:53 ID:psxLZc3H
ttp://www.vipper.org/vip660386.jpg
ttp://rainbow2.sakuratan.com/img/rainbow2nd27523.jpg
ttp://rainbow.sakuratan.com/data/img/rainbow59234.jpg

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 20:05:21 ID:R52k3srW
>>117 >>118
その漫画持ってるw 原作と性格違うけど、全員イイ感じにブッ壊れていて大好きだw
かがみは常識人装ってるけど、その実かなりのこなたラヴw

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:07:51 ID:EXzJUfvq
どうでもいいことだが、冬の東ガルはなのはスペースらしい
ちなみにLUCKY POINTが頒布されたのはハルヒスペースで、〜SUMMERは型月スペースだった
〜AUTUMNはらきすたスペースだったが

…まあ、そういうこっちゃ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:26:26 ID:QWdsojuw
同人イベントが25日に川崎と浅草で同時開催するが、お前らは勿論浅草の方だよな?


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:28:27 ID:EXzJUfvq
>>121
うむ

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:44:15 ID:+2v5kyGn
川崎の主催者評判最悪だし

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:45:45 ID:LVKY8rAV
こんばんは、4-234です。
『追われて、追って』の続き、最終話を投下します。

・かがみ編
・3レス失礼します

125 :チェックメイト:2007/11/06(火) 21:47:08 ID:LVKY8rAV
今日は午前中に宿題をやって午後は委員会に行って…。
頭の中で今日の予定を立てる。自分の中で一つの決心がついたからか、
昨日より幾分か心が軽くなっていた。
(そして明日…こなたの家に行こう)
私の気持ちを伝えるために。
メールでも電話でもなく、直接会って言いたかった。アポなしで行くことに
少々の不安はあるけれど、インドア派のあいつのことだから多分平気だろう。
…冬コミもまだだしね。


携帯を開いて時間を確認するとまだ八時前だった。
(つかさを起こしに行ってやらないと。友達の所に行くって言ってたし)


「ほら、つかさ。遊びに行くんでしょ?遅れるわよ?」
「んぅーーーー…あとごふん…」
「いいから起きなさいっ!!」
最終手段、掛け布団を剥ぐと冷たい外気に晒されたつかさが、体を丸めて
恨めしそうな顔で私を見る。
「むーー午後からだからまだ大丈夫なのにー」
「じゃあそれまで勉強しなさい。最後になって泣き付いて来ても知らないわよ?」
「……わかったよぅ……」
渋々といった感じで起き上がったつかさを見てから、居間に勉強道具を持っていった。
ふとテレビに目を向けると“今から行ける!クリスマスイベントスポット大特集!!”
とかいう情報番組がやっていてほんの少し切ない気持ちになった。
こなたは今日はみゆきと一緒に過ごすのかな。
でも、なんであの時私を誘ったんだろう…?
つらつらとそんなことを考えていると、着替えて朝ごはんを食べ終えた
つかさがテキストやら筆記用具やらを持って入って来て、お昼まで二人で勉強した。
…つかさは最後の方にはひいひい言っていたけれど。

「じゃ、私はそろそろ行ってくるわね」
「うん、いってらっしゃいお姉ちゃん。私はもう少ししたら行くね」


太陽が出ていないせいか今日はまた一段と寒い。
コートの合わせ目を押さえながら、あと一枚ぐらい何か中に着て来ればよかったかな、と思う。
まあ、でも家に戻ってる時間はないし仕方ないか。


学校に着いて、いつも委員会をしている教室に向かう。
冬休み、さらにクリスマスとはいえ部活をしてるクラブはあるし
当直の先生もいるはずなんだけれど、誰にも会わずに教室の前まで来た。
ガラリと扉を開けると暖房の暖かさを感じる。
そして窓際に、いるはずのない人物の姿を見た。

126 :チェックメイト:2007/11/06(火) 21:49:24 ID:LVKY8rAV


膝の辺りまで届くスカイブルーの髪。エメラルドグリーンの瞳。
間違えようもない。その人物は紛れも無く、私の想い人である――泉こなただった。


「かがみ」
あまりにも訳が解らな過ぎて、どこかへ飛んでいっていた意識が
名前を呼ばれたことで戻って来る。
一歩、こなたが私の方に近づいて来たのを見て私の足は勝手に回れ右をしていた。
「かがみっ!!」
さっきよりも強い調子で呼ばれたけど、振り返らずに走った。


