5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

漫画の話作りについて語ろう

1 :名無しさん名無しさん:2007/08/03(金) 21:23:14
絵よりこっちのが重要でしょ

2 :名無しさん名無しさん:2007/08/03(金) 22:12:51
>2get

3 :名無しさん名無しさん:2007/08/04(土) 05:03:21
同意、

4 :名無しさん名無しさん:2007/08/04(土) 10:38:06
面白い話作りのコツ教えてくれ
ギャグ漫画のネタってどうやって考えるのよ

5 :名無しさん名無しさん:2007/08/04(土) 10:52:53
こーゆースレずっと待ってた!
>>1

6 :名無しさん名無しさん:2007/08/04(土) 13:35:33
語るのはいいけど話作りのノウハウはみんな中々言わないと思うぞ
志望者でもこれができるできないで決定的な差がつくしね

7 :名無しさん名無しさん:2007/08/04(土) 14:29:19
むしろこれが全てでしょ?
話上手ければ(面白ければ)絵が下手でもプロになれるわけだし

8 :名無しさん名無しさん:2007/08/04(土) 15:21:29
そこで大半の志望者がハジかれているんじゃないかなぁ
でも、読めるように描けて、尚且つ面白く、最低一万人に通用するように描け
なーんて突きつめてネームを切ると゛楽しい゛なんて言ってられなくなるけどね
「それを好きになれる人だけがプロになれる」という意見もあり正解だとオモ
ただし、それは薬物依存者のクスリに対するスキの感情

9 :名無しさん名無しさん:2007/08/04(土) 15:51:24
漫画に最も必要な要素の一つは表現力。
絵も話もチョー大事な表現法だ、特にキャラの心理描写。あれはどっちもないと無理だよ

10 :名無しさん名無しさん:2007/08/04(土) 16:09:51
心理描写か、、、絵と連動しなければ漫画の話はハナシにならないね
逆にいうとそのバランスが拮抗していれば全体の完成度が高く見える

11 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 02:35:50
俺はセリフ回しに1番こだわるな。
漫画制作で1番悩む所。
解りやすくなおかつ洗練されたような。
ジャンルにもよるけど
誰でも思い付く聞き慣れた言い回しや
歯が浮くようなダサいセリフはなるたけ避ける様にしてる。
なかなか難しいけど。

話造りはテレビで小説家が自分の持つ凄いコツを話してて
それをマネしたら
自分でも驚く程、格段に良くなった。

12 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 04:59:55
単語や形容詞をただズラズラ並べただけで具体性がなく
結びにつなぐのに説得力を欠いた理由があがっているようでは
漫画の台詞にはならないね、我慢しないと読めなさそう

13 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 14:59:43
>>11
凄いコツを教えて下さい。
(まあ多分教えてくれないだろうけど・・・だめもとで頼んでみっか♪)

14 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 15:12:32
>>13
端から見ていてうざい

15 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 15:36:43
日本語で桶

16 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 16:13:18
>>4
よっぽど才能があってとかじゃなければ
外に出て気がついたことメモってそれを厳選して
とかしかないんじゃないかな

17 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 16:13:41
ていうか言葉にしにくい部分もあるのにほんとに語り合えるのかよ

18 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 16:25:54
宮崎駿はラピュタを作るにあたり
まずは骨格として空飛ぶ城があって
その上で肉付けとしてキャラクターの動きを置いていった
とどこかで聞いた事がある
寄生獣の岩明均もまずは事件を置いてそこにキャラクターがそれについて
どう思うか、どう行動するかを(ry



19 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 17:27:24
ああ、そういうプロの話のがいいかもね

20 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 17:44:27
なにか話作りの公式、法則くれ

21 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 17:45:27
いい短編集読んでみるとか
藤子・F・不二雄異色短編集なんかおすすめ

22 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 17:59:12
起床店尻

23 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 18:19:26
話づくりは人に教えられてできるもんじゃない。
自分で研究しれ。
それは自分だけのオリジナル作品にもなる。
あと自分の価値観は大事にしたほうがいいよー

24 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 18:25:59
言語化して教えてくれって>>1は舐めてるな。
マジレスしてる椰子はお人好し

25 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 18:38:42
>>23-24
何事にも基本くらいあるだろうが
それを知らないで描くのと知ってて描くのでは
根本的にレベルの違いが出てくると思う

だから別に話作りを学ぶのは間違ってないよ
人に教えられるものだよ
人に指摘されないとわからないことなんていっぱいあるだろ

26 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 20:58:43
とりあえずネットで見せてもいい話をうpするんだ

27 :名無しさん名無しさん:2007/08/05(日) 21:07:59
゛語る゛スレだよ、、、書き損じやまとめられなかった話には
後で眺めると使えるものもある、ネームの直しは信用できる人だけに汁

28 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 02:20:25
そんなたいしたモンかひ?
例えばデスノート以前にデスノートの原作がうpされていたとして…(W


29 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 02:27:22
ギャグ漫画がどうしても描けん
とゆうかありがちなモノになってしまう 学校ものとか。

どうすりゃいいもんかね

30 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 02:49:28
いろんなお笑いの研究とか‥ 

あ、学校ものがダメなら適当に違う団体を設定すればいいんじゃない? 

中学生みたいなアホさを誇る国会議員とか‥ロックバンドとか‥そんなの。 

学校ものならキャラ重視になっちゃうからどうしても。

31 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 02:50:07
物語を上手に編める人材は絶対的に不足しているし、
今後はその傾向に拍車がかかるはず

絵しか描けないと時代に消費されて行き場を失くしかねないけど
物語がちゃんと作れれば、絵柄が消費されても
ビジネスチャンスはそれなりにあると思う

32 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 02:55:05
ギャグ漫画家って精神的にヤバくなる率が高いって聞いたけどホント?

33 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 03:12:45
漫画のストーリーを添削指導してやるからうpしろとか言うヤツは
まず自分のオリジナルストーリーを公開して「これは彼是こうやって創った」
とぶち上げてもらいたいね、話はそれからだ

34 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 03:22:47
ま、ギブ・アンド・テイクは基本だね

35 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 11:09:06
>>32
ハッチャケ系はそうみたいだね

36 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 11:14:37
>>33
君もこういう輩の正体に気づいているだろ

ヒント 描けないけどね、優良な添削しれば描けた気分になる症候群

37 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 11:44:37
この部分って、多分生き残りがかかったデリケートな部分だから
上手な考え方やノウハウがあったとしても誰も教えないだろうな

絵を綺麗に描けるやつは今後ごまんと出てくるだろうけど
きちんとした物語を作れる人は、貴重な存在になると思う

38 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 11:56:46
他人の添削は確かに自分の勉強にはなるんだよ
自分の考えを他人にもわかるように整合しなければならぬいから
ただそれができる人はやっぱり自分でも書けていることが前提
自分が知らないことは他人にも教えられない

39 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 13:07:44
ここでやり取りを完結できない内は、市販入門書なり講座サイトなりを
賞レース向けに試しつつ報告・検証していく位しか
妥当な回し方無いんじゃないかな。

いずれにせよ固定前提だと思う。

40 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 13:41:21
>>38
身勝手理論キタな。
アンタの理論なら編集者はみーーんな有能な原作者、もしくはネーム作家

41 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 14:15:30
こんな閉鎖的なところでグロテスクな添削をされるくらいなら、
もっと公の場(この場合、雑誌じゃなくても良い)で作品として出して
広く話を聞いた方が断然良いだろう
何らかのチャンスが転がり込んでくる可能性もあるし
(というより、ここで添削を仰いでも事態は別に動かない、というのが正解)

42 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 17:22:50
ってかもしネームうぷされて、それがおもろかったら
まず俺はパクるけどね。
創作はパクってなんぼです。北斎やピカソだってやってたことだし!

43 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 18:16:58
パクってもパクらなくてもお前の漫画はどうせつまらねえんだからどっちでもいいんじゃね

44 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 21:53:40
>>42
書式としてどのくらい進めてあるかにも選る。
晒しが文字でも、実際はネームまで用意してたら
パクる側から見て旨みはあまり無い。

まぁ、コマ割台詞等演出力が保証されてる訳でも無いしさ。
俺はネームにできるまでが、漫画の話作りだと思うんだけど
どうなの?

45 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 21:58:47
無意味に揚げ。

46 :名無しさん名無しさん:2007/08/06(月) 22:33:55
>>44
やり方はそれぞれちがうだろうから何とも
自分的には台詞が全部入ってしまえば漫画は
九割完成という声に同意するスタイルかな

47 :名無しさん名無しさん:2007/08/07(火) 03:54:15
とりあえず、描く物語がないと何も始まらないしなぁ

ひょっとすると、今後の漫画界は
原作と作画の分業制に拍車がかかるかも知れないね

ただ、もしそうなった場合、
余程のことがない限り(余程高い技術を持ってない限り)は
原作者の方が価値が上になると思うな

絵を描く側にとっても
しっかりとしたストーリー構築ができるに越したことはないのかな、と

48 :話芸の神:2007/08/07(火) 09:32:28
で結局誰もうぷらんのだろ?
ストーリー作りのスキルアップに繋がる話は皆無だな、もっとレベルの高い話をしろよ
まっその道を極めてる俺には関係のない話だがね

49 :名無しさん名無しさん:2007/08/07(火) 10:05:49
>>48
じゃあその神とやらのレベルを示してくれよ。神なら問題ないだろ?それとも
怖いか?

50 :名無しさん名無しさん:2007/08/07(火) 10:21:57
>>48タムケンうしろーーーーー

51 :名無しさん名無しさん:2007/08/07(火) 17:38:17
極上のネタ有りマス!

焼肉たむら

52 :名無しさん名無しさん:2007/08/07(火) 17:53:30
2ちゃん上にパクれそうなロ新し転がってませんか?
ウマイ棒だってオイチーおもいしてんだから…
折れもオコボレに蟻つきたい
orz


53 :話芸の神:2007/08/07(火) 18:40:06
ストーリーはやくうpしろ、俺に弟子入りしないと漫画描けないぞ
ここ以外でうpしても的はずれなレスしかつかないから

54 :名無しさん名無しさん:2007/08/07(火) 19:49:36
うpなんていらねーよ

こんなの作っているうちに感じた愚痴に
他人がレスしてけばいいだけだろ

他人の苦労や批評が参考になる事だったあるだろ

55 :名無しさん名無しさん:2007/08/07(火) 23:34:05
>>52
このスレに翻訳家、翻訳家の方はいらっしゃいませんかー?

56 :名無しさん名無しさん:2007/08/08(水) 00:24:25
よし!おれがとっておきのネタさらしちゃる。
マンコのグロさ臭さについて熱く語る男、山岡 独歩 11才
彼はすれ違うサラリーマンに「女はフェラする生き物だよね?そうだよね?
ね?ねぇ?あとさ、マンコってヒトデの臭いするよね!?」
と執拗に同意を求めることがいつもの日課であった。
ある日転校生の梅川 エミリという美少女が山岡のクラスに入ってくる。
その瞬間山岡は彼女に恋をする。そう、彼はマンコは嫌いだが美少女が大好きなのだ!
だが彼女は彼の痛さに辟易してしまう・・・そんな感じの学園恋愛バトル。
このネタあげるよ。


57 :名無しさん名無しさん:2007/08/08(水) 00:25:33
考えた
主人公はコウタ(15)母は父と共に海外旅行に出掛けた。だが一週間後に帰ってきたのはなぜか母だけだった。母はなんと食人になっていたのだ。あの日なにがあったのか。増え続ける食人達。そして今コウタの戦いが始まる。

58 :名無しさん名無しさん:2007/08/08(水) 00:47:35
寄生獣かよ

59 :名無しさん名無しさん:2007/08/08(水) 00:54:41
ばれた

60 :名無しさん名無しさん:2007/08/08(水) 08:34:23
>>55
「ハイ… 一応、医師ですが」
「ご専門は?」
「歯科医です」
「 … 」


61 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 00:42:29
とまれとまれとまれとまれ・・・とまれぇぇえ!!
やっぱマコトか。
えっチアキ?

