5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ストーリーを教えてもらうスレ Part19

1 :マロン名無しさん:2007/05/12(土) 13:43:31 ID:TQbuRB5C
暇がない、金がない、手に入らない、等の事情により、読めない漫画のストーリーを教えてもらうスレです。
次スレは>>950か、容量が450を越えた時にお願いします。

前スレ
ストーリーを教えてもらうスレ Part18
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1166433081/l50

まとめサイト(※全過去ログ保管済み)
http://malon.my.land.to/
未解決リクエスト表(※予約&進行中タイトルリスト含む)
http://malon.my.land.to/mikaiketu.htm

【リクエストされる方へ注意点】
その漫画が既出である場合があります。要望を出す前に、未解決リクエスト表にてご確認下さい。
どの程度のネタバレを希望するか、一言添えていただけると、書き手も書きやすいです。
(例:科白を含む等、出来るだけ詳しく・大まかな粗筋・←を混成したメリハリの利いたもの・ラストのみ)
この板は一般板なので、18禁の漫画のストーリーの要望はご遠慮下さい。
即レスは期待せず、気長にお待ちください。

【教えてくれる方へ注意点】
要望が出ている漫画のストーリーはどんどん書いて下さい(※解説が終了した作品の加筆・修正も大歓迎)。
ただ、要望が出ていないものは敬遠される傾向にあります。
この板は一般板なので、18禁の漫画のストーリーの紹介はご遠慮下さい。
名前欄に作品名を入れていただけると、まとめやすくありがたいです。
時間を置いて数回に分けて投稿する際には、混交を防ぐため、最後に「続く」とお書き下さい。
書く際は予め予約していただけると、投稿の重複が防げて大変ありがたいです(※必須ではありません)。
また、書くのはよそうと思われた時には、面倒でも予約の取り消しをお願いします。

105 :マロン名無しさん:2007/06/16(土) 22:57:43 ID:???
>>104
>アフター0
…本気で言ってる?

106 :ミラクルガールズ:2007/06/16(土) 23:13:22 ID:???
ミラクルガールズ 秋元奈美 全9巻

<主要登場人物>
松永ともみ…双子の姉。運動神経はいいが勉強は苦手。大人しく優しい性格。
松永みかげ…双子の妹。頭はいいが運動音痴。化学部所属。ツンデレタイプ。
野田侑也…みかげに嫌われている同級生。陸上部所属。
倉茂秀明…みかげの想い人で一つ上の先輩。化学部と陸上部を兼部している。
影浦慎一郎…理科教師。化学部顧問。実は超能力研究をしている。
高村マサキ…転校を繰り返す少年。両親を亡くし、妹と執事と暮らしている。

<ストーリー>
松永ともみと松永みかげは一卵双生児。だが顔以外は全く対称的で、髪型も
違えば得手不得手や好みも真逆だし、性格にも共通点が見当たらない。
しかし仲はとてもいい不思議な二人。
だが最も不思議なことは、二人揃うと超能力が使えるということ。
これはお互いしか知らない二人のトップシークレットだ。

別々の中学に通っているため、双子だということさえ知られていない二人。
しかしある日、みかげが短期間の学校生活入れ替わりをともみに持ちかけた。
運悪く体育祭でリレーの選手に選ばれたみかげは、実は全くの運動音痴。
スポーツならなんでもトップのともみに代わりに走ってほしいと言う。
そんなズルしても…と渋るともみだが、切実な様子のみかげ(演技)に
押し負け、つい入れ替わりを引き受けてしまう。

107 :ミラクルガールズ:2007/06/16(土) 23:17:44 ID:???
写真等で予備知識をお互いしこみ、体育祭の練習日と本番の日、二日間の
入れ替わりは実行された。当然ながら中身が全く正反対のため、トラブルを
起こしながらではあったが。
居心地悪い二日を過ごしながらも、ともみは野田という同級生のことが
気になる。いつもみかげがボロクソに罵る相手なのだが、ともみには
彼がそんなに悪い人には見えないのだ。

いつになく温和な態度のみかげ(実はともみ)に、野田は「事故以来、
恨まれていると思っていた。」と言う。
思わず「事故って?」と素の自分で聞き返してしまったともみはハッとする。
野田もコロコロ変わるみかげの態度に不信感を覚える。

体育祭は、ともみの激走でリレー1位になるが、ほっとしたのもつかの間
そのせいでしつこく陸上部に誘われてしまい、みかげは上手く断れない。
つい体育祭で思いっきり走ってしまったことに責任を感じたともみは、再度
入れ替わりをして入部を断るが、帰りに不用意に瞬間移動で帰ったところを
化学部顧問の影浦が目撃する。
実は超能力研究にのめり込んでいる影浦は、二人の秘密を突き止めようと
躍起になる。

108 :ミラクルガールズ:2007/06/16(土) 23:23:48 ID:???
みかげ(ともみ)の不自然さが気になった野田は松永家を訪れ、
同じ顔が二人出てきたことに驚愕する。
二人が双子でころころ入れ替わっていたと知り、卑怯だと激怒した野田。
ともみは謝るが、野田の態度はきつく、その態度にみかげも逆ギレする。
悪いのは私達なのに、みかげは野田にだけどうしてそういう態度なのかと
ともみは泣きながら詰問した。

以前、野田の不注意が原因で化学部で爆発事故が起こり、そのとき怪我をして
しまったのがみかげの想い人である倉茂先輩だった。
倉茂は陸上部と化学部を兼部しているが、その怪我が原因で大会に出られなく
なってしまい、それ以来どうしても野田を許せないのだという。
リレーで入れ替わりを強く希望したのも、倉茂が同じ組のリレー選手で、
がっかりさせたくなかったからなのだ。
好きな人がいないともみには自分の気持ちは分からない、とみかげは言うが
ともみは野田に嫌われてしまったと項垂れ、涙を流していた。
野田のことをいつの間にかともみは好きになっていたのだ。

責任を感じたみかげは、全部悪いのは自分だから、ともみには怒らないように
学校で野田に言った。
ともみが泣いていたと聞き、野田は落ち着かない気持ちになる。
みかげは野田が今回のことを倉茂に告げ口するのではと思っていたが
そんな気はないと言われ、野田を見直す。

109 :ミラクルガールズ:2007/06/16(土) 23:31:38 ID:???
双子の超能力のことを嗅ぎ回る影浦だが、その企みは悉く失敗していた。
みかげも影浦が自分達の秘密を知っていると気付き、ともみに注意を促す。
影浦は二人に近付こうとするが、みかげは常に野田や倉茂と一緒にいるし、
ともみの学校は女子校なので見張っていたら変質者扱いされクレームが入り、
とうとう校長にまで怒られてしまった。
超能力なんてバカみたいな研究はやめろ、そう言われて憤慨する影浦は
ますます躍起に。

影浦の思惑で、みかげの学校に来ていたともみが旧校舎の屋上に締め出されるが
ともみはその運動神経で壁を伝って降りた。
しかし、ともみが閉じ込められているのを見た野田が屋上を訪れたとき、一部が
崩れ野田が転落しそうになってしまう。影浦に見られていると分かっていながらも、
ともみは超能力を使わせてとみかげに頼み、屋上に瞬間移動して野田を助けた。
下にいたはずのともみが突然屋上に現れた。それを見た野田と倉茂は、二人が
超能力者だと知る。そして影浦は超能力を使った瞬間をビデオに収めていた。

超能力の存在を証明し、有名になろうと考える影浦。
野田と倉茂、二人の理解者を得た双子は、ビデオを奪うために影浦の研究室のある
旧校舎に夜忍び込むがビデオは見付からない。
双子の行動は影浦に読まれていて、みかげは気絶させられてしまう。
超能力は二人揃っていないと使えない。実験材料や見世物にされてはかなわないと
野田や倉茂も協力してみかげを救い、影浦の持っているビデオを奪うが、影浦は
ダビングしたテープを沢山持っていた。

110 :ミラクルガールズ:2007/06/16(土) 23:33:42 ID:???
絶体絶命と思ったそのとき、なんと雷が旧校舎を直撃して影浦が重傷。
皆怪我を負いながらも一命は取り留めたのだが、雷の影響で旧校舎が更に崩れ、
今にも足元が崩れてしまう危険な状態になっていた。
それでもともみは影浦を助けると言い、しぶしぶみかげは協力した。
二人を狙った自分を助けてくれたことに改心した影浦は、もう二人を追い掛け回す
のはやめると言った。相変わらず超能力研究は大好きなようだが…。

ともみと野田は想いが通じ合い、告白する。
カップルになったところで第一部完。

111 :マロン名無しさん:2007/06/17(日) 01:22:59 ID:???
なんかこの話、ものすごくちっちゃい頃にアニメで見たことがあるような気がする

112 :マロン名無しさん:2007/06/17(日) 07:38:55 ID:???
高村だけは記憶にない
なんか外国人の双子が二部にいたような気はするが

113 :マロン名無しさん:2007/06/17(日) 14:26:50 ID:???
「預言者ピッピ」をお願いします。

114 :マロン名無しさん:2007/06/18(月) 00:25:29 ID:???
保守

115 :マロン名無しさん:2007/06/18(月) 18:57:41 ID:???
>>112
それもしかして違う作品じゃね?

