5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【070710:漫画】<アメフット>漫画きっかけに人気…競技人口も増加に転じる 【アイシールド21】

1 :ACN通信員ψ ★:2007/07/11(水) 16:15:45 ID:???
 アメリカンフットボールの第3回ワールドカップ(W杯)川崎大会で大会3連覇を目指す日本。
競技人口もここ数年増加に転じ、06年は過去12年間で最高の約1万8600人に達した。
人気のきっかけになったのが、アメフット漫画「アイシールド21」(稲垣理一郎作、村田雄介画)。
これまで少なかった子どものチームも増え始め、強豪日本の裾野を広げるのに一役買っている。

 「アイシールド21」は02年、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まった。単行本25巻の
売り上げは計1600万冊以上。ひ弱で内気だった少年がアメフット部に入り、使い走りをさせられながら
培った「光速の足」を生かして活躍する。
 減る一方だった競技人口は漫画連載後の03年、反転。目立つのは高校生の伸びで、01年に
約2280人と過去最低水準に落ち込んだ競技人口が、02年に約2430人と盛り返し、06年には
過去12年間で最高の約3870人に達した。日本アメリカンフットボール協会には「漫画を読んだ
子どもがアメフットをしたいと言っている。チームはどこにあるの」との問い合わせも多い。これまで
ほとんど親しまれていなかった低年齢層にも浸透し始め、最近は、タックルを禁じた「フラッグフット
ボール」など子ども向けのアメフットが普及してきている。
 岐阜県で昨年4月に発足した「リトルファントムズ」は、小1〜中3の19人のフラッグフットボールチーム。
「勉強の暗記科目は苦手」という同県各務原市の木村桃花ちゃん(9)や兄鯛君(10)も、数十通りある
攻撃や守備の陣容はすぐに覚えた。「頭脳や体力など、それぞれの個性を生かせるスポーツなので、
小さな桃花も立派な戦力」と父薫さんは目を細める。
 W杯川崎事務局の渡部滋之さんは「小さいうちにアメフットを始めた子が、将来日本を代表する
選手に成長する可能性は十分ある」と期待をこめる。協会も、テレビ放映中のこの漫画のアニメの
合間にW杯をPRし、低年齢の子どもの関心をさらに高めていく考えだ。

情報ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000059-mai-soci

2 :メディアみっくす☆名無しさん:2007/07/11(水) 16:39:08 ID:7aWDgitk
アイシールド21の影響というよりもフットボールアワーの影響のほうが大きいと思う

3 :メディアみっくす☆名無しさん:2007/07/11(水) 21:39:35 ID:???
ニワトリが先か、タマゴが先か。

4 :メディアみっくす☆名無しさん:2007/07/14(土) 12:17:21 ID:???
サッカーがある限り
そうそうメジャースポーツの仲間入りはできないよ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)