62 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 01:44:33
七つの玉を集めると
どんな願いもかなう話。

63 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 02:28:46
最近小説家なりました。
今結構書き溜めていて、短編で40話くらいあります(原稿用紙100枚程度×40)。
内容が文学方面なので参考になるかどうかわかりませんが、
(ジャンルはポストモダンかプレ・ポストモダンになると思います)
シノプシスの段階でストーリーの段階的状態を図形化すると楽ですよ。
普段からネタ収集していれば、その中から使えるネタを図形の下辺りに箇条書きしたり、
ストーリーを進めていく過程で図形の形を変えていったり。

ちなみに私は、最終的な図形の形(最終的なオチの内容)はあらかじめ決定しておいて、
そこへ向けてひたすら図形の形を変えていくという方法を取っています。

例:○ → △ → □ → ☆(→の下にネタを列挙します。ネタを入れた量によって図形の変化度合いを決めます)

→の下に書いたネタを使って、図形を最終的な形へと次々に変化させていくと、
個人的にですが、どういった趣向の情報が足りないのかが判り易くなります。
確か、宮崎駿はこの図形をたくさん書きながらストーリーを練るそうです。

ここまで読んでいただけたら気づかれることと思いますが、
設定は限りなく大風呂敷を広げておいて、
その風呂敷の広さを満たすだけのネタを次々に注ぎ込むことが大切です。
そうすると、図形がどんどん変形可能になり、
変形可能ということはストーリーが続くということになり、
最終的に複雑な加工をストーリーに施すことができるということになります。

小説に限って書いている上に、設定やネタの発想に関して触れていないので参考になるかどうか判りませんが、
(しかも、小説と映画は連載で人気を得る媒体ではないので、漫画と違って一発ネタが使いやすいです)
一助になれば幸いです。

64 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 04:56:21
今更ポストモダンて
昭和の遺物じゃん

65 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 12:12:46
てか何一つ具体的なこと言ってないね。


66 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 13:34:50
>>63
>設定は限りなく大風呂敷を広げておいて、
>その風呂敷の広さを満たすだけのネタを次々に注ぎ込むことが大切です。
>そうすると、図形がどんどん変形可能になり、
>変形可能ということはストーリーが続くということになり、
>最終的に複雑な加工をストーリーに施すことができるということになります。

持ち込みの32P短編は逆に短くまとめる為に絞らないといけないから悩むんじゃない?
拡がりすぎると逆効果のような気がする。

67 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 14:25:28
>>63は決して悪気はないんだろうけど
理系男脳創作者としてはいたたまれない何かを感じる

68 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 19:03:41
ヒント:最終的な図形

69 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 20:53:26
小説書く奴は掲示板でも長文ばっかだから読む気がなくなる。

70 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 21:52:30
小説と漫画原作は似て非為る物と心得る…

71 :名無しさん名無しさん:2007/08/09(木) 22:52:22
むしろ小説では漫画みたいな話の作り方はダメなんじゃね?
ノウハウの部分的な引用は蟻鴨だが

72 :名無しさん名無しさん:2007/08/10(金) 03:59:52
文句ばかり言うヤツってどうしようもないな。
ジャンルが違うんだから、違うのは当たり前。

むしろ違うジャンルから共通点を探り、自分のジャンルに生かせる才能が必要。
>>63は参考になったよ、

73 :名無しさん名無しさん:2007/08/10(金) 04:47:03
ストーリーを一本も書かずプロットも仕上げず

「参考になった」

74 :名無しさん名無しさん:2007/08/10(金) 08:29:25
>ストーリーを一本も書かずプロットも仕上げず
>
>「参考になった」
まあまあ落ちつけよ

75 :名無しさん名無しさん:2007/08/10(金) 20:28:16
>>73
キモイ

76 :名無しさん名無しさん:2007/08/13(月) 21:37:02
勝たれよ

77 :名無しさん名無しさん:2007/08/13(月) 21:49:59
なんとかなりそうになった

78 :名無しさん名無しさん:2007/08/14(火) 12:45:32
ギャグ漫画じゃないけど、話にオチって絶対必要ですかね?
ネーム描いてる内に、どんでん返し!みたいなラストを描かなきゃ面白くないかな…という思いに囚われる。

79 :名無しさん名無しさん:2007/08/14(火) 17:28:20
ミステリ・ジャンルは、どんでん返しのラストがほぼ定型になっているね。
ミステリのどんでん返しでなくても、ラスト=結論に向かって構成すべきだと思う。
特に短編では。
ラストから逆算して話を作ったら良いと思う。

80 :名無しさん名無しさん:2007/08/14(火) 17:28:45
綺麗にまとまればいんじゃね

81 :名無しさん名無しさん:2007/08/14(火) 17:34:29
>>79>>80レスありがとうございます。
なるほど…確かに綺麗にまとまってると面白いですね。とても参考になりました。ラストから逆に話を作ってみるって良さそうですね。
やってみよう。

82 :名無しさん名無しさん:2007/08/14(火) 17:38:24
>>79
そういう高等技術をサラリと言うなよ。
例を挙げると
答えはリモコンになるような問題を考えるってな思考難度なんだが。

83 :名無しさん名無しさん:2007/08/14(火) 18:02:50
こち亀だと、大抵は調子に乗った両さんがやる事をどんどんエスカレートさせていき、最後大失敗して終わるよね。
もしくはそのエスカレートし尽くした様を見せるか。

84 :名無しさん名無しさん:2007/08/14(火) 18:12:20
ボキャブラリーが少なくてどうにもどうにも

85 :名無しさん名無しさん:2007/08/14(火) 18:15:54
こち亀はやっぱりブレインが居るんだろうね
秋本1人であそこまでの雑学知識をもてると思えん

86 :名無しさん名無しさん:2007/08/15(水) 00:36:28
常識やぶりとして、事件が迷宮入りになるミステリーはどうだろうか。

87 :名無しさん名無しさん:2007/08/15(水) 00:43:36
>>事件が迷宮入りになるミステリー
映画の話になっちゃうけどレイクサイドダマーケースとかそんな感じ。
メッセージ性が強くないと印象に残らない話になっちゃうと思う

88 :名無しさん名無しさん:2007/08/15(水) 01:03:56
デビットリンチの映画みたいな漫画描こうぜ

89 :名無しさん名無しさん:2007/08/15(水) 05:15:52
風呂敷広げるダケ、広げといて
最終回!


90 :名無しさん名無しさん:2007/08/15(水) 05:19:50
浦沢か

91 :名無しさん名無しさん:2007/08/15(水) 06:28:28
おもしろそーなアイデア浮かんだけどオチが思い浮かばない…
アウアウ

92 :名無しさん名無しさん:2007/08/15(水) 11:32:39
あるある…

93 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 08:36:23
どんなに面白く話が展開しても
ラストが糞だともう全てが台無し…。
ネ申ラスト降りてきてー。

94 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 10:44:15
物語の見どころはラストだとは限らないだろう
ネタが面白ければケツまで凝ることもない
読後感は大事だが

95 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 11:19:49
マンガの短編には
奇抜なアイデアなんて別にいらないと思うよ。
そりゃあったらあったで最高だけどさ、
そんないくつも思いつくものでもないし、
投稿作品の時点でとっておきを使うのはもったいない。

大事なのは、誰でも思いつきそうなありふれた題材を
どうやってその作者なりに料理して読み手の心に訴えかけるか
ってとこでしょう。笑いにしろ感動にしろ。
投稿段階だと編集者も、奇抜な発想より、基本的な表現がキチンとできるか
ってとこを重視したいだろうし。

例えばプラネテスの第一話、あれ本来読切として描かれたもん。
やってることは、妻を亡くして前に進めなくなった男がそれを克服するまで、
っつー普通にありがちな話だけど幸村独自の世界設定と空気感、演出で
読めば誰でもウルウルしちゃう名作に仕上がっている。

96 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 11:29:54
>>94
そうか…人それぞれかもな。
漏れはダメ。
漫画の(ドラマや映画も)ラストが糞だと
それまでどんなに面白くても一気に冷める。
もう有りきたりなラストは読みたくねーのに
自分も描こうとしてて苛々。

97 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 11:55:22
連載に耐えうるようなネタなら温存するところだろうな
尾田はロマンスドーンでイチかバチかの勝負に出たらしいけど

読み切りならたとえ会話のやりとりの一部でも
読み手の記憶に引っかかるイイのがあったらまず成功だね

98 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 12:10:22
絵(キャラ)さえ描ければいいよ
そして原作を他から貰えばいい
むしろ絵さえ描けない奴が話を作るなと

99 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 12:56:03
ケチケチしねえでエアコンぐらい入れろ

100 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 13:18:54
創作文芸版からふらりと。
眼高手低で書けなくなったワナビです。話半分に聞き流してね。
ストーリーストーリーと念仏のように考えてもお話は出てこないよ。
あとアイデア、プロットの方で躓いてる人も多いみたい。
とりあえず自分の書いた漫画(のプロット)に5W1Hが揃ってるかもう一度確認してみるといい。
文章では初歩の初歩だけど。
漫画にも当てはまると思うから。

101 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 13:45:08
1hってなに?
いつ、どこで、だれが、なにをした
・・は、わかるけど1hはなんのことかわからん。

102 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 13:49:22
howだよ消防め・・・
べっべつにあんたのためを思って書いたんじゃ無いからね!!

103 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 13:59:15
102 ありがと、ツンデレちゃん!

104 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 19:32:17
whyってその実ワイルドカードっつーかジョーカーだよな。
他の5つのどれでも代入できる

105 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 19:49:57
>>104
うん。だから一番重要。
まあストーリーマンガの場合は「主人公の貫通行動の理念(理由)」
と言った感じで捉えるといいかもね。
5W1Hで考えるなら、
When、Whereが 舞台設定(世界観)
Whoが       主人公(視点?)
How&Whatが  どう行動するか(環境への主人公の作用)

でWhyが別格で 何故そう行動するのか

……かな。
たぶんWhy(なぜ)が一番先にあって他の単語は派生していったんだろうね。

106 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 21:07:00
whyが不確定だと、お前は何で戦ってるんだ?てキャラが生まれる


107 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 22:48:46
>>99

暖房がこのスレに設置されました。

 r──────────┐
 | l王三王三王三王三l o==ニヽ
 | |王三王三王三王三|  .| //
 ゝ 乂━━━━━━━乂_| `-=
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ∫ ∫  ∫ ∫ ∫ ∫  ∫ ∫
∫ ∫  ∫  ∫ ∫  ∫ ∫  モアモアー

108 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 23:22:42
我慢大会開始

 r──────────┐
 | l王三王三王三王三l o==ニヽ
 | |王三王三王三王三|  .| //
 ゝ 乂━━━━━━━乂_| `-=
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ∫ ∫  ∫ ∫ ∫ ∫  ∫ ∫
∫ ∫  ∫  ∫ ∫  ∫ ∫  モアモアー


                         ____
            ___            | i \ \  /
   ____,/⌒::_:_:_:_: `ヽ、      | i  l =l   ワンモアセッ!
 ∠´::::::::::::::::::;〃´・ω・)ミ:::ヽ      | |__ノ  ノ  \
≪二二二二,ノノ⌒^⌒`⌒)ミニ)    | ̄ ̄| ̄ ̄|
   ̄ ̄ ̄ ̄´ ` ̄´ ̄`´         |    |    |

109 :名無しさん名無しさん:2007/08/17(金) 23:59:46
導入部分だけの描きかけネームが一杯ある…。
そっから先…orz

110 :名無しさん名無しさん:2007/08/18(土) 19:01:39
2年ぶりぐらいにハンター×ハンターの単行本読んだんだけど、
色んな時事ネタやらなにやらのパロディが入ってるけど
パクりとは感じないし、何より読み込んでしまう。
やっぱ冨樫の才能はすごいわ。

111 :名無しさん名無しさん:2007/08/27(月) 19:29:01
レベルEも面白いしな

112 :名無しさん名無しさん:2007/09/04(火) 00:21:30
保守

113 :名無しさん名無しさん:2007/09/07(金) 15:58:05
捕手

114 :名無しさん名無しさん:2007/09/07(金) 16:39:55
あるところに花京院とアブドゥルがいました。
「やあポルナレフ」
「アーーッ!」

115 :名無しさん名無しさん:2007/09/18(火) 13:30:50
もっと語れ

116 :名無しさん名無しさん:2007/10/19(金) 01:07:05
ジャンプ志望者は話作りはいい意味で感性頼りかな?

