5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 第53話「急転」

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 22:18:28 ID:???0
※あらすじ  (アニメ版『銀河英雄伝説』公式サイト ttp://www.ginei.jp/ より抜粋)

ブリュンヒルトを射程に捉えた正にその時、「無条件停戦命令」がハイネセンからヤンに伝えられた。
勝利を目前にしてヤンは攻撃を中止する。この裏にはヒルダの活躍があった。
彼女は、独断でミッターマイヤーとロイエンタールをハイネセンに向かわせて降伏を要求したのである。
ヤンはメルカッツに少数の兵を率いて一旦姿を隠して貰うことにする。
ポプランやリンツらも彼に付き従うことを宣言した。来るべきヤン艦隊の復活を信じて……。


◎荒らし・煽りは完全に放置。弾薬、エネルギー、貴重な時間の無駄。
◎前スレ:銀河英雄伝説 第52話「バーミリオンの死闘(後編)」
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1179669293/
◎WOWOWサイト(放送は終了致しました)
ttp://www.wowow.co.jp/anime/ginei/index.html


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 22:31:43 ID:???0
>>1


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 22:52:25 ID:???0
             ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
               i : : : : : /´ ̄ `V  ̄ `、: : : : : : : l
            ハ .l: : : : : :/        '、 : : : : : : l
        //  l l : : : : :/         '、:: : : : : : l
        / /  / l : : : : l_             i: : : : : : :l      >>1
     /   /  /-l: : : : : r-`ニニコ  〔二ニニ´;: : : : : : : l - 、   乙であります
      {  /  / ,': : : : ::イ i¨f;リ゙`,.  r゙<"f;リ¨! `!: : : : : : l   ` 、
    , ヘ '  /_ /: : ::/ヽ|   ̄   |:::;.  ̄   |/ヽ: : : : l
 /`ヽ.   Y´ }: : : :{   l       !;:     |   }: : : : !    
./     !  l  |: : : : \ ト、               ,イ / : : : : |   
.   Y  |   |  l: : : : : : : | `     ^ー'^    ' | : : : : : : : l  
.   j   l /,  }: : : : : : : :ト、   -‐―‐-     ,i : : : : : : : i
  (_ / /   /ヽリ: : : : : :| \  ''''''''''   / |: : : : : : :/
   l       /   \: : : :|,___\    /__,|: : : : /
    l.     /      \_ V[i ̄l ̄!i ̄| ̄i] V: :,/
    l     /       i |: :_: : : :|  ||  |: : : _: : イ
   /   /         i | : i, `ヽi  ||  i/  i: : |
    /           L.|: : \    ||   /: : : |

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 23:38:05 ID:???0
謀略によってスレは立つか !! 信義によってこそスレは立つ !!
>>1


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 23:39:23 ID:???0
「急転」ということで、トリューニヒト氏に関して聞きたい。
幼帝をトリューニヒトが受け入れた際、何故彼は受け入れたのか。彼は、帝国側の
意図はともかく、地球教経由で何らかの策略の意図は感じていたんじゃないかな。
エゴイストではあっても、多少は先の読める人物だとは思うんだけど。
1.イゼルローン回廊での戦闘で、帝国と同盟軍(ヤン一党)両方の弱体化を狙っていた。
2.同盟を潰す手伝いをする代わりに、見返りを受ける約束を地球教と交わしていた。
3.先が読めるのでは無く、その場その場での変わり身の早さが天才的だっただけ。
どれだと思う?又は他に理由が?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 23:59:52 ID:???0
>>1乙の歴史がまた1ページ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 00:03:09 ID:???0
トリューニヒトは、帝国内部から民主主義への転換策を考えて居たため、同盟が滅亡する事自体は問題では無かった。
むしろ帝国に統一されていた方が都合が良い。

ま、あそこでロイエンタールに殺されずに生きていても、彼にそれが可能だったかどうかは甚だ疑問では有るが。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 00:13:21 ID:???0
>>5
皇帝を切り札にして帝国との交渉を準備してたけど、予想外の速さでラインハルトが行動を起こしから対応できなかっただけでしょ
地球教経由の情報も帝国に統一させる意図を隠したものだったはずだし


9 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 00:33:19 ID:???0
>>5

リスク軽減で言うなら、帝国と講和した方が固い筈だから、
そういう意味でも、幼帝と正統政府を、いずれ売り渡す積りだったのだろうな。
原作の地の分には、同盟政府は帝国と交渉する積りだったと書いてある。

幼帝が来た直後に送り返せば、ラインハルトも武断的には
当面は打つ手が無かったろうけど。
ヨブがそうしなかったのは、時間をかければ、正統政府をより強化でき、
取引材料として価値を挙げることが出来ると踏んだか、或いは、
フェザーンに同盟に亡命していた門閥貴族の持ち込んだ財産を、
正統政府を餌に可能な限り集めてかっばいでやろうという目論見でも有ったのでは。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 00:54:42 ID:???0
ヨブの行動はすべて行き当たりばったり。
多分一秒先のことも予測してないだろう。
ただ事前の用意がよいので最悪の事態にはならないだけ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 00:58:44 ID:???0
>>7
同盟時代から民主化により帝国を侵食する策を考えていて、そのために地球教と
手を組んだとすれば相当なものだけど。
>>8
正面からの外交交渉は、逆に帝国の手玉に取られそうな気がする。うまくいくとして、彼のうまみは何?
>帝国に統一させる意図
これに彼は感づいていたんじゃないかと思うんだ。
>>9
前の行でも書いたが、彼の今までのあり方からいって、対外交渉は得意分野じゃない気がする。
やるとすれば、帝国政府内にパイプを作ってからだろう。この時点では無いと思う。
>幼帝と正統政府を、いずれ売り渡す
これには賛成。地球教経由で帝国に彼の網を広めた後、交渉開始とかね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 01:03:09 ID:???0
>>10
これも考えられるんだよね。意図があったのか、無かったのか、どっちなんだろう?

13 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 01:17:56 ID:???0
死にかけのロイエンタールに呼び出されてのこのこ出向き、
言わずとも良いラインハルトの悪口を言って殺される辺り、
決して、保身に欠けては全能と言うわけでもないと思う。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 01:44:13 ID:???0
そりゃ、読者や視聴者は客観的に見てるからわかるけど、
ロイエンタールの行動を予測しろって方が無理。
あの時のトリューニヒトのミスといえば、本音を口にしたこと。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 01:46:18 ID:???0
>>10
行き当たりばったりなのに、事前の準備はちゃんとしてるのかw

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 01:58:08 ID:???0
問題はその時にとりあえず解決
でも何かあった時に為に保険だけはそこら中に掛け捲ってるって意味じゃないの?
先を読んではいないけど何かあったときの為に準備だけはしてるって言うか

17 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 02:01:38 ID:???0
>>14
>本音
それがマズい。
まあ、色目は、失言が有ろうが無かろうが、
遮二無二あの宿木を殺す積りだったかもだが。
ヨブは、自分が嫌われているのは自覚していたろうから、
とっとと逃げれば良かったのだ。

>>15
ラインハルトが、「約束など、俺は知らん」と言う可能性も有ったし。
帝国から危害は直接は加えられなくても、
和約後、帝国に連れて行ってもらえないってことは有り得た。

とりあえず、普段から、何がどうなっても、最低限、
身一つは無事で済むような下準備はしていたかも。
偽名で、各地に、相応の金額の貯まっている銀行口座と
アジトくらい作ってたかもな。

権力は全部諦めて、余生を裕福に送ることだけ考えていたら、
死なずには済んだかもしれない。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 03:08:17 ID:???0
>>17
>偽名で、各地に、相応の金額の貯まっている銀行口座と
どこの銀行に、どこの貨幣を、だ?
 同盟系は敗戦の時点でぐちゃぐちゃだろうし、フェザーン系もアボーン済み。現金はゴミになる覚悟してなきゃ。
 非常時に頼りになるは、地下に隠した貴金属だよ。

19 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 03:25:15 ID:???0
アムリッツァ後なら、帝国各地の金融機関に、
帝国マルクに両替した後での口座や、
貸し金庫に金塊や宝石類とかな。

フェザーン系銀行は健在だったと思うよ。
潰す理由が特に無いし、そんなことをしたら害の方が多い。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 03:42:59 ID:???0
>ヨブは、自分が嫌われているのは自覚していたろうから、
>とっとと逃げれば良かったのだ。

小説の地の文にあったが、 ヨブは基本的に、理にかなってない出来事など
自分に起こりえないと、無条件で思う性格だった。
自分が打算と利害でしか物事を考えない分、ロイエンタールが自分を殺しても
「得をしない」から、殺されないと無条件で思い込んでいた。

トリューニヒトの一種の不死性を破壊するには、利害からでも打算からでもない、
ロイエンタールの感情的な「暴挙」しかなかった・・・と原作にある。

21 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 03:59:41 ID:???0
>自分が打算と利害でしか物事を考えない分、ロイエンタールが自分を殺しても
「得をしない」から、殺されないと無条件で思い込んでいた。

どーかね。
「宿木」を警戒する会話を、双璧同士でやっていたし。
そういう雰囲気は、帝国でも感じていたと思うがなあ。

まあ、あの折は彼は軟禁されていたし、
呼び出されても、兵隊が連れに来たろうから、
逃げるわけにはいかなかったかもな。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 04:02:04 ID:???0
>>19
誰も帝国が潰すとは言ってない。銀行なんて、非常時には弱いもんさ。
フェザーンの本店も帝国内の支店も生き残っているだろうな(フェザーン占領で取り付け騒ぎとか起こってなきゃな)。
しかし、フェザーン方面と同盟内のネットワークは切断されているだろう。それだけで同盟内のフェザーン系銀行は
マヒ状態。その前に取り付け騒ぎでダウンしてる可能性大。
同盟降伏後、しばらくしたら、営業も再開するだろうが、エル・ファシルなど一部の星系で離脱騒動があるから、同盟内
のネットワークはズタズタだろうね。しかも、その後ロイエンタールの叛乱……まともな預金者は逃げるよ。まだ国内
銀行の方がマシだわ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 04:26:46 ID:???0
>>20
損得で動く奴は、相手も損得で動くとしか思考出来ない訳か・・・。
きっとジェシカの行動も理解出来なかったろうな。
絶句してたし、誰の目にもたじろいで見えたしな。

ラインハルトの悪口も、ロイエンタールが喜ぶと思ったんだろうw。
矜持は損得では計れなかった。

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 04:31:24 ID:???0
ラグナロック前と、和約後なら、
フェザーン経由での金融ネットワークは健在でないかな。
和約後の動乱時でも、帝国が保護するだろ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 04:39:27 ID:???0
トリューニヒトの最後については、心情がアニメだと説明不足気味。
(というか映像化に向いてないエピだったんだろう)
原作だと、
「トリューニヒトは殺される直前まで自分が殺されると夢にも思っていなかった」
「撃たれた瞬間も笑顔だった」
みたいなことが地の文に書いてあるから、危機意識がまったくなかったのがわかる。
ついでに倒れた後も、
「(ロイが)なんでこんな理不尽なことをするのか理解出来ないという顔つきだった」
ともある。

アニメでも倒れた後のヨブの表情を「なんで撃たれたの僕・・・?」みたいな
感じにして工夫してたけど、そこまで正確に読み取るのはさすがに難しいよなあ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 04:43:36 ID:???0
ヨブたんって、子供の頃からあんな性格(エゴイズムの怪物)だったのかな?
幼少時の家庭環境を知りたい。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 09:16:16 ID:???0
若かりしトリューニヒトで外伝を一つw

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 09:21:44 ID:???0
ド・ヴィリエ大主教に関しては少しナレーションが有ったけど、トリューニヒトの
生い立ちに関しては何も無いのかなぁ?。

29 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 09:48:22 ID:???0
若い頃は理想に燃えた政治家でした
チキンだったけど

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 09:51:36 ID:???0
>>20
むしろトリューニヒト的には、
万が一ロイエンタールが自分に危害加えることのないように、
金髪の悪口言ったのかもしれないな。
それが完全に逆効果だってことは利害、損得でしか人は動かない
としか思ってない彼には知りようもなかった。

>>17
本音
単に金髪に帝国も同盟も自治領も地球教もいいようにやられそうだから、
腹が立つ程度かもよ。
ついでに民主化でなら金髪にも対抗できるくらい言ってもよかったかも。
(まあそれでも殺されたろう)


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 12:22:12 ID:???0
キャゼルヌ「笑ってくれても構わんが、
実のところ最近俺は奴が怖いんだ。
詭弁と美辞麗句だけが売り物の
二流の政治家と思っていたが、
この頃何か妖怪じみたものを感じるんだ。
何というか…その、悪魔と契約でも
結びでもしたかのような印象だ。」

悪魔っては当然地球教の事だろうが、
なぜキャゼルヌはここまで予測できたんだろう

32 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 13:03:40 ID:???0
予測じゃなくて単なる印象

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 13:17:27 ID:???0
>悪魔っては当然地球教の事だろうが、
違うと思うぞ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 13:23:07 ID:???0
>>31 理解しながら読もうね

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 14:50:07 ID:???0
契約っていうのは比喩だろうが、若きヨブたんが、同盟の腐敗した政治体制に絶望し、
じょじょに「この世はなんでも利用するやり方じゃないと動かせない」っていう
考え方になってきたのか、
もともと適当に甘い汁を吸えればいいやと思っていた凡庸な政治家だったのが、
地球教やハゲに出会っていきなり方向転換したのか、
そこは気になるな。

それと描写は無いが、ハゲとは裏で連絡を取り合ってたんだろうか。

36 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 15:19:38 ID:???0
黒狐とは、政治家同士、早くから面識が有ってもおかしくない。

ヨブと地球教とのコネは、クーデターの際、前者が後者に救われてから。

黒狐、ヨブ、ド・ヴィリエの協商関係については、
原作中に多少の記述が有る。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 15:25:54 ID:???0
作品内ではクーデターからだが、裏ではトリュが若い頃から選挙資金なんかを
援助してたりして・・・

38 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 15:28:24 ID:???0
40代で閣僚に成り遂せるような政治家が、凡庸な訳は無い。

あの行動の邪悪さも、状況に流された結果というのも大きいと思う。
100年前なら、元首になったかどうかは判らないが、
有りふれた扇動政治家で終わっていたろう。

39 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 15:30:29 ID:???0
>>37

それは無い。
総大主教の思考から見ても、ヨブに地球教の息が掛かったのはクーデターから。

ただし、ヨブの支持基盤の軍事産業に、フェザーンの息が掛かっていたのは、
幾らでも有り得る。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 18:39:47 ID:???0
>>33>>34
「悪魔」は俺も地球教の事だと思うけどなぁ。
>>31
後方勤務能力に長けているからこそ、不自然な彼の基盤の強さに
何かしらの別の存在を感じとったのかもね。
彼もまた非凡な人物だしな。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 18:42:59 ID:CPzePFsT0
彼が重なったw。
上がトリューニヒトで、
下がキャゼルヌね。
分かるだろうけどw。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 19:41:18 ID:???0
>>40
キャゼルヌに関しては持ち上げすぎだな。非凡ではあるが、それはあくまでも兵站担当の士官として。それで霊感名
探偵にされてはかなわん。
あの状況、展開で、「異常なほどの幸運」みたいな印象を持たない方が鈍感すぎる。銀英伝お馴染みの過剰な修飾
による表現でしないだろう。
背後に影を感じさせることで、後に球教の手駒になったり、同盟を破滅へ導く数々の「あり得ない」決断をする時に
読者を納得させる効果を狙った暗示的演出と見る方が自然(そういう意味では、地球教のことだとは言える)。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 20:05:05 ID:???0
「霊感命探偵」にはしていないがなw。
ただ>>40でも述べたけど、かなり早い段階から何かしらの別の存在(地球教)を
感じ取ったのかもね。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 20:22:33 ID:???0
「奴の政治家としての異常な生命力さ。
アムリッツァの敗戦も、
この前のクーデターも
本来なら奴の致命傷となる筈の所を、
結果的に逆に奴を利する事になっている。」

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 20:34:06 ID:???0
>>43
 だから、合理的根拠がなく、印象を述べた以上にならないもので「事実を突き止めていた」というなら、霊感としか
言いようがないじゃないかw
 後方勤務に長けていたって、一政治家の身辺洗うのが兵站担当士官の仕事じゃないんだから(軍の予算、資材
などがヨブのところに流れていた事実を掴んでいたとかならまだしも)、彼の政治家を見る視点を一市民、一軍人
以上のものにする根拠にならない。
 脳内補完にしても無理ありすぎなんだよ。>>39がひっくり返る公式見解は出てないのだし。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 21:45:28 ID:???0
新領土においてのヨブの上司はエルスハイマーだっけ?

ルッツの義弟って事は、若いのかな?
ヨブより若いと、色々と苦労したのかな・・・・。

47 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 22:10:59 ID:???0
奥さんやその兄さんより、
旦那の方がずっと年長ということは、
幾らでも有り得る。

ヨブは、新領土総督府では、
そもそも、仕事をさせて貰えていたのかどうか。


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 22:18:29 ID:???0
>>45
予算の引っ張り合いだの人事争いだのを、自らが関わらなくとも後方勤務で身近
に見て来た経験から、彼の不自然な権力基盤に「何者かしらの別の存在」を感じ
たんだろう。
それは経験から導かれたもので、君の言う霊的なものではないと思うよ?。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 22:21:04 ID:???0
>>44
その政治家としての異常な生命力が
最後の最後で致命傷になったね・・>ヨブ



50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 22:35:09 ID:???0
キャゼルヌは外伝4巻の時点でトリューニヒトに嫌悪感を抱いているが

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 22:36:55 ID:???0
トリューニヒトに嫌悪感を抱かないヤン艦隊のメンバーって居ないような

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 22:46:35 ID:???0
>>51
それ言ったらラインハルトと帝国元帥たちも
みなトリューニヒト嫌ってるな。


53 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 22:53:31 ID:???0
>印象を述べた以上にならないもので「事実を突き止めていた」

突き止めていない。言い回しが、多少、真相と合致していたとしても、
それは偶然の一致。
それにヨブの本質的恐ろしさは、双璧の言っていた「宿木」たるところ、
色目の死の辺りで地の文に有った「一種の不死性」に有る。
ヨブの異様な保身能力は、人としての信義とか社会性とかを捨て去ったものであり、
そうした彼の醸し出す印象が、「悪魔に契約した」とか言う形容が相応しいものが有ったのだろう。

>彼の不自然な権力基盤に「何者かしらの別の存在」を感じ
たんだろう。

異様なのはヨブの政治的生命力であって、
彼の権力基盤は不自然ではないよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 23:03:31 ID:???0
アムリッツァあたりはまだしも、
クーデターで生きのこり権力拡大して、帝国との戦争で判断ミスしても
ヤンの実力のおかげでラインハルトから有利な状況できて保身成功。
その後も帝国に勢力をじわじわとひろげられたんだからな。
まあそうできたのは黒狐の資金力と地球教の闇の武力借りてたのも大きいが。


ただいずれは黒狐も地球教も帝国に売り渡すつもりだったろう。
そのときはヨブは無傷なんだろうか。

55 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 23:09:07 ID:???0
>帝国に勢力をじわじわとひろげられたんだから

そういう記述や描写は有ったか?
「豊富な資金で猟官運動」ってのは有ったが。

どのみち、専制・独裁において、トップや最高幹部たちに嫌われたり警戒されたりしていたら、
どう足掻いても浮かび上がれんだろう。

辺境で開拓事業か、旧同盟領の帝国の行政官庁で苦情処理係の現場担当って
ところではないか。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 23:30:44 ID:???0
ウィキ読んでたらドーソンのモデルは東条英機となってたがどうなんだろう?
ゴミ箱覗きとか表面的なエピソードは確かに似てるけど
政治家としてはともかく軍官僚としては有能だったと評価されてて、
嫌う奴からは物凄く嫌われたがそれなりに慕う部下も多かった東条と
少なくとも作中の人物からは全く能力を評価されず
慕う人間も皆無だったドーソンとではちょっとイメージが被らなかった。

57 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/23(土) 23:33:22 ID:???0
ドーソンも軍官僚としては有能だったんだよ。

慕ってた連中も居たのでないかね? 身の丈に合っていた中将時代までは。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 23:34:11 ID:???0
>>55
最終巻でのユリアンの回想にあった。
トリューニヒトも帝国に憲法作る事狙ってて、
そのために帝国で金脈、人脈を広げてたって。
実際ラインハルトをトップにして立憲君主制にするなら、
そう反対も出ないかもしれない。
かつラインハルトの行動力に憲法で制約をかけられる。

加えて初代首相は疾風が務めそうだが、2代目あたりでヨブかも。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 23:40:19 ID:???0
>異様なのはヨブの政治的生命力であって、
彼の権力基盤は不自然ではないよ。

彼単体の政治生命力では説明のつかないところに、「悪魔と契約」って言葉を使っ
たのではないかなぁ。
何か「悪魔」的なバック(権力基盤)があるのではないかと。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 23:42:25 ID:???0
「ドーソンは根に持つタイプだというからな、
お前さんをこき使うつもりなんだろう。」
「でも…わたしは面識はありませんが?」

61 :59:2007/06/23(土) 23:49:38 ID:???0
>>60
何か自分の事みたいに思えて来たから、
ヨブ議論もうやめるw。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 23:49:48 ID:???0
東条も結構根に持つタイプだったから意外とあってるんじゃね?
能力描写があれなのは、まあ作者が作者だから・・・

63 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/24(日) 00:00:10 ID:???0
>>59
>「悪魔」的なバック(権力基盤)があるのではないかと。

軍産複合体は、立派にそれでないかいな。

64 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/24(日) 00:02:23 ID:???0
>>62
>能力描写

実際、東条も、軍事的指導者としては色々と駄目駄目だった訳で。

ドーソンは、「秘密を要する任務には決して無能ではなかった」って、
原作には有ったな。
クーデター捜査は、専門外のビュコックより、彼がやってれば良かったのに。

65 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/24(日) 00:05:22 ID:???0
>>58
最終巻でのユリアンの回想

回想ではなくて、ヨブの妖怪じみた印象が齎した妄想ではないかな。
将来立憲制が出来たなら尚のこと、
誰がコイツを支持するよって思うがなあ。

だいたい、地球教だの黒狐の地下組織だのに関わっていた人間、
懲役が順当、悪くて内乱罪の類で死刑だろう。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 00:15:57 ID:???0
帰って来た>>59

>軍産複合体は、立派にそれでないかいな

彼は国防委員長であるから、それは元々周知の事実だと思われ。
この頃と言ってるし、他の何か悪魔的なものの事を指しているんじゃないかな。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 00:18:54 ID:???0
最終巻でのユリアンのその場面は、アニメではアッテンボローとユリアンそれぞれが
トリューニヒトの目的は、帝国に立法性を取り入れようと
言うものだったと、それぞれうわさとして聞いたと言う描写だったね。

> キャゼルヌ発言
 あれはあくまで「印章」じゃないかな?
本当に「悪魔的なバックがついている」と考えていたら、
ストレートにそう話すタイプだと思うんだけど。
特にヤンには


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 00:20:47 ID:???0
キャゼルヌのセリフに出てくる悪魔って語は、
キャゼルヌ自身の中に芽生えたトリューニヒトに対する恐怖心を、具現化・言語化するために用いられた比喩表現に過ぎないだろう。



69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 00:37:54 ID:???0
>>67
勿論印象だろう。
ただ、ヨブ本人と違う得たいのしれない何か(悪魔)との契約をキャゼルヌは
感じ取っていたのでは。という話をしていた。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 00:46:36 ID:???0
そもそも、クーデターの後、地球教徒との関係を明らかにしてなかったっけ?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 00:46:40 ID:???0
>>68
物語の流れ上、これが後に大きく出てくる「地球教」を暗示する一文として作家が
挿入したと捉えた方が自然だと思うのだが。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 00:46:42 ID:???0
>>60
「……ユリアン?お前さんの鈍い保護者に
説明してやってくれないか。」
「提督、ドーソン大将は幾つになられました?」
「四十半ばだろ?」
「提督は三十歳ですよね?」
「好きでなったんじゃないぞ。」
「それなのに階級は同じ大将でしょう?
ビュコック提督のような人でなければ嫉妬しますよ。」

自分より年下の軍人の出世に嫉妬は出来るが
トリューニヒトに献金して大将になった
己の恥部に引け目なんぞ微塵も感じない
そういう厚顔無恥さも軍人には必要なのかな


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 00:46:52 ID:???0
>>69 あぁ、伝えるのへたでごめんね。
俺の言いたいことは>>68とまったく一緒。
そして、「なにかと契約」これについては>>67で言った通り、
本当にそう言うなにか裏に感じていたのなら、キャゼルヌはストレートに
「最近俺はトリューニヒトのバックになにか巨大な組織を感じてならないんだ」
とか言うタイプだと思うんだけどな。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 01:12:35 ID:???0
>>73
いやいや、ドモです。俺も伝え方が悪い。実は双方とも言ってる事に大きな違いが
有るとも思えなかったりもするがw。

キャゼルヌは経験から、後に分かる事実を「漠然と」勘付いていたが、具体的論理
的に人に話せる程自分の中でも整理出来て無かったんじゃないか、と思う。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 01:46:37 ID:???0
>>72
>そういう厚顔無恥さも軍人には必要なのかな
むしろ、「役人」としてだろうな。将までいくと、普通はもうデスクワークだし、一艦隊だけでも100万人以上の人間を
まとめる「為政者」だからね。官僚や政治家の素養がなければやってられない。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 01:57:35 ID:???0
>>74
そんな微妙で、後から回収されてもない伏線めいたニュアンスを含んだセリフを言わせる作劇上の必然性をまったく
感じないのだがな。
後に出てくる展開(その時点で、どこまで具体的に決めてたのか不明だし)の暗示的、比喩的な仰々しいセリフ以上に
は思えん。
神視点の思い込みだろ。キャゼルヌを、役回りと無関係にすごくして楽しいか?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 02:07:01 ID:???0
>>76
そういう棘のある言い方は感心しない
他人を嫌な気分にさせるために
2chやってるんじゃないなら
書き込みには多少気を使うべきでは?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 02:41:33 ID:???0
>>74
>>76
もーさー、それぞれの捉え方の違い、で、手ェ打てよ。
お互いの説得も擦り合わせもどうせ不可能なんだし。

79 :74:2007/06/24(日) 03:37:02 ID:???0
>>78
はい。
結局文をどう読むかで、仰る通り「それぞれの捉え方の違い」ですもんね。
両者の意味を含むってのもあるかもしれないしw。
失礼しました。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 03:58:02 ID:???0
キャゼルヌの過大評価は過小評価の反動。
得体の知れない敵を見る時は、そういうことがよくある。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 08:51:37 ID:???0
オーベルは何故あんなに黄金王朝を憎んでいたのか?
ルドルフの時代の劣悪遺伝子排除法の事を、未だに憎んでいたの?
オーベル自体はそこそこ出世していたように思えるし、それほど差別されていたように思えないけど。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 09:38:29 ID:???0
排除されることはなくても蔑視されることはあったからじゃねーの?
特に貴族とかに。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 09:44:07 ID:???0
だいたい社会の構造が王族貴族を守る為に出来、
人生の幸福がそれへの奉仕と忠誠によってのみ決定されるものなのだから下々の反感を抱くのは当然。
ライヒスリッター程度じゃ努力でどうにかするのも限界有る。
どっちにしてもあの時代の貴族は忠誠心に値する存在じゃない所か、反逆行為を押さえる力も無かったし。
実力以上の心理的な傲慢と物理的な贅沢は常に苛烈な集中攻撃の的だ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 10:05:53 ID:???0
朝の夢・夜の歌で、色盲で退学になった士官学生がいたのに、
全盲のオーベルはなんで大丈夫だったのか?

