5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

庵野シンジと貞本シンジを同じ部屋に閉じ込めてみた

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/11/25(土) 23:59:58 ID:???
落ちてたので 立て直してみた。
前スレに来てた職人さんカムバック。

330 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/21(日) 19:48:04 ID:???
バサッ
貞「このエロ本君の?」
庵「ちっ、違うよスイカが無理やり貸してきたんだよ」
貞「じゃあ、レリエルの影の中に捨てとくね」
庵「あっ、まだ読んでないのに…」
貞「えっちなのはいけないと思います!」
庵「うるさい!君だって興味あるんだろ」
貞「僕は君みたいなムッツリとは違うよ、
  綾波の胸だってわざと触ったんだゃないの」
庵「違うよ、あれは不可抗力だよ」
貞「どうだか…」


331 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/21(日) 21:49:56 ID:???
貞はオープンなエロかw

332 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/21(日) 22:33:22 ID:???
貞シンジはエロに関しては全く耐性ないよ。顔真っ赤にしてえええええという感じ。
綾波の裸を見たときやアスカに迫られた時の反応がアニメよりずっと動揺してる。

333 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/21(日) 23:43:43 ID:???
>>331->>332 庵シンジ→ムッツリ 貞シンジ→ガキ だと思う 

貞「大体君はいやらしいんだよ。
  綾波の胸触ったり、アスカの胸見てキスしようとしたり。
  知ってる?世間ではそういう奴をおっぱい星人っていうんだよ」
庵「違うよ、そんなんじゃないよ!
  大体みんな無防備すぎるんだよ。
  僕だって男なのに…。みんなでそうやって僕の事馬鹿にして…」
貞「ごめん、訂正するよ。
  入院してるアスカであんなことするんだもんおっぱい星人じゃなくて
  変態だね」
庵「…そうだね。最低だね、俺って。
  でも、アスカと暮らしてた時はもっとすごい事してたんだけどね…」
貞「えっ、それって…ちょっと、君アスカとどこまでいったんだよ!」

何故か見栄をはってしまう庵シンジ


334 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/22(月) 00:12:14 ID:???
何かオモロイw
ってかカワイイw

335 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/22(月) 00:14:11 ID:???
そういえば貞は未遂で終わったんだっけね。

336 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/22(月) 05:30:37 ID:???
庵シンジきゅんはそういうの苦手だろ。
オナヌーだってそれほど精神がヤバいって事の描写だし

337 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/23(火) 01:02:44 ID:???
庵シンジは病的エロ、貞シンジは健全エロ。

338 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/23(火) 15:50:42 ID:???
何気にアンチシンジが潜んでるだろ
てーゆうか、理解能力低い厨?
アニメに理想抱きすぎタイプ?
レスするよりも人間として自分を見つめなおした方がいいと思います
精神年齢あげようぜ

339 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/24(水) 02:33:24 ID:???
ほっときゃいいじゃん。それよりおもろいネタ考えようぜ(´∀`)

340 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/24(水) 11:32:23 ID:???
>>338の文章も精神年齢高い人のもんだとも思えんけどな

341 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/24(水) 19:58:07 ID:???
>>340
そうやってムダに反抗レスすんのが精神年齢低いって気がつかないかね?
プライドだけは高いの?

この部屋には環境変化とかあるんだろうかね?
近頃はめっきり寒くなってきたわけだけど

342 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/25(木) 19:25:50 ID:???
庵シンジ「それが、こっちの世界は一年中夏なんですけど、一年の中でも微妙に気温が変わるんです。
      最近は過ごしやすくなってきたかな・・・クーラー無しでも過ごせる日が多くて、少し嬉しいです」
貞シンジ「誰に喋ってるの?」
庵シンジ「ん?ちょっと」

343 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/28(日) 11:54:13 ID:???
貞シンジ「コタツってちょっと憧れるなー」
庵シンジ「コタツ?コタツってあのセカンドインパクト前に使ってた冬の机?」
スイカ「そうかそうか、こんなこともあろうかと用意しておいたぞ」
庵・貞「え!?」
二人が振り返ると本当にコタツがあった。
庵シンジ「わぁ…本物だぁ」
貞シンジ「お前、こんなもの一体どこから盗ってきたんだよ」
スイカ「おやおや、貞シンジ君、その当て字は失礼だぞ。入手ル−トは企業秘密だが…ひとつだけ教えておこう、拾った」
貞シンジ(なんでコタツなんか落ちてるんだよ。どうなってるんだ?この部屋)
庵シンジ「せっかくだし…ちょっと座ってみない?」
貞シンジ「あ…うん」
座ってみる二人。
庵・貞「………」
貞シンジ「全然あったかくない」
庵シンジ「昔の人ってこんなのに足を入れて何が良かったんだろう…」
スイカ(無知な少年は可愛らしいなぁ。電源どころかコードすらさしてないじゃないか)