話作りのために役に立ちそうな本数冊読んでる最中。
慣れるまで恐ろしくめんどくさそうだけど、熟読、実践しなきゃ
血肉にならないような内容だった。

直感で面白い話を作れる才能、自分にはないと痛感したから必死なんだ…
ジャンプ作家って感性で話作ってヒットさせてるイメージあるからつらいな。

117 :名無しさん名無しさん:2007/10/19(金) 19:32:06
あげます

118 :名無しさん名無しさん:2007/10/19(金) 19:43:29
>>116
本のタイトルは?

119 :名無しさん名無しさん:2007/10/19(金) 22:06:51
星新一の本はとりあえず全部読め。
それだけで思考能力上がるから。物語ってどうゆうものかを教えてくれるよ。

120 :名無しさん名無しさん:2007/10/19(金) 22:08:04
>>119
何歳?高校生?

121 :名無しさん名無しさん:2007/10/19(金) 22:41:33
星新一なら中学生じゃまいか

122 :121:2007/10/19(金) 22:43:06
訂正
星新一で学んでるなら中学生じゃまいか?
いや好きだけどねw

123 :名無しさん名無しさん:2007/10/20(土) 00:10:25
俺は45ページ用意していきなりネーム描くやり方。

124 :名無しさん名無しさん:2007/10/20(土) 11:17:09
>>123
それだと途中でグダグダになったりテンポが悪くなったりしなか?
一般的な方法だが、俺は話しの大まかな流れを書いて
そのあと会話や行動、背景を文章として書いた後に
改めて見て面白いと感じたらネームを描くようにしてる

125 :名無しさん名無しさん:2007/10/20(土) 12:30:35
>>124
俺の場合そうゆう方法とると逆にテンポ悪くなって機械的なネームに
なっちゃうからいきなり描くやり方が合ってる。
大体頭の中で構想練っておいて一気に描く。5時間くらいで。


126 :名無しさん名無しさん:2007/10/21(日) 04:25:46
そこらへん基本とかより自分がしやすい感じのほうがいいかもね

127 :116:2007/10/21(日) 17:53:45
うわ、誤爆してたことに気がつかなかった…
スレ違いごめん。

>>118
『アイデアの作り方』『ハリウッド脚本術』
あとはJK法関連(断片をカードに書いて色々組み合わせるやり方みたいな)

128 :116:2007/10/21(日) 17:59:02
あ、KJ法だったorz

つか十代の感性のときに色んな本読んどくべきだったよ。
現代小説ばっかで、日本文学、世界文学オールスルー。

>>119
既読だよw筒井も。ショートショートとかが
面白い作家は本当うらやましい。

129 :名無しさん名無しさん:2007/10/23(火) 05:34:08
>常識やぶりとして、事件が迷宮入りになるミステリーはどうだろうか。

とっくに描いてる先人が何人もいるけど
迷宮入りになることによって、解決する以上のカタルシスや余韻がないと評価を得られない

漫画家志望者は小説読むよりも映画やドラマ観た方が良いよ
(小説もできるだけ読んだほうがいいのは前提として)
後者のほうが心理描写よりも
具体的なエピソードからキャラ立てていくから読み切りや新連載の漫画に役立つ

とはいえ、最近のドラマはもとから漫画原作が多いわけだが・・

130 :118:2007/10/23(火) 22:09:10
>>127
そうか、オレは脚本の書き方系は大体読んだ、実践あるのみ
ただ映像と漫画は長さが全然ちがうから苦労する・・・orz
ジャンプは感性優先じゃないよ、キャラ優先
総じて話は単純で設定は細かく見えるのはそのせい
一昔前のゲーム型世界観の形式が残っているのかもな

131 :名無しさん名無しさん:2007/10/26(金) 10:56:13
これからはダークファンタジーにあと一つ何らかのスパイスを加えた何らかのネタが来る。

132 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 02:33:55
山田はゲームが大好きな30歳のニート。親にはもう見放されている。そんな山田が立ち上がった。漠然とだがゲームを作る仕事をしよう…と。しかし高卒で工業高校だった山田は何をしたらいいのか全くわからない。

山田は唯一の友達の林に相談する事にした。場所はファミレス。もちろん林のおごりだ。

真剣に相談に乗る林。眠くなる山田。真剣に相談に乗る林。煙草を吸い始める山田。真剣に相談に乗る林。煙草が苦手な林に煙草のけむりを吹きかけて笑う山田。

そんな山田の態度&けむりを吹きかけられた事によってキレる林。笑う山田。
林は怒って店を出てしまった。追う山田。しかし山田はファミレスの店員に止められてしまう。


「お客様…お勘定がまだなんですが…」

焦る山田。山田は最初から林におごってもらうつもりで財布を持ってきてないのだ。

山田は言った。
「ここで働かせてください」

まさに千と千尋の神隠しの千尋がユバーバに「ここで働かせてください」と言ったように山田は言った。むしろこんな事態なのにも関わらずに山田は千尋の物真似をしたのだ。

山田はゲームも好きだがアニメも好きだ。

断られる山田。
「ここで働きたいんです」山田は言った。警察に捕まる山田。笑う林。


親が迎えにきた頃には警察に説教をくらって落ち込んでる山田がいた。親と家に帰る山田。お父さん(60歳)に殴られる30歳の山田。山田は心から落ち込んでいた、そして殴られたホッペは青く変色していて触ると痛かった。


続く

133 :山田2:2007/11/15(木) 03:00:13
山田は自分に誓った。俺は変わる!!!変わるんだ!!!!30歳でニートなんて恥ずかしすぎる…ゲームの仕事をしよう!!!山田はそう誓ったのだ。

友達が1人もいない山田は相談する相手もいないので親の財布からお金を盗んで漫画喫茶に向かう。

「出世払いって事で…」

漫画喫茶に着いてからパソコンでゲームに関連する仕事を探すだす山田。飽きる山田。気づくと山田はエロサイトを見ていた。ニヤける山田。時間はあっという間に過ぎていった。
結局なんの仕事も探せずに落ち込む山田。
「1200円になります」店員が言った。山田は1000円しか持っていなかった。時間が少しだけオーバーしていて延長料金がとられていたのだ。少しくらい良いじゃないかとキレる山田。困る店員。

そこへ奥からガタイがいい強面の店長が出てきた。


「ここで働かせてください」山田は言った。

強面の店長に胸ぐらを捕まれる山田。なぜか必死に抵抗する山田。


「助けてくれーーーー!!!!」と山田が叫んだ。

警察に捕まる山田。笑う林。警察に説教をされ落ち込む山田。お父さん(60歳)に殴られる30歳の山田。


両方のホッペが青白く晴れていて痛かった。ものすごく痛かった。


山田は思った。


「次がラストチャンス。次にかけるぜ」

続く

134 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 03:15:33
今のゆとりニートオタゲーマーと違って山田の時代のゲームオタなら
MIDIの打ち込みやらドット絵やら簡単なプログラムぐらい組めます
お前等と一緒にすんな

バカにする為にゲームをやるお前等と一緒にすんな


すんな

135 :山田最終回:2007/11/15(木) 03:51:10
山田は思った。1からやり直そう…。もうこの町にはいられない。この町から出て1人になるんだ。そしてゲームの仕事をしよう。山田は決めた。

しかしお金がない山田は徒歩で行ける所まで行くしかなかった。歩く山田。疲れる山田。歩くのを止める山田。座る山田。空を見上げる山田。
「なにがラストチャンスだ!!人生何回だってやり直せるんだ!!今日はとりあえず家に帰るぞ!!」山田は言った。

「随分遠くまで来ちゃったな…歩いて帰るのはキツいぞ…もう疲れたよ…」山田はブツブツ言った。
コンビニで休む山田。コンビニの前で原動付き自転車がカギがささったまま止まっていた。どうやらコンビニにきた客がカギを取り忘れて買い物を始めたみたいだ。
「あの原付さえあれば家まで一瞬で帰れるぜ」ニヤける山田。
原付にまたがり猛スピードで走り出す山田。さっきまでコンビニで買い物をしていたのを止め、追う原付の持ち主。逃げる山田。追う警察。笑う林。

山田は焦っていた。「次、警察に捕まったらお父さんにどこ殴られるか分からないよ…もう両方のホッペは殴られたんだ…怖いよ!!!!!」

必死で逃げる山田。追う警察。笑う林。
原付の免許を実は持ってなかった山田は急カープで転倒した。「ウァオァァァ!!!!!!!いてぇよぉぉ!!!!!!」と叫んだと同時に山田の意識は飛んだ。
救急車で運ばれる山田。
山田は生と死の境をさまよっていた。心配する家族と林。山田は意識を取り戻した「なんだかあの世に行ってたような不思議な気分だよ…」ほっとする家族と複雑な林。
「俺さぁ…ゲームじゃなくてアニメの仕事するよ…今は漠然とそんな気分なんだ!!」山田は言った。「お前にそんな仕事できるのか?アニメだってゲームだって大変だぞ?」お父さんは言った。

山田はニヤリと笑って言った。

「だてにあの世は見てねぇぜ!!!!!!!」
山田はアニメも大好きだ。

終わり

136 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 07:29:33
女か

137 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 07:31:34
>>136
なぜ?

138 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 08:24:25
とりあえず、山田の話は面白くないな。落ちがないし、後味悪い。
大体ストーリーの重要なポイントにジブリのセリフ、イメージを借りてくると言うのが稚拙だ

139 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 11:50:51
とりあえずストーリーと日記は違う
ありきたりのことを三つ並べてもストーリーじゃない
バイク盗んで捕まってそれが何?って感じ

>>136
おっさんだろ
金がないからここで働かせてなんてネタは
古い漫画でよく見かける

140 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 13:41:00
さよなら山田さん

141 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 16:13:35
最近はうたたねをしながら考えます。
おかげで日に10時間寝てる。
出来はまだわからない。まだ描いてないから。

142 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 17:34:29
構成をもっと考えろヤマーダ。

143 :山田:2007/11/15(木) 18:06:21
すいません。つまんなかったですね。すいません。本当すいません。もっとギャグぽくしてギャグ漫画書きたかったんですが、すいません

アドバイスくれよ

144 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 19:16:02
山田と聞くと中学の同級生を思い出すよ
よく授業中居眠りしててさ起きた時よだれをたらしまくって
机がびちゃびちゃだったよ・・・


145 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 21:05:26
話作りの神が降りてキタ━━━━(゚∀゚)━━━!!!

146 :名無しさん名無しさん:2007/11/15(木) 21:42:43
すごいじゃんwktk

147 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 02:18:46
話作りは起承転結が基本


148 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 02:20:46
起承転結・・・それさえあれば話は作れる


149 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 02:55:35
最初にしょうかてんをイメージする。つぎにきをつくるかけつをつくる。最後にきかけつをつくる。
それで完成だ。簡単だろう?

150 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 03:00:41
話作りには無論、知識が必要。だから学校の勉強はちゃんと学ぶこと。あくまでも知識のためであり、成績や学歴のためではない。
簡単に言えば学校は知識の宝庫だ。わからないことがあったら先生に聞けばもっとマニアックな知識を提供してくれる。学生は今がチャンスなんだ。マニアックな知識を得たいのならば先生か図書室へいけ。

151 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 03:02:04
ニュースも重要なネタのほうこである。

152 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 03:04:45
漫画だけじゃだめだ。ゲーム、映画、ドラマ、ほかいろいろ、つまりはネタや知識はそこらじゅうにある。それをどうつかみとるかが問題。


153 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 11:58:49
>>149-152
何そのひとり言w


154 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 14:03:36
>>149-152

中学生?

155 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 14:07:46
>>149-152
天才だな  第二の尾田も夢じゃないな!