116 :マロン名無しさん:2007/06/18(月) 22:18:30 ID:???
>>115
あ、篠原千絵の双子モノ?(タイトル失念)

自分もミラクルガールズ好きだったがストーリーはおぼろげなんだが、外国人の双子なんてでてきたっけ・・・

117 :マロン名無しさん:2007/06/18(月) 22:20:34 ID:???
出てきたよ、外国の王家の双子。

118 :ミラガ書いた人:2007/06/18(月) 22:50:15 ID:???
>>111
テレビアニメは93年に放送されてます。

>>112
高村は二部のメインキャラです。
外国人の双子は第三部のメインキャラです。

119 :マロン名無しさん:2007/06/18(月) 23:12:15 ID:???
14年前かぁ
そのころ俺幼稚園児だ

120 :マロン名無しさん:2007/06/19(火) 07:23:20 ID:???
三部もあったのか
あの作者が加藤鷹の漫画とか書いてたのはショッキングだった

121 :マロン名無しさん:2007/06/20(水) 16:50:46 ID:???
海瀬壮祐の「グレネーダー」をお願いします

122 :マロン名無しさん:2007/06/20(水) 23:41:09 ID:???
「サムライうさぎ」をお願いします

123 :マロン名無しさん:2007/06/22(金) 04:12:36 ID:???
>>120
まじでかw知らなきゃよかったww

124 :マロン名無しさん:2007/06/23(土) 12:34:53 ID:hPiP6dEw
保守

125 :マロン名無しさん:2007/06/24(日) 00:44:23 ID:???
保守

126 :マロン名無しさん:2007/06/24(日) 23:41:44 ID:???
守保

127 :マロン名無しさん:2007/06/25(月) 03:01:56 ID:???
畑健二郎の「ハヤテのごとく!」を、できれば詳しく教えてください。

128 :マロン名無しさん:2007/06/25(月) 17:31:49 ID:???
保守

129 :ミラクルガールズ:2007/06/25(月) 23:40:08 ID:???
第2部
(※第1部から一年弱経っている)
中三に進級し夏休みを迎えた双子と野田・倉茂の4人は、影浦の別荘に招待される。
海を臨む浜辺にあるその別荘はオンボロで、4人は大掃除を手伝わされるハメに。

折角海に来たというのに、ともみは受験勉強でいっぱいいっぱいだった。
というのも、外部受験でみかげ達の通うR大付属高校を受験しようとしているからだ。
ともみの通う横浜女学館も私立だが、ともみはスポーツ推薦で入学している上
R大付属のほうがレベルが高い。それでも野田と同じ高校に通うために頑張っている。

根をつめるともみを心配したみかげは、「頭の良くなる薬」を開発する。
飲むように勧められるものの、ともみも試験管に入った怪しい薬など飲めるわけなく
作った張本人のくせに自分の薬を全く信用してないみかげも試飲を拒否し
結局、みかげはこっそり薬を入れた飲み物を影浦に渡して観察するが、
影浦がいくらかも飲まない内に、海から上がってきた野田がそれを飲んでしまった。
ぎゃ〜と悲鳴を上げる双子。(影浦ならいいのか)

野田は急に苦しみ出す。どうしていいか分からずパニくる一同。助けを呼ぼうと
外に出るとちょうど車が通りかかった。乗っていたのは、執事らしき初老の男性と、
双子と同じ年ほどの少年、それに幼い少女。高村と名乗るその少年がこの一帯の
別荘の中で際立っているお城のような豪邸の持ち主だった。
親切にも高村は、医師免許を持つという"じいや"に野田を診るように言ってくれた。
どうやら気絶しているだけらしく、一日休むと野田は元気を取り戻した。

130 :マロン名無しさん:2007/06/25(月) 23:41:02 ID:???
つ【つづく】

131 :マロン名無しさん:2007/06/27(水) 18:04:36 ID:???
保守

132 :マロン名無しさん:2007/06/27(水) 21:26:39 ID:???
チキタの続きかいてみようかな

133 :マロン名無しさん:2007/06/27(水) 22:24:19 ID:???
保守

134 :マロン名無しさん:2007/06/28(木) 01:03:22 ID:???
>>132よろしくお願いしまっす。

135 :マロン名無しさん:2007/06/28(木) 15:31:14 ID:???
保守

136 :マロン名無しさん:2007/06/28(木) 20:17:06 ID:???
20年以上前に読んだ、エーデルワイスの出てくる漫画をさがしてます。
「エーデルワイス」というタイトルの漫画は、
水野英子さんとたらさわみちさんが描かれているようなのですが、
それぞれ、どんなストーリーなのか簡単でいいので教えてください。
よろしくお願いします。

137 :チキタ☆GUGUのつづき:2007/06/28(木) 22:43:52 ID:???
オルグの形をした黒いカビは宮殿内で大増殖していた
そんな中でもぺトラス皇帝のための長生き研究を平気で続けている皇帝お抱えの妖しい屋集団。
彼らは髑髏の地の件で皇帝と話しにきたはずだったが、何時の間にか皇帝の信奉者となっていた。
二月前にバランスが来た時には宮殿にはたくさんの人がいたが今はほとんどいない。
黒カビは皇帝の信奉者でない者を襲うのではないかと推測するバランス。
翌朝、サデュースとザイセルの族長が宮殿を訪れる。二人はぺトラス皇帝と会見し、その結果サデュースは長生き研究を手伝いたいと言い出す。
そのことをチキタとバランスが話していると、黒いカビに襲われたサデュースが飛び込んできた。
彼女は研究を手伝うふりをして長生き研究会を探るつもりだったがそれを見抜かれカビに襲われたのだ。
研究会にはサデュースの知り合いも参加しているが明らかに様子がおかしい、チキタは黒いカビも研究会もぺトラス皇帝に操られてるのでは?と考えるがラーは黒いカビは低能すぎて操れないと否定する。
話し合いの結果、サデュースは長生き研究会を引き続き探り、バランスとチキタは攻撃に出る事に決めた。
一方その頃、ぺトラス皇帝は結界に囲まれた秘密の花壇の間で水遣りをしていたが、作業中転んでしまう。
自分の長生きの為に犠牲にした者を思い涙する皇帝
「うっうっうっうっ・・・・すまん、みんなすまん・・・」
「泣くな・・・ぺトラス」「お前は病気なんだ・・・」「きっと、もうすぐ楽にしてやるから泣くんじゃない・・・・」
起き上がる人間と一匹の妖怪
「クリップ・・・様」

27話終わり
こんな感じでいいの?

138 :マロン名無しさん:2007/06/29(金) 11:52:34 ID:???
オケーオケーその調子でよろしっく!

139 :チキタ☆GUGUのつづき:2007/06/29(金) 23:24:30 ID:???
チキタの夢にクリップの100年の相手であり、何千年も生きている大妖怪オルグが現れる。
オルグはずっと人間を食べて過ごしてきたが、クリップと出会ってから人間を食べるのが嫌になり、食べないまま餓死しようと思っていた。
「幸せな日々でした・・・・お腹は空っぽでもあの子と一緒なら心は満腹」「だけど、それは私の勝手な幸せだったんです」
クリップは大量の人間を殺害し、餓死寸前のオルグに食べさせたのだった。クリップは笑って言った
「ついに俺は人でなくなったね」
その言葉を聞いたオルグは大好きなクリップが自分の為にとんでもない事をしてしまったと涙を流すのだった。
「だけど、もうなにもかも元には戻らない」「そこで私は密かにある事を決意しました」
「クリップが私の為に人間の命を奪ったのならば、今度はそれと同じ数だけの人間の命をこれから私はクリップの為に救ってみせよう」
「そうすればあの子はもう一度人間に戻れるでしょうか?」
目を覚ましたチキタはバランスから長生き研究会の知り合いに食事に誘われたサデュースが戻らないと聞かされる。
その頃、サデュースは飲み物に毒を盛られて倒れていた。気を失ったサデュースの美しい髪をカツラにすると言って切り取って行くパイエ
サデュースを探すチキタは遠くに立つ人影を見つける。そこにはクリップとオルグが立っていた。「久しぶりだな、デラル」
「うん、クリップ・・・すごく・・・」 ラーとチキタとクリップは七年ぶりに再会した。
一方、サデュースはバランスに毒を吐かせてもらい命を取り留めた。パイエが髪を持って行った事に気付き微笑むサデュース
二人は皇帝の信奉者に襲われそうになるがバランスの力で逃げ出しチキタ達と合流した。
クリップは事件の全てを知っており説明を始める。
その頃、報告を受けているぺトラス皇帝
「チキタとバランスとサデュースちゃんはやっぱり味方になってくれなんだか」「まぁ仕方ないねえ・・じゃあ今度見かけたら寂しいけどもう居なくなってもらおうね」
「今までみたいに世界の平和の為に」

28話終わり


やっぱ疲れるなコレ・・・

140 :マロン名無しさん:2007/06/30(土) 03:00:16 ID:???
保守

141 :マロン名無しさん:2007/07/01(日) 05:08:27 ID:???
保守

142 :マロン名無しさん:2007/07/01(日) 13:07:55 ID:???
大塚由美の『××(ペケペケ)マーチング』をお願いします

143 :マロン名無しさん:2007/07/03(火) 01:24:06 ID:???
保守

144 :マロン名無しさん:2007/07/04(水) 17:20:04 ID:???
保守

145 :マロン名無しさん:2007/07/06(金) 00:10:58 ID:???
安田朗「月の風」
あきまん「アクスネイクス」
をお願いします。

146 :愛がゆく 1:2007/07/06(金) 00:18:15 ID:???
天外孤独の北条松五郎は雪の降る夜に赤ん坊を拾う。
それは未来から送られてきた、男の赤ん坊であった。
何も知らない松五郎は自分にだけなつく赤ん坊を育てることにする。
ある日喧嘩で留置場に入れられた松五郎は婦人警官の秋本涼と知り合う。
涼に赤ん坊に名前をつけるよう諭された松五郎は赤ん坊を愛と名付けることにする。
北条親子と世話好きな涼、ヤクザの親分である涼の父親は親交を深めていく。

