5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ef - a tale of memories. ネタバレスレ

1 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 00:57:51 ID:awQOvmbO0
ef - a tale of memories.のネタバレ・ゲームバレ等を取り扱うスレです。

本スレ(Part9)   http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/anime/1193747881/
ゲームスレ(Part15)http://qiufen.bbspink.com/test/read.cgi/hgame2/1190021411/

【万能娘】ef・宮村みやこちゃん萌えスレ【ナイスバディ】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1192421261/
【ef】新藤景に踏まれたい【お兄ちゃん】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1192951703/
【ef】新藤千尋が可愛すぎる
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1191881880/

2 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 01:02:16 ID:???0
>>1
乙、修羅場マダー?

3 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 01:03:22 ID:???0
プロローグの画像って、「とりあえずこれは最低限やるぞ」って意思表示そう
ゲーム内で最も有名なみやこのセックス告白シーンがはいってるから

だとすると、夜中の廃駅にたたずむ千尋と走る蓮治、むなしくはためく日記、
って、どういういみがあるんだろうか…

4 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 01:34:03 ID:???0
本スレ>>678-679
そこからがドラマの肝ですよ!
蓮治が物語のラストを思い出して、崖のあるところまで突っ走って、さあどうなるか?

…でも、どっちにころんでも1話冒頭のモノローグに帰結するよなあ
自殺した場合は、3話で触れた、千尋がそこにいたことを遺すため、
蓮治が小説を書き始めたその出だし。

止められた場合は、千尋と蓮治、二人の新しい日記帳の出だし。

5 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 01:39:29 ID:???0
>>1

6 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 01:44:34 ID:???0
しょうがないので、某所の訳を・・・ここではってもいいかな?

The girl is only one in the world.
That made her the god of this world.
少女は世界で唯一つの存在。
それは彼女をこの世界の神に仕立てた。

She found herself on an island when she began to understand things around her.
There was a mansion on the island, which was connected to an old castle by a passageway.
自分の周りにあるものを理解しようとしたとき、彼女は島の上にいる自分を見つけた。
そこは古いお城と通路で繋がっている邸宅。

she did not know why for what purpose those structures,
which completely seemed to be unfit in the environment,
were built there.
彼女はその建物が存在する理由を知らず、
それは周囲に溶け込んでいないように見えた、
それはそこにあった。

She did not need to know why.
And besides, the girl never wondered why because
she had been there before she realized.
彼女は理由を知る必要がなかった。
それどころか、知りたいと思わなかった。なぜなら、
気が付く前に、彼女はそこに居たことがあったから。

here ware a huge amount of preserved foods and daily necessities inside the warehouse of the castle,
so she did not have to starve (although she was hungry until she realized these ware eatable).
このお城の倉庫には沢山の保存された食料と生活の必要品があったので、
彼女が飢えることもなかった。(それらが食べられると気付くまで、彼女は空腹でいたのだ)

But she almost died several times because of sickness and injuries.
In most cases,
she almost got herself killed by eating either spoiled food or plants and inorganic things around her.
でも彼女は病気や怪我で何度も命を危うくした。
多くの場合、
腐った食物や食物、もしくは自分の周りにある無機物を食べることで、彼女は死にかけた。

She used the mansion as a residential area,
and almost never set her foot in the old castle.
彼女は邸宅を住みかとして使い、
古いお城には殆ど足を運ばないでいた。
There was no particular reason to draw a line between the two structures.
その二つの建物の間に境界線を引くような理由も特になく。
It was only rational judgment that the old castle was unfit for her to live there.
その古いお城には住めないだろうという彼女の判断はもっともだった。

7 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 01:45:10 ID:???0
本スレ683>
>つまり神=蓮治ということにすれば奴こそ殺人鬼

本気で言ってるんだったら、読解力なさすぎるぞ。
冒頭に"The girl is the only one in the world. That made her the god of the world."てあるだろ。
だから、最後の"Lastly, the god threw the trash, the only trash left in the world, out from the cliff."
は神である少女自身が少女を崖から捨てた、つまり、少女は自殺したっていうことだよ。

8 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 01:48:21 ID:???0
She had nothing to do,
彼女にはすることが何もなく、
The island was small,
島はただ小さく、
and one could go around it in half a day by foot.
半日でその島を歩いてまわることが出来た。
All she could see at the beach the ocean,
浜から眺めることが出来たのはただ海、
the sky,
そして空、
clouds and the horizon stretching as far as she could see in a 360-degree view.
あとは雲と視界の限りに広がる水平線。


That was the everything the world offered.
それがこの世界に現れたもの、全て。


2. She painted a human being, and
It was good.But the girl did not feel like painting a human being in a bigger size.
2、彼女は人の有り様を絵に描くことを始めた。
それはよかった。しかし、人の有り様を大きな絵にする気にはなれなかった。

...she was unable to judge whether it was well drawn or not.So, she decided to add a figure of a boy into paintings of landscape she had painted.
…その絵が上手く描けたものかどうか彼女には判断できなかった。それで、彼女は描いた風景の中に一人の少年の姿を書き加えようと思った。
...was added to all the paintings.With no specific reason, she started those paintings in the same places where she painted them. There was not single place in the mansion she did not paint...
…全ての絵に手を加えた。さしたる理由もなく、それぞれの絵を描いたのと同じ場所で描き始めた。それは邸宅の中の一つの場所に留まらず…
...was just standing straight in all of the paintings. And the boy was looking straight ahead.It meant that the girl and the boy looked at each other every time she looked at the paintings.
…それは全ての絵の中に屹然と立っていた。少年はまっすぐ前を見ている。それはつまり、彼女が絵を眺める度に、少女と少年はお互いを見合っていたということ。
...had no feeling of achievement.Would it be a "human?"She thought. This was the "painting of a human being."She knew that from very beginning.He did not move.
…成果を残したという気がしなかった。それは「人間」なのだろうか?と彼女は思う。これは「人の有り様を描いたもの」。そんなことは始めから解っていた。彼はただ動かない。
...net think.He was simply there.Lonely?Finally, she could ask herself by finding the word.She was not lonely.
…彼はただそこに居た。さみしい?ついに彼女は言葉を探し出して自分に問うた。彼女は孤独じゃない。

...girl started to practice drawing her own portrait from the after the wedding.
…婚姻のあとで、彼女は自分の肖像を描く練習を始めた。
...was only one human being on this side of the paintings.So, she started painting herself on the paintings.
…この絵はただ人の有り様に過ぎない。だからこそ、彼女は自分自身の姿を描き始めた。

9 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 01:51:39 ID:???0
But the paintings were blurred.
The world itself appeared blurred.
giving her no clue to see what
they ware doing.
しかし絵はぼやけた。
世界は輪郭を失おうとしていた。
彼らがしていることを知るすべがなかった。

...the painting became blurred even though she painted so clearly.
…彼女がどんなにそのままの姿を描こうとしても、絵はぼやけていった。
...Was it a ?But in the paintings were smiling at each other. That was
that(?) she felt which made(?) feel(?) of the paintings. Something must
have been wrong. I had this way, making mistakes repeatedly?she thought.
repaintred them over results were exactly(?) the same.
was at a loss.She became...
…それは   ?でも絵の中のそれは互いに笑いかけていた。それは…
彼女は感じた   造られたもの  感じる   何か間違いがあったに違いない。
何度も間違いをおかしたのか?彼女は思う、
みんな描きなおそう   その結果は確かに   でも同じ。
無駄でしかなかった。彼女は…


The girl is only one in the world.
少女は世界で唯一つの存在。
That made her the god of this world.So thought she should make her world much cleaner.
それは彼女をこの世界の神に仕立てた。ならば彼女はこの世界を清浄にする義務がある。
...burned all pictures. She(?) fire to the mansion and old castle.Along with the structures,
…全ての絵を燃やした。邸宅と古いお城に火を付けた。二つの建物と共に、…
...she(?) burned all her me trash, the only trash left in the world,
…灰、屑のみが世界に残された。
...ut from the cliff...
…崖から…

Why, the girl thought
何故?彼女は問うた
She could not confirm results.She could not see what
was supposed to be
there.A strange feeling developed inside her mind.
なれの果てを目にすることはかなわなかった。そこになければならないものも見ることが出来ずに。
彼女の心に、奇妙な想いが生まれた。

She could not describe what it was.
彼女はそれが何なのか口にすることも出来ず。
She could not find in a dictionary the definition of something
she could not describe.
何を口にすることが出来ないのか、それを辞書の中に見つけることも出来なかった。

リンクは張りませぬ、一節コピペしてぐぐればわかるってことで

10 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 01:57:16 ID:???0
>>7
でも、

>Why, the girl thought
>何故?彼女は問うた
>She could not confirm results.She could not see what
>was supposed to be
>there.A strange feeling developed inside her mind.
>なれの果てを目にすることはかなわなかった。そこになければならないものも見ることが出来ずに。
>彼女の心に、奇妙な想いが生まれた。

これって死ねなかった、ってことじゃないのかな

11 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:00:30 ID:???0
>>7
全然関係ないけど最後の行の訳まちがってたw俺テラバカスw

12 :7:2007/11/03(土) 02:01:57 ID:???0
>>10
それは訳した人が"Lastly, the god threw the trash, the only trash left in the world, out from the cliff" という結末よりも
前の箇所の断片を、どこに位置づけたらいいか分からなくて、単にその後に置いているだけだよ。

13 :7:2007/11/03(土) 02:06:21 ID:???0
不完全なところがあるかもしれないが、とりあえず小説本文を貼っておこう。

The girl is only one in the world. That make her the god of this world.

She found herself on an island when she began to understand things around her.
There was a mansion on the island, which was connected to an old castle by a
passageway. She did not know why for what purpose those structures which completely
seemed to be unfit in the environment were built there. She did not need to
know why. And besides, the girl never wondered why she had been there before
she realize. There were a huge amount of preserved foods and daily necessaries
inside the warehouse of the castle, so she did not have to starve (although she
was hungry until she realized these were eatable). But she almost died several
times because of sickness and injuries. In most cases, she almost got herself
killed by eating either spoiled food or plants and inorganic things around her.
She used the mansion as a residential area, and almost never set her foot in the
old castle. There was no particular reason to draw a line between the two
structures. It was only a rational judgment that the old castle was unfit for
her to live there. She had nothing to do. The island was small, and one could
go around it in half a day by foot. All she could see at the beach was the ocean,
the sky, clouds and the horizon stretching as far as she could see in a 360-degree
view. That was the everything the world offered.