156 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 15:53:04
>>152
まっ先に”ゲーム”が出てくる時点でキモヲタ予備軍の中学生ってところか
まずお前は友人をつくれ、それからだ

157 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 16:14:05
このスレの住人なら誰でも知ってそうな基本を
なぜ>>149-152は得意気に語ったのだろうw

158 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 16:17:52
残飯のレスには起承転結がないから
マヌケなレスになってるだけ
あんまりイジメんといてあげて

159 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 16:32:28
>>145
成果みせてくれよ

160 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 16:56:22
>>145 誰が神なんだよ

161 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 17:06:49
(*^_^*)
私が神です。

162 :山田:2007/11/16(金) 17:09:57
「俺が神だ」


山田は小声で言った

163 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 17:33:22
あなたが神か

164 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 17:42:30
俺がガンダムだ

165 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 17:58:37
では私は超能力者です

166 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 18:00:53
(*^_^*)
Q.話作りのコツはあるのでしょうか?

人それぞれ、色々な方法論があるだろう。 一番良いのは自分に合ったやり方を見つける事だ。
あるやり方で上手く行かなくても、違うやり方で大きな成果を収める事は普通にあるものなんだ。

僕の話作りのコツを語るならば、まず、漫画を構成する要素は大きく分けて3つある。
それは【世界観】 【キャラクター】 【物語】だ。
この3つを上手く組み合わせて、初めて面白い漫画が出来るわけだ。
そして、まず最初に重要なのは『自分が何を作りたいか』
そう、テーマとイメージが重要なんだ。
そして、そのテーマとイメージに合ったアイテムをトッピングしていくわけだが、ここで色々悩み苦しむ人が多いだろう。
そういう時は、とりあえず小説形式にして書いてみる事が有効な手法だと思う。
なぜ小説形式が良いのかというと、漫画形式よりも手直しが簡単だし、イメージも限定されにくいからだ。
漫画形式で描き始めると、手直しも面倒だし、イメージがコマに固定されてしまい広がらなくなる。

『小説を書く』→それを漫画にする

これが神である僕のオススメするやり方だね。
そして、最初から完璧な小説を書こうとしなくてもいいんだ。
修正しながら、少しずつ自分の理想のイメージに近付けていけばいい。

167 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 18:45:41
妄想乙

168 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 19:03:59
>>166
ちょっと異論がある
「話作りはイメージで考えないとダメ」が俺の信条だ
漫画はあくまで絵で魅せるものだ
イメージを考えずに話を作ってくなんて邪道だと思うぞ


169 :山田:2007/11/16(金) 19:46:18
どうでもいいよ



170 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:03:18
ワシは頭の中でネームをイメージしながら、平行して話を考えるっすよ。

171 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:03:30
>>166
いかにも漫画を描いたことがない脳内名人の持論だなぁ・・・

>>漫画形式で描き始めると、手直しも面倒だし、イメージがコマに固定されてしまい広がらなくなる。
コレでネームも切れない似非志望者なのがバレバレだよ

172 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 20:05:58
(*^_^*)
>>168
イメージをコマに置き、いざ絵にすると、その瞬間、イメージは輝きを半分失うだろう。
文章もイメージから成り立つもの。
すぐ絵に変換するよりも、文章のままで置いていた方が想像力は限定されず広がりを保つ事が出来る。

173 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:11:55
>イメージをコマに置き、いざ絵にすると、その瞬間、イメージは輝きを半分失うだろう。

これまた異論がある
絵にするとイメージの輝きが半分失われるなんてない
もしそうだとしたらそんなシーンは最初からいいシーンとは言えない

174 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:12:12
相当ネーム慣れして無い限り、文章だけだと、
情報量大杉省略しないと入らねーとか、
強調したくないのに大ゴマ過ぎワロタw
とかになんね?
ネーム見せてくれれば納得する。

175 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:15:33
絵を描いてれば、文字で表現できないものがあるってことくらい分かると思うけどな。
素人乙。

176 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 20:18:31
(*^_^*)
想像力のレベルによる。
僕は文章からイメージしやすい。
絵がなければイメージ出来ないと言うちっぽけな想像力なら、話は違うね。

177 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:19:43
だーかーらー実際に描きだす前ならなんでも名作なんだよ
絵にすると(;゚Д゚)アワワワワワワワになるのは下手だから
同じ内容の芝居でも描き手によって全然違ってくるぐらいは分かるよな?

178 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:20:06
ネームを見せろ。

179 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:21:57
さらに異論を続ける
大体だな、イメージを考えずに話を作るってのは
台詞や心情に頼る展開に陥りやすい
絵にしたときのイメージや動きを計算に入れて
話を作らないとネームでやり直す事になると俺は思うんだけど…

180 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:22:48
>>178
それを言うならまずは自分が見せるのが礼儀ってもんだろ?

181 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:24:14
>>176
そのすばらしい想像力で↓の絵を描写してみてくれ。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/08/Leonardo_da_Vinci_%281452-1519%29_-_The_Last_Supper_%281495-1498%29.jpg

182 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 20:25:30
(*^_^*)
>>177
実際に描く絵が、想像力を上回るケースはそうそう無いだろうね。

183 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:25:46
>>181
模写に必要なのは想像力じゃなくて観察力だよ?

184 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:26:07
小説家気取りの文章厨うぜぇ

185 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 20:31:42
(*^_^*)
>>179
勘違いしてるようだけども、文章もイメージから作られるものだよ。

186 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:38:56
ん?なんだそりゃ?
それなら異論はないけど
ん?結局イメージ考えてたわけ?

187 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:39:27
演出意図があっても、表現するための技術がなさそうな予感

188 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:41:45
49 名前: ◆FANTA/M8CU [] 投稿日:2007/03/05(月) 19:09:48 ID:hOdj9KaHO
ワンピを倒す漫画があるとしたら、それは俺の漫画だな。
他の漫画家じゃ無理だと思う。
上のレスにもあるように、王道路線じゃないとワンピに対抗出来ないだろうね。
つまり…ワンピを倒すためには、ワンピ以上の破壊的な娯楽性を持って制する必要があるんだよ。

そして、俺には それが出来る。
これまで色んな事を学習して完璧な漫画理論を築いてきた。
俺は全世界を席巻するスーパーな漫画を創造出来る。
ドラゴンボールやワンピースは、俺にとっては通過点に過ぎない。

他の漫画家じゃ無理。
だが、俺には可能だ。
俺は手塚治虫すら超える漫画史上最強の天才だからね…。

近い将来、このレスが『伝説』になってるから、お楽しみに☆(*^_^*)
言っとくけど、釣りじゃないよ。


189 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:43:10
>>182>>185
そ れ は ヘタだから。だっていってんだろこの糞虫!
イメージを具現化するのが゛ヴィジュアル゛だっつぅぅの!!!
文章に書いたってイメージがイメージのまんまだぉろッボケナス!!!!

190 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 20:47:57
(*^_^*)
>>189
どんな画力の持ち主でも、自分の想像力を100%具現出来る事は無いだろうね。
それが話作りに支障をきたすんだ。

191 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:52:41
画力⇒文才 同じことだろ

どんな文才の持ち主でも、自分の想像力を100%具現出来る事は無いだろうね。
それが話作りに支障をきたすんだ。

192 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:52:58
小説とプロットは別物ですね
よくわかってないようですね

193 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:55:56
ネームに脚注付けるだけで十分だと思うわけで

194 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:56:13
イメージには絶対基準も相対基準もないいわば個人の体験だ
100%も200%もなにも測定自体不可能
イメージをどこまで客に共有させられるかが
ビジュアル作品での勝負だが何か?

195 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:56:26
いや、悪いけどワンピ倒すのはボクだよ。FANTA、君じゃない。
ワンピどころか鳥山も藤子も手塚も超えてみせる。天才のこのボクがね。
君はボクを立てるだけのかませ犬でしかないのさ。身の程をわきまえな。
天才と自称としていいのは本物の天才だけさ。この僕のようなね。


196 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 20:58:10
おれは文章で考えるやり方はいいと思うけどな。
絵を固定しないからネームの段階でクオリティを高めることができる。
おれは文才がないからなかなか小説のようにはできないけど・・

197 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 20:59:47
(*^_^*)
重要なのは100%の想像力で最後まで話を考える事なんだ。
途中でイメージを絵に変換すると、そこから劣化が始まる。
イメージが固定されてしまい、想像力をフルに発揮する事が難しくなるんだ。
『心に描く映像』よりも上の表現は不可能に近い。 なぜならそれは究極だから。
だからこそ、その究極で最後まで話を考える事が重要なんだ。
それが理想からの劣化を最小限に抑える事につながる。
話を考えてる途中で、中途半端に絵にしてしまうと、話も劣化→劣化で進んでしまう。
僕の言う事は、勘の鋭い人ならわかるだろう。

198 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:02:51
>>196
小説の様に細かく書かなくてもプロットは箇条書きでいい
大まかな話の流れを決める。エピソードをいくつか考えてそれを並べ替える
メモ用紙にエピソードを書いておけば、後の並べ替えが楽になる

199 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:04:12
>>197
僕は童貞まで読んだ

200 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:05:16
>>196
そりゃそうだ、絵がはいったら客観的に見れなくなる
とくに漫画はキャラが動けていると話のアラを見過ごしがちになるしな
ただしそれは小説とは別物

201 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:07:10
最初にストーリーをフロー形式で箇条書きなら誰でもやってると思うわけで
ネーム描きながら話考える人なんておらんだろ

202 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:08:00
小説がどんなもんか解ってない糞コテがいるようで^^;

203 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:09:34
俺ネーム描きながら話考えてるぜ。

204 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 21:10:38
(*^_^*)
箇条書きより、実際に小説を書いてみた方がいい。
そっちの方が流れを細かく感じとれるし、それにより細かいアイデアを投入出来る。

205 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:11:20
つーか小説はすべて説明でしょ
漫画では入りきらないような長尺でも数行にまとめられるわけだよ?
圧縮度が全然ちがうんだから小説形式で書いてたら(゚Д゚)ウマーに思えて当然だよ

206 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:12:46
小説家になれよ

207 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:17:26
>>204
箇条書きのエピソードをフロー形式で順序だてる作業がプロット
それにコマを割り当て大まかな絵を書き込むのがネーム
小説??あほか

208 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 21:20:10
(*^_^*)
小説を書いてみる方が、より細かい流れとイメージを掴みやすいだろうね。
箇条書きはしょせん上辺に過ぎない。
細かい演出力を発揮するには不十分なやり方だ。

209 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:23:46
小説みたいに書く方法があるってゆうのはなんかの本で見た事あるな

210 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:24:52
小説にあるような説明描写は作者の頭の中にある
絵で表現するのが漫画、文章で描写するのが小説
細かい場面をどんな動きの絵にするとか背景画はどうするかはネームの時点で考える
文章にはしないなぁ俺は

211 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:27:10
もう小説みたいに書けばいいじゃん
んでネームにしてみたら長さが全然違うことに気付いて
一からやり直して二度手間すりゃいいじゃん
俺は絵にしたときのイメージを考えながら話作るよ

212 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:28:37
ネームを起こしながらやった方が良いこともある
漫画の場合、コマ割りも演出の大事な要素だから
慣れてないうちは文章にしたほうがいいかもね

213 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:29:19
文一行を漫画一コマに対応させるやり方なら小池一夫の本に書いてたな。
しかし、何行にもわたる詳細な文章の描写を一コマの絵で表現するのは、
面倒すぎてありえん。絵ではじめから考えた方がマシ。

214 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:31:22
つか漫画はエピソードごとが基本じゃね?