言いたいことがあった。
私、こなた、そしてみゆきの関係が壊れてしまったとしても、それでも伝えたい気持ちが。
でも、それは明日だったのに。まだ本当の心の準備なんて出来ていない。
廊下にバタバタバタと二人分の足音が響く。
口から吐いた息が、白い筋となって後ろに流れていった。
こなたは足が速いから下駄箱に着く前に追い付かれてしまうだろう。
空き教室にでも入ってしまおうか。そう考えて走りながら最初に目についた
扉へと手を掛けた瞬間。
私の横からこなたの手が伸びてきて、バン!と派手な音を立てながら扉を押さえた。
奇しくも、そこはこなたがみゆきに告白していた場所だった。
「……や……!!」
「聞いて!!」
こなたが声を荒げるのを聞くなんて初めてかもしれない。
驚いた私の体が意図せず跳ね、動けなくなってしまった。
「そのままでいいからっ…聞いて…!」
私は扉を前にしているから、こなたの表情は見えない。
だけどその語気の強さからこなたがとても真剣だということが解った。
「かがみは…誤解、してるんだよ…」
「な、にがよ…」
ドアについていた左手がぎゅうと握られ、激しい呼吸を繰り返していた
こなたがはあ、と大きく息を吐いた。


「あの日、私はみゆきさんに相談してたんだよ…。
…好きな人がいるんだけどどうしたらいいか、って。それとかがみは日曜日
みゆきさんと私が一緒に買い物をしてるのを見たんだよね?
あれはクリスマスプレゼントを買いに行ってたんだよ。……デートなんかじゃなくて」
え……?じゃあ、みゆきと付き合ってるっていうのは私の勘違い?
でも、こなたに好きな人がいるのには変わりはないのか…。
ほっとしていいのか落ち込めばいいのか複雑な気分でいると、
こなたの手が引っ込んで、代わりにがさがさと何かの包みを開けるような音が聞こえ始めた。

127 :チェックメイト:2007/11/06(火) 21:51:02 ID:LVKY8rAV
何なのか訝しんでいるとふわり、と首に何かをかけられた。


それは、ピンク色のマフラーだった。
「………?」
「そして、私が好きなのはかがみ、あなただよ。
…プレゼントをあげたいのも、全部。
……私が言いたかったのはそれだけだよ」
びゅうう、と強い風が吹いて窓を揺らし私とこなたとの間にしばしの沈黙が訪れた。
…な、に?こなたも、私を…?
脳内での処理が追い付かなくて、待ち望んでいた言葉のはずなのに頭の中に染み込んでいかない。
「…じゃあ、返事は後ででいいから…」
そう言ってこなたが離れて行くのが気配で解る。
何やってるんだ私。こなたにばっかり言わせて、結局自分じゃ何もしてないままじゃないか。
「……っ!こな、た!!」
「わ……!?」
振り向いて、離れ始めていた手を掴んで思いっきり引き寄せた。
シャンプーの香りが鼻孔をくすぐって、こなたの小さな体が腕の中にすっぽり後ろ向きに納まった。
「私も…っこなたのこと、好き……大好き…!!
今まで逃げててごめん…!!この前だって私こなたに酷いこと…!」
「うん……うん……っ。私も好き!…それに、いいんだよ。
かがみも私のこと好きって言ってくれたから……それで……っ」
そこまで言ったこなたがもぞもぞと180度向きを変え向かい合う形で抱き着いて来る。
人の体温がこんなにも心地良いなんて知らなかった。嬉しさが今になって込み上げてくる。

少しして離れたこなたの顔は、十二月だというのに湯気でも出そうなくらい上気していて。
……人のことは言えないんだろうけどね。
からかうときのような笑いじゃなくて、目尻を下げた初めてみる笑顔でこなたが言葉を紡ぐ。
「ん。すっごい似合うよ」
「あ…でも私何も用意してないし…」
「ちっちっち、違うよかがみん。私が欲しいのはそんな言葉じゃないよ」
え?あ、そっか。こんな時は…。
「ありがとう、こなた。…これからもずっと一緒に居てね?」
「うん!!」
そうは言ったものの、本当悪いなあ…。
何かこなたにしてあげられることはないかな。
あ、一つだけ、あるじゃないか。
今の私にあげることが出来る唯一のプレゼント。


すうっと息を吸ってこなたの耳に唇を近づける。
廊下には私たちしか居ないけれど、こなたにだけ聞こえるように囁く。
「――――――――」
言い終えてこなたの顔を見ると、いいの?という表情をしていて。
私は了承の意味をこめて目の前の体をもう一度抱きしめた。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 21:53:52 ID:LVKY8rAV
以上です。
読んで下さった皆様、ありがとうございます!