それから数年。北条愛は幼稚園に通っている。
気の優しい愛はいじめられる事もあったが、葵未来というお転婆な女の子の友達もできた。
ある日愛は母親の声を聞く。
その声は愛が未来から送られてきたこと、特別な力を身につけ人々を救うことになると繰り返す。
愛の超能力に気付いていた涼はその力が危うい物であることを感じ、力を使わないこと、誰にも秘密にすることを愛に約束させる。
現代にいる愛が超能力を使ったことを察知した未来人は現代に暗殺者を送り込んでくる。
未来社会を支配する頭脳コンピューターが、愛が人類死滅の大地に立つ場面を予知したため、
未来社会を滅ぼす悪魔となる愛を幼い内に殺そうというのだ。
偶然知り合いになっていた暗殺者辰巳と愛はお互いに好意を抱きつつも対峙する。
平和な現代での生活に憧れながら使命を忘れることが出来ず自分を殺そうとする辰巳を、
愛は超能力を使って殺す。

147 :愛がゆく 2:2007/07/06(金) 00:20:47 ID:???
数年後、中学生になった愛。
未来から繰り返し送り込まれてくる暗殺者達を返り討ちにして生き延びてきた。
そしてその力も増大していた。
愛は学校では友人も居らず孤独だった。愛の秘密を知る未来を除いては。
ある日、未来からの追っ手を殺す所を見られた愛はそれを学校の不良に皆の前で暴かれそうになる。
咄嗟に記憶を操り忘れさせるが、人の心さえも操ることのできる自分の力を愛は怖れる。

ある日愛は強烈なテレパシーを感じる。
世界に散らばる同志に決起を呼びかけるものだった。
発信者は周小龍。
未来からやって来たが肉体を失ってしまい現代の赤ん坊に転生したと言う。
彼らの目的は歴史の流れの変革。
未来ではいくつかの戦争を経て理想的な世界統一国家がつくりあげられた。
しかし人工爆発が起きたため、優秀な人間だけが優秀な子を産むよう出生管理体制が敷かれ、
家族という物は存在していなかった。
その体制のおかげで驚異的進歩を遂げた未来社会はより優秀な人間を造るべく遺伝子操作、人工母胎を使い
特別な力を持つ超人間を産み出した。
しかし人類は次第に彼らを怖れ迫害するようになったため、彼ら超人間たちは未来から逃れてきたのだった。
異能の力を持つ自分の存在に悩んでいた愛は仲間の出現に喜ぶ。
自分も周たちと同様に未来から逃れてきたのかもしれない・・・
しかし人口母胎により産まれた超人間は母親を持たない。
母親がいる愛は、周一派とは微妙な関係に立つことになってしまう。

同じ頃、愛は危険な高校生・近藤狂平と知り合う。
狂平は超能力を潜在的に持っていた。
愛は力を持て余していた狂平に力の使い方を教え、2人は仲間となる。

148 :愛がゆく 3:2007/07/06(金) 00:22:05 ID:???
やがて巨大なUFOがアメリカに出現する。
そこから発進した小型UFOが愛のいる家を破壊する。
同じころ世界に散らばる周小龍の同志たちも小型UFOに消滅させられていた。
UFOは超人間を追う未来人のものであった。
死んだと思われていた愛は周一派の超人間スーザンに救われていた。
スーザンは愛情という感情を持たない未来人であったが、短い時間ながらも愛に好意を抱くようになる。
そのスーザンを殺され、逆上した愛はUFOと戦闘。
重傷を負った愛は最後の力をふりしぼり涼の家にテレポートする。
愛を探す未来人は愛の顔を空に映し出し、出て来なければ街を破壊すると脅す。
UFOの力を見せつけられ恐怖した人々は愛が匿われている屋敷を襲う。
危ない所を狂平に救われ、愛、未来、涼、その父は逃亡の旅に出る。
廃墟となってしまった東京を見てショックを受ける愛。

やがて未来都市が南極にタイムワープしてくる。
米ソは未来人の本拠地である未来都市を核攻撃するが、ミサイルは反転し米ソのいくつかの都市は滅亡してしまう。
そして世界は未来人の支配下に置かれた。
未来人は戦争の無い理想的な世界統一国家とつくろうとする。
そして無駄な人間を減らすため、人間の能力を判別し数値化する機械を使い、人類の選別を開始する。
人々の額には消えない数字「ナンバー」が浮き上がる。
未来人はナンバー30以下の人間の消去を開始した。
愛のまわりでも、松五郎や気の良いヤクザたちが体の調子を崩し始める。
力を取り戻していた愛はナンバーを消すことの出来る周小龍の力にすがろうとする。
しかし下等な人間を救う暇は無いと断られてしまう。
大切な人達を救えず破壊の力しか持たないことに苦悩する愛に、松五郎は世界の人々の為に未来人と戦えと諭す。
愛は1人南極へ飛び、襲い来るUFOを破壊し尽くす。
同じ頃、日本では自衛隊員をリーダーとする反乱組織が日本統治指揮官ナサニエルを襲う計画を立てていた。
未来はこれに加わりナサニエルのいる迎賓館を襲撃するが、反乱組織は自衛隊に鎮圧される。
未来は危ない所をUFOに乗った狂平に救われていた。

149 :愛がゆく 4:2007/07/06(金) 00:24:33 ID:???
一方、アメリカでも未来人への反乱が起きていた。
ホワイトハウスに押しかける人々がUFOに鎮圧されるのを透視した愛はアメリカに向かう。
そのとき周小龍からのテレパシーを受ける。
愛の力を怖れた未来都市側が周一派と和平交渉に入ったこと、理想国家建設のための人類選別は不可欠であることが伝えられる。
周小龍の考えを受け入れようとしない愛。
もはや邪魔な存在になってしまった愛に周小龍は戦いを仕掛ける。
非常に徹し切れない愛は氷に閉じ込められてしまう。

世界から代表としてナンバー80以上の人間が集められ、統一国家建設の為の世界会議が開かれる。
周小竜は未来都市側に要求を受け入れさせることに成功するが、都市の裏切りにあい
対超人間用の新兵器により周一派は全滅させられる。
周小龍の最期の叫びにより甦った愛は未来人を滅ぼす悪魔と化す。
アメリカにいた未来人指導者たちを抹殺し、再び南極へ向かう。
都市の中心には母がいた。
未来都市の支配者たる頭脳は母だったのだ。
母は語る。
愛を現代に送った自分を、国家はその力を利用するため都市の頭脳コンピューターに組み込んだこと。
未来の統一国家は自分が未来人に与えた偽の記憶にすぎず、未来都市が現代にワープした後、
人類は国家間の戦争により滅んだであろうこと。

そこに巨大母船を乗っ取った狂平を始めとする、各国の連合軍がやってくる。
しかし唯一残った指導者ナサニエルの操る新兵器に為す術も無く倒されていく。
愛は自分の身を犠牲にして未来たちを守り、最後の力を使って彼女らを安全な場所へとテレポートさせた後に倒れる。
生命反応の無くなった亡骸を母は宇宙空間に飛ばし葬る。
世界は再び未来都市の支配下に置かれた。

150 :愛がゆく 5:2007/07/06(金) 00:25:50 ID:???
世界中の人々は瞬時に死の番号と化すナンバーに恐れを抱き、恐怖に押しつぶされそうになっていた。
ある頃から世界各地の子供たちが空を見上げるようになっていた。
子供は語る。空から天使が降りてくると。

宇宙空間で地球の惨事を透視していた愛は新たな巨大な力を身につけ地上に戻ってくる。
そして日本中の人々のナンバーを瞬時に消しさる。
続いて世界の人々のナンバーを消そうとするが、母が愛の邪魔をするべくナンバーに反応を与える。
母との激突は避けられないと悟った愛は南極へ向かう。
仲間を愛に消滅させられ怒った母は頭脳コンピューターを抜け出し、生身の体で愛と戦う。
しかし母の姿を見た愛は攻撃することはできず、一方的に傷つけられていく。
母は倒れた愛を抱き懐柔しようとする。
これに対し、最終戦争から未来世界を救うのが自分たちの使命だと考えた愛は母を抱き未来へとタイムワープを始める。
しかしこれを拒否した母のエネルギーと愛のエネルギーがぶつかり合い、母の体は消滅してしまう。

151 :愛がゆく 6:2007/07/06(金) 00:26:59 ID:???
テレポートさせてから数日経っていたことを思い出した愛は未来たちの下へ。
しかし未来は死んでいた。
愛が生き返ることを願うと未来は甦る。
破壊の力だけでなく奇跡の力を授かったことに愛は感謝する。
そこに松五郎がやってくる。
松五郎は瀕死ながらも愛を助けるべくUFOを乗っ取り南極に来ていたのだった。
全てが解決したことを知り、愛と再び一緒に暮らせると喜ぶ松五郎。
しかし愛は未来世界に戻り人類の最終戦争を止めると言う。
それこそが特別な力を持って生まれた自分の使命だと。
愛は松五郎に別れを告げ、愛する未来とともに未来世界へタイムワープする。

しかし辿り着いた未来は既に人類が滅んだ後の未来だった。
頭脳が愛が人類死滅の大地に立つと予言していたことは正しかったのだ。
2人は日本へ飛び住むことが出来る場所を探しあて、未来でともに暮らしていくことを誓い合う。