それと完全に見える義眼がある時代に、色盲が治せないって・・・

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 10:21:14 ID:???0
作者が矛盾に気付かなかったから

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 10:32:00 ID:???0
治療すればOKなんだろ
貴族の中には治療して遺伝病だったのを知られるのを不名誉に思うのも居るんじゃね

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 10:32:13 ID:???0
>>82,83
劣悪遺伝子法のことを持ち出しているけど、
障害者差別よりも、結局能無し貴族が許せなかったのかね〜

オーベルの目指していた理想とはどんな社会だったのだろうか


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 10:59:09 ID:???0
少年時代、親友が劣悪遺伝子排除法にひっかかり、貧乏だったため治療する金もなく、
望みの職業につけなくて絶望して自殺。
以来、その親友の無念を晴らすためにパウル少年は王朝打倒を誓った。
そのためなら己の感情を捨ててマキャベリストの鬼となることも決意・・・という
過去が彼にはあった・・・すまん、なんかありがちだ。

オーベルシュタインに何か過去話というか、裏設定が作者の中にあったかもしれんが、
それを書いてしまうと読者が彼の内部を理解出来すぎて、かえって魅力が無くなって
しまうから、あえて一切語らなかったのかもしれないな。

89 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/24(日) 11:09:27 ID:???0
「あの人はトラウマの塊ですよ」と、大昔のSF大会で、
作者さんに俺は直接伺ったことが有る。
色々有ったのだろう。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 11:15:22 ID:???0
若きオーベルシュタインには将来を誓った幼なじみの娘がいた。
だがその娘は、さる大貴族の側室として親に売られてしまう。
だがその娘はある先天的な障害を抱えていた事が後になってわかり、
その大貴族は自分が障害者を持つ娘を妾にしたことが宮廷内に漏れる前に、
彼女を密かに毒殺した・・・
それを何かのきっかけで知ったオーベルシュタインは王朝に復讐を誓った。
(恋人という部分を、オーベルシュタインと同じ目に障害を持った妹でも可)
奇しくも王朝打倒を誓ったきっかけは、皇帝の影の名にふさわしく、
ラインハルトと共通するものだったのである。
ただしオーベルシュタインは愛する女性を永遠に失った。さらに彼には
キルヒアイスのような友がいなかった。
ゆえに彼は感情を捨て、復讐のみに生きる鬼となった。

便乗して妄想してみました。

91 :_:2007/06/24(日) 11:25:14 ID:???0
オーベルなら過去の事は過去の事として処理してそうだけど、
やっぱり忘れられないものはあるのかね。

なんかの拍子にフェルナーあたりにぽろっともらしていたかもしれん。
「ふっ・・・、私らしくない・・・。少しおしゃべりが過ぎたようだ・・・」とか言いそうだけど。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 11:31:35 ID:???0
>>90
恋人なら最後の言葉は
「パウル・・・羽ばたいてね、きっとはばたいて・・・」

妹なら
「パウルお兄ちゃん大好き・・・」
だな

93 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/24(日) 11:31:47 ID:???0
義眼の過去つーたら、犬絡みでないと。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 11:40:46 ID:???0
>>92 >>93
半白髪で犬好きだった萌え妹…ハアハア

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 12:56:02 ID:???0
パウル君(7)は、ある日街角で、ただすれ違っただけのワルター少年(5)に、
なんにも悪い事をしていないのに、思いっ切り舌をべーっと出されたショックで
感情表現が苦手になってしまったのです・・・。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 13:26:17 ID:???0
>>84
色網が目の病気だと思ってない?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 13:56:57 ID:???0
>>65
>内乱罪で死刑
それが妥当なんだが、(ラングしかり)
黒狐は病気で死ぬし、ド・ヴイリエも生きて捕まりゃトリューニヒトとの関係
ぺらぺら話すだろうが、ユリアンや帝国軍は容赦なく殺したろうし、その他の幹部じゃ
トリューニヒトと地球教の関係まで帝国に話せないんじゃないかね。
(おそらくドミニクとかわずかに真実知る者はトリューニヒトが消しそう)
こういった運もトリューニヒトはもってそう。

>>81
パウルを産んだ母親が相当責められたんだろうか。(特に父方の親戚貴族に)
それとも自分が病気の遺伝子持ってること自体、黄金樹王朝では用無し扱いだから、
黄金樹王朝そのものを倒してやろう、としたか。
でも赤毛に対する対応とか、義眼って帝国中でもっとも金髪オタクなんじゃなかろうか?


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 14:33:33 ID:???0
確か作中で、人目の前で自分の義眼を取り出して調整してなかったかな?





99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 14:54:44 ID:???0
>>95
しかし、この話、本当に相手がパウル少年だったんなら
あんまり笑い事じゃないよなw

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 16:22:41 ID:???0
義眼は金髪に己のハンサムな王様像を押し付けてるだけのような。

101 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/24(日) 16:45:21 ID:???0
>>97
>その他の幹部じゃ
トリューニヒトと地球教の関係まで帝国に話せないんじゃないかね。

シューマッハのことも忘れないであげて下さい。


>おそらくドミニクとかわずかに真実知る者はトリューニヒトが消しそう
ヨブが暗殺を指示した事例は作中存在しない。
そういう行為自体が弱みになると考えそうな気がするな。

ドミニクは、地球教や黒狐辺りに消される危険性も承知していた筈だし、
相応の用心はしていたのではないか。

102 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/24(日) 16:49:30 ID:???0
ヨブとしては、ド・ヴィリエ同様、
洗いざらい証言して司法取引を図ることで、
最低限でも、身の保身だけは図ろうと
企図していたのでないかな。

地球教も黒狐も、なりを潜めて気長に再起を図ればいいものを、
テロに暴走したから、ヨブも内心頭を抱えたかもな。
合法的な復権の仮定で、手駒にして役立てようと思っていたろうに。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 18:52:38 ID:???0
>ヨブが暗殺を指示した事例は作中存在しない。

ジェシカを憂国騎士団に襲わせたのは
トリューニヒトじゃなかったか?
殺すんじゃなくてボコるだけだったかな

104 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/24(日) 19:19:41 ID:???0
殺しちゃマズいざんしょ

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 19:22:08 ID:???0
ざんしょ

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 19:33:05 ID:???0
>>102
ヨブとしてはヤン暗殺、色目反乱に一役かったまでは地球教のことも評価できたんだろうけど、
その後は誤算だったかな。
黒狐が病でコントロールできなくなり、ドが一方的にテロしまくったんだろう。
実際ドが成功した戦術はテロだけだし。

>>103
ジェシカのあれは、反対集会を弾圧しようとしただけで、
実際殺害したのはクーデター政府軍。
トリュー二ヒトはクーデター中は安全なところへ隠れて高みの見物決め込んで、
情報は瓶大佐から得ていただけだろう。

107 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/24(日) 19:43:50 ID:???0
>>106
>ヤン暗殺
あれも、むしろデメリットの方が多いぞ。
作中でも、地球教の下っ端が「帝国の敵を減らしただけではないのか」って、
ド・ヴィリエに不満を持っていたし。
回廊の戦いの後、順調に共和勢力の自治獲得が達成されたとして、
史実のバーラト政権より、エル・ファシル政権の面々の方が、
なにかと付けこみ易かったろうしなあ。

>ジェシカのあれは、反対集会を弾圧しようとしただけで、
実際殺害したのはクーデター政府軍。

アスターテ追悼集会において、ジェシカがヨブに、
「あなた方はどこに居ますか? あなた方のご家族はどこに居ますか? 
他人に命懸けを勧めているけど自分でそれを実行しているの?」
という趣旨の糾弾をしてヨブをたじろがせた件が有ったが、
アニメではその後、ジェシカを憂国騎士団が大勢で襲いかけ、
間一髪でヤンたちが救い出すという場面が有ったのだ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 20:07:21 ID:???0
>>103 あれは憂国騎士団の暴走。
後で団長がトリューニヒトに、かってなことをしまして・・・
みたいなこと言ってたよ。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 21:14:35 ID:???0
>>108
いや、「ご迷惑をおかけしました」とは言ってたが、
それはヤンの反撃(放水攻撃)に遭って、騒ぎを起こしてしまった挙句、
ヤンにヨブの官邸に乗り込まれて、ジェシカに手出ししないよう約束させられた事に
対してじゃないのか。
その後、「結果としては上々だ」とか言ってたから、やっぱヨブの暗黙の命令だろう。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 21:23:45 ID:???0
フリードリヒ存命のままラインハルトが帝位簒奪した場合、
皇帝の処遇はどうしただろう。

当然ラインハルトは処刑しようとして、姉が止めるという展開になると思うが、
キルヒはどう考えるか(存命として)。
性格からして処刑よりも隠遁させようとするかもしれんが、
アンネローゼにした事考えて許せるか悩むだろうな。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 21:43:24 ID:???0
>>110
フリードリヒが存命だと、金髪が帝位簒奪する位の
文武両方の権力手に入れてたとしても、
リッテンハイム等有力貴族も生き残ってそうだから、
そう無茶はしないんじゃないか。
ただ有力貴族の権利を取り上げて力を失わせてから
復讐実行、はありえる。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 21:51:23 ID:???0
確かに。
ラインハルトの超高速のスピード出世は
本人の武勲による物が多いのは当然としても
皇帝の口添えがあったのも事実だからなぁ
本編だけでは気付かなかったが

外伝だと決闘中にあわや
暗殺者に殺されそうになった所を
皇帝の仲介で痛み分けになった事もあった
(無論アンネローゼの乞われての事だろうし
決闘者が暗殺者に摩り替わってたのは
ベーネミュンデ公爵夫人が
勝手にやった事だが)

慈悲深いアンネローゼの事だ
フリードリヒの処刑は
思い留まるよう頼むだろうな

キルヒアイスも
「酒の飲みすぎで余命幾許もないのですから。」
ぐらいは言うだろう。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 21:56:07 ID:???0
でもいざ復讐しようとしても、たぶんフリードリヒって、泣き喚いて助命を乞いたり
しないよな。
ブラウンやリッテンと違って、淡々と「好きにするがよい」って態度だと思う。
ラインハルトにしてみてば、それはすげー不満かもしれんし、
皇帝の意外な堂々とした態度(実は単に不感症なだけなんだが)に、心ならずとも
ついつい感銘を受けてしまって、余計イライラするかも。

皇帝がリヒテンに漏らした「王朝が永遠に続く道理はない」「別に余の代で絶えても・・・」
あたりの言葉を、もしラインハルトが聞いてたら、驚愕すると同時に、復讐の
モチベーションが少し下がっちゃったかもしれん。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 22:08:17 ID:???0
>>109 あくまで暗黙であって、自らが暗殺を指示したことはないんじゃない?
>>110 >>112
キルヒアイスは無条件に慈悲深いわけではないよ。特にアンネローゼがらみだと。
ブーゲンベルヒだっけ?白銀の谷の大尉は思いっきり殺してるし。
侮辱しただけであれなんだから、フリードリヒがやったことを考えて、フリードリヒに
対し寛大だったらそれはそれでおかしい。
>>111の言う通り、他の門閥貴族が生き残っていて、政治的、軍事的にあまりにも振りになるようだったら
今はその時ではありません。今しばらくのご辛抱を。とは言うかもしれないけど。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 22:17:19 ID:???0
キルヒもフリードリヒとアンネの初夜の妄想してたぐらいだから、
いつものキルヒじゃなく、うわぁぁぁ〜ってなって殴るかもしれんが、
殺害はしないだろうな。

そう考えたら、先にフリードリヒ逝ったのは、皆にとって良かったんだな。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 23:00:29 ID:???0
外伝を読んでフリードリヒがむしろ、歪みまくっているゴールデンバウム王朝をラインハルトに潰させるつもりでいて、
「あのものに殺されてやれなかったのが残念だ」
と臨終にアンネローゼに伝えたと思うのは、考えすぎですかね。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 23:14:38 ID:???0
そうなるとちょっとフリードリヒ大物すぎるだろw

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 23:39:04 ID:???0
俺は道原のマンガ版は嫌いなんだが、オリジナルであるフリードリヒ崩御の描写は
結構よかった。なんか腑に落ちたというか。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 02:28:17 ID:???0
ライ「ふざけるな!ゴールデンバウム王朝が五百年もの間どれだけの民衆を徒に
   死なせてきたと思っているのか!」
フリ「聞きたいか、昨日までの時点で四十五兆五千七百九十億二千百十二万六千三百三十二人」
ライ「な…!き、貴様ァァァッ!?」
フリ「帝国のために犠牲となった者は全て記憶しておる。皆忘れえぬ者たちだ」
ライ「貴様というやつは・・・」
フリ「余は死者に対し哀悼の意を表する事すら満足にできぬ、だがそちもこれだけは
   知っておってもらいたい。彼らは決して無駄死になどしてはおらぬ、そして・・
   罪は誰かが贖わねばならぬ。余の死も無駄にはならぬのだ。
   ラインハルト、我が永遠の後継者よ。そちに簒奪される事を光栄に思う・・・」
ライ「こんなもの!こんなもの、俺は絶対に認めんぞっ!!!」
フリ「シュザンナ、いまから参るぞ・・・」
ライ「くそぉっ!!結局は勝ち逃げかぁっ!!!」

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 13:55:55 ID:???0
>>119
 >117
でも、ワロタw トレーズ様乙

121 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/06/25(月) 15:27:07 ID:???0
死んだはずのなのに何食わぬ顔をして登場し、
ツッコまれたら「それはお聞きにならないで下さいまし」と
言って誤魔化すケンプ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 23:37:34 ID:???0
>>118


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 02:24:11 ID:???0
>>119
とりあえず元ネタはなんだ?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 02:24:41 ID:???0
ガンダムWとかかな?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 12:21:07 ID:???0
Wの最終決戦でのトレーズ様のセリフやね。



126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 00:28:04 ID:???0
スレの勢いを完全に殺すとは>>119はほんとすごいな。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 00:33:47 ID:???0
>>126
スレタイ嫁

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 02:09:20 ID:???0
ごめんね、面白くないから

129 :作者の都合により名無しです:2007/06/27(水) 02:36:35 ID:???0
俺は、同盟政府が、アムリッツァ後に、
ヤンを総参謀長か幕僚総監か戦略部長にしていれば、
銀河統一が出来たと思うんだ。
どうよ?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 02:40:26 ID:???0
無理

131 :作者の都合により名無しです:2007/06/27(水) 08:55:10 ID:???0
いや、できる

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 09:51:25 ID:???0
銀河統一の必要性がない

133 :作者の都合により名無しです:2007/06/27(水) 10:15:06 ID:???0
必要性が無くてもそういうドグマが有る

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 10:54:32 ID:???0
ガイエスブルグ撃退まではOKとして、ラグナロックを撃退か予防しなきゃならんからなあ
さらに、ヤンの意志は銀河統一ではなくてローエングラム政権と民主政体の共存にある

まず亡命皇帝を帝国に送り返して侵攻を遅らせる。ルビンスキーを暗殺して、帝国による統一を目指す陰謀を防止する。
・・・それからが難しい。ラインハルトが統一を目指している以上、なんらかの演出で帝国臣民の戦意を刺激するのは比較的簡単。
侵攻を撃退するにも、護民軍でも解放軍でもない帝国軍が、同盟の焦土作戦に乗ってくれるとは考えにくい。
帝国の戦力を削るにも、内乱や分裂を起こさせて無数の民衆を犠牲にする策をヤンが是とするかどうか

135 :作者の都合により名無しです:2007/06/27(水) 11:26:31 ID:???0
内乱介入

同盟政府の意向>ヤン個人の希望

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 11:38:57 ID:???0
アムリッツア後の同盟は頭数が足りなさすぎるからな…

137 :作者の都合により名無しです:2007/06/27(水) 11:41:12 ID:???0
内乱で各勢力を程良く共倒れさせる

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 13:11:10 ID:???0
>>134
フェザーンをどうこうするには、同盟国内に浸透したフェザーン勢力の掃除が必要だろうし、民間レベルで食い込んだ
のは排除できないだろうし(強行すれば、フェザーンの意を受けたGがくるぞw)、難しいんでね?
アムリッツア後なら、ルビンスキーは同盟潰す気でいるから、ラインハルトみたいに組むと見せかけて、うっちゃりかま
すのも無理だろう。

小細工抜きに、残存兵力ほとんど投入してフェザーン占領、両回廊の確保からはじめるってのはどう?
フェザーン確保して後方基地とし、さらに適当な小惑星ににハイネセンから持ってきた首飾りを配備して、要塞化。回
廊の向こうに徐々に浸透。橋頭堡を築けば、かなり有利になると思うが―問題は、フェザーン占領の理由がないことな
んだが。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 16:51:44 ID:???0
同盟の意志をフェザーン占領にもっていくには、国債の償還に困った政治家どもを焚きつければなんとか。
イゼルローンをビュコックが守り、ヤンに加えてゲリラ戦の達人アッテンボローの指揮をメルカッツが補佐すれば、フェザーン回廊帝国側出口で帝国軍を散々に疲労させることもできるかも

一方ラインハルトとしては、フェザーンが抜かれたとなれば、大隕石か小惑星にでもワープエンジンを取り付けて、イゼルローン要塞にぶつけて破壊するかも
通常航行エンジンを小惑星自体の裏に隠しながら突っ込めば、ガイエスブルグみたくスピンさせられることもあるまい
優勢ならば勝ち方にこだわるだろうが、劣勢なら乱暴な勝ち方もラインハルトの美学に反しないだろうし

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 16:52:38 ID:???0
妄想乙

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 19:10:59 ID:???0
>>128
ゆとりは帰れ

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 19:37:45 ID:???0
アスターテ:
第2艦隊半壊
第4・6艦隊壊滅>第13艦隊(半個)へ

イゼルローン攻略後:
第2艦隊を併合し、第13艦隊(1個)へ

アムリッツア前哨戦:
第3・7・12艦隊全滅
第9・10艦隊半壊

アムリッツア会戦:
第8艦隊壊滅

アムリッツア後:
第5艦隊解散し、各防衛隊へ配賦

内乱:
第11艦隊全滅

ラグナロックを正面から迎え撃つには、せめてアムリッツア前哨戦で撤退してないと無理だな。。。
イゼルローン方面:第13艦隊(ヤン)
フェザーン方面:第1(パエッタ)、5(ビュコック)、8(アップルトン)、11(ルグランジュ)、14(モートン)、15(カールセン)
この場合、統合作戦本部長はクブルスリーだし、かなりまともに戦えるはず。
どうでもいいけど、かなりのスピードで艦隊喪失してるなぁ。。。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 19:48:01 ID:???0
同盟クーデターの予兆をヤンがビュコックではなくグリーンヒルに、
あるいは二人とも同席してもらって打ち明けてたらどうなってたか。
自分の行動がラインハルトの為の足留めでしかないと前もって知らされてたら
グリーンヒルはどう動いたか、つーか自分ではその可能性を想像さえしなかったのか、
リンチなんぞがクーデター計画なんて話がうますぎると思わなかったのかな…

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 20:27:10 ID:???0
装甲兵とか制服とかスターウォーズに似てるな。
同盟のパイロット服なんて色までそのまんまだ。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 20:49:19 ID:???0
そこには触れないでやってくれ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 21:20:42 ID:???0
ユリアンはどういう位置付けにしたかったんだろう。
各EDに主人公ぽくでてくるんで(1期なんかラインハルトがにらんでいるし)、
ヤン亡き後、戦術面は及ばずも戦略面も合わせ2代でラインハルトを撃退すると思っていたのに。
ヤン亡き後、自分にとってはつまらない人物になってしまった。
ヤンの思想を引き継ぎ花開かせようとしたのかな。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/28(木) 00:43:54 ID:???0
>>146
祭りの後始末、これにつきるでしょう。
また祭りを起こせるほどの才能はユリアンにはないかもしれんが、
とりあえず後片付けと、次のいつになるかわからない遠い未来のための
祭りのための仕込みはしておかないと・・・ってことでしょう。

ハイネセンがヤンなら、ユリアンはグエン・キム・ホアにあたるのかな?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/28(木) 20:11:07 ID:???0
>>139
確かにその配置だと同盟はイゼルローンもフェザーンも防衛においてかなり
堅くなるな。
でもあの物語にはヤンは会戦で負けてはならないという法則のようなものがあるから
ラグナロック作戦が阻止されてストーリーが停滞してしまうからそれはできないという
ことなんだろう。
イゼルローンも要塞と一個艦隊がいればほぼ無敵な設定のうえに
作中トップクラスの戦術能力を持つビュコックに守られていたら
ほとんど突破は不可能だろう。


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/28(木) 20:16:28 ID:???0
元々はヤンにもうちょっと早く退場してもらってユリアンを主人公にして活躍させるつもりだったが、
帝国と同盟に力の差が出すぎてしまい、同盟がヤン頼みになってしまってヤンの退場が大分遅れて
ユリアンが敗戦処理みたいな立場になってしまった。

逆にキルヒアイスの退場が早まったのも戦力バランスが理由。
アムリッツァでもうちょっと同盟が善戦してたらね…

後半はほとんどラインハルトの私戦。
もう戦略云々じゃないし、面白みにかける。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/28(木) 21:15:33 ID:???0
>>149
そうだよね。
ユリアンは結構ヤンの思考を読んでるし、より軍人らしいから
ヤンとは異なる作戦で、帝国と戦っていくと思ってた。
それが敗戦処理だから、前半に比べスケールダウンしてがっかりしたよ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 00:13:49 ID:???0
http://www.nicovideo.jp/watch/sm457924
 双璧、仕事選べw

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 00:16:03 ID:V9xSB5c40
ヤン存命のまま、ユリアンが1艦隊の司令官として、
(アッテンボローみたいな)成長し、ゆくゆくはアッテンボローと共に
同盟版双璧みたいになってくれたら、後半もう少し面白かったかもしれない。
そうじゃなかったら、やはり5巻くらいでヤンは死ぬべきだったね。
結局、お互いに親離れ子離れしないままヤンは死ぬし、ユリアンは指令官になっちゃうしな。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 00:20:33 ID:???0
>>152
 その想定のユリアン(orアッテンボロー)は、いくつなんだ?
本編どおりなら、ユリアンはもっとムリムリになるぞ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 06:00:50 ID:???0
15年ぐらい銀英伝やるしかないw

外伝のアニメ見てて思ったがラインハルトは権力握るまでが一番面白そう。
本編始まる前の15〜20歳ぐらいまでが奴の黄金時代だったんだな。
キルヒ死んで己が頂点に立ってからはもうやる事ないから戦争する感じだし。

もうちょっとラインハルトの覇道をゆっくりにして貴族やらフェザーンを絡ましたら
ユリアンの活躍の場もあったかもしれん。





155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 09:48:41 ID:???0
でも、「魔術師、還らず」の理不尽さは好きだなあ
後継者が育ってから死んだんじゃ、周囲の動揺も8割減
「宇宙の半分が空虚になってしまった」ような死に様はヤンに似合ってた

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 14:57:18 ID:???0
ヤンとパエッタ
http://ip1.imgbbs.jp/read1/rakisuta/3/63/48.html

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 18:12:10 ID:???0
ブルックドルフの中の人が亡くなったそうで・・・
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070629-00000103-jij-soci

チョイ役だったけど一発で「あ、あの人の声だ!」とわかったのはいい思い出です
合掌

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 19:14:42 ID:???0
黄金の翼の悪役の人か

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 20:34:44 ID:???0
レベロ最高議長ってかわいそうだよな
憂国の意志をもってトリューニヒトが投げ出した責任を果たそうとしたのはよかったが、帝国と同盟にはさまれ有能な部下もなく、あげくにヤンを拘禁するという提案を受け入れてしまい、結局同盟を滅ぼしてしまう・・・
しまいには精神を病み、軍人にカイザーへの献上品として殺されてしまうなんて・・・

まぁ、権力者になった途端に豹変してしまうのよくあることか

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 23:20:34 ID:???0
>>157一瞬、ブルドッグの中の人と読んでしまったが、時節柄仕方あるまい。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 00:39:40 ID:???0
>>159
折角、ビュコックやホワン・ルイといった友人にも恵まれていたにも関わらず、
本当に哀れな末路だったよなあ。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 02:40:05 ID:???0
非常時に、平時のドクトリンでの政権運営を試みる阿呆の末路としては不思議ではない。
教条的な原理主義では国民も国家も守れない。
つまりクーデタ⇒改革の路線は切っ掛けと動機はどうあれ、正しかったと言える。
もしあの時、帝国の国力が内乱で同盟の10分の1となっても、
あの旧態依然とした体制では、
拱手傍観して最後には併呑されていただろう。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 03:00:03 ID:???0
>>162
 平時っても、ずっと戦争していたわけですが

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 04:49:57 ID:???0
クーデターっていえば、よく第11艦隊の兵士達ほぼ全員が、
救国軍事会議とルグランジュに従ったな。
しかも、あのミラクルヤンと戦わなきゃいけないっていうのに。

あと、従わなかった第1艦隊の100万人以上の兵士たちを、
どう抑えていたんだろうな。
ビュコックとパエッタを人質にとってただけ?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 06:07:52 ID:???0
その点からもルグランジュが決して無能ではない
(少なくとも従わせるほどの統率力がある)ことが伺える。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 06:18:57 ID:???0
というかただの作者の都合なんだがな。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 08:25:38 ID:???0
>>164
軍人で人数いても施設を先に押さえられたら
素手で完全武装のクーデター部隊に対抗するのは無理では

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 08:35:24 ID:???0
>>164
今でも軍事クーデターでよく使われるのが
上官の命令は絶対だって事
例え白いものでも上官が黒だって言ったら黒になるように
上官がクーデターを起こせば下の人間は従わなければならない。
従わないと命令無視だから戦時なら銃殺が普通。
銃殺で死ぬよりも命令に従う方を選ぶと思う。
特に命令に従うことに慣らされている軍人なら

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 11:04:07 ID:???0
つーか軍隊って下っ端の人格は無視だもんな。
出世できなきゃ棺桶に入ってるのと一緒。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 14:23:29 ID:???0
ロイエンタール軍の反乱の時も下級兵士の統率は副官の
ベルゲングリューンの補佐の力も大きかった・・・とか?

グリルパルツァーやクナップシュタインの部下は文句言わずに従ったのかな?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 16:23:56 ID:???0
>>170
影で文句言っても表向きは従わざるえんだろ。組織ってのはそういうもんだ。
裏切ってくれて、内心ホッとしていたりな。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 23:51:55 ID:???0
>>168
でも敗色濃厚になっても離脱するものが少なく、玉砕の形になったのはやはり有能な提督だったってことだと思う
敵に殺されるより投降するだろ


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 04:54:24 ID:???0
オーベルシュタインうまいこと要塞陥落直前に逃げ出したな

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 05:32:00 ID:???0
大貴族滅亡前にうまいこと逃げ出せたミュッケンベルガー元帥は、
ローエングラム王朝の統治下でも悠悠自適の年金生活?
リップシュッタット戦役に参加してないから財産も没収されてないと思うし、
金髪の儒子呼ばわりしてた連中の中では、唯一、幸福な老後だな。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 05:48:35 ID:???0
ゲルラッハもじゃない?
リヒテンラーデとコソコソやってたやつ。

でも結局、旧帝国軍3長官って全員リップシュタットには参加してないよな。
言うほど無能な感じもしなかったし。

ロボスよりましな気がする、あいつが同盟に致命傷を与えた。


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 06:48:06 ID:???0
ラインハルトの訃報を聞いた時、ミュッケン爺さんは寂しかっただろうな。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 07:22:06 ID:???0
ミュッケンベルガーなんて銀英伝のキャラとしてはいかにもヒドイ死に方しそうな
感じなんだけど彼は例外的だったね。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 09:13:47 ID:???0
ブラウンシュバイクは、なんか笑っているような哀愁を帯びているような口元が好きだ。
なんか俺が支えてやらなければ、って思ってしまう。
死ぬ時はなんか可哀想だった。

でも無能なんだけどさ

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 10:57:28 ID:???0
ミュッケンベルガー元帥は出演するたびに有能になっていく気がする。
他のぼんくらどもがラインハルトの才幹に気付かない・認めない中
元帥は才幹と危険性に気付いていて、排除に加担したり、距離をとったりしている観がある

「ご両所はなにやら誤解しておられる・・・」といって勇退していく元帥は良い役どころ

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 11:18:32 ID:???0
>>174-175
中立を装っただけの貴族が容赦されるとは思えないけど。
そうだとしたらヒルダがわざわざ念書を得た意味もないし

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 12:02:03 ID:???0
>>51
グエン

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 16:30:10 ID:???0
>>180
しかし、その後の帝国を見る限り(あくまで作中の範囲ではあるが)貴族だと言うだけで資産や領地を没収された例が無い。
貴族の中には領民から慕われていた者もいるだろうし、一掃する訳にもいかないのでは無いかな。

念書の件は、ヒルダの明晰さを示す為のエピソードだと思う。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 18:07:23 ID:???0
>>166
ゆとりはウザイ、帰れ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 22:14:31 ID:???0
以外に無能一辺倒が少ない作品なんだよな
ロボスにしてもホーランドにしてもシュターデンにしても。 まぁリッテンハイム、フレーゲル 当たりは無能だけども

一番無能なのはフォーク

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 22:26:07 ID:???0
今日、大河の実況スレで銀英伝のこと書き込んだらすげぇ反応が返ってきた
スルーされるかと思ったのに
まぁ、銀英伝も一種の大河ドラマだしな

ニュー速+でも自衛隊が准将を創設するとかいうスレで上級大将にこだわってるやつが多すぎて笑った

>>184
フォークだって一応、士官学校を優秀な成績で卒業したんだよなぁ
誰かの言い草ではないが、生まれてくる時期が100年はやかったら成功してたかもな

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 23:28:18 ID:???0
士官学校の成績がいくら優れてたって
誰かに言論で攻め立てられるたびに
いちいち癲癇起こす精神病患者なんて
どんな時代でも役には立たないと思う

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 23:47:13 ID:???0
>>178 アンスバッハ乙!
>>180 処断するきちんとした名目がなければ無理。


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 00:59:00 ID:???0
【防衛】「准将」を新たに創設、「将」「将補」を「大将」「中将」「少将」などに名称改定も・・・自衛隊の人事制度改革報告書★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1183082574/

これか・・・・。

自由惑星同盟なら准将の役職は分個艦隊司令だっけ?

新帝国はイマイチよくわからなかった・・・・。
思いつくだけで、親衛隊長、ブリュンの艦長、参謀長あたり?

