5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【はやく】みえるひとネタバレスレ 13人目【戻ってこい】

1 :イノセンスキモハゲ ◆YsomnAZ8yo :2007/10/11(木) 23:21:58 ID:???
( ゚Д゚)y─┛~~

ホルトのように不死鳥ごとく復活させました。
このスレは週刊少年ジャンプで連載中の「みえるひと」のネタバレスレです。
事情によりだいぶ前からジャンプで見かけません
この状況を打開すべく、我々は漫画家を募集中です

○荒らしに反応したら梵
○基本的にsage傾向
○次スレは950を踏んだ人が立てること
○きもちわるい流れのときがありますがたまにはいいじゃない。マロンだもの。

【前スレ】 dat落ち
【新世代】みえるひとネタバレスレ セイハッ10人目【アクセル】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1172634125/

2 :イノセンスキモハゲ ◆YsomnAZ8yo :2007/10/11(木) 23:24:04 ID:???
( ゚Д゚)y─┛~~

【現状】
とある事情により月曜直前でジャンプの総取替えがされているため、ここのところジャンプに載ってません。
そのため月曜前にジャンプが手に入るバレ師の文字バレしかないのが現状です。
しかし、ジャンプ総差し替えの前にジャンプを手に入れられるバレ師さんがスキャンをもってないため、文字バレに頼るしかありません。
そのためスレ住人およびみえるひとファンは慢性岩代中毒となっています。

【解決策】
・バレ師がスキャンを買う
・各位妄想でカバー
・モシャスを習得した神を待つ

3 :イノセンスキモハゲ ◆YsomnAZ8yo :2007/10/11(木) 23:25:16 ID:???
( ゚Д゚)y─┛~~

〜過去スレ〜
みえるひと ネタバレスレ【1人目】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1134628225/
みえるひと ネタバレスレ【二人目】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1139676557/
みえるひと ネタバレスレ【三人目】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1141003665/
みえるひと ネタバレスレ【四人目】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1144504162/
みえるひと ネタバレスレ【五人目】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1148798351/
みえるひと ネタバレスレ【六人目】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1151157241/
みえるひと ネタバレスレ【七人目】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1153502902/
みえるひと ネタバレスレ【八人目】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1156438915/
みえるひと ネタバレスレ【九人目】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1157939653/
みえるひと ネタバレスレ【10人目】
http://comic7.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1159357841/
みえるひと ネタバレスレ【11人目】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1167799013/
【新世代】みえるひとネタバレスレ セイハッ10人目【アクセル】 (実質12スレ目)
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1172634125/

4 :イノセンスキモハゲ ◆YsomnAZ8yo :2007/10/11(木) 23:26:29 ID:???
( ゚Д゚)y─┛~~

現在活躍中の人
・早売りバレ師
・オープニング作ってる人
・それに群がる乞食たち(俺ら)

5 :マロン名無しさん:2007/10/11(木) 23:51:21 ID:???
気を抜いたすきにバレスレ落ちたんか…orz
でもイノキモの素早い対応にマジ感謝

6 :イノセンスキモハゲ ◆YsomnAZ8yo :2007/10/12(金) 01:40:43 ID:???
( ゚Д゚)y─┛~~

しかし誰も来ない悪寒

7 :マロン名無しさん:2007/10/12(金) 12:32:32 ID:???
俺が来てやったよ

8 :マロン名無しさん:2007/10/12(金) 13:51:02 ID:???
打ち切り漫画信者の中ではこいつらが最底辺だな

9 :マロン名無しさん:2007/10/13(土) 08:32:01 ID:???
はやく戻ってこいはまず岩代先生と次にバレ氏やその他職人さん達のことか
このバレスレが週刊少年漫画板に戻れる日が来るのを楽しみにしているんだがなぁ

10 :マロン名無しさん:2007/10/13(土) 11:33:56 ID:???
最近みんな岩代不足がピークな気がする

11 :マロン名無しさん:2007/10/13(土) 23:03:32 ID:???
とりあえず>>2のテンプレがそろそろ悲しくなってきたんだがw

12 :マロン名無しさん:2007/10/14(日) 06:58:53 ID:521MLP8m
あげ

13 :マロン名無しさん:2007/10/15(月) 23:51:57 ID:???
過疎りすぎワロタ

14 :マロン名無しさん:2007/10/16(火) 00:09:19 ID:???
しゃーない
アニメ化もバレも待つしか出来ん


とりあえず轟にひめのんがついてったのは何でだろうな?

15 :マロン名無しさん:2007/10/17(水) 07:34:04 ID:???
操られたとか?
雪乃が止められなかった理由が気になる

16 :マロン名無しさん:2007/10/18(木) 11:46:04 ID:wOtxDxvF
hosyu

17 :マロン名無しさん:2007/10/18(木) 19:44:20 ID:???
あまりにも過疎ってて悲しいのでネタをふってみる。
みえるフラで一瞬アニマ達が出てきたけどあいつらのカラーは
ホルト→黄緑
コモン→赤か黄
キヌマ→水色
バオ→灰色か黄土色
自分の中ではそんなイメージだ

18 :マロン名無しさん:2007/10/20(土) 10:02:35 ID:VguwvDU+
まとめサイト欲しいな。
どうすりゃいいんだ

19 :マロン名無しさん:2007/10/20(土) 19:15:00 ID:???
wiki辺りにまとめるとか?
今までの保存してる人とかいるの?
そんなの、もうバレ氏本人くらいじゃね?

20 :マロン名無しさん:2007/10/22(月) 07:31:08 ID:???
つーわけで本人降臨マジ頼むorz

21 :マロン名無しさん:2007/10/23(火) 20:10:37 ID:???
すっかり神経質になっちまった……

アニメの人も降臨しないかな

22 :マロン名無しさん:2007/10/25(木) 21:44:19 ID:???
岩代!岩白!違和代!…マジで待ってる。

23 :マロン名無しさん:2007/10/27(土) 22:06:23 ID:AUhuQwWt
カモン!!

24 :マロン名無しさん:2007/10/27(土) 23:32:28 ID:???
どうも、前にキヌマとキヌマアップを載せた人です。
某携帯サイトでアバター選手権が開かれていたので
調子こいて投稿しました。
俺は集英社に消されるかもしれない。
http://pict.or.tp/img/28011.jpg

25 :マロン名無しさん:2007/10/27(土) 23:36:29 ID:???
アドレスの"h"抜くの忘れていた、ごめんなさい

26 :マロン名無しさん:2007/10/28(日) 08:16:57 ID:???
アバターw


27 :マロン名無しさん:2007/10/30(火) 16:44:03 ID:???
ついに新作!

28 :マロン名無しさん:2007/11/02(金) 08:11:07 ID:???
本格的にここをどうするか考えなきゃいけないのか

29 :マロン名無しさん:2007/11/02(金) 13:53:23 ID:???
まさか投下が無くなったのは新連載を予感してなのか?
早売りにそれが載っていたのか!?
だから「自分は用済みだ」と……ごく自然に忘れられるように仕向けたとでもいうのか!!?