こなた編はまだ未完成なのと明日用事が出来てしまったので、明後日以降になります。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:04:35 ID:iAgAMtVY
>>128
二人の気持ちが通じ合って良かった。
すれ違いの後に生まれる絆ってどうしてこうも美しいのか。
GJ!!です

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:12:28 ID:vHQ25bdc
ハッピーエンド∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:17:33 ID:Ajkm/k5L
頭が沸騰して湯気が出ましたwおつかれさま〜

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:30:13 ID:w/Vj844S
>>121
同じ日にらきすたイベントが重なっているのか。
まあ、お目当てのサークルは陵桜祭に参加しているから
当然そっちになるな。
川崎の方はどのサークルが参加しているのかわからんし。

>>128
まずはかがみ編完結おつ。
すれ違いが長かったがやっと思いが通じてよかった。
こなた編の完結も楽しみにしてます。
そしてめいっぱい甘ったるい後日談も希望。


133 :1-472:2007/11/06(火) 22:36:50 ID:87DenABp
>>128
GJです。
―それは、ピンク色のマフラーだった。
のところでもう俺の涙腺は破壊されてしまった。
長い誤解が解けて、一つになれて、本当によかったなあ。


そして、感想をくれた皆さん、ありがとうございます。
調子に乗ってきたのでまたどんどん投下するつもりですよ。

>>99
恥じらうこなたは自分で考えてニヤニヤが止まらなくなった、まさに妄想の具現化です。

>>108
甘目……ですか。
これ以上甘くするには、如何せん俺の文章力がなさ過ぎるけど、
出来るだけ頑張ってみます。

>>109
長さ大丈夫ですか?
それなら自重するのやめようかな。
そして暖かくなってもらえたなら満足です。

>>110
二人ともお互いのことで一色ですねー。
最初はこなたの方は恋愛感情持ってないって設定だったんですが、気づいたらこんな展開に……。
なんかもうハッピーエンドしか書けませんね。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 22:44:58 ID:pdfAc3ym
>>117-118
絵師の詳細希望!

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:05:34 ID:EdOoH9Tc
>>128
超GJ。
こなたとかがみ、そして俺たちにとってもハッピーなエンドだった。 


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:07:57 ID:G4Ukww/g
>>128
GJ!こなた編も楽しみにしてるぜ

137 :465:2007/11/06(火) 23:08:56 ID:vlPHUgy6
>>128
GJ!
二人の間の誤解が解けて良かったっス!
こなた編もwktkで全裸待機ですな!

……ところで、本格的にスランプらしく、文が全然浮かびません(泣)
私生活も忙しくなってきたんで暫くは投下できないかも……。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:23:23 ID:MYcwk9TS
>>128
超GJ!こなた編めっちゃ楽しみにしてます!
誰かこの話を漫画にしてはもらえないだろうか
上手ければ描きたいんだけどなぁ…
他力本願な俺を許してくれorz

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:29:17 ID:COTZC30m
>>138
漫画って……
描くなら結構なページ数になるんじゃね?
やってくれるような根気&暇のある人いるのだろうか……

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:32:34 ID:EHo75cim
>>128
GJ ! ニヤニヤが止まらないw 逃げるかがみにこなたが追いすがるシーンが切なくていいね !

>>134
うろ覚えだが、タイトルは「LUCKY☆STRIKE」だったような・・・
もう書店委託売り切れてるかも・・・

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:37:04 ID:fakyRuWK
できても短縮四コマとかじゃん
それでも時間かかりそうだけど

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 23:39:19 ID:T7QMirP2
>>128
よかった…本当によかった。超GJそして長編乙でした。
完結後も投下を期待してしまう。

143 :4-248:2007/11/07(水) 00:05:32 ID:rtatUrkN
投稿規制解除キター!!
…ひどいめにあったよまったく(´;ω;`)
自分がした悪いことといえば前スレの4コマの
糖分偽造表記ぐらいじゃないっすか…ww

とまあ冗談はこのへんにして
雨のち晴れの続きできたんですけど
投下してもおkですか??
…あ、この存在自体忘れられてるのかな?orz

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:07:03 ID:Wn8Xj4m+
>>93萌え

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:08:24 ID:pOG2oRVM
>>143
待ってましたwww

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:19:45 ID:XT+odXQ0
>>143
一万年と二千年前から続きを待ってましたよ!