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 02:15:49 ID:???0
たしかに皇帝の旗艦だけは准将が艦長をやるんだが、これって当人にとっては
名誉なのか、俺は将官なのに艦長かよ!って思ってるのか、どっちなんだろ。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 02:25:59 ID:???0
>>189
能力的に「通常の大佐」<「御座艦艦長」<「通常の准将」という当たりの人材が選ばれているのでは

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 03:01:54 ID:???0
帝国軍艦の艦長の座席って全般に軍艦としてはなんか不安定で非効率な構造だよね。
艦長や司令の座席が安全ベルトもなく会社の社長のイスみたいな感じでポツンとあって。
ブリュンヒルトなんかだとその後ろにキャバクラみたいな横に長いソファーみたいなのがあって。
あの部分って誰かが座ってる場面って見たことないよね。


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 03:51:45 ID:???0
1600年も先の未来だし、
シートベルトなんぞ使わずに済むようななんか秘密の超技術が仕込まれてるんだよ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 06:07:13 ID:???0
>>189
総旗艦の艦長の方がいいんじゃない。シュタインメッツもそこから出世コースに入ったし。
なんにしろ皇帝の側近の方が昇進は早いでしょ。
リュッケなんかなんもしてないのに20代前半で左官だし。



194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 08:19:55 ID:???0
やんごとないお方の御側仕は大変。
よほどの野心家か名門の子弟でもない限り、小山の大将の方が気楽だよ。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 08:53:51 ID:???0
アルトリンゲン、ブラウヒッチなんかのラインハルト直属の分艦隊司令官たちは、
双璧の下のバイエルラインやベルゲングリューンなんかと比べて
出世してないんだよな。
トゥルナイゼンみたく実力不足で脱落した奴もいるが、自分の指揮能力についてゆけない
無能者をすぐクビにする金髪から切られずに、ずっと直属を務めてるんだから
大したものだと思うんだが。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 18:00:15 ID:???0
>>189
人にもよるんだろうけど、自分が准将なら皇帝旗艦の方がうれしい。
皇帝の命を預けられてるとも言える訳だから、最上級の名誉職。
ましてや、あの皇帝ラインハルト旗艦ならなおさら。
プレッシャーも相当だろうけど。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 18:33:46 ID:???0
>>196
一番生きて帰ってこれそうな艦だしな
死ぬときは皇帝陛下といっしょにヴァルハラにいけるわけだし

まぁ、最終話の前の話あたりだと突入されてかなり悲惨なことになったわけだけど

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 21:38:13 ID:???0
>>191
ヒルダが座っていたような気もするけど、どの回だったか思いだせない

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 22:15:42 ID:???0
帝国軍の艦橋では常に副官が直立不動だな・・・疲れないのかな?

んで、艦橋全体は全天周モニターでOK?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 22:44:23 ID:???0
>>198
ロイエンタールが、幕僚総監とかでブリュンヒルトに乗ってた時期ではなかったか。一緒に座ってたような……どの回だっけか?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 00:26:14 ID:???0
後ろに座る席はあるんだけどね。 流石に皇帝の御前 座るのはまずかろう

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 01:31:28 ID:???O
そういえば義眼や色眼は元帥まで昇ったのにブリュンヒルトでは直立不動だったな。

内心はゆっくり座りたかったに違いない。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 03:06:22 ID:???0
同盟と違って帝国艦は旗艦クラスでも艦隊首脳部が艦橋で会議するスペースが無いから
不便そうだね。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 03:50:58 ID:???0
帝国艦のデザインは流線型を基本とした美しさ優先、
同盟艦は実用一点張り
内装も同盟は吹き抜けの多層的な構造になってて艦橋全体を見渡しやすいが、
帝国艦はフロアとフロアが壁で隔絶していて、狭いエレベーターやベルトコンベアで
繋いでる感じ。
ブリュンヒルトでもラインハルトが低くて狭い出入り口から、わざわざ身体を丸めて
ブリッジに出てきたり、どこかに行ったりするシーンがいくつかあった。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 04:02:56 ID:???0
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
 
                   ポポロン [ 同盟]
                 (チンコ野郎〜没年不詳)

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 04:25:27 ID:???0
俺は一番突っ立ってるイメージが強いのはキスリングだな。

ハイネセンの大火で避難する際にラインハルトが着替えのために一度
部屋に戻ったとき、さすがの親衛隊もドアの前で寒そうに体震わせてたけど
キスリングだけは直立不動の姿勢のまま微動だにしなかった。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 05:19:19 ID:???0
バーミリオンで敗北寸前のラインハルトが旗艦からの脱出を拒否したとき、
シュトライトの合図で、キスリングが力づくでラインハルトをシャトルに
引っ張り込もうと身構えてたが、実際にやっていたら結構手こずったかな?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 06:06:57 ID:???0
カイザーは普通に強いぞ。
キスリングも本気だすわけにはいかないし無理っぽいけどな。




209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 08:07:55 ID:???0
>189
大和の艦長と 他の適当な巡洋艦隊の司令とどちらが名誉かという問題だな

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 12:52:01 ID:???0
>>204
>ブリュンヒルトでもラインハルトが低くて狭い出入り口から、わざわざ身体を丸めて
>ブリッジに出てきたり、どこかに行ったりするシーンがいくつかあった。
 あれはマヌケだった。
 普通に考えて、設計ミスだな。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 13:37:45 ID:???0
緊急時には艦橋だけ切り離して助かる構造だから
出入り口も最低限だと最初のうちは思ってた

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 13:38:39 ID:???0
あのブリュンヒルトの出口、ホントに頭ぶつけそうなんだよね。
もし長身の陛下が頭ゴンってやっちゃった時の、本人と側近達のリアクションが見たいw

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 14:36:19 ID:???0
そういや、シヴァ星域会戦でブリュンヒルトがイストリアに強襲された際
ブリュンヒルトの艦長はなにか処罰されたのかな?
帝国軍司令部全体のミスとはいえ、旗艦に接舷されたことは艦長として
許されざることじゃないの?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 14:38:09 ID:???0
万一白兵戦となった際にオフレッサーの侵入を防ぐための安心設計だったんだよ。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 15:03:26 ID:???0
そうか!侵入者側からは装甲を脱がなきゃ入れないのか!なるほど。

ガイエスブルグで惨敗したミュラーは赦されているし、被弾したミュラーの旗艦の艦長も4度乗り継いだ。
ザイドリッツの操船ミスで接舷されたのではないし・・・
でも、相当な失態であり、一応形式としては誰かが責任を取るべきだろうから
ザイドリッツには皇帝なり幕僚総監のメックリンガーなりから戒告を受ける程度の罰はあったかもしれない
退任を願い出て慰留されるなどの一幕も考えられる

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 15:05:16 ID:???0
艦橋にギリシャ建築風の柱がたくさん立ってるけど、あれもなんだかな・・・
そのセンスに笑ってしまう。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 20:25:18 ID:???0
ってか、ブリュンヒルトの艦橋は異様に広くないかw

マル・アデッタ戦の後、ルッツがイゼルローン失陥の報を受けている
時の幕僚達が大勢(30〜40人?)いたような気がする。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 23:54:19 ID:Uyd/JWVp0
はじめまして。つい最近銀英伝を知った初心者です。
皆様が盛り上がっておられる話題と全く関係の無い質問をさせていただく事をお許し下さい。もし駄目でありましたら撤回し、お詫び致します。
階級についてであります。外伝の方になりますが、ラインハルトが少佐に昇進したのはいつ、何の功績によってなのですか?
時期としては第五次イゼルローン、「黄金の翼」中かと思いますが、確か時系列的にその直前の「決闘者」では大尉で、昇進に繋がる功績はなかったように記憶しているのですが…
もう一点、これは本伝ですが、キルヒアイスはアスターテの後、大佐から少将に二階級特進したのですか?
この2点です。もし作品中、および本掲示板にて示されていたことを私が見落としていたのならばお許し下さい。
見辛い長文申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 00:13:42 ID:???0
釣り?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 00:19:07 ID:???0
釣りというかニコ厨だろ。
誰か教えてやれ。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 00:20:40 ID:K2z7YOR90
決して他意はございません。ただ知りたいと思っただけでありますが…
もしかしてしてはならないことをしてしまったのでしょうか?
やはり撤回すべきでしょうか?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 02:11:08 ID:???0
というか






まずググれ

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 02:22:34 ID:???0
どっちも描写がないので不明、以上。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 02:23:24 ID:???0
>>216
そもそもアニメでは柱に押しつぶされて死んだ人の多いこと多いこと。w


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 04:34:39 ID:bYxdtnDBO
反重力発生装置のために、円柱状の一定量のスペースを複数個必要とする
……とかだったら納得出来るんだけどな。
せめて倒れてこない程度の工夫はしろとw

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 09:46:39 ID:K2z7YOR90
ありがとうございます!
もっと勉強させて頂きます。お騒がせ致しました!

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 12:44:58 ID:???0
結婚は想像力の欠如、離婚は忍耐力の欠如、再婚は記憶力の欠如。
フレデリカはヤンの何処に惚れたのだらう?
どうでもいいが、ヤンって銀河一の虐殺提督だよな。
白起、韓信、ハンニバル、ベリサリウスのような理不尽な末路も当然かなあ。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 14:02:01 ID:???O
リンチ乙

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 14:45:06 ID:???0
美姫は血を欲す

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 14:55:45 ID:???0
アムリッツアの出兵採決で
国防委員長(軍)、財務委員長(金)、人的資源委員長(人)
が反対してるのに、強行されるというのに違和感があった。

こと軍事面の採決では
情報交通委員長(ウィンザー女史)などあんまり軍事と関係ない分野の委員長と
上記の関係ある委員長が同じ一票っていうのがなぁ…。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 14:58:45 ID:???0
帝国軍最高司令官は三長官兼任した人物だけど(皇帝ではないんだね)、
同盟軍最高司令官は
最高評議会議長?国防委員長?統合作戦本部長?

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 15:20:46 ID:???0
シビリアンコントロールの民主国家なら、最高司令官は国家元首だ。
同盟の国家元首って、最高評議会議長?国防委員長?未だにわからん。アムリツア後、トリューニトは国防委員長に
なったんだよね?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 15:25:54 ID:???0
議長がトップ。その下で国防委員長が軍政、統合作戦本部長が軍令を担当らしい。
文民統制なので。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 15:32:43 ID:???0
トリュはアムリッツァの前から国防委員長だった。
アムリッツァ後に「暫定政権の首班」に就いた。後はフェザーン陥落までそのままじゃなかったか?
一度逃げ出したのにバーミリオンで「正式にリコールでもされたのかね〜?」とか言って出てきたのが腹立つ。
「職場放棄」だったんだから罷免させとけよ!

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 17:48:01 ID:???0
>>223
ゆとり乙

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 20:01:20 ID:???0
銀英伝の一番の勝ち組は・・・若い女性をゲッツしたケスラー?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 20:20:24 ID:???0
作者が早死にするとの予想を見事裏切った
ビッテンフェルトだろう

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 21:25:05 ID:???0
フリードリヒ4世に決まりじゃないか

15歳の美女いただきまくり
ベーネミュンデも若いころはさぞかし(ry

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 21:26:17 ID:???0
巨根ポポロンにはかないませんよ

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 21:55:37 ID:???0
疾風ウォルフだと思う。
主君の身代わりにはならず、叛逆することもなく最後まで生き残り臣下として最高の地位を得て、結婚し子も得た。
少なくとも「あの日集まった四人」の中では最も幸福だったのではないか。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 22:43:10 ID:???0
子供はロイのだがな

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 22:50:15 ID:???0
こうしてみると同盟のシステムとか理解し切れてない人多いんかね〜?
ただ少数の理解できてない人が書き込むのかも知れんけど。
>>236 俺もミッターマイヤーに一票。
まあケスラーも新帝国でも重鎮になり、幸せな結婚をして、ヒルダの覚えもめでたいのだから
勝ち組みには違いないけど

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 03:14:39 ID:???0
ミュラーも将来性あるし評価が高いけど、
恋人らしき存在がないままで終わったな。
あれで幸せな家庭でも築けばミッターマイヤーに近い感じ。


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 03:29:26 ID:???0
他の元帥連中はともかく、ビッテンフェルトは平和になったあと
なんの仕事をしてるのかが非常に気になる・・・

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 03:42:30 ID:???0
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
 
                   ポポロン [ 同盟]
                 (チンコ野郎〜没年不詳)

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 03:50:24 ID:???0
>>244
士官学校の校長センセ

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 07:46:32 ID:???0
海賊王におれはなるぞ

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 09:20:09 ID:???0
疾風ウォルフに一票。
カイザー死んだ後は疾風がかなり権力を握るんじゃないか。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 09:50:51 ID:mGh37zJkO
権力を握るのは苦労が多く幸せとは言い難い

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 09:55:49 ID:???0
よほどの内乱でもない限り、基本的に軍は暇そうだしな・・・・。
宇宙艦隊司令長官とかなっても平和で出番なさそう。
ビッテンフェルトにはつまらん時代かもね。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 10:52:17 ID:???0
宇宙軍の肥大化からシリウス戦役となった反省から、軍縮が進む。
大量の将兵が解雇されるので再就職先斡旋に忙殺される。

ビッテンフェルトは残留志願の兵を訓練し、ケスラーと協力して宇宙海賊の討伐に明け暮れる
中には戦艦乗りをやめきれずに海賊に転身した者もおり、それらを討つビッテンフェルトだが
商船乗りから「保険料が安くなって助かる」と感謝されている。不本意かもしれない

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 13:21:39 ID:TzH/4O1b0
ニコニコ 削除キタ


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 13:42:45 ID:tlWPf0pQ0
まにあった…

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 16:33:59 ID:???0
>249
自分で書いたが疾風が最も幸福ではなかったかもしれん。キル・ロイも自らの生き様を全うした。
カイザーも充分に夢を見て逝った。いくつもの矜持の狭間で信義を貫くのも大変だったろう。
>250
ビッテンフェルトは確かに違う意味で大変そうだ。個人的には政界入りして新設された帝国議会でアッテンボロー議員との舌戦を見てみたい。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 18:03:21 ID:???0
むしろ決闘議会と化しそう。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 19:29:26 ID:???0
帝国軍の最高幹部の格闘戦の強さってどんな感じかな?

赤毛>色目>疾風=義手=猪

こんな感じかな?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 19:49:38 ID:???0
時系列的に問題もあるが一応実際の記述(描写)を材料にすると
対シェーンコップ戦から赤毛=色目
本人の供述から義手<赤毛、疾風は推測入るが「双璧は並ぶ者無き勇者」とあるから義手より上だろう。
赤毛=色目≧疾風>義手というところか。猪は艦隊戦同様時間制限次第か?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 20:56:11 ID:???0
ニコニコ全削除きたか?
ニコ厨涙目w

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 21:21:06 ID:???0
>>257
赤毛がシェーンコップと対決したのって最初の赴任地でほぼ初陣じゃなかったけ

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 21:40:22 ID:???0
>>259
いや、「千億の星、千億の光」でのヴァンフリート地上戦で、確か大尉だったはず。
アニメ版では応酬自体は互角だったが、最後はキルヒアイスだけが息が上がっていたから
その後の成長分を加味しても、両方息が上がっていた中年−色目と大差はなさそうな気がする。
多分に推測入ってるが。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 21:40:59 ID:???0
国務尚書ミッターマイヤー
軍務尚書ケスラー
軍務次官シュトライト
軍務省調査局長フェルナー
統帥本部総長・後方総司令官メックリンガー
統帥本部総長代行・新領土駐留軍総司令官ワーレン
統帥本部幕僚総監アイゼナッハ
宇宙艦隊司令長官ミュラー
副司令長官バイエルライン
参謀総長ビューロー
イゼルローン要塞司令官ブラウヒッチ
帝都防衛司令官グローテヴォール




教育総監兼軍医総監ビッテンフェルト

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 22:11:54 ID:???0
>>261
宇宙艦隊副司令官をビッテンフェルトにしてはどうか?
最強の矛と盾のセット。
オーベルシュタインの草刈時同様、ミュラーが
貧乏くじで苦労しそうだけど。w

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 22:37:00 ID:???0
>>261
憲兵総監はどうする?あとシャーテンブルグとドライアドミラルスブルグの司令官も必要だろう。
確か幕僚総監はカイザーに助言するのが主な仕事だったような気がするから
カイザーにはアイゼナッハ手話の勉強が必要になるのではないか?
…何となく助言役ポストが多すぎるような気もする。摂政ヒルダや副官連中もいるわけだし。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 23:01:20 ID:???0
国務尚書ミッターマイヤー
軍務尚書オーベルシュタイン
軍務次官シュトライト
軍務省調査局長フェルナー
統帥本部総長・後方総司令官メックリンガー
統帥本部総長代行・新領土駐留軍総司令官ワーレン
統帥本部幕僚総監アイゼナッハ
宇宙艦隊司令長官バイエルライン
副司令長官ケスラー
参謀総長ビューロー
イゼルローン要塞司令官ブラウヒッチ
帝都防衛司令官グローテヴォール
教育総監兼軍医総監ビッテンフェルト

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 23:09:31 ID:???0
>>264
軍務尚書はヴァルハラから通勤ですか?

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 00:11:02 ID:???0
国務尚書ミッターマイヤー
軍務尚書ケスラー
軍務次官シュトライト
軍務省調査局長フェルナー
統帥本部総長・後方総司令官メックリンガー
統帥本部総長代行・新領土駐留軍総司令官ワーレン
統帥本部幕僚総監アイゼナッハ
宇宙艦隊司令長官ミュラー
副司令長官バイエルライン
参謀総長ビューロー
イゼルローン要塞司令官ブラウヒッチ
シャーテンブルグ要塞司令官ドロイゼン 
ドライアドミラルスブルグ要塞司令官ホルツバウアー
帝都防衛司令官グローテヴォール
憲兵総監ブレンターノ
教育総監兼軍医総監ビッテンフェルト

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 00:16:42 ID:???0
>>261
>>264
>>統帥本部総長・後方総司令官メックリンガー
>>統帥本部総長代行・新領土駐留軍総司令官ワーレン
総長が居るのに、総長代行がなぜ必要なの。
緊急時でもないのに、代行職を設ける理由は無い。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 00:25:29 ID:???0
ラングの死後、内務省社会秩序維持局はどうなったんだろう。
ヒルダの摂政就任後なら組織解体か?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 00:49:08 ID:???0
新領土はあまり抑圧体制だと反発を招きそうだから
結構剛毅なワーレンよりもアイゼナッハやメックリンガー
あたりがいいのでは。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 00:58:17 ID:???0
ハイネセン-フェザーン-オーディンって
それぞれ普通の速さの船で何日くらいかかるんだっけか。
統一後は軍人の単身赴任者が多くなりそうだな。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 01:02:42 ID:???0
ハイネセン-イゼルローン間は二週間だっけか

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 01:08:41 ID:???0
ハイネセンは自治政府にまかせるとして、新領土の統治体制は
数年間は帝国本土と異なる物になるんじゃないの。
地方行政府はほぼ同盟支配時と同じで、税率等が変わるだけ。
行政府の長も地方議会も暫らくの間は、選挙が無い限り機能させる。
おそらく地上の治安警察も同様。異なるのは軍関係と星間警備の関連組織だろう。
多くの基地を廃止、集約して帝国軍が管理する形をとる。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 01:49:54 ID:???0
>>271
それは遠回りしてだからもっと短い

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 01:52:13 ID:???0
国務尚書キルヒアイス
内務尚書オーベルシュタイン
軍務尚書ミッターマイヤー
軍務次官シュトライト
軍務省調査局長ケスラー
統帥本部総長メックリンガー
旧同盟領駐留軍総司令官ワーレン
統帥本部幕僚総監アイゼナッハ
宇宙艦隊司令長官ロイエンタール
副司令長官バイエルライン
参謀総長ビューロー
イゼルローン要塞司令官ブラウヒッチ
帝都防衛司令官ミュラー

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 03:07:23 ID:???0
ユリアンとも一番仲が良さそうな、ミュラーを新領土をまかせては?

代わりに誰を宇宙艦隊司令長官にするかだが


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 03:12:43 ID:???0
アイゼナッハは地味に有能だし、いい人だけど
コミュニケーションの問題が・・・・。
あの副官グリースが常に側にいないと機能しないw

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 03:50:49 ID:???0
内務尚書オーベルシュタインは最適だな

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 06:21:57 ID:???0
アニメ版でグリーンヒル親娘との会食イベントってあったっけ?


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 09:50:15 ID:ezbwK+UKO
ミュラーは将来、同盟の女性と結婚して、
「あの鉄壁ミュラーも、私生活では同盟の進攻を許したか」
とか言われてそうだ。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 09:54:55 ID:???0
それは不敗の名将の未亡人ですか?

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 10:26:42 ID:???0
ドヴィリエが死ぬ間際に言ってたように、地球教が滅んだ後もテロリストはいるし依存心の事もあるから、ケスラーは当面は憲兵から離れられないだろう。
ただアンネローゼがオーディンに戻るとなると、ハイネセン・フェザーン・オーディンと警備関係者も苦労しそうだ。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 11:19:41 ID:???0
>>278
グリーンヒル大将の死を知った時の回想シーンのみ。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 13:05:33 ID:???0
>>278
メシ食いに行くかって誘うシーンはある。
ジェシカの戦いの最後に。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 14:34:21 ID:???0
そういやあまり考えたことなかったが、
フレデリカが誰かと再婚するって可能性はあるかな?
すぐには無理に決まってるだろうが、10年後や20年後にでも・・・
カリンとの離婚調停を終えたユリアン(35)とか・・・

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 14:42:53 ID:???0
>>284
可能性はあるだろうが、10年、20年先のことなんぞ、誰にもわからん。
男女関係を登場人物内だけで完結させようとするのは、ラノベ厨の悪いクセだぞ。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 15:39:03 ID:???0
>>285
いらん波風を立てる余計な一言を付け加えるのは真性厨の悪いクセだぞ。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 16:02:24 ID:???O
ニコニコの何で消えてるん?

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 19:22:22 ID:???0
「俺に言わせればな、
問題なのはカリンが不幸な事じゃない
カリンは自分を不幸だと思い込んでる事だ。」

両親のいないユリアンの事を引き合いに出しても
ポプランに食って掛かるぐらいだから
心の捻くれ具合は相当なものだろう

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 20:34:02 ID:QC5U5o180
>>287
普通に著作権違反してるんだから、誰かが削除依頼したんだろ。
ニコニコ厨は金払ってなくてなんの権利もないくせにネタバレすんなとか
ウザイにもほどがあったからいい気味

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 20:39:11 ID:MaaQgKw20
またすぐあがるから大丈夫。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 21:21:14 ID:???0
影の城と三元帥の城はまだ骨組みすら作ってなかったから
帝国本土側に放棄されたイゼルローンを運んできてあげると安上がりかもしれない
同盟側にあると共和主義過激派が旗にしたがるのでNG

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 21:40:07 ID:???0
オーベルの声は低く小さいので聞こえづらいけど、
諸将に説明している時、後ろの方は聞こえてるのかな。
マイクは使ってないしスピーカーもないし。
ラインハルトも「もう少し大きな声で話せ」とか注意しなかったのか

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 21:55:34 ID:???0
さあ

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 22:27:23 ID:???0
鼓膜を潰しても脳に直接響くのさ

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 23:08:59 ID:???0
オーベルシュタインは殉職したが、やっぱ四元帥の城にはならないのだろうか。
関係ないが「パウル・フォン・オーベルシュタイン武勲賞」を作ってビッテンにあげてみたい。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 23:23:01 ID:???0
>教育総監兼軍医総監ビッテンフェルト

これに誰もつっこまないのかw

ビッテンに診察されるのに命がけだな。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 00:48:30 ID:???0
>>295
ルッツのことも思い出してあげて下さい

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 01:05:09 ID:ZETJG1GtO
スパイラルラビリンス見終わりました。
シュタイエルマルクがかっこ良かったw
この人、アッシュビー以外のマフィアの面々より優秀なんじゃない?
ジャスパーとビュコックの次に上司にしたいキャラw

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 01:21:18 ID:???0
ルッツってあのウルヴァシーで生き残っても元帥になっていたらしいけど
それなら皇妃(+出産前の皇子)と皇姉を救ったケスラーがあの時点で
元帥になってないのはなぜ?

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 01:51:06 ID:???0
摂政キルヒアイス
国務尚書ミッターマイヤー
内務尚書オーベルシュタイン
軍務尚書ロイエンタール
軍務次官シュトライト
軍務省調査局長ケスラー
統帥本部総長メックリンガー
旧同盟領駐留軍総司令官ワーレン
統帥本部幕僚総監アイゼナッハ
宇宙艦隊司令長官バイエルライン
副司令長官ビッテンフェルト
参謀総長ビューロー
イゼルローン要塞司令官ブラウヒッチ
帝都防衛司令官ミュラー

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 02:27:57 ID:???0
>>299
生還直後に元帥昇進と言う訳では無いんだろう。
生き残っていたら、獅子の泉の八元帥になっていたんじゃないか?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 04:30:41 ID:???0
>>299
 その後を見てみろ。ケスラーの昇進どころじゃない。
 それに元帥にするってのは、二等兵を一等兵にするのとは訳が違うぞ。それなりの形式とか必要なんだから、
内示出した後、落ち着いてからになるだろ。普通
 いくら本編で将官の扱いが軽いからと言って、軽く考えたらいかん。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 09:09:18 ID:???0
>>299
ケスラーの場合憲兵隊が相手に嵌められて危機になったって事じゃね

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 09:14:34 ID:???O
だな。±0ってことで

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 10:50:06 ID:???0
帝国皇帝 ラインハルト
帝国宰相 キルヒアイス
国務尚書 ミッターマイヤー
内務尚書 アイゼナッハ
財務尚書 ファーレンハイト
民政尚書 ルッツ
工部尚書 ビッテンフェルト
司法尚書 オーベルシュタイン
宮内尚書 メックリンガー
軍務尚書 ケスラー
統帥本部総長 ロイエンタール
宇宙艦隊司令長官 ミュラー

帝都防衛司令長官 バイエルライン
旧同盟領駐留軍総司令長官 ベルゲングリューン
イゼルローン要塞司令長官 ビューロー
内国安全保障局長 フェルナー
憲兵総監 キスリング

※尚書は普通民間人だろう、という突っ込みは無しの方向で・・・

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 12:00:35 ID:???0
柊館に賊の侵入を許した失態と帳消し
もしくは、ケスラーほど有能な人物ならばあの程度の働きは当然で、賞されるほどでもない・・・かな?

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 13:13:45 ID:???0
帝国軍は超人が多いからね。個人的には賞賛するよ

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 13:26:46 ID:???0
ケスラーの昇進は、マリーカとの結婚のご祝儀?

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 13:56:51 ID:???0
ケスラー個人がというより組織全体に関する問題になるが、
憲兵隊は犯人のあぶり出しと殲滅に関しては超一流なのに、
抑止能力については全くだな。何度ロイヤルファミリーがピンチになった事か…
まあ逆だったら後半の展開が面白くないが
>>299
「柊館にて皇妃陛下をお救いしたは、ホクスポ…いやマリーカ・フォン・フォイエルバッハの功績でございます」とか言って辞退したのでは?
ミュラー提督の表現にならって申し上げれば(笑

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 14:30:16 ID:???0
階級は嫌いだから侍女にしてくれた方が良かったとか言ったんだろ

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 15:02:04 ID:???0
>>309
ケスラーでなかったら3倍ほど危機に陥ってたかもしれん

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 15:29:33 ID:???0
ケスラーに限らず、
新帝国成立後は勝敗に関わらず基本的に生きての昇進ないんだよな
すっきりした勝ち戦も確かになかったが
ローエングラム閥の独占が完成してしまったからこれ以上関係を変えられなかったんじゃないか
三長官や総督以外で元帥が就きそうな役職もあまりないと思う

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 15:53:06 ID:???0
幕僚総監ぐらいかな。
なぜかいきなりヒルダが中将待遇でなったが、あの人事はどうかと思った。

三長官の次ぐらいのポストに軍人でもない女性を着けるのはだめだろ。


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 16:21:58 ID:???0
>>313
同感。
あん時は初代が死んでしまったとはいえ、助言ならあの時点では統帥本部総長と主席副官で充分だったのでは?
現に戦略的助言はシュトライト、戦術的助言はロイが立派にやってたわけだし。
人事発表時のミッチとロイの対照的な表情と、ヒルダの「すんません」的な表情にうけた。
しかも就任最初の助言は全否定的に却下されたし…お前が助言しろといったんじゃないか!!!