30 :マロン名無しさん:2007/11/03(土) 07:37:04 ID:???
━━━(゜∀゜)キター━━!!

31 :マロン名無しさん:2007/11/04(日) 00:10:17 ID:???
キタキタキタ―――(゚∀゚)――

32 :マロン名無しさん:2007/11/07(水) 23:07:46 ID:???
キタキタキタキタ福が━━━(゜∀゜)キター━━!!

33 :マロン名無しさん:2007/11/09(金) 13:24:30 ID:???
            ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ♂___♂  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ○   ○ |  /
  | *   V  * )/ <こいつ最高にノロマ
 ノ、        /
/ __     /
(___)   /

34 :マロン名無しさん:2007/11/12(月) 07:53:12 ID:???
好きだったぜいわしろ
願わくばもうちょっとみていたかった

35 :マロン名無しさん:2007/11/13(火) 23:57:09 ID:???
飛!!

36 :マロン名無しさん:2007/11/17(土) 02:17:48 ID:???
もう少しだけ、もう少しだけ残しておこう
アニメの人とか、何かある気がするんだ

37 :マロン名無しさん:2007/11/19(月) 22:52:32 ID:???
バレスレは落ちたらそれまで
新しく立てる必要はなくね?って感じがする
だから捕手る

38 :マロン名無しさん:2007/11/19(月) 23:23:45 ID:???
新連載始まってもみえるの続きはココでしか読めない。
だから、黄丸の発売待ってる。

39 :マロン名無しさん:2007/11/20(火) 01:36:28 ID:???
そうなんだよな
報われないし端から見たらキモいかもしれないがそれでも諦め切れん

40 :マロン名無しさん:2007/11/20(火) 10:39:04 ID:???
そうなると保守間隔は短くした方がいいんかな?
意外とあっさり落ちるからなー
油断出来ん



まぁ彼らが来てくれたら一気に加速するし、その必要も無くなるんだけどw

41 :マロン名無しさん:2007/11/21(水) 09:47:45 ID:YUkNZrVw
みえるひとの作者
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/mesaloon/1195432227/l50

42 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 00:02:59 ID:???
 「ツキタケどこだ」
 ガクが物凄い形相で睨んで言うコマととどろきの口元の笑みだけが見えるコマ
 ダンッとガクが跳び、ハンマーを振り下ろす
 土煙が上がり、床にひびが入る
 「ツキタケはどこだァァアァアア!!!」
 殴り書きの台詞文字でガクがぶちぎれるのと同時に黒い炎が噴き出す
 ガクがハンマーでなぎ払う 
 部屋のあちこちが爆発したかのように、あちこちにひびが入る
 それでも轟は微笑んでいる
 表紙絵は傾いた天秤を背景にガク・轟を中心に描かれている。脇には明神やパラサー
 柱は傾く正義とその先に
 ガクがハンマーを振り下ろすのにシンクロするように、明神がはっと気づく
 わずかにズズンという音、屋敷がきしむように埃が落ちる
 「もうおっぱじめてんぞ、明神っ」とエージが慌てる
 「こっちか」
 ダダダッと駆ける明神達
 ボロボロだが元は豪華だったろう階段を走り、2階に上がる
 見回すとドアが壊れている部屋があり、煙っぽいのもあがっている
 「やべーぞォ」とエージの背筋がぞくぞくとしているが、ワクワクの高揚感でなく冷や汗をかいている
 勢いあまって滑るように、横っ飛びで明神が部屋の前までやってくる
 「ガクッ!!!」
 叫ぶ明神の前に・壊した部屋に立っていたのは黒い炎を纏う、暗い表情のガク
 もはやインハクに近いものを感じさせる、迫力かつ渾身の1ページ
 明神が驚愕の表情を、表情をこわばらせる
 言葉にならない声を発し、ガクが明神にハンマーを振り下ろす
 とっさに明神がかわすと、床にひびが入る
 本気か
 ゴウメイが飛び出し、殴りにかかるとガクが炎を飛ばしてけん制する
 それも構わず突っ込むゴウメイに、ガクがハンマーで迎え撃つ
 激突し、両者がふっとぶ

43 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 00:04:33 ID:???
 「ゴウメイッ」
 「ガクッ」
 同時に叫ぶ明神とパラサ達(グレイか?)
 そして起き上がり、楽しそうに笑うゴウメイ
 ガクはいっぱいいっぱいだが、その負の感情が詰まりきった目だけは死んでない。死んでるけど
 「どうしたってんだ」とエージ
 「おいっ、ガク!」と呼びかける明神
 そのコマを覆うように「邪魔をするなァアァアァァ!!」と叫び声をあげる
 手に持つハンマーが魂殻変化し、柄の部分が短くなる
 ハンマーの片面から炎が噴き出し、ガクの腕を軸にするよう回転する
 そのまま突っ込んでくるガクを明神が「クッ」と小さく書き文字で言う
 『闇蛍』ではじくものの、明神の腕が持っていかれたと思うぐらい吹っ飛ぶ
 ガクのハンマーは吹き飛ばず、闇蛍の衝撃を逆回転でいなし・威力を吸収している 
 「ガク・・・」
 目が据わっているガク、少しだけうろたえを見せる明神
 「マジでどうしちまったんだよ、あのヤロウ」と書き文字でエージ
 「まさか、誰かに操られてんじゃ・・・」
 「ノン」と言いながら、スィッと一歩前へ出るキヨイ
 「忘れたのかい?」
 「彼の愛は0か1」
 「彼の愛の障害になるものは、すべて排除(オールデリート)する」
 「その為なら手段も方法も問わない」
 「だから、こうするんだ」
 明神が「何を」と言いかけ、キヨイの不敵な笑み
 異天空間(トバリ)
 床から次々とツノが生え、ガクの身体を貫き宙吊りにする
 カハッと血を吐くガク
 周りにいる皆が固まり、上を見上げて動かなくなる
 キヨイが振り向くのと同時に明神がつかみかかる

44 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 00:06:41 ID:???
 「何をしてるんだッ!」
 「見ての通り。彼を止めたんだ」
 ツノがきしむ音、ガクが宙吊りになっている
 まったく動かず、血がぼたぼたと垂れている
 「さっきの暴走を見ていなかったのかい。今の彼の状態は異常だ」
 「チカラが猛り、見境なく、そのコントロールが利かなくなっていた」
 この部屋でのガクの暴走っぷりが回想シーンのように出る
 「彼は頭に血が上っているのと同じ。少しそれを抜く必要があった」
 「だからって、あんなことしたらガクはッ!」
 明神が身をもってキヨイの異天空間によって蝕まれていく様子のコマ
 「今の彼を効率よく、こちらに被害を出すことなく止める方法はあれ(トバリ)しかない」
 「俺たちはガクやツキタケを捜しに、ここまで来たんだ! それをあんな」
 キヨイにつかみかかり、後ろ向きにガクを指差す
 「そう。彼がああなったのはそれが原因だ」
 明神とキヨイの視線がぶつかり合う
 「彼を救いたければ、それを取り除い(デリートし)てやる必要がある」
 コクテンがキヨイにつかみかかっている明神を引き剥がそうとしているコマ
 「その為には今の、あの彼は邪魔だ。違うかい? 空の明神」
 今までとは少し違って・戻った冷たい言い方、明神が黙る
 「異天空間の力を抑えることは出来ない」
 「それでも、彼がすぐに消滅するわけでもない」
 微笑むようなキヨイ
 何年もかけて精神エネルギーを搾り取るんじゃそうだろう、7巻参照
 「……わかったよ」
 明神がキヨイを放し、ガクを見上げる
 それから部屋の出口へ歩いていく
 キヨイが「どこ行くんだい」と止めるが、無言で行ってしまう
 エージが後を追い、完全にパラサ達と分かれてしまう様子

