5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アルカサル−王城−6城目

1 :愛蔵版名無しさん:2007/09/15(土) 19:28:39 ID:???
青池保子著、プリンセスコミックス1〜13巻。
本編完結の第13巻は9/14(金)より絶賛発売中!

前スレ・過去スレ
アルカサル−王城−5城目
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1182666157/
アルカサル−王城−4城目
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1173367490/
アルカサル−王城−3城目
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1164711549/
アルカサル−王城−2城目
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1142075942/
【アルカサル−王城】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1111339666/

関連スレ
■青池保子総合■エロイカより愛をこめて他[31]
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1188625750/

2 :愛蔵版名無しさん:2007/09/15(土) 19:39:36 ID:Mp9EE2pD
2ごっと(^O^)/

3 :愛蔵版名無しさん:2007/09/15(土) 22:16:47 ID:???
>>1
乙です、
完結巻発売直後に新スレとは
また、絶妙なタイミング!

4 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 01:49:16 ID:???
あるか?猿?

5 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 06:44:31 ID:dsE7FR3F
新スレオツアゲ

「こき使われる歩兵の悲哀  『歩かさる』」
ーーというギャグが連載中の読者欄にあったけど、正確に覚えてる人いない?

世界史板の「ここはどこ?わたしはだれ?」に、
このまえドン・ペドロが出題されてた。

6 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 09:59:56 ID:???
昨日ゲト、カラー口絵が付いてるの知らないで何気なく表紙めくったら
あまりの美麗さに衝撃を受けてしばらく目が釘付けになってしまったわ。
今日はこれから本編じっくり読みます。至福至福!!


7 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 10:53:39 ID:???
13巻、これは保存用も買わなきゃいけないな…
ページ厚すぎて、ちょっと中綴じ部分を広げたぐらいでも折り目つきそう。

8 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 13:21:55 ID:???
ドン・ペドロって個人としては魅力的かも知んないけど、
王としては無能だよね。
ナヘラで勝てたのは黒太子の力があればこそだし、結局
また王座追われてるし。
まあ、英仏とイベリア半島では軍力が違いすぎたのかも知らんが。
カタリナは日本史でいう所のお江与みたいな役で、天下は
徳川に渡ってしまったけど血筋としては織田の血も入りま
した、みたいな結末だし。


9 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 13:30:42 ID:???
13巻ゲト
姫金でもさんざん泣いたのに読み返すとやはり涙が止まらない
ただただ感無量


10 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 15:24:33 ID:???
>>8
果たして無能な王にあそこまで尽くしてくれる臣下がつくか、
死後何世代を経て名誉を回復しようなんて話が出てくるか・・・だと思う。
勿論史実との違いは承知の上、このお話についての感想。

ただ、プロパガンダの遣い方は下手だよね。
衆人はやはり「茶番劇」が好きなのかもね。

11 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 16:29:06 ID:???
>>8
確かに、ドンちゃんがうちの会社の社長だったらかなりヤダw
考えてみるとアラゴン王って仕えるには悪くない君主かも。
あ、でもカブレラ殺されちゃったか…。
カブレラ息子未収録部分にちょっとでてたね

12 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 17:12:46 ID:???
>>11
アラゴン王が社長だと・・・
会社の儀式がめっちゃありそうw

13 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 17:16:22 ID:???
>>12朝礼の話が長くて失神者続出とかw

14 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 17:20:39 ID:???
無能はいいすぎだと思う。
審判王と呼ばれるくらいの公正さに
他国に利するよりは庶子が王位につく方がいいといったバランス感覚、
軍人としての能力。
「無能」っちゅーのは何にも決めれない王ではないか?

歴史にもしもはないけど、
もしエンリケという執念深い庶兄がいなければ
王さまは賢王になったんじゃないかなあ。


15 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 17:28:00 ID:???
ふと思ったけど、ドン・ペドロって王様業より
「将軍」ポジションの方があってるような気がした。
戦争は上手いけど、外交はドヘタくそだ。

16 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 17:53:33 ID:???
1乙!

>>14
>>15
ま、動乱期に求められるアグレッシブなタイプだよね。
狡猾で外交上手になるには、お手本や参謀役に恵まれてないし。

忠臣の中にそのタイプがいて、王が耳を傾けてなかったら「あれ?」だし、
物語の中でそんな臣下を描いてないよね。
(あえて言えばエル・レビが世渡り上手っぽい)


17 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 19:03:10 ID:???
無能というか王権にこだわりすぎたのだと思う
当時の王権はそれ程確立されたものではなかったし
特にカスティリアは有力貴族が力を持っていた
にも関わらず、独断横行・外交無視・法王庁からも破門される
専横的と言われる織田信長です力が及ばない時は外交問題には気を使っている

18 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 21:09:42 ID:2lo5mLym
>>17
そういう状況だからこそ「なめられたらおしまい」で
ああなったんじゃないかと思う。

19 :愛蔵版名無しさん:2007/09/16(日) 23:48:52 ID:???
>>15
完結編でも活躍してたけど、フランスから来てエンリケに手を貸してた
デュ・ゲクランがまさにそういう人物だったんだよね>戦争のプロ、外交は全然ダメ
(両親に疎外されて、ろくな教育も社交マナーも身につけられなかった)

立場や時代がちょっとだけ違ってれば、いい友人同士になれたかも知れないんだなー、
ドン・ペドロとデュ・ゲクラン。

駆け足ではあったけど、確かにあの連載中断以降、「王」としてのドン・ペドロは
どんどん失墜する方向にいってたわけだから、ある意味こういう形態でラストを
読めたのは良かった、のかも知れない。

疑心暗鬼にかられすぎて、忠臣までどんどん始末していく王様を延々見ているのは
ちょっと辛いもんなー。

20 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 00:00:43 ID:???
メリメその他を読んで正直なところ
史実そのままの王様の人生後半10年は見たくない、と思った
だから今回こういう風な力業のたたみ方で残りは外伝でってのはある意味理想的かも

21 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 00:09:14 ID:???
外伝ってどのへんが書かれるんだろうね。
娘たち@エゲレス話はあるとして、王様やマリアの再登場も期待できるのか?
完結編におさまりきれなかった所というと、エル・レビの最期なんかも描かれるのだろうか…。

22 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 01:40:36 ID:???
遅まきながらようやく13巻ゲットです〜〜〜!
完結編は姫金で読んでいて、本編で知らなかったのは未収録部分だけだったのですが、
あの未収録部分、ビバプリンセス休刊ににともなって
まとめあげたんでしょうが、まさに第1部完、のごとくばっちり
決まっていて、あらためて青池先生の凄さに感服してしまいました。
13年後の完結編が違和感なくすっとはいりこめましたもの。

絵柄はやっぱりあの頃が最高(10巻くらいがピークかなあ)
に好きなので続けて読んでしまうと少しむむむ、と思いましたが
「エロイカ」が復活したときは復活したときですっごく嬉しくて
泣いてしまったもんなあ・・・。
多くを望んでも先生は一人しかいないんだし、
やっぱり素晴らしい作品をありがとう〜〜!!
って気持ちでいっぱいです(興奮して長文ごめんなさい)。
はあ〜〜〜(幸福の溜息)。



23 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 02:13:11 ID:???
私も未収録部分は読んだことがなくて、今回読めて本当に嬉しかった。ほとんど諦めかけてたんで。
完結編のコンスタンシアが回想しているのは、セビリアのアルカサル落成式の時のみんなだったんだね
(だからディエゴやマテオスは居なかったんだ…)。
落成式にグラナダ王やポルトガル王やナバーラ王がさりげなく招かれているのも面白かったw

24 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 02:34:41 ID:???
>>12
毎朝仕事前のラジオ体操はありそうだ。
毎月飲み会、年何回か休みの日に遠足みたいなこと・・エトセトラエトセトラ
以前いた職場の社長がそういうの好きだったの思い出した。

25 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 03:36:51 ID:???
中表紙に姫金表紙のロペスと王様のツーショット持ってきてくれたのは良いんだが……
肌が汚い……っ。誰だよあの版下データ作った奴。

26 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 05:17:42 ID:???
>23

ホントだ!
落成式のときと服が一緒、気がつかなかった・・・!

27 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 06:35:13 ID:???
エンリケの妹カタリナに投げ落とされたペドロはてっきり
エンリケと妹カタリナとの間に出来た不義の子かと思ってしまった。
だってエンリケが強姦するシーンがあるし・・・

1〜12巻は引越しのとき「どうせ完結しねーよ。」なんて思い
あっさり捨ててしまった。

28 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 09:45:04 ID:???
>>25
あの絵もカラーで載せて欲しかったな
カラーページのイラストがドンさんばかりでちょっと残念。
主役だからだろうけど
マリアがツーショットでいたくらいか

連載時にはサブキャラのみでもカラー扉になってたのに再録がなくて寂しい
イラスト集もドンさんに偏ってるからなあ

29 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 11:41:40 ID:???
カラーを完璧に再現した愛蔵版(ドラゴンボールの完全版みたいなやつ)出してくれたら買っちゃうかも。
ブランシュ姫のカラーが見たいのだよ。
髪がふわーってなってるやつ。かわいいの

30 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 11:58:35 ID:???
>>29
あれ綺麗だったね
髪のなびき方や流れも美しかったし、ドレスも色鮮やかで背景との対比がよかった
コミックスでは全部灰色になってしまって泣いた

連載時のカラー扉何枚か取っておいてるけど、王様以外はほとんど再録の見込みないから
永久保存版かな

31 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 12:21:33 ID:???
とりあえず、歴史ロマンでした
昔の人は本当に寿命が短かったんですね
自分、もう死んでるかも

>>27
近親相姦の子供なんじゃないのか??



32 :30:2007/09/17(月) 12:22:06 ID:???
すみません
>29さんはカラーでは見ていなかったんですね
せっかくだから完結記念でカラーイラスト集とか出るといいですね

33 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 15:53:25 ID:???
ネタバレありなので読んでない人はブログもこのレスもスルーしてね。

>>31

ttp://journaldepf.jugem.cc/?eid=707
このブログの【疑問点】によると
作中ではペドロ王子=「エンリケと妃ホアナ・マヌエルの次男」
だが、『史実では庶子の一人で母親の名前も出生時期もはっきり分からない』
とある。

34 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 18:05:18 ID:???
13巻表紙かっこいい。

>>31
それはエグ過ぎるな…。

35 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 19:56:32 ID:???
自分も13巻読んだ。
ロ、ロペス〜…!!



36 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 22:19:00 ID:???
>>30
29です
そうなんです、アルカサルはつい五年ほど前に初めて読んだもので…。
イラスト集本当に出してほしいですね〜

37 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 22:41:58 ID:???
昨夜第12巻を、今日最終巻を読んだ。
戦死でも、臣下に殺されるのでもなかったのは自分にとっては救いだったけど、
主役が志半ばで命を落とすというのはシェイクスピア悲劇
(あれはあれで良いんだけど)みたいでやり切れなかった

話は変わるが、エロイカを読んでても思ったけど、
青池先生はフランス人をあまり良く描かないように思うなあ・・・


38 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 22:49:09 ID:???
つか、フランスってヨーロッパ史のなかじゃ田舎扱いじゃない?
ガリア人の頃から近代まで、あんまりいい扱いうけてる印象がない。

39 :37:2007/09/17(月) 22:54:41 ID:???
>>38
即レスサンクス。

そうなんだ。
それにしちゃあフランス人ってエラそうだなあ・・・
鼻も高いし。

40 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 22:57:13 ID:???
>>30
連載時の扉絵といえば、マリア、エンリケ、エンリケ+カタリナのツーショット、なんていうのもありましたね
とっくの昔に捨ててしまったけれど、もう日の目を見ることはないかと思うと今更惜しくなってきた

イラスト集は私も希望
出版社に希望を出せばいいんでしょうか
あとは「たのみこむ」とか?

41 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 23:10:21 ID:???
>>37
「光と影の伝説」のインタビューでフランスにはあまり興味がないって言ってた。
もっと僻地で汗水流すのが好きだって。
でもQの描き方には愛があるように感じるけどね。


42 :愛蔵版名無しさん:2007/09/17(月) 23:41:56 ID:???
Qはロペス顔だしね
でも女性に愛想振りまくところはロペスとは少し違うかな
ロペスは立場もあるだろうけど、義姉、ブランシュ姫なんかへの接し方を見てみても堅かったというか
王様には野暮天呼ばわりされていたし

43 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 00:13:15 ID:???
エンリケも1巻の頃はかっこよかったのに・・
13巻じゃ弟の鎖帷子まくりあげてナイフ挿入するは、妹のスカートまくりあげてナニ挿入するは、もう駄目駄目だ

44 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 00:38:45 ID:???
若くてすかしてんのは嫌いだが死の床にあるおっさんエンリケは結構好みだ。
つかえらい勢いで老けてんな。ライバルが死んで気が弛んだ?

45 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 00:39:44 ID:???
>>43
おいおい…

46 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 00:48:27 ID:st502fcR
>>41
そうなんだ〜
でも、イギリス人とドイツ人が主人公のマンガと
スペイン人が主人公のマンガを長年描き続けていたら、
そりゃフランスには、自然と…ねえ

汗水流す、か。
南仏のど田舎あたりだと印象も違いそうな気がするけど。
先生好みの一癖も二癖もありのおじちゃんおばちゃんが
たくさんいそうだ。

Qは確か、ピレネーの雪の中で子供の頃は遊んで鍛えたって
言っていたよね。
ロペスファンへのサービスだと思ってる。

47 :46:2007/09/18(火) 00:49:59 ID:???
sage忘れてしまった、すみません〜〜

48 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 02:06:15 ID:???
>46

わたしもロペスファンに言ってると思ったよ・・・。
完結編、あらためて読んでみて、ロペスが謀略で監禁されるくだりのエピソード
は削っても良かったんじゃないかと思いましたが
(マリアやエンリケエピのほうが重要なんじゃないか?と)
しかしなお一層、青池先生のロペスへの愛を感じられたりもした。


49 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 08:31:10 ID:???
>>44
最初誰だコイツ?と思っちゃったよ
作者自身、エンリケはカッコよく描きすぎたとか言ってなかったっけ
史実ではムサいヒゲのおっさんだったよねww
晩年はそれに合わせてきたのかな

アラゴン王が老いて健在な1コマにはふっと頬がゆるんでしまったが
コイツはいい気味だ散々苦しんで死ね!と本気で思ったよ・・・
昨日買ったんだけど、ゆうべは王様やロドリゲスに感情移入しすぎて疲れたorz

50 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 08:56:05 ID:???
エドワード黒太子も初登場の時は格好良かったのになぁ。
13巻でいきなり可愛らしく愉快な騎士様になちゃって。

51 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 09:00:04 ID:???
>>48
>ロペスが謀略で監禁されるくだりのエピソード

あー、でも確かスペインに残っている記録か何かに「ロペスも謀反を企てた」とあったそうだから、
あくまで絶対的な”ロペス忠臣説”でストーリーを進めていく「アルカサル」的には
そういう突っ込みに反論する意味で、
「実はそれはこれこれこういうわけだった」という青池流解釈を
今回の物語に差し挟む必要性があったんだろうな、と思いました。
そんな風にエル・レビも、青池流の解釈で、忠臣としての最期を外伝で描いてほしい、と思ったり。

52 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 11:40:38 ID:???
ボカネグラ氏ね

53 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 13:56:18 ID:???
うん、ボカネグラ最悪・・・!

54 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 16:11:11 ID:???
全員とっくに死んでる、ってつっこんでいいですか。

55 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 16:27:47 ID:???
いやエル・レビはまだ生きてる

56 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 17:01:00 ID:???
>54

笑ってしまいましたよ〜

青池先生の原稿は本当にひとこまひとこま抜かりなし(13巻の王城の
こまかさに圧倒されてしまった)、カラーも綺麗なんだから
完全版出して欲しい。表紙も全部収録されてるやつ・・。
「ベルばら」や「花より男子」がでてるのになんでなの〜〜!
本当は「エロイカ」で完全版を望んでいるのだが予算の関係もあるし
「アルカサル」なら完全豪華版BOXが出たら買うぞ!

57 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 18:04:08 ID:???
ブス姫ホアナが幸せな結婚をしたようで良かった良かった

58 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 19:20:53 ID:???
やっぱな〜
ドンちゃんの不幸はあまりにも早すぎる父王の死と宰相の追放だよね
父王の死は避けられないとしてもダルブルケルケの追放はもう少し待った方が良かったと思う
もうちょっと政治の駆け引きというものを盗み取ってからでも良かったのに
アラゴン王は良いタイミングで宰相を葬ったね

59 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 19:22:18 ID:???
ローマ時代辺りの感覚でいうなら
イギリス、ドイツ、スペインはみーんな超ド田舎と口走りそうな
漏れでスマソ

>>39
でもフランス人はヨーロッパ系の中では
背が低い人が多いからな…
背の高いアングロサクソン系やゲルマン系に対抗するには
態度くらい大きくないと大変だったんだろうさw

>>46
少佐がドイツシェパードなら
Qやロペスはピレネー犬と思ってしまった…

60 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 19:36:37 ID:???
カラー完全復元の愛蔵版は買うぞー!

サブキャラのカラー絵がすごく見たい



61 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 19:51:02 ID:???
フランス人は戦争好き。
100年戦争をはじめ、傭兵としてあちこちの戦争を渡り歩くプロ多し。
ジャンヌ・ダルクはドンちゃんの80年後ぐらいだけど、
この時ジャンヌが仕えたシャルル7世も小心で卑怯でと散々な評価だったかと。
中性は魔女狩りと教会の締め付けで暗黒時代。(これはどこもか)
近代ブルボン王朝まではあまり華やかなイメージないな。
ナポレオンの台頭で、大国として名をあげたって感じ。

スレ違いすまそ。


62 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 20:03:22 ID:???
ご機嫌の悪いお馬に話しかける王様に無駄に色気を感じる

63 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 20:26:11 ID:???
コンスタンシアだけでなくカタリナの結婚生活も気になるよ
ブランシュ姫と違って凄く大事にはされていただろうが
幸せだったかどうかはそれだけでは分からないからね

64 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 20:46:44 ID:???
>>63
ああ、あっちのカタリナか。
どうだろうねー可もなく不可もなく…って感じがするけど。

65 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 20:59:10 ID:???
>>63
ブランシュも幽閉されてる自分を特に不幸とは思ってなかったよね?
元々ドン・ペドロはは大嫌いだし、構ってくれなくて結構、
マリアに長男が産まれても所詮は庶子だし・・・っと鷹揚だった。
あの一介の騎士に心を動かされた時に、
初めて籠の鳥だと自覚したんじゃないかな?

ロペスを思うあたりのブランシュは、いじらしくてやりきれない。
これで物語中のロペスの独身は決まった気がする。


66 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 21:32:30 ID:???
ロペスのキャラって自信満々、熱血な男たちの多い青池ワールドのなかでは
異彩を放ってるよね。
Zもちょっと違うし、ティリアン様のニコラスが一番近い雰囲気を持ってるのかな?


67 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 23:08:57 ID:???
うーん、ニコラスはティリアン様にホれているからね。
近いのは、敢えて言えば少佐と「任務」の関係?(相手が人間じゃないけど)

68 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 23:11:19 ID:???
うっかりしててスペサル付きPG買いそびれた。なんて間抜けなんだ自分・・・orz
バックナンバー頼もうかな

69 :愛蔵版名無しさん:2007/09/18(火) 23:11:35 ID:???
>>66
おお!「七つの・・」版ね!

70 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 00:05:43 ID:???
そうそう、「七つの・・」版ニコはクールガイなんだよね。

71 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 02:15:07 ID:???
>>49
アラゴン王はエンリケとの対比と為か、コミカルwに描かれてるけど、
ドン・ペドロの猛攻を防ぎきって自国の独立を守り通したって事は、
やはりかなり有能だったんだろうな。

先妻の娘も含めて家庭を大事にしてたし、
浮気の心配もドン・ペドロに比べたら少ないだろうし。

最終話が出るまでの間に、夫にするんだったらアラゴン王の方が良いな。
と思うようになってしまったw

72 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 05:57:10 ID:???
アラゴンやだな・・・
やっぱり王様がカッコイイ・・・。少佐の次に。

73 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 06:12:19 ID:???
未収録分でまたミス発見。
「ダルブルケルケ」のはずなのに「前宰相ダルブルケ」になってる。
王様とマリアとしんみり語り合ってるシーンね。

74 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 06:19:39 ID:???
でも語感のオカシサは「ダルブルケ」のほうがマシにきこえる。
「ボロボロンテ」と「ボロンテ」みたいに。

75 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 08:09:55 ID:???
そういや王様の母はどうなったのかな
ポルトガルで幽閉されてたよね
王様の事を恨みながらまだ生きてそうだ


76 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 08:50:52 ID:???
完結記念カキコ
40男ですが、、、ずっと青池先生のファンです。
今回の帯で24年て、長いなぁー。
今は読後の余韻を楽しみながら完結の喜びをかみしめてます。

77 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 10:22:53 ID:???
>>75
完結編・前編のGOLDについてたピンナップに相関図があって
その時点でマリア母太后はあぼーんしてますた。
死ぬまで息子を恨んだ母の怨念も混じってたんだろうな>王様謀殺

しかしそう考えてみると、王様ってホント
血族に愛情を持てない・持たれない孤独な人だったんだなー。
父は王子には関心さえ持たず庶子たちを溺愛、
しまいには母、異母兄(異母弟もか)、叔母、いとこ…
血族全員に裏切られたんだもんなあ。そりゃマリア一筋にもなるかも。

78 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 10:41:03 ID:???
>>77
おお、そうだったんですか。ありがとうございます

血族に裏切られるわ、貴族は当てにならんわ
疑心暗鬼になるなという方が無理ですね


79 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 16:02:43 ID:???
母后の死なんかも外伝で書くのかな?
ドラマだとは思うけど少々地味か

80 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 16:10:35 ID:???
あのクソババよりマリア様とのお別れの方が・・・( ´Д⊂ヽ

81 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 18:46:12 ID:???
>>80
そのクソババアと、生涯愛した愛妾(のち王妃)の名前が一緒だと
いうのも泣ける。

82 :愛蔵版名無しさん:2007/09/19(水) 20:04:34 ID:???
死因は何だったんだろう?

83 :愛蔵版名無しさん:2007/09/20(木) 00:36:15 ID:???
>>81
カトリック国において「マリア」っていうのは、女性のお決まりの名前だから。
「マリア・○○」というのが正式名な人の方が多いよ。

84 :愛蔵版名無しさん:2007/09/20(木) 01:08:21 ID:???
>>81
>>83
そういえばイエスも・・・つったらカソリックの人暴れるので自粛。

85 :愛蔵版名無しさん:2007/09/20(木) 01:36:57 ID:???
>>82
当時としては高齢であろう年で強制的な堕胎を
させられただろうから、体は弱ってただろうな…。
ブランシュ姫どころじゃない幽閉状態でもあったろうし。

86 :愛蔵版名無しさん:2007/09/20(木) 03:02:58 ID:???
>>84
冗談にしても感じ悪い。
わざわざ喧嘩売ってるみたい。

87 :愛蔵版名無しさん:2007/09/20(木) 10:04:34 ID:???
お前らケンカとかしないでオレの作った歌を聴け

♪ボカネグラは金持ちだ 船を奪って蔵建てた
  新王にごちそう食べさせた〜♪

88 :愛蔵版名無しさん:2007/09/20(木) 10:19:49 ID:???
何そのドケチさんとの合体ロボ

ていうか財務長官がいつの間にかエル・レビから変わってたので
訳わかんないし・・・
そのへんも外伝で読めるのかな?

89 :愛蔵版名無しさん:2007/09/20(木) 10:26:19 ID:???
ボカネグラのお金蔵

90 :愛蔵版名無しさん:2007/09/20(木) 10:28:01 ID:???
>>85 ポルトガル王妃のレオノールは幽閉生活をきらって、抜け出して恋人を作って女の子まで産んだと書いてあったよね。
あの女の子は結局どうなったんだろう。

91 :愛蔵版名無しさん:2007/09/20(木) 19:19:34 ID:oeoi6nx1
コミックス買いましたー!
完結編の前編見逃してたので、読めてよかった!
ベアトリスがポルトガルから追い出されたところ、ポルトガル王親子にムカついた!
健気な三姉妹だ!!

92 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 00:02:49 ID:???
14巻読んだ…
泣いたよ…むせび泣いたよ……
更に読み返してまた泣いた…

泣くと分かってるからもう読めないかも知れん
こんなに待ちわびたのに読まなきゃよかったとさえ思った
でも大好きな事に変わりはないよ


93 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 00:18:55 ID:???
14?