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 16:34:41 ID:???0
>>245
ポポロンて誰

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 17:49:16 ID:???0
他人の理不尽は許せないが
自分の理不尽は罷り通す
それがラインハルト

貴族の不公平さを憤りながら
己の不条理な自我を隠すのは止めない
それがラインハルト

だから暴力バカの
テロリストにつけ込まれる

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 18:36:41 ID:???0
中将待遇って言っても、実際に指揮する兵や部隊はないし
旗艦に乗せて皇帝に助言させるのにまったく地位がないと格好がつかないからだろ

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 19:29:10 ID:???0
元帥が七人になった後、軍務省人事本部の仕事激減したんだろうな。
元帥は元帥府を開いて、部下の人事権を持つはずだよね。
七元帥の下に就かなかった人よりも、下に就いた人の方が多かったんじゃないの。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 19:31:26 ID:???0
本人が言っているように彼が皇帝になってその地位を保ったのは、禿のストーリーのおかげ
聖者の徳が無いどころか、超人的な自信過剰と高慢さでフレーゲルといい勝負

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 21:40:26 ID:???0
ヒルダもなんか都合の良いキャラだったな。
いくら聡明とはいえ主流でない貴族の令嬢がトントン拍子に出世、
はては皇后&皇帝の摂政に・・・・なんという女双六。


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 21:52:56 ID:???0
ヒルダはまだキルヒアイスの代理っていう役目があった。
ヒルダの行動で歴史が変わったこともあった(バーミリオン)。
カリンにいたっては、単にユリアンに恋人をつくってやるためだけに
出したキャラ。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 22:09:20 ID:???0
シェーンコップの生き方は
傍目には自由でカッコ良く見える面もあるが

生まれたときから両親が傍にいて
いつでも気にかけてくれるのがあたり前で
そうでない家庭環境に育った人間は
不幸に決まってると思い込んでる甘ったれにとっては
憎しみの対象になりうるんだなあと
認識させてくれる意味ではカリンは必要なキャラだった。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 22:26:02 ID:???0
でも考えてみるとシェーンコップってカリンの存在を知らなかったんだよな。
カリンの母も、腹の中に子供がいるからってシェーンコップに捨てられたり、
堕ろせって言われたわけじゃない。
カリンは何も知らなかったシェーンコップを責め過ぎじゃないのかと思うんだが・・・
男にしてみれば、君のことを知らなかったんだから面倒見れなくてもどうしようもないじゃん、と。
まあ本人にしてみればそう簡単に割り切れないかもしれんけど。

ただユリアンの言い草じゃないが、子供がいるって分かってたら、
シェーンコップはカリン親娘を捨てるような男とは思わないけどねえ。
つまみ食いの浮気くらいするだろうが。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 22:35:13 ID:???0
カリンとユリアンが接近しだしてから、ユリアンが一気につまらないキャラになってしまった。
キャゼルヌ夫妻は言うに及ばず、ヤン夫妻・ラインハルト夫妻などの会話は機知に富むものだったが、
ユリアン・カリンのカップルはどちらも子供だけに共にイケイケ気味で、
あの世界で浮いてるばかりじゃなく流れが悪くなってしまい残念。


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 22:37:06 ID:???0
>>323
いやずっとこづかいもらえなかった恨みはどうにもならんだろ。
顔見りゃ発作的に怒り出すのは同然だと思うぞ。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 22:51:01 ID:???0
>>298
ファン・チューリンとどっこいで、勝つ時のジャスパーより下、負けるときのジャスパーより上という印象
かな。ジャスパーはバイオリズムの変動が大きかったのだろうか。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 23:44:27 ID:???0
>>323
こういうのは理屈じゃないさ。
まして10代の思春期だもの。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 00:53:32 ID:???0
子供に無関心な男に限って肝心な事がおろそかすぎる。
不良中年といい漁色家といいカイザーといい…
「子供?フッ、私の子供か」
「いない方がいいさ。背かれる心配が無いからな」
そんな事だから小遣いせびられたり今際の際に見せつけに来られたり命名に困ったり嫁や姉に最後まで苦労かけたりするんだ!


329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 01:12:38 ID:???0
ルッツの最大の長所は火薬銃でど真ん中の射撃の腕前にあったんだから、
艦隊司令官などよりむしろ親衛隊とか護衛関係に就かせるべきだったように思う。
でリュッケと組んで打ち抜き放題

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 01:26:51 ID:???0
>>325
>いやずっとこづかいもらえなかった恨みはどうにもならんだろ。

それは同意できるかもww


331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 01:28:43 ID:???O
ルッツやシュタインメッツはヤンにボコられてるイメージしかない。

シュタインメッツなんかバーミリオン前の連戦ではブラックホールに押し込まれて半壊。
回廊の戦いじゃ速攻で旗鑑がやられて戦いの邪魔。
艦隊司令官は向いてないんじゃないかと思った。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 02:36:34 ID:???0
>>331
同感ではあるが、ヤンの前では殉職組はもちろんワーレンやビッテン等上級大将レベルはほぼ全員が一回はボコられている。
アイゼナッハはアッテンにすらしてやられたしミュラーも三回沈められた。
疾風ですら二度も人狼に傷が付いたしヘテロも危ないところだった。
艦隊司令として問題なしとは言わないが、シュタインメッツやファーレンハイトが死んだのは他に出番が少なかったことに加えて
ヤンの突進作戦の際に盾になる位置にいたとか、殿で味方の脱出を援護していたとかの要素もあったことを考えると、
多少運が悪かった点もあるように思う

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 02:38:10 ID:???0
>>328
あの世界の夫婦のあり方の社会通念とはなんだろうな。
一夫一婦基本で、子供は多いほど良いという考え方なんだろうか。
何百年も戦争してるんだし、トラバース法が一般に受け入れられている
社会なら、親子関係や嫡子/庶子に関係なく育てる能力の有る者が
育てる、といった考えが有る程度通用したんじゃないかな。
親が死んだ、愛人に生ませた、貧乏だった等の理由で養子が
かなり多かったとも考えられるがどうだろう。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 09:51:20 ID:???0
ヤンに勝つにはどういう組み合わせがいいんだろうか。
ヤンのいうペテン策ならオーベルが見破りそうだが、艦隊動かす人じゃないし、
オーベル+疾風か+ロイエンか・・・
オーベル+キルヒならどうだっただろう

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 10:25:43 ID:???0
>>333
トラバース法がある同盟だけでなく、帝国でもエヴァやフェリックス・ランベルツのような例があったのは、
一回の局地的な戦闘で「孤児や未亡人が何十万人かでき」るわけだから、価値観に関わらずどうしても育てる能力の有る者が育てざるを得なかったということだろう。
結果的に血や愛情によるつながりの無い関係が相当多かったとは思う。
ただ個々のレベルで言えば、それでも結婚や子供に無関心(or否定的)な者はいたし、ミッターマイヤー夫妻のようにできるなら自分たちの子を、という価値観もある。その点は今と大して変わらないだろう。


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 12:58:06 ID:???0
ヤンのボコられなかったのは、ケスラーくらいか?



337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 14:42:59 ID:???0
>>334
ラインハルト+キルヒアイス  まぁ之は置いておいて ファーレンハイト+ビッテン(回廊以外)ならなんとか

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 17:13:04 ID:???O
ヤンに対してはラインハルトよりキルヒアイスの方が負けないイメージがある。
どっちがどうではなくてあくまでも対ヤンで考えると。
オーベルも指揮官がオーベルを理解してくれていたらヤンはイゼルローンで撃破されてたかな?

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 17:44:22 ID:???0
>>333
ヤンの策は指揮官の性格を踏まえて、根本は戦理どおりだから、攻守、理性と感情、理論と直感等の長短まで
カバーできる組み合わせが絶対だろうな。あと、攻守の役割を決めて、基本その役割に徹せられる人。
 どう考えても、ラインハルト・キルヒアイスか双璧しかいないような気がする。
>ヤンのいうペテン策ならオーベルが見破りそうだが
ヤンの策を見破ったほぼ唯一の人間だもんねぇ。手足となりきれる提督がいれば……。


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 19:43:24 ID:???0
でも、オーベルが参謀やってるってヤンが知ってたら、
それを逆手に取る方法も考えたと思う。
もっともオーベルの名前と能力が宇宙に知れ渡るのは、
彼がラインハルトの元帥府に入ってからだけどね。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 19:44:47 ID:???0
ちなみにバーミリオンの時は、オーベルの読みは(囮と見せかけてそれが本隊)
完全にヤンに逆手に取られてる。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 19:58:42 ID:???0
まあいくら議論しようがこの小説の掟として
ヤン>金髪>その他 の構図は決まりきってるんだがな。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 20:16:15 ID:???0
>>342
そう思うならここへはこない方がいい
俺等にとってもお前みたいなしたり顔に
居座られても迷惑なだけだからな

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 20:29:07 ID:???0
物量作戦を帝国側が使っていいなら、上級大将クラスの指揮官で
勝てると思える。
バーミリオンでやったように基本的に防御に徹するか、数で波状攻撃の
作戦を徹底して行う。途中で、下手に作戦変更などしないこと。
上記の作戦をヤン側が疲弊しても延々と続ける。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 20:31:57 ID:???0
ラインハルトは「オーベルシュタインに戦術家としての能力は期待していない」とかバーミリオン会戦で
書かれていた気がする。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 20:33:57 ID:???0
なんかオーベルは策略とか権謀術数には長けてても
軍の参謀としてはどうなんだろう・・・?と思わんでもない。
旗艦に同乗してるより机にいる方が向いてる。



347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 20:36:23 ID:???0
>>344
それがいいんだろうけど、ラインハルトの性格的に無理なんだよな。
ビッテンほどじゃないけどラインハルトは短気で受身が苦手。
ミュラーとかアイゼナッハ、メックリンガーならいつまでもいつまでも
そういう作戦を続けそうな感じだけど。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 20:37:22 ID:???0
ドミニクには一度、虎柄の服を着てほしかった・・・・。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 20:43:40 ID:???0
オーベルシュタインの作戦参謀としての能力は、ラインハルトの求めてるレベルが
高すぎるだけで、決して低くはないと思う。
たとえば村井よりは上じゃないのか?村井も充分有能だと思うが。

実際、ラインハルトの参謀役がうまく務まったのは、艦長時代の時のキルヒアイス、
回廊の戦いの時のロイエンタールくらいか。
結局、総参謀職はオーベルシュタインが軍務尚書になってからは、
なくなっちゃったみたいだし。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 20:54:58 ID:???0
>>348素直に、虎縞のビキニと言え

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 21:08:37 ID:???0
>>344
アムリッツア前哨戦のキルヒアイスVSヤンの戦いだったらキルヒアイスが
敵軍撃破に徹底すれば余裕で勝てたんじゃないの?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 21:34:37 ID:???0
>>347
そこら辺がヤンに勝てない原因だな
回廊の戦いでも最初から物量作戦による波状攻撃を徹底してたら勝てたと思う

353 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/08(日) 22:05:43 ID:???0
終わった時には、開戦時にはおよそ15万隻居た帝国全軍が、
2、3万に減っていて、もう新旧の帝都の防衛がやっとで、
新領土各地の治安・制宙権の維持が不可能になっていたりしてな。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 22:29:26 ID:???0
ヤンて魔法の壺?減らす方の。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 22:40:18 ID:???0
>>351
そうそう、キルヒは部隊を分けてじっくり攻めてたから、さすがのヤンも苦戦してたよね。
基本的にヤンは相手を動かしてその隙を狙うカウンター攻撃が多いから(物量で劣ってる為)、
相手に見られると苦しいと思う。
帝国軍はなんだかんだで熱くなるタイプが多いから。

意外とヤンは大軍を指揮すると、複雑な作戦遂行に足並みが乱れて負けるかも。

356 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/08(日) 22:46:19 ID:???0
華氏と猪の艦隊がそれぞれ半減、
シュタインメッツ艦隊は壊滅。
なのにヤン艦隊は、当初2万隻強稼動していたのが、
2万隻を割り込む程度の被害だもんな。
つまりヤン艦隊の1割を沈めるのと引き換えに、
帝国軍の2割が犠牲になっている。

帝国軍が、被害お構いなしで力押しするなら、
損耗率もより上がるだろうし。
ヤン艦隊が消滅する前に、帝国全軍15万隻が壊滅して、
ヤン艦隊は尚、半数が健在でもおかしくないくらいだ。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 23:34:28 ID:???0
もしヤンが暗殺されずにまた新たに戦いの機会があったら
どうなってたんだろうね。ヤン艦隊にはフィッシャーがいないのは
辛いけど、それでもヤンの奇策で帝国軍を翻弄してたのかな。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 23:47:18 ID:???0
>>348
本編終了後ポプランと出会ったのだろうか・・・

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 00:44:31 ID:???0
待つっちゃオリビエ!

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 02:07:27 ID:???0
どちらの側も優れた戦術で勝とうとしすぎなんだよね。
まあヤン側は寡兵だからしょうがない面もあるんだが。
オーベルシュタインならば、戦術的に勝つよりも
謀略なりヤンの背面状況を利用する方が彼の利点を
活かした戦い方といえる。ヒルダなんかも、和議後にヤンを
封じる手を打つだろうね。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 02:22:16 ID:???0
いまさらな質問だが、オープニングのタイトル文字のフォント(?)の種類
を教えてくれ。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 02:32:01 ID:???0
オーベルやらヒルダの意見を聞くラインハルトなら自分から戦場には出ないさ。
ラグナロックの後はもう逆転不可能な戦力差だから、同盟をゆっくり押しつぶしたらいいだけ。



363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 02:40:29 ID:???0
ヒルダなら案外、ヤンの「ペテン」は見抜けるのでは。


オーベルシュタインに指揮能力を求めるのって、キャゼルヌに指揮能力を求めるのと同じでは。
で、二人に艦隊を持たせて戦わせたら……たぶんどちらも一発の弾も撃たない。


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 02:43:40 ID:???0
ヒルダは回廊の戦いで同乗してたけど特に
戦術的なアドバイスはなかったような・・・・。
マル・アデッタで降伏勧告を再三助言したぐらいか。
彼女は政略的なセンスはあっても、やはりそういう
戦術的なものには欠けるのでは。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 03:02:35 ID:???0
>>355
>意外とヤンは大軍を指揮すると、複雑な作戦遂行に足並みが乱れて負けるかも。
それはないな。
ヤンが複雑な作戦行動を取るのはそれしか手段が無かったからであって、
相手以上の大兵力を使えるなら真っ当な正攻法で攻めるだろう。
何よりもフィッシャーがいるのだから大軍だからと言って作戦指揮の足並みが乱れるとは思えん。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 09:35:17 ID:SP9JkfJQO
>>349
念のために言うが総参謀長は
宇宙艦隊司令長官につく者
つまりミッターマイヤーの下だからな

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 15:26:51 ID:???O
全軍で物量作戦をしてもヤンは巧みなゲリラ戦で補給線をついて、かえって物量が足を引っ張る作戦にでるだろうから、やっぱり誘い出すしかないだろうな。
つまり史実通り?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 16:05:33 ID:???0
>>367
本編どおりの状況設定ならな。
 ゲリラ戦のは地の利、人の利が必須だから、あの状況下でしか効果的にはできない。
 たとえば、立場逆の大侵攻の時のアムリッツア前哨戦のように各個撃破の状況で、圧倒的戦力ぶつけられたら、
なんにもできん。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 16:59:07 ID:b0kVitHa0
ゴールデンバウム王朝の歴史が出てきたのって何話だっけ?前半は59話だったと思うけど、流血帝とかはこの回に出てないし。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 21:42:47 ID:???0
>>348

そういや、エル・ファシルの宇宙港で虎縞の毛皮コート着ていた女性いなかったけ?

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 21:44:25 ID:???0
59話「過去と現在と未来と」に王朝史が一部紹介されてるね。
但し流血帝のあだ名はアニメでは出てこない。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 21:56:01 ID:???0
壁紙を銀英伝にしたいんだけどなんかいいやつある?
できれば帝国・同盟両方のキャラがいるやつがいいんですけど

373 :369:2007/07/09(月) 22:17:12 ID:???0
ああ、そうか。原作とごっちゃになってのかな。過去の歴史が解説される回って
第40話 ユリアンの旅・人類の旅と第59話の過去と現在と未来とだけだよね。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 22:44:57 ID:???0
歴史紹介の回ならもう一話、第56話「地球へ」がある。
王朝史紹介については、アニメは59話のみ。
原作では、外伝1巻の第7章第1節に皇帝数人のエピソードが紹介されている。
例えば、前述の流血帝や晴眼帝など。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 18:57:12 ID:???0
アニメの歴史紹介の話はすごかったな
ひたすらセリフだからな
まるで映像の20世紀のようだった

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 18:59:47 ID:???0
初めて見たときはAパート終わって一息ついた時にふと
「おいおいナレーションだけかよw」と突っ込みつつ改めて贅沢なアニメだなと思ったモノだ

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 20:11:06 ID:???0
歴史紹介の時の各人物の名前って、いろいろなところから適当にとってきたんだろうな。
考えるの大変そう。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 21:38:18 ID:gKSz81muO
世界人名事典から適当に取った

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 00:34:40 ID:???0
歴史紹介で思いついたんだが、歴史教育ビデオ風新外伝シリーズを
あの調子で作って欲しいな。
銀英伝新外伝「宇宙の歴史-全100話」とか「歴代皇帝の横顔」とか。
勿論今までの主役達は登場しない、記録ビデオ画像と、ナレーションのみ。
**者シリーズで原作外の話出したんだから、こういうのもアリだと思う。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 02:30:51 ID:???0
>>375
『人類の旅 ユリアンの旅』やね。
ナレーターが久米明。当時、「『素晴らしき世界旅行』かよ!」ってツッコんだw 

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 03:33:38 ID:???0
サッカー・インドネシア代表監督 Ivan Kolev
非常に惜しいです。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 07:25:22 ID:???0
>>377
ちなみにオリジナルな名前は スーン・スールズカリッターだけ

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 07:30:39 ID:???0
参謀総長は、総参謀長の誤りだろう。
軍令のトップとして、統帥本部総長=参謀総長。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 12:49:55 ID:???0
シリウス動乱の説明の絵に出てくる地球軍戦車が、おもいっきりM1A1エイブラムズだった。
300年間も使われているとはさすが名戦車だ

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 12:53:27 ID:???0
>>379
そういえば、一般書籍板かSF板で
映像の世紀〜銀河英雄伝説編みたいなスレがむかしあった気がする・・・と思ってたら
今でも生きてるのか

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1037107862/

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 23:49:25 ID:???O
あの後、歴史の教科書があったらラインハルトとヒルダは太字だろうな。

ヤンとかはどういう感じになるかわからんが、トリュやレベロの方が扱いはでかいんだろうね。


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 00:12:08 ID:???0
>>386
異論はあるだろうが、ドゴールが基準にならないかな?
山川の世界史B用語集でのドゴールの掲載数は16だ。(最高18)
ペタンが「ペタン政府」で15、「ヴィシー政府」で16だからトリューニヒトも
それに準ずるかな?

ラインハルトは文句なしに18だろうが、ヒルダはどうだろう?
マリア・テレジアが18だが、ちょっと違うな。


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 01:01:43 ID:???0
>>387
 ヒルダはアレク成人までの間に何やらかすか、何が起きるか次第だろ。ラインハルト存命時の目立つ功績って、
バーミリオンでのハイネセン急襲ぐらいだし(何百年がしたら、「女将軍ヒルダに率いられた双璧艦隊がハイネセンを
占領」とかになっていたりしてw)。
 大過なくアレクが成人し、二代皇帝として功績残したら、「皇帝ラインハルトの妻、皇帝アレクの母で、幼帝アレクの
摂政をするほど有能な人でした。」で終わるかも。アレクが無能だったら、ローエングラム朝の北条政子―最悪、西
太后になるかもしれんが。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 01:31:03 ID:???0
ロイエンタールもちょっとぐらいは記載されるだろうね。
ヒルダは摂政としてうまくやるだろうが、
それを気に入らなく思う輩も出たりしたら
陰口叩かれそう・・・・。若い未亡人だから
元帥との噂なんか流されたりして。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 02:32:25 ID:???0
>>388
後世の歴史家がローエングラム王朝を作ったのはラインハルトだが育てたのはヒルダである
って言ってるから少なからず功績は残したんじゃないの。
アレクはどうなんだろうね、親父に性格が似なければアンネローゼもいるしまともに育ちそうだが。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 03:58:44 ID:vEI6pXZiO
フェリックスって貴族の血統で言えばアレクより高貴なんだね。まあ疾風に庶民的に養育されそうだが。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 11:20:09 ID:???O
>>385を見てコレを思い出した

ttp://www.youtube.com/watch?v=-edG-lgweyE

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 13:24:27 ID:???0
>>391
 高貴ってもねぇ、門閥貴族自体がもう過去の物だし、別にそれに特別な裏づけがあるわけでもない(単なる政治的
闘争の結果)から、高貴もへったくれも……。むしろ、そういうしがらみを取っ払ってやるのが、彼のためだろうね。
今度は「名将・ロイエンタール、忠臣にして宰相のミッタマイヤーの息子」って錘がつくけど。ルビンスキーじゃないけど、
親とは別の道へ進むようになってほしい。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 22:16:12 ID:???0
皇帝    アレク
皇帝侍医 エミール・ゼッレ
帝国宰相 フェリックス・ロイエンタール
宮内尚書 コンラート・フォン・モーデル

ご意見番 フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト



395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 22:32:08 ID:???O
>>394

以前にもビッテンフェルトをご意見番などに仕立てた者がいたが、
卿らはビッテンフェルトをどうしたいのだ?

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 22:54:35 ID:???0
キルヒ死後も回想で何度かでてくるが、
声優代がいるので、台詞がないのは残念。

ロイエン裁判中での回想時の、嵐の夜の3人の会談
回廊終戦の決め手、「・・・もうおよしください」

この2箇所でのキルヒの声を聞きたかった。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 22:59:15 ID:???0
>>395
籠に乗って参内するのを禁じられたことに臍を曲げてたらいに乗って参内するビッテンフェルト

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 08:20:15 ID:???0
>>395
アレクのお馬さん

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 22:56:32 ID:???0
>395

アレクのマネージャー

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 11:51:42 ID:???0
アニメでオーベルが犬を拾ったエピソードは第何話?

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 12:23:58 ID:???0
第2期の初期のころ。29から31話のどれか。
詳細は忘れてしまった。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 13:41:42 ID:???0
その話題を振ったのはミュラーだっけ?

それにしても、そんな情報どこから手にいれたんだ、鉄壁提督?

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 14:25:32 ID:???0
>>395
武官から文官に重要性がシフトしていく中で、
旧王朝のようにはびこりだした奸臣をケーニヒスティーゲルの主砲で吹き飛ばす。
そんなビッテン。


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 14:45:47 ID:???0
何で出会のシーンをカットしたんだろうな?
原作ではしっかり描写されてたのに

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 21:01:25 ID:???0
何話か忘れたけどちらっとあの犬出てきたよね。
ちゃんとオーベルシュタインが帰宅すると尻尾振って
キュンキュン鳴いてた気がする。
犬には好かれる性質なんだな。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 22:15:00 ID:???0
あーゆーいう老犬だから妙に似合っていて、「意外に」程度だが、あれがポメラニアンとかヨチヨチ歩きの子犬、あるいは
ぬこだったら……しかも、デレデレの溺愛ぶりだった日には……オーベルファンが増えただろうなw

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 22:40:27 ID:???0
オーベルは女性経験があったのだろうか。
想像が出来ないんだが。オーベルと付き合う女。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 23:01:44 ID:???0
オーベル家は絶えてもいいって発言してたから、
あまりそういうことに関心なさそう。
あるいはもうそういう人生は捨ててたのかもしれん。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 23:06:32 ID:???0
アイゼナッハ家同様、子供がいて騒がしいオーベルシュタイン家
なんて想像できない。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 23:30:33 ID:???0
童貞のまま生涯を終えたキャラ。

キルヒアイス
ブルームハルト
オーベルシュタイン
・・・・

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 00:14:54 ID:uESUvPPZO
今内村が実写でヤンをやりたいと言ってた

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 00:19:42 ID:???0
>>411
言ってたなw
誰も知らなくて冷たい反応だったけど

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 00:30:06 ID:???0
映像を出して欲しかったな。
無理ならせめてヤンの写真でも。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 00:30:44 ID:???O
ウッチャンは他の馬鹿三人と違って見る目がある。
深津と伊藤は明らかに深入りしたがらなかった。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 00:38:41 ID:???0
>>411
反感食らいそうだけど、見た目の冴えなさ加減は
あってると思うw>ウッチャン


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 00:48:08 ID:???0
あの白さは、むしろラインハルトw

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 00:54:38 ID:???0
つかウッチャン昔ラインハルトやっていたよね。
東野がキルヒアイスで

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 01:45:48 ID:???0
>>411
ラインハルト役は演じたことあるのになw

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 04:07:26 ID:???0
スレちだけど、こんな過去スレあったんだな
http://natto.2ch.net/sf/kako/999/999111407.html

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 05:07:48 ID:???0
>>417
銀河放浪伝説な
ラインテルトとヒガシノイス

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 08:45:11 ID:???0
きっとナン・ウェンリーが出てくると信じていたのに。ナレーションの中の人が一緒だったね。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 14:22:22 ID:???0
うっちゃんよりも宮川一朗太のほうが合ってるかな〜って大差ないけどw

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 16:40:11 ID:???0
>>412俺も見てた、まさかあんな所でヤン提督の名前が聞けるとは・・・
前から実写ならウッチャンかジャッキーのどちらかだと思ってたんで嬉しかったよ
でも銀英伝のファンだとは知らなかった


424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 17:35:18 ID:???0
自分が仕切る番組で銀英伝のBGMに使用されたクラシック曲を使ったりしてた>内村

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 20:57:44 ID:???0
もしかして、実写化するのか・・・?

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 21:01:58 ID:???O
あるあるあ……ねーよw

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 22:38:55 ID:???0
メルカッツとチュン・ウーチェンはモデルになった人がそのまま演じれば問題無いな。つーか肖像権
とか大丈夫なんだろうかこの作品。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 23:59:18 ID:???0
>>427
パン屋のモデルは誰なの?
モデルなんかいそうもない地味な外見だけどw

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 00:26:38 ID:???0
>>427
メルカッツのモデルはチャールズ・ブロンソンと
言われてるけどどうなんだろうな。ちなみにもう亡くなってるぞ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q108515425
メルカッツには、モデルはいません。

ちなみに、
ジェシカ=フェイ・ダナウイェイ
ファーレンハイト=クリストファー・ウォーケン
ムライ=寺田農
ブルームハルト=仲村トオル
フイッシャー=関根潤三(野球評論家)
リンツ=佐々木小次郎(・・・)
ブラウンシュヴァイク公=マーロン・ブランド
クロプシュトック侯=ロン・ムーティ
アンスバッハ=ケビン・コスナー
シュトライト=ポール・ニューマン
リッテンハイム公=ジョージ・ハミルトン
バグダッシュ=ミッキー・ローク
ドロイゼン=マット・ディモン
バイエルライン=トム・クルーズ
ケスラー=ゲーリー・クーパー
サビーネ=ナスターシャ・キンスキー
クリスティーネ=グレース・ケリー
アマーリエ=エリザベス・テイラー
エリザベート=ブルック・シールズ
ビュコック=ジーン・ハックマン
ミューゼル=高倉健
ルッツ=ハリソン・フォード
カストロプ公=北尾
(疲れたので、後略)

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 01:01:55 ID:???0
>>429
> サビーネ=ナスターシャ・キンスキー
> エリザベート=ブルック・シールズ
時代が分かるなあ
今だったら思いつかない人選

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 01:20:25 ID:???0
ロマンアルバムからですな。チュンは中井貴一だと思います。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 02:01:10 ID:???0
>カストロプ公=北尾

これを見て、大笑いする自分はもう若くない?

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 06:42:36 ID:???O
ラインハルトはダイアン・レインだからそのまま実写化したら宝塚になるね


434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 07:01:54 ID:???0
宝塚化はさすがに艦対戦あるから無理か

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 11:50:21 ID:???O
でも試みた過去はあったよな。艦隊戦はSE処理でなんとかしようとしてたらしい。撃てー、ちゅどーん。で、後は想像に頼る寸法だったような。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 13:13:13 ID:???0
考えてみるのだ 螺旋迷宮だけなら実写化も簡単だということをw


437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 19:09:22 ID:???0
ポプランの性格は宝塚的にはアリなのだろうかと思った

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 19:39:27 ID:???O
>>437
ポプランの出るエピソードは演らなければOK

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 19:52:35 ID:???0
ロイエンタールの場合、カラーコンタクト使うのかな?

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 23:57:48 ID:???0
目といえば・・・・ルッツの特徴である興奮すると目の色が変わるシーンってあったけ?

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 00:25:46 ID:???0
>>440
外伝を入れて2箇所は確認したけど、他にあるかどうかは分からん。
部下に結婚するぞと言った時はどうだっけ?w

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 02:43:05 ID:???0
>>175

ゲルラッハは幼帝誘拐で無実の罪で拘禁されてる

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 03:52:09 ID:???0
>>440
ヤンのイゼルローン再攻略での
「智者は智に溺れる。ヤン・ウェンリーのカレンダーも残り少ないぞ」
と言うシーンで変色してる。

最期のラインハルトに自分を置いてけと説得するシーンではどうだったっけ。
たしか、変色してたような……
なんか、上のイゼ攻略以外でも本伝で一度見たおぼえはあるんだよね。

結婚を告白するシーンでは変色してなかったと思うw

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 05:27:03 ID:???0
現実にそういう目をした人なんかいるのかな?

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 08:10:39 ID:???O
オッドアイ(女優のケイト・ボズワースとか)は居るけど、
瞳が変色するっていうのは眼病や老化現象じゃない限り居ないと思う…


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 08:52:22 ID:???0
一番最初の放送日は何時だった?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 09:01:03 ID:???0
は?