14 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:08:08 ID:???0
>>10
これ英文のかたまりの順番がややこしいっていうかブログによって違う。

自分でもOP見たけど、
冒頭の城の説明→2から始まる段落
冒頭の城の説明→On the other sideから始まる段落
の二種類のつながりがあったと思う。
だから2とOn the other〜の順番を逆にしてるサイトがあって、
それに伴って解釈も違ってたりした気がする。

15 :7:2007/11/03(土) 02:09:25 ID:???0
She painted a human being. It was good. But the girl did not feel like painting a
human being in a bigger size. Because she was unable to judge whether it was well
drawn or not. So she decided to add a figure of a boy into the paintings of
landscape she had painted. Boy was added to all the paintings. With no specific
reason, she started putting those paintings in the same places where she painted
them. There was not single place in the mansion she did not paint. The boy was
just standing straight in all the paintings. And the boy was looking straight ahead.
It meant that the girl and the boy looked at each other every time she looked at
the paintings. The girl had no feeling of achievement. Would he be a "human?" she
thought. This was the "painting of a human being". She knew that from the very
beginning. He did not move. She did not think. He was simple there, lonely? Finally,
she could ask herself by finding the word. She was not lonely. The girl started
practise drawing her own portrait from the day after the wedding. There was only
one human being on the side of the paintings. So, she started painting herself on
the paintings.

On the other side of the paintings, the two had smiles on their faces. Still, the
girl felt strange to see herself in the paintings. She could not find right words
to describe her feelings. She did not really understand her emotion. But the paintings
continued to capture her attention without making her bored for first time for
month to come. The girl was alone in the world. That made her the god of this world.

16 :7:2007/11/03(土) 02:13:19 ID:???0
Something mysterious happened.
It was the day after she repainted all of her paintings, hundreds in numbers.
The two in those paintings had moved. But it did not startle the girl, because she
had no idea asking herself whether it was abnormal or not. From the beginning, she
was trying to make humans. "Did it work?" The god looked inside the miniature garden.
She looked close at the paintings. It appeared that the other side of the paintings
could not see the world on her side. The two in the pictures seemed to be doing something,
smiling at each other. But the paintings were blurred. The world itself appeared blured,
giving her no clue to see what they were doing. Why, the girl thought. She could
not confirm results. She could not see what was supposed to be there. A strange
feeling developed in her mind.
She could not describe what it was. She could not find in a dictionary the definition
of something she could not describe. She wondered why the paintings became blurred even
though she painted them so clearly. Was it a failure? But the two in the paintings were
smiling at each other. That was what her felt--which made her feel weird on the other
side of the paintings. Something must have been wrong. I had understood things in the way,
making mistakes repeatedly? She thought. She repainted them over and over. But the
results were exactly the same. She was at a loss. She began to unsure of everything.

The girl is the only one in the world. That made her the god of the world. So she
thought she should make her world much cleaner. She burned all pictures. She set
fire to the mansion and the old castle. Along with the structures, she burned all
her memories. Lastly, the god threw the trash, the only trash left in the world,
out from the cliff.

17 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:16:30 ID:???0
>>14
たしかに、順番に関しては、あのOPからじゃ、絶対これが正しいとは言えないが、
とりあえず、上に掲げたのが一番蓋然的なテクストじゃないかと思う。

18 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:17:32 ID:???0
>>7
14だが邪魔して本当に悪かった。
俺もこの順番がナチュラルだと思う

19 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:20:21 ID:???0
本スレ>690
English板みたいになってきたな。

The girl is only one in the world. That make her the god of this world.
「その世界には少女だけしかいなかった。そのことは彼女をこの世界の神に仕立てあげた。」

That は前文の内容をさす。世界には少女しかいなかったから、彼女はいわばその世界の神だった、
ってこと。
あと、これは小説のプロットだと思うよ。

20 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:22:09 ID:???0
呼ばれたのできましタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

21 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:32:20 ID:???0
>>19
いや、だからね。
The girl=The godということはおkなんだけどherは違う。
Thatが指すのは世界で特別な存在としてのThe girlで、それを=herに結びつけることは
できない。
それにしてもなんだここ?
書き込み時間制限が限りなく長い

22 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:37:14 ID:???0
でもまあ、この小説事態が、千尋のトリガーになるんだろうな
どっちにしても、今までの日記を焼き捨てることで、蓮治に自殺止められても
記憶がなくなることになるから、記憶の補完は必要になるか

ってか1話冒頭のモノローグすら、千尋の自殺か、蓮治に助けられるか、
どっちとも取れる内容というのはけっこう考えられてますよね


23 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:42:18 ID:???0
とりあえず本文1行目の That make 〜 の "make" を "made" に修正。
拾いものだもんで、チェックが行き届いてなかった。スマソ。

>>19
指示代名詞 That は普通は人間を指示しないよ?
それでも That = The girl という読みにこだわるなら、説得的な根拠を示してくれ。


24 :23:2007/11/03(土) 02:46:04 ID:???0
またまちがえたorz
上の書き込みは>>21に対するものです。

25 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:47:04 ID:???0
ついでに言うとこれは空想が入りすぎてるので
千尋が書いた物語の粗筋も含まれてるが事実も書かれている感じだ
しかしまあ、強引に話を進めるならば、
万能の書き手=小説の創造主=神=小説を書く千尋ということでいいのだろうか?
で、現実と小説がシンクロしていき概念があやふやになっていき小説世界の女の子かリアル千尋が自殺ということに?
何故リアル千尋自殺をという疑問が沸くかといえば、自分が登場させるキャラクターを自殺させる小説なんて普通書かないからな

>>23
Thatは世界で特別な存在の女の子という前にある文章全てに掛かる
ゆえにThat=The girlということで何の問題もない

26 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:48:54 ID:???0
そういえば千尋が、「小説を取ったら自分には何も残らなくなる」っていってたけど、
上記の小説で千尋が絶望し、自殺図るも蓮治に助けられ
「君には僕がいるじゃないか!ずっといるから!いなくなるなんて悲しい事いわないで!」
位いって抱きしめるんではないかなとふらっと伏線から予測

27 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 02:58:47 ID:???0
>>25
「何の問題もない」って、おまえ・・・
そう解釈すると、

>特別なThe girlとその特別なThe girlが創り上げたher=彼女の違いを
>どっちが小説書いてる千尋なんだ?

という分けわからん「問題」が出てくることを自分で指摘したのを忘れたのか?
それをちゃんと解釈しないことには全然説得的じゃないぞ。

28 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 03:05:18 ID:???0
>>27
その疑問のことなら、
She=herこそ千尋が創作したキャラであるが
SheとThe girl=The godをうまく乖離できなくなっていく過程が書かれたものだと
俺は結論付けたよこのバレを

Thatに関して俺は間違ったことは言ってない

29 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 03:17:00 ID:???0
>>28
英文の解釈で齟齬が出るくらいごっちゃになってるのが、物語と日記の同一性につながる
ってのには同意するかなあ
複数の機械翻訳通しても、別の答えになることがあったりするのはそういうことなんでは

物語の仕掛け的に、一番面白いスジではあると思う

でー、蓮治がそこで気づいて、千尋を助けられるかどうかが第3章の肝なんだろう

30 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 03:25:42 ID:???0
>>28
勝手に登場人物を増やすなw


私見だが、この小説のミソは、少女がはじめは自分の絵を
自分自身と同一視していたのだが、やがて、絵の中の「自分」が
勝手に動き出すようになり、そこに「乖離」が生じることにある。
それはまさに、千尋が日記の中の「自分」を別人のように感じている
ことを暗示している。

やがて少女は「自分」と「絵の中の自分」の乖離にたえられなくなり、
すべてを「きれいに」してしまう。
この結末はこの小説の作者である千尋本人に降りかかってきても
おかしくない話だから、今後の展開で小説と現実がクロスするという
のは大いにありえることだ。

つーわけで今後の展開に期待、と。

31 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 03:31:59 ID:???0
>>30
何故?これが空想と現実の混在だと誰でも気づくだろうに
リアル千尋とお話に登場する少女=千尋の自己投影、だろ?
The girl≒her(≠でないからわかるよな?)
この公式が正しい

32 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 03:49:19 ID:???0
>>31
この話を千尋の書いた「話」ととらえるかもっと広く含んだものととらえるかによるんじゃないかな。

完全に一つのお話ととらえると、
the girl=the god=her(=現実の世界ではお話の中の女の子)
と「読む」のが自然じゃないかと思う。
もちろんこのアニメを見るにあたっては≒千尋なんだろうなと思うんだけどさ。

もっと広く、例えばそもそもこのアニメ自体を示唆したものなんだ、ととらえると、
たぶん31の言うようになるのかな、と。
俺にはややこしすぎて細かいことはわからないけど、言ってる内容自体は違和感なく同じに聞こえるから。

33 :30:2007/11/03(土) 03:52:29 ID:???0
>>31
千尋が今後、空想と現実を混同するであろうという予想はオレもなるほどなと思う。
だが「千尋が空想(=小説)と現実を混同する(であろう)」という命題からは、
「小説の中に空想と現実が混在している」という結論は出てこない。

なるほどたしかに千尋は小説の中の少女に自分自身を投影しているであろう。
だが、そのことは、作者である千尋を、「少女」とは別の存在として、小説の中に
登場させていい理由にはならない。

また、ひとたび小説が独立の作品として成立した後に、作者である千尋が自分自身と
小説中の「少女」を同一視するということは十分にありうるであろう。
しかし、この小説を内在的に読むかぎりにおいては、小説の中に作者が登場する余地はない。

要するに、あまり読み込みすぎるなということだ。
まずは素直に読んで、そのあとで色々と解釈を楽しめばいいじゃないか。

34 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 03:55:50 ID:???0
色んな解釈あって思ったより楽しいw >>1

この話の中の女の子は一人で、千尋は一人じゃないから、この結末はない!
と単純に思ってたが、
書いた絵の中の二人がぼやけてみえないとか、
まさに日記の中の自分を覚えてない次の日の千尋って感じだな。
アニメのストーリーともシンクロしてくるのか・・・

ちょっと気になってたんだけど、2、4、5って数字あるよね。1、3あった?