94 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 00:47:48 ID:vzKl8Be1
うむ、92は大きな間違いをしとる・・・。

95 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 00:49:10 ID:???
ごめんあげちゃった・・・。
ひとの間違いをあげつらっておきながら・・・。反省。

96 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 00:50:10 ID:???
ちょっとしか出て来なかったけどジョアン1世が好きだ。
なんか苦労人だよな…

97 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 01:00:52 ID:???
>>92さんは涙・涙でもう何も見えないんだよ…(´;ω;`)

98 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 01:24:23 ID:vzKl8Be1
>97さんがいいことを言った!

99 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 03:33:16 ID:???
1巻から読み返して遂に終わってしまった……。

王さまがベアトリスを迎えに来て去っていくシーンが
1コマ増えて、よりぐっとクるものがあるね。
ラストの2頁の加筆で最後の余韻が深まったよ。

マリアへの愛の証にと名づけたコンスタンシアが
王さまの名誉を回復したのかと思うと感慨深い。

100 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 04:41:59 ID:???
13巻の背表紙のデザイン見て泣いた。

101 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 06:06:13 ID:???
>>99
マリアへの愛の証にと名づけたコンスタンシア

最後への伏線だったとしたらすごいなーと私も思った


さて、連休中に全巻一気読みw

102 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 07:08:21 ID:???
>>101
伏線って・・・
ペドロ王の次女がコンスタンシアで、長女夭折の後は彼女が王位継承権を継いだことは
別に青池の創作でもなんでもなくて、史実なのだが・・・?

103 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 07:40:13 ID:???
そんな言い方せんでも・・・
次女=コンスタンシアの史実に、コンスタンシア名づけ時のエピソードを追加したのは先生の創作だよね
101は創作部分のことを言ってるんではないの?


104 :92:2007/09/21(金) 09:04:58 ID:???
スミマセン13巻でした

頭クラクラ状態で書き込んだせい?か変な間違いをしてしまいました
>>97さんありがとう

105 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 09:33:34 ID:???
今まではベアトリスが長女として一番多く登場して、しっかりしててマリアに似てて
コンスタンシアとイサベルは刺身のつまみたいだったからw
コンスタンシアがああいう壮大なラストを導くのはちょっと考えてなかったな
歴史を勉強不足だと言われてしまうかな?

それにしてもベアトリスは死期が近づくにつれてあんり先生に似てきたような…
ひづめの音が空中に響くシーンではウシロが出てきそうだった
いまいちシリアスになりきれないww

106 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 09:59:20 ID:???
>>105
コラコラw

あのシーンはよかったね…。
今まで謀略と裏切渦巻く中、絶えず孤独と緊張を強いられてきた王様の魂に、
やっと自由が与えられたようで。
悔しいやるせないシーンなんだけど、大空を渡る蹄の音にちょっと気持が救われた。
(で、その後のエンリケの惨めな晩年に溜飲が下がったよ。カタリナGJ)

107 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 11:17:29 ID:???
少女時代のコンスタンシアも元気で利発ででも迂闊な所もあって
キャラが立ってた。
王様の死後大変な境遇の仲で、でも気のおけない妹や本当に信頼できる人達
がいたのは幸せなことだね。
マリアとそっくりの表情でドンちゃんをたしなめようとするベアトリスもいい。
この姉妹好き。

あんり先生と言えば、あんり先生を崇拝していた太ったおばさんが好きでした。

この姉妹好き。

108 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 11:19:51 ID:???
エンリケにグサグサと来ることを笑顔で言うカタリナ、
オーストリアのカマゴジラ(”マリー・アントワネット”)に
最後に鬱憤を晴らす時の女装伯爵を思い出した。

109 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 12:15:45 ID:???
>>103
コンスタンシアの名付けのエピはアルカサルオリジナルではなかったかと。
確かメリメがそれらしいこと言ってた。

110 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 17:27:58 ID:???
私も読み返し中。

ロドリゲスが川で初めてアラベラを見るシーン、
若い娘が追っ払われて王に「気を落とすな。明日もある」と言われて微妙な顔をしているのが
無性におかしいw

111 :愛蔵版名無しさん:2007/09/21(金) 20:59:44 ID:???
101です
>>102 >>103 >>109

103さんの言うとおり、名づけエピをあえて書いていたところがすごいなと思ったのです。
と思ったら、これはメリメにあったんですね?

だとすると、それをスルーせずにエピソードとして描いた青池さんに感心してしまいます。


112 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 02:52:39 ID:???
エンリケってSなのかMなのかよう分からん

113 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 11:21:32 ID:???
好きな人には何されてもうれしい、というか構ってもらえるだけで
嬉しいのでは。カタリナには散々嫌われる事してきたから。

114 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 15:34:12 ID:???
エンリケってド変態・・・

115 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 15:46:17 ID:???
アルカサルの中では一番変態だよね。
王様は好き者なだけで、性的な嗜好はノーマルだし。

116 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 15:53:17 ID:???
根暗な変態・・・

117 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 17:01:54 ID:???
ドン・ペドロ王のかーちゃんマリアはポルトガルかえって父王に不義の子供ごと
抹消されたようなくだりがあったような

118 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 17:09:40 ID:???
大事に可愛がられて育ったのに根暗で変態。
親も泣いてるぞ。

119 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 17:12:25 ID:???
それは表向きで、本当は父王が不憫に思って病死したことにしてどこかの教会みたいなことに幽閉されてた。
本編にも4巻のベアトリスの婚約の時に出てきて、弟王に文句たれてた。

120 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 17:38:33 ID:???
>>119
うむ、1巻から読み直し初めて今まさにそこを読んでたところ
完結を見届けた後改めて読むと、ファドリケを殺したシーンが
今までより更に切なくなった・・・

121 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 18:25:17 ID:???
>>119
ああ、本当だ175Pにかいてあった。

亡き父の温情で(略)
生を受けずに消えたあなたの情夫の子の弔いでもしてな

ってあった。

122 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 18:27:52 ID:???
カタリナがエンリケの子を妊娠してたらどうなってたんだろう

123 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 18:28:25 ID:???
ついでに巻末の首の話まで読んでしまったw


124 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 18:46:54 ID:???
>>122
>>33

・・・もしやっ

125 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 18:53:58 ID:???
落とされた坊やがエンリケとカタリナの子だと思えば、
エンリケに対する復讐はよりグレードアップ。

……カタリナが怖すぎるけどさ。

126 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 19:25:28 ID:???
兄にレイプされ、きっとあの後も隷属状態だったんだろうし
そんなんで出来た子供を普通に愛せるかってぇとよく分からん・・・

127 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 20:33:47 ID:???
カタリナが妊娠したら、ホアナは一体どうする(した)んだろう

128 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 20:48:01 ID:???
波乱万丈の環境で育ったのにホアンは良くも悪くも凡庸だね

129 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 20:48:54 ID:???
幽閉した城内での出来事など人にもれるだろうか

と思ったけど、そんならセゴビアの城にカタリナとその子が一緒にいるのは
なんか変なので、やっぱカタリナの子供じゃないと思うことにする・・・

130 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 21:15:13 ID:???
気が狂って幽閉されてたカタリナがセゴビア城では普通に暮しているようだったのと
多分「正気に戻った」てことでセゴビア城でホアナと子ども達と同居していたんでしょう。

瀕死のエンリケの枕辺で恨み言を言ってる時にペドロ坊やを「我が子」ではなく「長男」と呼んでいるから正妻腹の設定でしょう
カタリナ腹の子の設定ならさすがにヒトコトorヒトコマはそれに関する台詞があると思う

131 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 21:31:05 ID:???
ペドロ坊やはホアンの弟って言ってた
確かにカタリナの子供なら、そのことに対する恨み言もあっただろうね

132 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 22:35:31 ID:???
>>130
だとしたら最悪な妻妾同居だよね…
ホアナ・マヌエルって賢そうな人だし、夫が妹に向ける歪んだ愛情にも気づいていたんじゃないかなあ

133 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 22:38:57 ID:???
没年がわからないから推測だけど
エンリケ即位の頃にはホアナ・マヌエルが他界していたのかも

134 :愛蔵版名無しさん:2007/09/22(土) 23:01:17 ID:???
http://en.wikipedia.org/wiki/Juana_Manuel_of_Castile
1381年まで生きていたみたい。

ていうかスペイン語wikipediaにホアナ・マヌエルの項目がないんだが…
スペイン人よ、作ってやってくれ

135 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 01:52:02 ID:???
それにしても、エンリケとカタリナのくだりは後付っぽい。
はじめの頃は、エンリケが嫉妬している様子は全くなかった。
12巻で突然、愛しているなんて言ったもので驚いた。
近親相姦のくだり、先生らしくないと思ったものだけど、
もしかして、チェザーレとルクレツィアのことが頭をよぎったのだろうか?

136 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 02:00:11 ID:???
あっさりロドリゲスに嫁がせてたしね
先生も色々と調べたりしているうちに描き方を変えていったのかも

ガリシアから連れ戻した後もカタリナを独占したいのかと思えば
政治の道具としてはあちこちに嫁がせようとしたりして、確かに一貫性が無いようにも見えた
現代の常識で考えてはいけないのかもしれないが

137 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 02:02:34 ID:???
暴行シーンに違和感はなかったな。
戦いにボロ負けしてギリギリの理性しかなかったエンリケが
カタリナの狂言に気づいたら、そらもうキレても不思議じゃない。

戦に関わる人間の狂気の一面がわかりやすい形で表現されてたと思った。

138 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 03:16:20 ID:???
そうかなあ。
私は>>135に同意。
怒りにキレるのと妹をヤっちまうのとの間には
いくら性格悪くても相当な壁があると思うのだがな。

好き嫌いはともかくとしてエンリケというキャラクターを
青池さんがどんな風に描いていくのか最初からずっと興味があっただけに
いきなり変態化されて私は悲しかったよ。

139 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 03:39:35 ID:???
王位という手に入れられないものへの渇望が強すぎて、
非力なものへ欲求がぶつけられた気がしてた。
ペロ・カリリョやカタリナみたいな自分の手駒になら、
一家の主人という強い立場で存在していられるわけだから、
家の中でだけ暴君の王様。
だからと言って自分もあの行為には、かなり衝撃だったがw

エンリケをもっと魅力のあるキャラに描くこともできたと思うが、
あえて憎むべき存在にしたことで、ドン・ペドロが際立ったと感じた。

140 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 06:42:57 ID:???
実の妹に暴行…もちろんイクナイことなんだけど、自分は
「狂気に陥ったカタリナを慰めに来た」のではなく
「(戦に負けた自分の)慰めになるかと思ったが…」というセリフの方がムカついた。
何があっても、どこまでも自己中心的なエンリケの性格をよく表現できてるなと。
コイツ氏ねよ、どんだけ自分中心なんじゃ!と憎しみを抱いた。

しかしカタリナは、侍女たちには「実は正気だから」って言ってたんだね。
エンリケと違って、毎日接する侍女には隠し切れなかったのかもしれんが。

「狂気?あれ演技だからww騙されてる兄上超ワロスw」

141 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 08:46:33 ID:???
エンリケを一言で言い表すのに「自己中」はピッタリだと思う
あるいは歪んだ支配欲か・・・
実はただ小さな幸せを望んでいるだけという感じで、大きさを感じない悪役だよね


142 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 08:59:01 ID:???
実際のレイプも、相手より優位に立つという
ニュアンスがあると思うので、あの行動は納得できた。
狂気の妹は襲わなかったわけで。

143 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 09:12:28 ID:???
家庭内DVだな。同胞でありながら弱く自分よりいつも下の者を
痛めつけ支配する事で欲を満足させた。そして無力感を埋め合わせた。

144 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 10:12:04 ID:???
エンリケは、兄というだけで弟妹に対して優位に立ってるから
カタリナやテリョにはやりたい放題で暴君ぶれたんだろう。

だけど、ほとんど兄弟という差のない双子のファドリケの選択は
「ドン・ペドロに従うのはおれの意志だ」。
(=実兄としてのプライドも、王としての器も否定)
優位に立てないと見ると、実弟でさえ姑息な手段で殺してしまう。

つくづく(アルカサルの)、エンリケは最低な男だよ。

145 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 10:18:59 ID:???
戦闘は下手、体格も小さく、常にこそこそ裏工作、
大嘘を恥じず、目下には徹底して抑圧、暗殺が得意で卑怯&姑息。
・・・だめだ、救いようがない・・・。

146 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 10:28:46 ID:???
王様を倒したのだって、人に手伝ってもらってやっとだもんね〜
あのシーンが人となりをよく表してるよ('A`)

147 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 10:33:13 ID:???
まだあるぞおw

子供の頃から尽くしてくれて
自分の代わりに王子フェルナンドを殺すという汚れ役まで
引き受けてくれた家令のペロ・カロリョに
妹が信頼できる者として好意を持ってる…というだけで殺害。

あーもうほんと、フォローできない、擁護できないよ。

148 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 11:55:13 ID:???
家令の分際で、王家の血を引く姫の手を握り、肩を抱きしめたりしたんだから
その家の家長に殺されても当然なんだけどね。

149 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 11:57:44 ID:???
>>144>>147は勘違いしすぎ。
エンリケは家長なのだから家族は従わなければならない。
家長の意思に反して、敵についたファドリケはエンリケにどうされても文句言えない。
ペロ・カリリョは上で書かれてるけど、主家の姫君に手を出したので処罰された。
その2点において、エンリケはまったく悪くないよ。
現代と違うんだから。

150 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 12:08:05 ID:???
裏工作、嘘をつく、暗殺などはドン・ペドロも同じなのだがなあ。
つか中世からルネサンスの王家、貴族争いなんてみんなそんなもん。
アルカサルの中でも「ドン・ペドロは悪しき世を生きた王」と書かれてる。

151 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 12:19:09 ID:???
正直、ドンさんが「車裂きの刑」を執行してたのは衝撃だった。
はじめの方でも拷問死させたりしてたけど、凌遅刑はなぁ…
いつものようにスパッと殺してしまわないあたりに追いつめられたドンさんの
狂気を見ることが出来るっていう演出なんだろうけど、ちょっときつかった。

152 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 14:09:51 ID:???
中世はいろんな意味で暗黒時代だね
家長ができた人間なら家の者はそれほど苦痛は無かったんだろうが
強欲、執念深い、嫉妬深いエンリケみたいなタイプだとえらいことになる
支配される方はまさに人生真っ暗ですな

カタリナの家出は当時としては随分思い切ったことだと思った
あまりに世間知らずだからあんな結果だったけど

153 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 14:55:36 ID:???
カタリナはとりあえず、ロドリゲスとの幸せな時代もあったけど
エンリケと結婚したホアナは一体…
何を心の支えにしてたんだろう。

154 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 15:32:07 ID:???
このスレ限定かもしれないが、ホアナ・マヌエル人気だね。
エンリケ外伝というと読みたくねーぞと、編集もNGだろうが
「ホアナ・マヌエル外伝」のタイトルなら同情票で読みたい人も結構いるんでは。

姫金にハガキ出すか。

155 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 16:00:29 ID:???
自分もこの話の中のエンリケは嫌いだけど

視点を変えて
16歳まで「王の長子」として育ったエンリケが
父王の死とともに失ったものを取り戻すドラマとして描いたら
それはそれでまた違ったものになったとオモ

156 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 16:14:05 ID:???
>>155
その視点の物語は「スペインの正史」だよね。
だから既存の話の中のエンリケはもっとカッコいいと思われw

157 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 16:26:20 ID:???
>父王の死とともに失ったものを取り戻す

失ったものを取り戻すだけなら感動的かもしれないけど
もともと与えられるはずもないものまで強奪してるからなー

158 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 17:06:53 ID:???
>>157
それはあくまでもドン・ペドロ視点。
エンリケ視点なら、ドン・ペドロは(特に即位から数年は)
ろくな政治学も学ばず、父王にも疎まれていたくせにプライドだけは人一倍。
フランスを怒らせる政治的判断もないくせに個人的嫌悪感で王妃を侮辱、幽閉した上、
退屈だからと臣下の妹を追い回して二重結婚までやった背徳の愚王。
血統だけに頼っているこんな暗愚な王より、自分の方が王にふさわしい
となっても不思議はない。

159 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 17:08:21 ID:???
>149
ペロ・カリリョはエンリケの家臣だから無礼があれば殺されても仕方がない。
けどその他はちょっと違う。

カタリナに関しては最初の結婚時に本来なら家長=ドンさんの許可が必要だったのが抗議は無視されている。
エンリケが家長として無条件で命令出来るのは基本的には彼の家族(妻子と独立前の弟妹など)に対してのみ
独立した弟たちに関しては「同じ一族」の長として上には立つけど全面的に命令出来るわけではない。

でもってあの時点ではファドは騎士団長として独立しているからエンリケにどうされてもOKってのは間違い。
同じようにテリョも結婚して独立してるからエンリケの足下見てオネダリし放題w

独立した後の兄弟関係は主君(王様)と臣下のような契約関係とはちょっと違う。
身も蓋もなく言っちゃうと、エンリケ家の兄弟仲が悪いと諸侯につけ込まれるし
同じ血を有してるからこそ諸侯に担がれて対立候補になる可能性すらある。
つまり兄弟仲が良ければ最高の相棒だけど、悪ければこれだけ面倒な相手もいない。
エンリケが自分と袂を分かったファドを殺させたのも上記のような事情が影響している。

160 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 17:09:10 ID:???
>>155-157
ティリアン様も野心の塊で出自に問題があって、だったけど、
あんなにカッコよかったジャマイカ。
決して王族の誇りを失わないとか、王位簒奪者の悲哀とか、
いくらでも味付け次第だとオモ。

161 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 17:36:21 ID:???
うん。だからドンちゃん側から見るか
エンリケ側から見るかで
ドラマが違ってくるから面白いね。

162 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 18:34:36 ID:???
やっこ先生はもうほんとにほんとにドン様が好きだったんだよね。
エンリケ側に同情のドラマが入らなかったぶん、
ドン様のカッコ良さと悲劇が際立ったと思うよ。
よくある物語だと、ライバルのほうに人気がでてしまうことって
多いんだけど(ガンダムのシャアとか銀河英雄伝とかさ)。

ドン様はもともと残酷王で、むしろ生き残る側のエンリケを主人公に
したほうが(スペインの歴史的にも)まっとうだったかもしれなかったけど、
ティリアンが主役を食ってしまったように、やっこ先生には
大いなる悪を目が眩むほど魅力的に描ける作家力があるんだよなあ・・。




163 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 18:54:13 ID:???
>ティリアンが主役を食ってしまったように、やっこ先生には
>大いなる悪を目が眩むほど魅力的に描ける作家力があるんだよなあ・・。

それ以上にすごいのは、エンリケの描き方だよ。
これ以上ないほど卑怯で姑息で粘着気質な人物像を、よくぞここまで描ききったと思う。
これほどちゃんと読者に憎んでもらえるキャラクターもすごいよ。
勿論私もエンリケ大嫌い。

164 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 19:42:24 ID:???
>>149
>主家の姫君に手を出したので処罰された。

手は出してないと思います

165 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 19:52:56 ID:???
朝日新聞のインタビュー
http://www.asahi.com/komimi/TKY200706280099.html

>エンリケは大変良く描かれています。でも、立派な良い人に描かれるほど、
>うそくさいと思ってしまう。15年も弟をつけまわして、王位簒奪(さんだつ)まで
>やってのけたからには相当な人だったんではないかと。

「15年もつけまわす」という言い方がツポにはまってしまってw
作中、「あ、エンリケって本当はいいやつなんだ」と思うエピソードが1つもないから
すごい徹底してると思う。

>>164
手を握っちゃいました・・・

166 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 20:56:55 ID:???
青池さんがエンリケ粘着設定で描き切って、
読者にもしっかり「粘着ウゼエ」と思われたんだから
やっぱプロとしてはGJってことなんだよね。

もともと青池さんって
ドイツが悪者にされてばっかりで→ドイツ人を主人公にしたり
歴史上では敗北者である王様を主人公にしたりしてるし
勝者の目線で描いてもつまんないって思う人なのかな。

167 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 22:41:43 ID:???
青池先生のすごいなと思うところは丹念に文献などの資料を
読み込んでマンガに昇華させているところだな〜。
エロイカでは世界情勢、歴史モノでも史実になるべく忠実に描いてる。

同じように軍モノ、歴史モノ書いてる○○先生は好きなんだけど・・・
もちろんマンガなんだからなんでもありなんだけど、ただただ
「この主人公には、とてつもないカリスマ性がある」
「どんなに困難なことでも平気でやってのける」ってのがあって
説得力が少々足りない気がする。
主に女性のみを主人公に据えるから無理が出やすいのかな?

168 :愛蔵版名無しさん:2007/09/23(日) 23:37:55 ID:???
何より完結されるべきはきちんと完結できる力かな?
何年か経ってモチベーションを当時のままに上げるのは、神業だと思う。
「必要の無い続編」をだらだら続ける一部の大御所に、
見せ付けてやってくれた!って感じ。

169 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 00:05:06 ID:???
必要のある続編も書かずに漫画版を中断させる作家よりはマシかと思う…orz
>「必要の無い続編」をだらだら続ける一部の大御所

170 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 00:34:25 ID:???
>>167
カワウソ先生…?


それはともかく、人を持ち上げるのに他と比較するのは控えたほうがいいんでは

171 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 04:53:57 ID:???
不謹慎なことかもしれませんが、
青池先生、ヒトラーを主人公の漫画描いたら
すごい作品ができあがりそうな気が・・・。(イブにもでてたっけな〜)

172 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 05:04:16 ID:???
>>170
胴囲。

>168
>何より完結されるべきはきちんと完結できる力かな?
完結されるべき…?ごめん、素でわからん

ところで今現在、下の方が

このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
■青池保子総合■エロイカより愛をこめて他[31] [少女漫画]
ハゲタカ〜ROAD TO REBIRTH〜 Part22 [テレビドラマ]
河惣益巳のことを語って!23 [少女漫画]
【嫁の車は】農家の暗部part105【中古の軽】 [家庭]
オダギリジョーの噂119 [噂話]
------------------------------------------------------------------------
になってます。
おもしろそう…

173 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 06:48:19 ID:???
連載初期には、エンリケのほうが好きだって声もわりにきかれたけどね。
あのころの読者はいまでもいるんだろうか。

エンリケ妹の名前はほんとはホアナだというけど、
話の初期に出てきた、一夜で捨てられた清純派未亡人もホアナ。
同じ名前を避ける場合、
素人考えだと、重要性の低いキャラの名前を替えるほうが
よさそうな気がするけど、・・・あのころには、
妹がこんなに重要な役になると思ってなかったのだろうか。

174 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 09:36:22 ID:???
義姉になるエンリケ妻もホアナだから
あえてカタリナの方を変えたんではなかろうか。
一緒にいるシーンも多いし。

175 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 09:42:42 ID:???
>>173
ホアナってなんとなくアホっぽい響きがあるから、
妹がホアナだと違う話の流れになったかもな。
カタリナの方が情熱的なイメージ。

176 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 09:49:02 ID:???
ホアン1世の母だし、こっちを変えない方が自然では?

177 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 11:28:16 ID:???
Juan(男)
Juana(女)

なので、フアン・フアナと書く人もいる。アホっぽいっていわないでw
スペイン語のJ、弱母音つきのGはカタカナ表記では難しい
寒いときに手にはあっと息を吹きかけて温める、そんな感じで発音してみてくだちい
もちろんFのように唇をかみません。

ついでにさらにどうでもいい話だけど
カタリナがエンリケの元へ強制送還された後、ロドリゲスが彼女を半狂乱で探し回るシーン、
カタリナー!カタリナー!と叫んでいたけど
「カタリーナ」というアクセントなので、読むたびすんごい違和感がありますですw
マリアー!もそうか…

178 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 11:32:58 ID:???
西語講釈乙
束(゚听)イラネ

179 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 11:37:31 ID:???
すいません

180 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 12:43:19 ID:???
読み始めた頃はスペイン系の名前に抵抗があったけど
南米テレノベラのお陰でキャラ名が難なく読めた13巻でした

181 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 12:50:26 ID:???
そういえば、エンリケってなんであんなにカタリナが好き
なんだろう。
レイプした後で「まだ逆らうお前が可愛い」みたいな事は
言ってたけど、それ以前から好きだった訳だし…
愛じゃなくて執着か?