215 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:33:23
>>208
あんた純文学を100%漫画で伝える事できると思ってる?
漫画で表現できる事なんてプロットで十分

216 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:41:02
○○は右手を上げて左手を下げた
いちいち文章にしなくてもネームで書き込めば十分だな
小説なんかにして一本書き上げても規定ページに収まらなきゃ削らなきゃいけない
漫画描いたことないんだろうな

217 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:44:35
>>208
文章もイメージで創られるって自分で書いたよな?おい

小説は読者それぞれのイメージを喚起する読ませ方であって
漫画とか画像で見せる作品は固定されたイメージを読者全体に
゛共有させる゛ことが目的なんだ完成形を漫画においている文章と
文章で完成となる小説では向き不向きの内容からまるでちげーぞ

百歩譲って文で一度完成させてからコマを割るとしても
もとの文は小説なんて呼べるシロモノじゃねーよタコスケ

218 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:48:09
小説の事わかってねーんだって
変な糞コテに構う暇あったら漫画描こうぜ

219 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 21:48:22
(*^_^*)
>>215
本当に最高の漫画を作ろうと思ったら、1コマに、いかに多くの情報を詰め込めるかが鍵になってくるんだ。
君の考え方は、1コマに対する認識が甘いように見受けられる。
いかに1コマ、1コマで差をつけるかが重要だというのに、そんな考え方で大丈夫なのかい?
ライバルに対して、どこで差をつけるつもりなんだい?
情報の蓄積により、漫画はよりクオリティの高いものに仕上がっていくわけだけど、君はその蓄積を甘く見ているね。
細かい流れを感じとり、細かいアイデアを投入すると言う気概がないなら、
それは、最高に面白い漫画を作る事を放棄してるようなものだ。

220 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:55:41
コマごとのつなぎで見せる漫画じゃ小説ほどの容量ははじめっからぬぇんだよ!!!
漫画では1コマ1コマ詰め込むんじゃなくて要点だけ拾うんだかす
もうモタスポ板に帰れ基地外

221 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:56:50
えらい長文書いてるわりに内容はしょっぱいね


222 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:56:53
FANTAみたいな事言ってる漫画家見た事あるぞ その漫画家はまあまあ売れてるぽかったな

223 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 21:57:28
>本当に最高の漫画を作ろうと思ったら、1コマに、いかに多くの情報を詰め込めるかが鍵になってくるんだ。

絶対売れないから。底が見えた。

224 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 21:58:39
(*^_^*)
単純に、あらすじだけ読むのと 小説を読むのとでは伝わるイメージも感動もまったく違うだろう。
仮に『スタンドバイミー』を漫画化するとして、やはり あらすじだけ聞いて取り掛かるよりも
小説を読んで取り掛かる方が、より細かいイメージを持って漫画を作る事が出来るだろう。
自分で創作する場合も同じ事だ。
より詳細な設定と流れが理解出来るものがあれば、
それを活かしたものの方が、大雑把なメモよりも、より細かく より高いクオリティの作品が出来るのは当然だろう。
大雑把なメモで充分というならそれでいい。
そんな漫画で満足したいならすればいいさ。

225 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:00:21
>>219
文盲すぎる
言いたい事は217と変わらん
純文学未読なのもわかった
あんたがさっきから言ってるのは小説ではなくただの説明です

226 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:01:14
ファンタさんはどんなジャンルの漫画を書こうとしてるんですか?

227 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:04:07
ムキになってるやつがいるけどファンタの方が正論だわ
筋が通ってる

228 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:05:38
>>227
ファンタ乙

229 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:08:11
筋が通ってると思うんなら小説にしてから漫画描けばいいな
お前の自由だ

230 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:08:49
>>224
お前のいたずら書きとそんな高名小説がタイのわけねーだろ
表現方法がちがっても元ネタがよっぽど上物なら腐っても鯛は鯛
お前の漫画とも持論とも何の関係も無いぞそれ

231 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:14:05
レスをまとめると
プロットをすご〜〜〜く細かく丁寧に作れば、それだけ良い作品ができますよ
まあ…当たり前だわな…小説って言葉に何かあるのかと思えば、何にも考えてませんでしたとさ…

232 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:16:01
スタンドバイミーを漫画化するとして
作画にあたる漫画家がスティーブンキングのイメージを
小説読んで100%汲み取って絵を入れるってか?

漫画化の前に決裂だそんな不遜な口を利いてた日にゃ

233 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:19:12
要はネームに移る段階で頭にあるイメージで描くか用意しておいた文章を元にして描くかって事だろ
どっちもアリだな、無駄が多いとは個人的に思うけど

234 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 22:21:31
(*^_^*)
反論出来ないから論点ずらしか。
小説>箇条書き
なのは確定でしょ。
大雑把な箇条書きで充分と言ってた割には、発言がトーンダウンしてるね。
より細かい描写のメモがあれば、そっちの方が上だと認めたわけだ。

235 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:25:30
小説=詳しい描写のメモ
お前はバカか

236 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:29:27
>>235
何が違うの?

237 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:32:47
スリック語ではそういうこと
FANTAスレでも散々消防奈美の文章力を披露しているからね
小説形式のストーリー作りがどうたらの前に・・・プ<

238 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:34:27
かぁ〜〜〜〜〜
もう泣いていいですか?
話一つの為に小説書く時間が勿体無いって皆が言ってるだろうが!ボケ
お前はいい話を書く為の努力を惜しまないなら始めに原稿用紙1万枚の
小説にすんのか?細かく書いたプロットと小説の境界線はどこだ?
もう帰れ

239 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:35:05
何が違うのか答えられないよね

240 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:36:20
>>219
フイタw
そんな決め付けしたら215は激怒するだろw

241 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:37:01
ネームで詳しく描けばいいじゃん、文章にする必要あんの?
ネーム書いてる間に忘れちゃうとかなら別だけどw

242 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/16(金) 22:42:39
(*^_^*)
理解出来ないならする必要はないけど、大雑把な箇条書きが、小説に勝る所を説明出来てないね。

243 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:44:32
>途中でイメージを絵に変換すると、そこから劣化が始まる。
>イメージが固定されてしまい、想像力をフルに発揮する事が難しくなるんだ。

なんで劣化がはじまるんだ?俺はネーム何度も書き直すけどな
劣化させる為じゃなく、イメージを効果的に表現できるようにね
詳しく小説の様に文章化しても絵にする時はもう一度想像する事になると思うけどね・・・



244 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:48:38
二度手間が好きなんですよ、好きにさせてやりなさい

245 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:49:37
>>242
つまり話が作れないから最初はそーやって遠回りしたいんだろ?
何作も作れば小説までやらんでも話作れるから大丈夫さ

246 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:53:36
>>242
書 く 手 間 で 勝 っ て ま す

247 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:53:36
>>242
だから詳しいメモは゛小説゛っていわねーんだよ

仮におまいの走り書きが小説になっているとして
表現方法も味わい方もちがうって何度も出てるだろ
羊羹と餡子の区別もつかんのか小豆食ってれば同じってワケじゃねーぞ

248 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 22:55:52
とりあえず小説って言うのはヤメロ。そこは論破されたんだから


249 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:02:32
>詳しく小説の様に文章化しても絵にする時はもう一度想像する事になると思うけどね・・

そうだな、小説を読む人は頭の中で映像化するが
作ってる本人なのだから詳しく文章化しなくても絵にすればいい
文章におこしても良いと思うけど
要はどっちでもいい、慣れ

250 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:09:41
ファンタさんは小説と漫画両方書ける時間があるんですね
普通の人はどちらか一方で精一杯です
アドバイスとしては不適切であります

251 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:09:53
ストーリーは慣れで創れるモノじゃないよ
ましてやスリックは絵にすると劣化するって言ってるんだから
どうせその脳内作画は矛盾も都合よく補正されているのに

252 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:12:48
小説が詳しい描写なのは自分のイメージを自分以外の人に伝える為なんだよね
漫画はそれを絵と台詞で伝える
なので自分が読む分は箇条書きで十分、自分自身のイメージを自分用に説明しなくてもいいから


253 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:18:40
小説の描写は読む人ごとに異なるイメージを持たせるからね
無論書いた本人でも同じこと実際後で絵にしてみたら
劣化してるに決まってるよ

254 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:23:51
箇条書きと小説の優劣を競ってもそれ自体意味ないよ
作者が違えば向き不向きがあるんだよ
大事なのは漫画にしたときの出来だよ

255 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:28:04
箇条書きと小説は比較できない
漫画の話作りに向いているかいないかだけ
小説で書いてから漫画にするなんて
ありえない

256 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:29:25
結局イメージを絵で表現する技術が必要なのであって、小説にしても意味がない
なぜなら文章を絵にするには、またイメージする事になるからだ

それを二度手間といいます

257 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:31:25
釣り宣言はまだか、帰るに帰れない。早く介錯してくれ

258 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:37:58
まあ話の作り方はいろいろあるって事じゃね?
俺なんか左手で金玉触ってないと話作りに集中できないし

259 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:58:02
漫画の話を作るのに

小説に書いてからまたネームを書くなんてやり方は

な い

260 :名無しさん名無しさん:2007/11/16(金) 23:58:28
ネームきる前に一本の小説なんかにしてもね・・・・・
規定の枚数にまとめる為、ネームきる時に足したり削ったりする
断片的なエピソードに分けておいた方が便利だぞ


261 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:05:05
何にもしないよりはいんじゃね?書くんなら
何度手間でも直接役に立たなくても物語りは物語
あ、小説も書いてないのかw

262 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:09:28
何言ってんの?ネームを書く前に小説にするのって当たり前の事だろ?
ファンタも今更そんな説明すんなって。基礎の基礎じゃん。
ニュータイプなら誰だって漫画を書く前に準備としてまず小説を書いてるよ。そして心は詩人、だよな?

263 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:12:45
描きたいシーンを思いつく(テーマ)
主人公をつくる
スタートとラストを決める
盛り上げる為のエピソードを作る
大まかな流れを決める
ネームを描いてみる
収まりそうになければ削る
ネームが決まったら清書する

俺はこんな感じが多い、ネームでコマ割り等しながら一本にまとめるから、小説みたいにまとめて書いたりはしないな
逆にやりづらそう

264 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:14:54
なんかえらい伸びてるなと思ったらw
ファンタとかいう奴はなんなの?馬鹿なの?
小説を原作にした漫画なんて、ほとんどがコケてるじゃん
今アクションでやってる罪と罰も酷いもんだよ
脳内理論はいいから、もちっと現実を見た方がいい

265 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:16:18
いきなり連載の事でも考えてるんじゃねーの?w

266 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:17:21
こんなに博識ぶってるけどただの2ちゃんねらーじゃん、漫画家でもなんでもねーWW

267 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:19:27
>>242
ファンタさん!その小説もいつか読めるのですか?
漫画ではDBにワンピ、小説ではハリポタを超えるって本当ですか?
文学界を揺るがす大天才ですね!頑張って下さい!

268 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:19:35
小説とマンガの違い・・・うーん。
マンガは視覚メディアなんで、マンガなりの面白さやダイナミズムってあると思う。
千畳敷のガクランとか、富士の裾野で2万人の不良と一人で戦うとか、ムチャクチャ
なんだけど、マンガで読むと面白い。でも小説だとありえないんじゃないかな・・




269 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:22:32
そこなんだよな
絵にしちゃうと無理のある話しでも読めちまうこともある
それがいいんだけど現在では通用しないだろう

270 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:22:48
いきなり小説にしても決まったP数で収まるもんかね?
ベテランで、この場面はどれくらいのコマ数必要とか感覚で解るなら別だが
漫画と小説は同じじゃないからね、ちょっと完成までの流れが違うと思うぞ

271 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:24:04
全然ちがう、いいピッチャーになるために砲丸投げもやるようなもんだ

272 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:26:38
脳内パズラーに明日は無い

273 :餓太郎:2007/11/17(土) 00:29:10
本当に先に小説を書いた方がいいのか今度、担当に訊いてみるわ

274 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:30:15
>>273
試してみればいいじゃないか


275 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:31:22
漫画家の話作りに小説は当てにならん。動く映像や想像力を刺激するテレビやラジオなどが重要だ。

276 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:32:31
編集者は漫画の先生じゃないぞ
それでよく担当ついたな

277 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:40:52
箇条書き」の方がネームきる時楽だったりするんだよな
1つの読み切り作るにはエピソードを切ったり張ったりして調整するんだよ
◆FANTA/M8CU さんが大作作ってる連載作家さんだったら別だけど

278 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:43:33
まあ小説が原作の場合よほどネームバリューがないとダメだな
小説のアタリ具合でほぼ決まる。漫画になると面白いなんて
ほんとうには無い。漫画読者も読むというだけ
よって三/国/志やバ/ガ/ボ/ン/ドが古典と巨匠で番を張る、と

279 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:46:11
なんでこんなに伸びてんの?