35 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 04:01:31 ID:???0
>>34
1, 3 の数字はオレも確認できてない。
1 はともかく、3 がないってことは、もしかしたら、>>13 >>15-16 のテクストには欠落が結構あるのかもね。

36 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 04:19:35 ID:???0
下手すると herの意味は千尋だけでなく優子までかぶってきかねないので
どうなるかわからん、本当に。

謀ったなnbkz(褒め言葉)

37 :メロン名無しさん:2007/11/03(土) 12:21:50 ID:???0
仮に小説のストーリーの概略がこの英文だったとして。

仮に、千尋が日記と混同したとして、その場合は、
音羽の街の状況(少なくとも駅まで行くだろうし、火村とも毎日会う)と
その小説の内容との大きなギャップに気付くだろうから、
あまり考え辛い。
ついでに、日記のせいで何もかもわからなくなっても
12歳まで戻るだけだし、その後日記を全て読み返せば
少なくとも蓮冶に告白した日周辺までは戻れるわけだし。

次に、千尋が日記を書き忘れたとすると
蓮冶との記憶が曖昧になる可能性があるが、
小説を書いているということと、過去の日記から思い出せることは
思い出せるのであまり影響が無さそう。

最終的に書かれるストーリーと蓮冶がそれを読んだときに持つ気持ちが
キモになるんだろうけど、まだまだ読めないなぁ。

38 :メロン名無しさん:2007/11/04(日) 06:31:36 ID:???0
5話みた
ほぼ英文の概略どおり、といっていいかもしれない
序盤の出だしは、今までの千尋の心象風景そのものだったんだな
絶海の孤島は、記憶が残る13時間というくびきを意味したのか

39 :メロン名無しさん:2007/11/04(日) 22:03:03 ID:???0
優子はアニメで完全に空気だな。
みやことのやり取りとか何気に好きだったんだけどなあ。


40 :メロン名無しさん:2007/11/04(日) 23:54:37 ID:???0
>>39
でもより存在感が増したように感じる

41 :メロン名無しさん:2007/11/05(月) 05:09:40 ID:???0
女の子は世界に一人。
だから彼女は神様で。
女の子は物心がついたときには島にいて、
島は狭く半日あれば歩いて一周できる。
海岸から見える景色は360度。
海と雲と水平線でしかなかった。
島には城があった。
城の倉庫には保存食や生活雑貨が山のように積まれていて、
飢えることはなかった。

一生かけても読みきれないほど沢山の本もあった。
それが世界の全てだった。
本に書いてあったのは全て「人間」の話だった。
人間は一人では生きていけない。
そう書いてある本がいくつかあった。
しかし、少女は一人だった。
一人でも生きていた。
笑うこと泣くこと、大切だと書かれてることが必要ではなかった。
完結していた。
完成していた。
彼女は、人類史においてはじめての平均的な人間だった。
総計一名における統計の平均は、自己と完全に同一である。
だから何をしても全て正しい。
そして同時に、全てが間違っているのかもしれない。

42 :メロン名無しさん:2007/11/05(月) 05:15:10 ID:???0
5話の千尋の小説。

本から先の話はOPではなかった話だよな。
OPでなかった1かとも思ったが・・・
全体的に話が要約されたような形なのでなんともわからない。

後ろに流れてた英文にOP未出の文あった?

43 :メロン名無しさん:2007/11/05(月) 05:19:56 ID:???0
女の子は世界に一人。
だから彼女は神様で。
女の子は物心がついたときには島にいて、
島は狭く半日あれば歩いて一周できる。
海岸から見える景色は360度。
海と雲と水平線でしかなかった。
島には城があった。
城の倉庫には保存食や生活雑貨が山のように積まれていて、
飢えることはなかった。

一生かけても読みきれないほど沢山の本もあった。
それが世界の全てだった。
本に書いてあったのは全て「人間」の話だった。
人間は一人では生きていけない。
そう書いてある本がいくつかあった。
しかし、少女は一人だった。
一人でも生きていた。
笑う事。泣く事。
大切だと描かれていることが、必要ではなかった。
完結していた。
完成していた。
彼女は、人類史において初めての「平均的」な人間だった。
総計一名における統計の平均は、自己と完全に同一である。

だから何をしても全て正しい。
そして同時に、全てが間違っているのかもしれない。

44 :メロン名無しさん:2007/11/05(月) 14:24:40 ID:???0
minori冬コミの通販ドラマCD聞くと
千尋の目の原因は原作と違うッぽい。

45 :メロン名無しさん:2007/11/05(月) 21:08:11 ID:8SWGWzBK0
>>44
今のTVの物語でも、失明してるのは事故とはいってないから別の理由があるかも

46 :メロン名無しさん:2007/11/06(火) 02:58:09 ID:???0
>>38
The island was small, and one could go around it in half a day by foot.
(その島は小さく、歩いて半日で一周することができた)
の half a day は千尋の記憶が残る13時間と符合しているな。

47 :メロン名無しさん:2007/11/06(火) 03:24:44 ID:???0
連投。
島には館(mansion)と古城(old castle)があって、二つは小径で結ばれているわけだけど、
この二つはそれぞれ、千尋の現在の記憶と12歳までの記憶を意味しているのじゃないかと考えてみる。
古城が12歳までの記憶だというのは、「少女」が古城に蓄えられた食料で命を繋いでいるように、
おそらく千尋も、少なくとも蓮治に会うまでは、12歳以前の記憶だけをよりどころにして生きていたから。
館が現在の記憶だというのは、「少女」が食料のある古城に住まずに、館を住処としたように、
千尋もやはり過去の記憶の中に閉じこもるのではなく、日記を付け続けることで現在の自分を生きているから。
そう考えるなら、その後やがて館が「少年」の絵で埋め尽くされるのは、千尋が蓮治のことばかりを日記に記し、
千尋の13時間の記憶が蓮治のことでいっぱいになることの暗喩だということになる。

48 :メロン名無しさん:2007/11/06(火) 04:24:48 ID:zCk7WFGH0
じゃあ何で、少年(蓮治)がぼやけるんだろうか・・・
そして、なんで書き直してもうまくいかないんだろうか…

49 :メロン名無しさん:2007/11/06(火) 04:50:07 ID:x6UvHGJ60
>>48
これは推測にすぎないけど、この先、病気等の理由で13時間以上のあいだ意識を失って、
記憶が完全に12歳の時点までリセットされるという事態が千尋に降りかかってくるのではないかと思う。
その後で、千尋はやはり日記を読み返すだろうけれど、リセット後の千尋には日記の中の
蓮治や自分がまるで赤の他人のようにしか思えなくなってるはずだ。
これが英文の Something mysterious happened. 以降の「絵がぼやけてきた」という箇所に相当するので
はないかと思う。

50 :メロン名無しさん:2007/11/06(火) 05:10:19 ID:???0
蓮治の肝は、千尋を崖から救えるか、ってことなのかもしれないな、と…
あと、千尋とのエッチシーン(1回目?)はどうも自殺を図る前、中間の物語の転換点、
>The girl started practise drawing her own portrait from the day after the wedding.
にはいるみたいだね

51 :メロン名無しさん:2007/11/06(火) 05:28:30 ID:???0
>>50
drawing her own portrait は、千尋が自分をモデルにした物語を書くことを意味してるんじゃないかな。
だとしたら、the wedding に相当するのは4話の浜辺での抱擁ということになるんではないかと。

52 :メロン名無しさん:2007/11/06(火) 06:38:28 ID:???0
1話の出だしは、蓮治が千尋のために書いた新しい日記の出だしか、または千尋の思い出を小説にしたものかの、
どっちかなんだろうな

53 :メロン名無しさん:2007/11/06(火) 07:01:36 ID:???0
>>52
5話で、千尋に「いまのは忘れてください」と言われて、蓮治が「僕の日記には書かずにおくよ」と
答えるシーンがあったよね。
その後否定してたけど、実は蓮治も日記を付けてるとか? もしそうだったら、1話の出だしは
蓮治の日記ってことかも。

54 :メロン名無しさん:2007/11/06(火) 16:38:04 ID:???0
千尋にとっての死は、日記を燃やして過去を消すことかもしれないな、と

55 :メロン名無しさん :2007/11/07(水) 22:26:57 ID:???0
記事
ttp://www2.ranobe.com/test/src/up18234.jpg

あらすじバレ
ttp://www2.ranobe.com/test/src/up18233.jpg

56 :メロン名無しさん:2007/11/07(水) 22:30:47 ID:???0
         ,'⌒
      '´` ̄´ヽ
   /(从ノリi)))
    'zノi(!゚ ヮ゚ノit'
   ' (|_i.介i_|)
     ノi:Y:i>
      ヒiヲ

57 :メロン名無しさん:2007/11/07(水) 22:35:11 ID:???0
      _
      '´r ニ、ヽ
     l((从lハ))
    'l、| ゚ -゚ノi'
     (|_i.介i_|)
       ノi:Y:i>
        し'ノ

58 :メロン名無しさん:2007/11/07(水) 22:40:43 ID:???0
     _
    '´ ` ´ヽ
    l t(ハリi)))
   'l、(!゚ -'ヲ.|
    (|_i.介i_|)
      ノi:Y:i>
      ヒiヲ

59 :メロン名無しさん:2007/11/07(水) 22:58:25 ID:???0
これは良い。
でもなんでちーちゃんだけ1行左なん?w

60 :メロン名無しさん:2007/11/07(水) 23:33:13 ID:???0
ttp://www2.ranobe.com/test/src/up18233.jpg見て確信したのでサブタイ一覧

01 e ve
02 u pon a time
03 p aradox
04 h onesty
05 o utline
06 r ain
07 I ...
08 clear colour

09 f orget me not
10 I 'm here

61 :メロン名無しさん:2007/11/07(水) 23:38:22 ID:???0
すげーwwww

62 :メロン名無しさん:2007/11/07(水) 23:42:56 ID:???0
ってことは全13話?

63 :メロン名無しさん:2007/11/07(水) 23:45:08 ID:???0
あのね

64 :メロン名無しさん:2007/11/07(水) 23:49:12 ID:???0
第6話 rain       演出・絵コンテ・作画監督-宮崎修治
第7話 I...        演出・絵コンテ-大沼心 作画監督-潮月一也
第8話 clear color   演出-高島大輔 絵コンテ-草川啓造 作画監督-田畑昭・沼津雅人
第9話 forget me not 演出・絵コンテ・作画監督-未定
第10話 I'm here    演出・絵コンテ・作画監督-未定

脚本はすべて高山カツヒコ

65 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 00:41:34 ID:???0
来週から原作とは違うルートになりそうだ。
大筋というか結末は変わらんのだろうが。

66 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 01:33:54 ID:6voWLEwZ0
未放映オリジナル回、本当にありそうな気配だな

67 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 18:59:48 ID:???0
縦読みktkr!