182 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 12:54:43 ID:???
>>181
ナル。自分の姿に似てるから。
エンリケは自分の力を信じてたろうし、自分大好きだったはず。

183 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 12:55:07 ID:???
>181
カタリナ=自分

だと思う 自己愛の延長
だからこそ逆らうのが許せない

184 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 14:26:54 ID:???
>>177
カタカナで書くの難しいんだよね。便宜上ハ行で表すのが慣例になってるけどほんとはちょっと違う。
前に女王フアナって映画をやった時、「ファナティックの語源になった女王です」とか書いてる
映画サイトがたくさんあってバカジャネーノ?と思ったな・・

>>183
ファドリケ=自分

でもあったんだろうね。
こちらは双子の弟だから余計に。
なのに裏切られたから逆上しちゃった。

185 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 14:54:55 ID:???
家長である自分の思う儘にならなかったからかもしれないな
ファドリケは王を、カタリナはロドリゲスをそれぞれ信頼し、愛してる

支配欲の塊か(先王の責任大)
巻毛で伯爵だから、ついエロイカ伯爵に見える事も有ったが、
「憎まれっ子世にはばかる」を地で行ったなこいつ

話は変わるけど、テリョは上手く立ち(逃げ?)回ったね
こいつの方が「憎まれっ子」だったかな

186 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 14:57:47 ID:???
>>185
言動とかで見る限りは姑息で欲深でイヤな奴だけど、
最終的にそれなりの地位を保って生きのこったあたり、
トータルでは勝ち組になるのかなー、テリョは。

187 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 15:00:24 ID:???
アルフォンソ11世の子供たちの中でまともなのってファドリケだけだよね
ドンちゃんもエンリケもカタリナもテリョもそれぞれどっか歪んでる
やっぱり親の教育が…

188 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 15:48:57 ID:???
ファドリケはさっさと物語から退場したからそう思うだけでは。
永らえてたらどっか歪んでたとオモ

189 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 15:53:03 ID:BvfO6Wwg
すいません。手元に1−12巻がないいもので、どなたか
教えてください。
 サンチョはウラカ(マリアのいとこですよね)の庶子と
記憶しているのですが、ディエゴは誰との子ですか?
それもサンチョより年長ぽい。13巻の113ページ
にそれらしき人が、誰でしたっけ?

 よろしく お願いします

190 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 16:18:10 ID:???
ageる奴には教えてやんねー!

191 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 16:27:23 ID:???
まあまあそう言わなくても

192 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 16:51:53 ID:???
私も昔しらなかったよ。E-mailのとこにsageっていれること。

193 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 16:54:59 ID:???
そだね。
「名前」にsageって入れて恥かいたことがある。

194 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 17:46:07 ID:???
>>189さん

庶子ディエゴは13刊完結編でいきなり登場。
その母も特に説明はなしでした。
先生もほんとはエピ入れたかったのかもしれないけど…

史実では、はっきりしているみたいです。
(秋田担当さんも混乱して、二人ともウラカの子だと思っているのかもしれないな)

195 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 17:51:20 ID:???
>>189
マジレスすると、「誰の子かわからない?」です。
このスレの初期でも騒がれたよ。

史実だとマリアとの間にもう1人王子がいたらしいし(この王子の名もファン)、
ファナ・デ・カストロとの間に生まれたファン、
イサベル・デ・サンドバルとの間にサンチョとディエゴの兄弟が居たことになってる。
このサンチョ = 10巻で産まれたサンチョの扱いにしたのかな?と。
去年、「600年以上囁かれていた『エンリケの毒殺』はなかった」ってニュースになった。

史実のまんまには描かれてないから、若干混乱するよね。


196 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 18:06:06 ID:???
>史実だとマリアとの間にもう1人王子がいたらしいし

日本でだけ伝えられてる「史実」みたいだけどねw

197 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 18:22:27 ID:???
スペインのウィキのドンペドロの項目はおもしろいね
大理石の王様像もカラーで載っているw

アルフォンソって3つくらいで死んでるのね…
王城の玄関の碑文を指差し、王子を抱っこして説明してるシーンがあるけど
本当はその2年前に死んじゃってたんだね(´・ω・`)


198 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 19:00:27 ID:???
>>197
マリアもその時にはいなかったんじゃなかったっけ。
史実では二人ともいないんだけど少女漫画なのにヒロインがいないのは寂しいし
王様も可哀想なんで生きているって設定に変えた、とどこかで読んだ。

199 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 20:02:44 ID:???
 ありがとうございました e−mailのところにsage
って入れてみました。ageてませんよーに
 
 結局、ディエゴって誰との庶子か、わからないのですよね。
外伝で詳しくわかるのでしょうか? 楽しみです。

200 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 20:05:44 ID:???
sageは半角でね。

201 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 20:27:07 ID:???
>>196
あの日本語版wikiはやっぱり間違いなの?
マリアが二人王子を産んだことになってて妙だなって気になってた。
スペイン語wikiは素晴らしく詳しい(ように見える)ね。★マークがついているよ。

202 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 20:39:15 ID:???
エンリケの毒殺事件ってなんだったっけ?

203 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 20:52:48 ID:???
すみません!半角ってこうですか!?

204 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 21:06:04 ID:???
カマッテチャソはスルー

205 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 21:54:24 ID:???
>187
カタリナは異常な目に遭ったから異常なことにならざるをえなかったんでは。
本来はまともそう。

話はかわるが、ポルトガルでは庶子の王があっさり認められてて、
継承権のある王妃を迎えるとかの工夫すらしてなくて、
なんじゃそりゃ、と思ってしまった。
前の王(王妃?)がよほどひどかったからなんだろうか。

206 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 22:22:55 ID:???
>>205
それは思った。
庶子王が「救世王」だっけ? そんな二つ名をもらうってことは
例の性悪王妃によって国が荒廃したってことだよね。

でもさ、エンリケが皮肉った「恩寵王」なら、
やっぱりドンさまはなかなかよかった王さまってことでないかい?

207 :愛蔵版名無しさん:2007/09/24(月) 22:33:21 ID:???
それにジョアン1世は異母兄や姪を殺して王位についたわけじゃないしね。
カスティリャも、

ドンちゃん自然死→国が混乱→エンリケが周りから推されて即位

という流れならあそこまで揉めなかったと思う

208 :206:2007/09/25(火) 01:54:28 ID:???
だよねー。
でもエンリケは幽閉するんじゃなくて殺る気満々だったからな。
史実でもそうなのかな?

前レスで「エンリケ「が」皮肉った」じゃなくて
「エンリケ「を」」だね。
日本語おかしかった、失礼しました。

209 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 01:59:53 ID:???
>>207
ドンちゃん頑丈そうだからなー…。
自然に死ぬの待ってたら、ヘタしたらエンリケの方が
先にあぼーんするという危機感があったとか。一応
エンリケの方が年上だし。

210 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 03:07:04 ID:???
それは賭けですな

211 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 10:14:48 ID:???
エンリケ(とその子孫)が庶子のくせにと言われ続けたのは
ペドロ派の人たちはドン・ペドロの血統の正しさがその立場の拠りどころだったってだけで
庶子には王位継承権はないとは明文化されていなかったんじゃないのかな
調べてないから想像だけど。

エンリケがすんなり?王位に立てたのも、その前に王位継承の資格のある
フェルナンドやらララ家の人とか、徹底的に粛清した後だったからだったりして。
もしエレーナ様が生きてたら黙っちゃいないぜ…感謝するんだなエンリケw




212 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 12:02:26 ID:???
明文化するまでもなく、キリスト教世界では庶子の即位は認められないから。
さんざんガイシュツだけど、存在自体が正しくないという認識。

ただ、他の継承者が死に絶えていたというのは確かにそのとおりで、
この時点だと一番王位に近い一人がエンリケ妻ホアナだったらしい。
エンリケは「女王の夫として」カスティリア王を名乗ったとも言えるんだとか。

213 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 12:21:29 ID:???
あ、なるほどね
最終回にそーいうふうに書いてくれれば良かったのに

214 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 13:02:21 ID:???
王位に一番近い存在はポルトガル王フェルナンドでしょ。
ホアナ・マヌエルを正統にするってことはアルフォンソ11世の正統性を否定するってことで、
そのあたりの詳細はマドモワゼルな人とペトリスタな人のブログに詳しいぞ

215 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 20:30:13 ID:???
カタリナ、ブランシュ姫、ホアナ(エンリケ妻)
誰になりたい?

216 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 20:31:06 ID:???
ブランシュ

亭主元気で外がいい

217 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 21:07:57 ID:???
>>215
究極の選択ですね。

218 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 22:00:08 ID:???
ブランシュ!
ロペスに抱かれて死にたい・・・(妄想中)

219 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 22:20:02 ID:???
やはりブランシュ姫かな
嫁いでしばらくは色々我慢だけど、王と愛妾に無関心ならそれほど悩みもなさそう
ロペスへの恋は切ないけどね

カタリナは論外・・・実の兄にあんな目にあわされるとは
ホアナ(エンリケ妻) は苦労が多そうだし

220 :愛蔵版名無しさん:2007/09/25(火) 23:16:20 ID:???
ホアナだな。
当時の女性としては幸せな一生を送ったほうだと思う。
エンリケは嫌な奴だけどまあ美形だし(藁)。

221 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 00:11:03 ID:???
カタリナには同情票もつきそうにないな・・・・・。

改めて読み返して、コンスタンシアの生き様に惚れ惚れした。
マリアも見事な女性だったけど。

222 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 00:17:00 ID:???
前半では勝ち気でしっかり者だったベアトリスが段々おとなしくなって
最期にはあんなに弱々しくなってしまって…orz
お父さんが迎えにきてくれて本当に良かった。

223 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 15:42:04 ID:pcIvy+Ye
13巻読んでいます。昔、少女フレンドのグリーンヒル物語、ラケットに
約束などに親しんだから、どんな絵を描いているんだろうかと思って
見てみたら細かさにびっくり。
特に、子供向けの歴史漫画では、時々、登場人物がギャグみたいな
顔になったり、ふざけた名前のキャラが出てきたりするけど、13巻を
見る限りないから安心して見られます。

>>212
日本の歴史から見れば、庶子であることにあれほど拘るのが違和感感じます。
日本では、庶子でも遠慮なく天皇や将軍になれたから。
西欧では、正当な結婚で生まれた継承者に拘るあまり、問題が深刻化したも
しれないし。(庶子を即位できないために家が断絶したり、その結果、
戦争や内乱で多くの命が失われた)暴言かもしれないけど、側室制度を築いた
日本の皇室や幕府の方法の方が合理的だと思う。




224 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 16:11:08 ID:???
12巻でオスナ伯爵に獄中ダイエットさせてカッコよくさせた先生だけど
王様が失脚した後、エンリケに寝返るとリバウンドさせてしまったのに笑った
先生も裏切り者には容赦ないのね・・・w

連載ストップがなければ、オスナ伯爵も魅力的なキャラクターになってただろうと
思うと、やっぱり惜しい。



225 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 16:57:13 ID:???
>>223
こだわってるわけでも合理性の問題でもなく、
宗教教義上の問題なのだから、仕方がない。

226 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 19:56:19 ID:???
>223
日本は候補が多いのが原因での争いが多かったんじゃない。
日本の歴史だって権力に近いところは血みどろジャマイカ。
富と権力の集まるところに争いが起こるのは世の東西を問わないしどっちが良い悪いってのは一概に言えないと思うよ。

227 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 20:11:47 ID:???
>>215
では、誰も選ばないカタリナ。
取り合えず最初の結婚生活は楽しかったんだし
最後「さようなら エンリケ」って言った瞬間の
快感は物凄いと思う。

228 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 20:17:28 ID:???
それにあっちの王族は系図を辿れば必ずどこかで血が繋がっているっていうくらい親戚同士ばっかりで数も多いらしいから
相続を嫡出子に限る事で、逆に無用の争いを防いでいるとも言えるんじゃない。

229 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 21:24:38 ID:???
>>224
12巻でカッコよくなったオスナ伯爵だけど、
未収録分ではやっぱり軍略オンチをさらけだしてたなあw
デブい時に「我々も共に篭城して戦おう」とか言って、
王さまに失笑されてたし。

もし連載が続いたとしても何か失敗して処分されそう……w

230 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 23:35:31 ID:???
>>228
いや、それでもエンリケはドンペドロに挑んだわけだが・・・w
ドン・ペドロが熱病で倒れたときはフェルナンドが乗り込んできたし
王権が安定していない限り、無用の争いは避けられないと思う

231 :愛蔵版名無しさん:2007/09/26(水) 23:48:02 ID:???
実際問題さ、ドンちゃんの嫡出の王子は居なくなってたわけでそ?
何代か後の血統で交わるのは、ほっといても起こりえたわけだよね?

でもエンリケは「自分こそが王に!」って思いこんでたんだろうな。
「何に対してであれ執着しすぎるのは、すべてを不幸にする」って聞いたことあるけど、
地でいってる感じだな。

232 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 00:05:03 ID:???
>>231
見つめすぎてはいけませんってやつ?

233 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 02:35:06 ID:???
素朴な疑問なので聞いてみたいんだけど、ロペスって

1、強い精神力で感情を顔に出さないようにしている。ポーカーフェイス。
2、内気(シャイ)なので感情があまり顔に出ない性格。

のどっちだろう?
ロペスの顔はよく見ると口許で笑ってたり目が怒ってたり喜怒哀楽あるけど、
他キャラと比べるとかなり感情を押さえた表現なので気になった。

234 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 03:03:36 ID:???
どっちもじゃないの?

235 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 07:18:43 ID:???
>>233-234
そしてあのじーさんになると・・・

「意思の疎通に疲労する」はワラタ〜〜

236 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 08:01:15 ID:???
「私の言葉を正確に伝えろっ、老人が本気にしたらどうするんだ」に禿ワロタ
手書きの「すでに疲れている」にもワロタ

>>233
やっぱ天然(シャイ)+意志力じゃないのかね。
実はけっこう表情あるし、それを見てると面白い。
ウラカとの情事がいつだったか、と王に聞かれたときの顔が好き。

237 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 12:56:27 ID:???
>>233だけど回答ありがとう。
そうか、どっちもってありか。
なんでああいう性格になったか…ってやっぱりあの祖父のせいだよね。

ロペス顔のQは、「普段は感情を表に出さないよう
ポーカーフェイスを装っているけど(スパイだから?)、
焦ったり怒ったりした時は、思わず感情が表に出る」って感じだよね。
決して内気(シャイ)なわけではない。
そこがロペスと違う所かな。

238 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 13:36:24 ID:???
ロペスはかなり控え目な少佐って感じもするなぁ
どっちも結婚して奥さんのご機嫌をとるところが一切想像できないし
ってそういう話じゃないか…w

239 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 14:45:24 ID:???
鉄のクラウス結婚だの子どもが生まれただのあったら
あの世界のスパイ網ではもの凄い祭になるんだろうな

240 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 15:05:37 ID:???
少佐の嫁にアラベラみたいのが来たら面白いだろうなw

241 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 21:09:26 ID:???
>>236
>手書きの

青池作品の手書き文字での突っ込みや、登場人物の心のつぶやきって、
クスッとさせられるのが結構あって、私も好きですー。
ところで最近、マンガを読んでいて「こんなセリフや擬音まで活字(+ふきだし)なの? 
昔なら手書きだったのに…」って思うことが多いんですが、
これってデジタル化の影響なんですかね?
(昨日13巻を読み返していて、マリアの臨終の床の「はぁ」「はぁ」が
全部ふきだしに入っていたのにもちょっと驚いたけど…あれはあれで青池さんらしいのかな?)

242 :愛蔵版名無しさん:2007/09/27(木) 23:04:47 ID:???
>>241
青池さんは、コマ外の手書き突っ込み(作者本人のツッコミ)とか
普通ならフキダシ外で手書きにするセリフも、極端に少ない人だと思う。

まあすっごく初期は知らないけど、エロイカやアルカサル以降では
「フン」もしっかり活字だし。(たまに手書きもあるかな?)
矢印つきのフキダシで、そのキャラの心情を表す様式が独特じゃないかな。
マリアの「はあ、はあ」は特に違和感なかった。

243 :愛蔵版名無しさん:2007/09/28(金) 01:02:17 ID:???
カステラ屋ドンちゃん(だったか?)の"ハードンドコ"が活字なのは
かえってコミカルだったw

ロペスは家政を切り盛りしてるアラベラのお見合いの席でこっそり
ドキドキ心配してる表情が好き

244 :愛蔵版名無しさん:2007/09/28(金) 01:38:00 ID:???
オスナ伯爵の「再び肥満」も活字だったなw

245 :愛蔵版名無しさん:2007/09/28(金) 05:23:10 ID:???
よく考えたらロペス、生い立ちっていうか
思いがけず家を継いだっていうことも理由かもしれない。>精神が強い

本来なら彼は次男だよね。ところが12巻の通り長男が出家してしまったから
いなくなった長男の穴埋めをしなきゃいけない。
「ロペス家の長として意志を強く持たなければ!」というのも大きいかも。

246 :愛蔵版名無しさん:2007/09/28(金) 08:39:24 ID:???
少佐が結婚、全く想像できない。
養子でも貰うしかないんじゃないのか。

247 :愛蔵版名無しさん:2007/09/28(金) 13:53:46 ID:???
少佐も兄弟・姉妹がいる設定なら
甥っ子がエーベルバッハ家を継げたのにね

248 :愛蔵版名無しさん:2007/09/28(金) 20:30:51 ID:???
親戚はゼロではないだろうけど、あの家を継ぎたい人って
いないのかな?

249 :愛蔵版名無しさん:2007/09/28(金) 21:26:53 ID:???
そんなこと考える必要ないんじゃね?
歳取らないんだから。

250 :愛蔵版名無しさん:2007/09/28(金) 22:22:42 ID:???
j

251 :愛蔵版名無しさん:2007/09/29(土) 02:55:57 ID:TAu3lSB5
>>238
>ロペスはかなり控え目な少佐って感じ

それだ。どっちも女心に鈍感なトーヘンボクってとこ。
アラベラとロドリゲスとのお見合いでも、野暮天しそうになって
王様にたしなめられてたよね。

>>240
アラベラみたいな女ロペスの任務一筋女性秘書が、少佐の所に配属されて
すごく有能なんだけど少佐には全然興味なくて、
じつはロレンスのファン。
ていうパロディなら、見たことあります…
どーでもいいですね、すんません。


252 :愛蔵版名無しさん:2007/09/29(土) 02:57:39 ID:???
あー、すんません、ageちゃった!!

253 :愛蔵版名無しさん:2007/09/29(土) 11:21:51 ID:???
そうかな。
少佐は硬派だけどその気になればカマゴジラ相手の演技もできる程度には女慣れしていると思う(Qもしかり)。
だがロペスは……
悪く言えば童貞臭い(ごめんよロペス)


254 :愛蔵版名無しさん:2007/09/29(土) 11:44:40 ID:???
うーん、確かに任務のためなら何でもやりそうだけど、プライベートではどうなんかいな・・・
そういう意味では王様が青池作品の一番の異端児だね
他の少女マンガのようにヒロイン(マリア)に自分を投影させて、うっとりできるw
エロイカは読んでても女傍観者でしかないからww

いい年こいて何を言ってしまったんだ(((( ;゚Д゚)))つい感極まっての・・・

255 :愛蔵版名無しさん:2007/09/29(土) 11:45:28 ID:???
ていうか、少佐に性欲というものがあるのかどうか・・・・・

256 :愛蔵版名無しさん:2007/09/29(土) 17:18:27 ID:???
ううむ、確かに…
そう考えると少佐って正統派の少女漫画ヒーローなのだな

257 :愛蔵版名無しさん:2007/09/29(土) 19:03:43 ID:???
ハンブルクの夜の帝王が?

258 :愛蔵版名無しさん:2007/09/29(土) 21:04:31 ID:???
「まだもたもたやっとるのか。とっとと押し倒せ」という迷言もありましたな

259 :愛蔵版名無しさん:2007/09/29(土) 22:16:53 ID:???
カステラ屋ドンちゃんの髪型が王様まんまなのがワロタw


260 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 01:34:19 ID:???
なんか少佐がいない時のB以下の無駄話みたいになってきたなw

「あれは見るものではない。やるものだ」という至言もありました

261 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 01:55:36 ID:???
夜の帝王とかはともかくも、Zに「(これ以上失敗すると)もういい穴場を
教えてやらんぞ」とか言ってるし、なんだかんだでそれなりによろしくは
やってるんじゃないかと思う。
もちろん、↑の「穴場」がそっち方面とは限らないけど。

…実は許婚とかいたりしてなー(訊かれないから言わないだけで、そのうち
フツーに結婚するつもりでいるから見た目は淡白そうに見えるとか)。

262 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 09:35:02 ID:???
>261
それならA君があんなにドキドキしないと思うw

263 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 12:28:06 ID:???
情報部将校として、知識はあるけど、
淡白で実践に興味がないだけって気もする。

264 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 13:26:42 ID:???
>>263
だから伯爵が取り付く島があるとみて寄りきろうとする…


って、ここいつのまにかエロイカ板になってないかww

265 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 13:26:51 ID:???
ああそんな感じかも<知識あるけど淡白
一応将校としていざという時wにはちゃんとやるけど
そんなに大好き♪というワケではないから見たりするのも興味ないと。

まあ年を取らないとはいえ、このままだと養子だよね。
5歳くらいのミニクラウスっぽい親戚の少年を
それなりに面倒みそうな感じ。

266 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 14:01:05 ID:???
実生活は執事や使用人がいて間に合ってるし、
なにより性格的に、異性を必要としないタイプだからなあ。少佐

267 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 14:02:02 ID:???
今8巻読んでた
やっぱりブランシュ王妃とロペスの悲恋(といっても王妃片思いだけど)は
この作品の名場面だなぁ
お互い主人公じゃないのに・・・w


268 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 16:28:48 ID:???
あのう何気にスレチなんですが

269 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 16:44:50 ID:???
>>267
見た目だけ言えばマリアよりブランシュ姫の方がお姫様っぽくて好みだった
そして最期のシーンをみて本当にブランシュ贔屓になったよ
史実のブランシュ姫からしたら噴飯物の創作かも知れないけど
「アルカサル」の中だけではとても幸せそうで良かったと思った

270 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 17:01:55 ID:???
>>269
実際マリアよりブランシュのほうが生粋のお姫様だしw


271 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 17:11:44 ID:???
ロペスのご両親は堅物息子にそんなロマンスがあろうとは想像もしてないだろう

272 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 18:56:41 ID:???
そんな堅物でウブな部下を心配して
自分の取り巻きの寵娘の1人をロペスの寝室に送る王様。
王命なのでむげにもできず断れないロペスw

って史実ロペスにも庶子がいたってのを読んだ記憶がある。

273 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 19:26:38 ID:???
見た目もだけど、中身もマリアよりブランシュの方が好きだったな。
マリアはいい子ちゃん過ぎていまいち好きになれない。ヒロインとしての安定感はあるが。
特にブランシュが亡くなった時に
「ああっ 貴女は本当に逝ってしまったのですね…!」
と顔を覆っているのを見た時はモニョった。
いくら罪悪感を抱いているとはいえ、会ったこともない王妃の死をそんなにドラマティックに悲しめるか?偽善的じゃないのか?と。
ま、個人的好き嫌いはともかくとしてマリアがいい人だってことは頭では解ってるし、
肉親の愛情に恵まれなかった王様が彼女のような人に出会えたのはよかったと思ってますけども。

274 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 20:24:33 ID:???
自分もブランシェが好きだったな
でもあのマリアも好きだ
生々しい女のエゴを剥き出しにするマリアだったら好きにはなれなかったし

275 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 21:23:02 ID:???
最初のころは「私にはパデリア家の興亡がかかっている」と
結構野心も見えていたけど、途中からそれがなくなっちゃったね>マリア
アルドンサとのバトルはもうちょっと見たかった・・・


276 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 21:26:00 ID:???
マリアの中にも色々二分する感情みたいなものがあったんじゃないのかな。
野心だけで生きてた女性じゃないし。

277 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 21:43:47 ID:???
あの時代、家の繁栄を願うのは当たり前のことかもと思う。
でも根は善良な女性。
じゃなきゃ王様の最愛の人とはならなかっただろう。

278 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 22:00:42 ID:???
愛妾が失脚したら一族もろとも没落しかねないもんなあ

279 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 22:19:46 ID:???
>>278
エンリケの母が典型かと。

280 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 23:33:57 ID:???
アルドンサの一族はどうなったのだろうか。