344 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/10/30(火) 08:23:15 ID:???
www

345 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/03(土) 15:22:13 ID:???
貞シンジ「………」
庵シンジ「…最近ちょっと肌寒くなってきたよね」
貞シンジ「でもこの部屋これと同じ制服しかないんだよな…」(ため息)
庵シンジ「だけど毎回いつの間にか洗濯されてアイロンもしっかりかけられて
クローゼットの中に吊るされてるんだよね」
貞シンジ「もうアイロンなんてかけなくていいから長袖の服が欲しいよ…」
庵シンジ「そんな何でも都合よくはいかないよ…」

翌日

貞シンジ「うぅ…朝さむ…」
テーブルの上に見知らぬダンボールが
貞(なんだこれ…)
ごそごそごそずぼぼぼぼぼ(紙テープ音)
貞シンジ「…ながそでだ」
(なんか…ここまで都合良くいくと気持ち悪いナ)
庵シンジ「ふあ…何それ」
貞シンジ「服だよ、長袖の」
庵シンジ「わぁ、でもここまで都合よくいくとちょっと気持ち悪いよね」
貞シンジ「僕もそう思った」
スイカ「俺の分はあるかい?涼しくなって実に堪えるんだよ」
レリエル「…影身に堪える」
庵シンジ「え…あ、あー…どうかな…」
貞シンジ(どうやって着るつもりなんだ…?)
その時貞シンジの脳裏に浮かんでいたイメージは全身を布で包まれ、
どっちがスイカでどっちがレリエルかわからない球体二つだった。

346 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/03(土) 16:04:59 ID:???
結局、当然の話だがスイカとレリエル用の服など入っていなかった。
拗ねるレリエル
レリエル「………」
拗ねて歌いだすスイカ
スイカ「愛に気づいてください♪ボクが抱きしめてあげる♪」

長袖になった庵シンジ「…どうしよう…」
長袖になった貞シンジ「…どうしようったって…」
(コイツらが服とか意味わかんないよ)
庵シンジ(どうすればいいんだろう)
貞シンジ「………」何やら難しい顔をして思案中。

その夜

貞シンジ「ホラ!にひk…二人共これ」
スイカ・レリエル「?」「!」「これは…」
庵シンジ「そろそろご飯にするけど…って君指どうしたの?絆創膏なんて…」
貞シンジ「別になんでもないよ!」
スイカ「感激だなぁ!!レリエル!」
レリエル「…ん」
スイカ「貞シンジ君が俺たちのために服を!しかもこの球体に目目測で合わせた手つくりだな!
このツンデレめ…お兄さんを愛しちゃってるな!?」
庵シンジ「ぶっ…クク…っ、…っっ」
貞シンジ「笑うな!家庭科でナップサックしか作ったことないんだから仕方ないだろ!!」
庵シンジ「でも…だって…」


――スイカとレリエルがどんな格好になったかという予想は君に任せる


347 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/03(土) 16:14:18 ID:???
庵シンジのがかわええええええええええええええ

348 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/03(土) 22:47:17 ID:???
ツンデレ貞シンジがかわええ

349 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/03(土) 23:26:30 ID:???
しかしスイカには敵わないな

350 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/04(日) 01:47:55 ID:???
スイカ、ペニシリン歌ってるしww

351 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/08(木) 01:08:33 ID:???
レリエル「あ、ゴキブリ」
庵・貞・スイカ「……!!!」戦慄
庵シンジ「ス…スリッパ!」
貞シンジ「ないよ!そんなの!」
庵シンジ「新聞紙とか!」
貞シンジ「どう考えてもあるわけないだろー!とってないんだから!」
スイカ「いやー寒くなってきたのにゴキブリはすごいなぁ…、流石すでに完成形なだけはある…」
貞シンジ「感心してんなよ!」
庵シンジ「ああ!このままじゃ逃げちゃうよ!あれは逃がしちゃダメなんだよ!?僕の領域(台所)に侵入する敵なんだ!!」
貞シンジ「そんなこといわれても…」
スイカ「よーし!じゃあこれだ!」
スイカの手には健康のいろはが紹介された雑誌。
球体がどうやってそれを丸めて持っているかはツッコマナイ。
貞シンジ「バ…ッそれまだ読んでない!!」
スイカ「貞シンジくん…君も男ならゴキブリ雑誌ぐらい気にせず読め!!ハァアアアアアアアア!!!」
貞シンジ「気にするよ!汚いだろ!や…やめろー!!!!」
レリエル「………」
ディラティックの海、展開。
影に飲み込まれるゴキブリ。
そしてゴキブリをあと1,5秒で叩くはずだったスイカも飲み込まれかける。
スイカ「うわああああぁぁぁ!!!」
体の半分が影に埋まっているスイカ。
貞・庵「………」呆気にとられている。
庵シンジ「…った、助けないと!」
貞シンジ「うっうん!」