45 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 00:11:18 ID:???
 それを見送るキヨイ達、表情は心配・残念そうとかわからないとかなんとも読みがたい
 「どうするよ」とゴウメイ
 「いーじゃん。ほっときなさいよ」とコクテン
 「確かに。向こうが勝手に離れたんだ。こちらも好きにさせてもらおう」とグレイ
 身動きひとつしないガクは無言、それを見上げるキヨイ
 「そうだね。では、僕らも動こう」
 キヨイが部屋を窓から出て行く
 「僕らの為に」とキヨイの目がヤギっぽい光を帯びる
 キヨイが他の3人を引き連れて部屋の外へ行くシーン
 ガクは本当に放置プレイのシーン
 ひめのんがどこかの部屋で倒れているカット
 気絶?している顔のどアップだが、うぅんと小さな書き文字でうめく
 明神が窓の外を見て、何かを見つけたアップシーン
 その視線の先に窓の外、そこには黒い服を着た男が1人で立っている
 柱に思惑が交差するそこに……!


今更弁明もあれなのだが新連載前に溜め込んでしまったものを吐き出す
とりあえず黄丸系統での連載は終わったらしい
しかしここからはみえるファンには耐え難いものだったかもしれない
整理をつけて書き出していくが、読み手は各自で判断してほしい

今まで待ってくれてありがとう

46 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 00:12:58 ID:???
 薄っすらと、少しずつ目を開けていくのがわかるコマ・シーン
 ぱちりと目を開けるのはひめのん、それからゆっくり起き上がる
 無言のまま、周りを見渡すだけ
 場面転換
 屋敷の門前、誰かが跪いて何か調べている様子
 場面転換
 バットをかつぎ、パラサと分かれていく明神を追いかけるエージ
 「明神ッ」と呼びかけるが返事無し
 呼びかけ、ふとエージが窓の外を見る
 中庭が見え、そこに誰かいることに気づく
 「……おい明神」
 たらりと汗をたらすエージの、声の質の変化に気づいて明神が後ろを振り向く
 それからその視線の先、窓の外を見る
 すらりとした背格好の男らしき人物がこちらを見ている
 互いの目が交差するコマ
 明神が窓を開け、そのまま飛び降りる
 ずしゃっと少し重い音を立て、明神が立つ
 目の前にいる人物は間違いなく轟
 お互いが無言
 白髪と黒髪の対比、対峙
 「…お前か?」と明神だけが写るコマ
 無言の轟だけが写るコマ
 「お前が、ひめのんやツキタケさらって、ガクをあんなにしたのか」
 「……人聞きが悪い」と余裕ぶった?轟
 次のページで明神に思い切り殴られている
 それからもう一発殴り、轟が吹っ飛ぶが倒れはしない
 「こいよ」
 「全部まとめて落とし前つけてやる」と明神がこぶしをぱきぃといわせる
 エージが後から同じように飛び降りて、書き文字でよっとある
 殴られたところに触れている轟を見て一言「あいつが……轟?」とエージ
 「ああ」と確信めいた明神の台詞
 「おい、ひめのんとツキタケはどこにいる」と指差して明神が聞く

47 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 00:15:00 ID:???
 ぐいっと口元をぬぐう轟
 「ひめのん……?」
 「桶川姫乃! 無縁断世のチカラを利用する気なのかっ!!」と明神があだ名?の説明
 「無縁断世」
 「興味はありますが、今の私には必要ありません」と轟
 「彼女なら屋敷を捜せば見つかりますよ」と素直に教える気がなさそうに言う
 「ツキタケは!?」
 「坊っちゃまはまだ私には必要ですが、屋敷のなかにはいらっしゃいますよ」
 屋敷がアップされる、次のコマは明神のアップ
 「上等だ」
 明神が飛で再び殴りかかると、そのこぶしを今度は轟が止める
 それに!!!と驚くとエージ
 アレを止めやがった……ッ
 ゴウメイが吹っ飛んでるシーンとか、明神が殴ってダメージを与えた時のコマが背景
 「強大な力を持っているようですね」
 明神のこぶしをぎぎぎぎと抑え込む轟、明神はそこから一歩も動けないでいる
 「空の明神」
 驚く明神に轟の薄気味悪い、が一番近い表情を見せる
 「身を以って知るんだ」
 パァンと小気味良い音と共に明神が逆に吹っ飛ぶ
 明神が口からわずかに血を吹いて倒れるのを、エージがあっけに取られる
 どさっと尻餅をつくが寝転ぶまではいかない明神、駆け寄ったエージが「大丈夫かよっ」
 「おまえ……」
 轟をにらみつける明神
 それに応えるように轟が口を開く
 「剄報」

48 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 00:16:47 ID:???
 轟の口元アップのコマに台詞
 「善い行いでも悪い行いでも、必ずその報いは訪れる」
 様々な人間の善悪入り混じった行動を描いたシーン
 「因果応報」
 戦争、近代兵器のカットが入り混じる
 「情けは人の為ならず 目には目を歯に歯を」
 歪んだ法律書?と鏡、鎖のイメージ映像
 「おのれの剄を相手と同質の力に変え、それをそのまま相手へと返す」
 「それが剄報」
 「それが地の梵術(アのチカラ)」
 黒の背景に白抜きの地の梵字
 ここでみえるひととタイトルが入る、煽りは底知れぬ轟の力!
 地の梵術からの暗転が晴れ、同時に明神が倒れる
 「…強大な力を使えば使うだけ、その力が返っていく」
 「理解(わか)っていただけたようですね」
 意外とボロボロの轟を足元から見上げる明神、その背後に壊神の・観照の影が被る
 「まさか……」
 暗転、場面転換
 キヨイ達が半開きの扉からなかに入ってくる
 薄暗く続く階段がある
 「屋敷の構造は外から把握した通り」とグレイ
 「狭ぇな」と窮屈そうなゴウメイ
 「地下ってキライ……」とぶぅたれるコクテンはキヨイにしがみつく
 「仕方ないよ。ここに僕らの目的があるんだ」とキヨイ
 階段は割と短く、下りていく先に広い地下室
 そこに金庫のような大きくて鈍い銀色?の扉がある
 「ここだ」
 「ぶち破るぜ」と張り切るゴウメイ
 「オラァッ!!」と掛け声、ガアァアァンと音が響くが壊れない