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:20:48 ID:gblXrvAU
こなた視点。
二人は付き合ってます。
多分1レスでおさまるかと。

148 :4-248:2007/11/07(水) 00:26:12 ID:rtatUrkN
それでは投稿規制の間に描きためた漫画を
どどんと一気に4ページうpします!

描いたのはいいんですけど
だんだんと自分の絵に失望してきました(´;ω;`)ウッ
自分の描く絵はかあいくないorz
自分はもうちょっとぷに系の絵が描きたいんですよホントは
それで自分の絵柄にはたして需要があるのかって考え出したら
頭くらくらし始めちゃいましてorz
ヘタレ&ネガティブでサーセン(´・ω・`)
もし…もしですね、励ましの言葉とかかけてもらえたら
自分単純なんで気合い入れ直して頑張ることができそうなんです!
ってことで漫画の続きを見てがんがれ!と思った方は
一言頂けたら嬉しいです(`・ω・´)フンガー
それでは長くなりましたがドゾー
あ、言い忘れてましたがこれ以降こなたが情緒不安定な感じになっていくんで
苦手っぽい方はスルーしてください(´・ω・`)
http://momoiro.s4.dxbeat.com/up/img/momoiro02639.png
http://momoiro.s4.dxbeat.com/up/img/momoiro02640.png
http://momoiro.s4.dxbeat.com/up/img/momoiro02641.png
http://momoiro.s4.dxbeat.com/up/img/momoiro02642.png

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:28:26 ID:gblXrvAU
「環状線を走ってた」

触れ合っていた唇同士が離れる。
互いに回していた腕が少し緩み、視界がちょうど相手の顔で満たされるくらいの距離を置く。
なんだか胸の真ん中辺りがほわっと暖かいような、穏やかで幸せな気持ちになる。
このまま、かがみのほっぺや胸にすりついてみたくなってくる。
心も体も、なにか優しいもので満たされていくような心地よさを感じて、自然と目尻が下がる。
この緩やかな幸せの中に、ずっと浸っていたいと感じる。
でも。
あたしの目の前のかがみは、切なそうに熱を押し込んだような瞳を潤ませて、じっとあたしを見つめている。
息も少し乱れてるけど、それを隠そうとしてるのが分かる。あたしの背に回している腕だって、少し強張って、震えている。
かがみは、我慢してる。
それは、あたしのせい。
かがみは、もっと多くのことを望んでる。
あたしは、今、この状態に満足していて、先に進みたいって気持ちがまだない。
かがみの中では、恋愛感情と欲求とがより近しいところにあるんだと思う。
そして、あたしはと言うと、どうもこの二つはあまり近くにはないみたいで。
かがみは、あたしのそんなところを察しているんだと思う。
一度だって、強引なことをされたことはなかったし。
もっと強く抱き寄せたりしようとすれば出来るのに、かがみはしない。
それは、あたしに歩調を合わせようとしてくれているから。本当は、物足りないんだろうに。
あたしばっかり満たされて、いつもかがみは満たされない。
不公平だと思うし、申し訳ないとも思っている。
でも、その気のないあたしが行為としてかがみの望んでいることを受け入れたとしても、それではだめだ。
そんなかりそめの行為では、かがみは満たされないし、そもそもそんなのかがみに対する裏切りだと思う。
かがみがあたしを好きで、あたしがかがみを好きで、お互いの信頼、安らぎ、幸せを育てたい、分かち合いたい。
あたしたちが望んでいるのは、こういうことなんだから。
確かに、今は、あたしに先に進もうって気持ちはない。
でも、付き合い始めた頃に思っていたほど、次の一歩を踏み出すのは遠い先のことでもないような気がしてきた。
かがみが、こんなにも誠実で、あたしを大事にしてくれるもんだから。
逆に、欲求が焦らされて、少しずつ表に上ってきているのかもしれない。
にまっと猫口をたたえ、あたしは切ないかがみの瞳の間、眉間を軽く人差し指で弾く。
それまでの感情が吹き飛んだように、かがみは気の抜けたような顔で文句を言いたそうにしていた。
そんなかがみの様子に、あたしの顔はますますほころんで、かがみは呆れ顔を作っていく。
近いうちに、自然とあたしもかがみと同じようなことを望むようになるからさ、それまでのおあずけだね、かがみん。


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:36:05 ID:pOG2oRVM
>>148
GJ!
続きが気になります><
ゆっくりでもいいので頑張って下さい!
いつでも応援してます!