280 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/17(土) 00:49:25
(*^_^*)
自分に合ったやり方を採用すれば良い。
僕は自分のやり方がベストだと思ってる。
たぶん、自分に合ってるんだろうね。
それは論理的にもメリットがあるので、効果的なアプローチのひとつだと確信している。
僕はそれを他の人にもオススメしてるが、その人の感受性や発想の仕方によっても解釈は随分変わるだろうね。

281 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 00:55:41
見解の相違という名の逃げ道

282 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:00:38
ファンタのやり方は超・上級者用のやり方だから凡人には真似出来ない
さすがは天才ファンタ
手塚治虫を完全に超えた男

283 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:02:45
なぜ小説形式が良いのかというと、漫画形式よりも手直しが簡単だし、イメージも限定されにくいからだ。
漫画形式で描き始めると、手直しも面倒だし、イメージがコマに固定されてしまい広がらなくなる。

漫画形式ってなんですか?ネームの事ですか?
コマ割りの段階で手直しは当たり前です
>イメージがコマに固定されてしまい広がらなくなる
ってなんですか?意味がわかりません

284 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:08:31
小説形式で書けば手直しが簡単
意味不明だな、突っ込み所満載すぎる

285 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:11:22
天才ファンタの思考について来れないだけ

286 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:19:11
天才ファンタなんかどうでもいいから>>63の方法をもうちょっと詳しく知りたい。
宮崎も使ってるってホントなのか?

287 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:22:34
ネームきらないの?wすごいね・・・手塚治虫クラスだね
絵を描きながらコマ割って手直しするのが普通だろう
小説形式だと手直しが簡単?同じですよ
むしろエピソードごとに分かれてない分、削る部分がわかり難くなったりします

288 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:30:47
手塚治虫の漫画を読んだことがあるのか?
めちゃくちゃだと思うんだが

289 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:36:15
>>286
問題解決までの引き出しを普段から用意しておく
・修行
・仲間を募る
・不思議な力を得る
・少しずつ攻略する
・過去の出来事を思い出す
・助言を得る、等

目的を達成するまでに、世界設定や主人公に合わせていくつかのピースをはめ込んでいく
それが全体的なストーリーになっていく

290 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:37:53
あっしの場合は最初にテーマを決め(これは当たり前)漠然としたことから考えやすぜ。その漠然からさらに漠然としたイメージを思い描き、心に(頭に)残しておく、
そのイメージはやがてネタの材料になりやす。これが毎日続くと思い描いたシーンがどんどんと詰まっていきやす。
アイデアは考えておもいつくもんではないですぜ。ある日突然やってくるものでやす。

291 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:40:52
最初の四ページがうまくいけばうまくいく。

しかし、それがむずかしい。

292 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:40:54
>>280
ちょっと面白そうだから試してみるよ。
でも文章に凝ったりせず感情ダダ漏れでテケトーにやるだろうけど。

というか、天才ファンタはそれで結果だしているの?
それが聞きたい。
話作りにはよさそうだけど、ネーム絞るのが大変そう。

293 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/17(土) 01:41:26
(*^_^*)
>>290
わかってるね。

294 : ◆FANTA/M8CU :2007/11/17(土) 01:43:33
(*^_^*)
>>292
これから3年以内に、漫画界の頂点に立つ。
これは妄言でも何でもない。

295 :292:2007/11/17(土) 01:47:32
>>294
おー待ってるよ。だが頂点に立つ前に誌面に出て
きたら自分がファンタってこと匂わせてくれよ。

あと頂点に立つためには2ch断ちした方がいいと思う…
そうしないとその倍の時間がかかるぜ。

296 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 01:51:03
>>289の続き
普段の生活や、映画や本、TVを見て感動した
なぜ感動したかを書き留めておく。理由やシチュエーション等
・仲間を信じ続けた
・周りの人が助けてくれた
・弱い者が強い者に努力して勝利した
・悲しい事(なぜ悲しかったか)
・普段泣かない人が泣いた、等

こういうネタを普段から収集しておく
それを組み合わせる


297 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:04:17
彼は激怒のあまり頭部を火山状に変形させ、火口から噴煙と溶岩を飛び散らせながら叫んだ。
「ボルケーノォ〜!!」

・・とまあ(ガジテツ王子からの流用で申し訳ないですが)こんな感じで書いていくわけですね?

298 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:16:17
>>289>>296の様な断片的なエピソードを組み合わせてストーリーを構成します
料理が下手な青年と料理の知識が豊富なネズミがいました
青年はぼやきます、料理が上手くなりたいと
ネズミはずっと料理が作りたいと思ってました
でもネズミ料理が作れません「私と一緒に作りませんか」
二人は協力しておいしい料理を作りました
ネズミのおかげで料理の楽しさがわかりました
ネズミは寿命でしんでしまいました
青年はネズミとの思い出を大事にしながら料理作り続け成功しました
青年はお店の名前はネズミの名前にしました

仲間を作る
協力して努力する
仲間の死
仲間との思い出と共に努力する
成功して繁盛する
死んだ仲間を敬う

いくつかのピースを2人のキャラと絡めてストーリーに、盛り上げる為に途中苦難とか足す
キャラはどっかのアニメのパクリですが、宮崎さんも基本はエピソードの組み合わせ、積み合わせでしょう

299 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:17:33
そこから本格的に話の内容、キャラ、世界観、雰囲気などを考え悩み、メモしたり、頭の中で組み立てていきやす。
そして大々的にあらすじを作っていきやす。これが大事で最初の展開とそれにつながるオチをきめていきやす。そしてその間にドラマを詰め込んでいって、余計な部分を除外していき、
それをもとにキャラや世界観、話の一部のの確認、変更などを行い、読みやすい漫画にする。それからネームを切っていきやす。
もちろん気分しだいでネームの段階でも一部変更や削除、追加などをしていきやす。
・・・

300 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:20:13
アマチュアの典型的なやり方乙

301 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:22:08
>>63の図形というのがよくわからん。

302 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:32:37
>>301
成長した話とか感動した話悲しい話など
図形ってのは色んなエピソードを記号化しただけ
要はラストに向けて複数の話を組み合わせるって事だろ

303 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:49:43
これからはエコの時代ってことでエコをテーマにした漫画ってどうだろう?
この際地球温暖化でもいいや

304 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:51:25
俺はテーマ(努力、友情とか)を決め、主人公にウィークポイントを決めてストーリーを練る方法と
まず主人公の設定を決めてテーマを後付けするやり方のどちらかで作ってるな

ウィークポイントを克服したり逆手に取ったり、仲間に補ってもらったり
個人的な考えだが弱点がないキャラってのは面白い展開にならない


305 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:56:54
1.赤の他人に時間を使わせた上で、その時間はむだでなかったと思わせること。
2.男女いずれの読者も応援できるキャラクターを、すくなくともひとりは登場させること。
3.たとえコップ一杯の水でもいいから、どのキャラクターにもなにかをほしがらせること。
4.どのセンテンスにもふたつの役目のどちらかをさせること----登場人物を説明するか、アクションを前に進めるか。
5.なるべく結末近くから話をはじめること。
6.サディストになること。どれほど自作の主人公が善良な好人物であっても、その身の上におそろしい出来事をふりかからせる----自分がなにからできているかを読者にさとらせるために。
7.ただひとりの読者を喜ばせるように書くこと。つまり、窓をあけはなって世界を愛したりすれば、あなたの物語は肺炎に罹ってしまう。
8.なるべく早く、なるべく多くの情報を読者に与えること。サスペンスなどくそくらえ。
なにが起きているか、なぜ、どこで起きているかについて、読者が完全な理解を持つ必要がある。
たとえゴキブリに最後の何ページかをかじられてしまっても、自分でその物語をしめくくれるように。


306 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 02:59:34
誤爆

307 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 03:08:38
>>297ウ"ィンちゃんのパクリかよ

白井ヴィンセントに許可もらってからやってね

308 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 03:31:03
山田の物語を考えたのがファンタさんて本当ですか?

もしくは山田=ファンタ実話て本当ですか?

309 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 08:20:16
>>286
そういうのは自分で着想で実践しないとダメなんだよ
>>63をレスした人も短編40作書いたと書いてるし
その下で一作も書かずに「参考になった」とヌカしてたのは
ファンタ臭いなぁ〜と思ってたら案の定だった

310 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 08:40:44
小説と漫画両方書ける人間がいてもそりゃおかしくねーよ
生まれつき物凄く頭がいいヤツもいるから、それこそ
常人が1考える間に3、4、5と考えられるようなのがね

そんな才能があるヤツの口からは
こういうやり方が簡単だの手直しが面倒だのの言葉が
出てくるわけが無い

311 :◇FANTA/M8CU :2007/11/17(土) 08:45:05
>>294
(*^_^*)
これから3年以内に、就職する。
これは妄言でも何でもない。


312 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 08:50:22
82 名前: ◆FANTA/M8CU 投稿日: 2007/07/04(水) 02:06:09 ID:g/8W9sON
(*^_^*)
>>42
根拠?
まず、僕が尾田を超越していると、自分で感じていると言う事かな。

877 名前: ミハエルイス・ファンタスティック! ◆FANTA/M8CU 投稿日: 2007/08/02(木) 20:22:37 ID:5jCUGqBAO
(*^_^*)
>>876
お前が勝手に感じてるだけだろ。
そんなものを根拠とは言わない。


313 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 08:52:36
159名前: ◆FANTA/M8CU 投稿日: 2007/05/18(金) 01:09:11
(*^_^*)
>>155
脳内彼女は、いつもいるよ。
彼女の名前はマリリンさ。


314 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 09:16:03
>>309
しかし>>63の宮崎駿に関する情報は想像じゃなく伝聞だろ。
あの宮崎が使ってる方法を知りたくなるのは当然じゃね?

315 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 09:48:23
やり方は同じでも習熟度がちがえば結果もちがう
プロ野球選手でも毎回予選敗退の高校球児でも
投げ方打ち方自体がまるで違うわけじゃないだろ

316 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 10:10:58
野球でたとえるなら、少しでも良い監督の指導を受けたいと考えるのは当然じゃね?

317 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 10:15:01
ファンタは天才だから、ファンタの真似は誰も出来ない

318 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 10:23:04
宮崎作品だろうと採算割れだろうとアニメはアニメ
やれること使える表現方法は同じなんだから
作り方も大幅にちがうなんてことは無い
ルールが同じならトレーニングも同じ
そういうことだ

319 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 10:26:58
良い監督なんかどこにでもいるよ
野球のルールを知らない監督でもない限り無問題

320 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 10:38:39
>>318-319
だからお前はいつまでたっても駄目なんだよ。いいから黙っとけ。

321 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 10:46:46
高い指導力を持つ有能な監督は
優秀な選手以外は指導しない
するハメになることもない

322 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 10:53:12
野球の指導を受けるのにテニスプレイヤーに師事しない程度には気をつけてればFA

323 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 10:55:12
いつまでも食い下がるなよ。

324 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 11:02:28
方法論にしても誰がやっているかってのは重要な情報だね

宮崎駿は最終的な図形へのフロー式
◆FANTA/M8CU は小説に書いてから漫画化

こりゃ決まりだなw

325 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 11:21:01
自分では面白いと思ってるんだよw ↑

326 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 11:34:05
49 名前: ◆FANTA/M8CU [] 投稿日:2007/03/05(月) 19:09:48 ID:hOdj9KaHO
ワンピを倒す漫画があるとしたら、それは俺の漫画だな。
他の漫画家じゃ無理だと思う。
上のレスにもあるように、王道路線じゃないとワンピに対抗出来ないだろうね。
つまり…ワンピを倒すためには、ワンピ以上の破壊的な娯楽性を持って制する必要があるんだよ。

そして、俺には それが出来る。
これまで色んな事を学習して完璧な漫画理論を築いてきた。
俺は全世界を席巻するスーパーな漫画を創造出来る。
ドラゴンボールやワンピースは、俺にとっては通過点に過ぎない。

他の漫画家じゃ無理。
だが、俺には可能だ。
俺は手塚治虫すら超える漫画史上最強の天才だからね…。

近い将来、このレスが『伝説』になってるから、お楽しみに☆(*^_^*)
言っとくけど、釣りじゃないよ。

327 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 11:51:46
ファンタみたいな時代、みんなあったよね。あの頃に戻りたい。

328 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 11:53:14
>>294
君の脳内では夢で溢れかえってるんだろうけど
私から見たらあなたは1日中2chに張り付いてるだけの人です
そーゆーのは何かしら結果出した人が語らなければ全く信憑性がないです

329 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 11:59:21
>宮崎駿は最終的な図形へのフロー式

これ↑何か参考になる本かサイトありませんか?