49 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 00:18:06 ID:???
 それどころかゴウメイの身体にダメージが表れる
 「ゴウメイ、大丈夫か」とグレイ
 「妙な結界なんかが張られてやがる」とぼやくゴウメイ
 「きっと外にいた者の仕業だ」とキヨイ、コクテンがきゅっとすそをつかむ
 いつかの、ツキタケの豪邸を襲った時・轟がいるコマが回想として入る
 キヨイが扉の前に立ち、額をこつんとぶつける
 「ここに……あの男の元から回収された僕らの遺体があるんだね」
 真霧のカット、あの雉ノ葉のカット
 パラサが神妙そうな表情を見せ、キヨイの周りに固まる
 「僕がこれを破るから、みんなは―――」とキヨイが言いかける
 何かに気づき、背後を見る
 場面転換
 明神が起き上がる
 「まだ立ち上がりますか」
 「…たりめーだ」
 「おまえには、みんなに謝ってもらうぞ」と強がり・意気込む明神
 余裕そうな轟、周囲に澱んだざわついた空気が漂う
 エージが警戒し、明神が右手に剄をこめる
 そこに「待てッ! 明神!!」と間に割って入る声
 澪がそこにいる
 「湟神!」と驚いた表情を見せる明神
 つかつかと歩いてきて、いきなり明神に蹴りを食らわせる澪
 「ッ痛ぇな!」
 「散々探し回らせやがって。姫乃はどこだ」と言う澪
 「その前にあいつを何とかしないと」と轟を見て言う明神、視線はエージも
 轟が澪の事を見ているが無言
 「……落ち着いて聞け。明神」と澪
 「んだよ」
 「あいつは誰だ」とボケたようなことを言う澪
 額を押さえるように、「あいつは轟宗之助。地の梵術を使うツキタ」とそこまで言いかける

50 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 00:19:37 ID:???
 「轟なんて弟子はいない」
 明神がぴたっと、空気ごと止まったようなコマ
 「地の案内屋・壊神にそんな弟子は存在しない。それは事実だ」
 明神が「そんなわけないだろ。現に目の前に」と否定
 「ただ、壊神に弟子がいなかったわけじゃない」
 「――そう、私と同様に女の弟子がいるという噂なら……耳にしたことがある」
 明神、エージの息が止まったような・緊迫感どころじゃない表情
 「あの団地で一家心中した轟一家は存在した」
 「その家族構成は父と母、そして……子供が2人」
 あの団地の部屋に残されていた真っ白に焼けてしまった写真
 「子供に関することは不自然にも残されていない」
 「ただそのどちらかが宗之助という男の子であったこと以外、何も……」
 轟を映し出すコマ、背景は殆ど黒でわずかな白で轟を浮き彫りにする
 一家心中時、首を吊り足だけ浮いているのが見えるコマ
 その足元に寝転がる、切れたロープの先が見える子供の回想シーン
 轟の口元の笑みだけがアップ
 生き残ったの だ ぁ れ  ?
 本気で背筋が凍るぐらい怖い、岩代の本領発揮のカット
 明神が呆然とし、固まる
 場面転換
 そこには1ページを大胆に立ちきりしての、ガクがいる
 顔に落ちた陰影が濃くなり、表情すら見えなくなっている
 「なんで、アイツ……」とコクテン
 驚愕の表情を見せるパラサ達にガァァアアァアァと襲い掛かるガク
 地下室を破壊してしまうそうな巨大さ、どす黒く燃え上がるハンマーの一振りにパラサは避けようとする
 しかしその後ろに遺体がある扉があるのに気づき、グレイがクロックワークで動きを鈍くする
 その隙にゴウメイが突っ込んで、動きが止まったガクを逆に殴り飛ばす
 壁にめり込む勢いのガクだが、倒れないで再び襲ってくる
 「……手遅れだ」
 表情の無いガクのアップシーン
 「明神には悪いが、彼にはここで死んでもらう」とキヨイが言うと、パラサ達が臨戦態勢に入る
 柱に驚愕の連続!! ガクに絶望と最期が迫りくる!?

51 :マロン名無しさん:2007/11/22(木) 01:14:48 ID:???
GJすぎて鼻血ふきそう
思う存分やってくれ。大好きだ。最高だ

52 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 04:18:01 ID:???
 黒い回想コマで誰かが走るシーン、具体的には足・漏れる息・振り上げる腕
 ―――愛を捧げる人間の報いは孤独
 滑らか?な首筋、ごくんとつばを飲むシーン
 報われない
 報われたかった
 回想シーンに被るように現在、同じように走るところが描かれる
 現在と回想をかぶらせている?
 破裂する前に
 この胸が張り裂けてしまう前に
 回想シーンでは何かの門前に立つ、足元だけ見えるコマ
 現在シーンでは何かの扉前に立つ、足元だけ見えるコマ
 自分が止められなくなる前に
 黒いベタで背景コマを乱雑に塗りつぶされている
 ここでみえるひとのタイトル、柱も煽りも無し
 ガクがギザギザの吹き出しで叫び声をあげているのを様々な角度で計4コマで表現(ほぼ1ページ)
 コクテンが生足をさらけ出しての飛び蹴り、グレイがクロックワークを発動させている?
 ゴウメイが殴りかかり、ガクの首が変な方向に折れ曲がる
 ガクの身体から吹き上がる炎がゴウメイのこぶしを焼き、グレイをハンマーで一振りで吹っ飛ばす
 ゴウメイがこぶしを振り上げ一歩引き、グレイがさっきの衝撃をいなす
 飛び蹴りを食らわせて体勢がほぼ無防備なコクテンをつかもうとするガク、そこにキヨイが割って入って止める
 ゴウメイが魂殻変化をし、ガクの手からハンマーを殴る
 不意をつかれてピコハンに戻り、それが宙を舞う
 獲物を取り戻そうとするガクにのしかかるように、ゴウメイが力勝負に持ち込む
 細身のガクが押しつぶされそうになるのを、そのゴウメイの背中の上をグレイが跳ぶ
 ガクの手を離れたはずのハンマーが変化し・天井の一部を破壊し、燃え上がって巨大さを保ったまま落下してくるのをグレイが身体を張ってとめる
 それに気を取られたゴウメイが下にいたガクに蹴り上げられ、まさかの尻餅をつく
 起き上がったガク、だがキヨイの変化した腕(ツノ?)が背後から胸を貫く
 血反吐を吐くが笑うようにガクの腕がそれをつかみ、自分の身体ごと下にたたきつける
 キヨイの目を見張る表情、ガクが飛んで宙にとどまっているハンマーをグレイから取り戻す(クロックワーク?)
 ガクの身体から吹き出る黒い炎?オーラが更にまがまがしく、陰影の落ちた見えない表情がいっそう不気味さを増す