>>149
こちらもGJ!
どんなに好き合っていても気持ちの差っていうのはあるものなのなのかなぁと
考えてちょっと切なくなりました。
心理描写上手で羨ましいです><

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:37:46 ID:saH/n/1Q
>>148
GJ!
失望だなんてそんなこと言わないで!
俺はこういう頭身高くてリアルな絵柄が大好きなんだぜ。
アニメとはまた違った雰囲気で、シリアスで切ない話にはむしろぴったりだと思う。
今時というか、本当にいそうな青春真っ只中の女子高生っていう感じが最高なんだ。

そして最後のページのコマ割りが秀抜です。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:38:34 ID:JVs7H45K
>>148
いや俺はこの絵柄大好きだよ。原作の雰囲気もちゃんと出てるし
もうこなたが可愛くて切なくてやばい

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:38:57 ID:6+OoBZb/
>>148
2枚目最初のこなたとか可愛いですよw
それ以降の深刻な表情とのギャップもいいw
ガンガレ

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:39:17 ID:xrybnS3X
>>148
うめぇwwwwwwww
同人誌とか描いてる方ですか?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:45:08 ID:saH/n/1Q
>>149
GJ!
温度差があるんだけど、
やっぱりお互いのことを気遣ってる二人がなんだか切ない……。

それにしても、6スレ目は冒頭からすごい職人ラッシュだな。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:46:38 ID:YMR9Rdf/
>>148
すげいよ。三枚目以降のこなたの真剣な表情に引き込まれてしまう

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:47:54 ID:rVrj17e0
>>148
相変わらずの神っぷり
乙です

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:47:59 ID:XT+odXQ0
>>148
こいつぁなんたる少女漫画・・・こなたの切ない表情がたまらねぇですよGJ!

>>149
良いですね・・・なんていうかこう希望に満ち溢れてますな
この二人にはゆっくりと、お互い手を取り合って愛を育んでいって貰いたいですね

ま・・・いきなり襲っちゃう話もそれはそれで面白いんですがw

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:52:54 ID:HgRIUhBK
>>148
素晴らしいとこなかが漫画だと思われます(`・ω・´)フンガー
一絵描きから言わせてもらえば、自分の絵柄には自信を持った方がいいです。
無理に路線変更とかすると、描きたいものが描けなくなってスランプに陥ることも多々あり(経験済み
あなたが描くものはそのリアル寄りの絵柄が魅力なのですから、無理矢理プニに走る必要はないと思いますよ。
描くなという意味ではないのですけどね。息抜き程度にさらっと描いてみるくらいがいいかもです。
ってかマジ気をつけたほうがいいです。本気で何も描けなくなるんで……ごちゃ混ぜになって。

まぁ何を言いたいのかというと、スレンダーな絵描けるの羨ましいってことです。
俺なんか、スレンダーなのかプニなのかよく分からない系だし(´・ω・`)

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 01:00:32 ID:k8SYPcTT
>>148
絵も内容も良すぎる。表情があっていいね。

興奮のあまりその場でブリッジしてヘルニアが痛んで動けなくなってしまった。
誰か腹にかかと落とししてくれ。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 01:05:50 ID:F/DmERo4
>>148
あなたの漫画で心臓ドキドキして頭くらくらしちゃいましたよ〜。つづきがき・に・な・る!
1枚目の真ん中下のこなた。あほ毛が直立しててかわええw
ハイティーン向け少女漫画なふいんきで、スッキリしていて上手いなあと思いました
無理せずてけと〜に頑張ってください!