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 15:55:22 ID:???0
これTVじゃなくてOVAシリーズだよ。(日本最長記録保持中)
第一期は後にテレ東でも放送されたけど。

>>445
原作での説明によると、ようは興奮して充血してくると(顔が赤くなるように)
(日本人の黒目なんかより)ごく色素の薄い瞳が
充血でちょっと色が変わったっぽくなってくる、ってことだったと思う。
銀英伝のことだから、たぶん元ネタになった人物があるんでは。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 18:30:11 ID:???0
>>331
ルッツって戦歴は

・アムリッツァ
 同盟で1,2を争う名将ボロディンの艦隊を、戦利を生かしてわずか8隻にまで
 撃ち減らす圧勝   強すぎ 素敵すぎ 銀英伝最大の謎の一つ
 その後キルヒアイス軍の二将として、ワーレンとともに
 別働隊でアムリッツァ星域会戦完勝を決定付ける働き
・リップシュタット戦役
 同じくキルヒアイス軍の二将として辺境平定
 3万で5万のリッテンハイム軍に華麗に勝利
・ラグナロク作戦
 ロイエンタール指揮下でイゼルローン要塞奪還に成功。
 レンネンと違って失点もない
・その後、上級大将として、イゼルローン要塞司令官 & 駐留艦隊司令官を兼任
 そういえばヤンの後と前のイゼルローン司令官ってルッツなんだよな

と軍人としてほぼ完璧な履歴。……ヤンにやられるまでは。
負けたのはヤンの一度だけだし、負けただけの人と思われるのはかわいそうかも。
やはりラインハルト軍最高幹部の一員として、この時代最強の軍人のひとりだと思う。
……ヤンがいなければ。

その後は

・ヤンにしてやられて腹心のヴェーラー中将を死なせる
 「ラインハルトの前でひざまずき組」入隊(初代会長 ビッテンフェルト)
・更迭されてフェザーンに戻ったら、爆殺される(注:死んでない)
・療養中、ラングの牽制のためケスラーに調査を依頼  結果、王朝史に名を残す
・入院先で嫁さん攻略 転んだ先に杖
・「俺帰ったら結婚するんだ」の宇宙の法則に従い討死に
 皇帝の命を救った功により元帥に昇進

と禿しく浮き沈みの多い人生を送る

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 18:34:02 ID:???0
>>195
襲レスだけど、新帝国成立後
ミッターの部下たちのバイエルラインとかビューローが大将で、
ブラウヒッチとかずっと負傷療養してたグリューネマンも大将だから、
いっしょじゃない?

>>218
>キルヒアイスはアスターテの後、大佐から少将に二階級特進したのですか?

した ラインハルトが元帥府を開いたあとだしな

>>386
>あの後、歴史の教科書があったら
>ヤンとかはどういう感じになるか

ナポレオンに対するウェリントンみたいな感じじゃない。
あと誰でも知ってるラインハルトほどの知名度や教科書上の重要さはないけど、
「あの時代、ラインハルトに一度も負けなかった将軍がいたんだぜ」
って通な歴史マニア・戦記マニアには大人気とか。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 19:01:32 ID:???0
ケンプはなんで二階級特進して元帥にならなかったんだろうな。
なんとなくケンプを死後とはいえ元帥にしたくない作者の
気持ちが見えるような・・・嫌ってるというより、イメージを優先して。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 19:22:23 ID:???0
戦死とはいえ率いた軍の9割を失うという大失態を犯したから1階級のみだったんじゃ

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 19:42:34 ID:???0
ヤン死亡後、時間は結構経ってるのにイゼルローンから連絡くるまで帝国軍は知らなかったみたいだが
ヤンは出発時今から行きますと帝国に連絡しなかったんだろうか?
連絡してたら、いつまで待ってもこないからおかしいと調べるはずだが。
連絡してないなら、ヤン自身がいきなり行くのは変だし。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 19:52:14 ID:???0
おかしいとは思ったが調べようがなかったんだろう。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 20:24:48 ID:???0
ユリアンが美少女で
キャゼルぬに
「お前さんヤンにあこがれてたんだろ
といわせたかった

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 20:37:49 ID:???0
ルッツの見せ場は物語後半にてんこ盛りだな。

年齢的には、ラインハルト陣営の中では最年長?

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 21:01:49 ID:???0
義眼の方が年上。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 21:07:42 ID:???O
ワーレンとルッツのコンビが好きな俺は異端者

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 21:15:16 ID:???0
ワーレンに再婚フラグが立たなかったのが残念。
この人、家庭人としては一番バランスがいい気がする。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 21:22:09 ID:???0
家庭人として一番バランスいいのはラングだろ?

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 21:40:19 ID:???0
ラングで思い出したが、
久々にワロスのAAってラングと関係なかったんだな。
初見時、おおこの人があのラングか〜と思いあの台詞wktkしながら観て、
見逃したかなと思い2回目意識して観たがなかった。
そんな人他にいなかった?


462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 21:51:36 ID:???0
登場人物で(元帥、退役を除いて)、最初から最後まで同じ階級なのは
パエッタだけ?

463 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/17(火) 22:49:09 ID:???0
ドーソンが「元帥」になってるくらいだし、
やっこさんも大将になれてるかもよ

464 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/17(火) 22:54:35 ID:???0
>>386
>>450

強引に例えると、項羽や勝海舟やトロツキーみたいな感じで、
有名なんじゃないかね。
同盟末期とエルファシル革命政府の事実上最重要人物で、
バーラト自治政府のこれまた事実上の建国の父だしな。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 22:57:12 ID:???0
パン屋がじつはまだ30代の若さで、
ヤン艦隊やラインハルト軍幹部たちと同世代、
キャゼルヌと同年齢と知って動揺する俺。

>パエッタだけ?

そうかも。最終巻で死んだときも「中将」と書いてある。

>>461
銀英伝とまったく関係ない「久々にワロタ」というセリフと
ラングのAAを組み合わせたもの。
多用してた人たちも、ラングや銀英伝じたい知らないで使ってた。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 23:01:43 ID:???0
>>464
後の世の人はヤンを「同盟軍最高司令官」
「統合作戦本部長と宇宙艦隊司令長官を兼任」とか
思い込んでたという記述も原作にあったし、そのぐらいは有名かもなぁ。

あの時代はラインハルトが宇宙を統一して、そのためにヤン軍と
ひたすら戦い合った時代って感じで。

個人的に勝海舟はパン屋なイメージ。あそこまで事態がひどくなって
やっと出てきたもののわかってる人、国家の死に水を取る役目を担った人。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 23:23:06 ID:???0
ttp://www.wowow.co.jp/drama/rome/
7月13日(金)スタート! / ROME[ローマ] (吹替版 全22話)
毎週金曜午後10:00 再放送:翌週火曜深夜帯  ※2話ずつ放送
ttp://www.wowow.co.jp/schedule/sche_drama.html
放送スケジュール
ttp://www.wowow.co.jp/drama/rome/asx/rome_miniguide_pre_500k.asx
ミニガイド
ttp://www.wowow.co.jp/drama/rome/asx/rome_promo_pre_500k.asx
プロモーション
第1話 「失われた鷲」 The Stolen Eagle [R-15指定相当]
7月13日(金)午後10:00 7月17日(火)深夜3:00
第2話 「ルビコン渡河」 How Titus Pullo Brought Down the Republi [R-15指定相当]
7月13日(金)午後11:00 7月17日(火)深夜4:00

ttp://www.nya-taloda.jpn.org/2MB/src/mamitasu07602.jpg
ttp://www.nya-taloda.jpn.org/2MB/src/mamitasu08230.jpg
ttp://www.nya-taloda.jpn.org/2MB/src/mamitasu08231.jpg
メックリンガー
ttp://www.nya-taloda.jpn.org/2MB/src/mamitasu08232.jpg
ルビンスキー
ttp://www.nya-taloda.jpn.org/2MB/src/mamitasu08233.jpg
デグスビィ
ttp://www.nya-taloda.jpn.org/2MB/src/mamitasu08234.jpg
グリューネマン


468 :446:2007/07/17(火) 23:27:43 ID:???0
>>448
そうだったのか。ありがとう

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 02:27:17 ID:???0
桑田の同僚にVan Benschotenというピッチャーがいる。
カタカナだとバンベンショーテンと表記さてるみたいだけど、
NHKだとバンベンスコテンw
スールズカリッターを超えてないか?

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 12:42:45 ID:???O
「要塞対要塞」のパトリチェフのテレビ演説ってやばくない?どこに帝国のスパイがいるかもしれないのにな。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 12:45:40 ID:???0
アルゼンチンのサッカー選手でグリエルミンピエトロって人もいたなぁ。
グリエルミンピエトロで苗字。区切るとこなしで

472 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/18(水) 12:54:37 ID:???0
>>470

どうせいずればれる、それならってんで、
「ヤンが居ないと言うよう命令された」って、
帝国軍捕虜になった兵士に言わせたりもしていた

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 19:36:18 ID:???O
ああ銀英伝見たいなぁ。家に全部あるけれどレーザーディスクなんだよね…
レーザーディスクプレーヤーってまだあるのだろうか?

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 20:00:01 ID:???0
>>470
何百年も軍事要塞してる場所なら
外部の連絡方法シャトルしか事実上無理そうだな

貴族のときのガイエスブルグは大量の離脱グミがいたrから連絡も出来てるけど

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 15:16:48 ID:???0
外伝の「白銀の谷」を観たんだが、
キルヒアイスがラインハルトから幼年学校へ誘われるシーンがあったけど
ラインハルトが妙ににこやかで爽やか過ぎる位だったんだ。
本編はこんな感じじゃなかったよな?もっと怒りに燃えるっていうか…。なんか釈然としない。


476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 16:24:36 ID:???0
>>475
キルヒアイス・ビューなんだろ。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 18:39:15 ID:???0
ラインハルト「何故オレは山に登るか?
それはそこに姉上がいるからだーー!」

ムライ「もはや当初の目的を完全に忘れている
ラインハルトであった…」

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 19:38:12 ID:???0
双璧は凄く仲いいよな〜
夜中にふらっと家に来ても歓迎するし朝飯誘うし、、
何より二人で飲み交わすシーンは何回あったことやら。


他に階級抜きに仲いいのは、

ラインハルトーキルヒ(多少主従っぽいが)
ヤン−アッテン(先輩後輩みたいなもんか)
ヤン−キャゼルヌ(同上)
かな

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 20:41:48 ID:???0
>>478
双璧の仲良し度は羨ましい。
俺も突然の訪問でも快く迎えてくれるのっていいよな(仕事が違うと難しいんだけどな)

コーネフとポプランも仲良しじゃないか?

480 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/19(木) 21:07:36 ID:???0
あの話の、偉くなっている連中は、
金髪や義眼とか以外はほぼ全員、
階級は下になっているけど
仲の良い同業の友人が結構居るんじゃないか

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 21:17:10 ID:???0
ロイエンタールにはミッターマイヤーだけだと思うなぁ
ビッテンはともかく、ミュラーとかワーレン、ルッツは友人多そうな気がする
一番気になるのは沈黙提督の交友関係

482 :オイゲン:2007/07/19(木) 23:00:11 ID:KLBJW5Qh0
全登場人物の中で最もケンカっ早いキャラクターなのに
一度も白兵戦をやらせてもらえなかったビッテンフェルト提督
カイザーを御恨み申し上げる

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 23:01:17 ID:???0
ビッテンの部下は階級が高くなるほど洗脳されます><

484 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/19(木) 23:06:00 ID:???0
>>482

帝国議会が開設されたら、
ビッテンフェルト議員とアッテンボロー議員が
何度となく繰り返しますよ

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 23:27:08 ID:???0
仲がよさそうな人物をあげるとすると・・・・
・ビューローとベルゲングリューン
・バイエルラインとドロイゼン
かな?

沈黙提督は指パッチンでコーヒー2杯持ってくる純情な少年かな。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 23:29:09 ID:???0
沈黙提督は通訳の副官だろ

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 23:33:33 ID:???0
ラインハルトに意見を求められても沈黙を守る沈黙提督  明らかに不敬罪です

488 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/20(金) 00:18:14 ID:???0
喋らないとけいけないときは、
いつも連れて歩いている可愛い女の子の人形に、
代わりに喋ってもらいます
その声は、腹話術の筈なのに、綺麗なソプラノです

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 00:45:12 ID:???0
沈黙提督がゴールデンバウム王朝でどうやって生き残ってきたのか不思議

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 00:52:03 ID:???0
>>485
姉上の友達の名前は何だっけか

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 01:06:12 ID:???0
>>490
ヴェストパーレ男爵夫人とシャウハウゼン子爵夫人かな?

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 01:13:22 ID:???0
フェルナーと沈黙提督の通訳副官は、他の人には出来ないポジションだなぁとしみじみ

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 01:32:09 ID:ZsTdeJJ1O
>>484
そんでもって、ビッテンとアッテンは、互いの器量、力量を無視出来ない間柄になりましたとさ。善哉、善哉。
プチ金髪&黒髪か?

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 02:20:42 ID:???0
>>484
猪とアッテンが議会で顔を合わせた瞬間、
「貴様、前にあの無礼な通信を送って来やがった野郎か!」
と猪が掴みかかり、アッテンも、
「連年、暴言つづきにもかかわらず、そのつど当選する奇跡の人 
 ビッテンフェルト議員じゃないですか」
と返して、そして・・・

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 02:36:02 ID:???0
議会では「それがどうした」は通用しません

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 02:54:18 ID:???0
日本とか言う大昔の地球の一国家の農水大臣だかが言ってたぞ>それがどうした

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 03:00:03 ID:zapNZt3+0
このハゲって日本を憎みすぎだろ 中国を美化しすぎだし もしかして在日?

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 03:01:27 ID:???0
どの禿?

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 03:23:48 ID:???0
特高みたいな思想のアホに触るな。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:16:46 ID:???0
ここにも在日が一人↑

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:32:03 ID:???0
ホントに特高だw

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:33:42 ID:???0
特高には在日と脊髄するなど豚も赤らめるような
短絡的な思考ではないか。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:39:05 ID:???0
日本語がおかしいからやはり在日かw

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:40:41 ID:???0
まさかこのハゲの書き物に洗脳されるアホがいたとはね
公安とか関東軍云々の記述も本気で信じてそうで笑える

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:50:33 ID:???0
自分が理解出来ないから在日だと脊髄するなど
豚も赤らめるような知能ではないか。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:53:03 ID:???0
>>504
先生!ハゲ先生が嫌いなあなたが、原作スレではなく、
アニメスレで毒づいてるのはいかなる環境、いかなる思考をへてそうなったのか、
教えていただけると光栄です!
出来ればこの時間であることの理由も教えていただけると嬉しいのですが。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:56:26 ID:???0
>まさかこのハゲの書き物に洗脳されるアホがいたとはね
>公安とか関東軍云々の記述も本気で信じてそうで笑える

え、誰?レス番いくつの奴?
少なくともこのスレでそれらしきカキコが見当たらないんだが。
まさか特高って単語が出ただけで、洗脳とかそんなこと言ってるんじゃ・・・
いやいやまさかねえ。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 04:57:18 ID:zapNZt3+0
まさかの3連続カキコ

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 05:08:01 ID:???0
わかったから早く洗脳されてるのがどの番号の奴か答えろよ。
夜中の3時から2時間も頑張ってる先生。

ちなみに俺は違うぞ、確かにハゲの小説は誇張だらけ。
公安や関東軍のことなど鵜呑みにしてるわけがない。気が合うねw

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 05:11:32 ID:???0
ところでしつこいようだが、突然、なんの脈絡もなく
>>497でハゲの悪口を書いたのはなぜ?
ライトノベル板の原作スレならともかく、わざわざここで!
頼む教えてくれ。マジで気になるんだ。
君のような男の精神構造に興味がある。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 05:13:42 ID:???0
これでまた三連続カキコ。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 05:19:04 ID:???0
Fランク対Fランクの戦い

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 05:23:39 ID:???0
二等兵vs二等兵

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 05:33:24 ID:???0
目的どーりw
ざまみやがれ先生、俺と一緒でFランクで二等兵だとよ。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 09:23:22 ID:???0
夏休みになったからか

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 09:50:42 ID:???O
>>497
マジレスするとお前が言うハゲが好きなのは古代中国であって今の中国ではない

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 13:07:08 ID:???0
中国(笑)

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 20:25:35 ID:???0
>479
正直上司や友人にミッタマイヤーみたいな
気持ちのいい男がいれば毎日遊びに行くと思うぞ

ツンデレのヘテロクロミアもミッターの人のよさにはめろめろよ

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 21:36:48 ID:???0
>>518
ミッターは理想の上司だな
なぜだか双璧は見ていて微笑ましかったww
ロイエンタールの最後は悲しかったけど・・・

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 21:37:41 ID:???0
英語のスパムメールがよく来るのだが(主にバイアグラの宣伝)、
今日きたメールの送信者はケスラーだった。
憲兵隊とは別に、副業いろいろやってるんですね。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 21:49:26 ID:???0
それは副業じゃなくて囮捜査なんだよ

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 23:10:43 ID:???0
銀英伝が好きと田中芳樹が好きの区別が付かないのは釣りなのか天然なのか・・・


523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 00:37:01 ID:???0
ウッチャンの銀河放浪伝説あがってました。
7分頃からです。

http://jp.youtube.com/watch?v=FWSI4iTzSeA

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 05:59:59 ID:???0
おおおおお、初めて見た、サンクス。レアだな〜。
出だしは確かに面白いんだけど……横を走るヒガシノイスもわりと笑えるんだがw
飾り文字とか、ラインテルトは皇帝でキルヒアイスは中将とか、
出だしのセリフまんまとか、ちょっと原作味もあるし。
コーナーの中味がダメだったのかな。
内村、アンタ日本一の銀英ファンの一人だよ!

>>491 シャフハウゼンかな。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 18:26:24 ID:???0
>>522
差し出口を叩くな!

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 18:53:38 ID:???0
三つの赤(ドライロッド)

ドライロッド、ドライロッド、我が生と死を染めるは〜♪
呪われし色よ、血と炎と深紅の薔薇が、我が人生をた・・・・踊る〜♪

人生を〜の後ろがよく聞き取れん。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 23:55:46 ID:???0
この回(次回だったかも?)にあるフレデリカの台詞で俺はやられてしまった><b
「ひとつだけ解っていることがあります。それはあなたのなさることが
どうしようもなく好きだということです。」

これでフレデリカに俺のハートはがっちり握られてしまった。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 02:25:02 ID:???0
あの時期にだれもラインハルトの旗艦に射撃しようとする奴が
でなかったのは司令官の人徳のおかげか

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 03:07:56 ID:???0
>・ビューローとベルゲングリューン

OVAでは、この2人の親交の厚さの演出がされていて良かったと思う。
(最期は悲劇的な顛末だけど・・・)
2人共、上官からは信頼されているし(上官より年長?)
ある意味、双璧元帥とは理想的な主従関係かな?

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 12:10:09 ID:???0
OVAではってなんだ

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 12:48:18 ID:???0
原作ではOVAほどは掘り下げられてない。
カストロプ動乱でも、別に、ふたりは出て来ないし。
原作後半のロイエンタール関連でのふたりのやりとりから膨らませた、オリジナル。

カストロプ動乱で最初なんでかベルゲングリューンがのんだくれてたのは、
たぶん改稿するまえの脚本家がそう書いてきてたんだろうな。
(第一期の最初の頃、ふつうのアニメみたいにいろんな脚本家に仕事出した時期は、
銀英伝の設定とかなんも知らん人ばっかで、
その辺ほとんど河中志摩夫がチェックして書き直してたらしいし)

いま気付いたけど河中志摩夫って名前は「川中島」からかね。後に戦国ものやってるし。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 20:05:31 ID:???0
マリーカの後ろには、ヒルダが控えているから断れなかったのかな・・・憲兵総監?

          _,、-:::':':':':::-:、,_                 |
        ,、-'"  ....::;;;;;;;;;;;;;;;,`ヽ               ゙ト、
     ,/,;'  、 '':;.,.,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,`:、                 ゙、`:、
      /; ,, ,ィ,,:';';';';':.;, ;;;;;;;;;;;;;;;;;''  ゙:,               `>、`'-、,_
    l ;〃;i'.i'';';i;'llハi:,;、 ,, ,;;;;;;;;;;,,,,,;;;i               /,、i`:、  `'ー、,_
    | i゙;';'i;'i!.l!l| l!| i,゙!'!'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,;l             _,、(`、-゙ `''-、,_  `'ー、,_
    ゙!|'ニ'': '、! ! !,;,,;_'_' ゙:、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i          ,、-'"  `:、` 、    `    `''ー--;;;;;;;
     〉i で)`;   -r-、 i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         ヽ,_    `  、ー:、   `'ー;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ( l! `~ノ   `.゚‐'゙  |;; :;;;;;;;;;;;;;;;;;;l           _>ッ、,___  `_ミニーニ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    __`!  '、 -       l;;,, ,, ;;;;;;;;;;ノ=-:、,_     ,、-'゙/~./.. ttr、 ̄ミ;.   ノミ `ー=;;;;;;;;;;;;;
   ;'゙ ``:、 t:ァ      ゞ、;;;;;,,;;;;;;;ノハ ` /    /゙....././.:::.  ゙''ー:::  :.  ゙ヽー,、-‐''ヽ,ゞ;;;;;
   )ュ、  >、 `    ,、 '  ,.フ''';フヘ´:::::゙! 〈    / .:::/,:',^ー:、:::       ::  V゙ ''"´` l`゙;;;;;;
  f´ ̄ `ヽ' /`ー--:く´ー''" ,/゙   \:::L、ヽ  ./ .:://,';','r-i..      .:  ,,、  r',、  ノ'ー-;;
  `)===-_厶'_,,_ '"´,>ナ''T゙´|   ,、-',">-~、 / .:://,゙//゙:::::(`ー、    .: '"  ,   '"´
  く""とー、ヾv'゙ / ./ :;'  i: /_./<,.、 ,r'-y :/f///::::::::::/゙'    .:    ,/      ,、-'゙
  ,ハ,f二`;、゙-';ヽ ;'    '  /,r',r-ミ,ー) +ミ'/.::/,イレ'/.:::::::::::\   _;;..、-‐'゙    ,,、-''",ィ",r'
,r'"_,と''ヽ.`´、 |      ,:' ,ィ'/ s-Lノ  | イ:::::!,ミ!//.::::::::::::::::::`ーテ" ミv─…ニ"´ニ"´ィ',r'゙

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 21:17:20 ID:S/y4OWo00
ただいま21巻視聴中。
フィッシャー提督の「この戦いが終わったら本の一冊も・・・」って
もろ死亡フラグだなあ。



534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 21:31:51 ID:???0
82話突入。
予告から反則だし。

富山さんもひどいよ。
でも、ちょっと前から声が変だったんだよな。
20巻位でいきなり老け込むんだよ・・・・

当時ここまで本編として読んでたんだよな。
あとは宇治十帖なんだが、それでも無ければ意味が無い。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 23:09:37 ID:p2tzCqQa0
ロイエンタールの声って序盤と中盤で違うくね?

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 23:57:35 ID:???0
序盤
ttp://www.youtube.com/watch?v=tWwdtBMuARc&NR=1

中盤
ttp://www.youtube.com/watch?v=RRnNbJwXgVA&mode=related&search=

後半
ttp://www.youtube.com/watch?v=QbRxRu7a3fg

確かに、声の質というか雰囲気が若干違うな。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 00:10:08 ID:???0
あの内務時間って多重人格すぎだろ

538 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/23(月) 00:39:45 ID:???0
野心家で陰謀家の内務官僚が、
家庭では良き夫で良き父であっていかんことは無いし、
匿名で慈善に金を出したらちゃいかんって法も無い。
大事なものと、踏みにじっていいものがそれぞれに有り、
それぞれに然るべく対応していたと言うことだ。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 01:26:59 ID:???0
あんな奴いないから
現実では外で悪い人間は家の中でも悪いよ
ヒトラーが母親にだけは優しかったとか言うのと同じくらいくだらない

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 01:28:24 ID:???0
>>538
そういういかにも銀英伝読んでます的な文章表現やめてよ はっきり言ってヘタクソだよ

541 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/23(月) 01:55:43 ID:???0
>>539

ファナティックなナショナリストや人種差別主義者が、
同胞には善良なんて、良くある事でないかね。
アメリカの皆さんは、大統領の内政の経済政策には点が辛くても
国外に侵略をしようが虐殺をしようが概ね無関心。
アメリカ人は、アメリカ人は大事だが、
アメリカ人以外はどうでもいい。
日本も同様。
総ての国々も同様。

同じことだ。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 02:20:23 ID:???0
個人レベルの話を地球規模にまで拡大させちゃったなこいつ

543 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/23(月) 02:27:05 ID:???0
大きいことはいいことだ

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 02:41:34 ID:???0
内実が伴うならな

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 03:22:01 ID:???0
うちの親父は外では手も口もケンカっ早くて、すぐ揉め事を起こしていたが、
家では家族にはめちゃくちゃ優しくて、俺は親父にはほとんど怒られた事が無いし、
夫婦喧嘩もまったくしたことがない。
なのに、若い頃からケンカや器物破損で警官に捕まって留置所に何回放り込まれたか
分からんような人。
別に酒で人格が変わるってわけでもなく、下戸なので24時間素面。
そういう人を目の当たりにしてきたから、なんとなくラングみたいな
タイプは理解できるな。
さすがに匿名で募金してたとかは、極端にカリカチュアライズしてるなって感じだが。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 03:31:52 ID:???0
ラング婦人カワイソス

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 06:35:45 ID:ha56mjQrO
織田信長の息子は幼少の頃、信長に大変可愛がられており
信長が家臣に罵倒しているのをこっそり見た時は、あれは父と似ているが別人だと思ったそうだ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 06:36:32 ID:???0
ラングって同盟に生まれていたら、
トリューニヒトとうまくやって
天命まっとうできたっぽいが。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 09:15:34 ID:???0
>>548
いや、トリューニヒトといっしょにロイエンタールに撃ち殺されていただろう。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 11:27:25 ID:???0
あの帝国軍最高幹部会議になぜラングがいたのか謎。
義眼がわざわざつれてきたのか?
あれでラングが狂ったんだよね。


551 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/23(月) 12:40:06 ID:???0
許可が無ければ入れないだろうから、
許可を出した奴(義眼かな)が
一言かばってやるべきだったかもな。

とは言え、意見を求められたら言うって感じの立場で
ラングは招請されているのだろうから、
要らない事(しかも、疾風に向かって「黙れ」と言う命知らず)を
自分から喋るのは越権だ。
むしろ、色目が言わずとも義眼が出て行けと言ったかも知れんし、
そうするべきだったかも知れん。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 13:26:48 ID:???0
>>551
 公式の会合であれば、オブザーバーの参加は事前に連絡くらいあるだろ(ラングの名を出すかはともかく)。
 
 ラングとしてはオブザーバーだろうと、その場にいて発言したら勝ちだくらい思い上がっていたのかもしれんが……
あまりに立場をわきまえない発言―庇う余地はないな。
 そんな軽率な人間が秘密警察のトップだったとは思えんなぁ……これだけじゃないけど、公安・諜報関係の描写が
その名前の一般的イメージ以上じゃないてのは……。
 

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 14:25:12 ID:p44peeJ50
ロイエンタールがトリューニヒトを殺したあたりの描写って小説ではどうなってたっけ?
割と衝動的に殺したんだよね

554 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/23(月) 14:30:56 ID:???0
ヨブが金髪を侮辱し、「あなたもさぞ奴には内心笑止だったでしょう」って発言をした直後。

引き金になったのは衝動だな。
ヨブの発言がどうであれ、最初から殺る気だった可能性もあるが。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 14:50:38 ID:???0
>>554
 最初からってのがどの辺りからなのか……。
 ウゼエからいずれ……と思っていたから始末したなら、出征する前に「心残りにならんようにな」と片付けていく選択
肢もあったろうから、「もうダメポ……せめて、あいつだけは始末しとこう」と呼んだっぽいな。
 一応、真意とか裏とか聞こうと思っていたが、いらんことベラベラしゃべりよるんで、ついカッとなって……てトコじゃ
ない?

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 15:13:28 ID:???0
なんだかんだで帝国と同盟の将官級同志の白兵戦で決着がついたことは一度もなかった
ずるいよそんなの

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 15:44:33 ID:???0
ヨブ殺害は後からきたミッターマイヤーの発言がすべてだと思われ。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 16:44:59 ID:???0
>>550
色目も最初から
「なんで無関係のものがいるのか?」
くらい言っても良かったのだが。
>ラングの軍会議出席

何で誰もそういえなかったのだろう?

559 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/23(月) 16:53:19 ID:???0
皆、「義眼が連れてきたんだろうな。
対テロ関係の議題かな」
って思っていたんでないか。

相応の必然が有って軍務尚書に呼ばれてきていたなら、
本当は「無関係な奴は出て行け」はひどいが、
その義眼にも「席を外せ」と言われたらしょうがない。

三元帥の1人である疾風に向かって、
陰険な論法でその発言を封じるような無礼をかましたら、
当然全員の反感を買うし、義眼も庇い様が無かったのだろう。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 17:57:42 ID:???O
>>556
将官級が白兵戦するようならもう泥沼だろ…

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 19:45:01 ID:???0
ロイエンタール閣下がふて寝をされてしまいますた。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 20:27:34 ID:???0
色目「あまつさえ元帥同士の討論に割り込むとは増長も極まる!!
   今直ぐ出て行け!!それとも自分の足で出て行くのは嫌か!」
送金「いやだぴょーん、私は内務省の所属ですから、
   軍人さんの階級をチラつかせたって関係ないぴょーん」

こう返された時の色目の反応やいかに。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 20:51:12 ID:???0
反応も何も、そのまま無言で襟首掴んで外に放り出して終わりだろう。

564 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/23(月) 20:55:53 ID:???0
>ぴょーん

そんな秘密警察長官がいたら途轍も無くイヤだ

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 21:03:45 ID:???0
憎ったらしく「私は内務省所属ですから命令される筋合いはありません」
なんて言い張ったら、その場で射殺されかねんから、ぴょーんは有効かもしれん。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 21:14:06 ID:???0
>>540
他人の批判しか出来ない
能無しはすっこんでいろ!