53 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 04:19:04 ID:???
 コクテンがガクに対し気味悪そうな表情を見せ後ずさり、ゴウメイが掌に雷を集中させる
 ガクがそれに気づき、ハンマーの形状をより殺傷能力を高めたものに変化する
 ゴウメイとガクが足に力をこめ、飛び掛る寸前
 別の何かの、小さな足が地面を蹴るコマ
 ここまで擬音も台詞も無し、無音だが迫力に満ちたバトルを魅せつけた
 が、次のページは見開きで
 「ガクリンッ!」とひめのんがガクに後ろから跳んで抱きつく
 ゴウメイ達の動きが止まるが、それよりもひめのんがガクの腰周りを抱きしめている
 「桶川姫乃……」とキヨイが口を開き、コクテンも目をまん丸にしている
 ガクの表情は相変わらず陰影で見えず、インハクのオーラ感が丸出し
 「やめて…っ」とぎゅっと強く抱きしめるひめのん
 ガクの首がほぼ180度回って、ひめのんを見て、ハンマーを振りかざす
 「気づいたらここ(屋敷)にいたの」
 ひめのんが黒い炎が服から見えるガクに顔をうずめている
 「何かが起きてるってわかった」
 「どこかの部屋を飛び出したら、私でもわかった」
 腕が黒くすすけ、ひめのんが表情の見えないガクを見上げる
 「ガクリン」
 「もう…いいんだよ」
 「ガクリンは1人じゃない」
 「私も、明神さんも、エージ君もみんないるから」
 「だから」とひめのんがガクを見据える
 ガクの表情?が揺れるが、それに反して燃え上がるハンマーを振り下ろす
 それをゴウメイが受け止め、ひめのんをかばう
 陰影ばかりでなかったガクの表情に、ぼんやりと眼光らしきものが浮かぶ
 ああ
 ひめのんが半泣きでいるのを視認する
 あたたかい
 ガクがスッと手を伸ばし、ひめのんの頬に確かに触れる
 届いた

54 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 04:20:04 ID:???
 ひめのんに触れられたことにガクが気づく
 黒い炎が鎮火していき、ガクの表情が徐々に陰影が引いて・取り戻されていく
 それからするっとひめのんがガクの身体をすり抜け、勢いあまってべしゃっと地面に倒れる
 あててとひめのんがおでこをおさえる、その腕は黒くすすけている
 「ひめのん」
 うつろな目でガクが言うと、おでこを軽くおさえるひめのんが笑う
 「行こっ」
 「うん」と素直なガク
 「…どーいうこと?」と納得いかなそうなコクテン
 キヨイが微笑んで言う
 「あれが人と人を結ぶ感情(キズナ)」
 「愛だよ」
 場面転換
 轟を目の前に固まる3人
 漂う嫌な空気
 「……とにかく、どうにかしてあいつをつかまえないと」
 「わかってる」
 澪がちゃきっと木刀を構えると轟が下を向く
 気づけば周囲に集っている団地の人間達、負の気に当てられてか普通のインハクまで混じっている様子
 「これはいったい」と異様さに気づく澪
 あっという間に取り囲まれ、轟との間に人垣が出来る
 「地の剄は生者の操作まで出来るもんなのか!?」と明神
 「ありえん」と否定する澪
 「地の梵術がここの門に張られていたのは知っている」
 「あれは限定された空間内に与えられたダメージや破壊をその相手に跳ね返すものだ」
 屋敷の門、パラサ達が見つけた屋敷の地下にあった扉のカット
 「あの破壊をやったのは誰だ」
 「多分ガクだ」と明神
 「そうか。相当なダメージを受けたはずだ」
 負の暴走をするガクの場面、最初から怪我をしていたのはこのせいだったようだ
 「だが、こんな梵術は知らん」と木刀で団地の人間を薙いでいく
 「じゃあ、どうやって」とエージが叫ぶ

55 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 04:21:19 ID:???
 「罪悪感」
 明神がバッと轟の方を見る
 「彼らはその感情にとらわれているんです」
 「同じ団地に住む者でありながら、知っていながら何もしなかった」
 たちの悪そうな男達が玄関先で騒ぎまくる回想
 「見過ごし、何もしなかった故に、彼らはとらわれる」
 一家心中、警察が団地を駆け巡る回想・そのなかに十味さんらしき人物がいる!?
 「そのせめての報いとして、生き残った者に出来なかった助け合いを捧げることで贖罪に……」
 澪がチィッと舌打ちする
 「何が贖罪だ。強迫観念を推して、人心を支配しているだけだろう!」
 贖罪、報いという言葉からして地の梵術が何らかの補助をしてるのか?
 轟が目を瞑り、言う
 「彼らは報いようとしているだけ」
 「報いようとして、かつて坊っちゃまをもさらった」
 轟のヤロウは実行犯じゃないのか、とエージ
 「そうやって、団地の人間にガクも一緒に殺させたのか!」
 明神が爆発し、人垣の一部を突破し始める
 そうやってひとつ報いるごとに別の何かで縛り上げられる・澪の思考するカット
 明神がひとりひとり倒しながら、轟に向かっていく
 「犬塚ガク。彼もそうでした」
 突っ込んでくる明神を見て、轟が言う
 「彼の暴走は私に対する先走った憎悪。周囲が見えなくなるほど、狂おしいまでの感情の逆上。そして爆発」
 ガクの負の暴走シーンのカット、書き下ろし?で剄報やその結界を受けて倒され、ぶち切れていく
 明神が手を伸ばし、届きそうになったところで一斉に集い・押しつぶされる
 クソッ
 あと一歩なのに
 そうして沈んでいく明神の腕、身体
 もみくちゃにされ、バットや包丁を振りかざす住人
 それを見てエージと澪が何か叫ぶが、間に合わないことを決定付ける距離感のあるコマ

56 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 04:22:48 ID:???
 「ヒーローは後から遅れてやってくる」
 白い煙が住人を蹴散らし、明神をぐいと上へ引っ張り上げる
 「プラチナ!」
 「どうしてここに」
 相変わらず変身ベルト?を付けているプラチナがにいと笑う
 「ミオちゃんからメール貰ってね。いやぁ間に合ってよかった」
 「じゃないと後が大変☆」とチラッと澪の方見る
 ふと微笑む澪が「充分遅刻だ」と言い捨てる
 「勘弁してよ〜。アイスのパシリじゃないんだから」と冗談めいて言う
 それから「降ろしてくれ」と言う明神をそうしようにも住人がいて出来ない、今度は澪達が危ない
 分身しても焼け石に水な数の差を示すコマに「どうしよう」とつぶやくプラチナ・火神楽は来てない様子
 と、そこに団地の住人を豪快に投げ飛ばしている誰か
 宙を舞う住人が不自然な形で空で停止している
 轟が目を見張る
 パラサ達とひめのんの姿
 「苦戦しているようだね。明神」とキヨイ
 「明神さん大丈夫!?」
 いきなりの集合にぽかんとしている明神を無理やりプラチナの手から叩き落す
 ィテテテとつぶやき、見上げると立っているのはガク
 「……とっとと終わらせてツキタケ探すぞ」
 ふいとすぐに背中を見せるガクに、明神が笑う
 「ああ!!」
 人垣の奥に立つ・目前の轟に集中線、敵を定める効果
 煽りはうたかた荘、反撃開始!