おわり

152 :マロン名無しさん:2007/07/06(金) 00:27:45 ID:???
おつかれ〜

153 :マロン名無しさん:2007/07/06(金) 12:08:45 ID:???
愛って男なのか?
ずっと女と思って読んでたら・・・

154 :マロン名無しさん:2007/07/06(金) 17:27:05 ID:???
おつかれさまです。

>>153
最初に
>それは未来から送られてきた、男の赤ん坊であった。
って書いてあるぞ

155 :マロン名無しさん:2007/07/06(金) 19:17:22 ID:???
>愛がゆく
乙です。
最初だけ読んでツマンネ、って投げ出したがこんな展開になってたとは。
最初からは予想もつかんw

156 :ミラクル☆ガールズ:2007/07/06(金) 23:21:37 ID:???
>>129の続き
翌日ともみと野田が海辺で話していたところ、近くにいた高村の幼い妹ナナが海に
転落し溺れてしまう。助けを呼びに言ってたら間に合わない。
そう思った野田をまた昨日の頭痛が襲った。海に目をやるとモーセの奇跡かように
海が割れていた。野田がやったことだと気付いたナナは、怯えて逃げてしまう。

話を聞いたみかげは、自分の作った薬は頭の良くなる薬ではなく、超能力を発現・
増強させる薬のようだと言う。それを聞いた超能力大好きな影浦は、試薬の
残りを勝手に飲み干して目から光線を出せるようになった。(光るだけ)

妹のナナから事情を聞いた高村マサキは彼らの周囲を探るようになる。
夏休みが開け、R大付属中学に高村が転入の手続きに現れた。妙に挑発してくる
高村に野田は怒りを募らせ、その感情の高ぶりがまた能力を発動させ、地震を
起こしてしまう。
そのタイミングの良さに、高村は野田が地震を起こしてるようだと分かったような
ことを言う。

野田の訊いた噂によると、高村は転校を繰り返しては、その学校をすぐに牛耳って
しまうのだという。その幾度となく転校する理由も、学校で権力を振るう理由も
分からない。だがなにか探っているようだ。

しかししばらくすると完全に野田や影浦の能力は消えてしまった。
やはり切れるものらしい。
高村は野田達を探るうち、野田の力が薬によるものであることや双子が生来の
能力者だということを知っていく。

157 :ミラクル☆ガールズ:2007/07/06(金) 23:25:01 ID:???
高村には気をつけようと思うみかげだが、高村が転入してきてからというもの
誰もいないはずのところから、物が投げ込まれたり、教材が倒れてきたり
気味の悪いことが続いていた。

高村は転入早々、早速文化祭の実行委員長になってしまった。R大付属中では
体育祭と文化祭を一年毎に交互に行う。今年は体育祭がなくて幸せだと思って
いたみかげに英語劇の舞台のヒロインの話が舞い込んでくる。
高村は皆の決定だと言うが、どう見ても高村が強くみかげを推したようにしか
見えない。みかげは最近の物騒な悪戯が高村の仕組んだものだと思っているが
結局断る理由が見付からず、他の実行委員にも推され引き受けることになった。

流石の高村も皆の見ている舞台上でなにかしてくるとは思えないが、観に来た
ともみに高村は舞台で何か起こることを匂わす。
高村を警戒するともみは、高村を監視するため一緒に観ようと誘う。
高村はすんなり同意する。結局、高村・野田・倉茂・ともみの4人で観ることに。

演目は「不思議の国のアリス」。意外にもはまり役で、英語も当然問題なく
アリスになりきるみかげ。舞台でおかしなことは起こりそうにない。
しかしラストのトランプ達に追いかけられるところで、みかげの身体がふわっと
数秒宙に浮いた。

公演が終わった後、高村は演出を尋ねる客に特殊な舞台装置を使って吊り上げた
と説明したが、当事者のみかげには、そんな仕掛けなんてなかったことくらい
分かる。高村は双子に自分も超能力者だとばらした。
自分達以外の超能力者に出会ったことのなかった双子は驚く。高村は自分以外にも
能力者がいるという組織の存在を仄めかし、仲間にならないかと持ちかけるが
みかげは思いっきり拒否する。

158 :ミラクル☆ガールズ:2007/07/06(金) 23:26:20 ID:???
春。R大付属高校を受験したともみは努力の甲斐あって合格する。
クラス分けではともみ・野田・高村が同じ組になり、みかげだけ分かれた。
ある日、遅刻しそうになった双子は学校までテレポートしようとしたが
バチッと強い火花が散っただけで移動できず。二回目の試みでは成功したが
学校の裏庭にいた高村の上に着地してしまった。

いつも軽はずみに能力を使う双子を高村は怒る。
一度目の失敗が気になったともみは、高村にそのことを話すと、能力が高まって
いるのかも、とのこと。あんなやつに聞く必要なかったと言うみかげだが、
ともみは、さっきも心配してくれたのだしそんなに悪い人ではないと思う。

高村はその頃焦っていた。みかげには完全に嫌われていて取り付く島もないし
ともみの側にはいつも野田がいる。高村はある組織の指示で動いていたのだが
だんだんと組織も焦れて脅迫めいた要求をしてくる。
目的は超能力発現の薬だ。
今度上手くいかなければ妹のナナを奪うと言ってくる組織。執事も妹も、自分の
能力のことも組織のことも知らない。頼れる人はいなかった。

ある夜双子は同じ夢を見た。高村の妹ナナが誘拐されるというショッキングな
場面だった。最初はただの夢と思っていたのだが、二人とも同じ夢となると
気になる。
組織に脅されてる高村は、最後の賭けとばかりに強行に双子を仲間にしようと
するが、双子の能力アップにより敗北。

事を急いだ組織がその間にナナを誘拐し、双子はナナを助け出すも、今度は
ともみのほうが誘拐されてしまう。
黒幕である超能力研究の第一人者ミスターXのアジトに連れて来られたともみ。

159 :ミラクル☆ガールズ:2007/07/06(金) 23:29:22 ID:???
ミスターXは超能力研究に行き詰っていた。
超能力者を集めてはみたものの、できるのはスプーン曲げだけだったり
念写だけだったりとても力が弱いのだ。彼が見てきた中で、一番力があるのが
高村だった。高村の両親と懇意にしていたミスターXは、彼の両親の死後
親代わりのようになっていて、それで高村も逆らえなかったのだ。
しかし、妹の誘拐で我慢ならなくなった高村はミスターXに反旗を翻す。

誘拐されたともみは超能力の薬を作るように言われる。
どうやらみかげと間違われて誘拐されてしまったらしい。
適当な調合で薬品が爆発し、煙幕になる。そこにみかげや野田が現れた。
ともみとみかげを間違えていたと気付いたミスターX。
薬を作れと脅され、素直に本物の薬を作り始めるみかげ。このまま薬を渡して
しまっていいのかとともみはあせるが、この薬が完成するとき、薬品が一度
爆発を起こす。それをみかげは狙っていた。

しかし同じことも二度は通じず、薬品を取られピンチに陥るが、高村が双子の
側に付き形勢は逆転。薬は影浦が飲んでしまった。
アジトを破壊した高村は再三のピンチを双子に助けられたことに感謝すると
今後は1人で溜め込まないことを決め、また転校していった。

これで事件は終わったかのように見えたのだが…。
というところで第二部完。

160 :マロン名無しさん:2007/07/07(土) 16:53:01 ID:???
乙!

161 :チキタ☆GUGUのつづき:2007/07/07(土) 17:40:41 ID:???
疫病、地震、津波、大火事、戦争・・・真面目に取り組むほど国で起こる問題には果てが無い。
「だから・・わしも果ての無いものにならなければ・・・」信奉者達に涙ながらに語るぺトラス。
黒カビの正体は人喰いの菌。とりつかれると人喰いの性質につられて人殺しをするように操られる。
人間の歴史の中に時々現れる何百万もの人間を殺す虐殺者達は皆黒カビに犯されたもの達。
黒カビの厄介な所はとりつかれた対象の人間性が丸々残ってしまう事、殺人に対する抵抗が無くなるだけで涙も笑顔も本物。
ぺトラスのような善良で誠実な人間ほど黒カビの媒体になり易く、どんどん増殖し、とりつかれたら助からない。以上がクリップとオルグの説明。
そこにバランスの弟チャックが現れ、このままだと信奉者達に殺されるから皇帝の仲間になれ、と手を握りバランスを説得する。
チャックは油断したバランスを殺そうとするが、ラーに返り討ちに遭う。ぺトラスの邪魔をするなと言い残して死ぬチャック。彼も黒カビの犠牲者だった。
弟の死に呆然とするバランス、そこに信奉者達が襲い掛かるがチキタたちはそれを撃退した。
サデュースは善良で誠実な人間に程遠いパイエが何故とりつかれたのか疑問に思う。
オルグは心に深い傷や孤独を抱えた人間もとりつかれ易いと答えるのだった。
一方パイエは持ち去ったサデュースの髪が少しずつ落ちて宮殿の奥までの目印になっている事に気付く、彼女はサデュースに利用されたのだ。
チャックの亡骸に触れ涙を流すバランス。
「行こうか、ぺトラス皇帝の所へ・・・」「俺にはまだまだ弟や妹がいるんだ、第二第三のチャックを作るわけにはいかない」
ラーは宮殿の外に結界が張られた事に気付く。シャンシャン一族とサイゼル一族が妖を一匹残らず滅する為に外を取り囲んでいたのだった。

29話終わり

162 :チキタ☆GUGUのつづき:2007/07/07(土) 18:02:50 ID:???
しまった・・・サデュースがクリップに名前を尋ねた事書くの忘れてた・・・

163 :マロン名無しさん:2007/07/08(日) 00:34:15 ID:???
ニール・ゲイマンの「サンドマン」と
「デス ハイ・コスト・オブ・リビング」をお願いします。

164 :マロン名無しさん:2007/07/09(月) 20:05:34 ID:???
ほす

165 :マロン名無しさん:2007/07/10(火) 00:38:39 ID:kj5FlOn3
代紋TAKE2
ってもう、でてる?おしえて><

166 :マロン名無しさん:2007/07/10(火) 00:42:48 ID:???
>>165
>>1

167 :マロン名無しさん:2007/07/11(水) 01:14:56 ID:???
フルーツバスケット
よろしくお願いします

168 :マロン名無しさん:2007/07/11(水) 23:18:44 ID:???