567 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/23(月) 21:25:24 ID:???0
>>565

猪「やかましいにょ。出て行くがいいにょ」
色目「そうだザウルス。つまみ出してやるザウルス」

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 21:52:36 ID:???0
>>565
メックリンガー 「出て行くザマス!」

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 22:23:19 ID:???0
>>565
アイゼナッハ 「チェックメイト」

一同&ラング 「しゃべった!!」

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 22:50:09 ID:???0
>>567-569
疾風「やめぬか卿ら!!」


詩人「ほう、元帥は時代劇からですか」

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 00:35:09 ID:???0
キュンメル「僕は自分の体がこんなですから、複数の分野で業績を残した人に憧れるんです。
    ダ・ビンチとか曹操とか、現代ではメックリンガー提督あなたのような方を」
詩人(?)「そうだ、おれは天才だ、おれはどんな芸術でも誰よりも早く習得できるのだ」

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 00:48:50 ID:ddADl9og0
ダヴィンチ様と草々を同列に論じるとはさすが田中w

573 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/24(火) 01:06:09 ID:???0
憧れるならホーキング博士にでも憧れればいいのに

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 01:06:32 ID:???0
おまえ場を白けさせて以後誘われなくなる(でも自分から押し掛けてウザがられる)タイプだろ

575 :574:2007/07/24(火) 01:09:47 ID:???0
>>572宛な。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 01:35:44 ID:???0
中国人vs美形ドイツ人

両者が対等な存在・・・あり得ませんw

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 02:43:00 ID:???0
曹操って実際漢詩だけでも中国の文学史に残ってる存在だぞ。
(まあ息子のほうがもっと凄いが)
NHKの、歴史関係ない純粋な漢詩番組なんかでも、曹操の詩、流れたりするよ。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 03:09:33 ID:???0
>>572 >>576って、もしかしてラノベ板のガイエスレに時々出没する中国大っ嫌い君かな。
>>574の指摘を読んで、この書き方といい、まさか・・・と一瞬思ったが、もしや本当に・・・
だとしたら相当に負けず嫌いで粘着だよ、この子。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 03:28:09 ID:ddADl9og0
そりゃ中国人だったら中国の文学史に残るのは当たり前やろw

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 03:45:14 ID:???0
出たー!!

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 04:14:01 ID:???0
銀英殺しや…

582 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/24(火) 04:19:36 ID:???0
鉄壁「そこの下衆、空気嫁ドン」

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 04:31:31 ID:???0
いちいち相手してる奴氏ね

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 10:45:19 ID:???0
ダヴィンチと曹操    田中の比較基準ってすげーなwwwwwww

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 11:20:14 ID:???0
卿ら、>>571の詩人?が氷の笑いをドオオンと貼り付けてる事は気にならないのか

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 12:20:46 ID:???0
「芸術はいいぞ、皇帝陛下」

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 12:46:30 ID:???0
「ほお…代謝が悪いのか…どれ、俺が直してやろう」
 (目、左腕、膠原病なんでも応用可)

「心配するな、新しい戦略の研究だ、成功すればお前の猪突猛進力は倍になる!」

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 14:08:25 ID:???0
「ん〜、間違ったかな」


589 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/24(火) 14:49:05 ID:???0
金髪を「殿」って呼んで欲しい

590 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/24(火) 15:36:12 ID:???0
あ、やべ。
土師さんと森本さんを混同してた。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 16:11:45 ID:???0
ラインハルト「どうだ…これ(指一本ズイッ)で余の所へこんか?」
提督達「!」
ミッターマイヤー「(ほお〜流浪の軍師に一個艦隊とはさすが陛下、なかなかのご器量よ)」
ヤン「…………」
ラインハルト「帝国元帥では不足なのか?」
提督達「(げ…元帥!?)」
ヤン「人は生きるにベッド一畳・酒が三升あれば十分、そんな事より一献くれまいか?」
提督達「……!!」
ラインハルト「フッ…ははははは!強情な奴め…心して飲め、元帥杖の酒ぞ」
提督達「(す…すげえなこの人は…!!)」
ラインハルト「そうか卿はすでに歴史に愛されていたな」
ヤン「(ニヤリ…グイッ←飲み干し)」

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 18:44:01 ID:???0
それどんな花の慶二?

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 20:16:39 ID:???0
実際暗殺されずに二度目の会談にこぎつけてたらおおよそこんな感じだったりして。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 21:13:52 ID:???0
ダビンチもツァオツァオも一種のマルチタレント。
例としては十分に正しい。
まあガイエ氏の意図するところが伝わっていないようだが。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 21:52:19 ID:???0
双璧や鉄壁、沈黙の私服姿って無かったな・・・・。

596 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/24(火) 22:24:09 ID:???0
疾風の家庭シーンとかでもなかったんかい?

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 22:38:40 ID:???0
ビュコックが杖ついて同盟軍本部に戻ってくる所が凄く好きだ

30歳以下は未成年

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:14:51 ID:???0
お帰りなさい、閣下。

599 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/24(火) 23:19:37 ID:???0
あんとき、「上官の命令でうっかり付いてきたけど、
玉砕なんかしたくないなあ」って連中は
ムライたちと一緒にヤンの所に向かったのかね。
で、叛乱未遂を起したり。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 01:56:35 ID:???0
旧世紀古代パルス国の故事に倣って、帝国元帥号なんかじゃなく
学芸尚書か次官の地位を提示したらヤンを帝国に引き抜けてた…かな?

601 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/25(水) 02:19:55 ID:???0
立憲制の前段階としての「護民官」

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 20:12:46 ID:???0
指を2回鳴らし従卒が、コーヒー2杯もってきたとき沈黙提督
は不思議に思わなかったのかな?



603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 20:16:40 ID:???0
一瞬固まったから、「分からなかったか・・・」って思ったんじゃない?
理不尽に怒る人じゃなさそうだから、まあしょうがないかと思ったと思う。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 20:29:09 ID:???0
>>602
明らかに驚いてたじゃん
しゃべるのめんどくさいから放置したけど

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 20:41:14 ID:???0
原作だと禁酒をする羽目になったと書いてあったが、
そこまでして喋るの嫌だったのか…

あるいは新従卒が責められるのを
気遣って一杯と二杯のコーヒーを
飲み続けたのか…


606 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/25(水) 20:46:02 ID:???0
原作だと、緊張しまくっていた従卒をちらりと見てから、
黙って2杯のコーヒーを飲み干し、従卒を安堵させている。

どう見ても、従卒を気遣った結果。
喋って訂正したとしたら、沈黙が「別に良い」取り成せば、
従卒は副官とかに怒られはしないだろうけど、「失敗した」ってへこむだろう。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 20:50:34 ID:???0
へこむか?

オレだったら「何で普通に口で言わねぇんだよカスが」と憤慨するだけだが

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 20:54:22 ID:DW4VtWXj0
同意 沈黙赤髪は目上に対してもこんな態度で大丈夫なのかよ とくに黄金樹時代とか

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 21:01:13 ID:???0
仕事は黙々とやるし、文句も言わないわで逆に使いやすかったかも知れないぞ。
助言を求められる仕事なら困っただろうが。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 21:02:22 ID:???0
意外と家柄いいのかもしれんぞ
輸送艦隊なんて司令官に書類渡して頭を下げれば
それですむ職種なのかも試練氏

611 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/25(水) 21:27:38 ID:???0
>>610のようなことを言っていた時期が、俺にも有りました」

自決前のゾンバルト少将談

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 21:32:23 ID:???0
>>610のようなことを言っていた時期が、俺にも有りました」

キルヒアイス艦隊に襲撃を受けたスコット少将談

613 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/25(水) 21:36:46 ID:???0
>>607

お前のような奴は、たかが酒やコーヒーを運ぶ程度でいちいち緊張しない

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:08:39 ID:???0
>>605
前者と見せかけといて真実は後者だろう

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:16:07 ID:???0
帝国上級大将の中で、従卒が間違えて持ってきたのを怒るイメージがあるとすれば
ビッテン、レンネン(上級だっ?)
後は意外とやさしそうな気がするが。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:23:56 ID:???0
レンネンカンプは目下の者には寛大で面倒見もいいタイプ

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:25:03 ID:???0
メックリンガーw

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:33:34 ID:???0
メックリンガーは野太い声だから、意外と怖いかもしれん。
サラサラヘアーをなびかせながらw


619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 22:52:10 ID:???0
帝国軍上級大将・・・オフレッサーとか言っちゃ駄目ですかそうですか

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 23:26:14 ID:???0
>>618
芸術提督のことだから、「かつて地球に『コーヒーの香りは千の接吻に勝る』と
評した詩人がいるようだが・・・私は生憎、接吻は一つでも十分と思うのだよ」とかいいそう。

ビッテンは「そんなに何杯も飲めるかっ!!あ、おい、待て、もったいないではないか!
ハルバーシュタット!卿も飲め!!」

621 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/25(水) 23:30:20 ID:???0
>>620
>芸術家
普通に「指パッチン2回は酒だ」とか言ってから、
「今回はコーヒーで良いが、失敗の責任を取って、
余計な方は君が飲んでいきなさい(微笑)」
とか言うんじゃないかね。

622 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/25(水) 23:31:40 ID:???0
つーか、この程度の失敗、いちいち怒る奴はラインハルトの部下には居らんわな。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 23:42:18 ID:???0
じゃあリップシュタット組で、怒らなさそうな奴は誰だ?w
メルカッツ、ファーレン以外で


624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 23:47:51 ID:???0
エセ詩人は大分天然入ってるから怒らなそう。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 23:48:36 ID:???0
へぼ詩人は結構そのへんは鷹揚だと思う。
あと従卒のつく身分か、あっても使いたがる性格かどうかは別として
シューマッハは実際人望があったしラウディッツも部下想いだったと推測される。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 01:14:08 ID:???0
フレーゲルなら間違いなくキレて
コーヒーを従卒にブッかけるだろうな
それが奴の個性だろうから

627 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/26(木) 01:35:36 ID:???0
胃袋が破裂するまでコーヒーを飲ませます

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 01:52:39 ID:???0
ブラウンシュガー、いや、シュヴァイクは?
さすがにコーヒーで激怒したらみっともないくらいの分別はありそうだが。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 02:01:29 ID:???0
メックリンガーってインテリぶってるくせに医師の胸ぐら掴んだりしてて
何気にちょっとDQNっぽくて嫌いです

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 02:04:10 ID:???0
ラインハルトってちょっと気に食わないことがあるとすぐグラス壊すからムカつく
それを片付けるのはエミールなんだぞ中に病め

631 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/26(木) 02:23:32 ID:???0
ビッテンフェルトってフランクフルトソーセージをかじりながら戦争するところが気に食いません
何故おにぎりを食べないのでしょうか

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 03:00:47 ID:???0
>>595
鉄壁はなかったね。
でもあったってきっと王朝風のシャツとズボンだぜ

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 04:36:52 ID:???O
>>631
たぶん日本人じゃないからじゃないかな?

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 04:59:35 ID:???0
そもそも銀英伝に米が出てきた覚えがない。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 05:22:24 ID:???0
どうせならラインハルトが茶碗に箸で朝食とか食べてる絵がほしかったな

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 10:43:30 ID:???0
>>623
オフレッサーならげんこつ一発で笑って許してくれると思う

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 11:55:52 ID:???0
その一発で死んでしまうがな

638 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/26(木) 13:46:11 ID:???0
>>634

確か「イゼルローン日記」で、
ユリアンが、米と野菜の残り物とかで
雑炊作った場面は有った。
アニメ化はされてないかもしれんが。

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 14:06:06 ID:???0
適当にDVDとってみたらマル・アデッタだった・・・じーさん(´;ω;`)ウッ

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 14:07:10 ID:???0
>>636
なんとなく想像した。

ユリアン:「閣下、今日からこちらでお世話になるユリアン・ミンツです。
  よろしくお願いします」
     :「ん〜?」  歯ブラシくわえながら眠そうな顔で出てくる巨体
ユリアン:(オフレッサー上級大将! あの野蛮人かッ!)

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 18:59:31 ID:???0
>634
村井が着物に茶碗でユリアンのフェザーン見送りしたら
名シーンになるのにな

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 20:10:44 ID:???0
帝国でオフレッサー亡き後の白兵戦に強い人っていないよね。
外伝でグリューネワルトがいたぐらいで。
だから白兵戦になったら、シェーンコップ以下薔薇団にやられ放題。

いくら機会が少ないとはいえ、優れた戦士はいなかったのかな?
ラインハルトは好みそうではないが。


643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 20:38:30 ID:???0
>外伝でグリューネワルトがいたぐらいで。

姉さん……トマホークで……! ……強すぎる!

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 20:47:25 ID:???0
>>642
そんなシェーンコップも白兵戦でやられて死んだよな

645 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/26(木) 20:58:20 ID:???0
>>642
外伝のはリューネブルクな。

キスリングはそれなりに強かったと思うが。
ポプランと互角だから弱そうに見えたかもだが、
ポプランの運動能力や反射神経がとんでもないってことで。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 21:03:12 ID:???0
>外伝でグリューネワルトがいた
>>645が書くまで何のことかさっぱりわからんかったw

647 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/26(木) 21:06:52 ID:???0
きっと「むげにん」の槙絵みたいに強いんだろうな

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 21:07:43 ID:???0
ベスターラントの件が無ければラインハルトはヒルダと結ばれなかったわけで。。。
その後の歴史が大幅に変わっていたかもね。

649 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/26(木) 21:17:28 ID:???0
どうせラインハルトの周囲の女っ気はヒルダくらいなもんだから、
どのみち、なるようになった可能性は高い。

でも、ヴェスの件が無かったら、アレクがああも早々に生まれたとは限らないし、
赤毛と姉上が跡目ってことも有り得たと思う。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 21:30:41 ID:???0
ベスタの件で、ラインハルトとヒルダが結ばれてなければ、
ケスラーとマリーカが結ばれなかった・・・ということか?

>595
ビッテンなら、大きな獅子の顔をプリントしたTシャツ着てそう。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 21:47:09 ID:???0
>>650
ビッテン「欧米か!」

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 21:55:09 ID:???0
>>634
84話でラインハルトが「お残しは許しまへんで」ってエミールに言われて逆切れする場面に米みたいなのが映ってるけどこれは違うのかな?
何かへんな丼物に見えなくも無いんだけど

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:17:14 ID:???0
食い物は現代人とそんなに変わらないようだから本当は色々あるのだろう。
ハンバーガーがあるのだから当然、牛丼とかラーメンもあるはず。
ラインハルトも餃子やレバニラは嫌かもしれないがピザくらいは食べるだろう。
つーか西洋人がアニメ化していたら、東洋の食べ物が画面狭しとたくさん出てくるかもしれない。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:25:43 ID:???0
もしエルンスト・フォン・”素晴らしき"アイィッゼナッハだったら
指パッチンのたんびにブリッジもクルーも……

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:36:24 ID:???0
命の金のハイドリッヒ・ラング
激動たるビッテンフェルト
理屈倒れのシュターデン

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:46:01 ID:???0
ミッターマイヤーがラングを直殺しそうになったくだりが横山光輝絵で
脳内再生を…しかも殺害を成就して黒ずんだ首が大本営門前に晒されて。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 23:17:37 ID:???O
…流れt斬りだが。スレ住民諸氏よ。
今日は皇帝陛下と軍務尚書閣下(に、その他一名)命日なんだぜ?
時間的に精進は無理でも、手を合わせるか亡くなった時間に合わせてDVDでも見て、ささやかに弔意を表わそうや。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 23:41:04 ID:???0
俺は地球教徒なので、総主教猊下と大主教猊下に黙祷を捧げるよ。
え?総主教はニセモノ?
なにを馬鹿なことを・・・

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 23:45:11 ID:???0
23時29分、ラインハルト陛下崩御

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 00:56:57 ID:+qgQLKdr0
個人的には銀英伝で白兵戦最強ウォルフミッターマイヤーだったと思う
シェーンコップですら傷をつけられなかったロイエンタールの顔面をブン殴れた男だからな

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 00:59:13 ID:???0
ハイドリッヒ・ラングっていう名前はロイエンタールに合いそう

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 01:02:16 ID:???0
オフレッサーの立場が・・・

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 01:27:23 ID:???0
オフレッサーは野蛮だから実際以上に強く見えただけ
もちろん強いけど本気になった双璧には敵わない

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 01:46:59 ID:???0
>>642-647
その暴力の力で皇帝を影で服従させて、ラインハルトに貢がせてたのか。
とするとあの皇帝のあきらめっぷりも説明が……なぞはすべてとけた!

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 02:15:17 ID:???0
>>663
なんの根拠も無くそんな事を言われてもねえ。
本気になった双璧の方が強いなら、レンテンベルク要塞で生け捕りにしろと言われた時に悩む事も無いだろう。
別に無傷で引っ張って来いとは言わなかったんだし。

純粋に白兵戦能力は相手の方が上回るが、機転は利かないから策を用いれば造作も無いって相手だろ、双璧からして見れば。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 03:11:19 ID:???0
>>664
全て辻褄が合うな・・・

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 05:06:28 ID:???0
>>665
それ言うならオフレッサーが双璧より強いという根拠も無い


668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 05:07:38 ID:???0
強いとかいう以前に人間なんだからブラスターで一撃だろ

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 06:34:49 ID:???0
じゃあオフレッサーとキルヒアイスを仕留めたアンスバッハが最強ということで

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 07:06:36 ID:???O
>>669
反論の余地が無いな

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 10:20:50 ID:???0
そのアンスバッハを仕留めたネオアンスバッハが最強。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 17:32:15 ID:???O
誰だよそれwwww

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 20:30:45 ID:???0
アンスバッハの死体のお腹からでてくるネオアンスバッハ。
そのネオアンスバッハのお腹から出てくるネオネオアンス(ry

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 21:01:08 ID:???0
ここはメカワーレンが行きもうす。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 21:10:20 ID:???0
ワーレンロケットパーンチ!!



よーし、これで悪運を切り離したぞ ! 恐れるものは怯懦のみだ !!

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 22:05:18 ID:???O
雷電役は誰がいいかのぅ

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 00:01:57 ID:???0
オーベルシュタインの義眼からビームが出ることを期待したファンは何千人いただろうか・・

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 13:54:58 ID:???0
ケスラーの軍服が赤色になるのを期待したファンは何万人いただろうか・・・

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 17:05:12 ID:???0
銀英伝IVのプレイ動画がニコニコにあがってた。
未経験なら一度見ておくのもお勧め

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 17:21:17 ID:???0
>>678
ケスラーのキャラはカチっと填った感じがあるから
赤い人とは被って見たことは無いな。
言われて気がついた。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 17:57:12 ID:???0
http://ytu.be/search/nico/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E8%8B%B1%E9%9B%84%E4%BC%9D%E8%AA%AC
こっちにもURL貼っとく。>>679のプレイ動画ね

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 19:01:07 ID:???0
人品卑しからず実力もあるのに出番そのものにあまり恵まれてないという点で
ケスラーに近いのはむしろ天蠍宮の守護者だと思う。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 22:04:28 ID:???0
白羊宮=オーベルシュタイン
金牛宮=ケンプ
双児宮=
双児宮=
巨蟹宮=ベルゲングリューン
獅子宮=
処女宮=キュンメル
天秤宮=
天蠍宮=ケスラー
人馬宮=ナレーション
磨羯宮=シュトライト
宝瓶宮=
双魚宮=


684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 22:19:40 ID:???0
なぜ星矢ネタになるのか…

白羊宮=オーベルシュタイン
金牛宮=ケンプ
双児宮=クリスチアン
巨蟹宮=ベルゲングリューン
獅子宮=ラップ
処女宮=キュンメル
天秤宮=フェルナーorクリスチアン・フォン・ミューゼル
天蠍宮=ケスラー
人馬宮=ナレーション
磨羯宮=シュトライト
宝瓶宮=デグズビィorバイエルライン
双魚宮=ブルームハルト


685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 22:22:56 ID:???0
白羊宮=オーベルシュタイン
金牛宮=ケンプ
双児宮=クリスチアンorエミール
巨蟹宮=ベルゲングリューン
獅子宮=ラップ
処女宮=キュンメル
天秤宮=フェルナーorクリスチアン・フォン・ミューゼル
天蠍宮=ケスラー
人馬宮=ナレーション
磨羯宮=シュトライト
宝瓶宮=デグズビィorバイエルライン
双魚宮=ブルームハルト

最弱は処女宮か双児宮だよなw

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 22:24:01 ID:KL4yIoo+0
処女宮はブルームハルトしかいないだろw

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 22:31:21 ID:???0
>>686
キルPも忘れるな!ww


688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 22:35:23 ID:???O
>>677
ワーレンの義手がロケットパンチになるのを夢みてたのに…

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 22:40:40 ID:???0
いやキルヒはアンネローゼとやってることをほのめかすシーンがあったじゃん

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 23:09:06 ID:???O
ラインハルトとヒルダはできちゃったもとい、やっちまった結婚だけど
ラインハルトはヒルダの事愛してたのかなあ

691 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/28(土) 23:11:22 ID:???0
愛していたんだろう
気立てが良くて頭が良くてヤラせてくれるんだから

692 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 00:43:24 ID:???0
ラインハルトにすら性欲があると知った時点で くたばれカイザー な気分になった 
性欲の奴隷め

693 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 02:21:52 ID:???0
>>685
>最弱は処女宮か双児宮だよなw
いや、疾風ウォルフも双児宮なんで


694 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 02:50:05 ID:vZyz+xg70
何よりもヤンに性欲あったのがショック
アンネローゼと旧皇帝のセックスシーンはいいオナネタになったけどな
あとシェーンコップのセックスシーンは明らかに蛇足
どうせならラインハルト×ヒルダのを出せ

695 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 06:27:51 ID:???O
>>689
そんなシーンあったっけ?

696 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 08:55:38 ID:???0
それ言ったら
色目:セル、シヴア
金髪:瞬、ベジータ
疾風:ガッチャマン
ヤン:ヤマト、佐武
ユリアン:冥界探偵

誰が強い?


697 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 13:19:03 ID:???0
>>696
そりゃ口から波動砲を発射するヤマトだろうな
てか、ヤマトって吹き替え富山氏だったのか
古代はしゃべっていたと思うが
あまりヤマトがしゃべっているところ見たこと無いんだが


698 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 13:25:21 ID:???0
月  :カリン
水星:マリーカ
火星:エルフリーデ



699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/29(日) 20:36:31 ID:???0
帝国の将校はみんな腰の後ろから銃を出すシーンがあるけど、
服のどのあたりにしまっているのだろうか・・・?

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/29(日) 20:56:50 ID:???0
@上着の下、ズボンのベルトにホルスターがつけてある。
Aみんな手品が上手い
B腰の後ろに四次元ポケットがある。
C後ろから黒子が渡している。

701 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/29(日) 21:38:29 ID:???0
Dケツの穴

702 :ラインハルト:2007/07/29(日) 23:53:33 ID:???0
堀川りょうの演じるキャラで好きなのは?
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/voiceactor/1171244775/335

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 00:53:29 ID:???0
エロゲーマーのオレは最近堀川の役というと
エロゲキャラばかり思いつく

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 07:30:30 ID:???0
>>703
エロゲーか、知らない世界ニダ。
あのラインハルトの声で、いったいどんな台詞をいっているんだよw

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 07:40:46 ID:???0
俺も基本どおり堀川といえば、ラインハルト、瞬、ベジータ世代だから、
GS美神の横島をやった時は衝撃だった。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 12:55:30 ID:???0
嫁にあんまり苦労させるなよといってやりたい

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 17:36:27 ID:???O
最近ショックだったのはフリカッセが白い食べ物だということだ
オフレッサーのセリフ等からモツのトマトソース煮かと勝手に思ってた
ただのホワイトシチューじゃないか

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 18:25:09 ID:???0
それいうとチシャもレタスだ
ヤッパ帝国の農民はやる気ないんで品種改良とかなくて野菜まずいんだろうな

子供っても料理上手のアンねローゼがつくって口に合わないくらいだから

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 18:56:37 ID:???O
野菜はフェザーンのが一番美味しいんだぜ

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 19:44:50 ID:???0
フェザーん農協の力が強すぎて
農薬まみれの野菜ばかり食わされてるから
ルビンスキーもはやしにするんだぜ

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 19:55:33 ID:???0
銀河英雄アストロノーカ

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 20:22:16 ID:???0
キルヒアイス生きてたら
貴族との戦いが終わった時点で引退して
父親の農園でもいじっていそうな雰囲気があった

713 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/30(月) 20:32:25 ID:???0
おとっつぁんは司法官僚だから、農園は趣味の範囲内。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 20:50:47 ID:???0
いや親父のとこにニートw
才能ありすぎるからどこの職場にもつかなさそう

715 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/07/30(月) 20:55:16 ID:???0
アンネローゼが菓子屋でも始めて、そこの店長はどうだ

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 21:48:25 ID:???0
黒ビールが名産なんだっけ?

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 22:46:46 ID:???0
銀英の世界って和や中華の料理が出てこないよな

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 23:09:04 ID:???0
ルドルフがドイツ料理以外認めない世界だしな

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 23:47:10 ID:???0
ビッテンフェルトが囓ってるフランクフルトは美味そうだった

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 00:03:58 ID:???0
旗艦専属のマイスターの手製だろう
じつは美食家なのだ

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 02:36:18 ID:???0
そういやオフレッサー狩りの際のフリカッセ問答はアニメでは全部カットだったな。
あらかじめドイツ料理関係者からの抗議とかを考慮しての事かな。
逆に道原版では実際に後日食堂で供されてゲンナリする所まで描かれてたが。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 06:12:50 ID:???O
それも勘違いしてた
フリカッセはフランス料理

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 15:26:48 ID:???0
TωSの深夜の参院選特番で屋良有作がナレーションしてて、プチ銀英伝になってた。
録画していた人がいたら、動画サイトにあげて欲しいな。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 15:57:56 ID:???0
「選挙の歴史がまた1ページ」か

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 16:40:16 ID:???0
ニコニコでアドリブ聞いたが
あんな短かったのか

べつに本編でいってもそんなにおかしくない程度の寒いギャグだったけど
帝国軍にはお似合い

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 20:46:06 ID:???0
ミッターマイヤー夫妻は
望んでいても子供が出来ないというのに…
由無いことを口にしたものだ

それをわかっていても
素直に詫びる事の出来ない俺だったが
そんな時も何も言わなくても

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 23:16:36 ID:???0
ベットで迎えてくれた俺の親友

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 16:06:45 ID:As0tWYS+0
ロイエンタールとかミッターマイヤーってラインハルトの前は誰の部下だったのかな

729 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/01(水) 16:15:37 ID:???0
>>728

主に、宇宙艦隊司令長官ミュッケンベルガー元帥の部下。
統帥本部や軍務省に配属されていた時期も有ったかもしれないが。
直属の上官は、色々居たろうな。

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 20:38:20 ID:???0
アイゼナッハはラインハルト陣営に参加する前も、部下に指パッチンして
指示していたのだろうか

731 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/01(水) 20:48:21 ID:???0
耳元でそっと囁いていたんだよ

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 23:36:48 ID:???0
それより、アイゼナッハが新任士官だったころはどうだったんでしょう。
「誰にもしゃべりくなかった」ので、早く出世できるように頑張ったんでしょうか。

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 23:38:32 ID:???0
ロイエンタール義眼説

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 23:55:14 ID:???0
アイゼナッハは下級生が脱走して町に遊びにいってるのを見かけても何も言わないいいやつだったな

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 00:38:02 ID:???0
ブルースアッシュビーって大物らしいけどなんか小者感があったよね

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 01:30:44 ID:???0
アッシュビーはキャラデザがちょっとな。
偽のさわやかさを出してる、偽のキャプテンって感じだった。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 05:55:56 ID:???O
パチモン臭いってことか

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 08:18:19 ID:???0
腹黒い

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 08:54:55 ID:???0
自分が腹黒いと思ってるなら悪い人間じゃないサ>アッシュビー

740 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/02(木) 12:02:49 ID:???0
もし無事に生還して政治家に転身していたら、
大失敗して大恥かいていたかもな。

死ぬべきときに死んだのかもしれん。

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 12:31:37 ID:???0
わが国でも戦術指揮官として有能でも政治家としてはイマイチなのは
結構いるなあ。
源義経しかり、板垣退助しかり。

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 13:19:38 ID:???0
>>741
義経を政治家というか? 普通……まあ、順当に生きていれば、幕府要職についたろうけど、その前に殺されているし。
あれは、まさにヤンだろ。戦上手で人気あったから権力者の政争の道具に使われ、それを実の兄(兄嫁の一族)に疎まれた
挙句に……。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 13:43:58 ID:???0
>>742
実際に義経は政治を行ったことはないが、
後白河法皇から検非違使などを授けられホイホイと何の疑いもなく受けてしまったり、
政治的センスが欠如しているということを言いたいんだと思う。

ヤンであれば、同じ立場であれば絶対に断っただろうな。

義経は戦術家としてはずば抜けているが、戦略家ではなかった。
ヤンは戦術家かでもあり戦略家でもあった。


744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 16:10:14 ID:???0
でも小説じゃヤン、戦略レベルの構想立てられるから一応本質は戦略家とか言ってるけど
戦略レベルで動ける立場で人を使うことがあの男にできるのかなあ・・・・とは思う

バーミリオンのときあっさりと停戦命令受け入れるようなアマちゃんだし

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 16:28:12 ID:???0
バーミリオンについていうなら
そりゃ主役はラインハルトなんだから仕方がない


746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 16:40:33 ID:???0
確かに性格的にラインハルトみたいに徹底できないよなヤンは。
アムリッツァみたいな焦土作戦は自分にはできないって言ってるし。

結局艦隊司令官としては最強だけど、それより上の地位に昇ったら本人の性格的にダメになる気もするな。
上司がビュコックだけという同盟末期なら力を発揮できるだろうけど、上司がトリューニヒトとかなら仕事しないだろw



747 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/02(木) 16:59:47 ID:???0
バーミリオンの停戦命令受諾は、民主主義者としては真っ当なものだ。
あそこで、独断で、「人民が人民を害する権利」を侵害するなら、
それこそ、名君であるラインハルトの支配を受け入れても
一向に構わないということになって、民主主義者としての彼が破綻する。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 17:21:34 ID:???0
もしバーミリオンで停戦命令無視してブリュンヒルト撃ち落としてたら、駆けつけた帝国の残存艦隊に
袋叩きにあってヤンもあの場で死んでたんじゃないか?