352 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/09(金) 02:42:00 ID:q84tyD8J
アゲ

353 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/09(金) 03:00:46 ID:PkfpgId/
別府

354 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/10(土) 01:52:21 ID:???
カサカサ

355 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/10(土) 06:59:12 ID:???
普通の世界?に住んでたシンジ(最終話のちょっと出てたとこ)は
漢字なんだよね?どんな漢字?
あとここって長文投下してもおk?

356 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/10(土) 22:58:40 ID:???
アスカは明日香だったけど、シンジって書いてあったっけ?

357 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/10(土) 23:19:10 ID:???
あるとしたら樋口真嗣の真嗣だと思う
表記はなかったけどね

358 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/11(日) 07:49:49 ID:???
なんか別人みたいだな漢字にすると
長文みたい 出来たらだけど

359 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/11(日) 10:03:30 ID:???
神児(シンジ)ってどこかで見たような気がする。

360 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/11(日) 12:15:45 ID:???
神児説はあるね。自分も肯定派だ
でも庵野は「樋口真嗣からとりました」って言ってるらしい

361 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/11(日) 14:12:24 ID:???
DQNネームなシンジは嫌だ

362 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/11(日) 21:23:35 ID:???
ここは基本庵と貞だしどっちでも良か

長文もいいんじゃない。

363 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/12(月) 18:57:32 ID:???
神児と霊

364 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/13(火) 21:56:24 ID:???
そして言動か

365 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/14(水) 16:24:13 ID:???
魅娑斗

366 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/14(水) 23:50:05 ID:???
>>359
俺も以前どっかのサイトで読んだが、あくまでそいつ独自の考え方であって実際のところはトンデモ論だよな。

367 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/15(木) 15:47:53 ID:???
>>351
スイカ「はぁ…はぁはぁ、危機一髪だった」
貞シンジ「人の言うこと聞かないからだ!結局まだ読んでなかったのに本取り込まれたし…」
スイカ「す…すまない。だが今回の出来事はマジやばかったって!」
貞シンジ「ウルサイ」
スイカ「…ハイ」
庵シンジ「はぁー…びっくりしたぁ…」
レリエル「…ちっ……」

庵・貞・スイカ「!!!!」

368 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/15(木) 21:57:50 ID:???
レリエル黒いwww

369 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/24(土) 20:51:33 ID:???


370 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/25(日) 23:31:39 ID:???


371 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/26(月) 01:04:18 ID:???
貞シンジ(何だ、コレ?)
部屋の中心には発泡スチロールがあった
『生もの』『冷凍』など注意の紙が貼ってある
貞シンジ「ねぇ、これ何だと思う?」
庵シンジ「何?」←丁度洗濯物を持って後ろを通過中だった(エプロン着用)
貞シンジ「これ」
庵シンジ「僕は知らないよ、なんだろ。食べ物だよね?」
貞シンジ「多分ね。でも伝票もないし、誰のかも中身もわからないし」
スイカ「お。おお!届いてたか!そういえば今日届けるって言ってたっけ」
庵、貞「スイカ」
貞シンジ(コイツか、絶対ろくでもないものに決まってるよ)苦い顔
庵シンジ「ねぇ、中身はなんなの?」
スイカ「タラバガニ。ほら見てごらん、現代っ子は実物を見たことがないだろう」
貞シンジ「タラバガニ!?」
ビリビリビリ、ガポッ
庵シンジ「わぁ、スゴイ!」
貞シンジ「………これが、かに…」
スイカ「おやおや、貞シンジ君。本当に本物は初めてのようだね?」
貞シンジ「ウ…悪いかよ、今の子供なら普通だろ」
庵シンジ「僕スーパーで見たことあるよ」
貞シンジ「………」むぅ。
スイカ「ハッハッハッ」
貞シンジ「…むかつくな!その笑い方!こんなのどうしたんだよ」
スイカ「通販だが?便利な時代になったもんだ」
貞、庵「この部屋電話あるの!?」
貞シンジ「パソコンとか!!」
スイカ「あるとも、電話がね。だが、ひとつの油断がいたいけな少年を不純異性交遊などに足を踏み入れさせないため
そこから犯罪へと繋げない為にお兄さんは教えてやらないよ
たとえ、この実が滅びようともな…!!!」悪役オーラ