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 01:28:44 ID:DZwvKFuI
>>148
GJ! 絵が描けない自分としては、これだけ絵が描けるという
だけでもすごく羨ましい!! 続き楽しみにしてます。

>>149
お互いにもどかしいところがいいですな。抑えきれなくなって
暴走したかがみんも見てみたいw

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 01:38:26 ID:RNKjlU5D
>>160
とりあえずもちつけ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 01:56:04 ID:0f4uq6mi
>>148
>>149
ああああ興奮しすぎてどう感想綴ったらいいんだかわかりません!!!
朝になってから改めて拝ませていただきま酢ーーーー

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 01:57:34 ID:pOG2oRVM
ネタ思いついてSS書こうと思って
でもその前に風呂に入ろうと風呂に入って
風呂から上がったら書こうと思っていたネタを忘れてしまった

なんというひよりんorz

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:04:32 ID:CaSWzZGI
>>148
すごいです!上手すぎて吹きましたwww
やっぱりこういう王道のこな×かがが最高です!
もう何ていうかこの二人以外のカップリングは常識的に考えて無いですよね!


あ、あとこれ支援絵です
http://momoiro.s4.dxbeat.com/up/img/momoiro02646.jpg


やっぱり二人のラブラブガチ百合が最高ですね!
>>148さんみたいな奴が描けるようになりたいです(><

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:07:02 ID:PINiqVlV
>>166
ああああああああああ
こなたうしろうしろーーーーーー

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:20:07 ID:M81FnJTk
>>165
なんという俺ww

>>166
男子の制服を着た女の子だと自分に言い聞かせたんだぜ…。
続きあるよね?ありますよね!?(゚Д゚ ≡ ゚д゚)←涙目

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:30:50 ID:J+rL5W3I
こなかがで片方が暴走するネタをよく見る気がするが
両方暴走して萌え狂い合うネタは見ないな・・・さすがにおかしいネタかもしれんが
こんな風に↓

かがみ「こなた可愛いよこなた可愛いよこなた可愛いよこなた可愛いよ
    こなたこなたこなたこなたこなたあああああああああああ」
こなた「かがみんもかわいいよおぉぉおっおぉおぉおっおおぉぉ
    萌えええええええええええええええええええぇぇぇぇぇぇ」
(万力より強い力で抱き合いながら)

やっぱりさすがに無いな・・・
にしても俺にもっと画力があれば

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:37:37 ID:rVrj17e0
>>166
続きが気になって仕方ないです

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 02:50:46 ID:JVs7H45K
>>169
なんかみさくら語みたいww

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 03:18:22 ID:L1AHdnc7
いままで見てるだけだったのですが
我慢できなくなって描いてしまいました
お目汚し失礼します
http://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date57496.jpg
こなかが支援

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 03:26:26 ID:YMR9Rdf/
>>172
これはかわええ絵柄w

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 03:35:10 ID:Ug4FRGbg
こなたとかがみはほんといいな。
かがみがこなたを本当に大切にしてる感じが良い。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 04:50:53 ID:+lKglGon
>>128
よかった…誤解が解けて、気持ちが通じ合って本当によかった…
序盤からギリギリまですれ違いっぱなしでどうなることかと…。
そしてかがみ編の完結お疲れ様。こなた編も期待してますぞー

>>148
続ききたー!相変わらずの神っぷりですね
これも続きが待ち遠しくて仕方ないですわぁ…
3枚目の真面目なこなたの顔が凄く綺麗だと思い、
4枚目でのショックを受けたこなたの顔を見て泣きそうな自分orz
そんなことはないと思いつつも、このままこなたが壊れてしまうんじゃないかと凄い心配になります…
だけど続きが見たくて仕方ない!がんばってくださいな!

>>149
かがみはもっと先に行きたい、だけどこなたは今それを望んではいない。
こなたのことが大切だから、無理強いはしない。
思いやりに溢れまくってますね。
こなたが受け入れてくれるまでもう少しがまんしようかがみw
つまりはGJ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 05:08:47 ID:4k+7f6Ek
>>172
やヴぇぇ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 05:43:44 ID:AL5YVpQr
いろんな告白バージョンを考えてみた。

(かがみ→こなた編)
純正「あ、あのね…私…こなたのこと…す、好きよ」
「そ…そんなハッキリ伝えられると照れるね…///」
情熱的「好き!大好きよ!こなた!!今まで我慢してたけど…ずっと好きだったの!!こなたぁっっ!!」
「あ…ありがと…そこまで私のこと想ってくれてるなんて…」
デレ系「えへへ!私こなたのこと好きなの〜!大好きなの!こなたぁ♪」
「ちょっ…かがみサン、デレデレじゃないですか!ツンは一体どこにアッー!」
ツンデレ「べっ、別にこなたのことが好きってわけじゃないんだからねっ!」
「むふふ…かがみんは素直じゃないんだから…かわいいねぇ、よしよし♪」