57 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 09:50:41 ID:???
 パチパチパチパチと手を叩くコマ
 インハクを倒しながら厳しい目つきを見せるガクと明神
 「私の負けです」
 澪やエージ、ひめのんが目を見張る
 「ようやく、この戦い(ゲーム)の先は見えた」
 澪が「ゲームだと?」と反応する
 「はい。私の敗北です」と轟が微笑む
 明神が構えを解き、睨み付けて言う
 「どういう意味だ」
 「その通りの意味です」
 団地の住人がおとなしくなり、轟が大胆にもガクと明神の間を歩いてすり抜けていく
 「坊っちゃまのところへ案内します」
 明神の目と轟の目の交差、ガクがその屋敷へ真っ直ぐ歩いていく背中を見る
 暗転する1コマ
 真っ白なページにみえるひととタイトル、煽りも柱もなし
 半開きの扉を通り、階段を下り、地下室へ出る
 「派手に暴れましたね」と轟が見渡して言う
 さっきまでパラサと暴走ガクが力の限り暴れまわっていたから当然のこと
 それでも、あの扉だけはどこも傷ついていない
 明神達が後についていき、その前に立つ
 「ここは?」
 「この屋敷縁の者が集めた収集品が安置されています」
 轟が後ろ目でパラサ達を見る
 「彼らの遺体もここにあります」
 轟が手を触れると、結界が下からすーっと解除されていくのがわかる
 ギィィイイと鈍い音を出しながら、扉が開く
 先に轟が入っていくが、明神達が二の足を踏んでいるとガクが率先して入っていく
 それからみんなが後をついていく
 なかは外の地下室より狭いがそれなりで、換気も機械か何かでされているらしく空気が澱んでいない
 棚で作られた一方通路、そこを歩いていくと棚が途切れる
 その先の、壁に寄りかかるようにしているツキタケの姿

58 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 09:51:47 ID:???
 ガクが「ツキタケ!」と駆け寄る
 轟が神妙そうな顔で、棚に少し寄りかかっている
 パラサ達が各々自分達の遺体を探し始める
 明神がガクの後に続き、ツキタケに駆け寄る
 が、跪いているガクの動きが止まっている
 「どうしたの、ガクリン……?」
 不安そうに尋ねるひめのん、明神がガクに「そこをどけ」と言う
 ガクが本当にゆっくりと立ち上がり、明神がその代わりに座り込む
 その時、ガクが立ち上がる寸前に明神の目に入ったもの
 立ち上がったガクがその場から離れる
 明神がツキタケに触れると、それが明らかになる
 いやでもわかったひめのんが驚いた顔し、腰が抜けている
 「紛れもなく、坊っちゃまでしょう」
 澪の息が、エージの動きも何も止まる
 コクテンが「ちょっとー」と何か呼びかける
 それは明神が触れたツキタケ
 明神が見たのはガクがツキタケに触れなかったということ
 コクテンが「こっちにいるじゃないよ」とマフラーをつかんでツキタケを別のところから引っ張りあげる
 そして固まる明神達と居合わせる
 コクテンが触れるのが明神達が探していたツキタケ、しかし紛れもなくツキタケの肉体もそこにある
 「説明しろッ!」と明神が轟に迫る
 轟は笑うように、言い放つ
 「坊っちゃまは死んでもいませんし、生きてもいません」
 詰め寄る明神に、顔をぎりぎりまで近づけて言う
 「いわゆる仮死状態にあるのです」
 「何を隠そう、犬塚ガクの所為で」


59 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 09:53:05 ID:???
 「どういうことだ……?」と明神が轟とガクを交互に見る
 「あの日、さらわれた坊っちゃまを救い出そうと犬塚ガクが団地に乗り込んだ」
 回想シーンはほぼ台詞をなぞらえたもの
 「生身で団地に乗り込み、団地の住人に果敢に攻め、暴れまわった」
 「最期には坊っちゃまのところへたどり着き、そこで隠れていた伏兵によって息絶えた」 
 「あと一歩のところで息絶えた犬塚ガクは霊になり、そして―――」回想コマ終わる
 「俺がツキタケの身体から霊魂を引き剥がした」とガク
 全員が息を呑む瞬間
 「ようやく思い出したのですか」
 「いや、もう無意識にやったことなのでしょうね」と轟が侮蔑するような顔を見せる
 「私があの部屋を訪れた時、既に坊っちゃまの息は絶えていた。外傷もひとつもなく」
 「すぐにわかりました。これがあなたによる所業だと」
 「そして、あなたはまんまとどうやって死んだかという記憶が無い坊っちゃまと行動を共にすることが出来た」
 「ただ己の愛を、自己満足を満たそうと、理解者を失いたくない為だけに坊っちゃまを道連れにしたんだ」
 轟が指を差し、静かに言う
 ガクは目を瞑り、無言でいる
 「だが、何故ここに死体がまだあるんだ」と澪が聞くとあっさり答える
 「保存したんですよ。その時から今までずっと」
 「栄養点滴と生者の治癒を施せる剄伝導で」
 澪が!と轟を見る
 「残念ながら、犬塚ガクの肉体の損傷は激しすぎて治しようがありませんでしたが」
 「元々地の梵術は水のものに近い。おかげで容易に事が進みました」
 すぅっと轟が部屋から出て行こうとする
 「待てっ」と明神が止めに走る
 「ツキタケ坊っちゃまは今からでも生き返る」
 ぴたっと明神の手が止まる
 「今もなお息づく剄伝道による肉体保存処置、魂の力を引き出しコントロールするまでに活性化された魂」ツキタケの肉体、眠っている霊魂のツキタケ・その背後には今までの戦いっぷりシーン
 「剄伝導を得意とする水の案内屋」
 「剄の流れと肉体の関係性を知る風の案内屋」
 「魂と肉体の力を最大限にまで引き出す発剄の……空の案内屋」と明神達3人が各々アップになる
 「そして無縁断世の力という好条件がここまで揃えば」で轟とひめのんが顔半分ずつアップになる

60 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 09:54:22 ID:???
 明神が「まさか、お前、そこまで……」
 轟が微笑む
 「私はこれで消えます。また会うこともあるでしょう」
 部屋の扉から出て行く轟、誰も追おうとはしなかった
 パラサ達もいつの間にかいる
 「ツキタケ君……生き返るの?」とひめのん
 それにはっと我に返る明神
 複雑そうな表情でいる澪とプラチナ
 「起きろ。ツキタケ」とエージが霊魂の方に呼びかける
 返事無し、バットで殴る
 ツキタケが頭を抱えて、飛び起きる
 「痛ェー!」
 「よーやく起きたか」
 「何すんだよ、エージ!」
 「うっせー! お前が寝ている間にどんだけ大変なことがあったか知りもしねーで!!」とエージと口げんか
 しかし、最後の大変なことでハッと気づくツキタケ
 「そっ、そうだよ。アニキ、俺、何があったんだ」
 何もわからないツキタケがガクに聞くが無言
 明神がツキタケの肩に手を置き、目を見据えて言う
 「ツキタケ。よく聞け。お前は生き返れるんだ」
 「…え?」
 ツキタケの表情がうって変わり、ガクの方ばかりを気にする
 「オイラが?」
 「ああ。肉体もそこにある」
 明神が示唆した方向にひめのんが抱え起こしているツキタケの肉体に更に驚く
 「…オイラだけ?」
 「……ああ」とぐっとこらえる明神
 「お前は生き返れるんだ」
 ごくっとつばを飲み込むツキタケ
 「で、でも」
 「生き返るんなら生き返らせろよ」
 そうすっぱりと言い捨てるエージにツキタケが目を見開く