372 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/26(月) 03:05:02 ID:???
スイカ、貞シンジ君に滅ぼされるぞ

373 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/26(月) 12:31:21 ID:???
庵シンジ、完全にお母さんみたいになってるなwww
いや、可愛いけど。

374 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/27(火) 00:09:14 ID:???
庵シンジいなきゃ生活やばかっただろうなw

375 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/30(金) 01:04:09 ID:???
庵シンジ「ねぇ、スイカ。電話ってどこにあるんだよー」
スイカ「教えられんな」
貞シンジ「教えろよ」
スイカ「ダメダメ」
庵シンジ「すいかぁ…」
スイカ「そんな子犬のような眼差しで見ても教えられんよ」
貞シンジ「………(ジト目)、そう。じゃあもういいよ」
スイカ「え」
庵シンジ「いいの?」
貞シンジ「いいの、いいの。そんな根性悪ほっとこう」
庵シンジ「…」
スイカ「………うぅ、空気が重いな。俺の繊細な食物繊維が死滅しそうだ…わかった。ヒントだけだぞ」
貞シンジ「いらない」
スイカ「………わかった!!教えるから冷たくしないでシンちゃん!!!お兄さん寂しいとマジで死ぬから!」

376 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/30(金) 09:18:41 ID:???
>>375
ワロタ

377 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/11/30(金) 14:21:27 ID:???
山ちゃん声ピッタリ合うなwww

378 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/12/01(土) 03:06:03 ID:???
スイカ「これが電話だ…長デンはダメだぞ」
さて電話を手に入れた庵貞シンジs
貞シンジ「誰かに助けの電話しなきゃ!」
庵シンジ「うっうん!」

庵貞(…誰に?)

貞シンジ「君からでいいよ…」
庵シンジ「ぼ、僕から?いいよ、君の方が先で…」
貞シンジ「いいって!ほら、かけなよ!」
庵シンジ「う…うん、じゃあ…」
ピッポッパッポッピッ
トゥルルルトゥルルル
受付の女の人「はい、もしもしネルフ受付局です」
庵シンジ「あ…碇、碇シンジですけど…父を出してもらえますか?」
受付の女の人「はい、しばらくお待ち下さい。回線をつなげます」
庵シンジ「………」
貞シンジ(あっちの父さんに電話したのか…。……父さん)

379 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/12/02(日) 23:09:53 ID:???
ゲンドウ「私だ」
庵シンジ「もしもし、父さん?あの…」
ゲンドウ「早く用件を言え、私は忙しい」
庵シンジ「あ、こっここはどこなの!?」
ゲンドウ「…?何を言っている、そこは「部屋」だ。全くくだらないことで電話をするな!
おい、君!受付係にもくだらんことで私に繋ぐなとキツク言っておけ!
始末書を片付けていてて俺はもう三日ねていない。これ以上俺をイラつかせるな!!」
ブツッ
一方的に電話を切られた。
庵シンジ「………」
貞シンジ「だ…大丈夫?」
庵シンジ「うん、平気。とーさんって、いつもこうだから(薄笑)。…そーゆー人だもの。
何考えてるか全然わからない、僕が外に出られなくても全然気にしない
むしろこれ父さんが閉じ込めてるみたい。…本当に父さんは何を考えてるんだろう」
貞シンジ「さ、さぁ…次、僕が電話かけても良い?」
庵シンジ「うん…はい…」
貞シンジ(相当へこんでるなぁ…こういう時こそスイカが口車で励ましてくれたら…)
キョロキョロとスイカを探す貞シンジ。
スイカ「く、ぶ、ハハハハ!!キェェェェ!!はらめぇww」
スイカはエ○ジェル伝説を読みながらのたうっていた。
貞シンジ(やくたたず〜!!)
スイカ「ちょっ、イタ!?貞シンジ君!?そんな体重かけて踏まれたら割れるっつーか潰れる!!
無言なのが怖いんだがな!?」」
庵シンジ「ぅわ!?な、何やってるの!?スイカが本当に潰れちゃうよ!?」
スイカ「ぐわあぁああぁぁぁあああぁあ!!!」

108 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)