169 :マロン名無しさん:2007/07/11(水) 23:43:29 ID:???
>>167
高校一年生の本田透(女の子)は幼い頃に父親を病気で亡くして以降
ずっと元ヤンの母親と暮らしてたんだけど、最近になって母親が交通事故で亡くなり
父方の親戚の家で暮らしていた。
そこの家が改装するときに、一ヶ月くらい友達の家にでも泊まってくれと頼まれて
でもそんなに友達の家に世話になるわけにもいかないので、泊まってると言いつつ
学校からそう遠くない山にテントを張って生活していた。(←ここが始まり)

透は空き地と思っていたが当然所有者がいるわけで、そこはその辺では有名な
「草摩」というこの辺では有名な資産家一族のものだった。
学校の王子様的存在で、透のクラスメイト・草摩由希は本家が嫌で飛び出して
親戚の作家・紫呉のところで暮らしているのだが、その裏山で透はテント生活を
しており見付かってしまう。紫呉は透に爆笑。
女の子のテント生活はいくらなんでもありえねーってことで
男所帯で家事が破滅的だったので住む場所⇔家政婦って交換条件で一緒に住むことに。
でも由希は反対気味。というのも大きな理由があったのです。
草摩の一族から時折現れる特殊な体質…。それは異性に抱きつかれると
特定の動物になってしまうという乱馬かよ的体質で、すぐにそれが透にばれてしまう。

170 :マロン名無しさん:2007/07/11(水) 23:49:58 ID:???
> その辺では有名な
重複しちゃったorz

171 :167:2007/07/12(木) 00:34:49 ID:???
>>169
投下ありがとうございます
もしよろしければ、続きもよろしくお願いいたします
アニメを少し見ていたのでアニメに出てこなかった人物が登場したら
説明をしていただけるとうれしいです

172 :ルサンチマン 1:2007/07/12(木) 21:35:47 ID:???
2015年、東京。
坂本拓郎は印刷会社に勤めるデブ・ハゲ・メガネの非モテ独身男。
休業中の弁当屋である実家に両親と共に暮らしている。
拓郎は三十路間近になりながら素人童貞であることに焦っていたが、
ある日コンビニレジのブス女が自分の手を避けてお釣りを置いた事をきっかけに現実の女をすっぱり諦める。
友人越後に教えられていた体感美少女ゲームを始めるべくオタクの聖地渋谷へ。
2015年にはゲームも進化し、ヘッドギア、グローブ、ボディスーツ、チンコケースの着用により
ゲームでセックスを体感できるようになっていた。
ソフトコーナーで棚の下から偶然見つけた美少女キャラソフト「月子」を購入。
併せて購入したPC、動きをスキャンするカメラなどゲーム一式を自室にセットアップ。
ゲーム内での自分の姿には高校生時代の写真をスキャニング。
ヘッドセット、グローブを装着しゲームスタート、仮想現実空間「アンリアル」へ入る。
そこは海岸だった。
高校生の姿に戻ったたくろーは10代前半の少女月子に出会う。
月子が海辺で用を足していたのを見てしまったたくろーは嫌われることを怖れて逃げ出してしまう。
しかし現実世界では狭い自分の部屋。壁にぶつかり転倒してしまう。
追い掛けてきた月子はひとりにしないでと泣きじゃくる。
以前の記憶が無いまま島に閉じ込められていた月子はずっとひとりぼっちだった。
孤独だったたくろーも自分の誕生日を誰かに祝ってほしかったと月子につられて泣く。
月子はそんなたくろーの頬に触れて言った。「オメデトウ。生まれてきて、ありがとう・・・」

改めて見る月子はとても可愛く、触れると確かに感触がある。
感動したたくろーは月子に告白するが、好きな人がいると断られてしまう。
無条件に自分を受け入れてくれるはずなのに・・・
半年に一回のソープも我慢して貯金を注ぎ込んだのに・・・
切れたたくろーは月子に襲いかかるが、抵抗する月子に噛み付かれ逃げられてしまう。


173 :ルサンチマン 2:2007/07/12(木) 21:48:05 ID:???
翌日。月子に噛まれたたくろーの手には歯型が残っていた。
越後に相談すると月子が危ないと、大雨の中を越後の住むアパートに呼び出される。
越後宅のPCで2人はアンリアルへ。
越後は現実世界ではキモい容姿の真性童貞であったが、アンリアルの中では5人の美少女に愛されるイケメン「ラインハルト」であった。
「現実世界と連動するアンリアル。月子の暮らす小さな島は今頃水没してるかもしれない・・・」
越後はたくろーに言う。
「現実を直視しろ。オレ達にはもう仮想現実しかないんだ。」「この世界で真実の愛を掴め」
勇気付けられたたくろーは急いで自宅に戻り、アンリアルへ。
嵐の中を島の上に逃れていた月子を見つけ、仲直りをする。
女性と話をする経験が無かったたくろーは話題に詰まるが、初めての訪問者に喜んでいた月子との間には話題も必要無かった。


アンリアルで怪我をしても現実の身体に影響はないようプログラムされているはず・・・
月子が普通のソフトとは違うと感じた越後はたくろーにネットに接続し月子を「ドクター」に診察してもらうようアドバイスする。
アンリアルは美少女ゲームだけでなくRPG、アクションなどあらゆるジャンルのゲームが共存する多人数参加型オンラインゲームの場だった。
ネットに繋ぐと月子が好きだという男が見つかり月子をとられてしまうかもしれない・・・
たくろーは悩んだが、月子が1人ぼっちであることを痛感し、ネットに繋ぎ月子を島の外に連れ出すことにする。

174 :ルサンチマン 3:2007/07/12(木) 21:50:04 ID:???
島にやってきた電車に乗り2人は大陸へ。
ドクターに会いに「ノスタルジア」へ向かう。
ドクターをみつけ月子を診察してもらうが、処女である月子にはロックが掛けられていたため何もわからなかった。

帰途2人はヤンキーたちにからまれるが、ヤンキーの知人・神崎に危ない所を救われる。

島に戻ったたくろーはもう1度あの町へ連れて行ってくれと月子に頼まれる。
懐かしい匂いのする神崎に会いたいというのだ。
またしても拒否されたたくろーは自暴自棄になる。
自己嫌悪に陥ったたくろーは言う。「好きにならなくてもいい。誰かに気にとめてほしいだけなんだ」
「なら、大丈夫。」「たくろーさんの言ったこと、笑った顔泣いた顔怒った顔も全部覚えてます、絶対に忘れません」
そう言ってくれた月子をたくろーは1人電車に乗せ神崎のもとへ送り出す。

175 :ルサンチマン 4:2007/07/12(木) 21:52:12 ID:???
月子に振られたたくろーは会社帰りに越後宅に寄り越後と共に数日振りのアンリアルへ。
神崎の名を聞いたラインハルト(越後)は月子が特別なソフト「ムーン」であると語る。
 社員2人の小さなソフト会社で人工知能が開発された。
開発者はノアと名付けたAIに監視カメラ情報や携帯電話の音声情報など
ネットを通じて得られる世界中のあらゆる情報を与えていった。
しかしノアが神と名乗るようになり自分の情報をも探っていたことに恐怖を感じた開発者はノアを破壊。
ノアの成長前のコピーを使い今度はネットに繋がず、人間的なコミュニケーションによりAIを育てることにした。
生まれたばかりで怖がるAIに開発者は語りかける。「生まれてきて、ありがとう。」
ムーンと名付けられたAIは人間の子供のように育てられる。
その開発者の名が神崎だった。
しかし資金が尽き会社はゲーム業界最大手に吸収されることになる。
そしてムーンの簡易コピーをキャラに利用したオンライン美少女ゲームが生まれた。
その後神崎は破壊したはずのノアを調べている最中、アンリアル上に残っていたノアに取り込まれ、自殺していた。
ノアはアンリアル上に神崎をつくりだしていた。
現実の神崎を殺すことによりアンリアルに創った神崎を唯一の本物にしたのだ。

ラインハルトは心身ともにアンリアルの住人となった神崎は自分たちプレーヤーの理想の体現者であると語る。
現実世界では敗者の自分たちもアンリアルでは勝者となれる。
そしてムーンにはそれを実現する力があると。

月子は父親に会いに行っただけだと励まされ、たくろーはノスタルジアへ月子を取り戻しに向かう。

その頃月子は神崎の住む売春宿に辿り着いていた。
ノスタルジアの売春宿にはプレーヤーに飽きられてしまった美少女キャラたちが売られていた。

月子は神崎と2人、橋の上で話をしている。
「懐かしくて大好きな匂いなのに全く違う匂い」「あなたは誰なんですか?」
問いかける月子に恐ろしい顔を見せる神崎。

そこに駆けつけてきたたくろーは2人がキスしているのを見てしまう。

たくろーは失意のまま現実に戻り帰宅する。

176 :ルサンチマン 5:2007/07/12(木) 21:54:22 ID:???
翌日会社。
たくろーは同期の営業、長尾まりあと一緒に配達をするよう命じられる。
配達の途中に長尾はラブホテルから出てくる元彼と後輩を見てしまう。
仕事中のラブホテルに怒った長尾は昼食時に酒を飲み始める。。
気の強いはずの長尾が見せた弱い部分にたくろーは親近感を覚える。