61 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 09:55:26 ID:???
 「いいじゃねぇか。拾った命、大事にしろよ」とクールに決める
 「イヤだ」
 「あ?」とエージがツキタケをにらむ
 「……明神のダンナ。オイラ、生き返ったら霊は見えるの?」
 明神が言葉に詰まると、澪が代弁する
 「前例がないから何とも言えん」
 「だが、いくら保存された肉体とはいえ、不釣合いに成長した霊魂とは若干かそれ以上のずれが生じるだろう」
 「生き返るぶんには問題ないかもしれないずれだが、それが案内屋のように霊が見える方向へずれるかまではわからん」
 「そして心身の成長の食い違いは脳の許容などに合わせ、おそらく……霊魂だった頃の記憶は失われるだろう」
 ツキタケが愕然とし、ひめのんが口元を押さえ、エージが歯を食いしばる
 「そんなのイヤだッ!」
 だんっと強く足で床を踏みしめるツキタケ
 「せっかく出来たんだ」
 「トモダチ!!」
 「オイラだけ生き返って、アニキは、エージは、他のみんなと会えなくなるなんて絶対にイヤだからな!!」
 涙ながらにツキタケが叫ぶ
 回想コマに轟が「友達は大事なものです」などと言っているコマ
 最後に残した轟の悪意にしか取れない選択
 ツキタケがぼたぼたと涙を流し、うつむいているところにガクが歩み寄る
 ぽんとツキタケの頭に手を置く、ツキタケが「アニキィ」と見上げる
 「明神。俺を梵しろ」
 全員が真っ白になり、固まる
 ツキタケは信じられないものを見るように、ガクを見る
 「俺がツキタケの未練になるなら、俺はこの世から消えることを選ぶ」
 「そんなっ、アニキ!」と必死につかみかかるツキタケ
 「ガクリンっ」とひめのん
 ガクがひめのんを見て、微笑むがすぐに厳しい表情で明神を見る
 「……もう俺は、どのみち長くはここにとどまれない」
 「今まで俺をこの世に留まらせていたしがらみや未練が断ち切られた」

62 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 10:11:22 ID:???
 満たされたんだ
 ひめのんを中心にした、今までに見たことないものもある日常の思い出の数々
 気づいたんだ
 黒いコマで霊魂を引き剥がし、その腕の中にいるツキタケを見下ろすガク・2巻の初登場シーン・行動を共にする姿
 「だから、最後に明神! お前が俺を消せ」
 明神がガクを真っ直ぐ見据える
 「……それでいいんだな?」
 「くどい」
 ガクが全身の力を抜き、明神の梵痕がキィィインと光る
 ツキタケが「イヤだイヤだイヤだアニキィッ!!!」と涙ながらに叫んでいる
 ガク自身がツキタケを引き剥がし、明神の目の前に一歩踏み出す
 明神がガクの身体に触れる
 「お前に触られると吐き気がする」
 「ならやめとけよ」
 がんっとガクが明神に頭突きする
 「…いいか。ひめのん、絶対に守れよ」
 明神が驚いた顔をして、それから「あぁ」頷く
 「……梵するわけじゃない。逝きやすいようにするだけだ」
 「知るか」
 ツキタケが絶叫する
 ガクの身体が光になって、消えていく
 「明神」
 「感謝する」
 「バカヤロウ」と明神がうつむいて答える
 「ひめのん」
 「このバカがイヤになったらいつでもあんなボロアパートごと見限るんだぞ」
 「……うんっ」と涙を流しながら、強がって笑うひめのん
 「エージ」
 「ツキタケやアズミのこと任せた」
 ぐっとこらえているエージ、プラチナがグラサンの奥でぐすっと涙ぐんでいる
 「ツキタケ」
 「アニキィ…」

63 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 10:12:23 ID:???
 「生きろよ」
 ハッとツキタケがもう一度手を伸ばそうとして、ふっとガクの姿が完全に消える
 跡形もなく、何も残らずに
 ひめのんが泣いて、明神がそれを抱きとめる
 エージがクソォと小さく書き文字で悔しそうに言葉をひねり出す
 澪が感傷深いような表情をしていると、ツキタケが涙をぬぐって真っ直ぐ立っている
 「オイラ生き返る」
 「じゃないと、アニキに顔向け出来ない」
 その決意に皆が受け止めると、ツキタケはくるっとエージの方を向く
 「…お別れだな」
 「バカ言うな。俺は霊だぞ。お前が死ぬまで待っててやるよ」
 「な。また一緒に遊ぼうぜ」
 「うんっ」と2人が涙ぐんでいる
 ひめのんが明神の服のすそで涙をぬぐう
 澪が木刀から真剣の刃を出し、構える
 「はじめるぞ」
 皆の真剣な表情から
 暗転

64 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 10:13:40 ID:???
 ゆっくりと目が開いていく
 まばたきしながら、ゆっくりと開く
 あれ?
 オイラはどうしたんだっけ?
 あれ?
 ゆっくりと、ぼんやりと見えてくる
 部屋のなか、目の前にいるのは女子高生
 「起きた?」
 「……ここは?」
 ツキタケがゆっくりと目覚める
 周囲を見回すと女子高生のほかに怪しい大人が4人いるだけ
 「ウチのアパートだ」と怪しげな男が言う
 「ふぅん」とまだ寝ぼけているような様子を見せるツキタケ
 そこで急に我に返るツキタケ
 「そうだ。轟は!?」
 その言葉に全員がショック・失意をおぼえる表情になる
 霊の記憶どころか生前の記憶まで混乱し、忘れている・ヤンキー風の女性が思考する
 「ねぇ、轟はどこ!?」
 「それは…」と言葉に詰まる男性と女子高生
 部屋の唯一のドアの前に寄りかかるヤンキー風の女性、グラサン変身ベルト付けた男性、かろうじてまともそうな優しそうな女性
 見慣れない部屋に混乱するツキタケ
 「轟、ねぇ轟はどこ!」
 「落ち着いて。ツキタケ君」と女子高生が言うとツキタケの顔色が変わる
 「なんでオイラの名前を知ってるんだよっ! さては誘拐犯だな!」
 女子高生が泣きそうな顔をするのにツキタケが罪悪感を覚える顔をするが、混乱している頭ではどうしようもない
 ツキタケが勢いよく女子高生から離れると、ふとどんと何かにぶつかった感触
 だけど、壁も何もない
 女子高生が息を呑む顔をする
 ツキタケが再び後ろを向くと、何もない
 それでも女子高生の目には映っていた
 ピコハンだけが宙に浮いているのを