(こなた→かがみ編)
純正「あのね…私…かがみのこと…す、好きだよっ…」
「えっ…!バ、バカ…そんな急に言われても…/// う、嬉しいけどさ…」
情熱的「好きっ!大好きだよ!かがみ!!今まで我慢してたけど…ずっと好きだったの!!かがみぃっっ!!」
「…こなたぁっ!私も…私もずっと前からこなたのことっ…!!!」
デレ系「えへへ〜!私かがみのこと好きなの〜!大好きなの〜!かがみん♪」
「ちょ、おま…!そ、そんなくっつくな!恥ずかしいじゃない…/// 」
ツンデレ「べっ、別にかがみのことが好きってわけじゃないんだからねっ!」
「なっ…べ、別に私だってこなたのことが好きってわけじゃないんだからねっ!」



かがみ負けてばっかじゃん


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 06:30:05 ID:h2QBJkOd
>>177
ツンデレ×ツンデレに吹いた
そりゃ進展しないわけだw
そんな2人だからこそ応援したくなるっ!

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 07:14:33 ID:Vbgn6Tlz
絵師がどんどん増えてますますスレが加速する予感。

>>148
待ちに待った続編きたー。
自分は4-248氏の絵はかなり好きだな。
デフォルメした時のアニメ絵に似た雰囲気も
シリアス時の大人っぽい絵柄も両方いいと思う。
両思いなのがわかっていてもハラハラさせられる。
今後のちょい切ないだろう展開にも期待。

>>166
支援絵GJ
こなたはかがみとの仲をからかわれて
赤くなっているんだと妄想。
こなかが的にそうでないと泣ける。

>>172
これまた可愛らしいこなかがGJ
こなたの甘えた表情とかがみのデレがいい感じ。



180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 08:54:53 ID:pX2tuj8H
>>148
続き待ってました ! 興奮して一人ヒンズースクワットを始めそうな勢いですwww

>>149
GJ ! 甘くて萌え尽きそうw

>>166
あわわ・・・(汗)。ええっと、この続きは「今まで友達として接していたこなたを想い人として意識し始めるきっかけ
イベント発生」という解釈でよろしいのでしょうか? そうでないと・・・鬱です。orz

>>172
このスレ神ばっかり ! 萌えた

>>177
ワロスw

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 09:48:02 ID:wCcqqoyO
なぜこのスレには神々が訪れるのだ・・・。

幸せすぎる

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 10:46:49 ID:ocFYYeZL
神SS職人がいっぱいいるスレは結構見かけるけど
神絵描きがいっぱいいるスレは前代未聞だぞwwww

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 12:26:44 ID:zcrj6xoQ
>>148
イカン、顔の緩みが止まらないぃぃー!あなたは神か?!
続きを激しくキボンヌ

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 13:03:33 ID:Oj+IL45z
かがみが働いて、こなたが家事をするというのはどうだろうか

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 13:13:41 ID:cW17G7YW
デフォです

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 13:28:19 ID:fMpGIqX2
あれ?それって公式設定じゃなかったっけ

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 13:32:57 ID:l3hjfF0l
こなたが専業主婦で、
こなたが家事をこなして、
こなたが子供を生んで、

かがみが外で働く。

あ た り ま え じ ゃ ん 。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 13:43:14 ID:SNLrUhqE
こなた「かがみんおかえり〜。ご飯にする?お風呂にする?それともあ・た・し?」

こんな感じの新婚生活を想像してしまった・・・。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 14:02:13 ID:ydcvyx+F
               _ _
        ,  -―|`' ´     `>、 _
    -=′'′  |         X´::〉::_> 、
     /     ヘ         ヽ\ ',::::/
    /  .:./   |  |:  ! \  ヽ   ',:::|. |/
.   / ,/:.:.:|  :| |  ヽ. ト、 _゙_、 ',  !::|. |
   ///.:.:.:.l \|_|   斗 '\  ヘ. |、 N. |
     | /!:.:|  |ヘ!`   ヾ  \ |: |弌 | |:.:|
     |/ |:.:.',  | ===    == `!/" ル' |:.:|   ・・・おなか減ったからご飯でいいわ