281 :愛蔵版名無しさん:2007/09/30(日) 23:45:56 ID:???
漫画からはなれて20年ぶりに買っちゃった>アルカサル完結

連載がはじまったこと16だったんだよね。
いまいち好きじゃなかったのに、ドっと込み上げてくるものがあり。

家臣に欺かれ裏切られ、その只中で尚も外敵と戦うことの痛みや恐怖など、
歳になると共感できる部分が変わってきたせいもあるかな。
とにかく涙また涙。。。

一挙に自分の中の名作No.1です。

あの青池先生が万難排しても描きたがってただけあったというか。
漫画のスケール超えるものを感じました。

あとコンスタンス達をみて、子供を産み育てるということの大きさを感じてしまった。
自分にはできなかった偉業だけど。

282 :愛蔵版名無しさん:2007/10/01(月) 00:04:03 ID:???
訂正
連載がはじまったこと16x
連載が始まった時16○
すみません。


283 :愛蔵版名無しさん:2007/10/01(月) 02:15:06 ID:???
>>281
わかるよ〜、自分も連載当時は19歳だったけど
立ち読みで何度か見ていまいちで、
実はコミクスさえ買わなかった。
たぶん、そういうひとは他にも沢山いたんだろう。

でも、10年くらい前、前公式サイトに出入りするうち興味を持って
読み始めたら、信じられないくらいハマった。
コドモにはわからない奥深さだったんだなぁ、と思ったよ。
でも、自分のように「エロイカじゃないから」買わなかった読者が
この作品を休載に追い込んだのか、と罪悪感もあった。
王様、コンスタンシア、ごめんなさい…

284 :281:2007/10/01(月) 02:50:35 ID:???
「エロイカじゃないから」買わなかった読者>自分、それに近かったです。
買ってはいたけどよくわからなくて。
賞をもらった時も、他の作品じゃなくて、これで受賞した意味もわからなかった。

今も昔も「少女」漫画雑誌の読者層と年齢設定って難しいんだと思う。
いわゆる少女に向けた漫画という枠をぶっこわし続けた(褒めてる)青池作品が
どこに収まり、誰に読まれるべきだったのか、今だって難しいのでは。

革新的といわれたイブやエロイカのようなエポックは作らなかったにしろ、
アルカサルは今をもっしてもパイオニア的作品だと思う。
このような重厚さを持った作品を人生経験もまだまだ浅い
10代そこそこの読み手に向かって真摯に提供するなんて。
それだけですごいチャレンジですよ。読者がどこまでついてこられるか。

読み手を信じてこれだけのものを描いていてくださったのに、
受け止められなかった自分の未熟さが惜しまれます。
もっといい扱いをされてよい作品なのに。

285 :愛蔵版名無しさん:2007/10/01(月) 02:52:37 ID:???
またまた誤字
今をもっしてもx
今をもってしても○
ごめんなさい。。。

286 :愛蔵版名無しさん:2007/10/01(月) 03:24:24 ID:???
当時、今みたいにレディコミって分野が確立されていなかったと思うので、
25〜30代くらいの雑誌があったら、違った結果だったかもね。

それにしても
イブ>エロイカ>アルカサル>新生エロイカ>アルカサル完結編
と追っていくと
作家としての青池先生内面の変化も興味深いです。
完結編は、今の年齢で描いて頂いたのが
結果的にはよかったのかもしれない。

(ファルコも好きよ♪)

287 :愛蔵版名無しさん:2007/10/01(月) 09:24:27 ID:???
私は異端なのかな。
青池さんの絵にどうも馴染めなくて、エロイカも子供時代に縁がなかった。
ただ、もともと歴史物は大好きだったので
20代前半で、古本屋でアルカサルをチラ見したら激ハマった。
そこからエロイカ、イブ、ファルコその他も全巻揃え。
だけど12巻から音沙汰がないと知って、ショックを受けました。

288 :愛蔵版名無しさん:2007/10/01(月) 10:02:23 ID:???
あ、そういうことなら私も異端だ
大学のスペイン史の授業中に「これ勉強になるよ」って回されてきたのがとっかかりw
もしスペインを勉強してなかったらアルカサルはおろか、エロイカとも縁のない生活を
送っているはず…。
ファルコの方が自由に創作できるから、よりとっつきやすいかもしれないですね。
外伝も楽しみだけど、ファルコの続編も読みたいな・・・。


289 :愛蔵版名無しさん:2007/10/01(月) 21:47:17 ID:???
>>287さん、貴女は私ですか!
私も歴史物好きなのに絵で食わず嫌いしてた一人。
もともと年代もずれてるし(今25才)、子供の頃は集英社系の雑誌を読んでいたから青池さんには縁がなかった。
ところがある時友達からアルカサル貸してもらったのをきっかけに一気にはまり、そのあとエロイカやイブに手を出した。
アルカサルから青池さんに入るのって珍しいのかなぁ。でも貸してくれた友達には感謝してる。
チラ裏失礼しました。

290 :愛蔵版名無しさん:2007/10/01(月) 22:59:35 ID:???
http://www1.ncv.ne.jp/~amu/page134.html

モナコでは庶子の系統が公位を継承しているね

291 :愛蔵版名無しさん:2007/10/01(月) 23:34:07 ID:???
そういえば今のモナコ公(独身)にも庶子が何人かいたような…

292 :愛蔵版名無しさん:2007/10/02(火) 01:24:10 ID:???
うーん、レディコミって「色、金、男」か「子供・夫・嫁姑」で即物的な視点が多いよね。
あるいは等身大キャリア物とか。
やはり青池ドラマの居場所じゃない気がする。

それにしてもこの前後編や外伝、もっと大きな紙面で読みたいよぅ。

293 :愛蔵版名無しさん:2007/10/02(火) 21:52:21 ID:???
>>292
はげどう。
たしかに最近は、「歴史ドラマ物」「外国物」の立場が弱いよね。
映画感覚・大河感覚で、自分の生活からちょっと離れたストーリーや時代背景を楽しむ物語より、
「そういうことってあるよねー」みたいな共感を求める、生活臭のするものが多いというか。
でなけりゃ一気にファンタジーの世界に行っちゃったり。
昔むかしは、"グレープフルーツ"とか、"ASUKA"の歴史系とか色々あったんだけど、
今は"Flowers"くらいしか期待できない、って感じです。"ボニータ"もたまーに買うけど、
ちょっと自分が求めてるのとは違うような。(そもそも今は"ミステリー・ボニータ"なんでしたっけ?)
最近は目当ての作品があるから"KISS"とか"YOU"とかも買ってますが、読み飛ばす話が多いし…。
(みなさん、何かおすすめの雑誌ってあります?)
「アルカサル」「ファルコ」「サラディンの日」みたいな話がもっと読みたい!

294 :愛蔵版名無しさん:2007/10/02(火) 23:32:05 ID:???
おすすめの雑誌…
さいきんビームは買ってもいいんじゃないかと思ってる。

295 :愛蔵版名無しさん:2007/10/02(火) 23:48:36 ID:???
ビームは…掲載作品のバラつき具合がハンパじゃないからなー。
(まあ大概の雑誌がそうだけど、ビームあたりは特に)

>>293
少女漫画図書館か、漫画サロン板の「あなたの好きそうな漫画紹介します」スレ
あたりで、好みの作品挙げて聞いてみたらどうかな。

296 :愛蔵版名無しさん:2007/10/03(水) 00:41:06 ID:???
セリーナ尼僧が亡くなられたのですね
ご冥福(ってカソリックの方に言うのは変かな…)をお祈りします

297 :愛蔵版名無しさん:2007/10/03(水) 01:57:14 ID:???
>>294
おー、ビームという雑誌があるんですね。ちょっとチェックしてみます。ありがとうございます!

>>295
そのようなスレがあったとは知りませんでした! こちらもありがとうございます。
昔は雑誌を1冊買うと隅から隅まで読み尽くしたものですが、
最近は各誌に1〜3作程度のお目当てがあり、残りは読み飛ばし…ということも少なくなく。
昔より金銭的余裕があるからできることだけれど、
好きな作品が1カ所にまとまってくれてたほうが便利だなーと思う今日この頃です。

「アルカサル」の外伝は本当に楽しみです!! 
「アンヘラ」のようなサイドストーリー仕立てのもいいし、あるいはエルレビのその後も知りたいし…。

298 :愛蔵版名無しさん:2007/10/03(水) 03:10:17 ID:???
>>296
ファルコ2巻で、シスター・セリーナは病気療養中と書いてあったけど
亡くなられたのか…哀悼の意を表します。
(で、いいんだっけ?仏教徒以外には)

299 :愛蔵版名無しさん:2007/10/03(水) 10:50:03 ID:???
>>290-291
そうなんだとぐぐってみたら
アンドレア王子の美形っぷりに驚いたw
彼は王位継承権第2位を持ってるけど
爵位を持ってないんで厳密には王子ではないんだそうだ。
スレ違いスマソ

300 :愛蔵版名無しさん:2007/10/03(水) 11:06:00 ID:???
ttp://blog.livedoor.jp/koro_/archives/5943229.html
オチにワロタw
でもまあ王城的にはオスナ伯の例もあるしってことでw

301 :愛蔵版名無しさん:2007/10/03(水) 21:12:11 ID:???
青池作品が引っ越すならば、
姫金かメロディか花達あたりのイメージ。

302 :愛蔵版名無しさん:2007/10/03(水) 21:38:47 ID:???
>>301
現在はどうか知らないけれど、『Z』掲載時の白泉社は
カラーの発色があまり良くなくて青池さんの原画の持ち味が
出にくかったらしい。

303 :愛蔵版名無しさん:2007/10/03(水) 22:39:32 ID:???
>>300
それ確か王女バージョンもあるんだけど、オチがサーヤ…

304 :愛蔵版名無しさん:2007/10/04(木) 06:07:19 ID:???
カラーは新書館がいちばんきれいだときいたことがある。
『ドン・ペドロの首』が載った
「グレープフルーツ増刊 ヒロイン&ヒーロー」は
思えば豪華な本だった。

305 :愛蔵版名無しさん:2007/10/04(木) 15:54:03 ID:???
グレープフルーツはほんと豪華だったよなぁ

306 :愛蔵版名無しさん:2007/10/05(金) 00:39:39 ID:???
グレープフルーツは高くて、こどもには買えなかった記憶がある

307 :愛蔵版名無しさん:2007/10/05(金) 01:27:24 ID:???
>>275さん
ドンさんとマリアさんがはじめて結ばれるシーン、
雜誌では「マリアがスペイン全土混乱のもととなる」という感じの
ナレーションがあって、
本になったときは、マリアさんのセリフで「一生、ペドロさまを愛します」
という感じにかわっていました。
しらべていくうちに、作者の中でキャラがかわったのかとおもってました。

308 :愛蔵版名無しさん:2007/10/05(金) 01:39:28 ID:???
うおっ、そうなんだ〜
個人的には「混乱の素・マリア」のほうが色っぽくて萌えモードで読めそうな気も。
でも、そんな単純モードの話は止めにしてくれたからこその
13巻まで…

1巻の分は、雑誌編も読んでみたいなあ
「月刊青池保子」で載せてくれないかなあ

309 :愛蔵版名無しさん:2007/10/05(金) 10:16:58 ID:???
>「マリアがスペイン全土混乱のもととなる」
まぁあながち間違いじゃないわな
マリアがいなければ、あそこまで王妃との間も拗れなかったかもしれんし
王が王妃よりも愛妾とその家族を重用した事に後の内戦に繋がるんだから

310 :愛蔵版名無しさん:2007/10/05(金) 10:55:32 ID:???
>>307さん
275だけどありがとう〜
描き始めのころはエンリケ視点の歴史書を参考にしてたんでしょうかね
そのままだったらどんなマリアになったのかなぁw
今までずっとコミック派だったけど、↑のカラーの話なんかもあるし
掲載誌もチェックしなきゃ・・・

>>309
ドンペドロは愛妾一族だけじゃなく、ユダヤ人やムスリムも重用したから
(貴族の弱体化を図るため&能力主義)
そこんとこがキリスト教徒の貴族の反感・反乱の元だったんで
マリア1人の責任にしてしまうと、ちとかわいそうです・・・

311 :愛蔵版名無しさん:2007/10/05(金) 12:20:18 ID:???
雑誌では「この頃、マリアのお腹には二人目の子が宿っていた云々」
・・・のナレーションが、単行本では
「情けないわ、もうすぐ二人目の父親になるというのに」みたいな
マリアの心情吐露になってたね

媒体の違いで流れを途切れさせない良い改変
青池先生のプロ意識が透けて見えると思った

312 :愛蔵版名無しさん:2007/10/06(土) 01:06:22 ID:???
単行本と雑誌で変わってるところがけっこうあるんだね。
私は単行本しか読んでないのでたいへん興味深く拝見しました。

313 :愛蔵版名無しさん:2007/10/06(土) 01:24:05 ID:???
>312さん

同感です。もしよろしければ、どの部分が加筆、改筆されてるか
更にご存知のかた、教えてくださるとすっごく嬉しい〜〜

ああ、当時の雑誌読みたいなあ。カラーページや表紙が見たいよう。

314 :愛蔵版名無しさん:2007/10/06(土) 12:48:33 ID:???
ランカスター家とトラスタマラ家の和解後
パデリア家は復権して大貴族として繁栄したの?


315 :愛蔵版名無しさん:2007/10/07(日) 01:16:24 ID:+Ii9j9JF
>>38

欧州のなかの中国みたいな位置づけ

316 :愛蔵版名無しさん:2007/10/07(日) 01:57:37 ID:???
>>313
今手元に本がないのでうろ覚えですが、
1巻は、見返しにも書いてある通り、加筆が60ページほどあります。
ほとんど幼少時〜マリアと致す前です。
何しろ、マリアとの青○シーン(2コマぐらいで終了)が、連載第一回の終わりから2ページ目でしたから。
次の回のブランシェ姫とのシーンも、ベッド上で祝福>行為中の2コマしかなかったはずだし(3コマ目で自室に帰ってた)。

1,2巻部分の連載時は>>311さんの記述通りで、最初のうちは地の文の説明が非常に多かったです。
心情描写がこなれてきたのは、監禁されたあたりからだったかな。




317 :316:2007/10/07(日) 02:07:33 ID:???
書いてるうちに段々思い出してきたな。

誕生〜母子幽閉
(2ページ連載時の原稿挟んで)
クリスマスのエンリケとの最初の争い、マリア初登場
即位後のアラゴン王との最初の交渉
が、まるまる追加されたシーン。

処刑前のレオノーラの独白(数コマ)、
マリアと致した後の会話、ブランシェとのベッドシーン、
が、それぞれ2ページほど追加されていたはずです。

318 :愛蔵版名無しさん:2007/10/07(日) 07:41:13 ID:HYGDa1QP
どこかに、ドン・ペドロの危機に神聖ローマ帝国から黒髪サド目の傭兵隊長が参戦するような海賊版がないものか。

319 :愛蔵版名無しさん:2007/10/07(日) 09:46:28 ID:???
>>318
チラ裏に自分で描いてれば?

320 :愛蔵版名無しさん:2007/10/08(月) 04:15:45 ID:???
>316さん

ありがとうございます♪
1巻読み返してしまいました。追加したシーンがなくってどうやって
繋がっていたのかすごく謎に思いましたが、ちゃんとなっていたんだろうなあ。
60ページだもんなあ。
マリア初登場は好きなシーンなので、追加されてて嬉しいな。雑誌掲載だと、
侍女として母后と出てくるシーンが初登場になるんですね。


321 :愛蔵版名無しさん:2007/10/08(月) 09:51:57 ID:???
私は息せき切ってドンちゃんに走ってくる子供マリアが好き
可愛い
追加ページだったのか

322 :愛蔵版名無しさん:2007/10/08(月) 11:37:18 ID:???
完結編みたいな感じだったのね>1巻
単行本がうまくできすぎてて想像つかないけど。


323 :愛蔵版名無しさん:2007/10/08(月) 22:42:03 ID:???
ベアトリスの魂がドンペドロと一緒にセビリアに帰ったとき、どんな衣装かな。
あの寝巻きのままじゃないよね。
成人した姫君らしい華やかな格好で宮廷生活するのを一度観たかった。
美しい盛りを尼僧のような生活してたのがほんとに可哀想。

ベアトリスの境遇はやはり若くして
宮廷から遠ざけられたブランシュ姫の因果かなと思ってみたり。

324 :愛蔵版名無しさん:2007/10/10(水) 01:04:14 ID:???
王女だっていうのに王女らしい生活が短くて可哀相だったね
マリアはある意味幸せだったな

325 :愛蔵版名無しさん:2007/10/10(水) 01:38:14 ID:???
ある意味どころか、マリアほど幸せな女性ってちょっといないんじゃない?
ダンナの浮気性と夭折をさっぴいても、あまりに幸せすぎる人生だ。
本人の人柄と努力と度量は認めるけど。

326 :愛蔵版名無しさん:2007/10/10(水) 01:52:46 ID:???
ロペスも言ってたけど、ドン・ペドロの敗北を見ずに亡くなったのは本当に幸せだったね

327 :愛蔵版名無しさん:2007/10/10(水) 12:39:48 ID:???
その後の一切の不幸を見なくてすんだんだから幸せだよね
でもドンちゃんにとっては何よりの不幸だし
「アルカサル」内でのマリアはきっとどんなに不幸であろうが
最後まで見届けたかったと思う
最後まで側にいて支える事も出来なかった自分を幸せだと思うような人ではないんだろうな

328 :愛蔵版名無しさん:2007/10/10(水) 23:38:11 ID:???
豚切りスマソ
13巻が出たのを機に、手放した1−12をまた買い集めているのだが
アマゾンでは、巻が飛び飛びにきた。残り半分は月末らしい。
通して読めなくて具合が悪くなりそうだ。
ドラマ始まる有閑はコミックも文庫もリアル書店で全巻面陳なのに。
揃えておけよ、秋田は、もぉ〜

329 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 07:32:58 ID:???
無茶言うなよ。

330 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 08:22:28 ID:???
古本屋でたまに全巻揃って売ってたりするよね

エロイカも単行本を全部持ってるけど
経年劣化が激しくなってきたから
文庫本のエロイカが全巻揃ってるのを見つけたから買った

古本が苦手な人もいるからそういう方にはオススメ出来ないけど

331 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 08:30:31 ID:???
>>328
粘り強くガンガレ

332 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 11:52:38 ID:???
私も古本で揃えたよ>アルカサル
長期休載期間だったから一般書店では売ってないし
何より全巻揃って1200円だったからなぁ

333 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 12:01:50 ID:???
全巻1200円……!羨ましい
最終巻が出たと聞いて、待ち切れないから全部新刊で揃えたよ。
扱ってる店少ないから書店巡りして。
それにしても13巻の帯は歴史物とはいえ、壮絶なネタバレだと思う

334 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 12:48:51 ID:???
私は休載期間でヒマを持て余してwいるとき
ファルコやサラディンの日などの存在を知って読みたいと思ったけど
手に入れるのにすごい苦労したよ。とくにファルコは・・・
大型書店がオープンして、新刊で手に入れたときは感激しました。
第1話で王様に会えてさらに感激。

335 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 18:16:48 ID:???
ファルコとサラディン、こないだ古本屋で買った
ファルコは1と2が大型本では出てるけど
文庫本は1冊だよね?
文庫本の方がコンパクトで良かったけど
大型本しか無かったから大型の方を買った

でも文庫本で一冊にまとめられているなら
そっちを定価で買えば良かったかな〜などと
今更な事を思ってて…

大型というか変形本はちょっと保管に困る
魔弾の射手もカラーの部分が気に入ってたけど
本の収まりが悪くて手放したんだよね〜

336 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 20:09:17 ID:???
青池先生の漫画、うちの近隣の古本屋にはほとんど置いてない・・・・
エロイカを集めたいんだが、アルカサルすら皆無ってどういうことねんorz

337 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 20:29:48 ID:???
あなたの近隣のファンは、青池作品を大切にしていて売ったりしないんだよ!

と好意的に考えてみる。

338 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 20:48:23 ID:???
密林でも品薄?
自分はそこで王城・ファルコ・サラディン全部揃えたけど。

339 :愛蔵版名無しさん:2007/10/11(木) 21:11:58 ID:???
セブンアンドワイとかのネット書店だと
普通に新品が買えるのでは。

340 :愛蔵版名無しさん:2007/10/12(金) 10:53:05 ID:???
秋田のコミックは置いている書店とそうでない書店がある。
うちの近所は置いてない店ばかり。新刊も置かないorz
今度引っ越すのでジュンク堂が近くになりありがたい。

341 :愛蔵版名無しさん:2007/10/12(金) 16:09:21 ID:???
セブンアンドワイだと時代が古いのはわりと手に入らないことが多い。

342 :愛蔵版名無しさん:2007/10/12(金) 22:42:55 ID:???
入手困難なのか…手放さなくて良かった
なんとくなく手元に置いておきたかったんだよな

343 :愛蔵版名無しさん:2007/10/12(金) 23:00:09 ID:???
紀伊国屋webでみたら全巻店頭在庫してる
店はかなりバラバラだがな

344 :愛蔵版名無しさん:2007/10/14(日) 03:15:28 ID:???
古本で買うのが絶対いくない!とは言わないし、自分もたまに買うけど、
なんとなく、青池作品だけは古本で買う気になれない。
あのプロ魂に対価(印税)を払わないわけには、
なんて
勝手な思いこみだけど。

アルカサルは、ネット書店が今ほど普及していない頃に
秋田書店に直接注文して揃えました。
それも一ヶ月に3冊ずつ、4ヶ月かけて…
wktk至福の期間だったなあ

まあ、そんな方法もありますよって参考までに!


345 :愛蔵版名無しさん:2007/10/14(日) 07:57:57 ID:???
雑誌掲載時のカラーページを全て再現した文庫の刊行マダー
サイズの大きい完全版は収納スペースが無いから
買えないけどこれなら買えるので
アルカサルの文庫化時には検討して欲しいよ

346 :愛蔵版名無しさん:2007/10/14(日) 10:58:37 ID:???
無茶苦茶遅レスですが、アンヘルやっと読みました、姫金の付録で。
私も、改めて王様に恋焦がれてしまいました。あ〜。切ない。
よく考えたら『夜伽』で『行きずりの恋の罠』なんだけど、
それでもいいわ、と思わず思ってしまうぐらいドキドキしました〜。
そしてドンちゃんの女性遍歴を見ると、実は清純派が好みなのね。
来る者は拒まずだけど。

347 :愛蔵版名無しさん:2007/10/14(日) 16:19:12 ID:???
姫金まだ売ってる?
近所の店が全て品切れでいまだに読めないorz

348 :愛蔵版名無しさん:2007/10/15(月) 08:03:59 ID:???
清純派を手練手管で娼婦に変えるのがお好みなんですよ

349 :愛蔵版名無しさん:2007/10/15(月) 09:40:44 ID:???
アンヘラがもしあのまま愛妾になってたら
どう変化したんだろなー。アルドンサ化してほしくはないけど
あのドロドロな宮廷じゃ、いつまでも天使のままではいられないだろうし。
(マリアの対応も変わってくるだろうしね)

やっぱ、空へ還ったエンドがいいね

350 :愛蔵版名無しさん:2007/10/15(月) 09:44:11 ID:???
あ〜。んでもって娼婦になっちゃったら飽きるんですかね・・・。
王様をとりこにするのは至難の業ですねえ。
王様はアンヘラの一夜の恋人になった後、どうするおつもりだったんでしょう。愛妾にするつもりだったわけではないですよね。
「あなたの結婚相手はあなたが選ぶんだ」なんておっしゃってましたしね。
ちなみに姫金はずっと以前に従妹がゲットしてくれていて、今やっと手元に届いたものです。
どこかで入手できるといいですね>347さん

351 :愛蔵版名無しさん:2007/10/15(月) 10:03:43 ID:???
アンヘラは読んでないので何のことやら・・・ですが
ファーヒタは愛妾とはちょっと違うような感じがするけど
宮廷で王様に仕えてて、城に一室でも与えられていたのかしらん?
最初は単なるつまみ食いでも、手応えのあった女にはこまめな感じがするw

352 :愛蔵版名無しさん:2007/10/15(月) 17:14:45 ID:???
ファーヒタは王専属の舞姫的な立場になったんじゃないかなー。

基本的に宴の席とかで踊りを披露するのが主な役目、時々興が
乗れば閨にはべることもある、みたいな感じだったんでは。

愛妾未満・侍女以上みたいな微妙な待遇かなー。

353 :愛蔵版名無しさん:2007/10/15(月) 20:15:49 ID:???
ファーヒタは舞姫として遇してくれれば、それで良かったのかな?