65 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 10:15:20 ID:???
 それがツキタケの頭を容赦なく叩き、その後2つに割れてそれから砂のようなものを吐き出しながらふっと消える
 頭を抱えて、うぅ〜と涙目でツキタケがうずくまる
 ツキタケがそうやってふと頭をあげると、いきなり目の前に野球少年がいる
 「うわぁ!?」と驚き、ツキタケが尻餅をつく
 「いつの間に現れたんだよっ」とツキタケが驚いた声を出すが、その反応に周りも驚いている
 「お前、俺が見えるのか?」
 「な、何言ってんだよ。ふざけてんの?」
 ずれが見える方向へいった?
 あのピコハンの衝撃で―――
 ヤンキー風の女性がじっとにらんでいるのを、野球少年の後ろに隠れるツキタケ
 2人が顔を見合わせ、ふとツキタケが言う
 「……なんかどっかで会ったことない?」
 「あるんじゃねぇの」
 「そっか」
 野球少年が笑顔を見せる
 「今度一緒に遊ぼうぜ。おれ、眞白エージ」
 「オイラはツキタケ。雉ノ葉ツキタケ」
 笑いあう2人を見て涙ぐんでいるけど笑顔の女子高生の肩にぽんと男性が手を置く

66 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 10:16:42 ID:???
 場面転換
 月夜
 エージと明神がうたかた荘の屋根の上に座っているコマ
 ちらりと明神の方を見てから、うつむくエージ
 「なんでガクだけ消えなきゃなんなかったんだよ…!」と憤るエージ
 「ツキタケにしたことの報いが、日常的に絡んできた俺に梵されることで清算されたってことなんだろ」と淡々と少しぼけっとしている明神
 「じゃあ、轟はどうなんだよっ!」
 「あいつだって今まで預かってた(住んでいた)屋敷を壊されて、また住むところを追われたろ」
 明神の台詞の間のコマで暗がりのなか、剄報で返した分の怪我をしている轟が歩いている
 「それにツキタケをさらったのは轟じゃなかった。そして、これまでずっとツキタケの守り役として、屋敷にとどまってその肉体を保存し続けていた」
 どこかで轟が同じように月を見上げているコマ
 「轟がどれだけのことをしてきたのかはわからないけど、解釈次第じゃ充分あいつも報いそのものに縛られていたんだ」
 このシリーズでの、極力自分から動かなかった轟のコマ。常に受身の行動ではなかったようだが?
 「…誘拐の実行犯っていう団地の住人はどうなんだろーな」
 「もう轟から解放されただろうけど、これから先ずっとよくわからない罪悪感を誰にも言えないまま引きずっていくんだ」
 何百世帯を共同する異様な空間(コミューン)、団地の背景
 エージが何ともいえない顔をする
 「報いが巡る、か」と珍しくしんみりする明神
 「それでも、次轟のヤローに会ったら容赦なくぶっ飛ばす」と言ってエージが屋根から飛び降りる
 ぼけっとして、明神もそろそろ降りようかと立ち上がる
 「ボンソワール。明神」
 キヨイがうたかた荘の屋根の上にいた明神に声をかける
 「それフランス語か何かだろ」
 「言葉の響きが好きなんだ。横いいかい」と了承を得る前に明神の横に座る 
 また2人で月を眺める
 「…ツキタケ少年はここに引き取ることになったのかい」
 「そうなるかもな。身寄りも無くなってたし、轟は行方知れずだ」
 「バット、また彼と会う時が来る。そんな気がするよ」
 「……」
 無言の明神にキヨイが話しかける

67 :今更弁明の言葉無し溜めたバレ:2007/11/22(木) 10:26:52 ID:???
 「今日はずいぶんとセンチメンタルだね」
 「…まぁな」
 「寂しいのかい?」
 「あぁ」とあっさり認める
 キヨイが張り合いがない、とすくっと立ち上がる
 「お前らの遺体、どうするんだ?」
 「各々、自分の手で思うままに葬るよ」
 あっさりとそう言うキヨイ
 「ただ人間の手で詰め物までされて、形だけ残されるのが嫌だった」
 「僕らは自然のまま朽ちたかった」
 「自然を淘汰する人間の力を欲したりするくせにな」
 明神の皮肉にくすりと笑うキヨイが、明神の背中からその顔をのぞきこむ
 「今日は、本当に色々面白かったよ」
 「人間の様々な面が見ることが出来る、と確信していたけれど」
 「想像以上だった」
 今までのガクの暴走、ひめのんの抱擁、轟の表情など、詰め合わせと言うより凝縮コマ
 「結論としては、もう少し見守ることにしよう」
 「互いに知るところも、言葉も、時間も、まだあるだろう?」と不敵に微笑む
 「…そうか」と明神がごろんと屋根に寝転がる
 「グッナイ。明神」
 「あぁ、おやすみ」
 キヨイがすぅっと降りていく
 1人残された明神がごろりと右脇を下に、横になる
 書き文字で「チキショウ」と小さくつぶやく、口元と鼻だけで目は見えない
 最後に大きく月をアップに〆


 以上で黄丸に掲載されていた分は終了です。
 今までつたないバレを見ていただき、ありがとうございました
 これから始まっていく岩代先生の新連載にご期待ください

 まだしばらくこのスレにはいるので御用があればいつでも呼びつけてください

68 :マロン名無しさん:2007/11/22(木) 17:36:25 ID:???
泣いた
笑えよ

ありがとう岩白
今まで本当にありがとう
そして出来ればまたいつか会いたい
純粋に岩白の作る物語が好きだった




ガク……
こういう最後をいつか迎えると分かっていたがやっぱりさみしいな

69 :マロン名無しさん:2007/11/22(木) 17:53:16 ID:???
バレ乙です
読んでるときにかかってた曲が
偶然にも「ベースボールは終わらない」というやつで
あれ?涙が止まらないよ

70 :マロン名無しさん:2007/11/22(木) 18:01:25 ID:???

おまいのおかげで中途半端でもやもやした気持ちが少し満たされた。
連載が続いてればこんなふうになってたんだろうなぁという夢を見れた。
岩白ありがとう。お疲れさん。

71 :マロン名無しさん:2007/11/22(木) 21:21:58 ID:???
岩白お疲れ様でした。そして、ありがとう。
ガクとの別れは辛いな、マジ泣きした。
轟が黒幕じゃなくて良かった…。

72 :マロン名無しさん:2007/11/26(月) 00:17:41 ID:L1x3NWo6
ありがとう岩白

73 :マロン名無しさん:2007/11/26(月) 22:26:10 ID:???
ありがとう岩白、お疲れさま。

ガクとの別れは寂しいけど、彼は救われたんだよね。

74 :マロン名無しさん:2007/12/03(月) 23:30:18 ID:0ZW+Q72M
ほしゅ

75 :マロン名無しさん:2007/12/04(火) 00:45:31 ID:???
とりあえずアニメの人とかが来るまで保守しようか
それとも新しい職人がくる……?

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)