68 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 20:27:34 ID:???0
>>64
スタッフの名前貼り付けるの好きだな
でもそんな聞いたことも無い連中の名前出されても反応に困るんだけど

69 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 20:30:11 ID:???0
別にお前の為に貼ってるわけじゃないからな

70 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 21:06:18 ID:???0
分かる人には分かる

71 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 21:14:03 ID:???0
同業者のことか

72 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 21:45:15 ID:???0
同業者じゃなくても分かる

73 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 22:07:15 ID:???0
>>72
誰か目当てのスタッフとかいるのか

74 :メロン名無しさん:2007/11/08(木) 22:38:21 ID:???0
>>73
新房、尾石、上坪あたりが目当てかな
演出、コンテ、作監で結構面白さ変わっちゃうから重要だよ
来週の演出、コンテ、作監が一人ってところに期待と不安が入り混じる

75 :メロン名無しさん:2007/11/09(金) 01:50:23 ID:???0
当たり前の話だが作り手しだいで作品の出来が変わるので
誰が脚本、絵コンテ、演出処理、作画監督を担当しているかをチェックするのは基本
慣れてくるとそういった情報で作品のイメージが想像できるから
来週はパストラルのグロス回かな

76 :メロン名無しさん:2007/11/09(金) 02:15:22 ID:???0
しかし、後半はひたすら欝展開ってどういうことなんだろうかなあ

久瀬とママンの不倫現場をみた蓮治が勢いで千尋を犯してしまって、
そのショックで千尋は13時間の限界を突破してリセットかかっちゃう

ってのはどうだろうか

77 :メロン名無しさん:2007/11/09(金) 02:50:40 ID:???0
>>60
こうなると、"ef" は euphoric field の略ってことで確定なんだろうが、
それじゃあ「多幸症のフィールド」ってどういう意味だ?

>>62,63
DVDは2話収録だから、第6巻だけ3話収録になるんだろうかね。
そうなると第6巻の発売予定日の2008年5月9日まで本当の結末はお預けってことか。

78 :メロン名無しさん:2007/11/09(金) 03:14:38 ID:???0
euphoric fieldが物語のテーマとするなら、
人にとっての幸せとは何か、ってのが最大の命題になりそうな予感がする

原作前半の結末では、紘もみやこも、京介も景も、最終的には幸せになってるからなあ
蓮治と千尋が艱難辛苦を潜り抜けて、どう幸せになるか、ってのかもしれないな

けど、千尋にとっての幸せは、自分がいなくなっても自分の生きた証を残すことだとするなら、
悲劇の可能性もなくはないんだけど・・・

それだと選択肢式ゲームでは成り立つのだろうか、って点にいきつくわけで。
日記燃やして、完全に記憶喪失な千尋に、蓮治が自分の日記を見せるか、
千尋が自殺した後、蓮治が千尋の物語を小説にする
ってのが落としどころかな

79 :メロン名無しさん:2007/11/09(金) 18:37:27 ID:???0
「euphoric fiel」でテレビ放映は終了か

80 :メロン名無しさん:2007/11/09(金) 18:48:33 ID:???0
凄い消化不良になるな

81 :メロン名無しさん:2007/11/09(金) 19:14:31 ID:???0
>>78
euphoric fieldの体現者になるのって
火村と雨宮じゃないの?
次回作ではあの二人のボリュームが多いらしいからやっぱり悲恋になるんだと思う。

82 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 00:36:33 ID:???0
a tale of memories.の和訳は、「物語の思い出」

83 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 00:50:04 ID:???0
ofだから後ろから訳すんじゃない?

記憶の物語
思い出の物語

どっちかかと

84 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 00:53:08 ID:???0
公式壁紙のパスワードはネタバレスレでも自重という方針なの?

85 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 01:20:16 ID:cnPdNMa00
1話の導入部分は、まさに思い出の物語、そのものだからな
そして、上にあがってる千尋の小説はまさに、千尋の記憶の物語。

86 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 03:04:08 ID:???O
ファーストテイルラストの景の意味深な一言が気になるぜ
尋蓮がアニメどうりなら残りの謎は
・優子が夏でもコートに手袋なのは何故か
・優子について過去の新聞を調べた景はどんな意味合いで「やっぱりね」と言ったのか
・夕も優子も両方教会で待ってるのに何故クリスマスまで会えなかったのか
・同棲していた優子達が離れたワケ
・屋上の鍵優子→?→ひろ姉→ひろ→みやこ→つっつん→?
・災害とみずき

こんなとこか?他にもありそうだけどとりあえず

87 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 04:20:53 ID:cnPdNMa00
>>86
それだけあれば二期のネタには困らんな

88 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 04:26:26 ID:???0
ファーストテイルOPで墓の前にいる夕のシーンがあるが
あれは優子の墓ではなく、千尋のそれの可能性が出始めてきたな

http://jp.youtube.com/watch?v=CvNlpnM79n4
http://www.minori.ph/lineup/ef/download.html

ファーストテイルのころは、あれが優子の墓という説が定説になってたけど、
今の物語展開をみてると、あれはミスリード狙いの可能性が…

89 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 10:02:50 ID:???0
・ミズキが教会を嫌がる理由
・ミズキと優子の笑顔が似ている(紘が思った)
・何故優子は夕のことを忘れていたのか
・紙飛行機

も追加

90 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 17:30:30 ID:???0
>>82は英語習ってないゆとり

91 :メロン名無しさん:2007/11/10(土) 17:40:36 ID:???0
ムビで紙飛行機追ってった先にいた優子が高校生のままなのも気になるな。

92 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 00:54:10 ID:???0
久瀬が牧水を千尋に話した時の台詞も意味深だしな

多分、アニメで解決される謎とlatterや二期に持ち越される謎が
混っているような気がする

93 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 04:20:00 ID:???O
本スレpart12 370です
本スレに書いてはヤバイ内容なのでこちらに書かせていただきます


2期化してもアニメオリジナルにならないであろうという推測の根拠
1 10話のタイトルが原作1章のサブタイトル(つまり、少なくともそこまでが1章だと推測できる)
残り2話で原作2章を消化できるとは思えない
故に2章の内容が残る
2 久瀬が千尋に話した若山牧水の短歌
その時久瀬が昔誰かの為に覚えたと言ってた
これと、今月のコンプティークに載ってるanother taleのミズキの思考 髪型を変えてみようと思ったのはあの人のことを思い出したからかもしれない は間違いなく原作4章の伏線
これは原作4章をやる準備もあるということ
3 そもそも、夕と優子の話がある

以上から原作に沿った話のネタは十分にあるため、完全なアニメオリジナルはないと思われます



スレの流れをぶったぎった上、長文であったことを心からお詫び申し上げます

94 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 04:41:33 ID:???O
本スレで見た者です
二章がズレるとな?
なるほどそれなら概ね原作通りでいけるな。納得

95 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 09:12:27 ID:???0
蓮治ママの件、どうもここで推測されてたことがかなり確信にかわったなこれ

96 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 09:36:21 ID:???0
もしかして、第3章の主題の1つって、蓮治の自立なのではとか思ってみる
このパターンだと、蓮治ママと久世の不倫が発覚しそうな気配濃厚というか
たぶん失意の蓮治の支えになるのは千尋なんではと

97 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 09:47:20 ID:???0
景の部分変えてきたな。
みやこが普通にヤンデレっぽくなったのはどうもな…

98 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 09:53:53 ID:???0
ちょっとヤンデレに振りすぎてるような気がするが
それがnbkzの承認済みなら、それも設定に沿ってるんだろうな

99 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 10:00:50 ID:???0
千尋がすべての記憶を失う、ってのは
蓮治にとっても千尋にとっても、実は死よりもきついことなんではないかと

でも、記憶を捨てる=新生、って意味でもあるから。

100 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 10:26:23 ID:???0
ママンと久世って不倫してるの確定なの?

101 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 10:46:18 ID:???0
劇中の表現を見る限りでは、状況証拠的にかなり怪しいレベルまで格上げになったな

ってか、日中に隣家とはいえ男を上げてること自体、かなりヤバゲなんだが

102 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 11:35:26 ID:???O
原作公式サイトの説明では久瀬の片想いぽい
久瀬とミズキが過去に何か関係したことはあるみたいだし、それならミズキ繋がりの普通の関係でもおかしくはない

一応書いとくけど蓮治とミズキは従兄弟で麻生母とミズキは伯母、姪の関係な

103 :メロン名無しさん:2007/11/11(日) 15:00:26 ID:???0
女の子は絵を描きはじめた。
書物、楽器、絵画、
それらしきものの中で、一番人間を作ることができそうな道具だったからだ。
でも、なかなかうまくいかなかった。
何度も飽きた。
別に飽きてもよかった。
季節が一つ変わるころには、飽きていることに飽きるからだ。
やがて絵が描けるようになった。
写実的な風景画というものが自分に向いていることを知った。
あるものをあるように描いていればいいからだろう。
そこにないもの、人間を描くのは大変かもしれない、と思った。

104 :メロン名無しさん:2007/11/13(火) 17:53:41 ID:???0
ほす

105 :メロン名無しさん:2007/11/13(火) 18:01:44 ID:???O
これ、原作だと景が京介にやられちゃうの?

106 :メロン名無しさん:2007/11/13(火) 18:41:31 ID:???0
>>105
つドラマCDのCM

107 :メロン名無しさん:2007/11/13(火) 18:44:30 ID:???O
>>105
半年後に景が恋する相手が京介
あくまで普通の恋愛

108 :メロン名無しさん:2007/11/13(火) 19:49:06 ID:???O
>>107
どうも。
半年か、長いな。

109 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 01:18:15 ID:???0
半年で乗り換えたからビッチと主張するキモイ奴が多いのがエロゲ厨
他の女になびいたとしてもお前は他の男に行ってはいけないというのがエロゲ厨

キモ過ぎ


110 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 01:38:14 ID:???O
>>109
それはエロゲやる奴の中でも少数派の独占厨と呼ばれる輩
オタクの恥 売り上げ厨以上のゴミ

111 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 01:53:08 ID:???O
あーそれ俺だわ

112 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 02:01:09 ID:???0
efのfirst taleの発売頃の感想読んだけど、
景はNTRシナリオって騒いでる奴多いよ
エロゲ厨はキモいわ

113 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 04:58:53 ID:???0
下級生2のメインヒロインが寝盗られだのビッチだの非難されるのは分かるが
efは違うと思うんだよな。

114 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 07:59:01 ID:???O
>>112
だからそれは独占厨
エロゲ厨とかwわけのわからない言葉を作ってくれるな

115 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 15:18:03 ID:???0
アニメ雑誌で今後のあらすじ少し見たけど
千尋が日記の内容を勘違いして蓮治に告白するってあった
何を告白するんだろうか・・・
蓮治くんウザイですとか言ってくるんじゃないかと予想

116 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 16:00:17 ID:???0
そういう独占厨にオススメなのが螺旋回廊

117 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 16:10:23 ID:???0
新藤 景:粘着自虐ビッチ

約束を無視し紘に嘘ついて強引に海につれてく。千尋が事故に巻き込まれる。
懲りずにまたも嫌がる紘をクリスマスに誘う。紘に拒否られかける。
不用意に紘家に顔を出して、みやこと遭遇。紘の捨て身の言い訳で事なきを得る。
またしても単独行動し、みやこを挑発して、バスケ試合を捨て駒にして紘を呼ぶ。
のこのこ部活に出かけ怪我であっさり追い出され、紘を捨て駒にして盗撮魔と付き合う。
    /\___/ヽ
   /'''''' 景 '''':::::::\
  . |  (。),   、(゚)、.:|  あばば・・・お兄ちゃんは男のこだからあふッうっ・・・
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  おうッ・・みやこ先輩と付き合っぢゃ駄目ぇ・・
.   |   mj |=‐ァ'  .::::|
   \,〈__ノニニ´ .:::/
  /ノ  ノ -‐‐一´\

118 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 20:41:41 ID:HfK1TQ1Z0
>>115
4話の伏線(日記に嘘を書き加えて明日の自分に願望をかなえようとする)がここで出てくるのか

119 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 20:42:13 ID:???0
110 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2007/11/14(水) 01:38:14 ID:???O
>>109
それはエロゲやる奴の中でも少数派の独占厨と呼ばれる輩
オタクの恥 売り上げ厨以上のゴミ


120 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 21:31:28 ID:???O
>>119
どう考えても多数派だよな

121 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 22:39:02 ID:???O
>>120
俺が知る限りは少数派(というより知り合いに独占厨がいない)
多数派に見えるのは荒らしてる奴がいるからだと思う
アニメ板でいうと
キミキススレとかキミキススレとかキミキススレとか

122 :メロン名無しさん:2007/11/14(水) 22:44:19 ID:???0
少数派多数派というより単に声がでかいだけなのかもしれんな

123 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 00:40:58 ID:???0
first taleが出た時は相当寝取りとか騒いでた奴がいたけど、
あれがエロゲの基本的なプレイヤー像じゃねーの?