749 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/02(木) 17:27:24 ID:???0
>>748

タイミング次第ではそうなっていた。

ただし、猪達の来援は5月6日。
金髪の二度目の絶体絶命と史実での停戦命令は、
それに1日ほど先立つ5月5日。

金髪を倒すか捕らえるかした後で、
余裕で逃げれると思う。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 18:09:37 ID:???0
提督たちを分散させてヤンを誘い出し
引き返してきた面子で袋叩きにするってのが帝国軍の作戦じゃなかったっけ

751 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/02(木) 18:17:21 ID:???0
ラインハルトが時間稼ぎに徹することが出来ればそうなっていた。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 19:29:01 ID:???0
ヤン提督にはなによりまず政治的野心が無い
政治の才能も無いかもしれない。

だがヨブ・トリューニヒトのように国家を私物化し
政治権力をアクセサリーにし、
自分に期待した市民を裏切るような真似は
ヤン提督には出来んだろう。

ヤン提督の能力は歴史上の
大政治家達に比較すれば
取るに足らない物かもしれないが、
この際比較すべきは
トリューニヒト一人でいいんだ。




753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 21:24:27 ID:???0
馬鹿やろう
トリューニヒトはどうみても同人政治家列伝に残るほどの
大政治家だろう
いい悪いはしらんけど

754 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/02(木) 21:33:20 ID:???0
大した業績はあげてないぜ?

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 21:38:01 ID:nUJnXDSgO
ヤン・ウェンリーと七都市物語のリュウ・ウェイが同じ世界にいたら、仲良くなれただろうか

756 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/02(木) 21:52:42 ID:???0
なれたんじゃねえ?

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 22:37:18 ID:???0
>>744-745
だから本編でも言われてるけど、司令長官ビュコック、総参謀長ヤンで
対帝国をしくのが理想だったんだよね……。

ラインハルトとの大会戦になっても、旗艦艦橋には
常にビュコック爺さんと若い奇才ヤンのコンビ。
作戦を立てるのは全部ヤン、それを要れる度量のあるビュコック老人の命令に、
きびきびと従う同盟全艦隊……見てみたかったものがある。

んでも現実にはビュコックも派閥の力や政治力がなくて全然軍全体を動かせなかったし、
もし動かせると仮想で考えても、上の政治が軍人にはどうしようもない負けルートを
確定させてしまうから(幼帝保護、フェザーン無警戒等)
やっぱダメか。

758 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/02(木) 23:22:07 ID:???0
>司令長官ビュコック、総参謀長ヤン

宇宙艦隊限定でなら、それが理想の布陣かもだが、
同盟軍全体なら、ヤンには、国防委員か、
国防委員会戦略部長をやらせた方が良い。
高度な戦略を、外交面も含めて練れる。

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 00:04:49 ID:???0
制服組をやめると、国防委員会で何をやるにしても、嫌でも最高評議会の連中と
様々な駆け引きをしなくてはいけなくなるよ。
ヤンの性格上、向いてないな。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 00:06:23 ID:???0
国防委員長はシトレがやってくれればな。

761 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/03(金) 00:50:30 ID:???0
>>759

国防委員(国防次官相当)は、現役の軍人でもなれると思う。
現実の現在のロシアでは、国防大臣まで現役の軍人だ。

国防委員長は、確かにシトレか、覚醒アイランズにやって欲しいな。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 00:59:26 ID:???0
でも、政治家たちに近い場所にいればいるほど、査問会の時のように我慢できなくなって
お偉方に「しゃらくさい口」を叩いて、ろくに実効的な仕事が出来ない恐れがある。
自分のやりたい事のために政治家を動かすには、良くも悪くも二枚舌を駆使して
清濁併せ呑む事も必要だからな。
やっぱりシトレが一番向いてるか。

763 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/03(金) 01:15:51 ID:???0
で、議長は、レベロかホワンね。




或いは、シェーンコップ。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 01:24:06 ID:???0
政治家になるほどにヤンの個性がそがれるので
やっぱ現場の一指揮官が一番あの人に お似合いの度量と思う

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 01:37:50 ID:???0
ヤンも実は結構な潔癖症だからねー。
原作でマリーンドルフ伯が、ラインハルトの本質は「天才少年」だと喝破したが、
(政・戦の天才ではあるが、情緒面では少年のように潔癖で初心だということ)、
ヤンも実はそうだと思う。
ラインハルトよりもう少し柔軟で、もう少しいい加減だが、あくまで同じ中学生でも
いろんなヤツがいる程度の差でしかないような気がする。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 02:33:48 ID:???0
そこがヤンのキャラの斬新さだったんだよな。
戦争もののヒーローといえばやっぱり少しは国運とか強い義務感とか正義とか
いろいろ背負ってるもんなんだけど、その辺があんなに緩くて、
ふつうの一市民な感覚・ふつうの一歴史好きな感覚のまま、戦うキャラはいなかった。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 04:14:31 ID:???0
>>765
そう考えると、赤毛やユリアンは、少年から大人になっていく間の
秀才、ってとこか。



768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 04:17:50 ID:???0
>>765
確かにヤンは子供みたいなところあったよな。
集会で全員が起立してるのに一人だけ座ってたり、仮病つかってまで政治家に会うこと嫌がったり。

上っ面だけでも礼儀正しくできるラインハルトより世渡り下手だろうし、
よく出世したもんだ。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 04:36:07 ID:???0
金髪が赤毛に「我慢してください」とフォローしてもらったように、
キャゼルヌやラップみたいに大人の対応ができる奴にフォローして
もらったんだろうな。
本編でも元帥昇進の直後、「勝利を約束しろ!」って詰め寄ったジャーナリストに
衝動的にブチ切れそうになった所を、フレデリカにフォローしてもらってたし。
30過ぎた上に、元帥閣下がマスコミの安い挑発なんかに切れるなよ・・・

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 06:20:13 ID:???0
30歳って大人の世界じゃ一番若い部類だぞ僕チャン

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 06:32:11 ID:???0
>>770
一番ではないだろ、おぢさん

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 09:22:54 ID:???0
三十歳過ぎたら中年だがそれ未満は未成年らしいぞ

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 10:14:54 ID:???0
ヨブたんと握手させられた後、即座に手ェ洗ったりとかもしたね。
その時原作に、ヤンのメンタリティは子供と変わらないって
書いてあった。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 10:36:52 ID:???O
このスレの住人にも未成年が居るだろうけど
30過ぎても人の中身なんか早々変わるもんじゃないぞ…と今年で35のオッサンはのたもうた。所詮他人の(ry

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 10:40:28 ID:???0
でも俺、小学生の時はヤな奴と握手したら手を洗ったかもしれんけど、
今はさすがにそれはないわ。
…と、今年で31のヤンと同年代の「青年」はのたもry

776 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/03(金) 13:47:43 ID:???0
いや、ヨブは汗かきで、独特のじっとりした手のひらだったんだよ。

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 14:17:33 ID:???0
ビッテンフェルトだったら力いっぱい握ってポキッとやってただろうね

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 14:18:09 ID:???0
ヨブはイノキみたいでチョッとかっこよかった
張り手もらえばよかったんだ

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 19:46:04 ID:???O
奪還者でパネルを傘にして船体修理してたがケーブルどうやっても傘の外にでるよな

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 21:16:54 ID:???0
>>779
それ「叛乱者」ちゃうんかと突っ込み

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 22:01:08 ID:???0
>>768
エル・ファシルの件と、あと目をかけて後押ししてくれたお偉方が協力だったから。
(宇宙艦隊司令長官→統合作戦本部長・元帥のシトレと、総参謀長のグリーンヒル大将閣下)
キャゼルヌとかも、あの年で少将まで出世してる軍のホープが、
公私にわたって世話してくれてるし

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 22:07:56 ID:???0
銀英伝を実写でやるとしたら??
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1039248949/

783 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/03(金) 23:59:38 ID:???0
>>768
>>781

「若いながら歴戦の勇者」
「戦場に出れば二度に一度は奇功を立てた」
という記述も忘れないであげて下さい
(それとも、アニメでは無かったのかな?)

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 00:49:25 ID:???0
「今回(アスターテ)のように5ケタの艦艇が集結するような
大規模の戦闘の経験は な か っ た が、
それでも9年間で100回以上の戦闘に参加している」
とか書かれてた頃のですね

それとも新版では直ってるんだろうか

785 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/04(土) 01:38:04 ID:???0
そりゃマズいや。

ヤンの奪取以前のイゼルローン攻防戦2回や、
第4次ティアマト会戦のことも忘れないであげて下さい、だな。

敵味方、合計10000隻以上になるような会戦は、
珍しくなかったと思うけどなあ。

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 01:53:24 ID:???0
どうでもいいが100回も実戦任務についてたら
普通後方にローテーションで回されそうだが

同盟が死ぬまで前線任務とかいうなら話は別だが
そうすると結局効率悪いシナ

787 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/04(土) 02:10:32 ID:???0
最前線の、勢力が拮抗した不安定な所(カプチェランカとか)の
駐留部隊に配属された時期が有って、
そこで毎日のように頻発していた小競り合いを
全部計算に入れて、100回以上でないのかな。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 02:52:26 ID:???0
前線勤務でも、参謀の才能があるとグリーンヒル大将に見出されてから、
旗艦の勤務が多かったのかもしれないな。
だから自分の艦が敵艦隊に突っ込んでゆくような機会は少なかったとは思うが、
それだって危険には違いないからな。
金髪が艦長あがりで、直接戦闘で敵を沈めて出世していったのに対して、
ヤンは参謀あがりなのがまた対照的で面白い。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 03:10:51 ID:???0
ヤンは首から下は無用の人間だからな

アニメ版のこのシーンは微妙だった 歩きながら突っ込み

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 04:25:47 ID:???0
少佐時代に宇宙艦隊 司令長官の副官(末席だけど)、
中佐時代が謎で、
大佐時代は宇宙艦隊 総参謀本部の参謀(グリーンヒルの下)、
准将で第二艦隊 副参謀長と、
超トップエリートコースを歩まされてるからなあ。
(自分の意志で歩んでるわけじゃないんだがw)

あきらかに未来の総参謀長とか統合作戦本部長を期待されてる
極少数のエリートグループのひとりだ。
そりゃこんな来歴の軍人が「すぐにでも退役して歴史家になりたいのが本心です」
と言っても、怒られるか、信じてももらえないかだろうな……

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 05:30:40 ID:???0
エルファシルの英雄ということで名前が知れ渡ってるから
下手に艦長とか前線基地配属とかにして戦死でもされたら同盟軍的にも困るからそういう配置にせざるをえなかったんだろう・・・
と誰でも考えそうな気がする。
功績は立ててるけどその時期に能力的にエリートとみなされてたかはまた別の話だと思う

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 05:35:13 ID:???0
踊る大走査線の室井さんみたいに、ヤンを助けるために
政治家を目指す人とかはいなかったのかなと思う。
ヤンを支持する人で、軍隊に入るだけがヤンを助ける道じゃない、とか思って
政治権力を握るのを目指すような。
ユリアンにしてもフレデリカにしてもヤンを補佐したい→軍に入ろう!
っていうのはそれはそれでいいんだけどなんか別の道も一応考えてみても
っていいたくなるw
まあ腐敗した政治家っていうテーマに合わないのはわかってるんだが。



793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 10:57:39 ID:???0
>>792
そういう政治家が中堅以下に
甘んじていたから
同盟は滅びたのだ。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 12:20:20 ID:???O
最高評議会の議員の数って民主主義という観点と人口からみてすごく少ないよな
なんかアメリカの従軍慰安婦決議案が10人で全会一致で可決したのと似てる

795 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/04(土) 13:01:50 ID:???0
>>790
「参謀畑」と言えば宜しい。
評価はされた居た筈だが、
少将当時、事実上の全軍の軍師になれたフォークほどには
優遇されていなかったと思う。

>>792
レベロやホワンみたいな連中は居たし、若手で腐敗していないのもいたろうけど、
相対的に弱かったということだ。

>>794
同盟の最高評議会は、行政府(内閣)であって立法府(議会)ではないよ。

ジェシカ・エドワーズが、テルヌーゼン星区選出の議員になっているし、
別に立法府が有る筈。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 14:52:40 ID:YkACHmcs0

>>792

リベート好きの三流政治業者から開化していったアイランズ先生には
イゼルローン革命政府へ参画して欲スィかった・・・。


797 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/04(土) 15:18:41 ID:???0
バーラト自治政府で仕事して貰えば良いさ。

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 15:34:59 ID:???0
>>792
政治家を補佐する為、軍人を目指すならわかるが
ヤンを支持する為に政治家を目指すのは物事の順序が逆じゃないの。
政治家は公的かつ私的な政治的野心を持つ人こそ目指すべきで、
そうでなければ単にヤンの道具でしかない。
ヤンが政治的野心を持ってない以上、そのヤンを支持する政治家に
なっても何もできないのでは?

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 17:04:07 ID:???0
>>791
見なされてるんでは 宇宙艦隊指令長官に士官学校時代から覚えられてて
目をかけられてるんだから。
全軍6千万人ぐらいいいる軍で、こんなほんの僅かしかないポストに選んでるわけで。

>>795
いや、ただ参謀畑ってだけじゃなくて、その珍重されかた。
全部の参謀がこんな花道歩むわけじゃないし
参謀って肩書き持ってる士官だけで全軍にどれくらいいるんだろう。

>>794
あれは議会(立法府)じゃなくて内閣(行政府)。
国会じゃなくて、国家主席と大臣たちの閣僚会議。

800 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/04(土) 17:29:53 ID:???0
>>792
>>798

どのみち、ヤンの友人が政治目指しても、
いいとこ議員だろ。それこそ、ジェシカみたいに。
エドワーズ政権(レベロ、ホワン、シトレが参加)は、
少し見てみたかったが。

>>799
シトレ司令長官の次席副官になったりで、
彼には明確に目を掛けられていたと思うが、
ロボスの評価はそうでもなかったらしいし。
「他の奴がミスをしたとき、要領良く手柄を立てる奴」って、
あまり好意的でない評価をされていたりもして、
決して順風満帆ではなかったと思う。
腐敗した政治家とか不手際したお偉方とかに、
平気で悪口を言ったりもしたろうし。

まあ、全軍で僅かしか居ない20代の将官になっていた訳だが、
基本的には、ヤンの能力と実績故だろう
(その能力と実績の存在故に、お偉方も目を掛ける訳で、
能無しをえこ贔屓したら、自分の失点にもなる)。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 20:44:00 ID:???0
外伝の時に、「発言内容がアレなので依然マスコミの人気者だが、軍から見れば異端だった」とか言われていたな。
その割りに手柄は立てているのだから、頭の堅い上層部の人間には目の上のたんこぶだったのではないかな。

>>784
ラインハルトとキルヒアイスの会話で帝国と同盟が初衝突以来何回戦闘があった・・・と言う話の時に、確か2〜300回程度だった様な。
9年で100回以上って、ヤンどんだけ歴戦の勇者w

ま、あくまで艦隊戦に限った話なんだろうな>2〜300

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 21:06:14 ID:???0
小惑星の基地に数十隻程度の帝国軍の空襲があって、
地上から防空戦なんてのもあるだろうな。

803 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/04(土) 21:26:59 ID:???0
カプチェランカで毎日雪かきをして勲章を貰うヤンを見たい

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 21:56:48 ID:???0
あるとき身に覚えが無いのに勲章を貰ってしまい、身の回りがぎくしゃくし始める。顔に傷のある
少佐に相談をするが時既に遅く…。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 22:24:04 ID:???0
http://pukapuka.sakura.ne.jp/cgi-bin/upload/puka/img-box/1186233764390.jpg
ラインハルトとキルヒアイスにしか見えないから困る

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 01:41:51 ID:???0

         ヽ       ,,..、r'"´"``ヾ‐-、          ,イ                `ヽ、 _ノ 成  何 ヤ
.  を  査   /   ,r''"´          `ゞ、    ,r'´,,,                    ゙、 ) 績  だ  ン
.  え  問  L_  ,/         ,、-ーゞ仆゙´\  / ,,,、、 '''"ゞゞゞゞゞ;:;:;:、、、、       ゙ヽ 表. ね 提
.  な  は   / /  ,,、,,..___,,..ィ"´     `、  i,/,r'´  `"ー''゙゙゙゙゙゙""''''''ー‐-、       i;i は  こ 督
.  い  更   / ! '´!         _,, ,. ..  ゙i  ゙,!.,!               ゙i       く  !? の  ッ
   ・  に   l  | ,イj ,, ..,_   _ _ ,,、-‐‐-  ゙,ヾ,j !        ー''´ ,rー-、  |       厶
   ・  延  l  i イ,/,ィ彡ミゝ、     ,ィィゞ、、 {ミゞリ,rー-、,,,  '、,,,,、イ,ィ''"`゙   ヾ  ,r‐、, ,! `レ、⌒Y⌒ヽ
   ・  長  l  ヾ人'"゙⌒`゙ゞイ  、,,ィ'"´`ヾゞ ヾ,r{、ソ'⌒ヾソ   ゝー',ィO_ン    ゙i、 / ,r ヾ ,!
  !  ,せ  i   {`i、 ,ィOンj ゝ イ; ,ィOン   リイ ,!、 ,ィOン    `ニ二       ミ´イ i >!j
      ,ざ  _,ゝ  ij ,!' ゝ '′i  j  `  ''´  ! l) ,!',! ´ ̄ イ   ヽ、        ,! イ ,!ソ !!
     る 「   ヾj.     , |  ヽ,     !,レ/. l   入__,、-'イ''ー-、ヽ、    ,! ゞ'´,/ヾ、
        ヽ    ゝ   ,r'´ゞ、 ,r'゙ \.   ,' !イ  ゙i  ,イ"´_,,j、,、-==、ヾ,j ,'   l  _ノ ./ iヽ、
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄     ゙, ,イ    `"    ゝ、/ ,!|ヽ、 ゙、 `゙'イ(二二ニニニゞ        |  / |   \
            ,ィ'i  i  ィニニニニゝ、 j l ,/ リ iヽ、゙、  ゙i  ,rー‐-、. ,!.         ,! ,/  ,!
      _,,、-‐'"´/ ゙,    ー一   ' 人_人_人_`ヽi   ゝ〈__,,、ノ        / /  ,!
人_,、ノL_,iノ!  ;:;:;:;:;:;:,!、i,人         ,!       i:;:;:;ヽ    ー--一       ,イ /    |
      / :;:;:;:;:;:;:;:|  \`ヽ、 ‐‐-‐  , 「 じ は 55 L;:;:;:;:;\          / /    ,!
ハ ワ  { .;:;:;:;:;:;:;:;:i   ヽ  `ー--‐'´ ノ. ゃ 落 .点 了;:;:;:;/`ト、       , ィ´ /    ,/
ハ ハ   ヽ . :;:;:;:ト、   ./   i     ) ぞ 第 .以  |、;:;/  .ト`ー─''''"´   /       /
ハ ハ    >  :;:| \/ゝ、 ,j   ,ィく !.   下  >  ,| /` ̄´\  /      ,/

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 02:18:39 ID:???0
う〜ん、何に反論されてるのか、よくわからない。
「経歴だけ見たらトップエリートグループ」
「物凄く期待して目を掛けていた軍中枢の高級幹部がいた」
って事実は事実だと思うんだけど…。

ヤンの出世はヤンの能力によるものなんて当然だよ、全然否定してない。
作品中の描写通り、ヤンは、作品中最強の軍人だよ。
いくら目を掛けられたからって本人の能力がなきゃ、
ヤン以上にひいきされてたフォークだって
結局おのれの能力不足からあの時点で准将で退場したし、
グリーンヒルが娘婿にと目を掛けていた士官だって本編でまだ少佐どまりだったし。

21歳で少佐になって、その後もさらに出世しつづけ、
20代のまま准将にまで昇進したのが
全然エリートと言えない平凡な軍歴だとか言うなら、謝る。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 02:25:57 ID:???0
ヤンの経歴は凄いしエリートには間違い無いけど、軍上層部の一部には受けが悪かった(うざったく思う人物も居た)って事じゃないの?
士官学校の成績は平凡なのに、ちょこちょこ功績立てて出世して行くものだからさ。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 02:35:59 ID:???0
ヤンに目を掛けてくれた将校の人達って非主流派じゃね

810 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/05(日) 02:58:02 ID:???0
>>807

何、気にするな。
反論などしとらん。
おまいの書くことに適当に反応してだべってるだけだw

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 03:14:49 ID:???0
ラップなんて病気したり無能指揮官の元で戦死したり運が悪すぎなのに
ヤンの運の強さは異常だな

最後死ぬとこでもヤンが主導権とっていれば完全に防げたのに
あの状況下で帝国軍の艦船にせつげん許可するなんてありえないだろ

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 03:49:35 ID:???0
20代で運を使い果たしたんだよ。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 06:33:09 ID:???0
>>812
なんかヤンはフレデリカに運吸い尽くされた感じもする。(いわゆるさげまん)
彼女を副官に迎えたらクーデターでジエシカ死、査問会ではあらぬ噂立てられる。
彼女と結婚したら、レンネンに攻められ、同盟政府に売られ、挙句の果てに暗殺される。


逆に金髪はヤンにとってあげまんか。





814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 07:42:58 ID:???0
金髪は女だったのか!

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 08:15:32 ID:???0
>811
あそこで許可しなけりゃ、艦ごと沈められるんじゃねーの?
ユリシーズ到着まで持ちこたえられるとは思えないんだが

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 08:25:09 ID:???O
相手は駆逐艦二隻
レダUは巡航艦
戦力差はさほどないんじゃないか

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 08:29:28 ID:???0
>>806
うわ!むかつくwwwwwwwwwwww

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 09:27:28 ID:???0
>>816でも許可されなかった時点で有無を言わさず打たれたらどうしようも無かったんじゃね?


819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 10:00:05 ID:???0
作者視点になれば、
はじめに、「ヤンにはここで死んで貰う」という大前提があって、
それに合わせて、なるべく不自然じゃない状況設定にしていくということだ。

しかし、もし最初に、ヤンを「用心深い性格」ということにしておいたら、
簡単にテロで殺すようなことも出来なかったと思う。
華々しく戦死させたかも知れない。

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 10:42:22 ID:???0
「ヤンは昨日の事も明日の事もよく見える。しかしそういう人間は得てして
 今日の食事の事に気がまわららない・・・」

このキャゼルヌのセリフが遠い伏線になってるんだよな。


821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 10:49:18 ID:???0
なにげに旦那の方も予言者だなw

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 10:56:28 ID:???0
考えて見ればヤンを殺すつもりならわざわざ接舷しないでも
接舷許可を取りに至近距離まで近づいた時点でゼロ距離射撃すればよかったんだよな

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 10:57:10 ID:???0
>>805
双璧にも見える

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 11:58:40 ID:???O
>>818
正面からだから一応シールド効くんじゃねぇ
>>822
ヤンが乗ってる証拠がないから

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 16:16:23 ID:???O
>>824
会見に向かった艦はレダU1隻だったし、乗り込んできたときに「ヤン・ウエンリーはどこにいる?」と言っていたからヤンが居ることは知っていただろう

そもそもヤンが居ることがわかっていなければ前段階のフォークの襲撃は意味が無くなるし

826 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/05(日) 16:29:38 ID:???0
可能なら生首が欲しかったのだろう
宣伝効果の為に

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 17:00:25 ID:???0
レダ1隻というのもすげエ無謀だよな
普通各通路に何隻かずづ忍ばせておくのは最低ラインだと思うが

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 17:11:26 ID:???0
太陽のような帝国軍を前にして、デブリのような地球教に気を配れと言うのが無理だろう。

829 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/05(日) 18:02:25 ID:???0
レダU1隻ってのは、エルファシル政府とヤン艦隊側の、
帝国に対する、「帝国を信頼していますよ」という姿勢だ。
そこを突かれた訳で、この場合、帝国側が無警戒過ぎる。
ミュラー、或いはミッタ-マイヤー辺りとその直属護衛部隊を、
要塞近くまで迎えに出すべきだった。

この件で、帝国は、その後のイゼルローンに借りが出来たとすら言える。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 19:02:44 ID:???0
そもそも第四期に至っては
交渉の通達を出しておいて
ユリアン達がいざ艦隊で
出向いてみれば
「停戦せよ、しからざれば攻撃する。」
だもんな、しょせん帝国は力こそ正義の暴力集団

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 19:06:13 ID:???0
ロシアでさえ停戦交渉の派遣員を虐殺したのはあんまないしな
他国が存在しないとあんなもんか

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 19:06:49 ID:???O
>>825
いや、普通に考えればヤンが帝国の暗殺を恐れてレダに乗ってるという情報を流して違う船でいくという選択肢があるわけで

イゼルローンの中枢に地球教徒がいれば別だが

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 20:07:18 ID:???0
嗚呼、ウランフが生きていればなぁ〜〜〜

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 20:19:29 ID:???0
>>832
>>829
ただ、イゼルローンに地球教徒がいたかどうかは…どうなんだろ?

イゼルローン側は地球教の裏の事を知っていたわけだけど、帝国側ですら軍内部に地球教徒がいたわけだから
案外、内部通報者はいたかもしれないね。それでヤンの会談の正確な情報が地球教側に漏れていたのかも。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 21:17:56 ID:???0
ヴルァシーの地球教徒の手先になった麻薬漬け司令官は
どこに逃亡したんだろうな。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 21:28:14 ID:???0
あれは多分殺害されたと思うよ

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 21:40:52 ID:???0
>>834
 会談の情報くらい、帝国側だけで十分だろ。ヤンがブリュンヒルトに出向くわけだし。
 ヤン艦隊の多くはバーミリオン後から隔離状態にあるわけで、連絡を取るのも意図的に信者を送り込むのは難しい。
またユリアンの報告後は洗い出しくらいはやっているだろう。信者探しをせんでも、もれなくついてくるサイオキシンの
検査をすれば、それだけでヤバいヤツは排除できる(イゼルローンにはサイオキシンの流入もないから、遅かれ早か
れ禁断症状でバレる)。ヤン艦隊は地球教の浸透を受けている可能性は低い。
 仮にいたとしても、人員の余裕のないヤン艦隊で、信者・内通者が都合よく戦死しない可能性は低い。会談実現自
体が普通あり得ないことなので、可能性を予測して、あらかじめ要員を送り込むというのも非常に困難。
 

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 22:01:07 ID:???0
するとやっぱヤンが暗殺されたのは9:1ぐらいで帝国のせいだな

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 22:25:58 ID:???O
>>897
むしろヤンの会談が決まってからフォークを送り込めた地球教団すげーよ

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 22:32:57 ID:???0
フォークの乗ってた武装商船の乗組員が、なんだか普通の真面目な
士官っぽかったのが笑った。
あいつらも全員、地球教徒なんだろうけどさ。
(洗脳された旧同盟軍士官&兵士か?)

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 22:35:49 ID:???0
>>837
イゼルローンは要衝なんでバーミリオン前から潜入してる可能性はある
冷静な判断を要求されるスパイをサイオキシン中毒にして判断力を鈍らせるとは思えない

最後の文には同意
バーミリオン会戦は死傷率が滅茶苦茶だったんで
既に潜入していたスパイはそこで死んだ可能性はかなり高いね

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 22:51:31 ID:???0
>>839
あのタイミングは偶然じゃね?
ハイネセンからえっちらおっちらやってきて、あのタイミングでは出来すぎだから、戦闘終わるまで待ってから突撃
したら、偶然暗殺計画のカモフラージュになってまった(orさせられた)とか。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 23:05:27 ID:???0
>>841
>冷静な判断を要求されるスパイをサイオキシン中毒にして判断力を鈍らせるとは思えない
しかし、幹部や何も知らない信者以外、特にテロ要員でサイオキシンきめてなかったヤツがいたかね?
 