手元に10巻までしかないので、彼女のその後が不明のままです・・・・
エロイカもなんとか集めたいなあ。

354 :愛蔵版名無しさん:2007/10/15(月) 22:54:53 ID:???
ウラカの欲のなさはすごい。
マリアが死んでアルフォンソが死んで、
野心を持ってもおかしくないのに。

355 :愛蔵版名無しさん:2007/10/15(月) 23:09:00 ID:???
それは思った
いとこ同士でどろどろもありうるのに謙虚な人だな

356 :愛蔵版名無しさん:2007/10/16(火) 11:38:38 ID:???
やっぱりそこは、マリアと似た気性ってことなんでないか。従姉妹なんだし。

357 :愛蔵版名無しさん:2007/10/16(火) 22:03:39 ID:???
ウラカって王様のことどう思ってたのかな・・・。
愛してたってことはないよ・・・ねえ・・・。マリアに悪いわ、と思いつつ拒めなかったのかしら。
王様もウラカを口説いたって感じじゃなくて、速攻で机の下かなんかで事に及んだんでしたよね。
王様・・・優しくて気立ての良いウラカに、もう少しロマンチックにしてあげてもよかったんじゃ・・・。

358 :愛蔵版名無しさん:2007/10/16(火) 22:58:19 ID:???
やっぱり臣下として王様を尊敬してご奉仕する、って気持ちで
ウラカはお仕えしてたんじゃない?

だからマリア亡き後も自分がのし上がろうとしないで
臣下の一人として振る舞ってたのでは。

マリアに対しても、自分が王宮でお仕事出来るようになったのはマリアのおかげだし
従姉妹だから気心が知れてはいるけど王妃様として敬って
出し抜こうなんて思わなかったんだろうな、と思った

359 :愛蔵版名無しさん:2007/10/17(水) 00:08:41 ID:???
ぶっちゃけ脇役にそこまでページ割けな(ry

360 :愛蔵版名無しさん:2007/10/17(水) 01:02:21 ID:???
王様、ウラカのこと「地味なおばさん」とか言ってたもんね。最初。
でもウラカとしては、実際やっちゃえば(失礼)情も湧くだろうしあれだけ魅力的な王様に惹かれずにいることは難しいだろう。
頭では臣下の一人として、マリアを立てて、と分かっていたとしても、いろいろ苦しい思いもあったのではないかと思うけどね。


361 :愛蔵版名無しさん:2007/10/17(水) 14:59:06 ID:???
よほどの野心家でもないかぎり、これ以上のしあがろうとすること(自分が王妃になり息子が王子になること)は身の危険が伴うことだから(エンリケに狙われる)なかなか考えられないことではあるよね。
サンチョとディエゴは庶子でいたほうが安全そう。状況としては。

362 :愛蔵版名無しさん:2007/10/17(水) 20:01:31 ID:???
あんまり無事じゃなかったね。王様の子というだけで。

363 :愛蔵版名無しさん:2007/10/17(水) 21:35:43 ID:???
>>362
エンリケやファドなんかを粛清しなかったドンちゃんがガード甘すぎなのか。

364 :愛蔵版名無しさん:2007/10/17(水) 21:54:31 ID:???
そ、そうですな。確かにあんなに魅力的な王様とやっちゃったら(失礼)、惹かれないほうがおかしいですよねえ。
しかも子供を複数産んでいるということは、その後何回も・・・・(うう)。
いやー。でも最初の一回が(失礼失礼!)机の下だというのはロマンチックとはかけ離れてますが、
その後はそれなりに甘いムードがあったりしたんですかねえ・・・。
ここまで考えてしまうと、アンヘラ夫の愛人(名前忘れた)といたした時なんか、どんな風だったのか・・・。
妄想爆発です・・・。

365 :愛蔵版名無しさん:2007/10/17(水) 23:59:03 ID:???
アンヘラ夫の愛人には
「成すべき事をせよ」(みたいな言い方)してたから
王様はマグロになって愛人にあれこれさせたのでは。

366 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 01:24:03 ID:???
>>364
妄想ババア気持ち悪い。

367 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 03:44:28 ID:???
>366
同意。カッコ書きが気持ち悪い。

青池作品って若い頃オタク女子のグループが愛読してて、
「しょーさ!」「エロイカ〜」とか騒いでいるのが気持ち悪かった。
>366見たらそれを思い出した。

おかげで偏見もってしまって、ちゃんと読み出したの大人になってから。
こんな面白いものを遠ざけていたなんてもったいなかったなと思った。

でもオタクがはしゃぐのは醜い。

368 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 06:56:41 ID:???
当時は、嫡子と庶子は厳然とした差があったし、
マリアが王妃になった事情をみてもわかるように
平貴族の愛妾ごときが王妃になるなんて異例中の異例。
だから、マリア王妃が亡くなったからといって、
「庶子を産んでるから次の王妃は自分かしら」なんて野心はふつうは持たない。
もっても無駄。

>>366
私も同意。
>>357>>366も気持ち悪い。チラシの裏にでも書いてろ。

369 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 06:58:06 ID:???
>>368だが。
>>366さん失礼しました。
気持ち悪いのは>>357>>364です。
同一人物でしょう。書き癖が一緒だし。

370 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 09:36:10 ID:Vqo4J/XP
>368さん

どうしてもいまの感覚で考えがちだけどやっぱりマリアの
王妃って異例中の異例だったんですねえ・・・。
史実ではマリアが亡くなったあと、儀礼的に戴冠式を行ったんでしたっけ?
日本でも、美智子現皇后がプリンセスになったときは
非難もたくさんあったみたいだもんなあ・・・。

371 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 09:45:23 ID:???
横スレすまんけど
どの国でも王位継承者が自分が惚れた相手と結婚できるようになったのは
20世紀になって象徴的存在になってからでしょ


372 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 09:51:23 ID:???
作中でも、「王の結婚とは政略」「国の利益になる王女を娶るもの」
「平貴族の女など問題にならん」って言われてるよね。

373 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 10:14:43 ID:???
アラゴン王や黒太子のお母さんはエノー伯だとか何とか伯の娘のようだけど、それらも王族なの?

374 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 10:20:52 ID:???
王族に限らず広大な領土を持っている大貴族も結婚相手の範疇でないかと

375 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 10:37:58 ID:???
常識的に考えれば異例中の異例なんだが、
ドンちゃんてのは常識はずれなことを平気でやる王様だからな。
もうちっと慣例とかを重視してれば長生きできたんじゃないかと思うが。
ポルトガルのペドロ王やフェルナンド王も女関係では問題起こしてるけど、
やっぱり国が乱れる原因となっているね。
愛妾自身が野心を持つかどうかは最終的には本人の性格によると思う。
性悪王妃のレオノール・テリェスや、時代は後になるがアン・ブーリンみたいな人もいたわけだし。
(二人とも末路が悲惨なところを見るとやっぱ無茶をしてはいかんということかな)

376 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 11:10:25 ID:???
伯爵だから身分が低いとは限らない。
王族が爵位を持ってる場合もあるし、
母親や祖母が王家の姫だったりすることもある。

エンリケの妻、ホアナはその系統だね。
王族じゃないけど、王家の血を引いている大貴族の女性。

377 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 11:14:53 ID:???
王様はロドリゲスの妹のホアナとも結婚式してるけどどういうつもりだったんだろう。
二重結婚になることは承知の上だろうし、正式な結婚じゃなくて
単なる「結婚式をやりました」っていうだけだったのかな。
王妃戴冠も当然ナシだったしね。

378 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 12:30:25 ID:???
>>371
マリアテレジアは初恋の相手と結婚したけど、例外だしね。

379 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 14:53:40 ID:???
完結したからには、文庫化される・・・のでしょうか?
紙質と、本棚への収まりと、表紙&背表紙のデザインの関係で、
揃えるんなら文庫で・・・と思ってるんですが。

380 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 18:50:35 ID:???
どーだろうーね?
秋田は結構文庫化早い気もするけど、
○家とかクリドラみたいに未完のやつほど
さっさと出てたりするからなぁ…。

エロイカの文庫化が約10年前〜だから、
出て欲しいところだけど。

381 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 20:42:10 ID:???
>>374
フィリッパ・オブ・エノーはフランドルの領主の娘だしね
当時としては一大勢力
それよりもその息子の皇太子である黒太子が2度の結婚歴のある女性と結婚(しかも初婚)した事の方が驚きだ
それでも黒太子妃ジョアンは英王室の血を受け継いでいるけど
それより時代を下る事100年弱
たかだか騎士の未亡人と結婚した(これも初婚)エドワード4世もどうかと・・・
こうした無理のある結婚をした後って荒れるんだよね
ドンちゃんも然りで、やはり結婚は無難な相手としておいた方が良かったんだろう

382 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 22:39:44 ID:???
まあ、そこをドンちゃんが無理してくれたおかげで
アルカサルの作品が成立しているわけで。

383 :愛蔵版名無しさん:2007/10/18(木) 22:48:52 ID:???
無難を選ぶ人間じゃドラマは生まれないもんな

384 :愛蔵版名無しさん:2007/10/19(金) 07:28:46 ID:???
>380
エロイカでも10年前・・・ですか。
だめだ、早く読みたい。

385 :愛蔵版名無しさん:2007/10/19(金) 07:48:36 ID:???
エロイカの文庫の最新刊、来春出るよ。
アルカサルの文庫がもし出るとしたらその後かな。
完結した今が出す良タイミングだと思うけど、
秋田はそのへん空気読めない子だから…

386 :愛蔵版名無しさん:2007/10/19(金) 08:54:19 ID:???
空気読めたら13年間もほったらかしにはしない罠・・・

387 :愛蔵版名無しさん:2007/10/19(金) 09:52:25 ID:???
エドワード4世の後、五世兄弟は悲惨だよね。
誰かに暗殺されたのは確かだろうし。

388 :愛蔵版名無しさん:2007/10/19(金) 14:10:48 ID:???
コミックある程度売っておいて、
行き渡ったところで・・・文庫?


389 :愛蔵版名無しさん:2007/10/19(金) 21:45:01 ID:???
飽田は細川御大の「伯爵令嬢」すら文庫化していないね
御大が脂の乗り切っていた時期に発表され完結した漫画なのに


390 :愛蔵版名無しさん:2007/10/19(金) 23:39:19 ID:???
細川さんの事はどーでもいい

391 :愛蔵版名無しさん:2007/10/19(金) 23:46:10 ID:???
私は、いいオバさんの年して
ピンクい表紙がこっぱずかしくて、
コミックを持つことにちょっとした抵抗がある。
あさきゆめみしとか、日出処の天子とか、文庫の表紙はきれいだし、
その作品の雰囲気を壊さない装丁だから文庫のが嬉しい。


392 :愛蔵版名無しさん:2007/10/20(土) 00:42:03 ID:???
ほんと、今ならヅカ景気で文庫きっと売れるのに。
飽田ってばねえ。

393 :愛蔵版名無しさん:2007/10/20(土) 01:06:19 ID:???
>>377
カミラ状態

394 :愛蔵版名無しさん:2007/10/20(土) 01:08:55 ID:???
>>375
とんでブーリン

395 :愛蔵版名無しさん:2007/10/20(土) 01:40:01 ID:???
空気読めないっていうか、
アルカサルに関しては
飽田自ら破壊活動に従事してたようなもんだし…

連載中断(その後のフォローなし)
廃刊を理由にエロイカ描かせる・未収録分放置・文庫化放置

完結編でさえ、講○社の編集さんが青池さんに
ハッパかけてくれたおかげであって、飽田は自分からは動いていない…
ある意味おそろしい子だよ

396 :愛蔵版名無しさん:2007/10/21(日) 02:16:30 ID:???
完結編を雑誌で何度も読み返したせいか、コミックスになってみたらなんかやたらチマチマして見えた。
実際コマが細かかった(&字が多かった)せいもあるのかもしれないけど。
文庫版だともっとチマチマに見えるんだろうな、と思うと文庫買うの躊躇ってしまう。
収納スペースのことを考えると文庫の方がいいんだけどねー

397 :愛蔵版名無しさん:2007/10/21(日) 22:56:57 ID:???
そりゃあもう、老眼はいってる私なんか
顔からうーんと離して、妙に良い姿勢で、チマチマした文庫よむのよ

398 :愛蔵版名無しさん:2007/10/22(月) 00:17:07 ID:???
>>397
(*´∀`)人(´∀`*)
私は老眼で近眼だからメガネを外して目を近づけて見ている。
ある意味ラッキーなのかも。


399 :愛蔵版名無しさん:2007/10/22(月) 21:46:00 ID:???
>>398
私も老眼で近眼でコンタクトだから、夜寝る前にコンタクトはずしてそのまま見てる。
こ、これってラッキーなの?

400 :愛蔵版名無しさん:2007/10/23(火) 19:01:01 ID:???
若いみんなは、電車の中や暗いところで寝転んで漫画を読まないようにね

おっと、400だ
これ、一応ラッキーということにしておこう


401 :愛蔵版名無しさん:2007/10/24(水) 01:53:07 ID:???
老眼っていくつくらいからなんですかね?わたしももうすぐ
大台(40)なんですが・・・。
「ファルコ」、文庫版でしか持ってなかったんですが、こないだ大判の
コミックスを古本屋で購入。やっぱり絵の迫力が全然違う。
なんとか王様も、あのサイズで完全版を読みたいものです・・・。

402 :愛蔵版名無しさん:2007/10/24(水) 03:28:41 ID:???
最近完全版ブームだね。
有吉京子のSWANの完全版とか
変奏曲シリーズとか
萩尾望都セレクションなんてのも出てる。

空気読めない子の秋田は
そういうので商売しようと
思わないみたいだけどさ…

403 :愛蔵版名無しさん:2007/10/24(水) 04:22:13 ID:???
王様はなにぶん長いので、せめて完全版はZかファルコあたりで出して
くれないかな、と思ったり・・・。
だけどやっこ先生の絵が最高の域にあったのはやっぱり「アルカサル」
な気がするし・・・。
「アンヘラ」が豪華版で出版されたりしないのかな?


404 :愛蔵版名無しさん:2007/10/24(水) 19:32:55 ID:xh66Arr2
メンヘラ?

405 :愛蔵版名無しさん:2007/10/26(金) 17:10:19 ID:???
>>403
絵が最高域にあったのはやっぱり「アルカサル」

やっこ先生は、絵は進化しているから、
今更あの頃の絵に戻せといわれてもナンセンスだと本で書いてるね
体型もちゃんと定規で測って8頭身にしていると
まあ、それもわかるんだけど、やはり見る側にも好き嫌いがあるから
私は前の顔、体型にもう一度戻って欲しいとおもってしまう
でもやっこ先生が今がいいのだと思う以上、
そういう事期待したらファンの風上におけないのだろか


406 :愛蔵版名無しさん:2007/10/26(金) 17:23:40 ID:???
ファンがどうこうじゃなくて、普通に絵は戻せないよ…どんな絵であれ、今描いているのと違う絵を描いてくれ、というのは現実的に不可能なことを言ってるだけなんだよね
体力が違う、筆圧が違う、視力が違う、若い頃の倍の制作時間を貰えたとしても集中力が続かない…
自分も趣味で絵を描くけど、絵に使うエネルギーってすごいんですよ
ましてプロで大量のページ数を同じレベルで仕上げるのはものすごいエネルギーがいると思う
体力があっても、「絵は進化しているから」の言葉通り、感性がもう昔の絵をいいと思えなければ描けないだろうし。
ベテランの作家さんの作品にはストーリーの成熟を求めてます

407 :愛蔵版名無しさん:2007/10/26(金) 18:46:56 ID:???
作家さんに、絵を戻してくれと要求するつもりはないです
ただ、仕方ないことと思いつつ、やっぱりさびしい
自分の中で、最高潮だったときの絵に変換しながら読んでる

408 :愛蔵版名無しさん:2007/10/26(金) 19:59:10 ID:???
ん〜でも私はそんなに違和感感じなかったけどなぁ
エロイカ再開のときは短足少佐に唖然としたけど
その時のこともあって作者なりに気を配っていたように思う

409 :愛蔵版名無しさん:2007/10/26(金) 20:15:25 ID:???
七つの海〜の細っこくてなが====い足とか、
サド目なのに上下まつげがすごいところとか見直してみると
その時代の少女漫画を感じますね

410 :愛蔵版名無しさん:2007/10/26(金) 23:12:07 ID:???
五年くらい前にはじめてエロイカ一気読みした私から見ると、
最初期の絵の方が違和感覚えるな〜。
アルカサルも一気読みしたけど、連載開始がエロイカよりは最近(?)なせいか、
それほど絵が変わった印象は受けなかった。
顔は多少伸びたと思ったけど。

411 :愛蔵版名無しさん:2007/10/26(金) 23:13:46 ID:???
青池先生の絵で劣化とか言い出したらもう・・・って思うのですが

412 :愛蔵版名無しさん:2007/10/26(金) 23:35:19 ID:???
アルカサルはそんなに絵の変化を感じないな
これだけ間が開いてあの程度の差ですんでいるのがかえって凄いと思う

413 :愛蔵版名無しさん:2007/10/27(土) 00:48:51 ID:???
>>401
私もあのサイズで読みたい〜

414 :愛蔵版名無しさん:2007/10/27(土) 15:25:32 ID:???
萩尾望都のパーセレみたいに全集にしてもらえるなら買うぞ

415 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 09:12:26 ID:???
アラゴン王女レオノールって、目立たない位置の人だけど、
何気にいい仕事してるよね。
カタリナは女の子で一人っ娘だから、レオノールが男の子を
産んでなかったら結婚による和平はあり得なかったし、彼女が
アラゴン王女だったから、後年アラゴンの統治権が転がり
こんでくるんだよね、確か。


416 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 11:37:52 ID:???
レオノールのぱっちりお目目とおちょぼ口と二重あごは
ほのかな癒し系。
アラゴン王の子供達って父王に従順なところも可愛いなあ。
品位があって素直そう。

417 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 12:39:08 ID:???
エンリケがあんな小物キャラになるんだったら、
王様VSエンリケじゃなくって、王様VSアラゴン王で話が進んだら
もっと面白かったのにな〜と思う。少佐VSミーシャみたいに。
王様同士の国取り合戦のほうが、ジメジメしてなくて良いな。

418 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 17:48:01 ID:???
王様同士の力比べならカスティーリャの勝ちなんだけどねw

419 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 17:48:57 ID:???
>418
アラゴン王はそこをちゃんと自覚してたからえらいな


420 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 21:16:27 ID:???
アラゴン王は、自分の能力を理解した上で、なかなか老獪な政治家っぽいのに、
家族を大事にしている様子や、儀式好きというお茶目なところがあって、
なかなかチャーミングな人だと思う。長生きしてくれて嬉しかったな。

421 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 21:54:00 ID:???
読み返してふと思ったんだが
オソリオが受けた拷問、、
この時代の拷問はどんな感じだったんだろ?

422 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 22:30:33 ID:???
>>420
漫画ではえらくコミカルな描かれ方をしてるけど
あの激動の時代を陰謀と武力と交渉とを自在に使って王国を守り切って
天寿を全うしたんだから有能な為政者なんだよな、本当はw

423 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 23:30:51 ID:???
なかなかイケメンだし
http://legadoandalusi.es/legado/contenido/rutas/jpg/HIP18493.jpg

424 :愛蔵版名無しさん:2007/10/28(日) 23:31:52 ID:???
脇役も可愛げと味があっていいよね

425 :愛蔵版名無しさん:2007/10/29(月) 08:37:03 ID:???
>>423

わははは 
デパートのクリスマス用の飾りマネキンかと思った

426 :愛蔵版名無しさん:2007/10/29(月) 12:05:43 ID:???
>>423
背が低いのも短足なのも史実なのかw

427 :愛蔵版名無しさん:2007/10/29(月) 12:12:16 ID:???
>>423
すげーw

428 :愛蔵版名無しさん:2007/10/29(月) 21:38:28 ID:???
>>423
なんつーか、わりとキャシャリンだw
アラゴン王にはブス姫ホアナと共に、殺伐気味なラストで
大いに和ませてもらったな



429 :愛蔵版名無しさん:2007/10/31(水) 01:46:37 ID:???
>>428
胴囲。
最終話読んで、
自分、こんなにアラゴン王好きだったんだ〜と
驚いた

430 :愛蔵版名無しさん:2007/10/31(水) 01:56:59 ID:???
逆にポルトガル王は最終巻で大分株を下げたんではなかろうか。
王子は元々アホっぽかったから、大して印象変わらなかったんだけど。

431 :愛蔵版名無しさん:2007/10/31(水) 08:35:01 ID:???
ポルトガル王は出番は少なかったけど
愛妾イネスの件でろくなもんじゃないと思ったw

432 :愛蔵版名無しさん:2007/10/31(水) 11:56:30 ID:???
ベアトリスがかわいそうだったよ

433 :愛蔵版名無しさん:2007/10/31(水) 21:19:56 ID:???
アラゴン王家はいいキャラそろってたね 
アラゴン王、オカン王妃、丸ぽちゃ姫レオノール、ブス姫ホアナ・・・
華やかさは無いが結構和ませてもらった

宰相のカブレラもいい味出してた
オスナ伯爵はやせた時と太った時の差がすごかったww

434 :愛蔵版名無しさん:2007/11/01(木) 01:33:34 ID:???
エンリケはどんな父親だったんだろう
次男のペドロ君にスゲーいい笑顔で手振ってたけど、けっこういいパパだったのかな

435 :愛蔵版名無しさん:2007/11/02(金) 10:25:33 ID:???
あのシーンは奴の底の浅さしか見えなかった。
王冠さえ手にいれれば大満足で、隣の妹がどう反応するかも考えてない

436 :愛蔵版名無しさん:2007/11/02(金) 13:15:55 ID:???
一国の王が供の1人も連れないで王冠被ってお馬でトコトコって
ギャグだな

愛人の元にせっせと通う王様もいたがw

437 :愛蔵版名無しさん:2007/11/02(金) 13:54:03 ID:???
ポルトガルのペードロ陛下は
従者を数人つれただけで
居酒屋目当てに
夜の町を徘徊していたんだから
地元なら割と大丈夫と逝って見る


438 :愛蔵版名無しさん:2007/11/03(土) 01:52:13 ID:???
>>436
苦労してゲトした王冠が誇らしくて嬉しくて毎日被って歩いてたんだなきっと

439 :愛蔵版名無しさん:2007/11/04(日) 09:13:42 ID:???
>438
そうだろね。王様は、儀式のときしか被ってなかったもんな>王冠。
金属製のあんな重いもの、普段使いしたいなんて思わんよ普通。

440 :愛蔵版名無しさん:2007/11/04(日) 11:31:24 ID:???
お誕生日会でもらった冠を被り続けてたうちの姪っ子とだぶるw

441 :愛蔵版名無しさん:2007/11/04(日) 11:32:37 ID:???
かわゆいww

442 :愛蔵版名無しさん:2007/11/04(日) 13:31:27 ID:???
エンリケに萌えてしまったではないか─────っ

443 :愛蔵版名無しさん:2007/11/05(月) 12:21:25 ID:???
バーガーキングでは、子どもに冠くれたよね?
再上陸はまだ!?

444 :愛蔵版名無しさん:2007/11/06(火) 01:03:09 ID:???
そんなもん自分で作りなさい

445 :愛蔵版名無しさん:2007/11/06(火) 01:35:16 ID:???
青池さんの日記更新されたね。
エロイカもアルカサル外伝も楽しみだー!

446 :愛蔵版名無しさん:2007/11/06(火) 07:17:49 ID:???
>>445
外伝連作!やたっっっ!!!