その頃のアンリアル。神崎がドクターと話をしている。
ドクターは生前の神崎とともに働いていた同僚であり、アンリアルでは神崎の友人だった。
ドクターは月子が神崎のキスにより記憶を封じられたことを悟る。
その月子がムーンであることをドクターから聞いた神崎はムーンを使って現実に戻ると言う。
ドクターは言う。「処女のムーンが開通しロックを解ければ何かがわかるかもしれない。」


翌日の会社でたくろーは長尾との仲を茶化されていた。
初めてのことにはしゃぐたくろー。
風邪で会社を休んでいた長尾を会社の用事を兼ねて見舞いに行く。
会社で教えられた長尾のアパートに着きベルを鳴らすが反応がない。
ドアポストから部屋を覗いてるとコンビニに行っていた長尾が帰ってきた。
「気持ち悪いこと止めてよ」「坂本君みたいなの生理的にダメなのよ。」
その気になり始めていたたくろーは打ち砕かれる。


177 :ルサンチマン 6:2007/07/12(木) 21:58:07 ID:???
会社帰りのたくろー。仮想世界でも現実でも否定され、やけになっていた。
飲みながら風俗街をふらついている所をポン引きに声を掛けられる。
マンション一室に案内されテレクラのような個室に通される。
ドアを開けるとPCが。アンリアルでセックスするという格安風俗店だった。
用意されていたヘッドギア、グローブ、ボディスーツを着用。股間には消毒済みのチンコケースを装着する。
アンリアルに入るとそこは売春宿だった。
そしてたくさんの女の子達の中に月子がいた。
声を掛けるが、現実世界の30男の姿のままであったたくろーを、記憶を封じられた月子がわかるはずもない。
月子を無理やり連れて帰ろうとするたくろーを宿の用心棒である神崎が叩きのめす。

売春宿で生きていく決心をした月子は神崎にはじめての男になってくれるよう頼む。
それを受け入れ神崎は月子を抱く。
いざ挿入しようとする神崎の目の前に巨大な門が現れる。
月子の処女膜であるその門の先に現実がある・・・
現実に帰ることを望む神崎の足元に小さなチワワ犬が現れる。門番を務める、ノアのコピーであった。
現実世界と変わらないアンリアルでの生活に飽きたと言う神崎に犬は語る。
「神崎の記憶は全てノアに書き換えらた偽物だ。
現実の世界で敗者だった神崎の望みに従い、ノアは現実世界での忌まわしい記憶を消し理想の記憶に書き換えていた。
神崎は自分のすべてを否定しアンリアルに理想の姿、理想の人格の自分をつくっていたのだ。」
真実を告げられ自信を失うにつれて神崎の顔は崩れ始めた。



178 :ルサンチマン 7:2007/07/12(木) 21:59:14 ID:???
翌日の売春宿。
女達が話しているところに長髪でニキビ面の太った醜男が現れる。
男は自分が神崎だというが女たちは誰一人相手にしない。
1人月子だけが男に優しくする。皆が臭いと言うその男の体臭を月子は懐かしく感じていた。

そんなとき売春宿が砲撃される。
アンリアル内で対立していた反神崎派である第九帝国が攻撃してきたのだ。
自宅から高校生の姿でアンリアルに戻ってきていたたくろーは月子を助けに向かう。
たくろーを見た醜男は月子にキスをして記憶を戻す。
すべての記憶を取り戻した月子は醜男にしがみつく。
その醜い男こそが月子の求めていた神崎だったのだ。
そのころ第九帝国の軍人達は売春宿の客や女たちを虐殺しながら神崎に迫っていた。
神崎から離れようとしない月子を連れ出すためにたくろーは動けなくなっていた神崎を背負って屋根の上に逃げる。
街は炎に包まれていた。
神崎はたくろーに言う。「お前が月子を愛し、月子の愛をお前をが手に入れればこの世界はお前の物だ」
「すべてを手に入れると同時にすべてを失うことになる」
そう言って月子をたくろーに託す。
月子を抱え、たくろーは助けにきたラインハルトとともに逃げることに成功する。
しかし神崎を見捨てたことでたくろーは月子に嫌われてしまう。


続きます

179 :マロン名無しさん:2007/07/13(金) 22:29:12 ID:???
>>171
アニメ見てないからアニメに出てこなかったキャラという指定が
分からないです

180 :マロン名無しさん:2007/07/13(金) 23:24:23 ID:???
>>171
キャラの説明が知りたいならwiki見ればいいんじゃない?
全部書いてるよ。

181 :マロン名無しさん:2007/07/14(土) 01:24:36 ID:???
>>179-180
すみません。wikiを見てきました。
登場人物についてはそこで補完して、粗筋も大体把握したのですが
気になった点があったのでお聞きしたいと思います。
よろしければ教えてください。

・呪いはどのようにして解くことができたのでしょうか

・呪いが解けた順番はどうだったのでしょうか

・夾の項で
>透の敬語の秘密を知り〜
とありますが、これは父親の癖がうつったということでいいのでしょうか

・同じく夾の項で
>透が崖から落ちた一件で〜
とありますが、ここの部分を詳しく教えていただきたいです
また、夾と由希は互いに憧れ合っていたのでしょうか

・慊人の項で
>とある事件をきっかけに透に対し心を開き始め〜
とありますが、ここの部分を詳しく教えていただきたいです

・楝の項で
>慊人が持っている謎の箱が晶に関係するものと聞き〜
とありますが、箱の正体は何だったのでしょうか

よろしくお願いします

182 :マロン名無しさん:2007/07/14(土) 01:50:01 ID:???
ここはストーリーを教えてもらうスレで
漫画の質問をするスレじゃないと思うんだが…
細部が知りたいだけなら該当漫画のスレへ。

183 :マロン名無しさん:2007/07/14(土) 07:30:10 ID:???
細部のストーリーを教えてもらうのはこのスレでも特に問題ないだろう。

184 :フルバ書き手:2007/07/14(土) 11:46:46 ID:???
質問内容が明確になったのがありがたいけど質問に答えるだけでいいのかな?
とりあえず簡単なものだけ答える。

>>181
・呪いはどのようにして解くことができたのでしょうか
解いたというより過去の約束から何百年も経ってるんで自然と解けた。
透が十二支達と知り合った頃既に最後の灯火みたいな状態だったということ。
本来ならもっとバラバラな間隔で生まれる十二支が全員揃ったのもそれが理由。
紅野(鳥)は学生時代に他の十二支に先駆けて呪いから解放されていたので
十二支に執着する慊人がそれを他の十二支に知られないように一番の側近にした。

・呪いが解けた順番はどうだったのでしょうか
紅野の後9年くらい空いて紅葉→燈路・・と後はなし崩し的にだったので順番ははっきり覚えてない

・夾の項で
>透の敬語の秘密を知り〜
> とありますが、これは父親の癖がうつったということでいいのでしょうか
うつったわけじゃなく、意図的に父親の真似をした。
父親が死んで抜け殻になった母親の気を引くための演技で、透は母親の関心を自分から奪った父親を
憎んでいた。

・楝の項で
>慊人が持っている謎の箱が晶に関係するものと聞き〜
>とありますが、箱の正体は何だったのでしょうか
箱の中身は空っぽだった。

185 :ルサンチマン 8:2007/07/14(土) 22:22:18 ID:???
友人との飲み会から帰宅、自宅で夕食を取ったたくろーは外に出掛ける。
長い距離を歩き人気の無いアパートに辿り着く。
一室に入りトイレのドアを開けるとそこには手錠に繋がれた女の子がいた。
「たくろーさんはどこ?」と尋ねる少女に「たくろーはもう来ない」と言うたくろー。
「俺はアクロー。お前は俺とずっとここで暮らすんだ」

翌朝再びトイレに手錠をかけてたくろーはアパートを出る。
そこはアンリアル内の町で、少女は月子だった。
たくろーは現実の姿で月子をいじめ、高校生の姿で月子を救うという自作自演により、
嫌われていた月子の気持ちを取り戻そうとしていたのだった。

たくろーの姑息な計画は成功し2人はアパートで一緒に暮らすことになる。

昼間は現実世界で仕事、帰宅後はアンリアルで月子と過ごす。たくろーは幸せを満喫していた。

ある日月子に学校に行きたいと言われ、2人で学校に入学する。
男性プレーヤーが満足できるよう設計されている学校生活にたくろーは充実感を覚える。
もてもてになったたくろーに月子はやきもちを焼くが、お互いの気持ちを再度確認した2人はキスをする。
しかしたくろーには感触が無い。ボディスーツを装着していないからだ。

このままではセックスが出来ない、そう考えたたくろーは装備を購入すべく同僚達に金を借りようとするが誰も貸してくれない。
そこで長尾に脂肪吸引装置を買うと嘘をつき10万円を借りることに成功する。

高価なボディスーツは諦め、セックスができるようチンコケースだけを渋谷で購入。
急いで帰宅すると部屋には越後が置いて行ったボディスーツがあった。
越後に感謝しつつたくろーはアンリアルの月子のもとへ。
そしてついに月子と結ばれる。

186 :ルサンチマン 9:2007/07/14(土) 22:24:25 ID:???
数日後、長尾は3日連続で欠勤しているたくろーの様子を見に行ってくれと会社から頼まれる。
たくろー宅に到着するとボディスーツを返せと家の前で叫んでいる、髪の長い小さな男がいた。越後だ。
越後から事情を聞き、騙されていたことを知った長尾はブチ切れる。
越後宅PCで2人はアンリアルへ。
心当たりを探し学校に辿り着く。屋上へ行くとたくろーは月子とセックスしていた。
たくろーを怒鳴りつける長尾と月子が対立。
月子の仕草に、男を取られた過去を思い出しカッとなった長尾が言う。
「あんたなんか現実に存在しないのよ!」
それを聞いたたくろーは長尾を殴る。「その言葉だけは言わないで下さい・・・」
悪役になってしまった長尾は泣きながらその場を去る。

