5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

種キャラがレスキューポリスの世界に来たら

1 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/24(土) 00:51:43 ID:???
MSによって多様化した犯罪から人々を守る組織があった。
これは、地球の明日を担う特捜救急警察隊「ザフトレッド」の若者達の物語である!


2 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/24(土) 10:08:02 ID:???
>>1
その説明だと、むしろパトレイバーそのまんま。

3 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/25(日) 01:28:48 ID:???


4 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/25(日) 02:25:58 ID:???
アスラン

5 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/26(月) 21:19:51 ID:???
シン=ソルブレイバー
凸=ナイトファイヤー
ってなる。

6 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/26(月) 23:58:07 ID:???
さあ行くぜ、俺達の出番だ!

7 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/27(火) 13:43:03 ID:???
保守

8 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/27(火) 18:00:29 ID:???
保守

9 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 09:58:28 ID:???
ネタカモン

10 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 13:15:27 ID:???
この世界ではMSは生身の人間が装着する強化アーマーを指す
武器は一部を除いて救助・消火用


11 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/29(木) 21:09:53 ID:???
自演してないで、そろそろ需要無い事に気付けよ。

12 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/30(金) 22:22:55 ID:???
SSマダー?

13 :通常の名無しさんの3倍:2007/11/30(金) 22:37:59 ID:???
ただの荒らしに何を言っても無駄だと思うよ?

14 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 19:07:42 ID:???
そうか

15 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 19:55:21 ID:+UVlpU1J
とりあえずネタ投下します。 
 
時は高度な科学が発展した近未来…
経済活動の中心地として建設された『プラント』で多発する犯罪に対し、警視庁は特別捜査班の設立を決定する。
ハイテク装備『GUNDAM』を駆使するエキスパート達が、人々の未来を救う為に青春を賭けて立ち上がる!
機動特捜ザフトレッド!出動せよ!

16 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 19:56:21 ID:+UVlpU1J
プラント建設区
 
 
 
うっすらと日が登る早朝に、増設作業を始める作業員達が辺りを行き来した。
新たな街であるプラントに増設される予定の『アーモリーワン区』の建設作業は、トラブルもなく順調に進んでいた。
 
ロボット…それも等身大の『MS』と呼ばれる人型作業機械は、その性能と作業効率から多くの業者が購入し、幅広い活躍をみせていた。
この建設現場も例外ではなく、人では危険な仕事もこなしていた…
 
 
「世の中どんどん便利になってくもんだな…」
 
現場監督の中年男は、昔と全く変わった作業の風景を眺めていた。
科学の結晶は頼もしい存在であった…
 
自分が現場に入ったばかりの頃、今にも落ちそうな恐怖を堪えながら覚えていった高所での作業も、MSは難なくやってしまう。
 
「か、監督!マードック監督!」
 
機械の音に慌ただしい声が混じって聞こえ、マードックは後ろを振り向いた。
 
茶髪の若い作業員が、息を切らして走り寄った。
 
「資材業者からのトラックで荷物が降ろされたんですけど…中身が…変なんです。」 
「変?」
 
肩で息をする彼をよそ目に、マードックは怪訝な表情を浮かべる。
 


17 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 20:00:58 ID:+UVlpU1J
「荷物の箱を開けてみたら、こんなカプセルみたいなのが入っていたんです。」
 
若い作業員…トールは、片手ですっぽりと握れる大きさの容器を取り出す。
黒い色をした頑丈な金属が、筒状に丸まっていた。
 
「何だこりゃ?」
 
気味の悪いカプセルはずっしりと重く、マードックもそれを見たことがなかった。
 
「…何かの送り間違いだろう。それよりも仕事だ仕事!」
 
「…は、はい!」
 
何事も無かったかのように…というよりも、このカプセルに疑問を残しつつも彼らは毎日の仕事に専念した。
間違いならそのうち取りに来るだろうと思い、得体の知れない物も箱の中に戻された。
 
 
取りに来た者が、銃を所持していることなど、この時は誰も予想してなかった…



18 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 20:03:11 ID:+UVlpU1J
緊急特別捜査班『ザフトレッド』本部
 
プラントの中心に本部を持つ『ザフトレッド』は、平和の為に昼夜を問わずに監視の目を光らせている。
 
 
 
「はい、こちらザフトレット本部。」
 
電話の通報を聞き入れたザフトレット女性隊員のシホは、事件の内容を本部長に連絡した。
 
「事件か、ハーネンフース。」
 
「だとすれば…俺たちの出番だぜ。」
 
メンテナンスルームに待機された青と黄の二体のMS『ガンダミ』が、両目のセンサーを緑色に発光させながら起き上がる。
 
「デュエル、バスター…そうよ、モルゲンレーテ社から緊急通信が入ったわ。」 
シホは二体のガンダムのシステムを起動させ、ザフトレッドの隊員達を集結させた。
ザフトレッド隊員の青いガンダム「デュエル」と黄のガンダム「バスター」は、自律AIを搭載した高性能MSである。
 
 
「そういや…今日は新しい隊長が赴任してくるんじゃなかったか?」

「ふん、せいぜい俺達の足を引っ張らなきゃいいがな。」
 
自慢の銃をいじるバスターに不敵な言葉を投げかけるデュエル。
二体の後ろを見てシホは顔を青くする。 
「…どうした、ハーネンフース?」
 
『…それは俺のことか?』
 
突然、男の声が部屋の中に響いた。 
 


19 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 20:03:36 ID:???
うわー・・・
こいつしつこい上にウゼェ・・・

20 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 20:11:32 ID:+UVlpU1J
 
 
声に気づいたデュエルは後ろに振り返ると、隊長の制服に身を包んだ男が立っていた。
 
「俺はアスラン・ザラ…今日からザフトレッドの隊長を任されることになった。」
 
シホ、バスターは敬礼をし…デュエルも渋々それにしたがった。
 
「本部長にはもう会ってきたが…こんなタイミングに事件なんて…」
 
初日早々、慌ただしい初陣だとアスランは思った…
 
 
アスラン、デュエル、バスター、シホ… 
ここに、プラントの平和と正義の為に戦うザフトレッドのトップガンが集結した……… 
 
 
 
メンバーは強化服一人+ロボット二人+生身一人です。
続きはでき次第、投下しますので、よろしくお願いします。


21 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 20:26:40 ID:???
もういいよ

22 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/01(土) 20:51:49 ID:???
ageてまで必死なのに悪いが面白くないよ

23 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 00:15:43 ID:???
出来の良し悪しは一話出来てからとして続きをwktkしとく
あとsageような。

24 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 10:11:58 ID:???
もういいよ
落ちろ

25 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/02(日) 11:18:10 ID:???
駄スレの見本だ。

26 :通常の名無しさんの3倍:2007/12/03(月) 11:40:17 ID:???
どう話が転んでもラストは廃工場爆発なんだろ

27 :大家さん:2007/12/03(月) 11:51:02 ID:???
>>1
頑張れよ!
わたしが人工呼吸してあげるから!


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)