447 :328:2007/11/07(水) 23:58:45 ID:???
亀ですが
ようやく全巻揃いました。
329〜344あたりのレスくれた方々、ありがとうございます。
最後に来たのが6巻で、ディエゴ戦死に泣いた。。

448 :愛蔵版名無しさん:2007/11/10(土) 23:03:00 ID:???
外伝?別冊?表紙がすごくいいね。

449 :愛蔵版名無しさん:2007/11/11(日) 16:33:42 ID:vYD052Ac
完結したのをつい最近知って、やっとコミックス買った。史実の大筋は知ってたけど、
結末を用意したのがロドリゲスだったとは・・・。最初の頃はこんな重要キャラに
なるとは想像できなかったわ。アラベラは最後まで頑張って、この夫婦は最強ですね。
外伝でも登場して欲すぃわ。

450 :愛蔵版名無しさん:2007/11/11(日) 19:01:02 ID:???
コーエーのチンギスハーンってゲームでエンリケは
゛圧政を敷くペドロ国王を殺害しトラスタマラ王朝を開いた゛
と説明されている。。
これが世間的な認識なのかなぁ。
ちなみにエンリケでもプレイ出来ます。

451 :愛蔵版名無しさん:2007/11/11(日) 19:15:08 ID:vYD052Ac
>>450
世間的にはそうだよね。アルカサルをまんまゲームにしてくんないかなー
アラゴン王でプレイしたい・・・

452 :愛蔵版名無しさん:2007/11/11(日) 19:24:06 ID:???
エンリケ? ボコボコにしてやんよ
 ∧_∧
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪

こんな感じでドンちゃんでプレイしたい

453 :愛蔵版名無しさん:2007/11/11(日) 21:29:47 ID:???
シャルル5世になってブランシュの仇をとるよ

454 :愛蔵版名無しさん:2007/11/11(日) 22:58:43 ID:???
中世の戦争ゲームみたいな感じになるのかな
戦争パートと合間のストーリーパートがあるといいな

個人的にロペスとブランシュの護送イベントは外せない
王様になって宮廷の貴婦人を落としまくるのも楽しそうだがw

455 :愛蔵版名無しさん:2007/11/12(月) 01:09:25 ID:???
貴婦人を落とす為にはせっせと夜のHPを絶倫レベルに上げるのだな

>>443
ハンバーガー屋でキッズセットを冠の為だけに
買うエンリケを幻視してしまったではないかーっw

456 :愛蔵版名無しさん:2007/11/12(月) 01:49:12 ID:???
は〜オルドオルド
(……ドンちゃんの場合あながち間違ってもないな)

457 :愛蔵版名無しさん:2007/11/12(月) 08:17:40 ID:???
>>455
マリアにバレると一気に減点。

458 :愛蔵版名無しさん:2007/11/12(月) 09:24:57 ID:???
貴婦人になって王様争奪ゲームもいい

459 :愛蔵版名無しさん:2007/11/12(月) 18:48:28 ID:???
イベリア無双やりたいお
王様で単騎突攻してエンリケの奴をフルボッコしてやるお

460 :愛蔵版名無しさん:2007/11/12(月) 22:27:58 ID:???
もちろん絵は青池さんでww

絶対ほしいな。DSで。
なんなら「いただき」ならぬ「いべりあストリート」で、みんなでゲーム。
王様にロトのよろいをきせて、エンリケにはモリースーツを。

ごめん、ゲーム知らないとわからんネタで。

461 :愛蔵版名無しさん:2007/11/13(火) 11:32:26 ID:???
いやいや、面白いよゲーム話w

ファミコン黎明期以来、ゲームには縁がないけど
青池ものが出たら手を出してしまいそうな私ガイル

462 :愛蔵版名無しさん:2007/11/13(火) 17:06:20 ID:???
かつてPC98シリーズでエロイカのゲームが出たとき、本気でPC購入を考えた
ことがあるよw当時、貧乏学生だったので手が出なかったが。

463 :愛蔵版名無しさん:2007/11/13(火) 19:36:01 ID:???
>>462わーそれ欲しいなぁ
移植できないのかしら
98時代のゲームって・・・キャラがAA並みなんでしょうか
 ooo
088880
0・ゝ・0 <私の名はドリアン・レッド・グローリア伯爵
0 ▽ 0
< □ >
/ \

464 :愛蔵版名無しさん:2007/11/13(火) 20:25:51 ID:???
450です。
レスを読んでいるうちに打倒エンリケに目覚め、ジンギスカンをプレイする事にしました。

このゲームは架空の人物でプレイ出来るので、
エンリケの「カスチラ王国」の隣に、「ドン・ペドロ」の「カステリア王国」を造り
配下を「ロペス」「ロドリゲス」「イネストロサ」にして気分を盛り上げてみました。
時間が出来次第プレイしたいと思います。

勢いがついて書き込みましたが、板違い気味ですね。すいません。



465 :愛蔵版名無しさん:2007/11/13(火) 20:57:55 ID:???
>>464
プレステでも出ているんだね。ちょっと食指がわいてしまった。
私だったら「カステラ屋王国」の「ドンちゃん」にする〜。

466 :愛蔵版名無しさん:2007/11/13(火) 20:58:24 ID:???
何のことやら良く分かりませんが、がんばってくださいw

467 :愛蔵版名無しさん:2007/11/13(火) 21:35:38 ID:???
そろそろ外伝の情報でものっていないかと姫金を検索したら
競走馬がでてきてしまった。
ついでにやほおすぽーつの競馬で調べたらドンペドロを含む馬はいなかった。

ちなみにロドリゲスは
エーロドリゲス、コスモロドリゲス、ニシノロドリゲス、バンブーロドリゲス

ロペスは
トーアロペス、メジロロペス

カタリナは、アイバカタリナ、カタリナラビット

あとコスモアルカサルというのもありましたww

一番獲得賞金が多いのはカタリナラビット6675万円。
バンブーロドリゲスが5689万円。
トーアロペスが3368万円。

ちょっと雑談でした。

468 :愛蔵版名無しさん:2007/11/13(火) 21:58:45 ID:???
ロペスは控えめに賞金獲得、ロドリゲスはカタリナに勝てないって感じw

469 :愛蔵版名無しさん:2007/11/14(水) 00:45:05 ID:???
12月15日発売の次の姫金には
エルアルコンの別冊付録が付くのでアルカサルはまだだよ。
「テンペスト」再録みたい。

470 :愛蔵版名無しさん:2007/11/14(水) 00:53:44 ID:???
>>462 散々発売延期されて、やっと入手できたと思ったら
これがなんとまあ、アラスカ最前線の劣化塗り絵。
なんでも「女性のPCユーザーを増やしたい」との
メーカーの目論見があったようで??
女をなめんな!とオモタ

471 :愛蔵版名無しさん:2007/11/14(水) 08:47:05 ID:???
>>469
だんけ。テンペストか〜。
姫金て別冊はいつもつくの? 青池さんだとうれるから?

472 :愛蔵版名無しさん:2007/11/16(金) 23:00:51 ID:???
ジョアン1世がケコーン前にこさえた私生児アルフォンソは
フィリパの息子のペドロ王子を謀略で破滅させていたよ

私生児アルフォンソの孫娘イサベル姫が
カスティリア王に嫁いで生まれたのがイサベラ女王

ジョアン一世とフィリパとの間に生まれた王子ジョアンと
アルフォンソの娘イサベルを結婚して生まれたのが
イサベラ女王の母親のイサベル王妃

ペドロ王子は兄王の死後、幼い甥の摂政として
実質的にポルトガルを支配し、娘を甥のポルトガル王に
嫁がせていた

ほぼ同時代のカスティリアとポルトガルで似たような政争があったことに
驚いたけど、イサベル王妃とファナ女王がキティちゃんだったことは
納得できたわ。



473 :愛蔵版名無しさん:2007/11/16(金) 23:06:28 ID:???
ジョアン1世は自分と同じ境遇のアルフォンソに配慮して
父から広大な領地を相続する大貴族の娘ブリッテスと
アルフォンソを結婚させたので
アルフォンソはポルトガル屈指の領地を持つ貴族になったけど
アルフォンソはフィリパの息子達に対する
嫉妬を抑えられなかったそうだよ

474 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 03:31:03 ID:???
ジョアン1世と結婚した時、フィリパは27歳。
当時としてはかなりの高齢結婚なのに、
その後、7男5女を儲けたってことは殆ど毎年出産していたのかな?

にしても、13巻を読んで痛感したが、ジョアン1世の前のフェルナンド1世って馬鹿だな。
カスティリアの王位に近くて、その野心を持っているなら、
素直に婚約者のベアトリスと結婚していれば良かったのに、追い出すんだから。

あの時点でベアトリスはドン・ペドロの正式な第一後継者なんだから、
ドン・ペドロの死後、ベアトリスはカスティリアの女王になって、
上手くいけばコンスタンシアと結婚したランカスター公のように
自身もカスティリア王と認められるし、それが難しくても
自分とベアトリスの間に生まれた子供はカスティリア王になれる。
ポルトガルとカスティリアを統一する王にさえなれたかもしれないのに…。

いろいろ政治的配慮があったんだと思うが、それにしても結局王妃として選んだのが
王位継承権を持つ他国の王女どころか、夫持ちのテリョス。
出自はまだしも、重病の王を見捨てて愛人に走って親族で専制政治を行って
国を滅ぼしかけた女より、血筋も人柄ももっとましな女性が他にいくらでもいただろうに…。

475 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 08:50:50 ID:???
>国を滅ぼしかけた女より、血筋も人柄ももっとましな女性が他にいくらでもいただろうに…。

そういう女に引っかかってしまう王様だから、国民にそっぽ向かれたのでしょう。
フェルナンド1世の次の、ジョアン1世って庶子よね。
庶子を担ぎ出さなきゃいけないほど、先代は馬鹿だったと読み取ったけど。

476 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 10:38:31 ID:???
フェルナンド1世は馬鹿でも天寿は全うしたんだよね
廃位されたり殺される前にアボンしただけなんだろうけど

477 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 11:40:33 ID:???
>>475
フェルナンド1世とテリョスの間に生まれたベアトリス王女が正式な後継者だったんだが
まだ幼くて母親の傀儡だし、それを排除したとしても
カスティリアのホアン1世と結婚したせいでカスティリアの干渉を受ける。
そうでなくても、それまでさんざんテリョスやカスティリアに国を無茶苦茶にされていたわけだから。

ポルトガル王への野心も持っていたホアン1世を排除するためにも、
別の後継者が必要だったが、正嫡の血を引く人間が国内にいなかったんだろう。
逆に言えばだからこそ、ベアトリス王女を有するテリョスが好き勝手に振る舞えたと。

>>476
本当に天寿をまっとうしたのかなぁ?
テリョスほどの悪女なら、夫に一服盛って重病にしたり、用済みだと片付けたりしそうだ。

478 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 12:44:14 ID:???
>>472
人間関係の説明が分からない。
ジョアン1世には上から順に私生児アルフォンソ→嫡出子♂→嫡出子ペドロ王子の息子がいて、
♂は早くにあぼーん、その後で私生児アルフォンソがペドロ王子を破滅させたってことだよね?

その早くに死んだ♂が7行目の
>ジョアン一世とフィリパとの間に生まれた王子ジョアン
なのか?

その場合、ジョアン王子は庶兄に当たるアルフォンソの娘=自分の姪と結婚し、
その結婚で生まれた娘がイサベラ女王の母親になるということだが、それでおk?

5行目と9行目に出てくるイサベラ女王というのは、スベイン王国の礎を築いたカスティリアのイサベル1世で、
最後から2行目のファナ女王はその娘だよね?

で、そのイザベラ女王(イザベル1世)は、ポルトガルのペドロ王子が
♂の死後にポルトガル王に即位した自分の甥と自分の娘を従兄妹同士で結婚させた血筋とは関係ないのか?

479 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 13:47:08 ID:???
ランカスター公とコンスタンシアの娘のカタリナ、いい子で良かったな。
両親がなかなか強烈な個性の持ち主だが。

最後の方のコンスタンシア、ドン・ペドロに似ているというより、マリア母太后に似ていた。
ヴィジュアル的にもだが、我が子こそカスティリア王位に就く存在だとそれに人生の全てを賭けている辺り。

もしカタリナが隔世遺伝でドン・ペドロに似て、そういう母親をうっとおしく思うようになっていたら悲劇だったな。

480 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 13:53:39 ID:???
>>478
説明不足スマン。

ジョアン一世とフィリパの息子で
ポルトガル史を語る上で無視できないのは

父王の死後ポルトガル王に即位した次男ドウァルテ(長男は早世)
兄ドウァルテが早世した後、兄の遺児アフォンソ王の摂政に就任した3男ペドロ
日本でも有名な4男のエンリケ航海王子
異母兄アフォンソの娘イサベルと結婚した父と同じ名前の5男ジョアン

ジョアン一世の庶子の名前はアルフォンソではなくアフォンソだったよ_| ̄|○ 


481 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 14:03:01 ID:???
ドウァルテの遺言ではアフォンソ王の母
レオノールが摂政に指名されていたんだけど
アラゴン出身の王母よりも
有能なペドロ王子を摂政に望む声が強く
ヘドロ王子は兄の遺言を無視する形で甥の摂政に就任

レオノール王母は祖国アラゴンではなく
姉が王妃として君臨していたカスティリアに亡命
ヘドロと和解した直後、謎の死を遂げる
これはペドロが手を下したのではなく
亡命先のカスティリアの政争に巻き込まれ
密かに暗殺されたのではないかと言われている

482 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 14:07:21 ID:???
権力基盤を固めるため、ペドロは娘イサベルを
甥のアフォンソ王に嫁がせた。

これに激しく反発したのが、ジョアン一世の私生児アフォンソ
アフォンソは異母弟ジョアンと娘イサベルとの間に生れた孫娘イサベル姫を
ポルトガル王妃にしたがっていた。

483 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 14:11:50 ID:???
>>480
d!
アルフォンソもアフォンソも日本語表記する際の微妙な違いで、間違いではないと思うよ。

ええと、カスティリア&スペイン王国史を語る上で考えると、イザベル1世の血筋として重要なのが
ジョアン一世とフィリパの5男ジョアンってことでおk?
イザベル1世の母方の祖父が、この5男ジョアンなんだよね?

更に言うとイザベル1世の母方の祖母は、ポルトガルのジョアン1世が
フィリパとは別の女性の間に儲けた庶子アフォンソの娘で、
やっぱり5男ジョアンは庶兄の娘=実の姪と結婚しているってことか?

とりあえず、私生児アルフォンソが破滅させた3男ペドロの血筋は
ポルトガル王家には残っているものの、カスティリアのイザベル1世とは
直接繋がっていないってことでFA?
(イザベル1世の王女がポルトガルに嫁いで、ホアンという名の王子を儲けたことは
何かで読んだが、それは後世のことということで)

484 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 14:19:30 ID:???
>>479
どちらも気は強いが根本的には違うとおもうな
マリア母太后は自分のため
コンスタンシアは自分のためというよりあの状況では他の道は選びようがなかった
父の権威の回復のため、自分に思いを寄せている者たちの期待に応えるためむしろ自分を殺して動いていた気がするよ

485 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 14:20:55 ID:???
王権強化をもくろむヘドロに反発する
貴族達とアフォンソは結託しヘドロ失脚を画策し始める

アフォンソ王に叔父ペドロに対する憎悪と不信を
植えつけるのはレオノール王母の亡命と謎の死があるので容易だった

兄ペドロと舅アフォンソとの緩衝役を果たしていた
ジョアン王子の死後、徐々にペドロの立場は悪くなっていく


486 :483:2007/11/17(土) 14:26:18 ID:???
おっと、リロしないで>>482-483を読む前に、書き込んでしまったよorz

ジョアン1世の後を就ぎ早世したドウァルテ王の王妃レオノールが重要になってくるんだね。
カスティリア的には。
姉がカスティリア王妃として君臨していたってことは、
病弱王ホアン2世の王妃がレオノールと同じくアラゴンの王女だったってこと?

ん? カタリナの孫がイザベル1世なんだから、イザベル1世は病弱王ホアン2世の娘だよね?
とするとポルトガルの5男ジョアンがイザベル1世の血筋に入り込む余地がないぞ?
イザベル1世の母親が、5男ジョアンの娘じゃないのか?

487 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 14:29:35 ID:???
>>485
ポルトガルのペドロ王子の破滅の過程はもういいから、カスティリア王家のカタリナの子孫との血縁関係のちゃんとした説明きぼんぬ

488 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 14:33:18 ID:???
>>484
コンスタンシア的にはそうなんだろうが、カタリナ的にはどうなんだろうね
親の意向で子供自身の意志を無視して押し付けられていると感じたら\(^o^)/

まあカタリナはドンちゃんみたいに母親に反発しなかったから結果オーライなんだが

489 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 14:38:07 ID:???
>>483
そう、フィリパの息子ジョアンは姪と結婚して子供を儲けているよ。
 
ペドロの運命を簡単に話すと、
親政を始めたアフォンソ王はペドロを宮廷から追放し
最終的には殺害している。

ペドロの息子たちは海外へ亡命するが、娘のポルトガル王妃
イサベルは父の破滅後も離婚されることは無く、
イサベルとアフォンソ王の息子ジョアン王子は
後に即位してジョアン2世となる。

ジョアン2世はポルトガル屈指の名君として讃えられているけど
嫡出子が自分より早く死んだため
ジョアン2世の血筋(=ヘドロの血筋)がポルトガルの王統を
継いでいるかどうかは、私が持っている書籍に載っている
系図では確認できなかった

ジョアン2世の庶子や海外に亡命したペドロの息子を先祖に持つ
ポルトガル王が後に誕生したことはありえるとは思うけどね。

490 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 14:43:12 ID:???
>>489
d!
こうして見ると、名君と讃えられる君主は漏れなく後継者に関して苦労している感じだな。
嫡出子の早世で直系が絶えたり、子供が多くても嫡出子と庶子が争ったりという風に。

491 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 15:06:08 ID:???
486だが、昔イザベル1世の伝記を読んだ内容をだんだん思い出してきた。

イザベル1世には1男4女がいて、長男ホアンは早世しその妃もその後で流産だったか死産。
長女は王子を儲けるが、長女も死に王子も幼くして死んだ。

…この長女の結婚相手ってボルトガル王じゃなかったっけ?
>>489で説明されているジョアン2世の早世した嫡出子が、この長女との息子かな?

で、繰り上がってイザベル1世の後を次ぐことになったのが次女ファナ。
子沢山だが夫の女性遍歴で苦労して、発狂してしまったんだよね?
それでも長生きしたそうだが。

そのファナの妹2人がそれぞれイギリスとポルトガルに嫁いでいたと思うんだか…。
(イギリスに嫁いだ方は、結婚相手の王太子の死後、その弟と結婚して、
 エリザベス女王の姉に当たるキャサリン女王を生んだ)

そしてポルトガルに嫁いだ方の娘が王子を産んで、ホアンと名づけられたと読んだが
そっちはどうなったんだろう?
その本では、スペインの後継者に与えられる筈だった名前を付けられたということで
含みのある命名っぽい説明だったが。
イザペル女王もファナの子供より、出来ればそちらに継いでほしいみたいな…。

ホアンのポルトガル語読みがジョアンだっけ?
ボルトガル王家に伝わったであろうカタリナの子孫の血筋も気になるな。

随分昔に読んだ内容だから、記憶違いがあったらすまん。


492 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 15:39:38 ID:???
>>488
だよなぁ。ちょっと前まで国を挙げての殺し合いの戦争をしていて
和平のために、敵だと教え込まれていた相手の子供に嫁ぐのに
両親不在の結婚式って…orz

ランカスター公は国の事情で帰国を急いでいたから仕方ないが、コンスタンシアの方がね。
気持ちは分かるよ。
だが敵の孫に自分の娘が嫁ぐんだから結婚式に欠席しても誰も文句を言えないというのはどうだろう。

だって一番大変なのは、その敵のトラスタマラ家に嫁ぐカタリナだよ。
その気になれば、カタリナは「お母様は勝手。私を何だと思っているの」と非難できるが
それをしなかったところを見ると、やっぱり親思いの優しい娘だったんだろうな。

493 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 15:59:11 ID:???
にしても、ジョアン1世とフィリパの子供たちの代、手近でケコーンし過ぎだな
カスティリアが介入した内乱があったから外国の王家との婚姻を警戒したのかもしれないが
キリスト教文化圏では従兄妹同士の結婚もタブーが一般的。
コンスタンシアの娘であるカタリナが結婚したエンリケもはとこで、この辺りから結婚okラインになる。
現代アメリカでも、半分くらいの州は従兄妹婚を法律で禁止しているくらいだ。
なのに従兄妹婚どころか、叔父と姪でケコーンしているんだもんな…。

494 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 16:24:37 ID:???
ポルトガル王家

ジョアン1世
  ↓
ジョアン王子(母フィリパ 姪イサベルと結婚)
  ↓
イサベル(母はジョアン1世の庶子アフォンソの娘イサベル)
  ↓ 
イサベル女王(父はカスティリア王ファン2世)



495 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 16:28:44 ID:???
カスティリア王家

 カタリナ
  ↓
 ファン2世(父は病弱王エンリケ3世) 
  ↓    
イサベル女王(母は父の2番目の王妃イサベル)


※ファン2世の最初の王妃アラゴン王家出身のマリアはポルトガル王妃レオノールの姉
  


496 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 16:35:23 ID:???
アラゴンのトラスタマラ家

レオノール(アラゴン王女 カスティリア王ホアン1世王妃)
  ↓
フェルナンド(カタリナの義弟 アラゴン王に即位する前は
       幼年王を要するカスティリアをカタリナと共に統治)
  ↓
マリア(カスティリア王妃)レオノール(ポルトガル王妃)

497 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 16:41:11 ID:???
アラゴン出身のマリア王妃は
イサベル女王の父ファン2世の最初の王妃


498 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 16:44:57 ID:???
>>494-496
d!
なるほどファン2世は2度結婚していたのか。
それと病弱王はエンリケ3世の方だったんだね。カタリナの結婚相手の。
すまん。



499 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 16:50:59 ID:???
週末にみんな熱く語っているな〜。
全部読んだけど頭こんがらがってしまった。
名前がごっちゃまぜで…。

早く外伝読みたいなw

500 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 16:51:56 ID:???
>>489
なーんか、ポルトガル王家に興味持って調べちゃった。結局ジョアン二世は
正嫡がいなくて後は従兄弟のマヌエルが継ぐんだね。ここまではジョアン一世
の長子ドゥアルテの家系だけど数代後にまた断絶して、しばらくスペイン王が
ポルトガル王を兼任した後、結局ジョアン一世庶子アフォンソ(ブラガンザ公)
直系のブラガンザ公家から王が出て王国の最後までいくわけね。

結局庶子アフォンソの勝ち?うーん、この人もエンリケなみにあくどいんでないか?
さすがにエンリケみたく王位は狙えないけど、権力は欲しい。だから甥に
取り入ってペドロ王子を陥れる、と。皆さん、懲りませんね・・・

501 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 16:53:26 ID:???
>>499
あ〜分かる。
自分も最初はこんがらがった。同名異人大杉w
だけどじっくり読み返すと、分かりやすくて面白いよ最終巻。
噛めば噛むほど味が出てくるスルメみたいだw

502 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 16:56:38 ID:???
>>500
d! 乙でした!
ジョアン1世の庶子アフォンソ、粘り勝ちだな。
生きている間は実権を握り、死んだ後は自分の血筋が、断絶した正嫡の血筋に取って代わるとは。

エンリケもこの路線を狙えばよかったのに。

503 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 17:00:26 ID:???
ジョアン1世とフィリパの子供って12人もいたのに、血筋が途絶えてしまったのか…orz

504 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 17:33:16 ID:???
>>492
それは現在の考え方すぎる気がする
あの時代、身分ある女の殆どは親のいうままに嫁いだろうし、政略結婚のため理想的な嫁ぎ先ばかりとは言えないと思う
カタリナはあの時代の人間として自分の立場ややるべきことを十分自覚していたと思うよ
現代の同じ年の娘の感覚で推し量るのはナンセンスだと思う
むしろカタリナのこれからの生活のために少しでも有利に交渉しようとしたコンスタンシアに母の愛情を感じた


505 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 17:40:00 ID:???
>>502
でもさ、最終的に自分の子孫が王になるかどうかまで予測できないもんね。
そこに至るまでに犠牲を払ってるし。ブラガンザ公家はジョアン二世の代で
弾圧されてる。アフォンソの孫は処刑され、財産没収で一家はカスティリアに亡命。
ジョアン二世はペドロ王子の孫だったから爺さんの敵をとったわけ。ペドロの
摂政政治を模範にしてたそうな。

なんか、アルカサル主人公のドンちゃんってポルトガル王家の血を濃く感じさせるな。
ジョアン一世一家を見てるとポルトガル王家は優秀な人が多そうだけど、お家騒動も
激しそうだし、気性もちょっとアレなのかも。

>>503
直系は途絶えてるけど、ジョアン王子の血筋がカスティリア王家やブラガンザ公家
に流れてるから・・・

506 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 17:41:31 ID:???
>>504
嫁ぎ先に関して選択権が娘自身になかったことや、それが当たり前なのは言う通りなんだが、
この場合は嫁ぎ先に問題があるのではなく、心情的に嫌だからと嫁ぐ娘の結婚式に出なかったことが問題じゃないのか?