「『現実』のような言葉はNGワードとなっておりアンリアルのNPC(ノンプレーヤーキャラ)には聞こえないようプログラムされている。」
越後にそう教えられたたくろーは安心する。


学校図書室で勉強している月子。
同じ机に座っていた生徒・江原が言う。「NPCが読書なんて珍しいな・・・」
「ノンプレーヤーキャラ」「仮想現実」
これらの言葉はNGワードとなっており、自分がゲームのキャラクターに過ぎないことを知らないNPCには聞こえないはずだった。
ノアとムーン、二つのプログラムを除いては。
「NPCって何ですか?」そう尋ねてきた月子を見つめる江原。


187 :ルサンチマン 10:2007/07/14(土) 22:26:13 ID:???
第九帝国作戦室。
江原は月子こそが探していたムーンであると総統に報告していた。
ムーンを入手できれば世界中のあらゆるコンピューターを支配できる、そして現実世界を支配できる。
振り向いた総統は江原と同じ顔だった。

広場には江原と同じ顔を持つ数千人の部下達が集まっていた。
ひきこもりや無職など、現実社会での敗者である彼らは本当の顔を捨て信奉する総統と同じ顔を選んでいた。
その部下たちの前で江原総統は宣言する。
「今こそ現実世界に絶望を与えるのだ」「我々は現実世界に宣戦布告する」


久しぶりに出社したたくろー。
残業も終わり、アンリアルの月子の元に帰ろうとしているところに長尾が泣きついてくる。
自分のミスでクレームが来たというのだ。
たくろーと長尾は2人で残業することになる。
夜食に炒飯をつくってもらい感動するたくろー。
その気になった長尾に迫られ月子との選択に悩むが、現実世界の長尾を選択する。

188 :ルサンチマン 11:2007/07/14(土) 22:29:26 ID:???
翌日のアンリアル。月子は江原一派に拉致されていた。
総統は月子に語る。「我々はこの世界とは違う世界に生きている。
お前の男も別の世界からやって来たんだ。お前が望めば現実世界も見ることができる。」

たくろーの部屋に設置されたPCカメラを通してたくろーを見る月子。
高校生の姿のたくろーが長尾とキスをしていた。
嫉妬する月子に総統が言う。「お前は現実世界から作られたおもちゃにすぎない。現実の女にかなうわけがない。」
月子がたくろーの映像に呼びかけ触れると高校生の姿は崩れたくろーの現実の姿が現れる。
「・・・あくろーさん?」
「お前はこのオッサンに騙されていたんだ」と総統。

長尾にゲームを止めるように言われ、涙を流しながらPCカメラを外すたくろー。
アンリアルの月子にはたくろーの姿が見えなくなる。

PC一式を車に積み渋谷に売りに行く約束をする長尾とたくろー。
2人は長尾の部屋に向かう。
街中の監視カメラがせわしなく動いている。
長尾の部屋。たくろーのケータイが鳴る。
月子からだった。「たくろーさん、怒らないから早く帰っておいで」
シャワーを浴びてきた長尾がケータイを取り上げる。
たくろーを返せと言う月子に欲しけりゃ取りに来いとケータイをひねり潰し、はっきり月子と別れようとしないたくろーを部屋から叩き出す。


アンリアル。月子に総統は言う。
お前があいつを取りに行くのは無理だ、だからこっちの世界に坂本拓郎を作るんだよ。
一本の髪の毛さえあれば遺伝子情報を解析して仮想遺伝子を作り出せる。
そして仮想受精卵に遺伝子を組み込み成長させる。
そこにお前と過ごした時間だけの記憶をインストールする。
そうすりゃお前だけの「坂本拓郎」が誕生する。
あとは現実の「坂本拓郎」を消してしまえば新たに作った坂本拓郎が本物になる。

189 :ルサンチマン 12:2007/07/14(土) 22:33:24 ID:???
その頃第九帝国は他国に侵攻、アンリアルを制圧しようとしていた。
諸国の代表たちはラインハルトの元に集まり歴戦の英雄ラインハルトに諸国をまとめるよう依頼していた。
「私にはこの世界しかありません。この世界のため、この娘達のため命を捧げるつもりです。」
そう言ってラインハルトは連合軍元帥の地位につく。


翌日出勤途中のたくろー。
何故か街のロボットたちに命を狙われ、途中で出くわした長尾と共に逃げる羽目に。
江原は現実世界の実働部隊を使いたくろーのDNAを確保していた。
江原はもはや現実世界を残しておく必要はないと、月子に核攻撃を提案する。
追っ手から逃れたたくろーと長尾が川辺で愛し合うのを見た月子は核攻撃を決意する。


同じ頃第九帝国とラインハルト率いる連合国軍の戦闘も始まっていた。


事に及んでいたたくろーと長尾の前に現実のドクターが現れる。
ドクターに連れて行かれた川辺のテントの中には何台ものPCが。
ドクターは語る。「ネットワークに繋がれているコンピューターはアンリアルシステムを使用している。
そのためムーンはシステム全てをコントロールできる。今起きているのもすべてムーンの仕業だ。」
そのときPCモニターに江原が現れる。
江原の目的は人類の滅亡であった。「俺が先にくたばるか人類滅亡が先か競争だ」
モニターの中に眠る月子を見つけたたくろーは呼びかける。
月子は核攻撃を可能にする為アメリカ国防省のコンピューターにサイバー攻撃を仕掛けていた。
たくろーの声に目を覚ます月子。
月子はたくろーに戻ってきてくれと呼びかける。
「たくろーさんはこっちにいたときの方が元気だった。こっちに来れば幸せになれる。私が幸せにする!」

190 :ルサンチマン 13:2007/07/14(土) 22:36:20 ID:???
その頃アメリカは反撃を開始していた。アンリアルにウィルスを送り込んでいたのだ。
攻撃された月子はウィルスに感染してしまう。
それを見たたくろーは引き留める長尾を捨て、ドクターに装備を借りアンリアルへ。
長尾のいない場所で会いたいと言う月子に導かれ人気のない建築中のビル屋上へ走る。
アンリアルには足が消えかけていた月子がいた。
月子を背負い海辺を歩くたくろー。現実世界のたくろーはビル屋上の縁を歩いていた。
現実のたくろーさんがいなくなれば仮想現実のたくろーさんが本物になる・・・
腕も消え始めた月子は言う。「忘れないで。嫌いでもいいから忘れないで」
「嫌いになるはずが無い、俺の灰色の人生に色をつけてくれたんだ」「俺の人生30年分より月子ちゃんとの2ヶ月の方がずっと重いんだ」
たくろーはそう叫んで月子の望みを叶えるべくビルから飛び降りる。


第九帝国が総崩れになったのを見届けたラインハルトは江原を倒しにやってくる。
そこにいたアメリカのウィルスがラインハルトを攻撃、その電気攻撃に現実世界の越後は感電する。
それを見てはしゃぐ江原。
ドクターは人類滅亡を目的とする江原の正体が気になっていた。
江原はドクターの問いに答える、年は6歳、生まれたときからずっとオリの中だ。
そのとき江原は現実世界で食事が運ばれてきたと言い何かを食べ始める。
江原は顔色を変える。「毒入りか・・・」

ラインハルトは最期の力を振り絞りウィルスを倒す。
アンリアルはラインハルトの力により守られた。越後の命と引き換えに。

191 :ルサンチマン 14:2007/07/14(土) 22:40:22 ID:???
一方、たくろーは一命を取りとめていた。そこに長尾が駆け付けてくる。
「おばさん」と呼びかける声に、たくろーの壊れたヘッドギアを装着するとそこにはポリゴンの姿に退化してしまった月子がいた。
月子と長尾は喧嘩を始める。「たくろーさんはあんたより私を選んだ」「勝負はついてない、現実に来て勝負しろ」
そこに来たドクターが語る。月子の仮想DNAは人間のそれと同じであり母胎があれば現実に生まれることも可能だと。
「イキタイ」と言う月子に、産んであげると約束する長尾。「その代わりこんな男を好きにならないように育ててやる」
「アリガトウ、でも、あたし・・必ず・・・」そう言い残して月子は消える。

現実世界のどこかの動物園。作業着を着た江原が泣いている。
アンリアルで野生動物も見られるようになり動物園は無用となったため担当していた猿を薬殺したのであった。
アンリアルの江原総統の正体はPCをいじる猿であった。
猿が飼育係の顔と名前を利用して殺される前に世界を滅ぼそうとしていたのだった。


2030年、東京。
長尾とその娘が車中で話をしている。
娘の誕生日に弁当で済まそうとする母に文句を言う娘。
辿り着いた弁当屋で娘を下ろし弁当を買いに行かせる。
みすぼらしい弁当屋の前で「誕生日なのに・・・」とつぶやく少女。
その弁当屋は拓郎の店だった。長期欠勤で会社を首になったたくろーは亡くなった両親の弁当屋を1人で継いでいた。
月子そっくりのその少女を見て涙ぐむ拓郎。
少女も拓郎に何か懐かしさを感じていた。

弁当を渡し拓郎は言った。「おめでとう、生まれてきて、ありがとう」

おわり。 

192 :マロン名無しさん:2007/07/14(土) 23:09:20 ID:???
都合のいい妄想の世界に逃げてたら
現実からのしっぺ返しをくらったって事か
もっと純愛物のイメージがあった