330 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 12:16:45
(*^_^*)
宮崎はストーリーを小説に書いてからコンテを切っているんだよ
これはある筋からの確かな情報さ、、、ニセ情報にまんまと騙されて
煽られるなんてここの住人の程度が知られるね

331 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 12:20:33
うざいからお前出て行ってくれるか?

332 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 12:28:20
トリップ忘れたなこいつ
モタスポ板でもこの調子だった
IDで思いっ糞バレてたけど

333 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 13:33:37
>>330
だよね、以前本人がインタビューでそんなこと言ってたし。

334 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 13:36:01
なんかのスレで死神ネタの漫画がたくさん来るとか書いてたな
あと桜の精ネタもよく来るとか

335 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 13:37:15
>>333
嘘つきは死ね。

336 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 13:37:31
ファンタって・・・・
こんな初歩的なミスする奴が漫画を語ってんのか

337 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 13:38:29
>>336
才能のないひとにはファンタの偉大さはわからないだけなんだと思う。

338 :山田:2007/11/17(土) 13:53:19
もう止めようよ
ファンタファンタって…山田にも構ってくれないか?
ファンタなんてシカトすればいいじゃないか。山田をシカトしないでくれよ

339 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 14:11:32
>>305はなんじゃ? 結構面白いけど。

340 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 16:01:43
山田の方を作品を書いただけ評価するよ。
描かないで脳内妄想を垂れ流すファンタよりはな。

341 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 16:11:29
山田くん「オレ、がんばってプロのニートになるよ!ニートお金稼いでニートでメシ食うんだ!」

342 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 16:50:13
ファンタ登場によってスレが活性化してるよね
やっぱりこいつはカリスマだよ
どこの板でもファンタが出現するとスレが伸びる

343 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 16:53:07
糞スレになっただけ

344 :山田:2007/11/17(土) 17:23:46
またなんか書こうか?
みんなが望むならね

345 :田中:2007/11/17(土) 17:47:25
俺も企画書代わりに小説書いて担当に見せてるよ。
それで通ってそのまま掲載に至った事もあるし。
ファンタの言う事はあながち間違いじゃない。

346 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 17:48:28
ファンタ必死w

347 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 18:43:53
自演多すぎ

348 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 19:03:04
そろそろファンタの事認めてもいいんじゃねーの?言ってること正しいし
俺も最初はファンタじゃ尾田や鳥山には勝てないとは思っていたが今ではファンタを信じる俺がいる


349 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 19:19:46
何がカリスマだよ・・・来るだけで祭りになるか自演連投で伸びるだけだ

350 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 21:07:31
嫉妬乙

351 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 21:10:52
(*^_^*)
デジタル作画は出来不出来がマシンのスペックによって大きく左右される
アナログは作者の力量がシビアに問われる、、、だから僕は断然アナログ派だね

尾田栄一郎は手塚治虫と比べてもなんら遜色の無い漫画家だと思っている
漫画は手塚一人の功績で発展してきたわけではないからね
僕は一部の漫画家だけを特別扱いはしないよ

かつてないほど面白い漫画を描くには闇雲な実践よりもまず理論で考えるべきだ
世界で最初の飛行機とその設計図はどちらが先にあったか考えてみてほしい
おのずと答えが出てくるだろう

こんなのはまだまだスリック語録のほんの序の口だぜ

352 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 21:18:19
>>290
最後の一行は同意できない。
俺の場合、アイデアが舞い降りた経験など一度もない。
つかアイデアが降ってくるより、寧ろ
ストーリーの矛盾をつぶして行く作業の方が幾分しんどい。

353 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 21:24:18
閃くようなアイデアは後で考えると一発芸的でどれも使えないね

354 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 21:34:52
>>308
ファンタって人が山田に惹かれて近づいたじゃないの?
俺は惹かれなかったけど…
それにしても何をもってこんなに伸びてるんだ?

355 :山田:2007/11/17(土) 21:58:27
ゲームやらアニメやらは諦める事にしたよ

漫画家になるわ!!

356 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 22:26:34
格がちがうよ
もっともファンタもチンピラ電波だが

357 :山田:2007/11/17(土) 22:49:58
(*^_^*)
そろそろ山田も飽きてきたかも
僕の考えを崩せる奴はこのスレにはいない事だけは分かったよ

358 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 23:16:19
小説には決まった形式は無い
読めるかどうかは別にすれば箇条書きも小説と言っていいんだよ

そういう定義なら漫画の話を作るのに小説で書いてからなんて

誰  で  も  や  っ  て  る

そうとは言わずに俺(*^_^*) や宮崎のは(普通の)小説
お前らのは箇条書きと言うのが◆FANTA/M8CU ことスリックさんだ

359 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 23:42:02
スリック悲惨wwwwwwwwwwwww

360 :名無しさん名無しさん:2007/11/17(土) 23:43:12
日本語でおk

361 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/18(日) 00:02:08
ドリップつけたぜ

362 :名無しさん名無しさん:2007/11/18(日) 00:02:50
乾燥舗装路面用車輪

これでいいのか?正確な和訳はないから苦しくなったよ

スリックだけにw

363 :名無しさん名無しさん:2007/11/18(日) 04:22:36
山田さんはこんな所で書き込まないで、
携帯小説募集サイトに応募すればいいよ。
けどニートネタしか書けなさそう…この人

364 :名無しさん名無しさん:2007/11/18(日) 11:56:18
デスノート以降は、あれくらいのレベルじゃないと
漫画に原作者付いてる意味って無いんじゃね?
と思うようになったな

365 :名無しさん名無しさん:2007/11/18(日) 12:04:32
>>364
なるほど北斗の拳をお前はそうやって愚弄するわけだな。

366 :名無しさん名無しさん:2007/11/18(日) 12:11:01
ブ論尊はいい仕事してるよ
キャラの出し方とかすごく上手い

367 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/18(日) 12:40:53
>>363 そんなサイトあるの?じゃあ、俺は小説界の頂点にたつよ

これはダジャレでも包茎でもない

368 :名無しさん名無しさん:2007/11/18(日) 14:20:43
初出が二十年近く開いてるものでは単純比較は出来ないね
しかし総じて原作サイドに求められる知識量は高騰するばかりだな

369 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/18(日) 23:34:04
俺は三年以内に漫画界の頂点にたつ

これは素股でも手コキでもない

質問なんだがGペンてなんだ?

山田物語を漫画にしようと考えてるんだ

370 :名無しさん名無しさん:2007/11/18(日) 23:52:14
話が上手く作れない人
一度、落語を調べてみるといいよ
ほろりとする話、笑える話、悲しい話等面白い話が沢山ある
君の話作りのヒントになるかもよ

371 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 00:00:18
スレごと否定するようで悪いが、売れてる漫画は

話なんか誰も見てねーよww

絵がヘタでも話が上手ければ漫画になれるてただの妄想ですから

372 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 00:33:53
Gペンてなんだ?丸ペンて丸いのか?

373 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 01:09:40
>>371
妄想乙

374 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 01:19:34
>>372
どっちも漫画描くのに使う付けペン。筆圧によって強弱が付けられる。
Gのほうがより太い線が引けて強弱が付けやすい。
丸は細い線が引きやすい。

名前の由来知りたいならぐぐれ

375 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 02:57:58
最近、古畑任三郎を見直しているのだが、キャラがすごく魅力的だと思った。
あーゆー魅力的なキャラをつくりたいけどなかなか…

376 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 11:01:33
作ろうと思って作れるもんじゃないからな。キャラ作りもセンスだよ。
絵やストーリーもセンス。

377 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 11:14:33
才能と言う逃げ道

378 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 12:48:59
最終的にセンスだからむしろ逃げられない。
センスない奴が漫画家になれないわけでもないが。

379 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 13:06:39
>>376 >>378

どーでもいいよお前の意見。厨房か?

380 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 13:21:12
いや、消防だな
実年齢はかんなーりオサン

381 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 16:15:01
Gペンてファミマにないんだな

382 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 16:23:01
あるある。店員に聞いてみろって

383 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 16:27:34
バイト店員じゃわからないかもな。
そんときは「ガンダマイトペンです」って言うんだぞ。

384 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 19:24:21
>>383 ないみたいだぞ?

385 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 19:36:24
コンビニにはGペンはないと思いますよ。
基本的に品物の回転の遅すぎる商品はホコリ被るだけですし。
電池の類すらスペース僅かですから、
Gを置くくらいならまだ筆ペンのような一般的な文具を並べるはずです。

386 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 19:53:35
クラ、FANTA
モタスポ板に建てた駄スレ責任もってとっとと埋めて鯉
いつまでもトボけて油売ってやがるとここにURL貼っちまうぞこの
人間ウイルス

387 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 20:20:52
コンビニにないならマルエツにあるかな?

388 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 20:29:32
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/f1/1192882667/501-600#tag591

389 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 21:23:58
何を言ってるんだ山田・・・素人以前じゃないか。

390 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 21:31:09
今度漫画家するストーリー簡単にだが考えたから評価してくれ。


魔王が勇者に滅びてから100年。平和になった世の中。魔王が倒されてから他の魔物達も魔界に帰っていた。

しかし一匹だけ魔物が人間の世界に残っていたのだ。その魔物は勇者ダマーヤが寿命で死ぬのを待っていた。
平和になった世界。もう勇者はいない。魔王もいない。残っているのは普通の人間達と一匹の魔物だけ。
魔物は「もう勇者はいない…仲間もいない…平和になったから戦士もいない…あとは普通の弱い人間のみだ…今ならドラクエでゆう一角うさぎくらいの俺でも世界を征服できるぜ」笑う魔物。
「ハーハハハハ!!!」二度笑う魔物。
「まずはあの村から征服だ!!」村に向かう魔物。

391 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 21:44:56
「あれー…道に迷ったぞ…確かこの変に美味しい果物が売ってる村があるって聞いたんだけどなぁ…どこだぁ…?」青年が言った。
「助けてくれーーーー!!!」遠くの方から声が聞こえた。
「なんだ?おじさん?」青年は言った。おじさんが青年に向かって走ってきた。「はぁはぁ…俺の村が魔物に襲われてるんだ…助けてくれ!!」おじさんはゼェゼェしながら言った。
「魔物?魔物は100年前に全て魔界に帰りましたよ…?ドッキリなら止めてください!!」青年は怒り狂ったように見えたが普通だった。
おじさんは何か考えたように青年にこう呟いた。
「あ…あんた…伝説の勇者ダマーヤじゃないか…?ソックリだ…まだ生きてたのか…!!!」
「いやいや…僕は…」
おじさんは青年を引きずりながら無理矢理村に連れて行った。
「いててて…そ…その村に美味しい果物は…売ってま…すかー?いてぇ〜…」青年は瀕死になりながら言った。
おじさんは聞いてなかった。

392 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 21:54:32
魔物「ギャハハハハ!!!平和にうかれた人間共めぇ!!!!もう勇者ダマーヤはいないんだぜぇ!!この世界は俺のもんだーー!!!!」魔物は声大きめで言った。
「やめてよ!!!私たちは平和に暮らしたいだけなの!!!平和を乱さないで!!」おじさんが言った、おじさんはオカマだった。
魔物「気色悪いおじさんめぇ…」
オカマ「これ以上この村に何かしたら私が許さ…イヤァァーーーー…!!!!!」
魔物は火の玉より小さい火を吐いた。オカマは軽く火傷した。
魔物「ふ…ふっふ…」魔物も口の中を普通に火傷した。