124 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 00:52:42 ID:2pQ+Y8yb0
なんとなく蓮治・千尋編のネタがわかってきた
千尋が蓮治に気に入られるために、日記を捏造し始め
(蓮治くんに告白されて自分から抱きついた -> 蓮治クンがキスしたり告白したり抱きついたりした、に変わってる)
結果として現実との整合性がなくなるんじゃなかろうか

そのうちに、現実の自分と物語との境目がわからなくなり、
日記を燃やして自殺しようとするんだろう

なんという胡蝶の夢…

125 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 00:56:27 ID:2pQ+Y8yb0
なんで自分自身の輪郭がぼやけ、世界の輪郭がぼやけたのかわかってきたな

あと、婚姻はやはり蓮治とのエッチをさすんだろう…
エッチのあとで、自分自身の姿を書き始めたとたんぼやける、ってことは
昨日以前の自分が書いた日記帳の信頼性がゆらいで、
どれが真実かわからなくなり始めてきたんだろう…

多分、蓮治との仲を進展させるために、日記に嘘をかきはじめたのがきっかけになりそう

126 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 01:16:17 ID:2pQ+Y8yb0
昔者、荘周夢為胡蝶。
栩栩然胡蝶也。
自喩適志与。
不知周也。
俄然覚、則遽遽然周也。
不知周之夢為胡蝶与、胡蝶之夢為周与。
周与胡蝶、則必有分矣。
此之謂物化。

昔、荘周は夢で蝶になった。
ひらひらとして胡蝶そのものであった。
自然と楽しくなり、気持ちがのびのびしたことだった。
自分が荘周であることはわからなくなっていた。
にわかに目覚めると、なんと自分は荘周であった。
荘周の夢で蝶になったのか、蝶の夢で荘周になったのかはわからない。
しかし、荘周と胡蝶とには、間違いなく区別があるはずである。
こういうのを、「物化」というのである。


127 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 01:17:58 ID:???0
なんでそんなにあげるん

128 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 01:42:07 ID:???O
>>123
違うよ。
エロゲユーザーと独占厨みたいなキモイ連中を一緒にしないでください。

129 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 05:03:52 ID:???O
ネタバレなのか単なる予想なのかが曖昧・ω□
完全アニメオリジナルならそういう鬱展開もアリ・・・なのかね?
efは鬱とか悲劇より修羅場ったり悩みながらも逆境にうち勝つ話だと思うんだが

130 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 08:26:30 ID:2pQ+Y8yb0
>>129
efのテーマからすると、死は単なる逃避手段でしかないみたいだからそうだろうな
千尋がどうやって自己を確立するかがカタルシスになるんじゃね

それはおそらく、嘘にまみれた日記ではなく、正直でやさしい蓮治クンになるんじゃね

131 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 11:53:15 ID:???0
>>127
IDを出しておきたいんだろ
自分の予想が当たったときに後で賞賛されたいために

132 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 12:20:26 ID:???0
fateは文学
エヴァは哲学
うたわれは神話
CLANNADは人生
鳥の詩は国歌
グレンラガンは漢
初音ミクは真実
AIRは芸術
efは旋律

133 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 13:46:46 ID:???0
千尋が、自分が日記を書くと、明日の自分にやらせるために嘘を書き込む可能性があるから
信用できる蓮治がいっしょにつきそって日記をかいてもらう、
ってことになるんでは

134 :メロン名無しさん:2007/11/15(木) 14:00:37 ID:???0
>>133
どこの仲良し夫婦だよw って感じだな

135 :メロン名無しさん:2007/11/18(日) 04:39:17 ID:???0
女の子は世界に一人。
だから彼女は神様で。
物心がついたときにはそこにいた。
他には誰もいなかった。
何もすることがなかった。
それが世界の全てだった。

136 :メロン名無しさん:2007/11/18(日) 05:02:59 ID:???0
本に書いてある通りにはいかなかった。何度も飽きた。別に飽きても
良かった。季節が一つ変わる頃には飽きている事に飽きるからだ。


やがて絵が描けるようになった。「写実的」な「風景画」というものが自
分に向いていることを知った。あるものを、あるように描いていればい
いからだろう。そこにないもの…人間を描く事は、大変かもしれないな
と思った。

女の子はある日、海辺で火を起こしてみた。
本の中に、島に流れ着いた人が狼煙というものをあげるエピソードが
あったからだ。真っ青な空に白いすじが立ちのぼる。これは雲と同じ
ものなのだろうかと顔を突っ込んだら、目と喉がひどく痛かった。
慌てて離れると、遠くからそれを眺めた。役に立たないな、と理解した。
そうやって一つずつ何かを理解した。理解するということを、理解した。

137 :メロン名無しさん:2007/11/18(日) 18:51:17 ID:IgNwM7+k0
今回ので、物語の書き換え過程は、そのまま千尋のメンタルを示すものだとはっきりしたな
じぶんがぼやけた、って話が、ついに劇中でもでてきたし

例の日記帳読みながらの告白も、じぶんがぼやけてることの表現としておもしろいし

138 :メロン名無しさん:2007/11/18(日) 19:17:47 ID:???0
あと、蓮治ママが男の子には責任があるとかいったの、
過去レスにある千尋妊娠の可能性とかおもってしまう

minoriの場合は前科があるからなー、やりかねん

139 :メロン名無しさん:2007/11/18(日) 22:46:22 ID:???0
女の子はやがて人間の絵を描けるようになった。
彼女は一人の男の子の絵を描いた。
そして、今まで描いてきた風景画にその男の子を描き加えていった。
彼女は、それらの絵を描いた場所に飾った。
島の中で絵にしていない場所はなかった。
全ての場所で女の子は男の子と一緒。そして、絵を見る度に目線が合う。
でも、女の子にはやり遂げた感慨はなかった。
これは人間だろうか? 考えてみる。いや、これは人間の絵だ。
動かない。考えない。ただ、あるだけだ。
寂しい?
到達したことでようやく彼女は自問できた。
寂しくはなかった。

140 :メロン名無しさん:2007/11/19(月) 13:22:33 ID:???0
1話〜7話のパス教えてくれ

141 :メロン名無しさん:2007/11/19(月) 13:46:01 ID:???0
ttp://d.hatena.ne.jp/pmoky/20071117/
本スレに貼るのはなんとなく違う気がしたので

142 :メロン名無しさん:2007/11/19(月) 13:57:21 ID:???0
>>140
1話:nice boat
2話:Canpus
3話:KEEP OUT
4話:no_subs
5話:SUNY
6話:TONY
7話:VAIZ

143 :メロン名無しさん:2007/11/19(月) 21:43:37 ID:???0
>>142
>nice boat

ネタだろ?w

144 :メロン名無しさん:2007/11/19(月) 21:51:45 ID:???0
ネタって言ったらああやっぱりって思うのか?

145 :メロン名無しさん:2007/11/20(火) 05:19:27 ID:???0
>>140
http://authuser:niceboat@www.ef-memo.com/dat/present/01/ef_miyako_1280.jpg
http://authuser:niceboat@www.ef-memo.com/dat/present/01/ef_miyako_1024.jpg
http://authuser:f0iopm0m@www.ef-memo.com/dat/present/02/ef_kei_1280.jpg
http://authuser:f0iopm0m@www.ef-memo.com/dat/present/02/ef_kei_1024.jpg
http://authuser:w8pwzy8a@www.ef-memo.com/dat/present/03/ef_chihiro_1280.jpg
http://authuser:w8pwzy8a@www.ef-memo.com/dat/present/03/ef_chihiro_1024.jpg
http://authuser:eyspjud9@www.ef-memo.com/dat/present/04/4coma_001.jpg
http://authuser:fiww7e0l@www.ef-memo.com/dat/present/05/4coma_002.jpg
http://authuser:uamocsj@www.ef-memo.com/dat/present/06/4coma_003.jpg
http://authuser:cro10ych@www.ef-memo.com/dat/present/07/4coma_004.jpg

http://authuser:ar9faxfl@www.ef-memo.com/dat/present/08/4coma_005.jpg ?

146 :メロン名無しさん:2007/11/20(火) 19:01:02 ID:xsu1Lf9x0
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/anime/1195393249/l50

の続きなんだけど、

The girl is the only one in the world. That made her the god of the world. So she
thought she should make her world much cleaner. She burned all pictures. She set
fire to the mansion and the old castle. Along with the structures, she burned all
her memories. Lastly, the god threw the trash, the only trash left in the world,
out from the cliff.

