5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【すでに】地方で観られるアニメ13【厳冬】

280 :メロン名無しさん:2007/01/25(木) 20:31:49 ID:???0
 拷問の中でも皮はぎは、最も辛いモノだと言われている。足の裏とはいえ、眉子の苦痛は極限に達するだろう。
 普通なら痛みと恐怖で失神するだろうが、薬の効力で意識を保ったまま、剥がされ続けなければならないのだ。
 章一は眉子の痙攣を楽しみながらユックリと皮を剥いでいく。露出した肉から血が滲みでてくる。
 見るに耐えないグロテスクな場面だが、美少女の悲鳴や痙攣の発作はそれを甘美な物に変えていった。
 片方の皮を剥がしおえるまで、眉子は、何度も失神の痙攣に襲われた。
「わーっ、綺麗に剥がれたわね。兄さんってやっぱり、天才だわ。ピンク色の綺麗なお肉ねー」
 亜紀は、大はしゃぎだ。
 眉子は、激痛に体中を痙攣させながら、泡を吹いている。
「さて、眉ちゃん。もう片方いこうか」
「は、ぐぐぐっ!ぎゃん!」
 言葉を失った眉子は、大声でほえた。終わると思った拷問が、まだ、半分でしかなかったのだ。
「心臓が止まらないように、強心剤をうっておいてやるよ」
 眉子は、死んだ方がいいと思った。でも、死んだら弟が同じ目に会わされる。でも、もうイヤだ!
 眉子の心臓は、悲鳴をあげた。極度のストレスに停止しようとしているのだが、強心剤がそれをゆるさない。
「うぎゃー、うう、ぐ、ぐぎゃ、ぎーっ!」
 眉子は、死ぬほどの痛みを断続的に与えられ、失神も出来ず、死ぬことすらできないのだ。
 両足の裏の皮を剥がし終えるころには、出血の量はかなりのものになった。章一は、眉子に休息をあたえ、輸血を行った。
 次の拷問のためだ。
 亜紀は、眉子に立って歩くように命じた。
「きょうは、死ぬまで、いたぶってやるから、覚悟しなさい!」
「うーっ、うっうっ」
 眉子は泣きながら、歯を食いしばって、のろのろと歩き始める。血の足跡が床についた。
「罰は、まだ終わらないわよ」
 眉子の足下に岩塩の入った箱が置かれた。
「まず、こいつで消毒だ。この上で足ふみ100回やれ」
「うっうっ、む、無理ですっ」
「眉ちゃん、お医者様の言うことは聞くものよ。やりなさい。そうしないと・・・・」
 亜紀の言葉に眉子は岩塩の上に足をのせる。岩塩の固まりが肉を引き裂く痛みと傷に滲みる激痛に眉子は、体が硬直し動けない。
「くぅぅぅっ。ゆ、ゆるしでくだざい」
「さあ、足ふみをしなさい。100回よ」
「う、うごけませんっ!うっうっ」
「何いってんの!弟のチンチンがかかっているのよ」
 眉子は、肩をいからせ、泣きながら足ふみを始めた。
「もっと、速く」
 亜紀がハッパをかける。岩塩は肉を裂き、傷に滲みいりながら赤く染まってゆ。
「失神なんてしたら許さないわよ」
 眉子は100回の足ふみをなんとかこなした。

342 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)