「やめろーーーーーーーーーー!!!!!!!」そこには勇者ダマーヤに似た青年とおじさんがいた。

393 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 22:28:39
魔物「誰だ貴様はー……ゆ…勇者ダマーヤァ…??」
青年「な…なんで魔物がいるんだ…え…?なんであの魔物は俺を見て怯えているんだろう…」
おじさん「勇者ダマーヤさん早くあの魔物をやっちゃってくれ!!」
その時「あれは勇者ダマーヤ…わぁーーーーーー!!!!!勇者の復活だーーーー!!!!!」隠れていた村人達が喜びに歓声をあげる。
「素敵…」オカマは呟いた。
魔物「なぜ貴様が生きているんだ…寿命で死んだと風の噂で聞いたぞ…」
「いや…俺は…」青年は自分は勇者じゃないから勘弁してくださいと土下座しようとしたが、もう後には引き下がれない状態だ。
青年と魔物の周りを囲む村人達。番長同士のタイマンみたいな感じだ。
「やーれ!やーれ!」村人達の声が飛ぶ。
魔物「あ…あ…こ…殺される…」震える魔物。
青年「に…逃げ…たい」震える青年。
その時、青年の腹がグ〜…となる。
おじさん「勇者ダマーヤさん腹減ったの?これ食べなよ」
差し出されたのは怪しい果物だった。
食べる青年。
「ウオォーーー!!!!!!!!!!!辛いーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」火を吐く青年。
魔物「勇者ダマーヤは火まで吐けるのかーーーーーー!!!うぁおーーーー!!!!」魔物は火を吐こうとしたが青年の火によって死んだ。
「さすが勇者ダマーヤさんだーーーー!!!!」歓声をあげる村人。
オカマ「今日はもう疲れたでしょ?うちに泊まっていかない?」
青年「美味しい果物はありますか?」
オカマ「うふ…たくさんあるわ!!!」
その日の夜。
オカマ「はぁはぁ…さすが勇者ダマーヤさん…良い果物持ってるわ!!」青年「ギャー!!!!ちょ…果物はこれの…事じゃな…いです…お…俺は勇者ダマーヤじゃない…よぉー……」
魔物と対面しても正体を明かさかった青年はオカマと対面して正体を明かしてしまった。
オカマ「え…勇者ダマーヤじゃないの?この変態セクハラ野郎ーーーーー!!!!」
青年は力つきた。

終わり

394 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 22:30:08
おもしろいけど赤塚ねらいか・・・

395 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 22:33:40
魔方陣グルグルみたいなのりだな

396 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 22:38:08
なんか長いな
短くまとめてほしい

397 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 22:40:10
ようは勇者にそっくりだけってことで
勇者にしたてあげられた主人公のギャグ漫画ね

398 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 22:40:18
勇者ダマーヤのダマーヤて反対から読むとヤーマダ…山田なんだぜ!!

399 :名無しさん名無しさん:2007/11/19(月) 23:10:33
おもろいじゃないか君。
プロ目指してるの?


400 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/19(月) 23:45:24
目指してるぜ!!
Gペンさえ手に入ればな

401 :田中 ◆Rf8ExrGw9g :2007/11/20(火) 01:36:59
ファンタを超えたぜ!

402 :名無しさん名無しさん:2007/11/20(火) 08:33:29
>>367

403 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/20(火) 14:50:24
Gペンマルエツに売ってなかったよ

404 :名無しさん名無しさん:2007/11/20(火) 15:02:25
Gペンなんてその辺の文房具屋に売ってるよ。とネタにマジレスして終了。

405 :名無しさん名無しさん:2007/11/20(火) 15:18:38
いやぁ文具店より画材屋だろ
てな初心者スレいきなされ

406 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/21(水) 02:37:54
今日Gペンを購入したぜ

407 :名無しさん名無しさん:2007/11/21(水) 02:49:29
今の漫画は話はスカスカなのが多い
その代わりキャラ萌えで売ってる漫画が多いようなきがする

408 :名無しさん名無しさん:2007/11/21(水) 02:55:35
それで読者が喜んでいるのだから仕方がない
お話作りのうまい人が後の世界を継いでくれればそれでよい

409 :名無しさん名無しさん:2007/11/21(水) 10:52:06
「そこ」
「気持ちいい」
「ここか」
「そうソコ」
「あぁ」
何書いてんだか

410 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/22(木) 14:36:27
今日漫画用の紙と墨汁買ったぜ!!


411 :名無しさん名無しさん:2007/11/22(木) 14:44:18
謎の病原菌に襲われて、世界がおわる話を思いついたんだけど
あんまりそういうのってウケがよくないのかな?
ちなみに青年誌で3回受賞したことがあるので、
この話も青年誌系の方向で作ると思う

412 :名無しさん名無しさん:2007/11/22(木) 17:25:02
担当編集者に相談すれば済むんじゃな〜い

413 :名無しさん名無しさん:2007/11/22(木) 19:08:59
>>411
24のシーズン2or3だろ。つーかジャックみたいの出して止めようze。

414 :名無しさん名無しさん:2007/11/23(金) 01:06:54
あ、すでにあるんだ。やめておこう



415 :名無しさん名無しさん:2007/11/24(土) 15:51:29
そうゆうのがすでにダメじゃね?
あらすじが似てるのはよくあること
よくあるあらすじにどう面白く肉付けするかが
オリジナリティなーのさ
青年誌3回受賞者もたいしたことねーな

416 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/25(日) 03:51:21
やっと漫画完成したよ。

417 :名無しさん名無しさん:2007/11/25(日) 07:01:05
早いよ。天才じゃん

418 :名無しさん名無しさん:2007/11/25(日) 16:51:55
お前もなw

419 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/25(日) 17:24:10
ギャグ漫画書いたんだが、ジャンプかガンガンか迷ってんだよな。どうすりゃいいかな?

420 :名無しさん名無しさん:2007/11/25(日) 17:31:12
>>419
本当に描いたならうpしてみ?
それならアドバイスもできるし

421 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/25(日) 18:08:29
俺の作品が盗作されちゃうじゃないか!!汚いゲロとかの話だよ

422 :名無しさん名無しさん:2007/11/25(日) 19:13:45
ゴミ箱に投稿しなさい

423 :名無しさん名無しさん:2007/11/25(日) 19:34:07
漫画の出来(特に少年漫画)はキャラクターで決まる。投稿なんて特にそう。
「設定とか伏線が」って言うけど、話で作ろうとする奴が多すぎなんじゃね?
自分がマネしたくなるようなキャラクターが描けたらとりあえず
掲載くらいはいくんじゃない?

424 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 02:59:06
それで掲載されたら
ねらーバレは覚悟で公表白や
何よりの証拠だよ

425 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 13:00:02
>>1
いいこと言った

426 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 14:51:07
423だけどそのスタンスでやってって今2回程掲載されてる。
2ちゃんで名前公表して証明しなきゃならない程
ムキにもなれないから嘘と思うなら思ってもらっていいけど・・・。
匿名掲示板なんだし、必要と思う情報だけ取っていったらいいよ。

427 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 17:07:43
キャラを作るのが一番難しいんだもん。そこに注力するのは寧ろ当然。
423が普通。
え?ストーリー?どうでもいいっしょ。
だって「好きになれない奴の大冒険」とか皆見たい?俺は興味ねーなぁ。
逆に好きな人の日常なら、事件とかなくても興味ある。

428 :427:2007/11/26(月) 17:15:48
あ、ごめんスレタイ100回読んで回線で首吊ってくるわ。
読み流してね

429 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 17:37:45
漫画を描きたいのに絵も話も描けないのがやっと分かったようなヤツが
逃げ口上にキャラクターを持ち出したとしかオモエンな

話作りをほんとうに考えている人なら物語は
登場人物からまず追求するなんていやと言うほど知っているよ
基本だからそんなもん

430 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 18:14:09
山田章博や安彦良和といった絵だけ抜群にうまいのに話はイマイチな人



カイジ

431 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 18:33:32
漫画は総合力だから
一部だけが上手い下手を持ち出しても素人が漫画家になれる根拠にはならない
そういうプロがいるから俺もなれるなんて甘い考えは義務教育までで捨ててこないと
後の人生はないよ

もっとも絵だけ上手い例にそんなもんが出てくる時点で/(rty

432 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 18:40:17
読解力ゼロな人

433 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 18:52:13
絵だけ鬼上手いやつなら同人に掃いて捨てるほどいる
幼稚持論で暴れてるのは2ちゃんねる内でも世間知らずの厨房だな

434 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 18:57:09
お前の話はどーでもいいよ?

435 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/26(月) 19:33:57
今日漫画ポストに入れてきたよ
適当に300円の切手張ったんだけど大丈夫かな?

436 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 20:37:26
>>430
カイジにストーリーなんてあるかな。シーソーゲームしかない気がするが。

437 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 20:39:18
絵だけ(゚Д゚)ウマーの例に安彦が出るようじゃなぁ、、、

438 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 21:02:19
>>431
>>437

どういうこと? 安彦って話作りウマイ?
それとも例として古いって事なのかな。

439 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/26(月) 22:40:29
シカトかよ汗 300円でも大丈夫だろ?

440 :名無しさん名無しさん:2007/11/26(月) 23:41:21
お前の事はどうでも良い。冷凍されてろ。

441 :名無しさん名無しさん:2007/11/27(火) 06:04:34
マジレスすると大丈夫

442 :名無しさん名無しさん:2007/11/27(火) 07:21:31
>>439
何の賞に出したの?

443 :名無しさん名無しさん:2007/11/27(火) 07:32:25
>>436
確かに
福本はストーリーっていうより、駆け引きを描くのがうまいんじゃね

444 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/27(火) 13:58:55
>>442 ジャンプのなんかに出したぜ

445 :名無しさん名無しさん:2007/11/27(火) 16:08:19
>>445
ちゃんと編集部に「今出しました」って電話入れた?
それがないと審査してもらえないよ。礼儀が無いやつの作品ってことになるからね
これ暗黙のルール

446 :445:2007/11/27(火) 16:09:10
間違えた。>>444

447 :山田 ◆qxyuWyhzLU :2007/11/27(火) 16:16:24
電話なんて必要なのかよ もうジャンプ辞めた

448 :名無しさん名無しさん:2007/11/27(火) 16:45:07
電話したことなんか一回もないけど、別に受賞してる。

449 :名無しさん名無しさん:2007/11/27(火) 19:24:43
>>11
が今更気になって仕方ない。
(´・ω・)誰か動画うp

450 :名無しさん名無しさん:2007/11/27(火) 19:34:18
ヒント:小説家

451 :名無しさん名無しさん:2007/11/27(火) 19:58:39
>>445
(―え―)?

452 :名無しさん名無しさん:2007/11/27(火) 20:20:07
担当ついてるんなら一応一言あった方がいいだろな
ホントは勝手だけど「他の編集にも見てもらいます」ってことだし

453 :名無しさん名無しさん:2007/11/28(水) 00:08:52
>>449
小説家が誰かも知らないのに出来るか!

454 :名無しさん名無しさん:2007/11/28(水) 01:30:13
漫画も見せないでよくなったとかの自画自賛レスをよく気にできるな

455 :名無しさん名無しさん:2007/11/28(水) 17:49:29
http://image.blog.livedoor.jp/blv42/imgs/a/e/ae66462d.jpg
これは酷い

456 :名無しさん名無しさん:2007/11/29(木) 02:42:18
チャンピオン審査員のコメントが激辛なのは毎度のこと。
安部は今ちゃっかり本誌で連載持ってる。

457 :名無しさん名無しさん:2007/12/02(日) 18:11:58
ストーリー作りを基本から学びたいんですけど
オススメの参考書はどんなのありますか?


458 :名無しさん名無しさん:2007/12/02(日) 18:39:13
オレは「たのしい国語1年生」を読んで勉強したな


459 :名無しさん名無しさん:2007/12/02(日) 19:08:40
その本は深いよな。
オレも必死で日本語の文法や長文や漢字を勉強したぜ。
やっぱ基本は重要だからな

460 :名無しさん名無しさん:2007/12/02(日) 19:11:27
>>457
中条省平の小説家になる、2もおすすめ

101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)