>イゼルローンは要衝なんでバーミリオン前から潜入してる可能性はある
ヤン艦隊に地球教徒が潜入していたとすると、その人物はヤン暗殺の時まで生き残った人物ということになる。
 情報を得やすいのも生き残る可能性が高いのも幹部クラス。
 バーミリオンでメルカッツに託された中には、上級将校は数えるほどしかいなかったし、ヤンの逃亡にしたがっ
たのもローゼンリッター以下極少数。スパイがいた可能性が高いのは、第二次マル・アデッタ後合流した連中
ということになる。その時、合流した幹部クラス将校と言えば……謎は解けた?

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 23:42:02 ID:???0
>>843
残念ながら、それはストーリーを全て知っている人間だから言える事。
第二次マル・アデッタ後合流した連中と言えば、ムライ・フィッシャー・パトリチェフ等のメンバーだが、彼等はバーミリオン後はヤンと判れて軍に残りそれぞれバラバラの任地にいた。

ヤンが今後動く事は判っていたが、それが何年後になるかは全く判らなかった。
そしてその時に自分が参加出来る保障は無い(ヤンの元に行かせてくれたビュコックはバーミリオン後引退していたし)。

ヤンが動く事を信じて待ち、その時に参加出来る事を予測し、更には帝国との戦闘に勝利し会談が設けられる事を信じて待つってのはねえ。
もし彼等の中にスパイが居るなら、バーミリオンまでにチャンスはいくらでもあった筈。そこでやった方がずっと確実だろう。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 23:45:25 ID:hig4rzf50
ヤンをあぼ〜んさせた彼は生き延びたのだろうか

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 00:01:08 ID:???0
帝国軍との戦闘で死んだよ。
ちゃんと「結局ヤン暗殺の実行犯は姓名を知られることもなく・・・」って
ナレーションもあった。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 00:14:18 ID:0kEnFHOuO
ヤン「ミリアムさんはこれからどうなさるんですか?出過ぎたことだと思いますけど・・」
ミリアム「ほんとに出過ぎてるわね」

なんとなくワロタ
しかしミリアム(ローザス提督の孫)のイイナヅケってコーネフ?

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 00:18:51 ID:???0
自分より15歳上って言ってたんだが。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 00:31:25 ID:0kEnFHOuO
たしかにそうだけど、ミリアムが18才ぐらいならコーネフでもありえなくはないでしょ。
それともコーネフって20代だっけ?

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 00:37:55 ID:???0
ボリス・コーネフならばヤンの1〜2歳下。
20代どころか当時で二十歳前後。

あれは外伝の話だぞ?

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 00:49:59 ID:???0
>>849
ヒント
当時ヤン21歳

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 00:58:29 ID:0kEnFHOuO
コーネフはヤンより年下だったのか・・。

つまらんなぁw

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 02:18:38 ID:???0
ヤンとか見てると30歳ってまだまだ若いな

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 02:40:51 ID:???0
30歳以下はまだ未成年だ

と、ビュコック爺さんが言ってたw

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 03:34:40 ID:???0
戦時の軍隊なら30なんてもう老兵だな

大体この1発当たれば撃沈の時代に
ビュコックみたいに老人の提督がいることのほうが不思議
どれほどの運だよ

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 05:39:53 ID:???0
>>855
ラップみたいな不運でなかったら、
義眼みたいに一度被弾した後けっこう逃げ切れることもある。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 07:40:24 ID:???0
ヤンはほとんど旗艦での戦闘なのでよっぽどのことがないと死なない。
ラップも参謀畑っぽいが上司が悪すぎたよ。

アッテンボローなんかは艦長経験ありだし、アムリッツァでボロ負けしながら生き残った強運。
地味にヤンより出世が早い凄い奴だ。

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 09:12:49 ID:0kEnFHOuO
話それるがラップの上司はなんで中将まで出世できたんだ?w

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 10:07:40 ID:???0
それまで戦ってきた相手が同レベルだったからだろうw

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 11:18:05 ID:???0
まさにそうだなw

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 11:33:24 ID:???0
この作品って、
兄弟がいるキャラって少ないね。ほとんど一人っ子。
金髪は例外としても。
帝国軍は赤毛、疾風、色目、義眼、秘書がそうだし、
あとの提督たちも兄弟がいるって描写はない。
同盟も、ヤン、ユリアン始めみんな一人っ子っぽい。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 11:40:58 ID:???0
アッテンボローは姉さんが何人かいるな

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 12:58:48 ID:???O
あの作家は書かなくていいことは書かないから
一人っ子と明記してないのはわからない

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 13:15:52 ID:gOaBM9j60
ラインハルトとヤンが童貞だったことも微妙に伏せてあるしなw
きっと作者も25歳くらいまで童貞だったのだろう

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 13:54:11 ID:???0
>>861
 本編に関係ないキャラの家族構成が、そんなに大事か?
お前は、いつも兄弟がいるとか意味もなくベラベラしゃべるのか?
逆に、一人っ子ばかりだと何か都合が悪いのか?

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 14:25:41 ID:???0
>>861
ルッツ提督には妹がいるのだ
その旦那はエルスハイマーとかいう高位の文官だったかな
ロイエンタールが新領土を治めに行ったときの随員


867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 14:35:17 ID:???0
>>844
マル・アデッタに第一次とか二次とかあったっけ?
爺が最後にラインハルトと戦ったあの会戦だけじゃないの?

868 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2007/08/06(月) 15:52:35 ID:???0
>>867
「マル・アデッタ星域会戦」には、第一次も第二次も無い。
多分、>>843>>844は、話の流れ的に見て、ラグナロック作戦の折の、
金髪指揮の帝国軍主力をビュコック率いる同盟軍主力が迎え撃った
「ランテマリオ星域会戦」が、「第一次マル・アデッタ星域会戦」だったと
誤認しているのではないか。

尚、ランテマリオ星域会戦には第二次が有って、これは双璧争覇の折の物。

869 :844:2007/08/06(月) 18:34:10 ID:???0
ああそうか、すまん。
流れでそのまま書いてしまった。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 18:52:13 ID:???0
>>864
ええーっ、ヤンは結婚するまで童貞だったの?
30過ぎてたよね。ありえん。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 19:08:48 ID:???0
だから「魔術師」なんだよ

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 19:16:44 ID:???0
>>865
なんでお前が突っかかるんだ?
仕切り屋か?
どうでもいいならスルーしろよ
ウゼーよ

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 19:31:34 ID:???O
>>871
その通りだ
巧い


874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 19:37:39 ID:???0
>>871
そうか、えっちすると魔力が落ちるんだったな。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 19:41:05 ID:???0
ヤンは巫女か?それとも古代のシャーマンか?w

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 20:45:35 ID:???0
あんな新婚の美女と四六時中一緒にいて
孕まないところをみるとセックスレスの可能性が高い。
いわゆる不能。 ジェシカのときもそれで自信がなかったに違いない

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 21:16:54 ID:???0
ラインハルトは・・・・・

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 22:38:44 ID:???O
ラインハルトはむしろ使い道そのものを知らなかったのだろう
ヤンが童貞ならムライなんか風俗店行きそうにないぞ

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 22:39:51 ID:???O
ラインハルトはむしろ使い道そのものを知らなかったのだろう
ヤンが童貞ならムライなんか風俗店行きそうにないぞ

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 22:41:40 ID:???O
ラインハルトはむしろ使い道そのものを知らなかったのだろう
ヤンが童貞ならムライなんか風俗店行きそうにないぞ

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 22:43:10 ID:???O
ラインハルトはむしろ使い道そのものを知らなかったのだろう
ヤンが童貞ならムライなんか風俗店行きそうにないぞ

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 23:47:04 ID:???0
不妊症に
帝国皇帝液とか発売されそうなくらい濃厚だな

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 00:54:00 ID:Zm7cRaRY0
2chで言う魔法使いの元ネタってもしかしてヤンか?

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 03:07:01 ID:???0
ただの都市伝説でしょ

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 03:46:20 ID:???0
キルヒアイスも間違いなくDTのまま死んだとずーっと思ってたんだが、
最近、エンサイクロペディアの年表を見たら、フリードリヒが死んで
アンネローゼが金髪と赤毛の元に戻って来てから、リップシュタット戦役勃発まで
半年もあったことが分かった(なんでこれまで気がつかないのかって話だが)。
ということは、その間に結ばれた可能性も充分あるじゃないかと。
銀英伝の原作&アニメを初めて観てからかれこれ10年以上になるが、
赤毛好きとしては、なんだかすごく救われた気分になった。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 03:59:45 ID:???0
キルヒアイす直々に守備していますから姉上はどうかお休みを

といっているところから一つ屋根の下で住んでる可能性が
姉上との最後の通信でも「愛しているんですか
とにぶそうなラインハルトがわざわざきいてるくらいだから相当わかりやすくラブラブしていたに違いない

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 04:40:09 ID:???0
道原漫画ではラインハルトが
「10年前のようにまた3人で一緒に暮らしましょう」って言ってたな。
いやいや、10年前も3人では暮らしてないだろうw
でも確かに半年の間に毎日のように会ってたんだろうな。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 07:46:44 ID:???0
その半年の間に、イゼルローンまで捕虜交換に行っていたことを忘れるな。
同居していたのは、正味4ヶ月だ。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 08:06:09 ID:???0
もともと両想いの成人した男女が愛を成就させるには充分。

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 08:32:43 ID:???0
>>889
確かに、現代人の普通の感覚ならそうなんだが、
銀英ワールドは、ちょっと変なところがあるからな、男女関係に関しては特に。
キルヒが、「Hは結婚してから」思想の持ち主だったら、何もなかったかもしれん。
ヤンもそうだったし。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 09:48:36 ID:???0
アンネ姉様のセクースのお相手

10代 フリードリヒ(数年で皇帝が枯れ、成人後は交渉無し)
20代 ジーク(4ヶ月の間に122回ほど)
30代 コンラート(心寂しかった一夜の過ちからズルズルと)

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 09:49:55 ID:???0
>>870.871
でもイゼルローン再奪取できたくらいだから、
童貞捨てても魔術は残ってるかも。

ビッテンとミュラーも童貞だったりして・・・

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 10:15:32 ID:???0
>>891
20代吹いたw

今、唐突に思ったんだけどルビンスキーの声が小林清志なのはハゲの悪役だからかな?

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 10:57:23 ID:???0
いやいや、童貞を捨てて魔術が無くなるとか、そりゃ単なるこじつけだ。
それがあるとしたら、古来から「処女」の方だろう。
むろんヤンは童貞ではなかったと思うが、とにかく結婚前も後も魔術は使えた。
が、カイザーとの交渉の途中で魔術が切れたかのようにあっさり暗殺された。
そこで思い出すんだ。イゼルローンを離れる前の晩、ヤンが妻との寝室を離れ、
誰と一夜を過ごしたか・・?「処女」を失うとしたら相手は誰か?
もう説明の必要はあるま(ry

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 11:16:23 ID:???0
いや、説明するんだ。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 11:18:35 ID:???0
そういえば「エル・ファシルの英雄」になったときもフレデリカは近くに居たな
結論=彼女は超上げマン

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 12:42:11 ID:Zm7cRaRY0
ルビンスキーのモデルは斉藤道三と見た

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 13:34:02 ID:???0
>>894
わかんねーw

>>896
未亡人フレデリカをゲットした男が、バーラト政府の元首になりそうだ。

>>897
ハゲの策士は多いよ。天海とか、金地院とか。今川にもいたな。


899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 14:19:49 ID:???0
みんな坊さんじゃないか

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 15:00:55 ID:???0
漫画にもハゲの策士キャラって多い気がするな。
古いけど男組とか。クリリンも初期はズル賢いやつだった。
コータローの天光寺も。

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 16:00:51 ID:???0
この作品のハゲがやたら有能なのはやはり作者がハゲなせいか

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 16:07:35 ID:???0
銀英伝執筆当時はまだ禿げてない(予兆はあったが)
本格的にヤヴァくなったのは90年前後から。
・・と、禿げ進行についてはマジレスw


903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 16:23:05 ID:???0
>>900

天光寺は剃ってるだけだ。

904 :天光寺輝彦:2007/08/07(火) 16:38:09 ID:???0
私はハゲではぬぁい!

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 17:55:40 ID:???0
田中芳樹は日本最高峰の作家

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 18:03:35 ID:???0
お前、ファンを装ったアンチだろ

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 18:40:48 ID:???0
コミック版のルビンスキーはどうなんだっけ
女だからと偏見持つ気はないが
あれはどう考えてもスキンヘッドで

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 19:10:47 ID:???0
小説の挿絵もスキンヘッドだ
まぁたいてい薄くなったやつが開き直って剃るんだけど

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 19:48:25 ID:???O
あの時代に意図しない禿げはいないだろ

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 21:06:27 ID:???0
>>909
オリベイラはヅラっぽい

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 21:11:23 ID:???0
>ビッテンとミュラーも童貞だったりして・・・

ビッテン 「猪突猛進こそ本領よ!」

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 22:43:24 ID:???0
たしか原作で、多少の傷は電子治療で細胞を活性化・・・・、という記述があった。
それなら毛根細胞も治療できるんじゃないのか?

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 22:50:33 ID:???0
アンネローゼを見つけて皇帝に紹介した男って
ラインハルトが権力握ったあとはどうなったかなあ?

抹殺されたかな・・・

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 22:57:53 ID:???0
確かその御仁は、その後、グリューネワルト伯爵家の執事を勤めていた。
処刑は、姉上が望まないのではないか。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 22:59:30 ID:???0
たしか、そのままアンネローゼに仕えるように皇帝に命ぜられたはず
ラインハルトが権力握ったあとは…姉上は優しいからラインハルトも内心はともかく
放置するしかできなかったのでは?

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 23:09:54 ID:???0
>>892>>911
待ってくれ、ミュラーは一度「手痛い失」恋をやったらしいから、
童貞をそのとき捨てた可能性があるよ。

小説ではかかれてあったけどアニメでは触れられてなかったような・・・>失恋の件

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 23:46:32 ID:???0
昔のミューラーは生意気そうな若造だった

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 00:34:53 ID:???0
>>905
メ欄クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 02:41:32 ID:???0
>>885
そうだったのか・・・短いが平和でおだやかな二人の時間はあったんだな。
同じくらい銀英伝歴長いけどそれは知らなかった。
なんか漏れも胸のつかえが下りた感じがする。サムクス。
力石徹が減量後、計測の後になら食事が出来た可能性があるって聞いた時以来の嬉しさだ。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 02:56:32 ID:???0
いまみたいに前日計量ならなあ・・・・・・
当日じゃ重湯しか入らないだろう

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 20:55:32 ID:???0
今ウルヴァシー事件のを観てるけど、絵が凄いよな〜
ラインハルト悪人顔だし、なんかポーズ決めてるし。
後半たまに絵が崩れるけど、ルッツの見せ場だけにこの回の崩れは残念。


922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 21:49:33 ID:???0
tp://www.youtube.com/watch?v=JoobYtlE4bE&mode=related&search=

実際に「ファイヤー」って発音はこんなかんじになるのかな?

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 22:08:35 ID:???0
アンネローゼってラインハルトとキルヒアイスがどこらへんまで出世
して欲しかったのかな?
皇帝のところへ売られるとき弟の出世願ってたが。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 23:21:56 ID:???0
>>923
どこか後方の小さな駐屯地の司令官になって、お茶飲んで異常なしの報告出すだけの仕事で、使用人が一桁の屋敷に住む。

という程度で良かったのではないかな。


925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 00:09:58 ID:XFOcLRbwO
上司にしたいキャラ一位はキルヒアイスだな。
現実にはもちろんあんな完璧人間はいないが。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 01:20:53 ID:???O
一位はアンネローゼだろ

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 03:03:45 ID:???0
キルヒアイスはああ見えて無能な人間は
傷つかないようにそっと排除するような人間だぞ

無能でもそれなりのポジションで育ててくれそうなワーレンがいいな

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 03:07:28 ID:???0
俺は、無能でも務まるような、責任が重くない、
でも給料は良いポストに就けてもらえるなら、
赤毛がいいなあ。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 03:30:48 ID:???0
ロイエンタールは意外に面倒見がいい

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 03:33:52 ID:???0
同盟ならシトレがいい。
自分の隠れた才能を見つけてくれそう。
その途端に仕事も押し付けられそうだがw

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 04:05:27 ID:???O
オーベルシュタインの犬がいい。

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 04:17:37 ID:???0
グエンバンヒューの幕僚にはあまりなりたくない

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 04:30:41 ID:???0
俺、ネトウヨだからクリスチアン大佐がいいな。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 09:49:02 ID:???0
案外軍隊なら上司としていいのはレンネンカンプかも。
金髪、赤毛とかは能力ないと切られるし。
一般企業ならキルヒアイスだろうが。


まあ上司にしたくない一位はダントツでラップの上官か。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 12:38:41 ID:???0
>>927
 キルヒアイスは、価値判断基準が「ラインハルトの(覇業の)ためになるか否か」だから、役立たずは寄せ付けないし、
邪魔者は排除して当然。
 ワーレンでも無能者は切るだろ。「それなりのポジジョン」があれば、そこに放り出すだけで。
>>930
心配無用。隠れた才能なんかないからw



936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 14:03:02 ID:???0
むしろラップの上官は
よいしょで階級上がりそうでいいな
ああいうてあいに正論で説こうなんてラップも人生経験が少ないな

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 14:14:39 ID:???0
そうはいっても上官と一緒に二階級特進は困るだろ

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 14:15:57 ID:???0
>>936
 作戦開始してから、現場で作戦変更を具申するヤンもそうとう……。

 つーか、アスターテ会戦のパエッタ以下三人の司令のどいつも嫌だ。
 特に、時間稼ぎもできずに最初に全滅して作戦構想を根底から崩壊させた第四艦隊司令なんか最低だ。
 ヤンとビュコック除けば、同盟側に「上司にしたいキャラ」なんていないだろw

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 14:17:25 ID:???0
つキャゼルヌ

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 14:40:23 ID:CtzSa12X0
シェーンコップとかビッテンフェルトの部下になったら毎日ハラハラドキドキ命がけ 対外的にね

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 14:44:57 ID:???0
オーベルシュタイン以外なら誰でもいいな

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 14:56:11 ID:???0
ゼークトとかアラルコンとかフレーゲルとかでもいいというのか

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 17:50:02 ID:???0
>>938
あの時の帝国軍は、兵力が倍近い上に、ラインハルト・メルカッツ・ファーレンハイトだよ。
同盟のザコ提督ひとり相手に。そりゃ4時間で壊滅状態にもなるよ、銀英世界なら

>>883
違う!w

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 18:11:15 ID:BZaOspc60
パストーレもさ、敵がまっしぐらに自軍に向かってきてるのに気が付いたら
後退すればいいのにね。 
帝国軍と接触するまでの間、何時間呆然としてれば気が済むんだよ。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 18:36:07 ID:???0
アニメの描写だとラインハルト艦隊を全宇宙が常時捉えっぱなし、
カメラ追いっぱなしに見えるけど、原作の描写だと
妨害電波等で位置ははっきりとわからないみたいだ。

出した偵察艇から「帝国艦隊が予定の宙域にいません!」って報告が来て
同盟軍「エエエエエ(;´Д`)」みたいな。
当然その報告までには偵察艇の往復分の時間がかかってる。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 18:38:01 ID:???O
慣性の法則って知ってる?
それに何時間なんて無いぞ

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 18:45:47 ID:???0
>938
アップルトンとウランふはちょっとあこがれる

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 19:03:06 ID:???0
ウランフって話せる上司って感じだったよな…ホント、惜しい奴だった

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 20:15:46 ID:hBwSxJJG0

ニニンがシノブ伝 巻の拾弐
http://2ch.pop.tc/log/05/04/03/1952/1095915389.html

----

106 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で :04/09/25 00:59:37 ID:xhrOlVvU
そういえばロイエンタールも女好きだったなぁ…


195 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で :04/09/25 07:50:34 ID:KukUZC4g
期待していいよ。

ところで最近出た18禁アニメに若本が出てたが
演技がそのまま音速○なのは外出?



235 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で :04/09/25 12:09:34 ID:KukUZC4g
> 232-233
もうほっとこうぜ
> 213
優遇接待
孤島の合宿所に来た女子高生の弱みを盗撮して弱みを握って陵辱していた
前管理人の役(スク水フェチ)
声優名は偽名(男気一発)を使ってるがね

240 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で :04/09/25 12:31:49 ID:++K8uSbm
> 235
両さんが偽名つかう時みたいな名前だなw>男気一発
エロアニメだと演技変える人多いけど、若本さんは一発でわかりそうだな


950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 20:18:57 ID:???0
若本最高の悪役は車輪の法月と言うのを知る者は少ない

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 20:38:59 ID:???0
>>950
なにそれ?ホントにそのキャラ知らんわ

952 :930:2007/08/09(木) 20:52:55 ID:???0
>>935
煽られるとしたらこうかなーって予想が見事当たった!
いやあ、さすがだね。ナニ的に。


953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 21:10:40 ID:???0
>951
エロゲー 車輪の国ひまわりの少女
ロイエンタール最高 のおれを法月サイコーにした忌まわしきキャラ

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 21:27:47 ID:CtzSa12X0
ラインハルトが室内で投降者を皆殺しにした場面は凄惨だったな

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 21:51:55 ID:???0
ロックウェルのシーンだっけ?直接殺害しているシーンはなかった気がするんだけど?

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 23:04:44 ID:???O
一応あれって捕虜条約に違反だよな?

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 23:26:14 ID:???0
あの死体と血の山を掃除する奴の身にもなれってんだよな
あとラインハルトがヒステリー起こして割った高級グラスもさ

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 23:31:40 ID:???O
まじにどの場面だ?
ロックウェルは連れて行かれただけでそこでは処刑されてないぞ

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 00:01:54 ID:???0
しかも、連れて行け、と言ったのもファーレンハイト

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 00:57:09 ID:???0
捕虜とかでなく、殺人の現行犯として、
皇帝の脳内で帝国の法(=皇帝のエゴ)に基づいて略式裁判行って、
死刑宣告、即執行。
だろ。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 01:02:46 ID:???0
ヒルダですら止めようとしなかったからいいんだろうな

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 01:07:36 ID:???0
寝返ったんだから捕虜ではないんじゃない?

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 02:43:56 ID:+nlpx9e80
マジな話、帝国貴族がゴミ扱いされてて平民組がやたら有能で人格者なのが不自然すぎ
美意識が違うってだけで両方自分より弱い奴等を殺しまくってるという点では同じだろ
作者のハゲはよっぽど金持ちや権力者に恨みがあるのかな 日本国籍かどうかも怪しいし

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 02:45:44 ID:???0
帝国に寝返ったトリューニヒトと普通に握手できる帝国将官クラスは
オーベルシュタイン閣下だけだろうなw

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 02:48:18 ID:???0
なんかこのハゲの書くものっていつもそうだよなぁ
能力が高い成り上がりが自分より能力で劣る相手に自分の美意識を押し付けて殺す
努力を全面否定してる感じがなんか
作者自体が怠け者だからしょうがないのかな

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 03:15:19 ID:???0
>日本国籍かどうかも怪しいし

え、なんで?日本を貶す上に中国スキーだからか?
まさか全ての日本人が日本を肯定してると思ってるの?
やだやだネトウヨは。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 03:51:10 ID:???0
例えば、ラングにはフォンは付いてないし。
フォンの付いた連中で有能なのも幾らでも居るし。

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 04:03:39 ID:???0
現実の世界だったら明らかに平民共よりは貴族のほうが教養もあって品性もあるわけでね

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 04:06:04 ID:???0
初期のペンネームが李ノ家なんとかだっけ?思いっきり怪しいなw

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 04:46:33 ID:???0
いけませんな、ご自分でも信じてらっしゃらないことを
他人に信じさせようとなさっては。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 05:57:58 ID:???0
釣り宣言はまだか?

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 12:14:19 ID:???0
誰か新スレ立てろや

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 12:43:46 ID:???0
卿が立てれば良いではないか

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 13:44:19 ID:???0
>>972
他力本願のゴミは死ね

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 14:37:03 ID:???0
ほらよ。

銀河英雄伝説 第54話「皇帝ばんざい!」
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1186724020/l50

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 16:08:55 ID:???0
だっせータイトルw 誰か立て直せよ

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 16:33:47 ID:???O
卿が立て直せば良いだろう

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 16:52:20 ID:???0
何故ジークカイザーじゃないんだーっ

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 18:03:19 ID:???0
最初に出たビデオのラベルには「ジーク・ハイル!」って書いてあるんだよなw

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 19:04:50 ID:???0
皇帝ばんざい! (笑)(笑)(笑)

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 19:38:48 ID:???0
>>979
まじ?
「皇妃誕生」が「皇妃ばんざい」になっていたような気もするが。

982 :オイゲン:2007/08/10(金) 20:12:18 ID:???0
>>981
あのフレーズは我等がビッテンフェルト提督が作ったのだ

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 20:18:41 ID:???0
>>981
まじ。(´∀`) ぐぐったら言及してるページがあった。
ttp://tanautsu.la.coocan.jp/the-best01_07_05_a.html

ジークとハイルへの言及も面白いな。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 21:29:58 ID:???0
LEGEND BOXかぁ。1期と2期のボックスしか持ってないから買おうかな。
20周年記念の年なんだね。イベントとかやらないかな。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 22:14:14 ID:???0
ビッテンフェルトのシステム&目覚ましボイスつけてくれれば買う

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 23:43:50 ID:???O
おい、>>985
起きんと死ぬぞ!!
貴様はそれでもシュワル(ry

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 00:23:34 ID:???0
【調査】 「もう1度見たい、90年代アニメランキング」…ジャンプ勢抑え、1位は「笑ゥせえるすまん」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1186736962/

ttp://ranking.goo.ne.jp/ranking/026/anime_1990th/&f=news&LID=news

微妙なランキング順位だな・・・・

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 01:23:57 ID:???0
>>987
喪黒か 格差社会、ここに極まれり、だな・・

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 07:27:54 ID:???0
喪黒以外の上位はCSでやってるような

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 08:55:22 ID:???0
クルドルップがウルヴァシー事件の真相をロイに言わなかったのは、
ロイに叛乱起こさせて、そして自分の裏切りで戦局を決定することでロイを討ち、
それによって自分の功を挙げようと考えていたからなのか?



991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 10:04:34 ID:???0
>>990
グリルパルツァーのことだったら、うn

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 10:21:19 ID:???0
>>991
グリルだ・・・、名前間違えた・・・
やっぱりそうか。

後もう一つ聞きたいんだけど、
ロイが負けてハイネセンへ戻る時に負傷しなかったら、
残存艦隊もなさそうだしミッターも迫っていたし、虜囚の辱めを受けるより死を選ぶから
あの建物に篭って白兵戦なり死ぬまで徹底抗戦していたのだろうか?

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 10:40:18 ID:???0
ロイエンタールが反逆者になった自分に
ついてきた部下たちをそんな犬死な
徹底抗戦に持ち込むとは思えないがなぁ…

じゃあ最初から開戦すなというのは
また別問題だし

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 10:49:48 ID:???0
>>992
自決するだろうね。

負傷によって徐々に死ぬより、早い時間帯に死んでいるはずだ。
ヨブ殺したすぐ後とか。
子供にも会えなかったかも。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 11:02:37 ID:???0
>>992
>虜囚の辱めを受けるより死を選ぶから
>993のように事実上勝敗が決した段階で、ムダに兵士に死を強いるロイエンタールじゃないだろう。仮に粘っても
数日程度の差だし、いざとなればまとめて吹き飛ばされる。得る物は何もない。
 至った経緯は成り行きとは言え、やったことに悔いはないはずだから、誇りある敗者として堂々とミッターマイヤー
に投降するんじゃね?  ラインハルトもムダに抵抗したら、彼に失望するだろう。
「虜囚の辱めを受けるより死を選ぶ」時節柄とは言え、あまりに……な発想だぞ。

 

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 11:39:42 ID:???0
>>995
投降するかな?
オーベルの前に跪くのを嫌がり、ウルヴァシー事件の後も釈明しなかったぐらいだから。
自決が一番予想されると思うな

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 12:15:37 ID:???0
投降したとしても、大逆罪だから死刑でしょ。
ロイの性格からいっても、自分で自分の始末は付けるんじゃないの?

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 12:42:24 ID:???0
ついていった、ベルゲンが可哀想・・・・

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 12:58:13 ID:???0
999だ・・・
1000は・・・
卿が・・

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 12:59:23 ID:???0
>>996
>オーベルの前に跪くのを嫌がり、ウルヴァシー事件の後も釈明しなかったぐらいだから
 その辺は内なる破滅願望によるものが大きいんじゃないか? 建前の決起理由と同じで本人が叛乱を起こす理由に
したかっただけで、本人も信じてない言い訳にすぎんだろ。
 最強のカイザーと戦って死にたいなんて願望が本心で、本当の意味での叛意なんてなかったわけだし。
 で、望みは適ったのだから(直接対決はなかったが長年の盟友とガチ勝負できたし、少なくともカイザーに次ぐ力を
振るう実力があることは証明できた)、あとは最後まで逃げずに敗軍の将の責任をまっとうすることが彼の責任だと思
うし、自らの罪を罰せられず逃げるようなマネを潔しとはしないだろう(然るべき始末をつけることで、カイザー&王朝の
正当性や威光をより高め、叛乱の余波を収束できる)。
 
 カッコイイじゃん。銃殺される時に目隠しを拒否し、悠然と最後の一服をくゆらしながら、その瞬間に「ジーク・カイザ
ー」と叫んで処刑されるなんて(妄想回路起動中w)。
 
 


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

263 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)