193 :サンドマン1:2007/07/15(日) 18:56:14 ID:???
>>163にあるサンドマン行きます。

ゲイマンのサンドマンはドリームという名の永遠の存在を主人公としたアメコミです。
ドリームは名前の通り夢を司り、サンドマン、モルフェウスなど多くの名前を持ち
その姿は見るものによって異なる、という特徴があります。
作中には他に6人の兄弟姉妹がいて、彼らもドリームと同じく永遠の存在であり、その名前どおりのものを司っています。
以下、本編

イギリスのウィッチクロスに古の神智教団という教団が存在した。
1916年、教団は呪術によりデスを呼び出し、この世から死そのものを封印しようと画策する。
しかし呪術は失敗だった。召喚されたのはデスではなくその弟ドリームだったのだ。
仕方が無く彼らはドリームから「夢の砂袋」「夢のルビー」「兜」を奪い、そのままドリームを封印してしまった。
夢が不在になってしまった為、世界中で不眠、あるいは目が覚めない人々が発生する。

1930年、教団の内部分裂によりドリームの品物が外部に持ち出される。
度々、封印されているドリームに教団の者が不死の秘密を聞き出そうとするが、ドリームは断固として対話を拒否しつづける。
1988年、見張りの隙をついたドリームはついに封印から脱出し、同時に世界中の人々も終わらない夢から解放された。
ドリームは自分を封印した張本人である教団のトップに永遠に続く悪夢を授け、自らの国に帰還する。

自らの力そのものである三品を奪われ、72年もの間封印されていたドリームは息も絶え絶えに夢の国に到着した。
そこで見た光景に彼は言葉を失う。72年の間に夢の国は荒れ果て、住人達は狂い、失踪し、または夢の素材に還っていたのだ。
国の再興には奪われた三品の力が必要と感じたドリームは、まだ正気を保っていた住人ルシエンの助言により一体三者の魔女を呼び出し
三品の行方を尋ねる。その結果「夢の砂袋」はジョン・コンスタンチンが最後に買い取り、「兜」は悪魔に取引され
「ルビー」は正義の軍団ジャスティス・リーグが管理しているという情報を得た。
悪魔と戦う力はまだ無く、超人類であるジャスティス・リーグも一筋縄ではいかないだろうと判断したドリームは
まずは「砂袋」を取り返すべく、ジョン・コンスタンチンの元へ向かう。

194 :サンドマン2:2007/07/15(日) 18:58:43 ID:???
「砂袋」を所持していたのはコンスタンチンでは無く、コンスタンチンの元カノのレイチェルだった。
ドリームとコンスタンチンが彼女を発見した時、すでに彼女は「砂袋」に精神を蝕まれ、新陳代謝などを完全に破壊されていた。
もはや命は助からないと見たドリームは、取り戻した「砂袋」の力で彼女に最後の夢を見せ、その場を立ち去る。

次にドリームが向かったのは地獄。
地獄の三君主ルシファー、ベルゼバブ、アザゼルに頼み、地獄の全悪魔を集結させ「兜」を持つ悪魔を探すドリーム。
「兜」の持ち主はベルゼバブ配下の地獄の公爵コロンゾンだった。
ドリームはコロンゾンとの連想ゲームのような決闘に勝利し「兜」を取り戻す。
ドリームは三君主に礼を言い、地獄を立ち去ろうとした。しかし地獄の悪魔達は退く気配もない。
ルシファーはここでドリームを捕えるつもりだったのだ。
ルシファーは、地獄において夢などは無力と言い放ち、地獄の悪魔達がドリームに迫る。
しかし、ドリームも負けじと言い返す「地獄において夢が無力だと?囚人達が天国の夢を見ることが叶わねば、地獄にいかなる力がある?」
これを聞いた悪魔達はドリームに目を合わすことすら出来ず道を譲り、そのままドリームは悠々と地獄を後にした。

195 :サンドマン3:2007/07/15(日) 19:00:55 ID:???
最後に向かったのはジャスティス・リーグの基地。基地に保管されているデータによると「ルビー」はジャスティス・リーグに
よって捕えられたジョン・ディー博士が所持しており、現在は別の場所に保管されているという。
ドリームはジャスティス・リーグの戦利品が収められている倉庫に向かい、ついに「ルビー」を手に入れた。
しかし「ルビー」はドリームを拒絶し、反対にドリームから力を奪ってしまう。倒れ伏すドリームを尻目に、脱獄したディー博士が
再び「ルビー」を手中に収めた。以前所持していた時、ディー博士は「ルビー」を自分だけしか操れぬよう細工していたのだ。
ドリームが再び立ち上がり、ディー博士の居場所を突き止めるまでは丸一日かかった。
24時間の間にディー博士は夢を自在に操り、世界は狂気に包まれる。
ドリームとディー博士は夢の中で戦った。ディー博士は「ルビー」こそドリームの命そのものであると思い込み、「ルビー」を破壊してしまう。
その瞬間、「ルビー」に蓄えられていた力が全てドリームに還ってきた。かつての力を取り戻したドリームの前に、ディー博士など敵ではなかった。
勝敗はついたがドリームはディー博士を特に処罰せずに、元いた精神病院に送り届ける。
もっとも深く心に傷を負っていたのは、夢の力そのものである「ルビー」を使っていたディー博士だったのだ。

ドリームは全ての品を取り戻せば満足すると思っていた。しかし現実は逆だった。目的を失ってしまい、何もやる気が出ない。
リストラされたサラリーマンの如く、公園でハトにエサをやるドリーム。
その情けない姿を見かねた彼の姉デスは、ドリームを誘い、自分のてきぱきとした仕事を見せる。
姉の熱心な仕事ぶりに、ドリームは自らの為さねばならぬ義務と、心の慰めを思い出したのだった。

196 :サンドマン:2007/07/15(日) 19:02:41 ID:???
まず、ここまで。続きます。

197 :マロン名無しさん:2007/07/15(日) 20:10:20 ID:???
>>195
>目的を失ってしまい、何もやる気が出ない。
>リストラされたサラリーマンの如く、公園でハトにエサをやるドリーム。
>その情けない姿を見かねた彼の姉デスは、ドリームを誘い、自分のてきぱきとした仕事を見せる。
>姉の熱心な仕事ぶりに、ドリームは自らの為さねばならぬ義務と、心の慰めを思い出したのだった。

駄目人間みたいだなw
ジョン・コンスタンチンってキアヌリーブスがやってた映画のあいつだよな?

198 :マロン名無しさん:2007/07/15(日) 20:24:05 ID:???
>>197
その通り。霊能力者のジョン。
ただ、こっちのルシファーはおっさんじゃなくて青年として描かれています。

199 :マロン名無しさん:2007/07/16(月) 17:55:04 ID:???
「群青学舎」を、各話詳しく教えていただきたいです。

200 :マロン名無しさん:2007/07/18(水) 04:10:49 ID:???
「さくらの境」をお願いします。

201 :さくらの境:2007/07/18(水) 16:38:21 ID:???
【あらすじ】
主人公のさくらは、親の転勤を機に叔母が住む家に居候することに。
そこは、丘の上にある、猫がたくさん住んでいて、桜の樹に囲まれた不思議な屋敷。
でも、さくらが住むと同時に叔母さんも仕事でヨーロッパへ行ってしまう。
一人暮らしだとアレなので、さくらは叔母さんの知り合いの近所に住んでいる二人の女の子と共同生活をすることに。
小学生みたいな小さい容姿の一子(姉)とクールで物静かな二子(妹)の姉妹。
てな訳で、さくらと一子二子姉妹がたくさんの猫にかこまれながらまったり日常を過ごす様子を描いたほのぼの漫画。

【登場人物】
「さくら」
しっかり者の女子中学生(後に高校に進学)。面倒見が良く家の家事手伝いは何時の間にやら彼女がすることに。
が、その感性はちょっとズレてるところもある。適応能力は高いが流されやすい性格をしている。

「二子」
さくらと同じ学校に通っている生徒会長。てきぱきと何でもこなし一見するとクールな美少女に見える。
が、その実寂しがり屋で甘えん坊。一緒に暮らすようになり、自分のことを甘やかしてくれるさくらに徐々に懐く。
と言うか、話しが進むにつれてさくらへの甘えっぷりもエスカレート。
次第に、いつもべたべた一緒にいる上に、寝るときも一緒。
さらにおはようのちゅーからおやすみのちゅーまで所かまわずちゅーちゅーといちゃつくようにまでなる。
が、本人達に言わせれば、友達や家族の延長線上であって、別にお互いに恋愛感情を持っている訳ではないらしい。

「一子」
二子の一つ上の姉。見た目は小学生みたいな容姿をしている。
いつもニコニコしていて基本的に楽天家で脳天気な天真爛漫な娘さん。
が、上記のようにさくらと二子の関係がアレな感じになってきた辺りから影が薄くなり、あんまり話のメインには出てこない。

「多摩子」
さくらの叔母に当たる女性だが、まだ若い。
さくらが来るまで丘の上にある屋敷にたくさんの猫と共に1人で住んでいた。独身。翻訳家をしている。
ずぼらな性格で放っておくとあっという間に屋敷を本で埋め尽くしてしまう。
物語中は仕事でヨーロッパに行っており、たまに戻ってきてはまた出かけたりとあんまり作中には直接出てこない。

202 :マロン名無しさん:2007/07/18(水) 20:33:01 ID:???
>>201
ありがとうございます。

203 :マロン名無しさん:2007/07/19(木) 09:18:11 ID:???
「キメラ」をお願いします。

204 :マロン名無しさん:2007/07/21(土) 00:05:10 ID:???
「からっと!」をお願いします。

430 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)