のなかの崖にたとえられるのって、もしかして、校舎の屋上なのかもしれないな、と
efで重要な場面では、必ず校舎の屋上と、そこの鍵が出てくるわけで。
千尋、校舎の屋上から飛び降り自殺を図るとみた

147 :メロン名無しさん:2007/11/20(火) 19:13:36 ID:???0
。・゚・(つД`)・゚・。

148 :メロン名無しさん:2007/11/20(火) 19:36:23 ID:xsu1Lf9x0
でも実際に飛び降りちゃうと、屋上閉鎖くらうのでないようなきはするんだよね
ぎりぎりのところで蓮治がとめるんじゃなかろうかと

149 :メロン名無しさん:2007/11/20(火) 20:40:27 ID:???0
止めなきゃバッドエンドじゃねーかw

150 :メロン名無しさん:2007/11/20(火) 22:28:07 ID:???0
音羽の町は海沿いにあるから文字通り崖の可能性もあるわけだが、
おもしろい解釈なので>>146に一票投じたい。

151 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 22:44:54 ID:???0
妊娠はないだろwと思っていたんだが、本の中にラプンツェルがあるんだな。
塔からでられない、王子様、妊娠、別れ、身投げ、失明、再開、ハッピーエンド・・・
関係ないようであるような・・・なんだこれw

152 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 23:13:53 ID:???0
151だが関係ないと思いつつ想像がつっぱしった。

紘と引き換えに景は千尋を火村に渡す。
千尋は入り口のない高い塔に閉じ込められ、千尋に会えるのは火村だけ。
そこへやってきた王子様レンジが千尋を見初める。
火村に隠れて逢瀬を重ねていたが、やがて千尋の妊娠が発覚。
火村に引き離されるレンジと千尋。レンジは塔から身を投げ失明する。
7年後、子供と暮らしている千尋のもとにレンジがたどりつく。
レンジの目が治り、二人と子供は幸せに暮らしましたとさ。

ウィキペディアのあらすじを無理やり改変
これは冗談としても、若くしての妊娠はバッドエンドなイメージで嫌だったんだけど、
千尋の場合ハッピーエンドへの転換点になりうるような気がした。

153 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 01:06:29 ID:???0
シャフトだからなぁ
積んである本にもなにか意味があると思わざるをおえないw
あの本のなかだとラプンツェルはかなり異質な感じだからひっかかる
>>152とか読むと二人の状況に結構重なる部分があるんだな

154 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 13:24:27 ID:???0
>>152
妊娠はさすがにないだろうが・・・
でも蓮治の母親の立ち絵があるぐらいだから
完全に否定できない件

155 :メロン名無しさん:2007/11/23(金) 01:10:31 ID:???0
妊娠とそれによる、刻一刻と変わる身体の変化は、千尋に生きる意味を与える感じがするんだよね
あと、蓮治ママがメインキャラなのは、最終的に千尋のサポートに回るからではと

156 :メロン名無しさん:2007/11/23(金) 16:35:17 ID:???0
7話をみてふと気付いた。

みやこED1番→OP1番→みやこED2番という並びで
時間軸を通してみやこのことを書いている模様。
昼→夕方→夜→朝
という構成なんだな……日本語版バカにしてサーセン

--
変わらない毎日、巡り巡る
何も無い時間が過ぎる
風に揺らめいて歩き出せば
いつか変わるかな、明日

無くした物を探しては諦めて
独り佇み空を見ていた

夕闇迫る街の景色に佇む独りで
霞む空、揺らぐ空気さえ
ずっと何か探して
沈む暗い夜の向こうへ走り出す

高鳴る胸の鼓動、振り切るゲージ
溢れる涙を蹴散らせ、夢掴んで

愛しさやせつなさ想い描き
唇指先でなぞる

今も溢れ出すこの想いは
永久に変わらない、だから
大事な物を見つけたら忘れない
貴方の笑顔放しはしない

夢に描いた幸せは本当で
傷ついた羽癒して行く

悲しい夜はもう終わり信じてる
新しい朝ずっと二人で

157 :メロン名無しさん:2007/11/23(金) 17:37:35 ID:???O
DVDが売れたら2期するんかな?
OVAでもいいから中途半端では終わらんでくれ〜

158 :メロン名無しさん:2007/11/23(金) 17:39:08 ID:???0
 親の都合で海外を転々とし、深い友人付き合いを経験したことのない青年・麻生蓮治。
 ある冬の日、彼は無人の駅で、ひとりの少女と出会った。
 左目を眼帯にふさがれ、空を見上げていた少女・新藤千尋。
 “物語”のような出会いを求めていた蓮治にとって、それは運命の転機となった。


 お互いに人見知りしながらも、千尋は勇気を振りしぼって蓮治に告げる。
「私と友達になって頂けませんか?」
 小説という共通の趣味を通じて、親しくなる2人。
 だが、その方向性はまったくの正反対であった。
 特殊な障害に苦しみながらも、自分の力で“物語”を生み出そうとする千尋。
 

ただ“物語”に憧れを抱いていただけの蓮治は、その姿に心を揺らす。
 2人は他愛のない日常生活のなかで心を通わせていく。
 しかし、いつしか時間という普遍の存在も、彼らの間にミゾを生みだしていった。
 千尋のために苦悩する蓮治に、火村夕が告げる。

「たぶん、俺はおまえが知りたいことの答えを知っている」
「でも、それが正しいか間違っているかはわからない」
「答えは、ただ答えでしかないんだ――それを理解しないといけない」


 夢を叶えるための現実。
 スタートラインに立つための勇気。
 2人の“物語”の結末は、大きく異なっていた。


159 :メロン名無しさん:2007/11/23(金) 18:03:15 ID:???O
レンジ君のアホ毛は凄すぎ

160 :メロン名無しさん:2007/11/23(金) 19:01:28 ID:???0
>>9辺りの訳を見てると
やっぱり日記を燃やして間違いを正そうとするんだろうなあ…

161 :メロン名無しさん:2007/11/24(土) 23:22:34 ID:Ssy0C+Ox0
>>152
普通の人と違って千尋の場合、妊娠で失うものなんて何も持ってないんだよな。
学校も、社会的体裁も。
新藤爺さんあたりだと、逆にひ孫が出来たといって喜びかねん

…重要なのは蓮治の覚悟と、麻生家の理解か。
一生千尋をサポートして生き続けることを受け入れるかどうか。

162 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 10:40:08 ID:???0
録画見た。
おいおい、みやこの台詞取るか?>景
景エンドとかやったらDVD買ってから割るぞ。

163 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 10:44:07 ID:???0
>>162
堤京介と自転車に一緒に乗ってた場面を思い出すんだ!

164 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 12:11:58 ID:liHcUlTv0
雨宮優子と千尋って同一人物?

165 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 12:49:43 ID:???O
ゲームでもアニメでも今の所は全くの別人

166 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 13:14:16 ID:???0
>>86
ラストの景の意味深な一言って
もうちょっとこのままがいい?

167 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 13:14:37 ID:???0
女の子は絵を眺めていることが多くなった。
絵の中の男の子を見ていると、不思議な気分になった。
結婚してみようか。
なんとなく考えた。
本の中に結婚にまつわる話は非常に多かった。
人が生きていくうえで大切なことだと書かれていた。
彼女は結婚という制度について詳しく学習することにした。

168 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 13:23:20 ID:???0
その後も特に異常は見られなかった。
なんだろうと思いつつ、汚れた服を洗うのが手間だなということに考えがとんだ。
その事件を忘れた頃にまた血が出た。
その前後数日、身体がだるいとは思っていたがなんだろう。

それも数日で収まった。

また次もあった。

そこで、

これが生理なのだと知った。
大人になったということ――子供を生む準備ができたということらしい。
なるほど、やはり自分は人間の女性であるようだ。
しかし、男性のいない世界でそんな準備ができたとしても

169 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 13:41:39 ID:???0
あくる日、女の子は結婚をした。
城の中をあさって、ドレスを見つけた。
頭の中で、結婚を誓いますか、という文字に、はい、と文字で答える。
そして、絵の中の男の子と唇を重ねた。油くさかった。
適当に摘んだ花をブーケというものにして投げた。
いつもより食事も多く用意した。
一応パーティだった。
でも、ドレスの腰周りがきつくて、食べ残してしまった。
女の子は、ブーケとドレスと残飯を、ゴミ捨て場にした崖に放り投げて、寝た。
それで結婚式は終わった。

170 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 15:19:37 ID:???0
>>169
>頭の中で、結婚を誓いますか、という文字に、はい、と文字で答える。

些細なことだけど、この小説の中の女の子は文字の意味は分かっても、
発音の仕方は知らないんだね。つまり、実質的には聾唖者と同じ状態ってことか・・・

171 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 15:59:40 ID:???0
>>170
そうか!なんでわざわざ文字なのかわからなかったんだ。そうかそうか。
本スレにあったマリーとかいう実験思い出すな。

ついでに貼らせて
>>43>>103>>135>>136>>139>>167>>168>>169

172 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 20:04:48 ID:???0
>>168
このタイミングで生理の話を入れてくるってのは、やはり伏線張りなんじゃないかと思えてくるな

千尋シナリオの結末は、千尋自殺で死ぬか、千尋が妊娠して若年結婚するかの
どっちかな公算が高くなってきたような…

ただ自殺ってだけなら、こんなに詳しく生理の話を織り込むとは思えないので
個人的には後者を推したいかな

173 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 22:49:04 ID:???0
>>172
俺は意図された初期化&捏造ノート説をあえて唱えてみる

自分がここまで無理すれば初期化するのは分かっていたと思うが
千尋は今の自分が初期化してもまたレンジと恋に落ちるように
本当の記憶は脳内リピートで、事実とは異なる記憶をノートに捏造していたのでは?

だから「子供を産む」とは初期化された千尋で…
ノートを取り上げて千尋の中のレンジの破壊工作をしようとした
火村に初期化した千尋が依存しないようにノートに「忘れませんからね!」と

キスしてないのにキスしたと捏造したように
レンジと結ばれるために
それが嘘の結婚で描かれた「男の子」とのエンゲージで
崖から捨てたのは今の自分?
と、妄想



174 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 23:02:10 ID:yFyMhEpo0
>>173
うわー、そういうことになるのか
>>9の、絵がぼやけたって意味がすこしわかったような

確かにそれなら、限界ぎりぎりまで引っ張って、出来るところまで蓮治の心を引いて
なおかつ、日記の捏造も平行して進めておくと。

でも、捏造日記のなかの蓮治と、現実の蓮治とのずれが、ぼやけとしてでてくるんだな

千尋がそこまで女的だと・・・来週以降のみやこの、女の武器使用を考えるとありえるな




175 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 23:12:43 ID:???0
>>173
意図された初期化って、なんかデスノートっぽいね。

千尋「計画通り(ニヤッ)」

176 :メロン名無しさん:2007/11/26(月) 00:29:48 ID:???0
>>175
が、マイナスの側面も大きい…

正確な情報をレンジと初期化千尋は共有していないので
情報の誤差が生じてしまう
もしふたりが合間見えたとしても
レンジとの会話に重大な欠陥が出るのでは?
つまり、神である筈のノートが初期化千尋には
どこからが偽装でどこからが真実か分からない…
「私の全てが嘘だったかもしれない」という
結論にもなりかねない要素をはらんでいる

書かれている小説の意図からレンジが察してあげて
「描かれた結婚した少年」を演じ続けて、バレないように出来るであろうか?
俺はキツいと思う
そのとき千尋は自分をどう捉えるかは知る由もないが

ま、最悪の場合の妄想だからあんま気にしないでくれ

177 :メロン名無しさん:2007/11/26(月) 00:42:07 ID:???0
みんな、千尋の考察に熱心だね、俺も気になるけどさ。
個人的にはみやこの動向が気になる。

178 :メロン名無しさん:2007/11/26(月) 01:16:21 ID:???0
>>177
じゃあ、みやこについての小ネタをひとつ…

ずばり、みやこは某DTBでいう「契約者」であるw

何故みやこは紘のこと「やさしいひと」と断言できたのか?