トラスタマラ家との交渉にしても、カタリナに領地を貰っただけでなく自分も結構な領地を貰っている
単純に娘への愛情ゆえに…と思えない
ないとは言わないが、トラスタマラ家を滅ぼすことができなかった後、
その敵の家に嫁ぐ娘の結婚式に出るのが嫌で欠席したことも、見過ごせないよ

507 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 17:45:25 ID:???
>>505
確かに、そうだな。
人生万事塞翁が馬だな。
弾圧されたり返り咲いたり、忙しいw

直系の血筋は絶えても、結構子孫は残っているものだ。
王位を継げるかどうかは別だけど。

508 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 17:49:35 ID:???
コンスタンシアのエピソード、感動的に見てたのは自分だけだったのか・・・
コンスタンシアにとって相手は憎い親の敵の子孫であるのに対し
カタリナにとっては見たこともない祖父の敵といっても実感が湧かないだろうから
カタリナは母ほどのこだわりが相手にないだろうし、それでも母が出席たくない心情も思いやってあげれてると思った

509 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 17:53:07 ID:???
>>508
うん、カタリナはちゃんと自分を取り巻く状況を理解した上で親の気持ちも汲み取っている、頭も気立ても良い子だと思ったよ。

ポイントは、必ずしもそういう子供に恵まれるとは限らないこと。
隔世遺伝でドンちゃんに似なくて良かったねw

510 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 17:56:10 ID:???
ページ数の関係で、カタリナについては個性や人柄が判るほど描写されていないしね
親への反発があったしても、とてもページを割けないだろう
個人的にはそういう母娘の確執を乗り越えて、カスティリア女王たらんとする自覚を芽生えさせるカタリナの話も読んでみたいが

511 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:00:15 ID:???
カタリナどころかコンスタンシアの妹のイザベルも、個性がはっきりするほどの描写は…w
外伝ではカタリナ視点やイザベル視点での話を読んでみたい。

512 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:03:21 ID:???
>>508
感動的は感動的なんだが、敵の家に嫁いでこの先ずっと大変な日々を送るであろう娘の結婚式には出てやれよとオモタw


513 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:12:44 ID:???
政略結婚で迎えた王妃を熱愛する父王
王妃フィリパの産んだ王子はみな優秀
アフォンソはエンリケと違って精神的な逃げ場が無さそうだね

514 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:12:53 ID:???
カタリナよりも、むしろベアトリス亡き後、全てを一身に背負わなくてはならなくなったコンスタンシアの方が相当気の毒だった
庇護してくれる親も無く、目的の為に結婚も決めて、弱音も吐けなかっただろうなと。逃げ場がないからね
コンスタンシアとイザベルの人生のどちらかがいいかと思ったらイザベルの方が断然いいな
あれだけの重圧を背負わなくていいし、旦那は浮気しないしw


515 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:15:34 ID:???
アフォンソ、かわいそうな奴だw
普通ならそこで自分は庶子だからと一線を引くんだろうが
嫡出子たちを押しのけてのし上がっていく過程も読んでみたいぞ


516 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:19:23 ID:???
>>503
ポルトガル王の血筋は絶えたけど、息子のジョアンはスペインのイザベル女王
の祖父(>>494参照)だし、さらにそのイザベル女王の娘の三女マリアと、
ドゥアルテ王の孫のマヌエル1世(最初の妻はイザベル女王の長女イザベル)の
娘が、ハプスブルグ家のカール5世の皇妃イザベルだから、血筋自体は細々と
続いているのでは。

…ここまでの流れとも合わせて考えてみたら、ハプスブルグ家の流れを汲む
少佐は、ドン・ペドロ(及びコンスタンシア)やエンリケの子孫というだけで
なく、ジョアン1世とフィリパ、さらにジョアン1世の庶子アフォンソの子孫
にもなる訳だが。

517 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:23:22 ID:???
>>514
う〜ん。カタリナよりもコンスタンシアが気の毒という弁護はちょっと。
気の毒だから娘の結婚式に出なくても別に…という理屈はね。
皆それぞれの立場で大変なんだよ。
コンスタンシアの悲願については20年近くかけて達成してとりあえず終わったわけだが
今度はカタリナが一生をかけて、それまでの敵の家、敵の国で苦労していくわけだ。
だからこそ結婚式を見届けるくらいはしようよと思ったが…。

とは言え、コンスタンシアよりイザベルの方がいいというのには同感。
コンスタンシアもイザベルも父王の死後、苦労したけれど、1つだけ良かったと思ったのは
互いの嫁ぎ先が近くて気軽に行き来し、支えあうことができたこと。
ドン・ペドロ王が健在で、普通に輿入れしていたら、それぞれ離れた国に嫁がされて
こうは行かなかっただろうな。

518 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:24:04 ID:???
あの結婚式の母不在は政治的な駆け引きがかなり作用してるんですよ
だから母としての感情論じゃなく、カスティリア女王の立場での行動です。

欠席することであくまでトラスタマラを簒奪王家として扱って正当な王家としては
本意ではないが合意している、ことを世間に主張してる。
しかも式への出席を「拒否する権利がある」、ということはトラスタマラより上なのが明らか。

それらはすべてカタリナの嫁いだ後の待遇に影響するので式欠席のメリットが十二分にある。
カタリナの持参金やコンスタンシアが得た領土(死後はカタリナのモノ)も
変な言い方だけど、いかに高く売れるか(高く支払っても欲されるか)が勝負
高く売るほどカタリナは「亡命者の子孫」ではなく「正当な継承者」として評価されてるという結果になる。

519 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:25:37 ID:???
>>516
少佐、すげ〜!

520 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:30:34 ID:???
>>518
それならいっそ、コンスタンシアによるホアン1世の戴冠もしなければいいのでは?

いや、結婚式という他国の使節や諸侯が集まる場で、そのパフォーマンスをする方が
ドン・ペドロの血筋の正当性の主張として効果的だよ。
この結婚によって、簒奪王朝のトラスタマラ家を認めてやるという意味で。

そもそも結婚式に出ない母親の感情ついて言及したのはランカスター公。
だから言葉通りに敵の孫に嫁ぐ娘を見たくなかっただけだと思う。
駆け引きならそう言っていただろう。

521 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:33:36 ID:???
なんか錯綜してるけど>518は史実で言ってて>520は漫画の台詞からの推測だよね?


522 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:35:26 ID:???
コンスタンシアが出なかったのがそこまで問題なのかw
カタリナが苦労する苦労するというが、いや実際苦労はあるだろうけど
カタリナの存在ゆえに正当な王家になれたわけだから、決してカタリナを粗末にしないと思うが

523 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:36:15 ID:???
あれ?戴冠は青池せんせの創作でなかっった?

524 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:36:26 ID:???
>>518
そんな阿呆な!
これだけの戦争になって、周りの国々まで巻き込んで
多額の賠償金まで払って和平を結んで結婚式を挙げているのに
亡命者の子孫とケコーンしてやるなんて、いくらトラスタマラ家が主張しても
誰も信じないよw

むしろ、作者がクライマックスにコンスタンシアによるホアン1世の戴冠を
持ってきたかったから、結婚式が外されたんじゃないのか?
あれが史実かどうかは知らないが、フィクションなら
結婚式でも顔を合わせなかった敵の子供同士の初顔合わせという
場の演出をするために…

525 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:38:18 ID:???
実はフィクション
コンスタンシアはちゃんと娘の結婚式に出ましたというオチが1番ありそうだなw

526 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:39:04 ID:???
>>524
政治ってそういうもん
味方の数が多く上手く主張したもんが勝ちな側面は常にある
だから王家の結婚は難しいw

527 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:41:12 ID:???
ていうか、>>518は単なる推測だろ?
頑張って主張している人には悪いがw

528 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:42:35 ID:???
ていうか、史実はどうなのよ?
戴冠したの?式欠席したの?

529 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:42:57 ID:???
>>527
ヒント   断定口調で書いている人に限って、反論されても脳内理論を繰り返すだけでソースを出せない


530 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:44:30 ID:???
前スレだったか、戴冠式は史実ではなくフィクションと言っていた人がいなかったっけ?
それが正しいなら、>>524-525が当たっているのでは?

531 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 18:59:03 ID:???
そもそも
>式への出席を「拒否する権利がある」、ということはトラスタマラより上なのが明らか
とか、おかしくないか?
結婚式への出席してくれと言われた、だが出席できなかった、だから上って

実際は格下の国だって、国でごたごたが起こったら王は娘の結婚式への出席を見合わせて帰国する
ランカスター公がまさにこれだよね

世間に対するアピール云々は、戦争を通してもうさんざん行われている
トラスタマラ王朝がそれだけでは立ち行かなくなってるのは、
町の代表者たちが国庫の監査を要求している史実だけでもう明らかだろう

持参金に関しては結婚前に決められるもので、結婚後に増額されることはないし
逆に結婚式に両親が出席しなかったことで、面白くないと感じた人たちによって
結婚後のカタリナに対する待遇が悪くなる可能性の方がよっぽどありそうだ

悪いが、>>518は厨臭い臭いがぷんぷんする
いやこれは史実だと言うなら申し訳ないが、ソースを示してくれないか?

作中では
>そもそも結婚式に出ない母親の感情ついて言及したのはランカスター公。
>だから言葉通りに敵の孫に嫁ぐ娘を見たくなかっただけだと思う。
>駆け引きならそう言っていただろう。
という設定なんだし、そちらこそフィクションだというなら
>>518が史実と証明できる典拠を挙げてほしい

532 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 19:00:38 ID:???
うろおぼえだけど
領地や金貨をコンスタンスと夫が受け取ったのは
娘の代価じゃなく、夫妻が持ってる「カスティリア王・女王」の称号を手放す代価だったはず

533 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 19:04:20 ID:???
>>515
アフォンソは描きようによってはエンリケなんかよりずーっと魅力的な悪役になれると思う。
エンリケは結局父親に甘やかされてカン違いしたままのへタレなんだよね。
「奪ったのではないぞ、取り戻したのではないか」とか言っちゃって、自分に正統性がある
というのは父親の愛だけが根拠なんだから。結局、カン違いさせたドンちゃん父が悪い!
と私は最後に怒りますたわ・・・

ポルトガルのアフォンソの場合はそんなカン違いしようがない状況だもんね。だから王位なんか
狙わずに実質権力を狙う、と。異母弟達を押しのけて甥の王のお気に入りになる所なんて頭いい。
異母弟達は品行方正なお坊ちゃまって感じでアフォンソの方が一枚上手だったかも。
エンリケは結局形だけの王位しか得られず何の実権もなかったから、悪役レースでは権力を握った
アフォンソの勝ちね。旧ポルトガル王家の当主は今もブラガンザ公と呼ばれてるし。


534 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 19:05:09 ID:???
>532
称号というより継承権保持者と「主張する権利」の放棄って感じかとw
権利放棄後に夫妻に子供が出来てもその子はカスティリアの王権には無関係。

535 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 19:06:15 ID:???
領地に関しては結納金だよ。
だから娘を嫁がせる代価。
ランカスター公にカスティリア王の称号を手放させた代価が金貨だよ。

536 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 19:11:51 ID:???
>>533
禿胴。
ドンちゃん父の扱いが、庶子と嫡子の対立の原因になっているよ。

立場的にはドンちゃんの方が庶子に恨みを持って、ぬっ殺すぐらいしても不思議でないが
ドンちゃんは父親を尊敬していたし、庶子に対しても最初は信頼して自分の希望を語ったりもしている。

そんなドンちゃんを裏切って、とうとう暗殺したのがエンリケ。
同母の弟たちを殺させたり、妹を不幸にしたりとやりたい放題。
国がこれだけ荒れたのも、ドンちゃん父の子供の教育方法を間違えたせいとしか思えない。

537 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 19:15:56 ID:???
>>535
当時の王家の結婚は、娘の親の方が持参金をつけて輿入れさせるのが
一般的だと記憶しているが、トラスタマラ家の方が結納金として領地やら
娘の親に金貨やらってw


538 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 19:57:39 ID:???
そもそも一般的な結婚じゃないじゃん

539 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 20:10:20 ID:???
明らかにトラスタマラ王朝どん詰まりで
戦争を止めてもらうのと
正当な血統を買うための結婚だなw

540 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 20:25:13 ID:???
イギリスとしては、ドン・ベドロ王の借財のカタに抑えていた姉妹は奇貨だったろうな。
ドン・ベドロがぬっ殺されて、人質の価値もなくなった。
それこそ持参金も何もないが、あえて王子と結婚させて簒奪王朝に対する正当な王朝を
主張するのにしても、時流を読まなければならない。
トラスタマラ朝の失政がなかったら、こう上手く行かなかっただろうし。

にしてもイギリス的にはこの顛末、手放しで大喜びなのか収支トントンなのか、
はたまた実は損が出ていたのか、どうなんだろう?
結局、ランカスター公とその子孫がカスティリア王家を継いだわけではなく
あくまでカタリナがトラスタマラ王朝に輿入れした形だからね。

コンスタンシアの貰った領土もやがてはカタリナに、そしてカタリナの血を引く
トラスタマラ王朝の誰かに譲り渡されるものだし、ランカスター公は金貨は得たが
ドン・ペドロの借金やら、結婚に関して得られたであろう持参金やら、
戦争に関する費用を賄って余りあるだけの金貨は得られたんだろうか?

後はカスティリアの対イギリス政策が友好的なものになっていればいいんだが
羊毛に関する国益問題は解決したんだろうか?

541 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 21:22:16 ID:???
カタリナが敵国で心細かったとは思えないなあ。ランカスター公の所で亡命政権を
作っていたカスティリア人達が一緒に来ただろうし(ロドリゲスが生きてたら
トラスタマラ朝を完璧に打倒できたかも?と思うと悔しいが)、ロペスの娘が
カタリナの側近として権力を振るったらしいんだけど既出?

コンスタンシアとイサベル姉妹も、亡命者といってもイングランド宮廷で
デカイ顔をできたと思う。王の娘として、姑のフィリッパ王妃や皇太子妃ジョーンより
生まれの格は上だもんね。コンスタンシアに至っては女王だし。当時は王位継承権が
何よりの財産だから。姉妹はガーター騎士団の女性勲爵士なんだよーん。かっこええわ。

>>540
ランカスター公が貰った金は、黒太子がドンちゃんから踏み倒された戦費と今回の侵攻の戦費の
合計に見合うもんだったのかな?イングランドが得た物はドンちゃん同盟者としての信義を最後まで
果しましたという体面上の優位だけ?この後、もしカスティリア王家に継承者がいなくなった場合に、
イサベルの子孫のヨーク公家から王が出せる可能性もあるし。結局イングランドはこの後カスティリアより
ポルトガルとの友好関係を続けるわけだけど。

「黒太子のルビー」が収穫か。あれは戴冠式じゃなくて、国会の開会式でいつも英女王が被る王冠の正面にある奴ね。
(侍従に付き添われて毎回馬車で国会に運ばれる王冠!)数ある英王室の王冠の中でもテレビや新聞で一番目にする。
「ルビー」は世界で一番知られた宝石の一つかもね。派手好きのドンちゃんは満足でしょう。


542 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 22:17:27 ID:???
コンスタンシアとイザベルに関しては、生まれついての王女ではないという問題があるよね。
愛妾だった母親がドン・ペドロと結婚して繰り上がって王女になった。
母親の身分も低いし、キリスト教文化圏では結婚してから生まれた子供は嫡出子だが
それより前に生まれた子供は後で両親が結婚しても庶子のままという解釈もあるから
実は姉妹の出自はトラスタマラ王朝のエンリケとどっこいどっこいの一面もある。
姑や皇太子妃より生まれが格上とも言い難いんだよね。

だからこそ>>474で指摘した、ポルトガルのフェルナンド1世とベアトリスの結婚が理想的だったんたが。
夫婦で互いの立場を補強し合ったものだったのに、よりによってテリョス…。

ロペスの娘に関しては、このスレでやがてカタリナに遠ざけられたって出てなかったっけ?

ランカスター公は最初の20万ポンドはゲットできたが、その後の支払いは滞りなかったんだろうか?
カスティリアの財政状況は火の車だったし、2年後にはホアン1世も死んでいるし。
王妃になった娘の立場を考えたら、厳しく支払いの取り立てもできなさそうだ。

543 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 22:25:36 ID:???
>>491に出てくる英国のキャサリン女王、スペイン王とケコーンしたんだよね?
従兄妹婚になるのか?
しかし夫婦仲は…さすが両方ともドンちゃんの子孫という感じで睦まじいとは言い難く
結局小梨で王位はエリザベスに…。

しかしエリザベスが即位しなかったら、その後の英国王室の繁栄はなく、
スコットランドとの平和的併合もなかっただろう。
エリザベス女王も母親の身分が低いし、父王の結婚問題で出自も問題があったし、
下手をしたら英国がスペインに併合されていた可能性もあった。
国のトップ同士のケコーンも、難しいよ。

544 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 22:48:44 ID:???
ドンちゃん、黒太子の援助を引き出すために4つの海軍基地とビスカヤの領地を渡しているよね。
英国的には損はないんじゃ?
それともエンリケが王になって、反故にしたのか? 
そんなこと出来るかどうか知らないが。

ナバーラ王を同盟に巻き込むために領地を渡しているし
父祖から継承した王国を完全に保つために敵の勝利を望んだのは
イスラム教国家限定だったのかな?


545 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 23:24:39 ID:???
>>542
確かに姉妹の生まれ自体は王妃や皇太子妃に劣るかも知れないけど、イングランド
に渡った時点ではカスティリアの王位継承者だからね。イングランド議会も認めてる
わけで。フィリッパ王妃は優しい人柄で有名だから、姉妹は嫁ぎ先であまり苦労は
しなかったと思う。どころかデカイ顔してたんじゃないかと思うのは、この後
ランカスター家とヨーク家間でバラ戦争が起こること。姉妹のデカイ態度が両家に
影響した?とか飛躍し過ぎだけど想像しちゃった。イサベルの孫のヨーク公が
本格戦争突入の発端だから、ドンちゃんの熱い血ではないかと。

>>543
キャサリン女王じゃなくてメアリー女王ね。母がキャサリン王妃。夫婦仲は
悪くないんじゃない?メアリーは必死で子供を作ろうとしたが果せなかっただけで。
エリザベス女王はドンちゃんから7代目の子孫。海のライバル、フェリペ二世
(メアリー女王の夫)もドンちゃんから7代目。七つの海、七つの空です。

546 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 23:39:25 ID:???
コンスタンスがドンちゃんママに似てた、というのに異論
確かに血筋とか王位奪還とかにはこだわってそうだけど
トラスタマラ王朝に嫁ぐ時仇に嫁ぐことに落胆を見せたが
司教にさとされて父が仇敵を倒すより祖国が混乱することを
一番懸念したことを思い出して王族としての誇りを失わなかった
従者の子供を宿す王妃として恥知らずな行いに及んだ
ドンちゃんママとは違う

…とゆーても恥知らずな行為の元凶はドンちゃんパパだ

コンスタンスは、アルフォンソの噴水wと言ってた子がこんなに
立派になって私は嬉しかったよ

547 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 23:39:53 ID:???
>>545
おっと、名前の勘違い、スマソ。
バラ戦争に関しては、少なくともランカスター家にはコンスタンスの血が残っていないんじゃあ…?
先妻と愛妾の子孫が残っていたんだよね?
コンスタンスの死後、愛妾が正妻に納まったとか、愛妾の子孫が先妻の子孫に
受け継がれるべき領土まで相続したとか、このスレで出ていなかったっけ?

その頃にはイザベルも死んでいるが、イザベルの子供たちは伯母の苦労を見ていて
愛妾の子孫許すまじ!と戦争を吹っかけたりしていたら、歴史は繰り返すだな。

548 :愛蔵版名無しさん:2007/11/17(土) 23:45:52 ID:???
>>546
ドンちゃんママだって、夫に愛されそれなりに遇されていたら
あそこまで酷くはならんかったのでは?
気弱で大人しくて魅力がないとか何とか言われていたくらいだし

コンスは少なくとも、夫からも周囲からも丁重に扱われていた
夫の愛人の姉からはねちねち苛められていたようだがw
味方も多く、妹も支えてくれていた

その辺りの扱いの決定的な違いが、マリア母太后とコンスの違いになったのかもね
まあなんだ、1番悪いのはドンちゃんパパだ、うん

549 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:02:33 ID:???
>>546
同意
>コンスタンスがドンちゃんママに似てる
というのにどうしても納得できないでいた

ドンちゃんママも同情されるべき人ではあるが

550 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:07:09 ID:???
祖母と孫なんだから、似ているところがあっても別に不思議じゃないがw
一粒種の我が子を王位に就かせる執念を受け継いでいて、
コンスはそれをいい風に活かせたでいいんじゃないのか?

551 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:08:59 ID:???
コンスをドンちゃん似の風貌に成長させた以上、ドンママにも似てしまったんだよね
だから二人をだぶらせてしまう人もいる
それがコンスの不幸だw

552 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:11:35 ID:???
そうなるとドンちゃんとドンママもそっくりということか

553 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:12:46 ID:???
ドンちゃんだってドンパパと同じく自分の王妃を遠ざけ幽閉していた
「やっぱり親子だ。似ているな」と作中で何度も指摘されていた
ドンパパがする分には間違っていて、ドンちゃんがするのは正しいというわけでもない
遺伝や環境が影響して良くも悪くも子供は嫌でも親や祖父母に似る
それをむきになって否定してもしょうがない

554 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:14:28 ID:???
>>552
ドンちゃんはドンママにも似ているし、ドンパパにも似ているルックスだよね
まあドンパパママも遠い親戚だから似ていても不思議じゃないんだが
描き方が上手いよな

555 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:15:13 ID:???
それは似るだろうけど、コンスタンスの行動を祖母そっくりというのも極端かと
動機や結末も違うし

556 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:18:12 ID:???
何このドンちゃん騒ぎは?www



マジレスすると、別にそっくりと主張している人はいなかったと思うぞ
似ていると指摘されただけでそっくり呼ばわりされたと思い込んで
むきになって否定する方が過剰反応だ

557 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:21:12 ID:???
ざっとレスを見たが、コンスとドンママがそっくりという指摘はなかった
それに対して

>コンスタンスがドンちゃんママに似てた、というのに異論

>>コンスタンスがドンちゃんママに似てる
>というのにどうしても納得できないでいた

反対派は似ていると言われるだけで許せないっぽい書き方だ
もちつけよ

558 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:21:33 ID:???
>>547
そう。ランカスター公家にはコンスタンシアの血は残ってないね。で、バラ戦争
の元凶はランカスター公の先妻の長男のヘンリーが従兄弟のリチャード2世から
王位を簒奪することなんだけど、このヘンリー(四世)の態度のデカさは元々野心家だった
父親がカスティリア女王と結婚して益々態度がデカくなったのが影響してるんじゃ?と
思っちゃうの。コンスタンシアの死後、ランカスター公は愛妾キャサリンとヨリを
戻して正式に結婚するけど、長男のヘンリーはこの結婚の子孫達には王位を相続
させないように決める。でも、結局ヘンリーの直系は絶えて愛妾キャサリンの子孫
が戦争に勝ってチューダー朝を開くが、開祖ヘンリー七世はその出自が後ろめたいから
(庶子ではないが王位継承権はない家系)ヨーク家の王女(イサベルの玄孫)と結婚して
正統性を得る。カスティリア王家と似たような事情で歴史が繰り返されたんだわさ。


559 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:22:12 ID:???
似ていないと思ういう意見もむきになって否定している気もするけどね

560 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:23:38 ID:???
>>558
詳しい解説、d!
なるほど家風として受け継がれているというのはあるかもなw

561 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:27:04 ID:???
ドンちゃん騒ぎはもうお腹イパーイw
似ていると思いたい人はそう思えばいいし、似ていないと思いたい人はそう思っていればいいじゃないか。

そこまでむきになるネタなのか?


562 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:34:51 ID:???
顔は親子・一家で似るように描かれてると思う。
アラゴン王家・・・面長、顎長、鼻長
ナバラ王家・・・・しゃくれ顎、特にブサ
フランス王家・・・鼻長
英国王家・・・・・髭面
ポルトガル王家・・わりとイケメン。ドンちゃんの母方だから?

563 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:36:17 ID:???
>>562
アラゴン王家の王女は確かに気の毒だったw

564 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:38:08 ID:???
異母妹はそれなりに美人だったね
ちょっとふくよかだけど

565 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:42:38 ID:???
ブス姫ホアナは、確かにw
異母妹レオノールのように他国に嫁ぐのが自然な生まれだったのに
伯爵家に嫁いだということは、やはり容貌のせいで貰い手が…?

そう言えばホアナの血筋はアラゴンを継がなかったんだよね?
レオノールの次男が候補に挙がった時、ホアナの2男1女は候補から外されたのかな?

566 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:46:04 ID:???
レオノール王女は父親のアラゴン王ではなく母親に似て救われた感じだねw

567 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:50:50 ID:???
そう言えば、ふくよかな体型の女性は出産時に負担が大きいと聞いたことがある
当時の医療レベルは高くないだろうし、そのせいでひょっとしたらレオノールは…

568 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:53:17 ID:???
血や地位より容貌が上なのか
酷だなw

レオノール、安産体型に見えたのに意外だな

569 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 00:56:49 ID:???
「我が娘とは思えぬほど美しく可憐な娘であったぞ・・・」
アラゴン王は自分を良くわかってるところがエライ!身の程知らずのエンリケ
とは大違いだわ!

