5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【平岡哲w】イカロスの山 第六登 【伽ス】

113 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/09/26(水) 11:55:06 ID:2fN6jR1i0
深夜の夫婦の寝室に、密やかな喘ぎ声が響いている。
敬二は、靖子の両足を開かせ、自分の肩に抱え上げていた。
そして、己のいきり立った怒張を、靖子の中に深く埋め込んでいた。
「…あっ、ああっ…敬二さ…んっ」
深く奥を突かれるたび、靖子の口から耐え切れぬよがり声が漏れる。
「靖子(ヤッコ)…はぁ、はぁ…出すぞっ…」
敬二の腰が激しくカクカクとうねり、靖子の女芯を抉った。
クライマーの逞しい肉体に支配され、靖子の白い裸身がうねる。
靖子も、敬二の動きに答えようと、淫らに腰をうねらせる。
「あ…っ、あああっ…も、もうイクのぉっ…」
耐え切れぬように靖子が声を上げた。
「おおお…っ靖子ぉ…っ!」
絶頂を迎えて身体を痙攣させる靖子。その膣の締め付けに耐え切れず
敬二も、靖子の奥に激しく精を迸らせた。
「はぁ…はぁ…」
敬二の精を鋳込まれ、うっとりとセックスの余韻に陶酔する靖子。
その靖子の唇を敬二が奪った……


一人の部屋で目覚めた哲は、心細くなり母を捜して起き出したが、
その光景を廊下から覗き見てしまい、ボロボロ涙を流していた。

(完)

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)