それはあちこちで言われてきた「紘に色が付いた」というアレだと思う
本音で話している人には色がついてみえるという「能力」、まあ実際は「演出」だが
みやこは1話で自分を気遣ってくれる紘に「色」を見たのかもしれない…
また、このとき紘に色が付いていてみやこには色が付いてないことを注意されたしw
で、5話
第1次みや・景大戦で景は紘が学校に行く必要性を熱心に説いた際
みやこからの視点で見た景は「色が抜けている」のだ
そのあとみやこは「ふ、お互いに損したね…」と
また、「景ちゃんは素直になるところ間違えてるよ…(略)」
と色が抜けた「先達としての」コメントしている

だから人の心が分かるという能力を持っているのでは?
「超能力者」とは言わないがみやことしては確信のある「特技」なんだと思う
いずれにしろこの件は4話で言いかけたフラグが立っているのでじきに分かると思うが
紘の足らない色をつけたという二重の意味でそんな「演出」をされていると、妄想

179 :メロン名無しさん:2007/11/26(月) 12:40:26 ID:???0
みやこはもう紘のことについて涙流せるから
自由には飛びたてなくなってるな
関心が消えてたら涙流せないはず

180 :メロン名無しさん:2007/11/27(火) 02:39:09 ID:???0
またもや千尋考察で申し訳ないけど、prologueと>>13,15,16を見返してみて、今後の展開を予想してみた。

リセット後、千尋は日記を読み返し、もう一度蓮治と出会う。
だが、日記の中の蓮治と現実の蓮治の違いに違和感を隠せない。
          ↓
蓮治との間でちょっとしたことで諍いが起る。
千尋「私の蓮治君はそんなひどいこと言いません!」
そこに蓮治のビンタが飛ぶ。
          ↓
千尋錯乱。夜の廃駅に日記だけを残して、蓮治の前から姿を消す。
          ↓
千尋を捜して町中を駆け回る蓮治(prologueのシーン)
          ↓
自殺しようとしている千尋をすんでの所で蓮治が押しとどめる。蓮治が千尋に告白して和解成立。
千尋「私が蓮治君のことを忘れても、何度でも友達になってくれますか?」
          ↓
一連の騒動のショックで千尋は13時間以上昏睡状態に陥り、またも記憶リセット。
          ↓
目ざめた千尋は廃駅へと向かう。一人ベンチに座る千尋の前に蓮治が現われる。
千尋「私と・・・友達になってい頂けませんか?」(prologueのシーン)

181 :メロン名無しさん:2007/11/27(火) 22:14:01 ID:???0
>>180
そこに加えて、
>自殺しようとしている千尋をすんでの所で蓮治が押しとどめる。蓮治が千尋に告白して和解成立。
>千尋「私が蓮治君のことを忘れても、何度でも友達になってくれますか?」

のところでセックルしたら、一発必中。
蓮治と千尋の間に、消えることのない絆が生まれ、結婚式。

とみた

182 :メロン名無しさん:2007/11/27(火) 22:24:50 ID:???0
ゲームのネタバレに見える件

183 :メロン名無しさん:2007/11/28(水) 01:42:57 ID:???0
>>180
>リセット後、千尋は日記を読み返し、もう一度蓮治と出会う。
>だが、日記の中の蓮治と現実の蓮治の違いに違和感を隠せない。

自己レスなんだけど、うん、すまんね。

蓮治は8話で千尋のリセットを目の当たりにして、今後は千尋に対する接し方を変えるだろう。
もう千尋に無理をさせないように、そして、無理をしようとしたときに千尋を止められるように、
これまでよりも距離を置いて千尋に接するようになる。
しかし、千尋が日記から知っている蓮治は、リセットを目の当たりにする前の「私の優しい蓮治君」
なわけだ。
すると、千尋は現実の蓮治と日記の中の蓮治の間にギャップを感じてしまう。
「日記の中の蓮治君はあんなに私に優しいのに、目の前の蓮治君は何でこんなに私に冷たいんだろう?」
みたいな。
それでたぶんそのあと一悶着あるんだろう。いったい何をやってくれるのか週末が楽しみだね。

184 :メロン名無しさん:2007/11/28(水) 19:29:53 ID:???0
>>183
そこで日記燃やして崖に…でクライマックスなんだろうな

185 :メロン名無しさん:2007/11/28(水) 23:25:15 ID:???0
本スレからのコピペ
『ef − a tale of memories.』
第9話「forget me not」 絵コンテ:島津裕行/演出:森義博/作画監督:清水慶太
第10話「I’m here」 絵コンテ:石倉賢一/演出:北川正人/作画監督:森田実
第11話「ever forever」 絵コンテ・演出・作画監督:宮崎修治
第12話「love」 絵コンテ:草川啓造・大沼心/演出:大沼心/作画監督:未定

186 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 00:07:31 ID:ji570Szb0
「d」は「Dream」が最有力だな

女性陣のメインテーマが「love」で、男性陣のメインテーマが「Dream」だとバランス取れる


187 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 00:51:38 ID:???0
「ever forever」
ついに小説を完成させた千尋と蓮治は、そのお祝いにデートを計画する。
そんな二人に夕は、秘密のプレゼントを渡す。
音羽の街を楽しく散策する蓮治と千尋は、幸せなひと時を過ごす。
そして完成させた小説に最後の仕上げをするのだった。
”世界に一人だけ生き残った少女"は、今までに感じたことのない想いを抱いていた。
そして今、その想いに自ら答えを出そうとする――。
そして千尋は、日記に2人の”忘れられない想い"を書きつづるのだった。

188 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 01:01:30 ID:???0
「love」
紘、京介、蓮治、千尋、景、みやこの6人は、
それぞれ自分の葛藤や想いに答えを見つけたり、
答えを探すための道に気づいた。
だが、その道は、答えを見つけたからといって終わりではないし、
決して楽な道ではない。
それでも彼らは、自分が出した答えに真摯に向き合おうとする。

189 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 01:31:35 ID:???O
景と京介の話は現在無いに等しいけど・・・
どういう結末を持ってくるつもりなんだ?

190 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 01:38:37 ID:???0
>>187
日記の蓮治と、現実の蓮治の違和感と矛盾を処理できなくなって、
デートの後に自殺を図るんだろうな
小説の最後の内容をみて、蓮治が気づいて追いかけて…

で、プロローグの画面になるわけか。

廃駅に置かれた日記帳、そこには二人の「忘れられない想い」が。
それをみた蓮治は、どこに…

千尋をとめることが出来るのか!?

…個人的意見としてはとめられるんではないかと
千尋が死ぬと景が大変なことになるからなあ、しかも紘の失恋の追い討ちになるし

191 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 02:41:00 ID:???0
しかし、千尋が蓮治に「日記」を残して死ぬ、ってのも綺麗な終わり方なんだよね

このままでは、自分のために蓮治の夢と一生を縛ってしまう。
小説という夢をかなえ何もなくなった、思い残すことのなくなった千尋は、
死ぬことで蓮治を開放する。

そして行き止まりの千尋の代わりに、蓮治には小説家になるという「夢」を引き継いで欲しい。
そして「日記」を私だと思って、毎日つけて欲しい。

蓮治が5話で「日記」をつけていない、といったのがそのまま伏線になってたんではないのかな
あと、草を食い尽くした羊は、小説を書き終えて何もなくなった千尋をいみしてるのではない?

192 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 03:49:24 ID:???0
小説を書き終えて何もなくなった千尋にできた新しい夢は、蓮治と日々を過ごすこと。
だが、それが現実の世界では叶えられることがないと気づいた千尋は、物語の結末を
書き換えることで夢を託そうとするのであった。みたいな展開ですかね。

193 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 04:12:13 ID:???0
>>192
そこで蓮治が答えられるかどうかで、結末が180度変わりそうですよね
蓮治が腹くくって一生千尋と添い遂げる覚悟があるなら、自殺しようとしてるところを止め、そのままエッチシーン
蓮治が気づくのが遅く、死んでしまったら、1話冒頭のモノローグは、千尋を主人公とした小説の書き出し

ってところかな

でも、原作で景が千尋について余り触れてないから、死んだってのはないと見てるけどね
正直、千尋の死は、景にとって紘をみやこにとられたのと同等以上のダメージが来る

194 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 10:43:41 ID:???O
千尋は死なないと思うんだがなあ

195 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 19:10:12 ID:???0
8話のパスわからん・・・誰か教えてくれ
shampooくらいしかないんだが

196 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 19:26:44 ID:???0
>>195
シャンプーじゃないほう

197 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 21:16:40 ID:???0
>>196
サンクスです

198 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 21:18:01 ID:ji570Szb0
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/anime/1196255710/154

>千尋は12月放送分で、蓮治への恋心を断ち切る事件が。
今週の記憶リセット以上の試練ってどんなんだろう
そして、

>みやこは紘の前から消えざるをえない出来事が。
どう考えても原作とは違う流れだなあ…どうなるんだこれ

199 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 21:27:05 ID:???0
逆戻りして9・10話
「forget me not」
昔の日記を読み返していた千尋は、書かれた内容をうっかり誤解。
それがもとで蓮治に胸中を吐露するが、急な告白に彼はうろたえてしまう。
一方、みやことの連絡がとれなくなってしまった紘。
なかなかみやこと会えずに心配していた彼に、ようやくみやこから連絡が入る。
突然の呼び出しだったが、連絡に応じて紘は音羽の街へ向かう……。
そのころ、景はミズキと京介の協力を得て苦手な料理の練習に集中。
それは驚くべきことに、成功のきざしを見せて――?