570 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 01:02:41 ID:???
エンリケは顔だけは良かったがw

571 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 01:05:08 ID:???
アラゴン王家の容貌も、男ならそんなにひどくはないと思うぞ。
それなりの男前に見えなくもない。
ただ、女の場合は気の毒だ。

エンリケは母親に似た感じだね。

572 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 01:12:14 ID:???
エンリケが伯爵に見えて困った時期がある
作者のお気に入りかと思ってたよ
その割には最後の扱いがむごくてあれ?と考え直した

573 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 01:53:05 ID:???
>>565
前にここでホアナの子孫について話題が出た時に
その時点で血筋は途絶えてた(子供達みな早世?)と
読んだ気がする。

574 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 02:16:58 ID:???
>>573
3人とも若くして?
気の毒だな…

575 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 04:39:45 ID:???
ホアナ、性格はおっとりと可愛くて好きだった。
顔はほんとに父親に似すぎで可哀想だなw

576 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 07:48:39 ID:???
フィリパと結婚する前のジョアン1世と縁談話があった女性

その1 性悪王妃テリェス
    ベアトリス女王即位後の混迷する政局を打開するため
    ジョアンとテリェスを結婚させ、2人でポルトガルを統治することが
    提案されたが、愛人アンデイロ暗殺の黒幕だったジョアンとの再婚をテリェスは拒否
    ポルトガルの内戦は不可避のものとなる


その2 ランカスター公女 カタリナ
    イングランドの同盟の証としてジョアンはランカスター公の娘と
    結婚することになったが、イングランド側からカタリナとフィリパを選ぶことが許された
    カスティリアの王位継承権を持つ若いカタリナを選ばず、ジョアン1世はフィリパを選んだ。
    ポルトガルの再建を第一に考えたジョアンは、カスティリアの王位継承争いに巻き込まれるのを
    嫌ったためである。



ジョアン1世は国力差を無視してカスティリア王位に
執着していたフェルナンド王はもちろん
国力が疲弊するのを無視してイベリア半島の覇者を目指した
ドンちゃんよりずっと賢明な人だね
          

577 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 08:39:21 ID:???
>>576
そうなんだ
詳しく知りたいので出典教えてほしいな

578 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 11:01:09 ID:???
>>576
なるほど
それにしてもテリョスがジョアンとの再婚を拒否したのは意外
愛人の死なんて忘れて、あっさり切り替えて乗り換えるタイプだと思っていたが

ジョアンがカタリナではなくフィリパを選んだのは納得
さんざんカスティリアに政治介入されて、国が乱れた後だしなぁ
にしても、子供や孫の代も外国の王位継承権を持つ姫ではなく、手近で相手を見つけ過ぎw

579 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 11:11:41 ID:???
テリョスじゃない、テリェスだった
すまんかった

580 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 11:16:27 ID:???
テリェス、愛人には並々ならぬ愛情を捧げていたんだろうか?

581 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 17:43:51 ID:???
ジョアン1世がテリェスに振られたわけ?振られなかったら結婚してたの?
なんかアブねーわ。結婚した途端に一服盛られそう。

582 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 19:04:30 ID:???
>>577
エンリケ航海王子 大航海時代の先駆者とその時代 金七紀男 刀水書房

著者がエンリケ航海王子の生涯を語るには
アヴィス朝の成立を無視することは不可能と判断したので
ジョアン1世の生涯にも多くの記述を割いている歴史ノンフィクション

第一章 「中世の秋」でフェルナンド王が
カスティリアの内戦に干渉した後テリェスと結婚した経緯が簡略に記述されている。
第二章 「アヴィス王朝の成立」はジョアン1世が主役の章
第六章 「ペドロの摂政期」ではポルトガル王家のお家騒動が詳しく説明されているよ

「アルカサル」の外伝兼後日譚としても楽しめる良書



583 :愛蔵版名無しさん:2007/11/18(日) 21:49:33 ID:???
577じゃないけど、おもしろそうな本の紹介ありがd

584 :愛蔵版名無しさん:2007/11/19(月) 12:00:48 ID:???
歴史小説って、骨太で好き
でも、読みながら無意識に萌えるキャラを探している自分に気付く

585 :愛蔵版名無しさん:2007/11/19(月) 14:10:04 ID:???
萌えるかどうかはともかく
誰か感情移入できる人物がいないと厳しいかもね>歴史もの

586 :愛蔵版名無しさん:2007/11/19(月) 14:49:02 ID:???
会社の先輩が貸してくれたので退屈しのぎに読んでみたら
すっかりはまってしまい週末かけて全巻読破しました
やふーで検索してみたけどアルカサルのファンサイトってないんすかね
そこまで熱心なファンがいないのか
おもしろいのに

587 :愛蔵版名無しさん:2007/11/19(月) 14:58:35 ID:???
>>586
アルカサルのファンサイトあるお。
探しているのが二次創作サイトってことなら、
簡単に検索にはひっかからないだろうけど。

588 :愛蔵版名無しさん:2007/11/19(月) 18:04:10 ID:???
>>587
ありがd!
アルカサル+ファンサイトで歴史探求型のファンサイト探したんだけど創作サイトすら見つからなかった
探し方が悪いのか…orz
複数あるのでしょーか

589 :愛蔵版名無しさん:2007/11/19(月) 20:44:58 ID:???
>>511
イサベル中心の外伝とか出来たら、すごくのほほんとした
話になりそうw イサベルも姉妹の末っ子でおっとりしたイメージだし、
夫のヨーク公もほんわかしたイメージ。
なんたって、ランカスター公は野心が強そうだから、
摂政には欲のなさそうな人をって事で選ばれた人だし。
一国の摂政で地位もお金にも不自由しなそうだし、
イサベルはいいダンナさんに恵まれたよね。


590 :愛蔵版名無しさん:2007/11/19(月) 23:26:25 ID:???
うん、イザベルは幸せな天寿をまっとうした感じだよね。
夫には愛妾はいないし、子宝3人に恵まれたということは夫婦仲も良さそう。
姉とも頻繁に会える距離に暮らしているし、周囲も大切にしてくれている感じだし
父の無念も姉が晴らしてくれたし、我が子とも遠く離れて暮らさずに済んだ(んだよね?)。

案外、ドンちゃんが生きていて手近な国に嫁がされていた方が苦労したかもね。
あのポルトガルとか見ていると、そう思う。

591 :愛蔵版名無しさん:2007/11/19(月) 23:56:15 ID:???
あれ?イザベルってアラゴンの鼻ホジ王子の婚約者だったっけ?
姑が肝っ玉王妃なのはOKとしても、舅がアラゴン王では苦労する…かな?
家族を意外と大切にしてるっぽいアラゴン王だから、それほど悪くはなかったかも。

592 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 00:51:14 ID:???
イザベルは姉妹の中じゃ本当に一番幸せそうだよね
ドンちゃんはいい男だけど、夫にしたいタイプではないよね
ロドリゲスもいい夫タイプだと思う

593 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 00:51:25 ID:???
当時の婚約関係は、ころころ変わるからなぁ…
ブス姫ホアナやレオノールだって、何回縁談が持ち上がり相手が変わったっけ?
イザベルたちの弟のアルフォンソも確かアラゴン王女と婚約していたんだよね?

594 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 01:00:29 ID:???
>591
舅によく似た姫が産まれたら、苦労はしないけど苦悩しそうw

595 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 14:28:22 ID:???
娘の嫁入り先確保のためにアラゴン王と共同謀議するイサベルw

596 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 15:12:56 ID:???
>>595
実家に泣きつけば、おk
可愛いイザベルのため、ドンちゃんもマリアも何とかしてくれるw

597 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 19:00:44 ID:???
>>576
同じ庶子でも、トラスタマラのエンリケ・ポルトガルのジョアン1世・ジョアン庶子のアフォンソ
それぞれ違うねえ。面白い。

私も、ポルトガル王がてのひらをかえしたように長女ベアトリスを追い返した経緯が
よくわからなかった。外国の争いに巻き込まれたくなかったから? にしても
条件(ベアトリスは王位継承権もち)は格段にいいはずなんだけどなあ。

>>547
バラ戦争の遠因は>>558の通りリチャード2世(黒太子息子)の失政と後継問題に
つけこんだヘンリー4世(ランカスター公と先妻の息子)の簒奪だけど、
直接のきっかけは百年戦争に負けたことと、当時のヨーク公(三女イザベルの孫)と
ボーフォート家(ランカスター公と愛妾後に三番目の妻キャサリンの子孫)の争い。
どっちかっつーと、ドンさんパパと愛妾レオノールの息子エンリケを庶子と見下していた
アラゴンのフェルナンド(ドンさんのいとこ)の関係に近いかも。
どっちも、見下していた側が結局負けてるし(;´Д⊂)

598 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 19:11:15 ID:???
>594
外側が舅(アラゴン王)で中側がドンさんでしかも姫だったら苦悩では済まないかもw

599 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 19:24:13 ID:???
中側がドンさんならすごい烈女だな

600 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 19:40:59 ID:???
>598
逆ならいいかも?サド目の美形で堅実な姫
あ…でも風呂嫌いが(汗)

601 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 22:19:30 ID:???
>>597
リチャード2世にはドンちゃんと同じものを少し感じるわ。幼少で即位すると
周りの大人達に政治を牛耳られて育つけど、そういう人に限って成人すると専制君主化
する。自分の選んだ寵臣だけで国政を仕切るから、以前の有力者に反抗されて破滅すると。

ヨーク公はリチャード2世と反対派の有力貴族の板ばさみで苦しい立場になっちゃう
から、イサベルも心穏やかじゃなかったかも。夫や息子が本格的に抗争に巻き込まれる
前に亡くなって良かったんじゃないかな。家庭生活はそれなりに幸せだったと
思いたいわ。


602 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 22:51:42 ID:???
そう言えばヨーク家はイザベルの娘の血脈が受け継がれていくんだよね?
長男と次男の血筋は途絶えてしまうのか…。

話は変わるが、エドワード黒太子はどうして「黒」太子と言われていたの?
黒いキャラなのかと思ったら騎士道精神を重んじる人だったみたいだし
黒髪黒目というわけでもないから、不思議だ。

603 :愛蔵版名無しさん:2007/11/20(火) 23:08:25 ID:???
>>602
wikiでぐぐっただけで出てくるぞ?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E9%BB%92%E5%A4%AA%E5%AD%90

604 :愛蔵版名無しさん:2007/11/21(水) 00:02:38 ID:???
>>602
次男リチャードの孫がエドワード4世とリチャード3世。直系はここで終わり
だけど、エドワード4世の娘がヘンリー7世妃で、二人の息子のヘンリー8世
以降の英国王は全員ヨーク家の子孫。あと、イサベルの娘の子孫とかエドワード
4世の弟の子孫とかいろいろ。


605 :愛蔵版名無しさん:2007/11/21(水) 00:11:40 ID:???
つか、wikiにもはっきり解っていないとあるね

wikiで興味深かったのは、デュ・ゲクランのその後かな
赤痢で死んだか
ざまぁ
ドンちゃんの死に様を思うと、もっと悲惨に死んでくれても良かったが


606 :愛蔵版名無しさん:2007/11/21(水) 09:56:13 ID:???
ニコ動に「組曲ポルトガル」ってのがあったよ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1210333

607 :愛蔵版名無しさん:2007/11/21(水) 19:25:18 ID:???
ポルトガル人はスペインが嫌いな人が多いんだってね

608 :愛蔵版名無しさん:2007/11/21(水) 20:59:48 ID:???
>>607
前にポルトガルに行ったとき、ガイドさんもそう言ってた。

609 :328:2007/11/21(水) 21:16:08 ID:???
たいてい隣の国とは仲悪いよね

610 :愛蔵版名無しさん:2007/11/23(金) 15:05:26 ID:???
>>601
>リチャード2世にはドンちゃんと同じものを少し感じるわ。幼少で即位すると
>周りの大人達に政治を牛耳られて育つけど、そういう人に限って成人すると専制君主化
>する。自分の選んだ寵臣だけで国政を仕切るから、以前の有力者に反抗されて破滅すると。

子供時代に周囲に押さえつけられ、好きな事をさせてもらえなかっりしたら
大人になってから爆発してしまうんだな。やっぱり。

611 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 00:16:07 ID:???
>>610
日本だけど源頼家思い出した。
もろそんな感じだ。


612 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 00:35:33 ID:???
周りの大人達も悪いよね。ドンちゃんママみたいに、息子が大人になって自分
の意志で行動するのが許せない。皆、今まで持ってた権力を手放したくないから。
でもママがこんなになっちゃったのは元はといえばドンパパのせいだからね。
ドンちゃんも少しはママを理解して欲しかったな。

613 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 12:16:47 ID:???
そういう意味ではブランシュも可哀想だったな。
私は王妃だから愛妾のことは気にしない発言で、あそこまで嫌われるとは。
それと似たことを後年、ドンちゃん自身の娘たちが発言しているんだが。
ドンちゃんの因果が娘たちに巡らなくて良かった。

614 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 12:29:48 ID:???
>>612
あそこまでひねくれてしまった母を少年ドンペドロが理解するのは無理
新婚時代にあの母が夫の歓心をひこうとどれほど努力したのかしらんが
あの根暗な性格じゃな…

どうせ愛妾など気にしませんわと得意げにドン父に言いのけたのだろう

615 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 13:29:15 ID:???
>>613
母の件がなければあそこまで嫌われなかったかもな>ブランシュ
母への嫌悪のとばっちりを受けてるように思った
ブランシュはその一点以外は権力に執着ないし、旦那も嫌って関心ないし、ロペスに純愛してるしドン母とは違うしね

ドンちゃんはドン母を肉親だからこそ客観的に見てやれなかったんだろうな

616 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 14:10:04 ID:???
身分ある女性は、結婚相手の男性に愛妾がいて当たり前
いちいち嫉妬したり目くじらを立てたり排斥せず、その愛妾や庶子にどう上手く対処していくか
そういう心構えやノウハウも普通に教育されていそうだね

そういう意味ではブランシュ発言もコンスイザベル対談も
当時としては当たり前の観念を反映しているように思えるんだが…
ブランシュも運が悪かったね

617 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 14:25:17 ID:???
かといってドンちゃんはブランシュが愛人に嫉妬でもしたらそれこそ母に似ているとうっとうしがりそうだ
ドンちゃん母は愛人を疎んじてたし。

618 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 14:37:19 ID:???
まぁしかし夫本人には言っちゃあいけない一言だよなぁ・・・


619 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 14:56:49 ID:???
そもそも夫が新婚ほやほやの正妻に自分の愛妾のことをどう思うか聞く方がタブーだと思うが

620 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 15:03:54 ID:???
>>619
誰か訊いたっけ?

621 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 15:04:31 ID:???
話をふったのはブランシュ本人だったような

622 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 15:06:26 ID:???
話を振ったブランシュに、ドンちゃんが嫌か確認しなかったっけ?

>>617の指摘通り、結局ブランシュがどう答えていても嫌いになっただろうな…。

623 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 15:33:44 ID:???
ドンちゃんは政略結婚に使われるべく教育されたお姫さまが嫌いなタイプってことだな結局のところ。
だからマリアと結婚してよかったかもね。
これでブランシュ死亡時に他国の王女迎えてたらまた同じことの繰り返しだったかもしれん。

624 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 15:46:54 ID:???
>>622
ブランシュが勝手に一人で話を振って自己完結しただけ。
1巻読み返せ。

625 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 16:05:01 ID:???
特にブランシュは宰相と母親に押し付けられた王妃という意識が強かっただろうからなぁ…


626 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 16:05:57 ID:???
>>623
だねえ。
アラゴンのブス姫だってひたすらおとなしくいいなりになりそうで
アラゴンの使者のいうとおりお飾りにしておけばそれでいいのに、
(容姿はともかく)政略結婚して、自分の隣にそのお妃が座っている図や
王の義務として後継ぎを作る行為自体が駄目だったのかもね。
ある意味潔癖症?

しかしそれは国王として致命的な欠陥だと思うが^^;。

627 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 16:07:38 ID:???
なんつーか、ドンちゃん擁護の余り
ブランシュやマリア母太后を必死で叩いている人がいるな
そこまでされると引く

628 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 16:11:56 ID:???
>>625
マリアがブランシュの死を悼んでいるシーンだっけ
マリアにとっては己の罪の象徴だが、ブランシュはドンちゃんにとって
傀儡の王の象徴だった云々回想するシーンかあったと思うが…。

そればっかりはプランシュ自身にはどうしようもないよな。

629 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 16:16:55 ID:???
反乱の象徴にされた王妃について
「あなたは悪くない。悪いのは自分たちを結婚させた神だ」
云々回想するシーンもあったな

いや、王妃に対するあまりな扱いに関してはドンちゃんが悪いってw
ドンちゃんやマリア贔屓の自分だが、あのシーンではそう思った

630 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 16:57:16 ID:???
マリアもブランシュも好きな自分が通りますよ
>「あなたは悪くない。悪いのは自分たちを結婚させた神だ」
ブランシュについては正しくこの言葉の通りだなと思う
唯一の救いはブランシュがドンちゃんを愛してなかったことだな

631 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 19:56:03 ID:???
あー…愛してたら昼ドラも真っ青の展開になりそうだ

632 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 20:14:49 ID:???
いや、幽閉までしたドンちゃんが悪いってw
都合のいい時だけ神様に責任転嫁は良くない

ドンちゃんパパに関してはこのスレでも文句なしに批判が殺到しているが
ドンちゃんパパだって、同じことを思ってマリア母太后を幽閉していたのかもよ
ドンちゃんパパに関して
「うん、そうだ。パパは悪くない。神様が悪いんだ」
と思っている人、いるのかね?


633 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 20:24:05 ID:???
DV夫が嫁さんを虐待する言い訳にありそうだ
>「あなたは悪くない。悪いのは自分たちを結婚させた神だ」
ドンちゃん、やっぱりひどい男だよ
ドンちゃん好きだけどね


634 :630:2007/11/24(土) 20:34:40 ID:???
ドンちゃんが悪くないなんて思ってないよ
ブランシュに罪はないって言いたかっただけ
ただドンちゃんは自分が選んだ相手以外の誰とも上手くいかなそう
人のお膳立てに乗るのが我慢ならないんだろう
ブランシュはドンちゃん以外に嫁いだらも少し幸せになれたかも


635 :愛蔵版名無しさん:2007/11/24(土) 20:49:19 ID:???
前半部分に異議を唱える人は、まあいないだろう
問題は後半なんだよね…
>「あなたは悪くない。悪いのは自分たちを結婚させた神だ」


636 :愛蔵版名無しさん:2007/11/27(火) 19:18:10 ID:???
亀だけど>>601,610,611
古代中国には両極端な例があるね。

晋の霊公は、父の襄公が若くして亡くなった時、年齢は一桁後半。
大臣たちの間で、暗殺や亡命が起きるすったもんだの末に晋の君主の座に着くが、
宰相は「真夏の太陽」に譬えられた、自他に厳しく押しの強いキャラ。
幼君は宰相から凄いプレッシャーを受けて性格歪みまくり、宰相の方はそんな自覚無し。
ハイティーンの頃には、熊の掌がよく煮えてなかったと料理人を殺害するなどの荒み様で、
何度か宰相暗殺未遂をやらかして、宰相が他国へ亡命しようとしたところで、
側近のひとりだった宰相の従兄の子に弑殺されてしまった。

一方、鄭の簡公は、父の僖公が宰相に弑殺され、その宰相によって擁立された時、数え5歳。
司馬(軍務大臣)の息子・子産20歳が側近に加わったことが、簡公の心の支えとなったのかも知れない。
宰相は独裁的な人物だったが、簡公8歳の時、司馬らとともに簡公の目の前で暗殺されてしまった。
後任の宰相は陰険な野心家で、人望が無い。人望は新任の司馬に集まり、宰相は何やら裏で企んでいる様子。
簡公17歳の時、信頼していた司馬が病没するも、宰相も前宰相ら暗殺の黒幕であったことと、
敵国と通謀していたことの証拠を大臣たちから突きつけられ、挙兵し討たれた。
簡公の長い忍耐がようやく報われ、子産が大臣の末席に加わるなど、鄭の国情にも明るい兆しが見え始める。
簡公28歳の時、ついに子産が宰相の座に就いた。「韓非子」はその時の簡公の言葉を伝える。
「民が憂えるならば、それは私の罪である。国が治まらないならば、それは卿の罪である。各々職分を守ろう」

637 :愛蔵版名無しさん:2007/11/28(水) 01:07:36 ID:???
いつもの人?
激しくスレチだよ

638 :愛蔵版名無しさん:2007/11/28(水) 05:16:03 ID:???
カスティリアかスペインの話ならともかく。
或いはドンちゃんが関わった時代またはドンちゃんの子孫絡みの周辺国の話ならね。
ここは国も時代も全然違う歴史に関する薀蓄を披露する場じゃないから。

639 :愛蔵版名無しさん:2007/11/28(水) 05:55:48 ID:???
ていうか
例があるならあるで、簡潔な文章にするか
ソースのURL貼るだけでいいのに。そんな長文…
>>638さんの言う通り、国も時代もまったく違うことを延々書かれてもね。
うんちくたれだと見なされても仕方ないな。

ところで、外伝って来年のいつ頃なのか
まだ分からないんだよね?

640 :愛蔵版名無しさん:2007/11/29(木) 13:55:44 ID:???
漏れが贔屓にしてるアルカサル考察に詳しい雀なブログではロペスは正妻1人に愛人1人なのに
別のブログの系図では死別後再婚したことになってる
後者は根拠とかなく書いてるみたいだからあてにならない希ガス
はっきり言って雀秀逸

641 :愛蔵版名無しさん:2007/11/30(金) 22:29:47 ID:???
正妻が複数って言うケースは、あんまりないだろう
死別や離婚しか考えられないんだからw

642 :愛蔵版名無しさん:2007/11/30(金) 23:50:21 ID:???
再婚が本当のことで、きちんとした記述をするところなら
「正妻(最初の妻と死別後再婚) 愛人1人」などと書くんじゃないか、ってことじゃないの?

643 :640:2007/12/01(土) 00:25:59 ID:ER5L/CC0
642のいうとおり
ガセのくせにもったいつけてパス規制してんのがムカつく
パス請求しても無視
よっぽど内容に自信ないんだなwww

644 :愛蔵版名無しさん:2007/12/01(土) 01:34:20 ID:???
管理人も基地外にはパスを教えたくないよね^^
こういう時の防波堤のためにパス請求制は存在する。

645 :愛蔵版名無しさん:2007/12/02(日) 10:10:37 ID:???
ふと、思ったんだけど、アルフォンソ11世は急死しなかったら、
ドンちゃんを廃太子してエンリケの息子(ホアン1世)に王位を
譲るという希望があったのは考えすぎ?
直接エンリケに譲れないから、王族の血をひくマヌエラと結婚
させる事で間接的に譲位させるというか。
なくなった時、既にかなり高齢だから無理か。


646 :愛蔵版名無しさん:2007/12/02(日) 17:13:29 ID:???
仮定の話を考えだしたら
歴史なんて無数にパラレルワールドが…。

647 :愛蔵版名無しさん:2007/12/02(日) 18:36:48 ID:???
>>645
ドンちゃん母が早世して、エンリケ母が王妃になれば
自動的に庶子から嫡子へと身分が繰り上がるので、不可能ではないかも。

「もしも(ry」というのは、後世に生きる人間だけが可能とする
歴史の遊び方だけどね。

648 :愛蔵版名無しさん:2007/12/03(月) 01:22:37 ID:CUraXm2n
マヌエラwww

649 :愛蔵版名無しさん:2007/12/03(月) 21:09:20 ID:???
>>645
さすがにそれは…。
ポルトガル王女を妃にして後継ぎ王子を作るという国王の義務は
ちゃんとわきまえていたと思う。
国王の権力がまだそれほど強くない時代だからなおさら。
それにヨーロッパで嫡子を廃した例ってあったっけ?

エンリケにはトラスタマラ伯爵の地位と王家の血を引く娘との結婚で
庶子だけど彼の子孫は王位継承権をもつ家系になる、これが
アルフォンソ11世にとって最大限の親心であって、ペドロ王子を
とびこえてエンリケの息子に王冠云々は、ポルトガルとの関係を
悪くするだろうしアラゴンの親王たちは黙っていないだろうし
国内を混乱させるだけだと思う。


193 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)