5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【2次】漫画SS総合スレへようこそpart51【創作】

159 :最強伝説の戦士 黒沢:2007/08/31(金) 22:31:27 ID:WQhfi2u+0
「グオアアアアアァァァァッ!」
3号の一撃を野明は辛うじてかわす。が、爪の先端が僅かに肩を掠めて防刃チョッキが
切り裂かれ、まるで走行中の列車に触れたかのような衝撃に体を弾かれた。コマのように
横回転しながら何度も岩場に叩きつけられ跳ね飛んで、野明は危うく意識を失いかける。
着地した3号は、よろよろと立ち上がる野明に声と視線で殺気を突き刺した。
「ボソギデジャス……!」
(殺してやる……!)
飛ばされた衝撃で銃を落としてしまった野明は、今度は装備しておいたナイフ二本を
抜いて両手に構え、口の中の血をペッと吐き出して答える。
「OKっ……考えてみれば、あんたに飛んで逃げられでもしたら、あたしが困るもんね。
今のは戦法としてマズかったわ。ってことで、ここからは格闘で相手してあげる」
刃物を持った野明を見て意図を察したのか、3号が今度は喜びに顔を歪めた。
野明は覚悟を決めて、3号を睨み返す。
「その代わり、とことん付き合って貰うからね。あたしが、あんたの最後の相手……
これ以上、誰も殺させない。誰一人として傷つけさせない。そして何より、」
「ギベ!」
(死ね!)
野明の言葉など聞くつもりはない3号が向かってきた。野明はナイフを構えて応じ、
「このあたしが盾だっ! 黒沢さんには、もう絶対に指一本触れさせないっっ!」

481 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)