200 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 21:32:13 ID:???0
10「I'm here」
蓮治と協力して、書き続けていた小説
――世界に一人だけ生き残った少女の物語を仕上げるため、
千尋はキーボードに向かう。
一方、紘には連載の仕事に加えて短編の執筆、留年問題、
みやこや景との関係など、いろいろな悩みが一度に降りかかっていた。
そんな紘とぶつかる京介。
みやこと景も、紘との関係を考え、悩んでいた。
そして彼らのもとを訪れた謎の女性・雨宮優子。
彼女が語る言葉に導かれるように、
紘たちは答えを見つけようと、それぞれに行動を開始する。


201 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 21:57:22 ID:???0
オマケでコピペ
『ef − the latter tale.』
・第三章については、骨組みまでできていて、絵が全部入って一通りプレイできる状態になっている
 声と音楽を差し替えたりして演出に手を入れれば第三章は完成という状況
・第三章や第四章にもテーマを持たせた仕掛けを入れている
・シナリオでは、第四章後半が一番面白く四章のラストは本当にすごい

Chapter 3 Prologe
不連続に並ぶ記憶の話。
出来損ないのおとぎ話。
『ねぇ、彼女と会ったこと後悔してる?』
僕は彼女から受け取った手帳をポケットから取り出した。
別れ際に貰った手帳を。
彼女の大切な日記(きおく)を。


202 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 21:58:04 ID:???0
『ef − the latter tale.』
・第三章については、骨組みまでできていて、絵が全部入って一通りプレイできる状態になっている
 声と音楽を差し替えたりして演出に手を入れれば第三章は完成という状況
・第三章や第四章にもテーマを持たせた仕掛けを入れている
・シナリオでは、第四章後半が一番面白く四章のラストは本当にすごい

Chapter 3 Prologe
不連続に並ぶ記憶の話。
出来損ないのおとぎ話。
『ねぇ、彼女と会ったこと後悔してる?』
僕は彼女から受け取った手帳をポケットから取り出した。
別れ際に貰った手帳を。
彼女の大切な日記(きおく)を。

やっぱり最後は分かれる話になるのかなあ
796 名前: 名無しさん@ピンキー [sage

203 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 22:03:32 ID:???0
latter tale.あらすじみてると、最終的には別れるってことみたいだけど
どういう形なのかがわからないというか期待するしかないなあ

自殺のほかに、火村の判断でどっかの療養施設に送られちゃうのかもしれないなとか

204 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 22:13:22 ID:???0
第09話「forget me not」
第10話「I'm here」
第11話「ever forever」
第12話「love」(最終回)

景は9話で衝撃的な事実を目の当たりにし、大暴れする。
千尋は12月放送分で、蓮治への恋心を断ち切る事件が。
みやこは紘の前から消えざるをえない出来事が。

ってのが本スレにあったな
でもまあ、みやこは小説での親など家庭環境かんがえると、紘の前から消えるしかないような状況に
追い込まれることはありえるな

205 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 22:15:02 ID:???0
>>204
それは確かにメガマガであったな

206 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 22:16:56 ID:???0
けどそれだと、ドラマCDSP1と矛盾する。
あれはゲーム、アニメとリンクしたものとなっているから。
だから消えるのは一時的と思われ

207 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 22:19:12 ID:???0
>>206
ドラマCDは、原作の結末を迎えた後の後日談だからねえ
アニメの場合は、中盤で大幅に変わってるから、結末も、おおむね同じ落としどころでも、
一見まったく違うようにみえる形はありえる

たとえば、親の環境が悪化したみやこが紘と一緒に、駆け落ちしちゃうとかね

208 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 22:29:14 ID:???0
>『ねぇ、彼女と会ったこと後悔してる?』
>僕は彼女から受け取った手帳をポケットから取り出した。
>別れ際に貰った手帳を。
>彼女の大切な日記(きおく)を。

かなりきつい別れENDになりそうなことが濃厚そうだな
たぶん、二度と会えないような状況になってしまうんだと

209 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 22:37:38 ID:???0
>『ねぇ、彼女と会ったこと後悔してる?』
誰なんだろう?
蓮治ママ?あるいは、記憶リセットした千尋本人?

210 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 23:12:39 ID:???0
でもこのゲーム、エッチシーンが2回あるはずなので
それをどこで入れるかってのも、今後の展開に関係はして来るんでは

211 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 23:25:28 ID:???0
3話で言ってた日記は「私自身なんです」て言葉が重いなあ
千尋にとって、日記こそが自分自身なんだろう

それを蓮治がもってる、ってのは、千尋にとって日記を蓮治に渡せられれば
それで自分自身の役割は終わったも同然なんだろう

212 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 23:41:40 ID:???0
>>187,199-201をこうりょした展開予測をすると、

リセットされた千尋は、日記に書かれていた蓮治と実際の蓮治との間のギャップに苦しんで
一時発狂みたいな状態になり、結果として療養施設送りになることが決まる。
そのために、千尋は急ぎ小説を仕上げることにする
施設に送られる前日、最後のデートで幸せなひと時を過ごした帰り、
「忘れられない思い」を綴った日記帳を廃駅に置いた千尋は、崖から…

213 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 01:51:28 ID:???O
ようわからんが、千尋パートは鬱展開で終わるかもしれないことはわかった

・・・正直、やめてほしい
これでみやこパートもハッピーエンドでなかったら・・・

214 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 03:03:20 ID:???O
>>209
記憶をリセットした千尋じゃないかなあ
原作の立ち絵に千尋の夏服があるから千尋が死ぬのはないかと
ちなみに蓮治と千尋シナリオは冬の話ね

想像していた以上に鬱展開でorz
まさかここまで鬱展開だったとは

215 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 03:57:33 ID:???0
どっちにしても、両方ともバッドエンド方向に向いてるね。

216 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 07:34:55 ID:???O
>>214
あれ?3章って原作では夏の話ではなかったっけ?
火村が自分の語る物語(=latter)のことを
もう一つの夏の物語と、終わりの冬の物語
って言ってたじゃん
それとも今アニメでやってるのは3章の前半部分だったりするわけ?

217 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 10:41:01 ID:???O
>>216
夏の話はミズキと久瀬のシナリオじゃなかったっけ
ずっとそう思ったいたんだが違ってたらスマソ('A`)

ちょっと考えたんだが>>209のセリフ記憶をリセットした千尋じゃなくて
ミズキが言ったのかと大胆予想

ミズキはこの物語のキーキャラで秘密あるみたいなんだが
情報が全く出ないんだよなあ

218 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 13:25:20 ID:???0
>>216
だとすると、原作では千尋が死んでも景のメンタルに影響はこないってことかもしれないな
アニメだと直撃くさいけど、どうなるんだろう?
紘をみやこにとられたどころの話じゃないぞ

…でも、4話冒頭の景のモノローグで
「あのころの私には、人が一人でいることを理解できなかった」
ってあるからなあ

219 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 13:27:00 ID:???0
>>214
千尋がつけてる制服は冬服なんだよね

夏の話なら夏服を出すはずだろう。あの久瀬さんがもってないはずがない(笑

220 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 13:34:51 ID:???O
>>219
原作とアニメでは時系列が違うのではないか
と思ってたんだが

221 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 14:16:41 ID:QnfSSzNh0
>>220
原作の立ち絵では、千尋は冬服をつけている
http://www.getchu.com/brandnew/137481/c137481chara3.jpg

222 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 14:29:19 ID:QnR0ntGo0


223 :メロン名無しさん:2007/11/30(金) 23:53:40 ID:???0
>>218
その景のモノローグは、実際には9話以降の時期に発言したという事か?
それなら紘の「あの頃の俺は、人が親しく接することを、理解できないでいた」も、
実際は9話以降にみやこと親密な関係になってから発言したのかな?
いや、それどころか全話が過去回想と解釈すべきか?

224 :メロン名無しさん:2007/12/01(土) 01:18:28 ID:cetO1Dsx0
>>202
思ったんだけど、千尋が蓮治に渡した日記帳って、千尋の全てであるのと同時に、
千尋が今まで考えてきた小説のネタ帳なんではないのかと

いわゆる31回書き直してきた小説の断片がそこにあると

蓮治は一生をかけてそれを形にしていくのを自分のライフワークにするのではないかと

225 :メロン名無しさん:2007/12/01(土) 14:32:45 ID:???0
>809 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/11/30(金) 04:47:47 ID:8If5kAm00
>不連続に並ぶ記憶の話。
>出来損ないのおとぎ話。
>『ねぇ、彼女と会ったこと後悔してる?』
>暗い室内で、誰かと電話をしている蓮治。親しい様子で言葉を交わすが、相手の問いに一瞬詰まる。
>僕は彼女から受け取った手帳をポケットから取り出した。
>別れ際にもらった手帳を。
>彼女の大切な日記(きおく)を。

>微妙に変わってた

電話してる相手は、千尋そのものくさいなあ

226 :メロン名無しさん:2007/12/01(土) 17:03:57 ID:???0
>>225
これは千尋だな
間違いない
アニメ版では二人が別れる所までで終わって、ゲーム版では千尋に会いに行く所までやるんだろうな
PVのあれは千尋がどこかへ行く前に蓮次を呼び出したけど、間に合わなかったっていうシーンじゃないだろうか

227 :メロン名無しさん:2007/12/01(土) 17:51:47 ID:???0
>>226
千尋は記憶障害の少女と日記が合わさって、千尋なんだろうな
多分なんだけど、施設送りなんではないだろうか

そこから大逆転エンドありそうだけどね

228 :メロン名無しさん:2007/12/02(日) 04:51:08 ID:???0
女の子は結婚式の翌日から、自画像を描き始めた。
結婚したのに、こちらの世界には一人しか人間がいない。
だから、絵のほうに自分を描きこむことにしたのだ。
女の子は、全ての絵に自分を描きこんだ。
向こうの世界では、二人の人間が笑っていた。
絵の中の自分を見るのは、不思議な気持ちだった。
女の子にはその感情がよくわからなかった。
それでも、彼女の興味をひき続けた。

女の子は世界に一人。
だから彼女は神様だ。

229 :メロン名無しさん:2007/12/02(日) 05:12:13 ID:???0
あやいと【×綾糸】
I1〔綾取りに使う糸〕string used to play cat's-cradle
2〔美しい色の糸〕(brightly) colored thread
3〔機(はた)の縦糸をまとめる糸〕a heddle thread
II〔出来事や運命のつながり〕

おどりじ[をどり―] 03 【踊り字・躍り字】
[1]熟語の中で、同じ文字や文字連続を繰り返して書くときに使う符号。
「はゝ」「ます」や「堂々」「数」などの「ゝ」「」「々」「」の類。繰り返し符号。
反復符号。重ね字。送り字。畳字。重字。重点。おどり。揺すり字。
[2]踊っているような下手な字。

230 :メロン名無しさん:2007/12/02(日) 05:21:21 ID:???0
あー微妙に誤爆ったけどいっか。
↑9話の千尋パートの文字。いつもより難しかった気がした。

231 :メロン名無しさん:2007/12/02(日) 13:02:12 ID:???0
今週、千尋と蓮治がいった墓場は、原作OPで火村がいた墓場だよなあ
墓場で告白が結構意味深だな

千尋は記憶が消えるたびに死んだといえるのかもしれないな
日記は千尋の体の一部なんだろう

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)